未来への健康扉

幾つになっても健康が第一と良く耳にしますね?でも自分は私はと考えて見ましたが毎日の生活に追われあんまり考えたこともないなーと思った事時にふっとしたことから人生100年次代とテレビや国会でも最近良く耳にし?又一日のが始まりそんな今日の自分の健康を振り返った日々てした。



    (出典 www.fujitv.co.jp)



    1 THE FURYφ ★ :2018/10/21(日) 14:31:20.29 ID:CAP_USER9.net

    「ボクシング・WBA世界ミドル級タイトルマッチ」(20日、ラスベガス)

    WBA世界ミドル級タイトルマッチが20日(日本時間21日)、米国ラスベガスのパークシアターで開催され、
    王者・村田諒太(32)=帝拳=が0-3(110-118、109-119×2)の判定で同級3位・ロブ・ブラント(28)
    =米国=に敗れ、2度目の防衛に失敗した。

    スピードを生かしたジャブで積極的に仕掛けたブラントが右アッパーを当てるなど好スタートを切る。時折笑みを
    浮かべる村田はガードを固めて前進し、ブラントを後退させようとする。

    3回から前進してペースをつかみかかった村田は5回に連打で挑戦者の動きを止めるが、ブラントもそこから
    持ち直す。ジャブで距離を保ちながら、軽いながらもスピードあるパンチを的確に返した。結局、最後まで
    ブラントの動きは落ちず、村田の強打が火を噴くことはなかった。

    ジャブを重視するラスベガスのジャッジは3人とも大差でブラントを支持。勝てばゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との
    東京ドームでの防衛戦計画なども浮上していたが、まさかの陥落で水泡と帰した。

    村田の通算戦績は16戦14勝(11KO)2敗。ブラントは25戦24勝(16KO)1敗。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00000077-dal-fight

    ★1:2018/10/21(日) 13:43:24.56

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1540097004/


    【【速報】【ボクシング村田鯨太どうなったの?】【ボクシング】WBA世界ミドル級王者・村田諒太、ロブ・ブラントに大差の判定で敗れ王座陥落★2】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 ストラト ★ :2018/10/21(日) 11:08:32.21

    俳優の佐藤健が、21日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ボクらの時代』(毎週日曜7:00~7:30)に出演し、「限界を感じてきているかもしれない」と告白した

    この日は、公開中の映画『億男』に出演した佐藤、高橋一生、映画プロデューサーで原作を手がけた川村元気氏が出演。
    佐藤から「目指すゴールはありますか?」と問いかけられた高橋は「ないなぁ」と答え、「成功してしまうとその後どうするの、というところに……」と吐露した。

    佐藤は高橋の考えに同意し、「俳優はたどり着く先がない。何をモチベーションにこの先続けていくのか」と自問自答。
    高橋は共演した先輩俳優からの言葉「好奇心はすべてにまさる。恋愛も仕事も好奇心」を思い出し、「動かされている感覚は大事にしていたい」と語る。

    すると川村氏が「めちゃくちゃ分かる。最近、自分でやりたいと思った仕事はつまらないと思っていて」と切り出し、「人から無茶なことを言われて、『全然分からないんですけど』と思いながらやっている時の方が面白い仕事になっている」と自身の仕事を振り返る。

    そんな2人に佐藤は「飽きません?」と笑顔で直球質問。
    現場が笑いに包まれる中、「飽きているわけでもないし、まだ道半ばなのは重々承知ですが」と前置きした上で、「ちょっと限界を感じてきているかもしれないです。オファーをいただいて、面白そうだなと思うものに乗っかって、そこに人生を捧げてやること。そのローテーションに限界を感じてきたのは正直あります」と告白した。

    「もしかしたら、プロデュースワークもしつつ何かに入るとか、全く全然違うことをはじめてみるとか」と今後の計画を明かした佐藤。
    「そうしないと、ちょっとそろそろ先に進めないなみたいなことはあります」と語るなど、俳優人生の危機感を赤裸々に伝えていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15475574/

    佐藤健

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【佐藤健俳優人生に危機感】【俳優】佐藤健、俳優人生に危機感「限界を感じてきているかもしれない」「何をモチベーションにこの先続けていくのか」】の続きを読む



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    1 あずささん ★ :2018/10/21(日) 08:00:22.61

    いま日本のカタチが変わろうとしている。

    決して大げさな話ではない。おそらく後世の人にとって、2018~19年は、国のあり方がはっきり変わった歴史的なターニングポイントとして知られているはずだ。これまで「移民政策は断じてとりません」と繰り返してきた政府が、“事実上の移民受け入れ”に向けて大きく舵を切ったのである。

    今年6月の「骨太の方針2018」では、外国人に対して新たな在留資格を設けることなどが明らかにされ、2025年までに50万人超の就業を目指すことがアナウンスされた。

    10月下旬から始まる臨時国会に関係法案が提出される。出入国管理法も改正される。来年4月の導入を目指す新たな在留資格は、更新を繰り返すことで実質的な永住が可能になる仕組みだという。

    こうした矢継ぎ早の政策発表のウラにあるのは、深刻な労働力不足である。

    2018年現在、最新の有効求人倍率は1.63倍。政府はこの数値を好景気の指標として使うが、要するに現場で人手が足りていない何よりの証拠だ。

    政策と実態のねじれ

    いま街で見掛ける外国人労働者のほとんどは留学生や技能実習生だが、彼らは本来的な意味での労働者ではない。

    拙著『コンビニ外国人』でも詳しく取り上げているが、留学生はアルバイトであり(“就労”は不可)、技能実習生はその名のとおり技能を学ぶ実習生(英語で言えば「実習生」=「インターン」)だ。しかし、現実には合わせて50万人を超える規模の労働力として日本経済を支えている。

    日本で暮らす外国人の数は2017年末の時点で250万人を超えた。これは名古屋市の人口(約230万人)よりも多い。そのうち労働者は約128万人で、さいたま市の人口(約126万人)に匹敵する。ともに法務省が統計を取り始めてから過去最高の数値である。都内に限っていえば、いまでは20代の若者の10人に1人が外国人という割合だ。

    コンビニだけでなく、ドラッグストアやファミリーレストラン、ハンバーガーショップ、牛丼チェーンなどなど、さまざまな場所が働く外国人の姿であふれている。

    もちろん世界的に見れば、日常的に外国人が多いという状況は珍しいことではない。だが、政府は「断じて移民政策はとらない」と明言してきたのに外国人労働者の数が増えている。これはいったいどういうことだろうか。(以下省略)
    ※以下の部分はソース元にてご確認ください。

    ソース/東洋経済オンライン
    https://toyokeizai.net/articles/-/243884


    【【コンビニ外国人」日本人が目を背ける?】【社会】「コンビニ外国人」日本人が目を背ける真実】の続きを読む

    このページのトップヘ