トラベルクリニック海外渡航者センター     品川イーストクリニック

海外渡航・出張・旅行・留学を予定している方へ、世界各国の感染症情報や流行っている病気などをいち早くお届け。トラベルクリニック渡航者センター品川イーストクリニックでは、海外滞在を快適に過ごせるよう健康面から皆様を応援しております。

カテゴリ:チクングニア熱

 2015年の第39-43週に報告されたWHO西太平洋地域事務局(WPRO)のサーベイランス情報をまとめて掲載いたします。

註1:発生時期に時間差がありますので、詳細は原文でお確かめください。
註2:[ ]の数字は報告週です。

 太平洋地域での症状・疾患サーベイランス報告システム(PSSS)では、伝染性感染症の発生を示唆する情報の報告をしています。データは、急性発熱と発疹、下痢、インフルエンザ様疾患、遷延性の発熱の4つの症状群について、太平洋地域の23か国200以上の医療施設から 収集されています。PSSSは、伝染性感染症に対する極めて貴重な早期警報ツールとしての、また、太平洋諸島の地域と国々、WHO、太平洋共同体のような その他の国際機関との間で定期的に連絡をとる機構制度としての役目を果たしています。

急性発熱と発疹:フランス領ポリネシア[39]、パラオ[39,41]、ツバル[39,42] 、バヌアツ[42,43]
下痢:クック諸島[40,41,42]、ミクロネシア連邦[43]、マーシャル諸島[43]、キリバス[41]、トンガ[41]、グアム[40]
インフルエンザ様疾患: トンガ[39,40、42]、ナウル[39-43]、ニューカレドニア[39]、グアム[39,40,42]、キリバス[41]、ミクロネシア連邦[43]、マーシャル諸島[43]
遷延性発熱:ツバル[39] 、トンガ[42]

疾患別の発生状況

チクングニア熱
・【マーシャル諸島】2015年10月25日現在、 2月の流行発生からの患者数は1,345人となりました[43]。週を追って患者数は減ってきています[43,40]。9月の患者数は3人でした[40]。

・【ツバル】感染の発生が続いています[43,42]。フランス領ポリネシアのILM研究所によって確認されました[43,42]。PCR検査によって、37検体のうち9検体がチクングニア熱に陽性となりました[41]。

デング熱
・【アメリカ領サモア】2015年10月18日現在、患者454人が報告され、そのうち145人が入院しました[42]。デング熱3型の流行が確認されていますが、患者数は減少傾向にあります[43,42,41,39]。

・【フランス領ポリネシア】デング熱1型の流行が確認されました[43,42,41,40]。9月には重症患者1人を含む10人が入院しました[43、41]。10月11日の週には23人[42]、10月4日の週には25人[41]、9月30日の週には26人[40]の患者が報告されています。

・【サモア】2015年6月11日以降、9月27日までに773人の患者が報告され、報告週の前週にも13人の患者が報告されました[39]。フランス領ポリネシアのILM研究所によってデング熱3型の流行が確認されていますが、患者数は減少傾向にあります[39]。

インフルエンザ様疾患
【ミクロネシア連邦】10歳以下の子どもが患者の大半を占める患者数の増加が報告されています[43]。

・【ナウル】インフルエンザAとインフルエンザBの流行が確認されており、5歳以下の患者が90%を占めています[42]。

麻しん、急性発熱と発疹
【バヌアツ】フィジーの感染症・公衆衛生研究所によって8検体中3検体から麻しんの陽性が確認されました[42]。患者はShefa地域からで、年齢は4歳、5歳、29歳です[42]。

・【ツバル】発疹を伴う急性発熱患者が増加しています。原因が調べられています[39]。

心配な場合には早めの受診を

海外で発熱などの症状が出たら、早目に医療機関を受診してください。
また、帰国の際に、発熱や心配な症状のある方は検疫所の担当者にご相談ください。帰国後に発症した場合や、症状が良くならない場合は、お近くの医療機関を受診してください。受診方法については検疫所や保健所でも相談することができます。
医療機関を受診する時には、医師に、渡航先や渡航期間、渡航先での活動などについて、詳しく伝えてください。



