コンバットミッション作戦司令部(戦時編制)

Battlefront社のCombat mission エンジンを用いたWWⅡゲームに関するブログです。

CM Engine Manual v3.00 Japanese Translation (for public 1.0e)アップしました

さきほど、BattlefrontのRepositryに、CM Engine Manual v3.00 Japanese Translation (for public 1.0e)をアップロードしてきました、数日中にダウンロードできると思います。

マーチンさんから翻訳許可いただいたんで、全部訳したんですが、サイバーフロントさんのCMSFマニュアルとかぶってるところはばっさり削除しました。
かぶってるところも、コピペじゃなく自力で訳し、似通ってる部分はわざわざ違えて書いたぐらいなんで問題はないと思うんですが、まあ、CMが店頭販売されるのも見たい気がしますので、その邪魔になるようなことは避けようかと。

エディター部分なんかは、CMユーザーさんの役に立てるんじゃないかな。
「Japanzerよ、よくやった!」と思ってくださる方は、Ratingのvoteに1票お願いします。でないと張り合いありませんから。

できたら、ホームページ立ち上げて、シナリオ製作とかやってくれるとうれしいです。(←他人任せモード)
CMは結構イイ線いってる良いゲームだと思うんですがね、イマイチさびしい。

新ソフト2本

ホント、久しぶりに書きます。前回の書き込みから半年以上、ブログ書き込み方法も忘れかけてました。

1、CMBN-Vehicles Pack
  独軍捕獲戦車のシャール戦車とか、地雷処理戦車などユニークな車両の追加パックが出ました。
  動画見てると、ドラムが回転して地雷を爆発させてるとこがスゴイです。まだ買ってません。

2、CM-Black Sea
  現代戦モノです。2017年、ウクライナでNATOとロシア軍の戦闘勃発との想定。
 なんでもCMエンジンver3.0だそうで。特筆すべきは、水陸両用車両があり、実際に水面を動いてます。するってーと、なんですかい、このエンジンを使えば太平洋戦争も十分考えられるってことですかい?
 あと、無人機が登場しますね。電子戦もシミュレートしてるって。面白いところは、ミノフスキー粒子ジャミングもできて電子機器が無効化されるともあります。

 ここんとこの円安傾向がうらめしい…

InfoDisplayerをアップしました(2)

ほぼ、一年ぶりの書き込みです。しかも、タイトルもほぼ同じという進歩のないヤローです。

InfoDisplayerはWindows7用に作り直しました。MG対応。しかも、翻訳のないシナリオもなんとかして翻訳表示してやろう、というものです。まあネット翻訳ですんで、質がアレですが…
このブログエントリーを書きこしているあいだにアップロードしてますんで数日中にDLできると思います。

ついでに、東部戦線、ついに発表されましたね。対空射撃、火炎放射、タンクデサントと、これでCMx1にあった機能はあらかたできるようになりました。AIもトリガー実装です。実に愉しみ。
記事検索
最新コメント
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