ジャパンハート看護研修生ブログーminmin便り

私たちは、ジャパンハートの国際看護長期研修を通して、ミャンマー、カンボジア、ラオス、また国内僻地離島で奮闘している看護師です。 物資も人もインフラも限られた環境の中で国際医療とは?地域医療とは?を 日々学んでいます。 このブログでは私たちの苦悩、感動、喜び、葛藤などの思いを綴っています。ぜひご覧下さい!

ジャパンハート http://www.japanheart.org/

『 異国での出来事 』

お久しぶりです。国際看護研修生の41期numa shoです。

先日、遅めのGWを頂き、韓国・釜山に行ってきました。
(研修生ですが、ちゃんとプライベートの時間もあります)

IMG_0042


なぜ、韓国かというと、実は長崎・対馬は本土より韓国(釜山)の方が近い位置にあり、
ジェット船で1時間ちょっとで着けるのです。それに飛行機より断然安く行けます。

IMG_0071


そしてなんといっても美味しい韓国料理が食べたい‼そう思い、勢いよく旅立ちました。
サムギョプサル、ミルミョン、ホットク、トッポギ、アワビ粥、ナクチボックム、デジクッパプ…
美味しいご飯に身も心も満たされた旅になりました。

が、これで終わらないのが海外旅行です。

最終日、地下鉄に乗ろうとしたときの出来事をお話します。


突然、駅の階段で大声をあげて倒れたおじさんがいました。
はじめは酔っ払いかな?そんな風に思いました。
でもよく見ると、階段からずり落ちながら、全身痙攣しているでは、ありませんか。

痙攣発作だ!私は慌てておじさんに近づき、
どうにか平らな場所へ身体を持ち上げようとしましたが、持ち上がりません。

それを見かねた2人の男性が手を貸してくれました。
駅の踊り場に運んだ時には、駅員さんが駆けつけ、救急車を呼んでくれていました。

痙攣はまだ続いていました。呼吸はしているが脈はわかりにくい…
だんだんと唇の色が悪くなっていくのがわかり、え、どうしよう…
と正直私も真っ白に。酸素が欲しい、AEDが欲しい、心臓マッサージ…!?

その瞬間に近くにいた男の人が心臓を思いっきりグーで叩きました。
私もハッとしAEDと酸素を持ってくるように駅員さんに声を掛けていました。
でも残念ながら英語も日本語も通じなかったので、両方ともくる気配はなかったです。

1分半ほど経過したところで意識が徐々に改善してきました。
おじさん自身も必死に自分の心臓をたたき始めました。
おじさんは心臓発作を起こしていたようでした。

私は、はじめ見た痙攣で、すぐにてんかん発作じゃないかと考えていました。
心臓発作からの痙攣が起こる可能性もあったではないか…
こんなことにも頭が回らないくらい、気が動転していました。
おまけに自分のCPR(心肺蘇生法)はどうでしょう…とても完璧とは言えませんでした。

自分の出船時間が迫っていたので、
おじさんの意識が改善するのをみて電車に飛び乗ってしまいましたが、
ちゃんと救急車は来たか何が原因だったのか気になるところです。

私は、もう美味しかったご飯の味を思い出せないくらいになっていました。
幸い、意識をしっかり取り戻してくれたが、
あのとき心臓を叩き始めてくれた男性がいなかったら…
自分は代わりに出来ていただろうか…そう思うとさらに落ち込みました。


これから海外医療を…と思っている私は、これからもこんな場面に出くわすと思います。

日本の病院だったら、他の看護師や医師、使っている言語や医療用語、
点滴や酸素、心電図モニター、救急カート、AEDが揃っており、患者の既往歴だって把握されています。

そうではない状況で自分はどれだけスピーディーに冷静に判断し、行動できるでしょうか。
改めて、これから自分が進もうとしている道が甘くはないことを思い知らされた気がします。

医療者がこのような道端での急変に出逢う可能性の方は低いと思います。
だからこそ、自分の経験や行動を共有したいと思い、恥ずかしながらBlogに書きました。

こんなダメダメな自分でしたが、ただ、一つだけ褒めたいところは、
おじさんに一番に駆け寄れたことです。
そこで目をそらしていたら今回のような気付きも生まれなかったと思います。

―どうかおじさんがしっかり治療され元気になりますよう願いを込めて。

IMG_0050

『 対馬に来て 』


対馬に来てもう、1週間になります。
今日は久しぶりにランニングした次の日、かなりの筋肉痛です。

1462439786010 (1)




