厚生労働省検疫所 FORTHより

チクングニヤ熱について詳しく見る
デング熱について詳しく見る
インフルエンザについて詳しく見る
麻疹について詳しく見る

チクングニア熱は、蚊によって感染するウイルス性疾患です。感染した蚊に刺されてから2~12日(通常2~4日)後に症状が現れます。チクングニア熱の症状には、発熱、頭痛、強い関節痛(足首や手首)がみられ、死亡することは稀ですが、関節痛は数週間、稀に数か月から数年続くことがあります。

 9月4日付けで公表された汎米保健機構(PAHO)の情報によりますと、カリブ海諸国でチクングニア熱の患者が増加しています。

 カリブ海諸国におけるチクングニア熱の流行は、2013年12月6日にカリブ海のサン・マルタン(セント・マーチン)島のフランス領で報告されました。これは、アメリカ大陸において、初めて地域内感染が確認された事例です。

 9月4日時点における患者の発生状況は以下のとおりです。

国・地域報告週

国内感染例a

輸入例発生率b死亡者数
疑い例確定診断例
北米
 バーミューダWeek173
 カナダWeek4312
 メキシコWeek354,570153.6
 アメリカ合衆国Week35325
小計04,5706550.90
中米
 ベリーズWeek0.0
 コスタリカWeek201422.9
 エルサルバドルWeek3336,14016562.70
 グアテマラWeek217,34252248.41
 ホンジュラスWeek3371,8355852.90
 ニカラグアWeek3138,2812,853657.51
 パナマWeek331231715
小計153,7213,55515336.82
ヒスパニック系カリブ海諸国
 キューバWeek0.0
 ドミニカ共和国Week28670.6
 フランス領ギアナWeek326,4501,7563,144.12
 グアドループWeek915031.9
 ハイチWeek
 マルティニークWeek932079.0
 プエルトリコWeek3364111620.615
 サン・バルテミー島Week183173,561.8
 サン・マルタン島(フランス領)Week186001,681.1
小計8,5451,872027.917
アンデス地域
 ボリビアWeek1314391619.6
 コロンビアWeek33323,6031,131655.645
 エクアドルWeek3428,4633,81399198.92
 ペルーWeek303668550.3
 ベネズエラWeek3314,34031846.8
小計366,5856,246155267.847
南米
 アルゼンチンWeek2931
 ブラジルWeek308,64812374.3
 チリWeek286
 パラグアイWeek322,38586146.2
 ウルグアイWeek
小計11,033984444.40
その他のカリブ地域
 アンギラWeek11283193.8
 アンティグア・バーブーダWeek816017.4
 アルバWeek29281686863.4
 バハマWeek171012.6
 バルバドスWeek2582028.3
 ケイマンWeek8671121.4
 キュラソーWeek
 ドミニカ国Week50.0
 グレナダWeek
 ガイアナWeek25,31029661.6
 ジャマイカWeek629910.6
 モントセラトWeek2970140.0
 セントクリストファー・ネイビスWeek
 セントルシアWeek
 セントビンセント・グレナディーンWeek8000.0
 シント・マールテン島 (オランダ領)Week
 スリナムWeek
 トリニダード・トバゴWeek30513.8
 タークス・カイコス諸島Week
 ヴァージン諸島 (イギリス)Week
 ヴァージン諸島 (米国)Week12225102317.5
小計6,315882198.00
総計546,19918,10987056.966

a 診断の定義は http://www.paho.org/hq/index.php?option=com_docman&task=doc_download&Itemid=&gid=23978&lang=en を参照してください。
b 発生率は人口10万人あたりの発生数

