トラベルクリニック海外渡航者センター     品川イーストクリニック

海外渡航・出張・旅行・留学を予定している方へ、世界各国の感染症情報や流行っている病気などをいち早くお届け。トラベルクリニック渡航者センター品川イーストクリニックでは、海外滞在を快適に過ごせるよう健康面から皆様を応援しております。

 麻しん(はしか)は、麻しんウイルスによって起こる病気です。空気感染、飛沫感染、接触感染によって、人から人にうつります。その感染力はウイルスの中で最も強く、麻しんを発症している人と同じ部屋にいるだけで(空気)感染することがあります。また、免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症し、肺炎や脳炎などの重い合併症を起こすこともあります。

 欧州のいくつもの国で麻しんの流行が発生しており、2017年7月7日付けで、欧州疾病対策センター(ECDC)は注意を呼びかけています。ルーマニアでは、昨年1月から今年6月30日までに、死亡者31人を含む麻しん患者7,491人が報告されました。また、欧州各国でも、2017年に入り、患者数の増加が続いています。

 *原文では、この他に、オーストリア(79人)、ブルガリア(161人)、ドイツ(766人)、イタリア(3,346人)、ポルトガル(31人)、スペイン(137)からの情報が更新されています。また、2017年に、ベルギー、チェコ、デンマーク、フランス、ハンガリー、アイスランド、スロバキア、スウェーデン、イギリスでも、麻しんの発生が報告されています。

 詳しくは、原文でお確かめください。

 感受性の高い集団がある地域では、感染が広がり、伝染する危険性があります。欧州の多くの国では、2回のMMRワクチン接種を完了した者の割合は95%未満で、感染に罹りやすく、感染が拡大する可能性があります。WHO欧州地域の加盟国では、麻しんの撲滅に向けて着実に取り組みが進められていて、2016年10月に開かれた第5回麻疹および風疹会議(RVC)では、欧州地域53か国のうち24か国(うちEU / EEA地域では15か国)で、麻しん撲滅の目標を達成したと宣言されましたが、ベルギー、フランス、ドイツ、イタリア、ポーランド、ルーマニアの6か国では、依然として、麻しんが常在していると判断されています。

 麻しんは予防接種で予防することができる病気ですが、予防効果を確実にするためには、2回の接種が必要です。海外の麻しんの流行がみられる地域へ渡航する前には、母子健康手帳などで、予防接種歴を確認してください。麻しんに罹かったことがない方で、麻しんの予防接種を受けたことがない方や1回しか接種していない方、または予防接種を受けたかどうかがわからない方は、渡航する前に、早めに医師に相談してください。

厚生労働省検疫所 FORTHより

麻疹の予防接種について詳しく見る

アフリカにおける感染症の発生状況の週報[第25週(6月17日-23日)]が公表されました。ここでは、今週、新たに報告されたモーリタニアでのクリミア・コンゴ出血熱について取り上げます。

クリミア・コンゴ出血熱の発生状況

 2017年6月6日に、セネガル保健福祉省は、モーリタニアNouakchott(ヌアクショット)から搬送されて来た患者からクリミア・コンゴ出血熱が確認されたことをWHOに報告しました。この患者は、以前、第19週に週報で同じ街から報告されたクリミア・コンゴ出血熱患者2人とは関係なく、関連性もありません。今回の患者は、39歳 女性で、ヌアクショットのTayaretに住んでいました。彼女の症状は、2017年5月27日に、発熱、上腹部痛、直腸からの出血、背部痛で始まりました。彼女は、当初、陸軍病院に4日間入院し、そこで、マラリアを念頭においた治療が行われ、退院しました。しかし、症状がその後も続き、Nejahの民間診療施設を受診しました。そこでは、輸血を必要とする程の重度の血小板減少と貧血の症状を示していました。(その後)輸血できる施設力が限られていることから、この患者は、6月3日に、セネガルのダカールにあるDe Fannセンター病院 (HCDF)に送られました。患者は、家族2人と運転手といっしょに個人の車で移動しました。到着時には、患者は歯肉からの体液の滲出、点状の紫斑、斑状の出血性紫斑、注射部位からの出血など、出血の症状を呈し、直ぐに隔離されました。クリミア・コンゴ出血熱の診断は、6月3日と5日に採取された検体によって、ダカール・パスツール研究所での血清検査およびPCR法検査で確認されました。

