錬劇者たちの劇的居酒屋

J・A・シーザー オフィシャルブログ

新年早々の怪異は何の前触れか?

昨年の年末は体調を崩し、年賀状すら書けなかった。
通院しながら4日から稽古。
そんな訳でブログ更新も・・・そこで今回のブログは正月から体験した夢と幻影二つの体験談?を。
信じるか信じないかは・・・

勢いあまってか、夢から現実に飛び込んできた「う」という夢の声

一月二日の朝、見ていた夢(正確には夢の声がと言うべきか)が夢に戻れなくなってしまった。
弾みでかこちら側、つまりわたしの部屋・・・そう、現実に飛び出してきてしまったのだ。
(「うっそぉ~」と言われても仕方がないが・・・本当なんだ)。
その声は「う」という甲高い声だった。
「う」「う」「う」とその声は、部屋へ迷い込んだ蝉や蜻蛉や蝶のように、あるいは蝙蝠や小鳥のように部屋中を飛び回っていたが・・・
しばらくするとその声は聞こえなくなった。
おそらく本棚か箪笥の裏にでも隠れたんだろう。
気になるのは、その声がうまく夢の世界に帰れるかどうかだった。
もし帰ることが出来なくなるってことになったら、その声は人間が宇宙で生きることが出来ないように、酸素不足(「夢見る不足)かな?)か何かで死んでしまうかもしれないってことだ。
いや仮に生きることが出来たとして、もし帰ることが叶わないということになると、わたしに何らかの災いがあるのだろうか?
あるいは、わたしが帰してやるための何らかの手助けをして、その声を夢の世界へ帰してやることが出来たとしたら・・・何か良いことが起きるのだろうか?
あるいはわたしが次の夢を見ることで、いとも簡単にその声は夢の世界へ帰ることが出来るのだろうか?
わたしは「う」「う」「う」と呼んでみたが何の反応もなかった。
これは「夢だ。夢が思い余って現実に飛び込んできたという夢だ」と、それ以上のことを考えるのをやめ、劇団員たちとの初詣の準備を始めた。

その後、初詣をすませ、毎年行っている新宿の居酒屋へ、
その後、ラーメンを食べたいと『博多天神』に向かったが休日だったので、バンド仲間のジーザスの行きつけの中華料理屋へ。
その後、「もう少し吞もう」と居酒屋『清瀧』へ向かったが満員だったので「しょうがない、カラオケに行くか」とカラオケに。
その後、みんなと別れて、独り新宿・花園神社の初詣の様子を見に行った。

なぜその後について書いたか・・・つまり朝見た《現実に迷い込んだ夢の声「う」》に関わる何かが今日一日の行動にあったかもしれないことを確認するためだったんだが・・・


写真1


写真2

普段は雲を撮っている。が、影の長くなる冬の自分の影も面白いと思い

写真3


写真4



最近、少年時代とか高校時代の思い出が鮮明に甦る病い?

最近、少年時代とか高校時代の思い出が鮮明に甦る。
とにかく鮮明なんだ。
最近の街の風景より鮮明に見えると言ったら、笑われるか、気味悪がられるだろうが、しかし、本当に鮮明に見えてしまうんだ。
「うん、確かに奇妙な現象だな・・・何かの前触れだろうことは間違いないと思うが・・・まさかね・・・ありきたりな死神、貧乏神を見たわけじゃないからね・・・いずれ、良きにしろ悪しきにしろ、知ることを望むか、知らないでいようことを望むか・・・」とアメリカで買ったコカ・コーラの空瓶にハンモックを吊って、黄昏の南国ビーチ気分を味わっているサンセット・サーファーのジュジェイエーが口をはさんできた。
「知らない方がいいと思うが・・・まさかね・・・」
「お迎えか?」
「んん~ん・・・年齢的に無きにしも非ずだろうが、一種の冴えかも知れんしな・・・」
「冴え?」
「う~ん・・・なんて言うか・・・閃きのために起こる冴え現象というか・・・あんた、また新曲や演劇の演出をやるんだろう?そのための才能を閃きさせる前触れ的現象ってやつかもねってことさ」
「なるほど・・・」