 カリブ海諸国に渡航、滞在される方は、今後の情報に注意していただくとともに、蚊に刺されないよう対策をとってください。

蚊に刺されないための対策

可能な限り、しっかりと網戸がとりつけられているか、エアコンが備わっている、または、蚊をしっかりと駆除しているホテルやリゾートに滞在してください。蚊取り線香も有効です。
長袖のシャツ、ズボンを着て、できるだけ皮膚の露出部を少なくするようにしてください。
流行地域では屋外にでかける場合や網戸が備わっていない建物にいる場合には、ディート(DEET)などの有効成分が含まれている虫よけ剤を、皮膚の露出部につけてください。使用する場合には、必ず添付文書に記載されている使用法を守ってください。日焼け止めを使う場合は、先に日焼け止めをつけてから、虫よけ剤を使用してください。
子ども、とくに乳児への虫よけ剤の使用については、小児科医にご相談ください。虫よけ剤が使用できない場合、ベビーカーにぴったりと合う蚊帳でベビーカーをおおってください。

心配な場合には早めの受診を 

海外で発熱などの症状が出たら、できる限り早く医療機関を受診してください。
また、ご帰国の際に、発熱や心配な症状のある方は検疫所の担当者にご相談ください。帰国後に発症した場合や、症状が改善しない場合は、お近くの医療機関または検疫所にご相談ください。
医療機関を受診する時には、医師に、渡航先や渡航期間、渡航先での活動などについて、詳しく伝えてください。



厚生労働省検疫所 FORTHより

チクングニヤ熱について詳しく見る

2015年8月10日に公表された世界保健機関(WHO)からの情報によりますと、8月3日にスペインの国際保健規約(IHR)国家担当者はバレンシア地方Gandia(ガンディア)市でチクングニア感染症患者が発生したことをWHOに報告しました。スペインにおいて、チクングニア発生地域への旅行歴のない人にこの疾患の検査が陽性となったのは、これが初めてです。

症例の詳細情報
患者は60歳男性。彼は7月7日にフランスで発症し、7月8日にフランスで病院を受診しました。スペインに帰国した後、患者は7月11日に入院し、7月16日に退院しました。7月23日に、患者の血液が採取されました。7月31日に、ELISA法によって血清IgMが検出され、チクングニアが陽性であると確認されました。彼の潜伏期の可能性のある期間および症状を発症した期間(患者に感染が成立し、他人に伝播させる可能性のある期間)、彼はスペインのバレンシア地方および媒介蚊となるヒトスジシマカが棲息することが知られているフランスのLanguedoc-Roussillon(ラングドック·ルシヨン)地域に滞在していました。

公衆衛生上の対応
 スペインの保健当局は、疫学調査および昆虫調査と同時に、媒介蚊の制御対策の立ち上げを始めています。フランスの国家保健当局は、患者が訪れた地域で媒介蚊の制御活動を実施する地方の保健当局に、情報を提供しています。

WHOからのアドバイス
 WHOは国々に、患者を発見し確認する検査および臨床の対処能力を向上させ維持ながら、患者を管理し、地域社会が媒介蚊を減らすことに関与するために社会的なコミュニケーション戦略を実行することを勧めています。



厚生労働省検疫所 FORTHより

チクングニア熱の予防接種について詳しく見る

スペインに海外渡航(赴任)・海外旅行をする際のワクチンや感染症について詳しく見る

チクングニア熱は、蚊によって感染するウイルス性疾患で、死亡することは稀です。チクングニア熱の症状には、発熱、頭痛、強い関節痛(足首や手首)がみられ、関節痛は数週間続くことがあります。感染した蚊に刺されてから4日から7日後に症状が現れます。

8月18日付けで公表された米国疾病予防管理センター(CDC)の情報によりますと、米領サモアで、国内で感染した最初のチクングニア熱症例が報告されました。この地域内感染は、この地域の蚊がチクングニアに感染していること、それが人々へ拡がっていることを示しています。

