2017年12月10日

親とのコミュニケーションの大切さ

今年の中で個人的な学力から考えて最難関だったのですが、

ko



無事合格通知をいただきました。

今年は、いろんなことが個人的にはありましたが、最終的にはすべて自分にとっていい方向に動いてくれて、現時点ですべて生徒も第一志望に合格していますし、残りは国立大学のみになりました。

大学入試は、生徒の将来にとても大きな影響を与えるものですので、軽はずみなことは言えませんし、親や生徒が私の伝えている意図をしっかりと理解していただいて、私の言っていることが、ある意味無謀に最初は取ってしまうかもしれませんが、私自身はしっかりと分析した上での発言であることを各家庭が理解していただいて生徒を教えるということはとても大切なことです。

その中で親とのコミュニケーションはとても大切で、生徒の学力を伸ばすうえで、教える側はただ勉強を教えるだけでいいわけではありません。それと同等、またはそれ以上に生徒も私もストレスなく勉強以外でもいろいろな話ができる環境を作ることが大切で、そのためには、親といろんな話をしたり、LINEなどで親から気づいたことなどを伝えてもらえる環境を作って、生徒が私をどのように見ているかを間接的に聞くことは大事だということです。

今高校生1年生で教えている生徒の小学校5年生の妹も教えることになりました。そして、私からその生徒に、

妹の勉強も見てあげて。

と、伝えることによって、その生徒も教えることの難しさを理解してくれたり、中学入試の問題であっても難しい問題も解いていくうえで、いろんなことを学ぶことができると考えました。

ma



つまり私が考えることは、一緒に勉強をしている時のことだけでなく、それ以外の時間でもプラスになることは積極的に取り入れていくことだと考えています。

おととい、来年から家族でオーストラリアに親子留学をする小学校6年生との勉強では、毎週、今後使うだろう英語の勉強だけでなく、彼女からいろんな不安なことなどを聞いて、昨日は、ミシンなどの使い方や手芸に関して、そして文房具の話、そしてクラッシックバレエをしていたので、オーストラリアでは盛んなコンテンポラリーのバレエの話などの話もしました。その前の週はファッションに関しての話などもして、来年からのオーストラリアの学校での生活をイメージしてもらえるようにしています。

もしかしたら、そのような話は雑談のようにとらえる親もいるかもしれません。しかし、私は勉強以外の話をすることはとても大切だと思っています。そのような話をしながら、生徒から信頼を得られれば、勉強の時に遠慮なく質問をしてもらえることにもなるからです。

私自身、成績が上がったから喜んでもらう。という流れは好きではなくて、普段の勉強を楽しみにしている。と親が感じてもらうことが一番うれしいと考えています。

また、今後もできれば、将来英語の通訳や翻訳などの仕事を志望していて、英語を単にテストのためだけでなく、学校では教えてくれない微妙な表現を学んだり、英語だけでなく数学や他の教科も一生懸命頑張りたい。と、考えている人であれば、ぜひ教えたいと思っています。

今年の後半は、本当に自分が理想としているような生徒に巡りあえて来たので、自分自身も教えることでいろんな面で高められるような、楽しく勉強ができるような生徒に巡り合えるようにいろんなことを今後もこのブログで書いていきたいと思います。


jatcentre at 19:01|PermalinkComments(0)学習サポート | 帰国生入試

2017年11月29日

充実感

現在数学を教えている生徒のお母さんからこのようなメールを受け取りました。

to1


現在中学2年で、留学や長期海外経験はない生徒ですが、すでに英検の1級は取得済ですので、正直いろんな選択肢がある生徒で、あえてストロングポイントである英語に固執しない姿勢は本当にうれしく感じました。

私自身がどのようにこれから関われるかはわかりませんが、数学を教えている中で、特別なことをするのではなく、私の中での数学の家庭教師の基本として考えている、本人の中のレベルの中でちょっと頑張れば解ける問題を出して、最も端的に説明する。を今後も繰り返していろんな問題を解いてレベルを上げて行ってもらいたいと考えています。

現在高校2年生で1年ちょっとで入試を迎える生徒とセンター試験の対策をしていました。おそらく英語は満点近くは取れるようになっていますが、センターの数学はA Bともに国立の高いレベルを目指している生徒にとっては満点が必須であるために、昨日はBの必須問題である三角関数の2倍角や加法定理や合成など徹底的にやりました。

また、今年から勉強を教え始めた生徒のお母さんとのメールです。

ka3


そして生徒とのやり取りです。

ka1


ka2


まだ3か月しか経っていませんが、意識は大きく変わりました。

自宅も都内で私の自宅とそれほど離れていないので、留学から帰ってきている現在は週に2度は直接勉強を教えられることもあり、2年後の入試に向けて頑張っています。最初は手の届かないような目標だったことがだんだんと手の届くものだという意識に変わってきました。

私自身勉強を教える中で、学びたい。という意識を強く持ってもらうことがとても大切だと考えています。そのうえで成績が上がれば言うことはないと思うかもしれませんが、正直成績が上がるか上がらないかよりも、生徒が自分自身を信頼して限られた時間の中で効率的な時間の使い方を学んでもらうことが大切だと考えています。

まだ、目標に届かない生徒の場合は、問題を解くよりも、今までの勉強方法をどのように変えていくのが必要なのか。なぜ成績が今までは変わらなかったのか。などを納得してもらうことが大切で、簡単な問題を例にして、効率のいい考え方や、簡単な問題から、疑問点を提示できるような発想をつかんでほしいわけです。

自分にとっての充実感は成績が上がってくれることではなく、生徒自身が問題を分析していく中での発想が伸びて行ってくれることです。

つまり一つの例で例えれば、英語でも数学でも同じになりますが、問題を解く時間が短くできることが大切で、それは英語で言えば長文読解の文章を正確に読み切る時間が短くなることで、数学で言えば、どの公式を使うかを自然にできることが時間短縮につながりますので、それを目指していきたいわけです。

得点で伸びを判断してしまうと、大事な基本をしっかりとチェックできなくなってしまい、それが大事なところで気づかないミスにつながる場合もあるはずです。

充実感は勝ち負けではなく、得点で判断するものでもありません。ただ、相手の本当の気持ちは会話の中やメールのやり取りだけでは絶対ではないわけで、まず自分が充実感がある会話が生徒や親とできることが、最終的に相手にとっても同じように感じてくれると信じてやるのがいいと思います。

