すほーい機種全部いえんくせに

本ブログはMASDF http://www.masdf.com/ の、更新過去ログです。

サイト更新:百里基地航空祭2010

IMG_0529

サイト更新:百里基地航空祭2010
ファントム・イーグルと旧マクダネル・ダグラス支配の百里基地航空祭。高温多湿の上に霞みがかっていたためベイパーの出やすい環境が揃っていました。キット凄いことになる!と思ったら案の定、良い具合にベイパー祭りになりました。冬のスカッと晴れた透き通るような空気感こそ最高ですが、夏のエアショーも (体力の消耗さえなければ)なかなか良いものです。

さて、今年のドイツ・ハンガリー遠征まで後1週間になりました。前倒しで勧めていた来月号の原稿を仕上げつつ旅行の準備をまったりと進行中です。せっかくの円高ですから今後の旅行分も見越してユーロもたんまりと交換しました。
なお、残念なことに某誌にお願いしていたエアショーでのプレス登録は、抽選の結果落選してしまいました。役得でホクホクする予定が音を立てて崩れ去りました(><)

執筆:MiGスペシャルとファントムII


今月の記事執筆です。航空情報09月号は先月号のミグスペシャル第一弾に続きミグスペシャル第二弾。「MiG-25フォックスバット/MiG-31フォックスハウンド」を執筆。わーいMiG-25大好き(・∀・)と言うわけで、フォックスバットの伝説を多めに書いています。MiG-25は西側に与えた畏怖という点では数あるミグ戦闘機の中で最高の存在だと思います。もっとも「ボマーギャップ」やら「ミサイルギャップ」のように、わざと騒いだ感もありますが。表紙の MiG-29Kの写真、なかなか良いですな。

エアワールド 09月号 は二ヶ月連続トップ記事です。ファントム特集「F-4ファントムIIは名機だったのか」を執筆。わーいファントム大好き(・∀・) 中東戦争やイランイラク戦争をメインにファントムの戦いを振り返り、本当にF-4はミグに苦戦したのか。というテーマで執筆しました。エアワールドでの記事もかなりミグ入ってます(笑)
やっぱ、ファントムもフォックスバットも1960〜70年代の戦闘機は何もかもが最高です!F-XなんてMiG-31BMにすれば良いのに(嘘)。

てんでどうでも良いことなのですが、今月号は一度も「AESA(アクティブ電子走査アレイ)レーダー」という語を使わなかった!珍しい! なんか、毎月 AESAの装備でどう変わるのかを欠かさず書いていたので、珍しいなと思いました。そんだけAESAが重要な要素であると言うことですね。来月?もちろん AESAについて言及してます。

更新:いまさら2010年空挺降下始め写真

IMG_7886
サイト更新:2010年第一空挺団降下初め
UPしよう、UPしよう、と思いつつ忘れに忘れて半年が経ってしまいました。展示空域と観客席の距離が近いお陰で、なかなか迫力のある写真が撮りやすい同イベントも5回目の来訪となりました。チヌークのダウンウォッシュにたじろぎながら撮る楽しみが味わえる快感は最高です。
パソコンのディスプレイを眺めてニヤニヤしてる自分に気が付いたとき、やっぱ、私、動いてる航空機の撮影が好きなんだな。と実感します。過去2年間お天道様に見放されさんざんだった分、今年のシーズンこそお天気に恵まれますように。

さて、ハンガリーエアショー遠征まであと一ヶ月を切りました。飛行機、ホテル、事前に手配するものは全て完了しました。後は休みの日に荷造りしたり、忘れ物チェックリストや行動予定表を作ったりするだけです。エアショー参加機もなかなかのメンツです(イスラエル空軍に黄信号が灯ってるのが気になりますが)。心配だったハンガリーのソルノク航空博物館への行き方も、公式サイトにメールしてみたら丁寧に教えてくれたし、もう憂いは有りません。後はお天道様の気分次第ですが、8月のハンガリーの降水量は冬の東京並みだそうなので期待大です。
まず、手始めに今月末の隔離基地航空祭へ行って海外遠征前の「練習試合」をする予定です。