 クリミア・コンゴ出血熱の確認により、セネガルとモーリタニアでは、直ちに公衆衛生上の調査と活動が始められました。病院と診療施設の医療スタッフを含む15人の接触者が確認されました。これまでのところ、さらなる感染伝播の証拠は見つかっていません。可能性のある感染源への調査により、肉や解体処理した動物を購入するために、家族は頻繁に地元の家畜市場を訪れていたことが分かりました。

公衆衛生上の取り組み

・セネガル保健福祉省は、対策の調整を図るために、健康への緊急対策センターを立ち上げました。ダカール・パスツール研究所とWHOからの支援を受け、患者についてのさらなる情報の収集とリスクの評価のために調査活動が行われました。
・ダカールの病院の医療従事者には、個人用防護具の取り扱いを含めた感染予防・制御(IPC:Infection Prevention and Control)の実施への説明が行われました。
・モーリタニアでは、「One Health」(人、家畜、野生動物の健康は一体とする考え方)による緊急対策が策定され、実行されています。動物と人の健康に関する合同調査が、ヌアクショットにある大型の大畜産市場と屠殺施設の2か所で行われ、ウイルス伝播のリスク分布地図が作製されています。
・調査活動の強化、特にモーリタニアと国境を接する地域の行政府職員や開業の医師などに対する調査活動を強化するために、政府としての注意事項が作成されました。
・医療従事者の(感染予防への)訓練、基本的な動作手順の再配布、国立検査施設へのELISA検査(検体)の提供、基本的なIPC手順の強化など、現地での(感染への)意識向上と患者管理の能力向上のために、取り組みが計画され、準備が進められています。

発生状況への認識

 セネガル政府の担当当局は、新たなクリミア・コンゴ出血熱の感染輸入例を報告しました。今回の患者は、ヌアクショットで報告されたこれまでの患者2人が住んでいた場所から20km以上も離れているために関係がなく、2つの事例には全く疫学的にも明らかな関連性はありませんでした。短期間で3人の患者が発生したことは、モーリタニアでクリミア・コンゴ出血熱の脅威がかなり大きいことを示しています。2003年には、この国は、ヌアクショットで大規模なクリミア・コンゴ出血熱の流行を経験し、そのときには、疑い患者が119人(確定患者24人)と死亡者が29人に上りました。患者のほとんどは、感染した家畜との直接接触によるものでした。

 今回のクリミア・コンゴ出血熱の事例に対応して、モーリタニアの保健省および家畜省は、この病気の規模を完全に把握するために、合同調査とリスク評価を開始しました。この評価の調査結果は、多くの人から待たれています。それでも、「One Health」(人、家畜、野生動物の健康は一体とする考え方)に基づく、現地での有効な予防と感染制御への対策は、実施される必要があります。また、これら最近の出来事は、現地の医療従事者がクリミア・コンゴ出血熱やほかのウイルス性出血熱を疑うことへの高い関心を維持し、速やかに隔離、検査による調査および治療を行うことの必要性を極めて強く示しています。患者の発見、調査、確認、管理のために、現地の対応能力を強化することへの直接の取り組みが必要とされます。クリミア・コンゴ出血熱は、人畜共通の感染症で、ダニの刺咬によって、または動物の解体処理中や解体処理直後の動物組織との接触によって、人に感染します。通常、家畜の感染は明らかな症状を示さないため、よく管理された家畜群以外でこの病気を防御することは難しいかもしれません。そのため、(感染)予防は、頻繁に動物と接触する人では接触機会を減らすこと、また、病院内での感染を予防するためには基本的な感染予防対策を実践することなど、対策への関心の向上に重点が置かれます。モーリタニアでは、One Healthの考え方に基づく動物と人の健康分野の緊密な連携の強化が必要です。

厚生労働省検疫所 FORTHより

アフリカにおける感染症の発生状況の週報[第25週(6月17日-23日)]が公表されました。ここでは、今週、新しく報告に加わった記事のうち、隣国ニジェール、チャドに続き、ナイジェリアからも報告されたE型肝炎の状況について取り上げます。