教えることから相手の細かな表情や会話から相手の心理を考えることは、自分にとって精神を安定させるにはとても大切なことだと感じています。

今はそういう意味では辛いことがあっても、本当に充実していると感じているかもしれません。


jatcentre at 22:54|PermalinkComments(0)学習サポート | 心理学

2017年11月24日

卒業する生徒たち 次へのステップへ

昨日は早稲田大学の国際教養学部( School of International Liberal Studies)の合格発表日でした。

で、ある生徒からのメールです。

risa


まあ、普通に合格するでしょう。という感じですが、本当に合格の知らせを受けると自分のことのようにうれしいものです。

彼女もすごく頑張っていたし、数学の問題や会計の問題なども一緒に勉強したことが本当に懐かしくて、こうして成長していくんだな。って思うと、涙が出そうなくらい、努力が報われたことがうれしくてたまりません。

また、あるお母さんからのメールで

卒業式に参加して、すごく盛大にレッドカーペットの上を息子が歩いて紹介されて感動しました。

と、連絡が来ました。

彼は、中学から留学して、今年ですでに5年が経ちます。サーフィンが目的での留学でしたので英語も十分ではなく、語学学校が終わってから、入学するためのテストで本当に緊張していたのを今でも私の頭の中には映像として鮮明に残っています。

その彼が、ABC(オーストラリアの国営放送)の制作で留学生の代表としてインタビューを受けた動画があるので、良かったら見てください。

動画は こちら

彼は来年からオーストラリアの大学で映像の勉強を本格的に学びます。すでに、インスタやYou Tubeでもいろんな動画を提供していてクオリティーの高い映像をいくつも提供している生徒です。

この2名だけでなく、家庭教師や留学した生徒も将来のステップとして、今年卒業する生徒は結果を残して、大学へと進んでいきます。

来年、再来年と受験を控える生徒はまだたくさんいますが、私も正直この仕事をするための目標はすでに達成してやりきったな。と言う気持ちが強く新しい挑戦を来年からしていこうと思っています。

今年から、再度中学受験などを含めて、問い合わせがあった生徒の中から小学生の勉強を教えることを始めています。他にも、現在中学生や高校生の生徒で本気で頑張る生徒にとても大きな目標を私と親と生徒で決めて向かって行くことも始めました。

数学が嫌いな生徒に、高校数学をこの2年間で受験科目で必要な生徒に教えたり、国立大学の高いレベルの数学や英語を徹底的に教えて、その生徒たちの夢をいろんな面からサポートしたり、今までのレベルよりもさらにハードルを上げてやっていこうと思っています。

幸いに、問い合わせだけは噂を聞いたりして山ほど来ていますが、結局勉強を教える生徒には限りがあるので全員はできませんが、私の年齢でも小学生の子供の勉強を見てほしい。と、言われることはとてもありがたいことです。

生徒や親の気持ちに応えることで、私自身が本当にいろんなことに挑戦する機会を与えてくれることに感謝していて、私の場合は、私のやりたいやり方でないと、できないわがままなタイプなので、本当に生徒や親の協力があってこそのものでもあります。やり方や行動が規格外で明らかに常識では対応できないものなので、一般の常識ある人ではついてこれないタイプだとは思いますが、それを理解して、今私を信じてついてきてくれる人のためにこれからも頑張っていこうと思います。

jatcentre at 16:07|PermalinkComments(0)高校留学生 スクールライフstory | 個人日記

2017年11月21日

あなたは感の鋭い人?それとも。。。心理テスト

いろんな生徒の協力を得て、物事の捉え方で視点がどのようになっているかを性格診断するテストを作ってみましたので興味のある人はやってみてください。

ページは こちら になります。

jatcentre at 00:04|PermalinkComments(0)心理学 | 個人日記

2017年11月15日

高校留学生の理科の課題をやってみる

生徒からこのようなメールが来て

ryo1


それを拡大すると

ryo2


な感じで、来週で学校が終わりなので、アサイメントの集中時期になっています。ある生徒は、アサイメントになると、焦ってパニックになるのでメールの返信する相当遅れてしまいます。

日本で勉強している生徒にもこの問題を出して、一緒に昨日勉強しました。理科ですが、理科を英語で学ぶのもいいのではないかと思います。

ただ、理科の記述式は本当に文章で表現するのが難しいです。

やはり、家庭教師をやっている生徒には、このような実践的な英語の勉強から英語力を身に着けてもらいたいと思います。

そんなに問題自体は難しい問題ではないのでやってみてください。

このようなアサイメントから勉強する利点は、理科の勉強をしながら、英語の勉強も合わせてできることです。昨日生徒と勉強をするときも、英語の表現の仕方だけでなく、天体に関する話もできるので教養を身に着けることができます。

例えば、星雲って何だろう? 星にはどんな種類があって、寿命などがどのように決まるのだろうか?など、そんな話をしながら楽しく勉強ができます。

問題の解答ではなく、私の答えですので、間違っているのもあるかもしれませんが、問題集ではなく学校の課題ですので答えがありませんので、その点はご了承ください。

こんな感じです。

How does a star form from a nebula?
星はどのように星雲から形作られますか。
A nebula is a large cloud that consists of dust and gas. Their massive size can be as wide as a trillion miles. A huge release of gas in the interstellar medium produces the nebula. The material contained in the nebula collapses against itself and stars are formed.

How is a protostar different from a star?
原子星は星とどのように違うか。
A protostar is different from a star in that a protostar cannot be seen because it is enveloped in dust. Unlike a star, a protostar does not have any fusion in its core yet.

What factor determines how long a star lives?
どんな要素が星の寿命を決めるのか。
The factor that determines how long a star can live is the mass of the star, or how big the star is.

A star is twice as massive as the sun. Will its lifespan be longer , shorter or the same as that of the sun?
星は太陽の二倍の大きさです。その寿命は長くなったり、短くなったり、太陽と同じだった利するでしょうか。
Larger stars tend to live shorter lives than small stars. So a star that is larger than the sun will likely live a shorter life than the sun.

What is a white dwarf? How is it different from a neutron star?
白色矮性とは何ですか。中性子星とはどのように違いますか。
A white dwarf is the remnant of non-massive stars that "shed" off their outer layers after depleting their nuclear fuel. All that remains is the core which glows white-hot until it cools down and fades out. They're about a few thousand kilometers across. A teaspoon of material in a white dwarf is about as heavy as a spoonful of syrup.
A Neutron star is the remnant of a supernova event

Why go to the expense of measuring background radiation with a satellite or space probe when it could be done from Earth?
なぜ人工衛星や宇宙探査用ロケットを使ってバックグランド放射能の量を測ったりするのですか。地球上でできないのでしょうか。
Background radiation must be excluded to have a precise detection of your radiolabeled target. Therefore, you measure your background and subtract from your experimental measures.