更新:露出補正の使い方とか

IMG_1206

さて、更新です。
飛行機を撮ろう!露出補正を極めろ!
シリーズ9回目はコンピューターに任せきりはもう卒業!露出補正を使って作品を自分のモノにしよう!というテーマです。本格エアショーシーズンもまもなく開幕しますから、それにあわせてヨーロッパ遠征前にもう2〜3回やろうかな(やれたらいいなあ)。と思っております。

ツイッターにも近況を書いておりましたが、風邪ひくわ無理して倒れるわ、血便が出るからなんぞ!とおもって内視鏡検査うけたら十二指腸潰瘍をやらかしてたわで、ここ1〜2週間ひどく体調を壊しておりました。ああ、歳を取るとこうなるのね。よく考えてみればもうすぐ三十路....あああああああ!考えたく無い!品行方正に生きてきたのになんで三十代にならなきゃならないの(><;) よし、決めた。24歳から歳を取らないことにした。24歳と60ヶ月でーす。みたいな?(冗談にしても痛々しい)

更新:エンジンノズルは何故開閉するのか&執筆情報

サイト更新ッ!ジェット戦闘機のエンジンノズルは何故開閉するのか。戦闘機のコンダイノズルは何をやっているの?という疑問が早わかり!?です。

今月の航空誌執筆状況です。エアワールド08月号に「FXの本命F-15FX」を執筆。ついにエアワールドでも表紙を開いて最初のトップ記事を飾ることができました。
空自FXはF-15EJ派だったので、書きたいことの念願かなったりです。もっとも私がF-15を推す理由の99%は「昔からストライクイーグル大好き」であることに拠りますが(笑) もちろん、そんな私情を抜きにして、F- 15が最良の選択肢である理由を解説しています。
サイレントイーグル?ああ、あんなの10年後に「そういえばそんな飛行機有ったよね」と、たまに思い出される機体で終わるに違い有りません(本当にそう書いた)
また、別の方が書かれたF-15の戦績に関する記事において、MASDFが参考資料として紹介されています。

続いて航空情報08月号はUAV特集においてRQ-1/MQ-1プレデター、MQ-9リーパー、RQ-4グローバルホーク、そして次世代の攻撃UAVについてを執筆。えらくUAVの仕事が続きますが、どうやら今年3月下旬に東京でRQ-4が公開されたことが理由のようです。今回は搭載されているセンサーによる偵察・攻撃能力や運用についてを重視して書いています。
本当はもう一つの特集記事「ミグスペシャル」にもMiG-25/31を書いたのですが、誌面の都合により今回はMiG-19までで残りは次号持ち越しになったようです。今月はF-15とMiG-25とか、好きな飛行機の仕事が2機種も舞い込んできて気が楽な仕事でした。UAV?あんなの好きな人居ないでしょう(笑)。とはいえ、今後UAVの領域が増えるのは必定です。今はUAVにとっての黎明期であり、WW1/WW2世代や1950年代の戦闘機並みに多数の機種が開発されていますから、今この時代に飛行機オタクをやっていたことを将来感謝する日がきっと来るでしょう。

夏のハンガリー・ドイツ遠征。

さて、台湾は残念な事になってしまいましたが、気分を切り替えて今年の夏のハンガリー遠征の予定をちょっとズラズラ書いてみようかと思います。
・一日目ルフトハンザ航空でドイッチュラントのミュンヘンへ。到着後未定。
・二日目ドイツ博物館でドイツ機ヒャホーイ!。夜未定。
・三日目ミュンヘンからマジャールの首都ブダペストへ、他未定。
・四日目ソルノク航空博物館でマジャール機ヒャホーイ!。夜未定。
・五日目エアショー!、六日目エアショー!頼むから晴れてッ!
・七日目ルフトハンザでフランクフルト経由、A380で帰国!新型機ヒャホーイ!
てな感じのスケジュールを組んでおります。当初はイターリャのローマ行こうと思ってたんですが、ローマ経由が不便だったのでミュンヘンにしました。現在ソルノク駅から航空博物館への行き方がワッカンネな状態ですが、まああと1ヶ月半ありますからそのうち分かるでしょう。エアショー参加予定。むふふのふー、ワクワクが止まらない。頼むから本当にそろそろ晴れてほしい。

