The Japanese Drum HIBIKI 太鼓集団響

埼玉県本庄市児玉町を活動拠点にする太鼓集団響(ひびき)のブログです。 2007年の旗揚げ公演から、これまでに23の都道府県とEngland、Scotlandに演奏・公演・ワークショップで訪れてきました。 少人数から奏でられる太鼓アンサンブルが特徴で、日本の身体技法から学び、培ってきたものを土台にした演奏表現は、無理がなく、無駄のないしなやかさと心地よさを実現します。 こちらでは、それぞれのメンバーから最新の情報をお伝えします。公演活動や響が主宰する太鼓教室、スタジオの様子などをご覧ください!!またメンバーや記事に関するご要望などあればコメント欄を活用くださいませ。 地域、イベント等々での演奏・公演依頼についてのご質問はこちらまでご連絡くださいませ➡hibiki.japanesedrum0922@gmail.com 太鼓集団響 響スタジオ 〒367-0225埼玉県本庄市児玉町飯倉893番地1

衣装をつくります

11月2/3日、座・高円寺での公演は二部構成となっております。
第二部ではこれまでの響を全面に出していこうと考えており、衣装もYさんのもので着付ける予定です。
第一部では、公演テーマをもとにした新衣装を太田雅公先生監修、ゼミナール生製作で協力いただけることになりました。よって、高円寺では新衣装で太鼓叩きます。

先日の水曜日はもろもろ演奏やワークショップを終えて、先生と学生さんが待つアトリエに移動。デザインの意図やイメージ、細部に渡って意見交換をさせていただきました。
received_333036514137628

遅くまでいろいろなお話ができました。
あらためて姿勢を正すようなこともあり、良い意味で緊張感が持てました。
いたずらに新しいものを探求しているわけではなく、本質や専門性にリスペクトしつつ、創造してくスタンスは、おこがましくも言えば、このチームは皆一緒です。
ダンサーの荻山氏も、衣装の太田氏も、ゼミ生も、そして我々(演者、プロデューサー、協力者)も向いている先は一緒だと感じました。←図々しいかな(笑)
懐古趣味なものに傾斜せず、だからといって目新しいものに媚びず、ホンモノ思考で舞台を創造していきます。

太田先生ありがとうございました。
限られた時間となりますが、どうぞよろしくお願いいたします。
響も忙しいが踏ん張るぞ。

当日はぜひお越しください!

れぽ:ま

保育園→中学校→採寸

昨日(19日)は長い一日を過ごしていました。
ちょいとセーブしたいところもありましたが、この日は激アツ!
午前の一仕事は加須の保育園さんからスタート。

20180919_084253
演奏の写真はとれておりません。
ぼくたち表現者ですから、演奏中のカメラはね・・・。自分でとれないからね。
ということで、子どもたちが来る前に子どもの気持ちになろうと思っての一コマ。
二年ほど前に訪れたときよりも熱気みたいなのを感じました。
元気な声援、レスポンスも力一杯。
元気をいただいた会場を後にしました。

車内食でランチは過ごし、移動に時間をかけました。
午後のお仕事は中学校でのワークショップ。
こちらは生もの感がかなり出るお仕事です。
20180919_132922
本番を待つ太鼓さんたち。

生もの感とは、用意したものをそっくりそのままお届けするのではなく、子どもたちの息づかいとか呼吸みたいなものを、こちら側が瞬時にしっかりとキャッチし、受け答えるという意味です。
つまり、このワークショップで求められていることは、次世代の子どもたちが文化・芸術といった表現に触れ、学び、自己に置き換える(ていく)ことだと認識していますが、それにはある程度の完成度や質みたいなものが問われるわけです。
すごく短く、限られた時間なのですが、単なる体験に終始しては我々の活動、指導力が問われるというもの。声を出し、身振り手振り、カラダ全部を使って太鼓のアレコレをお伝えします。もしかしたら難しい言葉の言い回し、表現もあったと思いますが、なるべくかみ砕いて説明。