Visible light is a form of ;
spectrum 〇electromagnetic radiation wavelength cosmic background radiation
可視光線は電磁放射線を形成します。

An H-R diagram is a graph of stars’ temperature and;
apparent brightness main sequence 〇absolute brightness parallax
ヘルツシュプルングラッセル図は星の温度と高度を軸にしてグラフです。

A low mass main sequence star will eventually evolve into a
〇white dwarf black hole protostar nebula absolute brightness parallax
低質量のつながった星は最終的には白色矮性に進化します。

Astronomers theorize that the universe began in an enormous explosion called the;
star nebula supernova 〇big bang big crunch
天文学者たちは宇宙はビッグバンと呼ばれる大きな爆発で作られたと理論付けます。

Why are the elements that are cycled through ecosystems so important ?
エコシステムを循環するのに構成要素が大切なのはなぜですか。
It would be in order to maintain balance in the ecosystem the nutrients must be cycled throughout. In order for all organisms to survive they need each other, which means there must be some sort of cycle in order for the organisms to interact. The Carbon, Water, and Nitrogen cycle are very good examples of important cycles within ecosystems.

2時間かかりました(笑)

いい勉強に私もなりました。この勉強を生徒としてこんな家庭教師が理想だなって思いました。

jatcentre at 08:24|PermalinkComments(0)学習サポート | 通訳 英語上達の方法

2017年11月12日

心理学 男女で違う 成績がいい生徒の気になるポイント

学力の高い男子生徒の場合、分析が細かく、ポイントをしっかりと押さえていると感じます。これはどのようなことかと言えば、オーストラリアに高校留学をしている生徒であれば、例えばクイーンズランド州の学校に通っている生徒であれば、OAIがどのようなことで、Z scoreがどのようにクイーンズランド州では算出されているか、それと、SAIのスケールとの関連まで理解しています。ですので、そのような生徒と話すと一般の人では理解しにくいクイーンズランド州独自のスケーリングの話とかできて、私も楽しいです。(そのような生徒は日本人では実際にほとんどいないのも現実ですが。。。)

しかし、そのような生徒と同じ、またはそれ以上の学力のある女子生徒が、そのようなOAIやSAIの仕組みについて理解しているかと言えば、ほとんど知らないわけです。

男子生徒の場合は、目標を決めたら、そのルールを深く理解した上で勉強の計画を立てます。ですので、TOEFLなどのテストでも、実際の英語力よりも高得点を取る生徒が多いのも事実です。

一方、女子生徒は、数年先までを見越して、理想像を思い描いて、そのために勉強をする。と、考えている生徒が多く、例えば英語であれば、テストで高得点を取るために学んでいるのではなく、高校留学生であれば、日本語と同様に話せるようになるためにテストがあったり、学校の授業を活用すると考えている生徒がほとんどです。

ですので、女子生徒の場合は、真剣に勉強している生徒は当然私に対して質問が増えてきます。

昨日、ある生徒から来たメールでは、

This requirement to strictly limit certain foods makes it near impossible to meet nutrients needs without supplementation.

をきれいに訳したいのですが、なかなかうまくいかないので細かく教えてほしい。と連絡がありましたので、細かく教えました。

この文章では、普段使い慣れていない、near impossible のほぼ不可能と言う意味の訳し方や、meetの満たす。のような訳し方。make it の訳し方や、this requirement to strictly limit certain foods までの文章をどのように訳すのが相手に伝わりやすいのか。など、細かく説明しました。

どれも見慣れていない単語ではないにも関わらず、文章の構造が複雑になったりすると、組み立てが難しくなったりして、そうすると、私と一緒に全体を見回して、自分が納得するまでいろんなことを聞きたいと思うようになるようです。

女子生徒の場合は、私とLINEで話す時も、英語や数学の答えだけを求めるのではなく、どちらかと言えば、その問題の説明をするときの無駄な知識に期待する場合が多いのも傾向として感じます。

例えば、数学で利息の計算の問題が出ると、問題を解くことよりも、銀行の利息はどのような仕組みで決まるのか。お金を貸すことで、銀行はどのように利益を出しているのか。経済の仕組みの日本とオーストラリアの違いはどんなことなのか。simpleとcompoundの違いはどうして起こるのか。など、英語を伸ばしていく中で教養も同時に身につけて学びたいと考えている生徒がほとんどです。

勉強を教えるというのは、私が一方的に自分の理論で問題を解いてそれを相手に伝えて理解してもらう。と考えるのではなく、生徒にとって一番ストレスなく問題を理解して吸収できる方法はどのようなものなのか。を私自身が考えていかなければならないと考えています。

9月から教え始めた、オーストラリアに現在留学している女子生徒には、今は英語の基本的な問題を出して説明をしているだけでなく、いろいろと話をしていく中で、わからないことをどのように私に伝えるかを教えています。つまり彼女が今後帰国生入試で高いレベルの国立大学に合格するためには、英語力だけでなく、面接や小論文に対応できるだけの論理的な思考や問題発見の能力が大切だからです。

彼女の親がその点を理解していただいているので、時間をかけてゆっくりと教えていますが、結果を求められる親であれば、なかなか成績が伸び悩む理由もこのようなことが原因である場合もあるような気がします。

論理的な思考を伸ばしたり、問題を発見するセンスを磨いたりするためには、問題を解くだけではなく、私といろんな話をしながら、いろんな知識や私の視点を理解することも大切だと思います。

その話から、疑問点が出たりして質問をする時のその質問の質が私はとても大事だと思います。

jatcentre at 16:12|PermalinkComments(0)学習サポート | 心理学

2017年11月07日

call by name without a Mr. 英語を学ぶための積み重ねの大切さ

今大学入試に備えて数学を教えている生徒がLINEで教える時は数学を教えているのですが、英語の質問や解説は普段LINEのやり取りで質問などを受けています。これは、数学にできるだけ時間を使いたいので、英語は普段のやり取りで質問を受け付けるようにして能率的にやろうと二人で考えた上での結論でした。

で、その問題などのやり取りを他の女子生徒に話したら、

私にも出してほしい。

と、言うことでしたので、4名ほど定期的に英語の1問だけの問題を送っています。でも、これなら、他の生徒に送ってもやってくれるんじゃないか?と思ったので、他の生徒にも送ってみました。そうしたら

uma1


uma2


uma3


と、好評でしたので、やってくれなくてもいいので、勝手に配信しようかなと思います。

今回の問題は

In this school, students are expected to call their teachers ( ) their title.