台湾行きを直前で断念+コルテスがUAVと JTIDSを持ってたらどうなるの!?

台湾行きは急用の発生により断念し、成田空港到着後に引き返すことになってしまいました...。しくしく(><)
残念ながら、経国や雷虎は来秋に持ち越しとあいなりました。しかし、本当ついてないなあ。2008年RIATの呪いから、未だに解放されないなんて。海外エアショー連敗記録を5(2008RIAT、2009岡山、グァム、ソウル、2010清泉崗)に伸ばしました。誰かぼくちんを慰めて(つД`;)
2005年のネリスから5連勝、次に5連敗、果たして11回目の海外エアショーはどちらに転ぶやら。しかしもう10回目かぁ、今までいくら旅費に費やしたんだろ。いや怖いから計算するのはやめておこう。うん。

今月発売号の原稿はとっくに提出済みですし、急用といっても酷く時間を取る用事ではなかったので、久々に何の予定もない時間ができました。なのでエルナン・コルテスがUAVと JTIDSを持ってたらどうなるの!?をプレイ。
石器で武装したアステカを、鉄の武器と鎧、銃を有する少数のコンキスタドーレスが、重騎兵の一撃離脱で一方的に蹴散らす様をご覧ください。馬を知らないアステカ人は騎兵の機動力に対処することができず、各個撃破されました。現実の戦闘ではアステカ軍20000を73人の死者で蹴散らしたようです。(クロスボウ隊に自由射撃指示するのを忘れて、完全に遊ばせてました)。

空自次期主力戦闘機(F-X) F-2の発展型に決定。&週末台湾のエアショー行ってきます。

空自F-XがF-2発展型に決定したようです。いい加減長かったですねえ、何年先延ばしにしたんでしょう(・∀・)ニヤニヤ

唐突ですが、ぐりさんは金曜日から台中県の清泉崗基地航空祭に遊びに行くため、蒋ちゃんのほうの中国へ行ってきます。飛行展示予定は...0935-0950 IDF経国単機飛行展示 0955-1000経国編隊飛行 1005-1035雷虎小組飛行展示  1040-1055 F-16単機飛行展示 1100-1125 S-70C飛行展示 1125-1155経国 1410-1425経国単機飛行展示 といったところです。ムッヒョー経国経国経国!雷虎も楽しみだ〜!
なんか、ようつべ見ると、バズーカ持ったキモイカメラオタクとか、脚立使ってる空気の読めないオッサンとか居ないんです。これは快適そう(しかし、えらく高度高い上に日傘が...)。
そして天気予報!凄い!これは勝つる!!!!!!!!海外エアショー連敗記録をストップできそう!!!!!
PSPを持って行きますので無銭LAN(お、我ながらウマイな)スポットをみっけたらツイッターだけでも現地で更新してみたいと思います。ではみなさん帰国後に!

