未来への健康扉

幾つになっても健康が第一と良く耳にしますね?でも自分は私はと考えて見ましたが毎日の生活に追われあんまり考えたこともないなーと思った事時にふっとしたことから人生100年次代とテレビや国会でも最近良く耳にし?又一日のが始まりそんな今日の自分の健康を振り返った日々てした。

    カテゴリ:社会系 > 軽減税率



    (出典 www.workport.co.jp)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2018/12/04(火) 18:06:57.491 ID:Z/bSzNmLM.net


    (出典 i.imgur.com)

    登録しただけで500円分ポイントが貰えた。ありがてえ


    【【消費税軽減!のこの先どうなって行く?】paypayとかいうアプリをダウンロードしてみたけど】の続きを読む



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)



    1 記憶たどり。 ★ :2018/11/22(木) 19:38:34.09

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181122/k10011720211000.html

    安倍総理大臣は、来年10月に予定される消費税率の引き上げに伴う景気対策の一環として、クレジットカードなどのポイント還元について、
    還元率を5%とし、2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでの9か月間、実施することを検討する考えを示しました。

    自民党の岸田政務調査会長は22日、総理大臣官邸で安倍総理大臣と会談し、来年10月に予定される消費税率の10%への
    引き上げに伴う景気対策について党の提言を手渡しました。

    これに対し、安倍総理大臣は「来年の消費税率の引き上げは、デフレ脱却への1つの試練であり、思い切った対策をしっかり行いたい」と述べました。

    そのうえで、クレジットカードなどのポイント還元について、還元率を5%として、2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでの9か月間、
    実施することを検討する考えを示しました。

    ポイント還元をめぐっては、これまで政府内で、消費税率の引き上げ幅に合わせて、購入額の2%分をカード会社のポイントなどで
    還元することが検討されていました。

    還元率が5%となれば、クレジットカードや電子マネー、それにQRコードなど現金を使わないキャッシュレスで例えば1000円の買い物をした場合、
    50円分がポイントとして還元されることになります。

    また、安倍総理大臣はマイナンバーカードを活用して、買い物に使えるプレミアムつきのポイントを販売するよう求める、
    自民党の提言についても、「しっかりと準備したうえで、導入していきたい」と述べました。

    安倍総理大臣としては、ことし7月から9月までのGDP=国内総生産が2期ぶりにマイナスに転じたことなども踏まえ、
    消費税率の引き上げによる個人消費の冷え込みを避ける狙いがあるものとみられます。


    官房長官「利用しやすい環境整える」

    菅官房長官は午後の記者会見で、「期間を集中し、十分な還元率を確保するという自民党の提言があったことを踏まえ、今後、
    2020年のオリンピック前までの9か月間に限定したうえで、還元率をたとえば5%程度まで引き上げることを検討していきたい」と述べました。

    そのうえで、菅官房長官は「クレジットカードにかぎらず多様な選択肢を用意し、消費者が利用しやすい環境を整えるとともに制度が
    固まり次第、周知にも万全を期していきたい」と述べました。

    また、菅官房長官は記者団が「増税分以上に還元することになるが、財政健全化とどう整合性を図るのか」と質問したのに対し、
    「十分な還元率を確保して、駆け込み需要や反動減を抑制し、経済に変動を及ぼさないよう万全を期していくことが重要だ」と述べました。

    増税分上回るポイント還元 なぜ?

    ポイント還元制度は、来年10月の消費増税で消費が冷え込むのを防ぐ対策として政府が検討しています。クレジットカードや電子マネー、
    それにQRコードなどを使って、現金を使わずに買い物をした場合、その額に応じて、その後の買い物で使えるポイントとして消費者に還元する制度です。

    中小の小売店で買う日用品のほか、税率が8%に据え置かれる酒を除く飲食料品や、外食や宿泊などのサービスの代金も対象にする方向です。

    5%分の還元が実現した場合、軽減税率の対象となる飲食料品の税率は実質3%となる計算です。例えば、中小の小売店で飲食料品を
    1000円分買った場合、現在は税込み価格が1080円となりますが、増税後、軽減税率が適用され、5%=50円分のポイント還元も受けると、
    実質的な負担は1030円で済む計算です。

    政府内では、これまで消費税率の引き上げ幅に合わせて2%分を還元する方向で検討が進められていました。
    安倍総理大臣はこれをさらに拡大し、増税分以上の還元を検討する意向を表明したことになります。

    また、ポイント還元の期間は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでの9か月間、実施することを検討するとしています。


    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1542865250/
    1が建った時刻:2018/11/22(木) 14:40:50.37


    【【消費税増税対策は?】【消費税増税対策】クレジットカードなどのポイント還元率は5%、期間は9ヶ月間で検討。安倍首相★2】の続きを読む



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)



    1 みんと ★ :2018/11/09(金) 09:18:43.04

    回転ずし、食べきれず持ち帰れば消費税10% 軽減税率
    2018年11月9日 1:00
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37535500Y8A101C1EE8000/

    2019年10月予定の消費増税時に導入される軽減税率制度について、国税庁がQ&A集を改定した。購入した飲食料品を持ち帰る場合は軽減税率の8%、店内で食べるなら外食と見なして適用外で10%のまま。その線引きのわかりにくさや確認方法の負担を懸念する現場の声があとを絶たない。国税庁は今後も改定を重ね、制度の普及を急ぐ考えだ。

    回転ずし店の場合、店内で食べれば消費税10%だが、持ち帰りは8%。ただ、席に座って流れてきたすしを食べきれずに持ち帰る場合は…

    Q&A集を公表したのは16年4月。自動販売機のジュース(8%)、いちご狩りの入園料(10%)、専用の桐(きり)の箱に入ったメロン(8%)――。問い合わせをもとに改定を重ねてきた。
    店内飲食になるかどうかの線引き以外でも、特に判断に迷いやすいのは、同じ商品でも用途や購入場面によって税率が異なるケース。今回の改定でも事例が追加された。