この学校では、生徒は先生に敬称をつけて呼ぶことになっています。

で、答えは

by

です。

1問だけなら、時間がちょっと取れた時にもできるだろうし、今回は私のサポートを受けている高校生に送りましたが、もし希望者がいれば社会人でも私のサポートを受けていない高校生でも、大学生でも送ります。

実際に、私のブログを見てメールを送ってくれた大学生に、遠慮なく何か質問があれば送っても大丈夫だよ。のように返信したら、

遠慮なくバンバン程ではないですが、やり取りをしています。(笑)

私も英語がそれほど得意ではないので、本当は得意な数学でやりたいのですが、希望者が本当に限られてしまいますので出来ない状況です。

確かに英語は実用的ですからね。

call by name without a Mr. で呼び捨て。ともなりますが、普通はJust call me 〇〇.ですよね。

呼び捨てでもいいよ。を Just call me にする機転が大事ですよね。

小さな積み重ねが本当に大切だし、気軽に勉強できる環境を、ほんの少しだけでもいいので作れば、きっとそれが大きくなってくれると思います。

jatcentre at 09:26|PermalinkComments(0)学習サポート | 帰国生入試

2017年11月02日

小さな違いを大きく伸ばすためのステップに 積み重ねの大切さ

今家庭教師で教えている中学1年生の生徒のお母さんからLINEが来て、

本当に娘が私と勉強をするのが楽しみでしかたないんですよ。でも、絶対に私にはそのことは言わないで。とも言われて、

とのこと。

また、先月から始めた生徒のお母さんからも

毎回私が話したことをノートにとって一生懸命まとめているようです。これも、私にはそのことは絶対に言わないで。と、LINEが来ました。

思春期の女子の場合は、他人からどう思われているのかがとても気になって、本当に何気ないことで、やる気が出たり、やる気が失せたりするようなものだということです。

中学1年生から家庭教師で教えて、今高校2年生の生徒も、確かに最初はお母さんからそのようなことを聞いたことがあります。なんか、私がたくさん質問をしてくれると嬉しい。と、言った時に、一生懸命友達から何か質問がないかを聞きまくったようなことを言われたことがあります。

そういう、真剣に私の授業を楽しんでくれる話を親から聞くと頑張らなければならないな。と、強く思ってしまいます。

その彼女も、今は東京大学を受験するか、国立大学の医学部を受験するかで迷うほど成長したことを考えると、毎回の授業の積み重ねが本当に大切だと感じます。

私が例えば英語を教える場合も、一切教科書などは使わずにやる場合が圧倒的に多く、

bigとlargeの違いは?のように、テストにはあまり関係のないことだけど、bigは自分が感じた主観的なもので、largeは服のサイズや、ドリンクの大きさのように、相手に客観的に大きさを伝えるものなんだよ。のような、話がとても好きなようです。

女子生徒には多いのですが、英語の場合は、テストのような勉強よりも、自分が伝えたいことを正確に伝えたい。とか、相手に自分の気持ちを正確にわかってほしい。と言う、観点から英語を学びたい人が多く、そのような場合は、willとgoing toの微妙な違いを教えたり、自動詞と他動詞も文法的ではなく、自然と違いを理解して訳すやり方などを教えると、とても興味を持ってくれます。

特に英語を学ぶ時には、日本語では一つの単語で片付くようなことも、英語の場合は状況に合わせていくつも表現がある場合が多く、そのようなことを学ぶことで英語の楽しさに目覚める生徒もいます。Seeとlookとwatch(見る)の違いや、perhapsやprobablyやmay be(たぶん)のような違いです。これも、教科書のような説明ではなく、日常的な実例で示すと呑み込みが早くなります。

他の生徒と違うことを、私自身もすぐに読み取って、生徒に対して、生徒たちが望んでいる方向性を探して教えることがとても大切だと思います。たぶん、それができるから多くの人から家庭教師の問い合わせを受けるのだと思います。

最近は、小学生の問い合わせが多く、今週末も小学5年生の面談があります。4、5年前に中学入試を教えたり、中学1年生から教えた生徒が今高校2年生になっていて、現在4名いるのですが、一人も脱落者なく、順調に成績を伸ばしています。

私の年齢的にも小学生はもうないな。と思いましたが、多くの方から問い合わせをもらったことで、もう一度やってみようと思うようになりました。

また、ニコラやニコプチやレピピ、ピンクラテ、ラブトキやプリキュアのミラクルライトねたやディズニー系の話がまた炸裂するかと思いますが、生徒の小さな長所を逃さずに見極めてあと数年ポジティブにやっていこうと思います。

jatcentre at 12:41|PermalinkComments(0)学習サポート | 心理学

2017年10月27日

ファッションに関する英語を覚えよう

ある生徒がファッションに関する英語を覚えたい。

と、言われたのでまとめてみたら、他の生徒にも使えそうなので、他の生徒にも送りました。そうしたら好評だったので、ブログにアップすることにしました。服に関する英語をいくつかまとめたので興味のある人は読んでみてください。

私はおしゃれが好きです。
I like dressing up.

これは合わせやすいです。
This is easy to pair.

かっこいいですね
It’s cool.

そのTシャツ似合ってるね。
You look great in that T shirts.

あなたらしい。
It’s so you.

そのイヤリング似合っているよ。
Those earrings look great on you.

あなたのコーディネイトが好きです。
I love your taste.(センスをほめる)I love your outfit.(今日のチョイスをほめる)

明日何を着るか迷っているので考えてもらえますか。
Can you help me decide what to wear tomorrow?

シャツの上にセーターを重ね着しています。
I’m layering this sweater on my shirt.

どっちがいいと思う?
Which one do you like better?

彼女は黒の短パンをはいていました。
She was in black shorts.

あなたの着こなし大好き。
I love the way you dress.

色の組み合わせがいいよね。
I like the color combination.

このTシャツ見て。すごくかわいい。
Look at this t-shirts ! This is absolutely beautiful.

可愛いね。
This is cute.

このセーターすごく着心地よさそうだね。試着していい?
This sweater looks really comfortable. Can I try it on?

これは夏にぴったりだね。
This is perfect for summer.

明日何を着ていくのがいいと思う?
Which outfit do you think is suitable for tomorrow?

赤が似合うね。
You look good in red.

ダサい。
That’s so lame.

正直好きじゃない。
Honestly I don’t like it.