サイト更新:航空誌ライター一年やってみて &ついったー登録してみた

ツイッターが流行ってるようなので登録してみた。なんだかまだ仕組みがよく分かってないんですが、さっき登録したばかりっでまだお友達が一人もいないんです。フォローして仲良くしてください><
ID決めるときに「gri」も「griri」も「gririri」も、なんと「masdf」すらも登録されてました。ヒドイや(つД`;)
うーん、右のウインドウが酷くサイトデザインとミスマッチだ。それ以前にとてつもなく邪魔で目障りですらある。下に移せばよさそうだけど、それじゃあ意味ないし。そろそろサイトデザイン一新する機会でしょうか。

さて、そんなわけでサイト更新です。航空誌ライター1年やってみてをUP。普段忙しい忙しい。って何やってんの?ということをちょっとだけ書いてみようと思います(全2回)。考えてみれば、最初の仕事を受けてからもう1年が経ってしまいました。早いものです。
・・・本当を言うと「空対空戦闘」シリーズ4回目やりたかったのですが、HDDのどこにテキストを格納したのか、朝起きたらさーっぱり忘れてもうたヾ(*´ー`)ノ...見つ次第UPしたいと思います><

今月の執筆:無人戦闘機は有人戦闘機を代替するか?&F-22の記事を24ページ!

毎月21日前後恒例となっております航空雑誌執筆レポートでございます。AIR WORLDに「無人機は有人機に取って代われるのか?」を執筆。ここで言う無人機とは戦闘および攻撃能力を有するUCAVの事で、今後無人戦闘機・攻撃機が有人機を駆逐する事があるのか?という、なかなか興味深い記事となっています。「何故戦闘機には人間が乗らなければならなかったのか」という原点から考察しています。面白そうなネタでしょ?(・∀・)

航空情報は今月凄いですよ、「F-22ラプターの疑問に答えるQ&A」をなんと24ページ執筆しました!!F-22について32のQ&Aを取り上げています。32個になったのは素案の50いくつから絞っただけであり、二進数とは関係有りません。最初電話で24ページと聞いたときは「ぐへぇぇぇ」という、苦痛と喜びに満ちた心の叫びが響きました...。

兼業ライターなのに、よくまあこれだけの仕事やったなあ、自分。でも、本当本気の限界パワーでやれば、1ヶ月にこの2.5倍ぐらいのキャパシティはありそうです。月の半ばはヒマですから。てか、毎月(ここ超重要)3倍の仕事が有ったら脱サラしてもいい(笑)


さて、サイト更新ですが今月中に、書き終わっている「飛行機のお話」を1つUPする予定です。次号もたくさんお仕事を頂いてヒイコラしてますが、前倒しでやっているので少しだけ余裕が有ります。

桃園国際空港 航空科学館 終編

syouchan
更新です。台湾 桃園国際空港 航空科学館後編です。
はい、これで台湾編出し切りました。まだ2年前の英仏、3年前のロシアが残ってるのに(笑)

☆全盛期の台湾空軍伝説
一:2機のP-47で2機MiG-15と交戦し、1機に損傷を負わせ追い返す。
二:6機のMiG-15なら大丈夫だろうと、P-47に襲いかかってきた共匪を1機撃墜し返り討ちにする。
三:時代遅れな直線翼のF-84なんてチョロい。とおもったらやっぱり返り討ちにされた。
四:4機のF-86Fで、4倍のMiG-17 16機を相手に、2機撃墜損害無し。
五:史上初めて空対空ミサイルを発射し、大戦果を挙げる。
六:それを見た世界各国がミサイル万能主義に走った。
七:中華民国空軍の公式キルレシオは43:2。1機撃墜される間に21.5機を撃墜するの意。

中世にUAVとデータリンクを持って行くとどうなるの!っと。

無事に修羅場を乗り切り平常モードへ。週末中にサイト更新を実施する予定です。
忙しかったので買ったまま放置していた「中世欧州にUAVと JTDISデータリンクを持って行くとどうなるの?」っと。をプレイ(せっかちな人は2分ぐらいまで飛ばして下さい)。操作に慣れるのに時間を要したけど、覚えればなかなか面白い。こんな神の視点を授けるUAVと、迅速な指示の伝達と状況把握が可能なデータリンクが有れば、クラウゼビッツさんは戦場の霧なんて言葉を思いつかなかっただろうな。などとふと思う。
見ろ、人がゴミのようだ!ハッハッハッハ! 火矢発射機が好きです☆ でも、ぞうさんはもっと好きです♪