ぼくたちの指導で前提にあること、それは「わかる」や「できる」といったことです。
そして体験から心と身体を解放した世界の心地よさをいかに伝えられるか、奮闘するのです。
この時間のご指導で落ちこぼれをつくらないこと、苦手意識を芽生えさせないこと、間違いを恐れないこと、新しい自分に出会うこと、そして一人ひとりの達成感を実現することに尽力します。

昨日はそのほとんどの生徒さんが太鼓になじみがあり、発表会で一演目目指したいとのことだったので、けっこうな内容を盛り込みました。生徒さんの集中力も抜群で、最後は構成を組んで行うことができました。
太鼓に、響に期待すること、可能な限り応えたいと思っていますが、そのお役目を果たせたかどうかは後の生徒さんの活動でわかってくるのだと思います。どうだったかな?そんなことを聞きたいですが、ジワジワっと出てくるものです。ゆっくり待ちたいと思います。
バチを握った、思いっきり腕を振り上げた、大きな音が出た、汗をかいた…、そんな経験、滅多にないかもね。本当にこの事業に携われて良かったと思います。子どもの成長を間近で見る幸せ、先生って大変だろうけれど、幸せもんな職業だなと改めて感じました。

夜は衣装採寸のため、都内へ移動。
20180919_212116

この明かり、児玉にはないので刺激的♪
11月2/3日、座・高円寺2の秋コンサートに向けてのものです。
採寸の様子はまたあらためて記事にいたしましょう。

今日はこれから太鼓教室です。
児玉の教室が16:30~はじまります。
見学や無料体験は開講日を中心に行っております。響カフェ(048-775-7667)にご一報いただければと思います。みなさまのご入会お待ちしております。
入会金¥5,000
受講費¥1,500~6,000 ※開講場所、クラスにより変動しますので、まずはお問い合わせくださいませ。

れぽ:ま







高円寺に向けての宣伝開始!

少し遅い宣伝のスタートかもしれません。
しかし、夏のツアーなどモリモリで動いていたので、準備できていたようでギリギリの綱渡りでした。
昨日は追加でフライヤーをプリマベーラのKさんにお渡しし、苦楽を共にしたご友人との吉祥寺話で盛り上がりました。修行時代、四畳半を三人でシェアしていた話、寮生が逃げ出していった話、自分が本当にやりたかったことの話等々。聞いていて飽きないし、エキサイティング!
ぼくも懐かしい風景にいろいろ考えながらも、そのような場所だったのだと親近感を抱きました。
あらためてKさんに感謝いたします。

20180918_172334(0)
夕方に差し掛かり、文化共同ネットのTさんにお会いしました。
実はこの場所、高校生の頃に一度足を運んだことを記憶しています。母校が統廃合計画により消滅してしまう渦中にあったあの当時、首都圏の定時制高校出身者や現役の高校生が主体となり、集まって、手を取り合おうとしました。組織にするというようなことはせず、ゆるく協力関係を築いていくことを前提に活動してきましたが、就職や進学などの変化により活動は停止。その数回の活動のなかで、会議をした場所が三鷹だったのです。
ぼくの恩師であるO先生のブレーン、Y先生にも久々にお会いできました。といっても、一年に何回かお勉強会でお目にかかっているのですが…。快くいろいろな情報提供をしてくださいました。

20180918_183533
空も真っ暗になって高円寺に移動。
座・高円寺の内観外観を目で確かめつつ、高円寺宣伝組の奮闘を確認。

20180918_183618
ぜひお越しください。

館内はとても美しいです。
空間の解放感、シックな感じ、自分好みでした。
秋の公演はコラボ企画!お楽しみに!

れぽ:ま
Twitter プロフィール
ギャラリー
  • 衣装をつくります
  • 保育園→中学校→採寸
  • 保育園→中学校→採寸
  • 保育園→中学校→採寸
  • 高円寺に向けての宣伝開始!
  • 高円寺に向けての宣伝開始!
  • 高円寺に向けての宣伝開始!
  • 座・高円寺に向けて宣伝!
  • 座・高円寺2 秋公演 チケットはファミマでも購入いただけます!
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