トラベルクリニック海外渡航者センター     品川イーストクリニック

海外渡航・出張・旅行・留学を予定している方へ、世界各国の感染症情報や流行っている病気などをいち早くお届け。トラベルクリニック渡航者センター品川イーストクリニックでは、海外滞在を快適に過ごせるよう健康面から皆様を応援しております。

2017年9月5日付けで公表されWHOの情報によりますと、タイは「2020年までに狂犬病のない国を目指す」としており、この問題に取り組むタイ王女Chulabhorn Mahidol 教授をWHO事務局に迎えました。

記事の詳細

 WHOは、2017年8月28日に、WHO本部(ジュネーヴ)にタイ王女Chulabhorn Mahidol 教授を迎えました。王女は、タイで「2020年までに狂犬病のない国を目指す」ための取り組みの先頭に立って活動しています。それは、世界中で2030年までに狂犬病による死亡者をなくすために、より広い構想実現の途中にあります。
 狂犬病は、死に至る病気ですが、予防できる人畜共通の病気でもあります。この病気は、アフリカやアジアの貧しい遠隔の地に暮らす人々に発生します。病気は、感染した動物に咬まれたり、爪で搔かれたりすることによって伝播します。患者の約99%はイヌを原因としています。
 狂犬病による死を防ぐためには、"One health"アプローチ(動物、自然の調和など、さまざまな分野からの学際的かつ包括的に行うアプローチ)を必要とします。これには、イヌへのワクチン接種が、環境を整えやすく経済的にも実現可能であり、対策の鍵となります。そして、咬まれた人への(曝露後)予防投与も鍵となります。
 「狂犬病を撲滅するためには、(自ら)責任をもって行動する必要があることの教育を人々に行き渡らせ、知識を持たせなければなりません。」と、タイ王女Chulabhorn Mahidol 教授は述べています。彼女の王室高位委員会は、中央政府から村レベルまで、タイ全土にわたって、国民が狂犬病を防ぐことへの参加に関心をもつことを支援しています。

タイでは狂犬病患者は90%以上減りました

 タイでは、大規模な犬へのワクチン接種や救命処置による人への(曝露後)ワクチン接種の利用環境を向上させたことにより、1980年代に比べて90%以上も狂犬病患者数を減らすことができました。タイ・バンコクにあるチュラロンコン大学(Chulalongkorn University)内のWHO共同研究センター長T. Hemachudha博士は、「人の狂犬病(感染)を撲滅するという使命は2020年までに達成できる」と、この見通しについて考えています。

 この国では、費用や用量を節約できる人への皮内ワクチン投与法など、新しい狂犬病への戦略を作成し、実施しています。皮内ワクチン接種法は、有効かつ安全で、従来の筋内内へのワクチン投与よりも60-80%価格を安くできることから、WHOは(狂犬病が)常在する他の環境下でも採用することを奨励しています。

 タイでは、(狂犬病対策が)目覚ましい進歩を遂げていますが、「最も重要な次のステップは、人への(曝露後)ワクチン接種を村落のレベルまで引き上げることです。これによって、何千人もの命を救うことができます。そして、すべての犬の70%に持続可能な方法でワクチンを接種する方法を見つけることです。」と、チュラロンコン大学H. Wilde博士は述べています。

「村落は、バンコクや各都市の(感染)対策室から遠く離れています。」「私たちには移動式の診療室が必要です。そうすれば、どこにでも移動し、できる限りの医療支援を人々に提供し、犬への(接種)サービスをできる限り適切に提供することができます。」と、タイ王女Chulabhorn Mahidol 教授は語りました。
 彼女の王室高位(委員会)の計画は、狂犬病を減らすために犬へのワクチン接種率を上げ、犬猫の匹数を管理することを目指しています。

厚生労働省検疫所 FORTHより

タイに海外渡航(赴任)・海外旅行をする際のワクチンや感染症について詳しく見る

狂犬病について詳しく見る

 麻しん(はしか)は、麻しんウイルスによって起こる病気です。空気感染、飛沫感染、接触感染によって、人から人にうつります。その感染力はウイルスの中で最も強く、麻しんを発症している人と同じ部屋にいるだけで(空気)感染することがあります。また、免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症し、肺炎や脳炎などの重い合併症を起こすこともあります。