丸6月号に執筆「フランカー機種全部言えんくせに」と今年の海外遠征決定

_SL500_AA300_
フランカー扇風機のみんな集まってッ!フランカー祭り第二弾が始まるよ!丸 6月号に“フランカー軍団”の華麗なる系譜を執筆しました。そう、そうなんです。航空情報と同じで今月はフランカーづくしなんです。先月、潮書房さんと酣燈社さんから記事の依頼を受けたとき「フランカー」という言葉を聞き、エッ!としました。同じ月に同じような仕事受けていいの...?と。でも、軍事誌や航空誌に書いてるセンセ方はみんな同じ名前ですし、仕事が被るなんて普通にあり得ることですよね。幸い「丸」の内容はフランカー系列機についてなので、Su-35以外はあまり被ってません。露機扇風機の方はこれを機に航空情報と二冊買いそろえて下さい(笑)

今月もいよいよ修羅場モード突入です。今回はなにぶん今までで最高のページ数と、扱う題材が非常に多岐に渡るため、本気で忙しいです。てか、寝る前に記事の構成を考えるのは良くないですね、これはいいぞと思っても、朝起きたときには中身をスッパリ忘れてて、はかどらないことがよく有ります(笑)

え〜今年の頑張った自分へのご褒美(笑) セレブな海外旅行(笑)で、自分だけの旅を演出しちゃおう(笑)計画は、ハンガリー・ケチケメートエアショーに決定しました。イタリア・ローマにも行く予定です。今まで海外エアショーでは誰かしら同志のツレがいましたが、今回、生まれて初めての海外一人旅です。オラワクワクしてきたぞ。国内はこっそり岩国行こうと思って他のですが、原稿執筆でそれどころじゃないので中止。6月に台湾、10月に韓国、11月に台湾を予定。それにうちのカーチャンがTVでブルーインパルスを見て、実際に見たいというので、どっかに連れてってあげる予定。カーチャンどこかに連れて行くなんて一度もしたことのない親不孝者だから恥ずかしい//

更新:中華民国空軍軍史館&執筆情報:スホーイ特集とかF-2共同開発

やっとできたサイト更新!中華民国空軍軍史館 完結編です。今回は屋内。飛行機は少ないのですがミサイル類や、抗日戦争、国共内戦の資料が大変充実しています。館内だけに限っても、これだけ充実した展示は日本国内にはちょっとありませんよ。簡単に行けるので、ぜひ皆さんも岡山へ行きましょう!

露機ファンのみんな集まって!すほほーい祭りが始まるよ!航空情報6月号にSu-35の記事を書きました。最新鋭2代目Su-35の性能はいつものように肝心なところが抜けた見かけ倒しじゃないのか?それとも本物なのか?と言う点を西側機の比較しながら解説します。またフランカーシリーズに搭載される空対地兵装も書きました。今回、表紙に使えそうなフランカーの写真はないか?とステキな打診を受けていたのですが、あいにく縦写真が無く実現なりませんでした。残念。

エアワールド6月号には、国際共同開発特集において、「F-2の共同開発で何を得て何を失ったのか」という記事を書きました。ひたすら悪口ばかり言われる可哀想なF-2。その根源である日米共同開発の功罪についてです。本当に共同開発は百害あって一利なしだったの?F-2開発によって得られたものは無かったの?というテーマです。2ヶ月連続で私の「意見」を求められました。こういう原稿の依頼は緊張しますが(下手したらチラシの裏に書けと言われる可能性がありますから)、仕事としてはとても面白いです。

