TOP 

※コメントはこちらへ

▼監視ペアレート

▼押していただけると萌えます。
にほんブログ村 為替ブログへ
▼赤裸々トレード成績w
クリック証券トレードアイランド
『選べる外貨』誕生!

復活!

---------
2008年12月18日(木)
---------
▼[17:15]スイス
10月実質小売売上高(前年比)
<予想>+2.0%
★★
---------
▼[18:00]ドイツ
12月IFO景気動向指数
<予想>84.0
★★★★
---------
▼[18:30]南ア
11月PPI(前年比)
<予想>+13.7%
★★★
---------
▼[18:30]英国
11月小売売上高指数(前月比)
<予想>-0.6%
★★★★
---------
▼[22:30]カナダ
10月小売売上高(前月比)
<予想>-1.1%
★★★★
---------
▼[22:30]カナダ
10月小売売上高(除自動車)(前月比)
<予想>-1.0%
★★★★
---------
▼[22:30]米国
新規失業保険申請件数
<予想>55.5万件
★★
---------
▼[24:00]米国
12月フィラデルフィア連銀製造業景況指数
<予想>-40.5
★★★
---------
▼[24:00]米国
11月景気先行指標総合指数(前月比)
<予想>-0.4%
★★
---------
▼欧州
ECB理事会(金利発表なし)
---------

(12/18)ドル:欧州市場序盤では、GLOBEXのNYダウ先物の下落や欧州株の軟調推移を受けてリスク回避の円買いが強まり、ドル/円は88.20円付近まで下落した。米モルガン・スタンレーが発表した第4四半期決算が一部の予想を上回る大幅な赤字となったことを背景に、米格付け機関ムーディーズが同社の長期債務格付けを引き下げたことも嫌気され、NY市場序盤には88円台を割り込み一時87.15円付近まで下落し1995年半ば以来の安値をつけた。
その後、NYダウが下げ幅を縮小し、一時前日比プラス圏に転じたことから、ドル/円も一旦ショートカバーが入り88.10円付近へと持ち直す場面があったものの、米リセッションの深刻化懸念や米財政赤字の拡大懸念からNYダウが引け間際に再び下げ足を速め、前日比99ドル安で引けると、ドル/円も87.20円付近まで押し戻された。米当局が金融・財政政策を劇的に緩和したことを受けて、投資家のドル離れが加速しており、ドルの全面安となっている。ドル/円は下げ幅を拡大している一方、クロス円は堅調に推移していることから円の独歩高とは言い難いこともあり、円売り介入もやりづらく、当面は全般的なドル安につられてジリ貧の展開が予想される。また、今日と明日に開催される日銀金融政策決定会合では日銀が利下げを出し惜しみするようなら、金融政策スタンスの格差に注目した円買いも考えられるだろう。
[詳細]http://www.foreland.co.jp/mb/asa.html
フォーランドフォレックス株式会社[関東財務局長(金商)第292号]


火曜日にワラント資金が振替可能となり為替に復帰、絶対負けられねー初戦でユーロ円の昇竜拳にデンプシーロールで応戦
結果避け切れず43英世部隊が21英世部隊に…

凡人ならここで朽ち果てるとこですが、おっとこまえ守山経団連初代名誉会長masaは追い込まれてからが凄い!w

まずはオージー円オージードルで40英世まで部隊を拡大させると、ユーロ円ポンド円のショートで80英世までネコまっしぐら

極めつけは昨夜のドル円で88は割れるだろうと全力ショート打ち噛まし144英世までジャンプアップ
一回マージンコール来て漏らしたこととお客さんに呼ばれてるのに利食い優先で軽く無視したことは内緒の方向でw