 わたしは正月の残り物の数の子を口にしながら、頭の中で再生される記憶(思い出し)映像を4K、8K、16K(まだないかな)画面で見てるかのように楽しんだ。
「いいさ、死をも辞さぬつもりで、何の前触れか待ってやろうじゃん、知ってやろうじゃん・・・宝くじが当たる暗示かも知れないしな・・・」すると、ケロケロ声で「失くしたものが帰ってくるかも知れないし・・・」という声・・・その声は、江ノ島に行った時に買った身長25センチ、横幅25センチの四方形の蛙の置物の声だった。
いずれにせよ時待ちといったところか・・・・

*これは一月七日、七草粥を火にかけ、明日からの仕込みの日を待ちながら書いたものです。

昨日の朝見た夢遊びのこと

2018年最後のブログに相応しいかどうかは分からないが、昨日の朝見た夢のことを書いてみる。

わたしは夢の中で、そのゲーム?遊び?に夢中になっている。
それはこんなものだった。




四角枠に囲われた文字。
3つの大きい四角枠には3行。
1つの中サイズの四角枠には2行の文字。
2つの小さい四角枠には1行の文字が1行30文字くらいで書かれている。
この四角枠を自由に動かし何かを完成させる。
位置なのか、言葉の意味なのか、それとも何か偶然の完成なのかは分からない。
が、わたしは夢中になり、将棋師よろしく考え、位置を変え遊んでいる。
その1の段階を完成(完成は無限にあるようだ)させると2の段階に移行する。
2の段階には3つの中サイズの四角枠と四角枠のない3つの1行文字があり、同じようにわたしは囲碁師やオセロ師のように位置を変え遊んでいる。
2の段階を完成(完成?どうも自分が満足した時に完成としているようにも思える)させると、3の段階。
ここには四角枠がない、1行の文章が6っつある。
同じように俳優を舞台に立たせる位置を指示しているように位置を変え遊んでいる。

面白いのはその遊びを観ている審議員のような存在がある。
その存在が完成を承諾する時もある。
時には、わたしが満足した完成を「ノウ」と拒絶する。
もっと面白いのは、わたし自身が客観的に審議し、完成を承諾する時があるってことだ。



さて、わたしは目覚めて思った。あの夢の遊びは、将棋型双六か?と。
福笑い型オセロゲームか?と。
まさか正月を2日後に控えてのことじゃないだろうがと思うや、ふと、10日前にわたしの部屋に飾られている一刀彫の達磨像(約15センチ大)が「最近は、いやいやもう20数年も前からだろう、昔のような《正月の風情》というものがなくなったなぁ」と言った言葉を思い出した。
「正月が近づくと何かがあったよなぁ・・・血が騒ぐというか、東映映画の総天然色のオールスター映画のような映像的雰囲気が。門松や日の丸の旗や注連縄飾りが冬の透き通った空をバックに自然と心も身体も忙しくなっていったような・・・」
「今は、時代が大きく変わる過渡期のようなものかな」
一刀彫の達磨像は微動だにせずに言った。
とすれば、日本人はまたまた更なる大きなものを失うような気がした。




写真1


写真は演劇実験室◉天井棧敷公演『犬神』のもので、下手で空手の衣装を着ているのがわたしだ。

もし、昨日の朝見た、漠然とした、疎覚えの夢遊びを一つの遊びにすることが出来る人がいたら是非、作り上げて欲しい。


清楚、可憐な妖精子守歌の誘い

ここ数年、巴里の太陽の下の純白の18歳のようだったシルヴィ・ヴァルタンの『アイドルを探せ』と清楚で可憐な少女だったジリオラ・チンクェッティの『夢見る想い』が一日数回、交互に聴こえてくる。
悠久の過去時計の遥かなる悪戯か?あるいは昔そうだった自分が今のわたしに何かを問いかけているのか?それとも、老いたる人の仕方のない昔思い出しなのか?懐かしいというよりは、素直だった(か、どうかは分からないが)、そして今もどこかで生きている(と信じている)あの時代のわたしが耳元で、三半規管を揺り籠に癒し風味の妖精子守歌を歌い聴かせているのか・・・