初めは、生活面での不安はありました。
近くにスーパー、コンビニがなく、なれない環境。

しかし、初日から41期生の先輩方が歓迎会してくださったり、
買い物に連れていってくださったりとたくさん助けていただきました。
また、同期がいるという有り難みも感じ日々生活してます。

日頃歩くことが少なく、
欲しいものはすぐ買える環境だった分今まではすごく恵まれていたんだと感じています。

今は、スーパーの場所も把握し歩く楽しみも感じています。

周りは山や港があり空気がいいです。
歩くことでの発見は楽しみの一つにもなります。

1462439778210


これから対馬のいいところをたくさん感じて、たくさんの人に伝えられたらなと思います。

ゆっくりとした時間の中でしっかり自分と向き合い、英語力もアップしていきたいと思います。

42期生 hamada

1462439789842 (1)

                                  












『 国内研修を終えて 』


はじめまして、こんにちは。

40期生村林茜と申します。
そうです、40期あかねーさんの片割れの方です。

IMG_0420


先月末、国内研修を終え対馬から東京へ海外事前研修にいってきました。

この半年を振り返り、引き出してもらった私にぴったりの言葉は
爐△らめ
自分なりに頑張ったと思っていた半年間、でも自分で自分の枠を決め、
その中でそこそこやっていたのだと気付きました。
振り返ってみれば、まだまだできたように思います。

でもこの事前研修で私が国際協力に来たかった理由にも気づきました、
なんと気付きの多い研修!!

看護の面では爐△らめ瓩粘岼磴い覆い里任垢、
しかし対馬で過ごしたこの半年、たくさんの人に出会い、
優しくしてもらい、違う文化に触れ、少し対馬弁を覚え、美味しいものもたくさん食べて、
この先も私の人生何かをもたらすであろう貴重な半年になりました。

こんな気持ちになれるのは、私と関わり、優しくしてくださったたくさんの人達のおかげです。
対馬の皆さん、本当にありがとうございました。

IMG_0179


ついに今日ミャンマー入りします。
自分で自分を幸せにすべく、そして患者さんも周りの人も幸せにすべく何ができるか。

ミャンマーでは自分の枠なんか決めず、もっともーっと看護に向き合いたいと思います。

最後に40期からでたステキな名言をひとつ。

「可能性がありすぎて」

ありがとうございました!

『前を向けた自分』

私は、初め海外研修に行けること、
このジャパンハートに参加できることにワクワクが強く参加に望みました。

全く不安がなかったわけではありませんが、
不安を周りに伝えることもほとんどなかった気がします。

時間はどんどん過ぎていき仕事を辞めてからはあっという間でした。

フィリピン研修では、
同期のメンバーと交流がとれ今から一緒に頑張っていくメンバーなんだと実感しました。

1461814586154

英語の勉強は、自分の英語力の無さを痛感しました。
その中でも、伝えること、知ることの楽しさも感じました。

現実と向き合い初めに比べてかなり不安な気持ちにもなりました。

1461814598487

そのまま東京研修に入りました。

研修の中でいろんな思いを言葉にしました。

自分を見つめる時間、人の内面に触れる、考える3日間となりました。
すごく、すごく濃厚でした。

それをまた、次につなげていけたらいいなと思い前を向くことができました。


                            42期生 hamada

『セブ島英語研修』

初めてブログを書きます!
42期生 上栗です。

IMG_0020

セブ島英語研修、東京での国内研修を終えていよいよ対馬に島入りします。

セブでは語学学校に入り、平日1コマ50分のクラスを6〜8コマ受けました。
南国の雰囲気漂う自然いっぱいの学校です。

先生はみんなフィリピン人、マンツーマンです!
とにかく先生が陽気で、
テキストは1ページも進まず50分恋愛トークで終わることもありました(*^^*)

学校に到着してすぐは「Hi!ATSUKO!」
なんて言われても恥ずかしくて返事もうまくできなかったけど、
最後には日本の文化を話したり一緒に歌ったり英語で話すことが自然になりました。

IMG_0019

もっともっと勉強したい!そう思えました。
セブでの経験を忘れずに対馬に行ってもオンライン英会話をがんばりたいなと思います。

授業の後は同期のみんなとズンバを踊ったり、
ジプニーという乗り合いバスでスーパーに買い物に行ったりもしました!

おみやげは絶対CEBUブランドのドライマンゴーがおすすめです♡

これからどんなことが起こるのか不安と楽しみでいっぱいです。
1年間全力で自分と向き合いたいと思います!

                           42期生 上栗 温子

IMG_0017
寄付はこちらから
Profile
Recent Comments
Archives