本日もトレードはお休み

(12/15)ドル:欧州市場序盤では米ビッグスリー救済法案が廃案に追い込まれたことを受けて、欧州株が大幅に下落して始まったものの、ドル/円は売られ過ぎ感や日銀による介入への警戒感から90円台を回復し、一時90.65円付近へと上昇した。中川財務兼金融担当相が「市場介入するかは全く頭の中にない」と発言したが、さほど気にする向きはなかった。米小売売上高が前月比-1.8%と予想の同-2.0%ほど落ち込まなかったことや、米生産者物価指数が前年比+0.4%と予想の同+0.2%をやや上回るなど米経済指標は予想より堅調な結果となったものの、反応はみられなかった。
一方、米ビッグスリー破たん懸念が一段と高まったことを背景にNYダウは序盤に前日比200ドル超の下落となったものの、ペリーノ米大統領報道官が「ホワイトハウスは不良資産救済プログラム(TARP)を自動車セクター救済に活用することを検討する用意がある」と述べたことが安堵感につながり、下げ幅を徐々に縮小する展開となった。ドル/円は週末前の買い戻しが入ったこともあり、一時91.55円付近へと上昇した。米ミシガン大学消費者信頼感指数が59.1と前月の55.3から予想外の改善を示したことや、米財務省が「政府として米自動車メーカーの破綻阻止に向けて準備している」とコメントしたこともサポート材料となった。
その後は米ビッグスリー関連の続報もなく、91.00円前後で小刻みな売買に終始した。TARPの活用は米財務省の裁量で可能とされているが、ポールソン米財務長官はTARP資金の金融機関以外への利用には反対するとみられており、なお予断を許さない状況が続くだろう。何らかの政府による救済が行われ、米ビッグスリーの年内破たんの可能性が低下すれば、クリスマス休暇前のポジションを手仕舞いする動きにより、株価・ドルともに大幅反発となる可能性がある一方、全米自動車労組(UAW)との賃下げ交渉が不調に終われば、連邦破産法適用申請の可能性が浮上し、金融市場は再度株安・円高の展開となる可能性が高まるだろう。中立スタンスで事態の推移を見極めたい。
[詳細]http://www.foreland.co.jp/mb/asa.html
フォーランドフォレックス株式会社


『Iamレジェンド』『バイオハザード3』『28週後』昨日ぶっ通してゾンビ系DVD観たけど、途中からちょっと飽きてきたw

恐さグロさでいったら昔の『死霊のはらわた』(したたり?)の方が上ですね
リアルさを出すために『はらわた』には本物の動物内臓を使っていたそうです
ゾンビを演じる役者はそれ食べるんだけど…間違いなく何人かは下痢になったことでしょうw

明日にならないと余力戻らないみたいなので本日もお休みいたします。

パニック

(13:02)
ドル/円 90.55-60 
ユーロ/円 121.32-39 
ユーロ/ドル 1.3396-01
NYダウ先物 8264(-306)

米自動車救済法案が上院協議を決裂した事を受け、各国の株式市場が大幅下落。リスク回避志向が高まった事を受け円買いが優勢。上院での採決は行われる予定だが、否決される見通しが優勢。今年の自動車救済法案めぐる議会審議は終了する見通しで、米自動車メーカー破たんの可能性が高まりそうだ。

メルマガ情報
http://m.mag2.jp/M0056407


ナイアガラキター!

ドル円90割れたら一気に85辺りまでイクか?