米領サモアへ渡航される方は、今後の情報に注意していただくとともに、蚊に刺されないよう対策をとってください。

蚊に刺されないための対策

  • 可能な限り、しっかりと網戸がとりつけられているか、エアコンが備わっている、または、蚊をしっかりと駆除しているホテルやリゾートに滞在してください。蚊取り線香も有効です。
  • 長袖のシャツ、ズボンを着て、できるだけ皮膚の露出部を少なくするようにしてください。
  • 流行地域では屋外にでかける場合や網戸が備わっていない建物にいる場合には、ディート(DEET)などの有効成分が含まれている虫よけ剤を、皮膚の露出部につけてください。使用する場合には、必ず添付文書に記載されている使用法を守ってください。日焼け止めを使う場合は、先に日焼け止めをつけてから、虫よけ剤を使用してください。
  • 子ども、とくに乳児への虫よけ剤の使用については、小児科医にご相談ください。虫よけ剤が使用できない場合、ベビーカーにぴったりと合う蚊帳でベビーカーをおおってください。

心配な場合には早めの受診を 

  • 海外で発熱などの症状が出たら、できる限り早く医療機関を受診してください。
  • また、ご帰国の際に、発熱や心配な症状のある方は検疫所の担当者にご相談ください。帰国後に発症した場合や、症状が改善しない場合は、お近くの医療機関または検疫所にご相談ください。
  • 医療機関を受診する時には、医師に、渡航先や渡航期間、渡航先での活動などについて、詳しく伝えてください。

厚生労働省検疫所 FORTHより

チクングニヤ熱について詳しく見る
アメリカ領サモアについて詳しく見る

チクングニア熱は、蚊によって感染するウイルス性疾患で、死亡することは稀です。チクングニア熱の症状には、発熱、頭痛、強い関節痛(足首や手首)がみられ、関節痛は数週間続くことがあります。感染した蚊に刺されてから4日から7日後に症状が現れます。

7月17日付けで公表された米国疾病予防管理センター(CDC)の情報によりますと、米国国内で感染した最初のチクングニア熱症例がフロリダで報告されました。

蚊媒介性ウイルスであるチクングニア熱が西半球で確認された7か月後に、チクングニア熱に居住地域で感染した最初の症例が、アメリカ合衆国本土で発生しました。この症例は、アメリカ合衆国国外に最近旅行していなかった男性で、フロリダで本日(7/17)報告されました。患者がどのようにウイルスに感染したか調査するために、疾病管理予防センター(CDC)は、フロリダ保健局と緊密に協力しています。CDCはまた、今後数週から数か月にわたって、アメリカ合衆国で地域で感染した追加症例がないか監視するでしょう。

蚊に刺されないための対策

  • 可能な限り、しっかりと網戸がとりつけられているか、エアコンが備わっている、または、蚊をしっかりと駆除しているホテルやリゾートに滞在してください。蚊取り線香も有効です。
  • 長袖のシャツ、ズボンを着て、できるだけ皮膚の露出部を少なくするようにしてください。
  • 流行地域では屋外にでかける場合や網戸が備わっていない建物にいる場合には、ディート(DEET)などの有効成分が含まれている虫よけ剤を、皮膚の露出部につけてください。使用する場合には、必ず添付文書に記載されている使用法を守ってください。日焼け止めを使う場合は、先に日焼け止めをつけてから、虫よけ剤を使用してください。
  • 子ども、とくに乳児への虫よけ剤の使用については、小児科医にご相談ください。虫よけ剤が使用できない場合、ベビーカーにぴったりと合う蚊帳でベビーカーをおおってください。

心配な場合には早めの受診を 

  • 海外で発熱などの症状が出たら、できる限り早く医療機関を受診してください。
  • また、ご帰国の際に、発熱や心配な症状のある方は検疫所の担当者にご相談ください。帰国後に発症した場合や、症状が改善しない場合は、お近くの医療機関または検疫所にご相談ください。
  • 医療機関を受診する時には、医師に、渡航先や渡航期間、渡航先での活動などについて、詳しく伝えてください。

厚生労働省検疫所 FORTHより

チクングニヤ熱について詳しく見る

このページのトップヘ