E型肝炎の発生状況

 2017年6月18日に、ナイジェリア連邦保健省は、北東部ボルノ州でE型肝炎が発生したことをWHOに報告しました。5月3日に、Mobbor地方自治区(LGA)Damasakの街で急性黄疸の症状を呈する患者12人が集団で発見されました。この街は、E型肝炎の流行が続くニジェールと国境を接しています。感染の発端となる患者9人から採取された生体検体のうち4本がE型肝炎ウイルスに陽性と判明しました。検査は、ラゴスのウイルス研究所で行われ、感染が発生していることが確認されました。この感染の発生に関連して、カメルーンと国境を接するNgala地方自治区(LGA)からはE型肝炎疑い患者41人が報告されました。6月17日までに、死亡者はでていませんが、Damasakの街とNgala地方自治区で、合計53人のE型肝炎疑い患者が報告されました。これらの患者のうち、少なくとも3人が妊娠女性で、感染者の年齢幅は、6歳から35歳でした。DamasakとNgalaからは、合計18本の生体検体が得られ、さらなる分析のために、(現在)Lagos(ラゴス)に送られています。詳しい感染の発生への調査、およびリスクの評価が実施されていますが、十分に大きな規模でE型肝炎の流行が確立されています。

 E型肝炎の発生は、避難民や帰還住民からも発生しています。Damasakはボルノ州で3番目に大きい街です。2016年7月に(反政府勢力から)奪還され、2017年1月までに避難民の帰還が始まりました。現在、およそ9万人の帰還住民が再移住してきていますが、多くは社会サービスの利用環境が限られた非定住集落への移住です。

公衆衛生上の取り組み
・WHOと加盟国は、人道支援への対策全体の枠組みの中で、E型肝炎に対処する国と州政府に対し、技術支援、物資と財政の支援を行っています。
・2017年5月に、WHO、UNHCR(国際連合難民高等弁務官事務所)、IOM(国際移住機関)、NRC(ナイジェリア鉄道公社)、カナダ大使館の共同調査チームが派遣されました。このチームは、積極的な患者調査体制など、活発な調査活動を確立させるために、医療従事者や地域の活動員たちと情報交換を重ねています。
・医療従事者は、患者の診断定義の適用など、疾病調査の処理能力を向上させるべく訓練を受けています。
・ナイジェリア赤十字は、衛生環境の整備の推進や井戸の開設など、WASH(健康/水と衛生の環境を整備する)活動などを実施しています。
・地域ボランティアと地域の各リーダーは、地域レベルでの予防活動と感染制御への活動を行うことに携わっています。
・患者の管理、主に対症療法が、関係者の支援を得て、地域の医療施設で行われています。
・国境での帰国者のスクリーニング検査体制を強化する取り組みが続けられています。

発生状況への認識

 今回の北東部ボルノ州でのE型肝炎の流行は、この国の北部で発生している人道危機(内戦)の状況の中で発生しています。この流行は、徐々に治安状況が改善してきたことによって、チャド湖盆地での人々の移動が増えてきたことで発生しています。ニジェールDiffa(ディファ)州やチャドSalamat(サラマト)州では、E型肝炎の流行が続いています。そのため、この地域内での人々の移動の増加は、この病気が国境を越えて伝播する環境を作り上げました。ナイジェリアの北東部、チャドとニジェールの南部、カメルーンの北部に位置する地域は、安全な飲み水の利用環境が限られており、これに伴い、外部での排便習慣によりトイレ普及率は低い状態です。これらのことが、ナイジェリアやこの地域に、現在、E型肝炎が発生している主な要因となっています。E型肝炎は、国内避難民(IDP)や難民施設で急速に拡がることが知られています。

 最適とはいえない調査能力や、避難民や帰国民における限られた利用という、現行の保健衛生環境を考えると、この流行の本当の拡大規模は過小評価されている可能性があります。そのため、ナイジェリアおよび近隣諸国においてE型肝炎が引き続き伝播していくリスクは高いようです。この影響に対して、この地域に潜在するE型肝炎の深刻な流行に対処するために、ナイジェリア、ニジェール、チャド、カメルーンなどこの地域を共有する国々で(感染)対策を作成することが急務となっています。

厚生労働省検疫所 FORTHより

このページのトップヘ