日銀介入砲撃も控えてそうで乱高下しそうですね

幸か不幸か余力反映されず見てるだけ〜

250英世→43 英世

(12/11)ドル:東京市場終盤には白川日銀総裁が介入の可能性を示唆する発言をしたことを受けて、ドル/円は92円台後半へと上昇したものの、その後は積極的にドルを買い進む材料はなく、またGLOBEXのNYダウ先物が上昇幅を縮小したこともあり、欧州市場序盤にドル/円も一旦92.35円付近まで押し戻された。その後、欧州株が下げ幅を縮小し、GLOBEXのNYダウ先物が堅調に推移したことを背景に再び92円台後半へと反発したものの、米ビッグスリー救済法案に関する続報待ちとなったことから、NY市場にかけては92円台後半でもみ合いが続いた。
NY市場では原油などコモディティ価格の上昇を背景にエネルギー株主導でNYダウが一時前日比180ドルあまり上昇したことや、米民主党のリード上院院内総務が救済法案について「今週金曜日に投票を実施し土曜日に通過する可能性がある」と語ったことを受けて安堵感が広がったこともあり、ドル/円は一時93.00円付近まで上昇した。
その後は米共和党のシェルビー上院議員が「今後も救済法案に反対を続ける」と発言し一部の共和党議員がすでに代案の作成に取り組んでいることを明らかにするなど、救済法案に関して共和党内の厳しい姿勢が確認されたことに加えて、ボーカス上院財政委員長が反対の意向を示すなど民主党内でも反対意見が出ていることが伝わったことを背景に、米ビッグスリー救済法案を巡る先行き不透明感が高まったことを受けて、米自動車大手GMとフォードの株価が下落するとともにNYダウが前日比マイナス圏へと反落したことから、ドル/円も92.45円付近まで売り込まれた。
しかし、引き続き救済法案を巡る不透明感は払拭できなかったものの、NYダウが前日比70ドル高とプラス圏を維持して引けたことを背景にドル/円も終盤は再び92円台後半へと持ち直すなど、米ビッグスリー救済法案成立への期待に支えられて、リスク回避から円に集中していたポジションが徐々に巻き戻されそうだ。また、来週月曜日に発表される日銀短観の大幅悪化を織り込みに行く展開も考えられることから、今日、明日は円が売られやすい地合いとなろう。
[詳細]http://www.foreland.co.jp/mb/asa.html
フォーランドフォレックス株式会社


(ー’`ー;) 勝てません。

ここ二日間は10英世小隊を率いての戦いで一度は倍増に成功するも

全力ドルスイSで部隊殲滅、ロスカット喰らった直後にドルスイ急落ってギャグですか?

一発逆転を狙いすぎて最近はこんなパターンばっかりですわ

とりあえずワラントを朝一番に決済し為替口座に資金回そうとしたんですが…

ワラントも受渡日の関係?ですぐには資金移動出来ないことが判明、今週はこのままお休みとなりそうな予感

そろそろ嫁の財布に刺客を送り兵隊拉致らないかんかなとw

貧乏トレード

---------
2008年12月9日(火)
---------
▼[8:50]日本
Q3GDP<確報値>(前期比)
<予想>-0.2%
★★
---------
▼[8:50]日本
Q3GDP<確報値>(前期比年率)
<予想>-0.9%
★★
---------
▼[8:50]日本
Q3GDPデフレータ<確報値>(前年同期比)
<予想>-1.6%
★★
---------
▼[15:00]日本
11月工作機械受注<速報値>(前年比)
<予想>−

---------
▼[15:45]スイス
11月失業率(季調済)
<予想>2.6%
★★
---------
▼[18:00]豪州
スティーブンスRBA総裁講演
★★★
---------
▼[18:00]南ア
Q3経常収支
<予想>-1848億ランド
★★
---------
▼[18:30]英国
10月商品貿易収支
<予想>-75.00億£
★★★
---------
▼[18:30]英国
10月鉱工業生産指数(前月比)
<予想>-0.5%
★★★
---------
▼[19:00]ドイツ
12月ZEW景況感調査
<予想>-57.0
★★★
---------
▼[19:00]欧州
12月ZEW景況感調査
<予想>-59.0
★★
---------
▼[23:00]カナダ
BOC・政策金利発表(現行2.25%)
<予想>1.75%
★★★★★
---------
▼[24:00]米国
10月中古住宅販売保留(前月比)
<予想>-3.0%
★★★
---------

