2007年01月12日

東京市場 円急落 一時120台に。

◆FX常勝バイブル◆100%の勝率で月間利益25%以上を稼ぐ秘訣を公開!!
FX-外国為替証拠金取引で、貴方もお金のゆとりと最高の幸せをWin!


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070112-00000014-tcb-brf



12日午前の東京外国為替市場の円相場は、米利下げ観測が後退したこと
などを受けて、円売り・ドル買いが強まり、約1年1カ月ぶり安値となる1
ドル=120円台後半に急落した。

円安を受けた企業業績の拡大期待などから広範な銘柄に買いが入り、
日経平均株価の終値が前日比218円84銭高の1万7057円01銭と3日ぶりに
急反発し、1万7000円台を回復した。

 東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)も同28.55ポイント
高の1685.27と3日ぶりに上昇した。

出来高は20億8095万株、売買代金は2兆8865億円だった。

[ドル・円東京為替市場概況]

東京外為市場午前の概況

ユーロ・円:155円13銭〜155円86銭
ユーロ・ドル:1.2877ドル〜1.2917ドル
ポンド・ドル:1.9432ドル〜1.9485
ドルドル・スイスは、1.2474フラン〜1.2507フラン


豪ドル・円:94円18銭〜93円78銭、
NZドル・円:83円43銭〜82円79銭、
カナダ・円:102円55銭〜102円10銭、
ポンド・円:235円02銭〜233円87銭

仲値:120円65-67銭

17時現在の相場水準は、

ドル・円120円50-55銭、
ユーロ・円155円65-70銭
中国人民元:高値7.8017元、安値7.7976元、7.7977元付近で推移
 

昨日、財務省が発表した2006年12月末の外貨準備高は8953億2000万ドル。
05年12月末から484億2300万ドル増え、8年連続の増加となっている。

また、米の対中貿易赤字は、前年同期比7.5%増の7016億900万ドルとなり
5年連続で過去最大を更新した。

対日本の赤字は79億100万ドルで、前月比4.2%減、前年同月比8.0%増。

米労働省が5日発表した昨年12月の雇用統計(季節調整済み)によると、
非農業部門の雇用者数は前月に比べ16万7000人増えた。

昨年10月の増加幅は7万9000人から8万6000人、昨年11月は13万2000人から
15万4000人にいずれも上方修正した。

直近3カ月の平均では月13万6000人の増加ペース。

米国の雇用情勢は、緩やかに減速している景気を支えている。


国内の動向としては、日銀が12日発表した2006年12月のマネーサプライ
(通貨供給量)速報によると、代表的指標である
「M2(現金、要求払い預金、定期性預金)+CD(譲渡性預金)」

の月中平均残高は718兆1000億円で、前年同月比の伸び率は0.8%となった。

全国の支店長が東京の本店に集まり、各地の経済情勢を報告する支店長
会議を開催。

福井俊彦総裁はあいさつで

「景気は緩やかに拡大しており、先行きも息の長い成長が続く可能性が高い」

と述べ、回復の流れが波及していくとの見方を示した。

金融政策運営では

「経済・物価情勢を丹念に点検しながら、適切に運営する」

と語った。

今後は、昨年12月に見送った利上げを実施するかどうか注目される。


◆FX常勝バイブル◆100%の勝率で月間利益25%以上を稼ぐ秘訣を公開!

japanmesse at 18:11│clip!経済