あなたのセーターすてきです。どこで買ったの?
I love your sweater. Where did you get it ?

短いスカートも可愛いけど私はパンツスタイルの方が好き。
Short skirts are cute but I like pants style better.

これらの服は着回ししやすいです。
All these items are easy to mix and match.

ここが私のお気に入りの店です。
This is one of my favorite places.

マジヤバイ。(ポジティブな意味で)
That was so sick.

使えるものがあったらうれしいです。

jatcentre at 22:44|PermalinkComments(0)学習サポート | 通訳 英語上達の方法

2017年10月26日

留学生にとって数学を事前に予習することの大切さ

週末に、今年year11の生徒と数学の勉強をしている時に、x軸の回転体の体積を求める体積の問題を教えてほしいということだったので、これはエクステンション2の範囲だったのでまだ学校ではやっていなくて、日本でも数学靴糧楼呂砲覆襪里農睫世鬚靴覆ら教えました。

問題はこのようなものです。

hscext2bau


結局は断面積の積分で求めることと、オーストラリアの問題の場合はそれほどひねった問題もないので説明は問題ありません。

解説はこのようなものです。

rotated


数学の授業を受ける場合、先生が説明する内容は高度になりかなりの英語力があって理解することが難しい場合があります。その英語が難しいだけでなく、問題も数学靴離譽戰襪任△譴估颪靴なります。そうなると、留学生の場合は、事前に問題を理解しておく方が授業を受ける上で安心できることも事実です。

Math BCやExtension 12レベルの数学になると、英語の問題で詳しく説明できる人は少なくなります。ただ、オーストラリアの数学であれば事前に予習して理解するのはパターンを覚えればそれほど大変ではなく、理解してくれると思います。

わからない問題を自分で解こうとすると、時間の無駄になるだけでなく、大切なポイントを理解しないで覚えてしまったり、解答だけを見てやっても、それが応用できるとは限りません。特に微分、積分、漸化式、帰納法などは自然と問題を解く時間が長い問題が多くなりますので、わかる人に納得ができるまで聞くことはとても大切なことです。

これは、数学に限ったことではなく、理科や社会などのアサイメントも同様でしっかりとしたアドバイスをもらうのはとても大切です。

やはり学校の授業をしっかりと受けて、成績を取ることが、将来帰国生入試で試験を受ける時も、オーストラリアや海外の大学を受験する時も大切であって、その点をしっかりと計画を立てて勉強をしてもらいたいと思います。


jatcentre at 15:12|PermalinkComments(0)オーストラリア高校留学関連 | 学習サポート

2017年10月23日

be supposed to do の使い方 なかなか使いこなせないsuppose

留学している生徒にsupposeの使い方を教えることはとても大切だと感じます。どうしても、supposeの場合はbe going toとかthinkとかhave toと似たような意味に感じたり、not supposed to の場合はmust notと似たような意味になったりと、替えがきくと勘違いしてしまって使わない。という人がとても多いような気がします。

今月数名の生徒に、このsupposeの使い方を数日かけてみっちりと教えました。それぞれの英語のレベルは違いますが、やはり理解してない生徒が多かったです。

簡単ですが、まとめてみましたので参考にしてみてください。

まず、基本的なsupposeをthinkとguessとの比較から。

この3つを使って、彼は先生だと思います。と言う文章を作ると、当然

I suppose he is a teacher.
I think he is a teacher.
I guess he is a teacher.

となります。
しかし、この3つは微妙に違います。
I thinkは、普通に自分が彼は先生だと自分が感じている。自分はこう思う。などと主観的な感覚で使います。
一方、I supposeは、おそらくそう思う。のような感じで使います。つまり、見た目が何となく。勉強ができそうなので。のような情報から何となくそうではないか感じる時に使います。
また、I guessは根拠なくそう思う場合に使うので、この3つは上手に使い分けができるのが理想だと感じます。

また、数学の授業で出る、

Suppose that x>0 and n is a positive integer.
(xは0より大きくnは正の整数とします。)
のようにも使います。高校で数学を習う場合は覚えなければならない表現になります。

positiveとnegativeの使い方は、学校の授業では数学だけでなく、他の教科のプレゼンテーションでもよく使うのでしっかりと覚えておくことです。

次に、be supposed toの使い方ですが、基本的には、〜する予定だ。とか、〜するはず。が多いです。
I thought you were supposed to know it.(知っていると思っていた)
これは、クラブチームの練習時間が変更した時など、クラブチームが自分に対して直接そのことは言っていないけど、かなり出回っていると思い、私が誰かからきっと聞いたと思った場合に使います。
He is supposed to come at 5.(彼は5時に来る予定だ)のような感じもありますが、これは、
He is going to come at 5.と訳すと、これも(彼は5時に来る予定だった)で訳は同じなんですが、

going toは来る確信が高いのですが、be supposed to は、来てほしいな。のようなニュアンスです。

She is supposed to be back early.(彼女は早く戻ってくることになっている)
のような場合は、義務的な意味になります。これは、be meant beとの比較の対象になります。meant to beは運命的な意味があるので、そのように訳すことになります。

また、not supposed to は、例えば
You are not supposed to smoke here.(ここで煙草を吸ってはいけません。)
You must not smoke here.(ここで煙草を吸ってはいけません。)
のように同じ意味になりそうですが、not supposed toの方が、どちらかと言うと義務的な意味で常識的な感じですが、must notだと法で決まっているようなイメージに感じます。正直、大きな違いはない場合もあるのですが。。。

でも、強いて言えばnot supposedは、たばこをここで吸うと周りに迷惑がかかるからやめた方がいい感じで、must notだと、ここで吸うのはまずい。警察に注意されるよ。とか、絶対にやめた方がいい。のような感じですので、やはり違いは覚えた方がいいとは思います。

やっぱり、be supposed to は〜のはずだ。が、圧倒的に使う場合は多いような気がします。

その場合も、
I should study hard.
I am supposed to study hard.
だと、shouldは義務はないが、やはりするべきと自分で思った時に使い、supposedは義務があるような時になります。

ですので、shouldであれば、彼は自分で一生懸命勉強しなければならない。と感じて勉強している。supposedは、入試を控えているのでどうしても勉強しなければならないので、一生懸命勉強しているような感じです。