(12/9)ドル:米ビッグスリー救済やオバマ新政権による公共投資を伴う大型景気刺激策への期待感から、日経平均が堅調に推移し前週末比411円高で引けたことや、GLOBEXのNYダウ先物が前週末比200ドル超の上昇となったことに加えて、欧州株も軒並み堅調にスタートしたことを背景に、欧州市場序盤にクロス円での円売りが強まったことが波及し、ドル/円もストップロスを巻き込みつつ93.90円付近まで大幅上昇した。しかし、その後は利益確定の売りや本邦実需筋の売りに押されて93.10円付近まで反落。
米ビッグスリー救済への期待などを背景に米自動車大手GMとフォードの株価が2割超上昇し、NYダウも序盤に前週末比300ドル以上の上昇となったものの、GLOBEXのNYダウが大幅高となるなど、市場はすでに織り込んでいたこともあり期待の範囲内にとどまったことや、対ユーロでドル売りが強まったことも圧迫要因となり、ドル/円は上値の重い展開となり92.55円付近へと押し戻された。その後、NYダウは一時前週末比390ドル超の上昇をみせ同298ドル高で引けたが、ドル/円の反応は鈍く93.00円付近で終了した。
ホワイトハウスのペリーノ報道官は「早ければ米議会側と現地時間8日中に合意できる可能性がある」と発言しており、米ビッグスリーが当面の破綻を回避できる可能性が高まったといえよう。また、NY市場終盤に米民主党は米ビッグスリーへの150億ドル規模のつなぎ融資や財務内容の監視機関の設置、来年の3月31日までに長期的なリストラ計画を提出することなどを盛り込んだ支援策の草案を米政府へと提示した。オバマ次期米大統領の大規模な公共投資構想を好感し、市場の関心が足元の景気悪化から将来の景気回復に向かいつつあることもあり、株価はしばらく堅調が期待できるだろう。ドル/円も大幅上昇は期待しづらいものの、リスク許容度の回復を背景とした円売りで底堅く推移しそうだ。
[詳細]http://www.foreland.co.jp/mb/asa.html
フォーランドフォレックス株式会社


3000円じゃなんともならんのでサブ口座の資金をクリックに移動させました、8500円だけどねw

火傷

(12/8)ドル:週明けの東京市場は模様眺め気分が強まり、ドル/円は92円台後半で一進一退の展開となった。先週発表された米雇用統計では非農業部門雇用者数が約34年ぶりの減少となったものの、オバマ米次期大統領が先週6日に少なくとも2011年までに250万の雇用創出などを目指す大方の景気対策を明らかにしたことや、米議会指導部やブッシュ米政権、全米自動車労組(UAW)などの利害関係者が歩み寄る姿勢を見せ、米ビッグスリーに対しての150〜170億ドル程度の緊急つなぎ融資の議会通過見通しが高まったことを背景に、GLOBEXのNYダウ先物が前週末比180ドル余りの上昇となり、日経平均も同411円高と予想外の大幅高で終了した。
一方、米財務省とFRBが矢継ぎ早に講じた先例のない金融危機対応策が、米財政赤字の拡大とFRB保有資産の劣化などにつながるとの懸念もあり、ドル/円は株高連鎖にも反応が乏しく92.80-90円付近でこう着した。市場の関心は今夜の米上院と明日の米下院での米ビッグスリー救済法案に関する議会審議に集中している。米民主党とブッシュ米大統領はつなぎ融資の拠出と財源について原則合意しており、反対の意が強いとみられる共和党の一部議員が賛成に回れば、とりあえず米ビッグスリーの年内資金繰り難観測が後退し、株式市場やリスク許容度の大幅回復につながる可能性があるだろう。ドル/円も上昇余地が広がってきたとみる。
[詳細]http://www.foreland.co.jp/mb/yoru.html
フォーランドフォレックス株式会社


( ̄▽ ̄;)なにこれ…

ドル円オージー円に売り指して本業に没頭、約定メールに気付いてレート見た瞬間に脱糞ダァーッ!

_| ̄|○、;.・ ゲフぉぉぉ...タイミング良くロスカットメールも届いたお。

七万円あった資金が3000円しか残ってませんが何か?

もう今日はやる気ないです…
世界時計
fxwill.com
参加ランキング
にほんブログ村 為替ブログへ
livedoor プロフィール
masa使用業者
▼FXメイン口座

▼FXサブ口座

▼株・先物メイン口座


▼株・先物サブ口座
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

フィボナッチ計算機
フィボナッチ計算機


結果:

by Investor's Forest
市況
お気に入りサイト
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