基本的にF-15やMiG-25とか大型機かつ特徴的で比類なき戦歴を持つ戦闘機が好きな私ですが、最近まったくの逆ベクトルで、役に立たなかった駄作やろくに整備もされず故障ばかりしていた機に愛を感じはじめて来ました。

62式言うこと聞かん銃、無い方がマシンガン
'最初の無人戦闘機'F-99ボマーク
Yak-38は空母に謝罪と賠償しろ
動かざること疾風の如し

特に崩壊間近のソ連や大日本帝国にはこういうネタが多くてたまりません。


【幻の名機】(まぼろしのめいき)
1.実戦が乏しい、または就役していないが、傑作といわれる戦闘機や攻撃機等軍用機のこと。
現役機に比べて性能がきわめて高く(と、言われている)、実戦に投入されれば大きな戦果を上げたと推定される(と、言われている)航空機。
ドイツ第三帝国や大日本帝国、ソビエト連邦など崩壊した国に多く見られる。


2.負け犬の遠吠え。