これが、過去の意味合いを持たせると、
I should have studied hard. 一生懸命勉強をしておけばよかった。
I was supposed to study hard. 一生懸命勉強をしなければいかなかった。
のように微妙ですが意味が変わってきます。

be supposed to は、やはりいろんな場面を想定して、一緒にこの場合はどうなるかなどを話しながら、一つ一つ解説をしていくのがいいような気がします。


jatcentre at 18:35|PermalinkComments(0)学習サポート | 通訳 英語上達の方法

2017年10月17日

学校の授業のサポート

オーストラリアの授業と日本の授業の大きな違いの一つは、日本の授業がテストの点数を取るためや大学入試の受験に対応した授業に対して、オーストラリアの授業は自分で課題に対して長い時間を費やしていろいろな資料を調べながら、課題をまとめ上げる授業が多いことだと思います。

昨日は学校が休校だった生徒もいるために、2名の生徒と課題に関していろいろとLINEを通して話したことを書きたいと思います。

まずは理科の課題に関してです。

課題は温室効果ガス(greenhouse gas)です。

greenhousegas


地球温暖化に関して多くの人は認識していると思います。しかし、その地球温暖化の原因に関しては二酸化炭素やメタンの量が多くなり地球全体が温かくなっている。と言うことに関しては理解していても、それ以上の細かな知識に関しては理解していない生徒が多いのも現実です。

資料などを調べながら理解しようとしても、なかなかすべてのものを理解するのは難しいと思います。それは、太陽の光が地表を温めて、地表から放出される赤外線を吸収しやすくするのが温室効果といい、その温室ガスの量が上昇すると、太陽の光の量と地表から出るエネルギーのバランスが崩れて、バランスが取れるまで温度が上昇することが地球温暖化を進めているわけです。

しかし、文章上では理解していたとしても、赤外線とは具体的にどんなものであるのか。なぜ温室効果ガスは発生するのか。なぜ二酸化炭素が増えると温かくなるのか。

そのようなことをしっかりと把握してレポートを書かなければなりません。

地表から出た放射は通常宇宙に何もなければ向かって行きますが、温室効果ガスがあると温室効果ガスが吸収して、その温室効果ガスは宇宙に向かってだけでなく、いろいろな方向に熱を放出してしまいます。そうすると、熱が地表に再度戻ってくるものもあり、それが地球を暖めているわけです。

また、二酸化炭素は人為的に発生するのは石炭などの火力発電や自動車の排気ガスなどがあります。また山火事なども二酸化炭素を発生します。ですので、例えば自動車がガソリンを使う量が増えれば大気中に二酸化炭素は増え赤外線の熱を吸収することになります。

そのようなことまでをしっかりと理解して課題のレポートを作成していかなければなりません。

もう一人の生徒の課題はオーストラリアの社会に大きく影響した過去の出来事と言う課題です。

charlie parkins


私はその生徒に、オーストラリアのアボリジニの差別撤廃の活動をしたSAFAの初代会長のチャールズパーキンスに関して調べたらどうかとアドバイスをしました。

SAFA(student action for aborigines)は1965年にシドニー大学の学生が、アボリジニの生活の現状を視察して、問題があれば解決をする。ことを目的に設立された団体で、これはアメリカで黒人が差別撤廃を訴えたフリーダムライドが大きく関わっています。

ローザパークスのバスで白人に席を譲らなかったことで逮捕された事件で、この話題がアメリカで黒人撤廃の事件の運動が大きくなったと言われています。

SAFAが訪れたNSW州のモーリーなどの都市では、アボリジニはいくつかの店に入れなかったり、公共の施設を利用できないなど大きな差別を受けていたことをSAFAは実際に現場を見て、それがアボリジニに対しての差別の撤廃運動に大きく関わってきました。

奴隷制度があったから、オーストラリアの文化が栄えてきたことは残念ながら現実で、それは、奴隷制度で昔の機械化されていない時代では、いやな仕事を奴隷にやってもらうことで社会が発展したことも事実で、戦争などでもアボリジニを前線に置くことで、軍隊を強くしてきた歴史もあります。

そのような理解をしっかりと踏まえてチャールズパーキンスの行ったアボリジニの差別運動の歴史を調べるとオーストラリアの歴史を調べる上で大切なことだと思います。


このように、オーストラリアの課題を完成させるためには、いろいろな人の助けが必要で、そのようなことができないと、ネットなどの情報を意味も分からず丸写しで行ってしまい、成績も取れず、英語力を伸ばすチャンスでもあるのにあきらめてしまう生徒が多いことも現実です。

そのようなことも学習サポートで対応していかないと、将来の帰国生入試や、オーストラリアの大学入試などの入学に大きく合否に関わっていきます。

入試科目だけ取れればいいという考えではなく、学校でしっかりと授業を受けることでいい成績を取れば、学校からの成績が良くなり、学校の成績を得点化する大学もあります、また、推薦書の内容も高く評価されるわけで、また、小論文などの入試科目でも、うわべだけの理論ではなく、深い知識に基づいた文章は大きく評価されます。

高い大学への入学を目標としている生徒は、積極的に質問をしてくれます。そのような課程で単に課題を完成しただけでなく、英語力も伸びてきますし、深い知識を選べ、問題解決能力も高くなります。

学習サポートの必要性は留学している生徒にとってはとても大切だということを理解してもらいたいと思います。


jatcentre at 08:28|PermalinkComments(0)オーストラリア高校留学関連 | 学習サポート

2017年10月11日

成績を伸ばすための環境づくり

今の時代はLINEを有効に使うことで、勉強効率を上げることができます。一例ですが、学校の授業でわからなかった問題を詳しく解説してもらいたい時には、その問題を写真に撮って送ったり、学校帰りに友達と喫茶店に寄って話している時に、窓越しから見える中華料理店看板に書いてある大小ご宴会承ります。の 大小ご宴会承ります。を英語で表現するとどうなるの?と、私にメールを送ったりすれば、その場で疑問は解決できます。(実話です。)

ちなみに 大小宴会承ります。は、 私がアメリカで見た広告では Small or Large parties catered for! でした。宴会とは違うかもしれませんが。。。

8月から家庭教師を始めた中学1年生の生徒も10月に入って生徒と直接連絡を取り、親を通さないで勉強時間を決めたり、自由に宿題をやってもらったり、生徒の意思で勉強をするようになって精神的にも楽になりました。

こんな感じです。

misa1011


私の視点から見れば、その生徒にとって合う教え方を考えることもとても大切ですが、その前に、まず生徒がリラックスして、楽しく毎週勉強する環境づくりがとても大切だと考えています。

母親から彼女の趣味や好きな芸能人や学校で流行っていることなどを入念に聞き、その生徒の場合は、山崎賢人が好きなので、四月は君の嘘を去年ある生徒と一緒に見に行ったのがとても役に立ち、その上、初めての面接の時にイーストボーイのリュックで来たので、その話題を出してかなりつかめたので本当に地味な努力は大切だと思いました。