初期不良PCがそのまま帰ってきた。

初期不良交換に出してたPCが戻ってきました。しかも「再現ができない」という理由で改善なし。こちらではケーブルもモニタも別のものにしても 100%再現できるのに、こりゃまいった。あちらさんは交換する気無しなんでしょうね...。
どうしようもないので5000円の安いグラボを買いましたよ。もうこれ以上待ってられません。まさに安物買いの銭失いでした。それ以上に、1ヶ月も自分用のPC無しで仕事になりませんでした(プンプン)もう、この店では二度と買いません><
というわけで、これでようやくサイト更新作業が捗ります。例によって月末・頭は航空誌締め切り間近になりますので、2−3日中に早めにUPりたいと思います。

先月末、過去最大の仕事量と書きましたが、なんと一ヶ月にしてそれを更新してしまいました。この仕事を始めて二ヶ月目には、いきなり8ページの依頼をいただき、「すげえええ無理じゃねwww」とか興奮してたのに、今、ふつうに30ページ超をこなしてます。
でも、さすがに先日「24ページ」という言葉を聞いたときは「え!」と心の中で少し驚きました(笑)
まだまだ、全然やれそうなので、依頼が来たらどん欲に二つ返事でハイ!したいと思ってます。
ツマラン近況報告失礼いたしました。次回更新は台湾の博物館ネタをUPる予定です。

海外エアショーの会社許可が下りました。これで欧米にいけますっ!

うちの社長さん、朝から大変機嫌が良さそうだったので、さりげなく今年は欧米に行きたいと漏らしたところ、なんとあっさりと国外旅行クリアランスが出ました!!!やったーこれで今年は国内以外のエアショーに行けそうですヾ(´▽`)ノ
去年は海外禁止令を出されたので「朝鮮半島や台湾は日本(帝国)固有の領土です」と主張して、漢城や岡山/高雄に行きましたが、今年は諸手を振って欧米に行けそうです。
スノバとブルーズ見にアメリカ?だったらスミソニアンや空軍博物館行きたいし、でもやっぱハンガリー?フランス?イタリア?それとも慣れっこになったイギリス?そろそろ本気で行き先を選定したいと思います。もう海外エアショー4連敗中ですから、雨の心配が無いところにいって厄払いしたいところでもあります。じゃあ、やっぱ雨の心配がないイスラエル空軍博物館へ寄りましょうか(笑)
旅行そのものよりも旅行のプランを立てる方が好きな私。さあ、これから就業時間中にグーグルアースを眺めてニヤニヤする作業がはじまります!海外エアショーでカネを落として日本の経済にダメージを与えるのが楽しみで仕事してるんですから、ワクワクが止まりません。 その仕事中も半分上の空ですからこりゃ二重にダメージ与えてるな。ニート以下です(・∀・)
今のところハンガリー優勢です(アエロフロートで8万4千円か...でも仕事のノロいモスクワ経由やだなあ)。あと台湾と韓国もやっぱ国内だし、行くべきですよね。去年は雷虎小組と経国、本当に飛んでる所を遠くから目撃したに過ぎませんでしたし。ブラックイーグルスも去年消化不良気味だった上に今年から本来のT-50Bになりますから、行かない手は有りません。ああ、忘れちゃいけません、我らのブルーインパルスも50周年!今年は忙しくなりそうです。

世界の軍隊という本に写真を20枚ほど提供

初期不良だったPCをブラックキャット輸送隊に出して一週間が経過しました。早く戻ってきてくれないと仕事になりません。あちらのサポートでは二週間掛かるとか言ってましたが、なんで初期不良の症状を確認して新しい代替品の手配するのに二週間も掛かるんでしょうか。困ったものです。そんなわけでサイト更新はもう1ヶ月になりますが、もう少し掛かりますのでお待ち下さい。
sekaino

