前日のガス味も消えて、すっかり元気になった息子。
早起きしてバスタブにお湯まで張って、上機嫌で風呂に浸かっていた模様。
昨日の騒ぎはいったい何だったんだ!と思いつつ、本当にほっとしました(^_^;)
 
あんなにうるさかったプールサイドを見下ろしてみたけど、夜中のうちに綺麗に掃除されて、何の痕跡も残っていませんでした。
こちらも「何だったんだ!」ですよね(-"-;)

まだ薄暗いけど、天気良さそうです。


朝食を取りに降りました。
こちらの朝食レストランは、時間が遅くなると非常に混むというクチコミをいくつか見かけたので、用心して2日とも7:00過ぎに行ったせいか、混むようなことはありませんでした。
もっとも混んだとしても、ホテル隣のラッフルズホスピタル1階には、ヤクン・カヤトーストがあるし、反対側のブロックにあるビクトリーやザムザムで、アラブ風の朝食を摂るのもいいかと思います。

朝食メニューは前日と変わらず。
ミーゴレンが太めの麺になっていたり、カレーの種類は変わっていたようです。
元気になった息子は今日もカレーを3度くらいお代わりしていた(-"-;)

部屋に戻り、荷物の整理。
着替えや土産など、もう絶対に家まで必要ないと思われるものは、Sサイズのスーツケースに全部収め、薬やタオルなど使うかもしれないものはSSサイズの方へ。

そのままフロントに降りて、チェックアウト。
何たって2泊ですからね(^^ゞ
息子曰く、2泊というより1.5泊だな!とのこと。
本当にあっという間です。
フロントで「荷物を預けるか」と聞かれ、「Yes」と答えたら、ベルに渡すカードをくれました。
それを持ってベルデスクに降り、「夕方5:00頃戻ります」と伝えて荷物を預けました。


8:00 タクシーでジュロンバードパークへ。
この日は月曜日。
通勤時間帯にシティを通過するので、追加料金がかかります。
ドライバーはとてもフレンドリーなアラブ人でした(^^)
シンガポールは初めてか?と聞かれたので、2回目だと答えると、「シンガポールはどうだい?」と。
ベリベリナイス!大好き!と言ったら、とっても喜んでくれました(笑)


途中少し渋滞したけど、約30分で到着。$22

ジュロン・バードパーク


オープン直後のパークは他のお客さんの姿もなく閑散としています。

ここはエントランスのすぐ脇にあるペンギン館。
たくさんいるのでビックリ。

P1020647


外に出て、のんびりと散策スタートです。
とても天気がよくて、朝の空気が気持ちいい〜!!

P1020650P1020665

大量のフラミンゴやペリカンたちを見ながら、一番奥地にある、ウォーターフォールエイビアリーを目指しました。
大きな網で囲まれたエリアに人工の滝が作られ、鳥が放し飼いになっているエリアです。

P1020670


P1020681

こんな鳥たちがいるそうですが、あまり鳥を見かけませんでした。
バードパークなのにぃ〜〜!(爆)

でも熱帯雨林の雰囲気バリバリで、しばらくこの中をのんびり散策。


園内にはパロレールというモノレールが走っており、いくつか駅があります。
そのうち1つがここにあるので、それでメインステーションまで戻ることにしました。
駅1つ分乗って、1名2.5ドルでした。

途中、猛禽類ショー開園間近の会場近くを通りました。
ショーを見るのにちょうどいい時間だということを思い出しました。

パロレールを降りる時、運転手のスタッフも「もうすぐホークスショーが始まるよ」と教えてくれました(^^)



ショー会場の入り口で、出待ちの出演者(笑)
お利口さんで立っていて、可愛い!
何度も写真を撮らせてもらっちゃったけど、鳥もスタッフもフレンドリーで親切(^^)

P1020683


広々とした会場には、まだお客さんの姿はなく・・・
私たちは一番乗りで中央に陣取ってみました。

P1020684P1020686


少し待つうちにお客さんも増えてきて、10:00からのショーの始まり。
よく訓練されているワシやタカたち。
ショーはもちろん英語だけど、とてもわかりやすく、息子でも少しは理解できたようです(笑)
テンポもいいし、コミカルで楽しかった(^^)

P1020690P1020691

P1020692P1020695

P1020703P1020705


30分ほどのショーが終わり、10:30の餌付けを見るために、ペンギン館に急ぎました。
でも、餌付けは大したことなかった(大汗)
エアコンがよく効いているので、涼みながら一休みです。


こちらは、バードパークを入って正面にいるカラフルな鳥のコーナー。
看板付きなので、記念撮影している人が多いです(^_^;)

P1020707


次の予定は11:00からのバードショー。
エントランスの近くにある円形劇場で行われます。
かなり広いです。

バードショーが始まるまで、近くにある「ワールドオブダークネス」というフクロウ館のようなところに入ってみました。
中は暗くしてあって、夜行性の鳥たちが活発に動き回っていました。
あんなにたくさんのミミズクやフクロウを見たのは初めてだー。



さて、バードショーの時間です。

音楽に合わせてフラミンゴが行進してます(笑)
で、すぐに戻って行きました。

P1020709P1020712


これは玉入れをする鳥たち。
すごく上手なの!
右側の鳥が特にうまくて、2戦2勝です。

P1020720

あと、会場のお客さんがお札を持って立っていると、鳥が飛んできて取っていくヤツ、やってました。
同じのを、大阪のUSJで見たことあるけど、こっちの鳥の方が取り方とか返し方とか、コミカルで可愛かった気がする。


これは鳥の輪くぐり。
手を挙げたお客さんが参加できます。

P1020723P1020726


途中で意味もなく出てくる着ぐるみ。
しかも3体もいたんだけど、何のために出てきたんだか、最後までわからず。

P1020728


この子はすごかった。
しゃべるし、歌も歌うし!
すごく上手だったよ。
息子(すげー音痴)より上手いと思った!<ひどい母(^_^;)

P1020729


ショー会場から、東南アジアの鳥ばかりを集めたバードエイビアリーまで歩きました。
ここは昼の12:00になると、スコールが降るそうです。
次にロリー・ロフトへ。
ここは100種類以上のオウムがいるそうです。
2ドルで餌付けができるので、娘がさっそくトライ。

P1020733P1020736

ものすごく人慣れしていて、こんなデカいヤツまで娘の腕に(爆)
腕どころか、息子は肩や背中にいっぺんに5、6羽とまられて往生してました。
私も頭のてっぺんにとまられたーー!
まぁ楽しかったですけどね(笑)


ここにもパロレールのステーションがあります。
今度は2つの駅を通るので、1名5ドル。
高いけど、疲れたので乗る。

P1020745



エントランスに戻って、帰る前にお買い物。
ここでも娘はぬいぐるみキーホルダー、息子はフクロウ柄のTシャツを買っていました。
ZOOよりお土産は安め。
Tシャツはセール中とかで、1枚20ドル弱。
息子が喜んでました(笑)

バードパークは夕方になると非常にタクシーが拾いづらく、要注意だそうです。
タクシーが来ない場合は、ブーンレイ駅までバスで出てMRTで帰ればいいのですが、バスはezカードを持っていないと料金がわかりづらいので、やはりタクシーを利用したいところです。
鳥は朝の方が元気だそうですから、行くなら午前中に行って、午後早めに帰るのがいいかと思います。



その△紡海