宿題もLINEがあれば、本当に便利です。なぜかと言えば、小分けで問題を出すことができるからです。一度に10問以上出せば、一定の時間を必要としますが、数問であれば、休み時間やスマホをいじる時にちょっと時間があればやることができますので、それをやって、メールで送ってもらい、できたら次の問題をやるような形です。

最近やった宿題で説明します。

例えば、これらの日本語を英語にしてください。と言ったとします。

通りを渡る前に左右を見なさい。
彼はそのコンピューターが使えます。
部屋を出る時は忘れずに明かりを消しなさい。
その会合に参加した生徒はほとんどいませんでした。
彼の発言のせいで、この件に関する私の立場はさらに悪くなりました。
この宿題をするのは、あなたには簡単だろう。
スポーツ選手のほとんどは実際の年齢より若く見える。
私はガイドブックを持っている外国人に話しかけられた。
ケンは親切にも私を家まで送ってくれた。
彼が無事帰ってきてくれたので、私はホットした。
私はこの写真を見ると、楽しかった学生時代を思い出す。
この通りを行けば、10分で駅に着きます。

全部で12問です。これが全部を一気に提出しなければならないとなれば中学生にはちょっとハードかもしれません。

しかし、まず

通りを渡る前に左右を見なさい。

を英語で表現するとどうなる?と聞くと、その生徒は

Look at the right and left when you are crossing the street.

と、送ってくれました。

そうしたら、私は一つ一つ

まずこれは命令形ですので、動詞は見なさいだけど、見るには、see watch lookの3つがあり、その中で、seeは自然に視界にあるもの、watchは動いているものを注意深く見るもの、lookは顔を動かして見るもの。と説明します。

次に、左右は、確かにright and left (いちおう右で左の順には注意)ですが、英語の場合はほとんどの場合はbothを使うことが多いです。つまり両側ですので、both sides, both ways がいいかなって思います。

通りを渡る前に。は、まず時間での前は、beforeで前置詞の後ろの動詞はingですので、渉はcrossになるので、crossingになり、通りはthe street でthe を入れることも忘れないでください。

そうすると、

Look both ways before crossing the street.

と、なります。一問だけでしっかりと解説すれば、暗記ではなくイメージで覚えます。

そして、それが終わったら、解説とともに次の問題 彼はそのコンピューターが使えます。を送ります。

そうすると、ほとんどの生徒が He can use the computer.と送ってくると思います。

しかし、実際は He knows how to use the computer.になります。日本語では使えます。ですが、実際は使い方を知っている。ことを伝えたいからです。

これを解説付きで次の問題も一緒に送ります。

部屋を出る時は忘れずに明かりを消しなさい。 これは、ほとんどの生徒がDon’t forget to にして、部屋を出る時は when you leave the room にしますが、 Don’t forgetは忘れるなと、普段から忘れがちの人に言ういい方のように感じますので、柔らかな表現の Remember to にします。また、部屋を出る時は、単にトイレに行くときや食事を取る時ではなく、実際は外出をするときですので、when you go out of the roomにした方がいいわけです。

ですので、 Remember to turn off the light when you go out of the room.

にするとすっきりします。

このように、一気に送って、一気に説明するよりも、一つ一つ送っていくと、十分な時間を取ってわからなかった英文を理解する時間を取ることができますので、効率性は上がるはずです。

このようなサポートは家庭教師や留学のサポートの費用に含まれていますので十分に活用してもらいたいと思います。

成績を伸ばす環境づくりとは、私と学んでいない時間をどのように生徒が私とかかわりを持って過ごすかということでもあるような気がします。

来週末は、小学校6年生の女子の家庭教師の面接です。今から対策を考えなければなりません。


jatcentre at 18:21|PermalinkComments(0)学習サポート | 通訳 英語上達の方法

2017年10月06日

心理学 学力を伸ばすために大切なこと

今年の4月から日本の中学を卒業してオーストラリアの高校に留学始めている生徒と勉強している時に、英語の問題で

スタッフ会議のために、今日は学校は休校になります。

と、仮にその日に連絡をするとしたら、どのような英文で送りますか。学校名は自分の通っている学校にしてください。

と、メールを送りました。

そうしたら、

middle1


と返信が届きました。

この半年で本当に成長したな。と、感じました。

同じ時期に中学を卒業して、オーストラリアの高校に留学している生徒で、先月から家庭教師を始めた生徒がいます。その生徒にも同じ質問を送ってみました。

low1


このような返信でした。

すでに何度か教えているのですが、まだ英語の基本的なことが十分に把握できていないとは思いますが、とても明るく前向きな性格と感じたのできっとこれから伸びてくれるはずです。

最後に、中学1年生の時から英語と数学の家庭教師を始め、上記の2人の生徒と同じ高校1年生の生徒にも同じメールを送りました。そうしたら、このような返信でした。

high1


2人との違いがわかると思います。彼女が高校に入学してから家庭教師は基本的に数学を教えて、メールのやり取りで英語を教えるようにしています。時々、私が日本語を送って、同じ文で2つの英訳をするように練習しています。これは、英語の場合は、私たちが日本語を話す時と同じで、同じことを相手に伝えたい場合でも、その伝え方は必ずしも一つではないということを理解してもらう意図があります。また、それは数学や理科や社会でも同じで、常に一つの視点で物事を考えないようにしてもらいたいのでそのような練習をしています。

この日本文に、文章を送った時に日付を指定するようには伝えてなかったのですが、それは彼女が自分でオフィシャルな案内であれば、そのように伝えた方がいいのではないかと考えて訳したと思います。

4月から留学して、その時から教えている生徒には、現在英検の準1級の読解の問題を小分けにして送って、都合のつく時に訳してもらって私に送るようにしています。これも、学校の休憩時間で時間が空いた時や、バスでステイ先まで帰る時などちょっと空いた時間でも問題を気軽に解くことができて、時間を無駄にしないで勉強ができるかもしれないと思い、そのようにしています。

先月から家庭教師を始めた生徒は、まだ基礎力が十分についてないと感じたので、中学で習う単語の意味で日本人が十分に理解していないことを重点的に教えています。例えば、so many peopleとtoo many peopleの違いやtakeとbringの使い方、willとgoing toの違いなど、単に意味を知るだけでなく、もっと掘り下げて、一つ一つの単語の意味はたくさんあることを理解してもらうようにしています。