世界の軍隊バイブルという本に写真を約20枚ほど提供しました。多分コンビニで売ってる500円の本だと思います。私が関わったのは写真の提供だけで執筆はしておりません。
タイトルからだいたいの察しが付くと思いますが、軍オタ向けではなくライトな層を狙った本で、自衛隊や世界の軍隊の攻撃力や守備力などを100点満点で評価しています。
「トーネードADVはイギリスが自国開発し、世界最新鋭機で、ドッグファイトに限ればF-15やF-16よりも上(要旨)」など、私も知らなかった驚愕の記事がたくさん書かれていたりもします。
かの正岡子規は、樋口一葉の作品を読んで「一行を読めば一行に驚き、一回を読めば一回に驚く。 一葉とは何者ぞ。」と急に頭角を現した若手を称えたそうですが、今の私もそんな気持ちです。むしろライトな層よりも軍オタを自称する方のほうが楽しめるかもしれません。500円と安いので値段分は楽しめると思います。
繰り返しになりますが、私は執筆していません。

PC購入、そして初期不良。ガビーン

会社に置いています仕事用(半私用)PCがご臨終してしまいました。Pen III 1.2Ghz(笑)で、HDDは20GB(笑)で、OSもWindows2000のPCなので、大往生です。もう値段分は十分元取りました。というか256MBのRAM(爆笑)にガマン出来なくて新しいの買おうかと思ってた所ですからちょうどいい機会でした。
で、新しいのを買ったんですがこれがなんと初期不良!ディスプレイがピンぼけ写真みたいな状態から一向に改善しません。画面みてるとクラクラしてくる。ヒドイ(><)
安さに目が眩んで(3万円以下でデュアルコアとか)、サポートの悪いことで評判の店で買ってしまい、戦々恐々しています。初期不良の交換応じないとか口コミにいっぱい書かれてます。匿名の書き込みを100%信用するほど愚かではありませんが、否応なくこれからその噂の真偽を確かめるハメになりそうです。やだなあ。
自宅には去年買ったPCがあるのですが、なにぶんあまり自宅には居ない逆ヒッキーなので、サブPCが無いとサイト更新作業がはかどりません。もうこの際、ビデオカードを別に買っちゃおうかしらとか考えちゃったりもしますが、そんな事したらいい加減な店の術中にハマってしまうようで苦悶中です。

「丸」にも進出しました。空母赤城に搭載された艦上機の系譜を執筆

m1005

光人社の丸2010年5月号に「赤城に搭載された艦上機の系譜」を執筆しましたっ。帝国海軍最初の艦上機、十年式艦上戦闘機から最後の零戦までの艦戦・艦攻・艦爆についてです。表紙は何故かUSSエンタープライズ。というか赤城の写真はそりゃ無いよね。うん。
いやー、ついに三誌目です。まだ一年経ってないのに順調に仕事を広げられて嬉しい限りです。今回、肩書きをつけてくれと言われて、初めて記事の署名に肩書きをつけました。
「航空オタ」「神奈川県の会社員」とも名乗るわけにもいかず、仕方がないので光速の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる航空軍事のカリスマでお願いしますと伝えました。こっぱずかしい//
ふざけた肩書きでもう二度と仕事くれないかと思いましたが(笑)、幸い次号の依頼も受けました。あ七実三虚なのであまり本気にしないように(7割も本当なのか!)。残りの仕事量は原稿用紙後10枚。本気でやれば一日で終わるけど、明日から本気出す(*´ー`)
といいつつも、今月は過去最大の仕事量ながらかなり前倒しでやってるので、修羅場モードは無しです。よってサイト更新は来週を予定しています。

レッドリボン軍


空を覆ったメカニックマシン
翼に、不気味な 赤いリボン リボン リボン
euro
ファントムにしたかったけど主翼の上反角の部分がうまく貼り付けられず挫折。
su30mkm

ちょっと入隊してレッド総帥の身長のために死んでくる。
f4e
このコックピット大分簡略化されてるけど明らかにファントム。
鳥山センセのデフォルメ具合は絶妙。
ああ、毎週水曜日19時には必ずTVの前に居た頃が懐かしい。
Recent Comments
  • ライブドアブログ