妖精の話だが、イギリスの黄昏の川で釣りをするイギリス人のルアー釣りのルアーの多くは蜉蝣の形をしていたらしい。
黄昏になると川面すれすれを飛び、死んで川面を流れる蜉蝣を食していた川魚(多くは鱒だったと思う)を釣るためだったから当然の形であったのだろう。
話はその蜉蝣だが、昔はその水面を飛び舞う蜉蝣を妖精だと信じていた人たちも多くいたらしい。
川魚の餌だった蜉蝣と妖精と思われた蜉蝣・・・


さて、話の流れは支流からもう一つに支流へと流れ込む(公演中の楽屋で書いているので申し訳ない)。
わたしが小学校2年生の時、わたしは近所にあったミッション・スクールを遊び場にしていた。
長い木の椅子に座り、やって来る年上の、といっても18歳くらいの女学生をぼんやり?ふんわり?ひゅるる?と眺めていた記憶がある。
色気より食い気だった頃、もしかして色気より見つめ気(憧れ気)なるものもあったのかも・・・
そんな清楚、可憐な女学生たちもやがては時とともに忘れられ・・・
いや、記憶の果てに追いやられ、寂しさのあまり、時の流れの変わりように合わせるかのようにシルヴィやジリオラの記憶に便乗して思い起こしてもらおうと思っての現象かもしれない。
(再び話はもう一つの支流へと流れ込む)
・・・だからだろうか、わたしには《少女》という存在がない。
あえて言うなら、わたしにとって《少女》は言葉の世界、いや空想書物の中の登場人物でしかないということだ。
つまり、わたしにとって《少女》は空想、架空の存在ってこと。


写真1
by Dollhouse Noah




・・・ふと、理想というものが脳裏を過った。
「そうかもね、ある程度の年齢に到達すると、理想というものがその人の内面のすべてを支配するのかもしれないね」
「どうゆうこと?」
「辿り着くと言えば西遊記の理想郷ガンダーラ」
「悟ってってこと?」
「だね」
「そんな高尚な・・・」
「いや、老いは悟りの形であるとわたしは思っている」
「・・・うんうん・・あるかもね・・・うん・・・あるかも、あるかも・・・」
話しかけてきた男はわたしの周りでは見かけない奴だったが、男の耳の裏に彫ってあった蠍の刺青には覚えがあった。
「確か・・・確か・・・」と思い出そうと楽屋の天井を見上げると・・・
消えたと思っていた男は守宮に姿を変え、机にポツンと飛び降り
「人形だ・・・あんたの少女は人形だ」
「ん?」
「人形師(人形作家)が手がける様々な少女人形があんたの少女だってことだよ」
そう言い放つと、耳の裏に蠍の刺青のある男は楽屋の天井の電球から電気回線に入り込み、劇場の照明に消えた。
点滅する照明・・・その中に浮かび上がる少女・・・


写真2


硝子の眼球
確かを見つめ語る
その眼差し
ありえない皮膚
冷たい温もり
触れて感じる
如何なる皮膚よりも皮膚の肌
ギャラリー
  • 新年早々の怪異は何の前触れか?
  • 新年早々の怪異は何の前触れか?
  • 新年早々の怪異は何の前触れか?
  • 新年早々の怪異は何の前触れか?
  • 昨日の朝見た夢遊びのこと
  • 清楚、可憐な妖精子守歌の誘い
  • 清楚、可憐な妖精子守歌の誘い
  • フランケンシュタイング
  • フランケンシュタイング