 欧州のいくつもの国で麻しんの流行が発生しており、2017年9月1日付けで、欧州疾病対策センター(ECDC)は注意を呼びかけています。ルーマニアとイタリアでは、大規模な流行が発生しています。また、今年は、ラトビア、リヒテンシュタイン、マルタ、ノルウェーを除き、欧州のすべての国で、麻しん患者が報告されています。

 *原文では、この他に、ドイツ(860人)、アイルランド(8人)、イタリア(4,328人)、ルーマニア(8,937人)、イギリス(17人)からの情報が更新されています。

 詳しくは、原文でお確かめください。

 麻しんは予防接種で予防することができる病気ですが、予防効果を確実にするためには、2回の接種が必要です。麻しんの流行がみられる地域へ渡航する前には、母子健康手帳などで、予防接種歴を確認してください。麻しんに罹かったことがない方で、麻しんの予防接種を受けたことがない方や1回しか接種していない方、または予防接種を受けたかどうかがわからない方は、渡航する前に、早めに医師に相談してください。



厚生労働省検疫所 FORTHより

麻疹について詳しく見る

2017年9月4日付けで、WHO欧州地域事務局から、マラリアの感染伝播の再興を予防できていることに対する声明(Ashgabat声明)が発表されました。

Ashgabat声明

 WHO欧州地域は、(それぞれの土地に)土着するマラリアの感染伝播の遮断を達成した世界で初めての地域として認識されています。2016年4月20日に、WHO欧州地域事務局長から宣言されました。私たちは、WHOと加盟各国、特に、この重要な目標に到達するための支援および役割を果たした、「エイズ、結核、マラリアと戦う世界基金」に感謝致します。

 この成果は並外れたことではあるものの、脆く壊れやすいために、注意が必要です。WHO欧州地域は、マラリアが常在する他の地域からの感染輸入患者が入りやすく、あらゆる面で政治上の責任能力の弱体化が生じると、マラリアの終息した国で再興が起こり得ます。

 WHO欧州地域の各国でマラリアの感染伝播の再興を予防することは、「健康2020」、「マラリアのためのグローバル技術戦略2016-2030」、「持続可能な発展のための到達目標と最終目標、国連アジェンダ2030」に向けた重要な一歩です。

 タシケント宣言の条約加盟国である私たちは、マラリアの感染輸入を効率的に管理し、地域での感染の再興を防ぎ、如何なるマラリアの急激な再興をも防ぐことの責任を、次のことから再確認しました。

1.この地域で各国がマラリアの終息状態を維持するために、政治上の責任能力と、医療体制の強化に、適正なレベルの資金調達および投資を維持することを認識します

2.高度な警戒体制と対応能力の構築を含めて、マラリアの感染伝播の再確立を防止するために、健全な国家戦略の発展と実施を規制し、責任を果たします

3.この地域でマラリアの終息状況を確認するために、加盟国が毎年WHOにすべての情報の提出を続けることを再確認します

4.マラリアの再興防止に関して、国境を越えた一層の連携強化を図ることの必要性を強調します。この点で、私たちはヨーロッパのWHO地域事務所に、国境と地域を越えた調整を引き続き促進させてくれることを要望します。

5.WHO欧州地域のすべての加盟国に対し、この(マラリア終息の)認定を要請することの決定権は国家政府にあることを認めつつ、加盟国にはマラリアの撲滅の認定を受けることを要請していきます

6.WHO欧州地域事務局には、マラリアのないヨーロッパを維持することへの取り組みを強化し、(マラリア撲滅に)向き合っているこの地域の各国を、引き続き支援していくことを要請します

7.WHO欧州地域事務局には、マラリアの感染伝播の再確立を防止することに取り組む各国を支援するための援助組織との調整を要請します

8.蚊が媒介する他の感染症の再興にも対処するために、マラリアのないヨーロッパに向けた(これまでの)行程から学んだ教訓を取り入れることが不可欠であることに同意します


厚生労働省検疫所 FORTHより

マラリアについて詳しくみる

このページのトップヘ