    例えば「水」。水道水の契約料は軽減税率の対象外。一方で小売店で販売するペットボトルの水の税率は8%だ。

    今回の改定ではレンタル型のウォーターサーバーの事例を追加。レンタル代は10%だが、宅配される水は軽減税率の対象となる。

    回転ずし店の場合、店内で食べれば10%だが、持ち帰りは8%。ただ、席に座って流れてきたすしを食べきれずに持ち帰る場合は外食扱いとして10%になるとした。

    喫茶店などで買うことができる「コーヒーの回数券」はどうか。回数券を使って実際にコーヒーを買った時は持ち帰りなら8%、店内で飲めば10%となるという。国税庁は混乱回避のため、回数券を店内用と持ち帰り用に分けて発行することなどを提案している。
    食品と食品以外のものがセットになっている場合の判断も事業者を悩ませる。今回示された事例は、飲食料品のお土産つきの「パック旅行」。あくまで一体のパック旅行なので軽減税率は適用されないとした。
    このほか、農協を念頭に、農家が作った野菜などを委託販売する際の税率にも線引きを加えた。委託販売では、野菜の売上代金に8%、委託手数料は10%を別々に適用するとした。

    Q&Aの公表から2年半がたち、判断に迷うケースの多くで考え方が示された。だが新商品やサービスが続々と登場する中、迷う事例がなくなることはない。軽減税率が導入されている欧州では、制度はあまり厳格に運用されているとは言いがたい。日本も消費税の導入当初は税務署側が緩やかに運用した。世間が慣れるまで当局がどう対応するかも重要な論点だ。


    【【消費税問題まだまだ議論と現状を見て!回転鮨でこんな事が!】】【消費税軽減税率】回転ずし、食べきれず持ち帰れば消費税10%】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 ばーど ★ :2018/10/19(金) 09:08:46.63

     政府が平成31年10月の消費税率引き上げにあわせ消費者にポイントを還元する景気対策で、クレジットカード会社に対し、小売りなどの加盟店から受け取る手数料を引き下げるよう要請する方向で調整に入ったことが18日、分かった。ポイント還元は、クレジットカードなど現金を使わないキャッシュレス決済をした買い物客が対象だ。政府は店側の負担を軽減してクレジットカードの導入を後押しし、消費者が幅広くポイント還元を受けられるようにする。

     クレジットカードを導入した店は、カードの読み取り端末を設置し、売上高に応じた手数料をカード会社に支払っている。手数料は数%で店により異なる。

     だが、手数料は「倒産などのリスクに備えるため、小規模な店ほど高くなる」(大手カード会社幹部)傾向にあるという。このため中小の店では手数料の重い負担を嫌って、クレジットカードの導入に二の足を踏むケースも多かった。

     カード払いができる店が少なければポイント還元による景気対策の効果も薄れるため、政府は手数料引き下げを促し、クレジットカードの導入拡大を図る。カード会社に要請する引き下げ幅などは今後詰める。

     政府が検討する景気対策では、中小の小売店で消費者がクレジットカードや電子マネーといったキャッシュレス決済で商品を購入したときに、増税分の2%をポイントで還元する。

     レストランでの食事などサービス業でのポイント還元も検討する。期間は数カ月から1年程度を想定。ポイントを発行するカード会社などを通じて還元し、費用は国が補助する。

     経済産業省によると、平成27年のキャッシュレス決済の比率は18%。政府は景気対策を生かして、この比率を引き上げたい考えだ。

    2018.10.19 05:00
    産経ニュース
    https://www.sankei.com/economy/news/181019/ecn1810190004-n1.html


    【【消費税政府色々大変】【政府】カード手数料下げ要請へ 消費増税、ポイント還元で キャッシュレス決済比率18%→クレカ導入拡大図る】の続きを読む



    (出典 rpr.c.yimg.jp)



    1 記憶たどり。 ★ :2018/10/07(日) 09:30:35.83

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181007/k10011661891000.html

    来年10月に予定される消費増税の際に導入される「軽減税率」について、財務省は、
    コンビニやスーパーでは店内のいすやテーブルを飲食禁止とした場合にはすべての食べ物の税率を
    8%に据え置くという基準を明確にしました。

    消費税率を10%に引き上げる際に導入される軽減税率の制度では、小売店で買った食べ物や、
    酒類を除く飲み物を持ち帰る場合には、税率は8%に据え置かれますが、店内で飲食する場合には10%となります。

    このため店内にいすなどを置いて飲食ができるコンビニやスーパーでは、顧客への対応が複雑になると指摘されていました。

    こうしたことから財務省は、コンビニやスーパーが店内での飲食を禁止にし、実際に飲食が行われていない場合には、
    店内で販売する飲食料品にはすべて8%の軽減税率を適用するという基準を明確にしました。

    一方、店内での飲食を禁止しない場合には会計の際に持ち帰りかどうかを確認することが必要になります。

    コンビニの関係者の間では、すでにイートインのコーナーを設けている店では飲食を禁止とするのは難しいという
    声も出ていて、今後各社がイートインを見直すかどうか注目されます。

    財務省は国税庁が公表している軽減税率の事例集を近く改定し、周知することにしています。


    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1538868967/
    1が建った時刻:2018/10/07(日) 08:36:07.96


    【【軽減税率かなり難しい】【軽減税率】コンビニやスーパーでは店内のいすやテーブルを飲食禁止とした場合にはすべての食べ物の税率を8%に据え置き。財務省★2】の続きを読む

    このページのトップヘ