上記の英文を送ってもらった3人は、全員が現在高校1年生の女子生徒です。3人とも2年後には大学入試を控えています。

私自身、学力を伸ばすために一番大切なことは、学ぶことが苦にならないようなアプローチをしてあげることだと考えています。上記の英文を書いた中学1年から教えている生徒は、定期的に週末や長期休暇時に7時間LINE勉強をしています。これは、7時間私とずっと勉強することです。7時間やっても苦にならないような学び方を教えることです。(その間にトイレ休憩や食事休憩は当然あります。)

私の中では一人一人に合った能率的な勉強方法と、勉強時間を増やさないと成績は上がらないと感じています。スーパーな教え方はないし、生徒自身が長い時間勉強する習慣を身につけない限り成績の上昇はないと思います。

そして、その長時間勉強をするための能率的な勉強方法は生徒ごとに微妙に違います。つまり私も他の生徒の成功体験例を、他の生徒に押し付けるのではなく、その生徒に合った私との人間関係を築き、私自身もその生徒を教えることに対してストレスを持たないようにしなければならないと思っています。

すでに家庭教師が5年目に入っている生徒ですが、彼の場合は、毎回事前に自分で今日勉強したい内容を必ず伝えてくれます。以下のような感じです。

10063


10062


10061


相手の生徒にもよりますが、自主性を持ってやってくれる生徒は、限られた時間で能率的な勉強をしたいと考えているので、私がこれをやります。のように伝えるよりも、実際に学校の勉強で理解しにくかった問題を提出したり、模擬試験で上手く解けなかった問題の類題を徹底的にやって理解しようとしたりしてくれるので、私はそれに合った問題を探すだけで済みます。

つまり、生徒は私に負担をかけないような対応をして、私も生徒に負担をかけないような対応をするのが、勉強するのにストレスをお互いに感じないで行えるので、それが一番能率的な勉強になるような気がします。生徒にも主導権を与えることはとても大事だと感じます。

上記の英文を送ってくれた、高校1年生たちが高校3年の3月にどのくらい成長して大学受験に臨めるのか。また、先月家庭教師を始めた生徒が、どのように成長していくのか、4月から家庭教師を始めた生徒が、この冬にTOEFLを受けると思うのですが、どのくらいの点数を取ってくれるのか、また、今から1年後にはどんな成長を見せているのか。

すでに、帰国生入試で大学から合格通知をもらった生徒もいます。私がこの仕事をストレスと感じない限りは続けられればいいな。と、思います。そのためには、他の人が教える数倍内容の濃い教え方をしなければならないわけで、そのような緊張感が今を支えているのかなと感じます。


jatcentre at 09:14|PermalinkComments(0)学習サポート | 心理学

2017年10月01日

new SATの数学の問題の攻略 その

new SATになり、数学の配点が高くなりました。帰国生入試を受験する留学生の中で、中学生までは日本の学校で勉強した生徒にとっては、SATの英語は難しく、数学で高得点を取らない限りは志望大学の合格基準点に達するのが大変になると思います。

SATの数学の問題は日本人にとっては簡単な問題です。しかし、それはアメリカの生徒にとっても同様で、SATの数学の場合はどれだけ短い時間で正確に問題を解くかが大切になってきます。

SATの数学の狙いは、難しい問題を時間をかけて解くことが目的ではなく、実社会に必要な数学の能力をテストすると考えてもらうといいと思います。

それは、瞬時に問題を解くには、どこに解法のポイントがあるかの見極めやキーとなる言葉を素早く見つけること、過去の類似問題を素早く応用することなどが必要だと思います。newSATは解答が間違えても減点にはならなくなったようです。

まず、計算機を使わないで解くテストの最初の8問が簡単な問題ですので解いてみてください。8問を解くのにどのくらいの時間がかかったか確認してみてください。

newsat1


newsat2


どうでしたでしょうか。私は年齢も高いので、この8問を解くのに2分55秒かかりました。実際はマークシートで塗りつぶしもあるので、3分30秒くらいはかかるのではないかと思います。実際に、subject testの数学のレベル2になると、問題はそこまで難しいと日本の高校生は思わないと思いますが、時間が足りない生徒が多くなると感じます。

この8問の問題を早く解くための解説を中学まで海外での留学経験がない生徒の目線でしたいと思います。


この問題は数学の問題と言うよりも、文章読解の問題のような感じです。マリアが一日に走る時間と一日に自転車で走る時間の合計をどのように表すか。と言う問題で、このx+y=75は何か。のような問題ですので、それぞれの日の合計の走破時間と考えればいいです。


これは、単なる代数の計算です。15-6の計算をすぐに気が付けば一瞬で解ける問題です。すべての問題を解く必要はなく、選択肢の数字の部分が異なっていれば、数字の部分だけ計算をすればいいということです。時間短縮のためには、1秒でも無駄にしないことが必要です。


この問題は連立方程式の問題ですが、わざわざ連立方程式を解こうとすると時間がかかります。まず、x=y-3なので、xはyよりも3小さく、そうなると、答えはAかBの2択になり、分数のxの方を0にしてみれば、y=3で答えはBになります。このような解き方を瞬時にできることが欧米では強く求められます。


この問題は複素数の問題で、式より12i+6i=18i ですので、答えはDになります。選択肢を見れば、すべてを計算する必要がないのがわかります。この点も時間をできるだけかけないで求めるかをすぐに見極めることが大切です。


これは、xに−1を代入して答えがいくつになるかを解く問題です。分母が−、分子がxの係数が−ですので、プラスでかつ大きな数になるのがわかりますので、すぐに答えがBになることがわかると思います。計算をしっかりとしてもいいのですが、これは知能テストのようなものなので、そこまでやる必要はないと思います。


この問題は文章理解が必要な問題です。12年後に価値が0円になり、そうなると1年あたり2700ドルづつ価値が下がるので、4年後にはいくらの価値になりますか。ですので、2700x4=10800 32400-10800=21600になります。特に、depreciateの意味を理解することが大切です。


この問題は、単なる平方完成ですので、x+3になり、xの軸が−3の時は、この式ではx=0の時にy=4ですので、普通に答えがBになります。しっかりと平方完成をすることで求めても問題ありませんが、時間をかけない解き方も覚える方がいいかもしれません。


これも短い時間で文章を理解することが必要になります。ケンは最初の10時間は8ドルで働いたのですが、それ以降は1時間10ドルで働いた。そして、稼いだ額の90%を貯金した場合、270ドル貯金するためには時給10ドルで何時間働く必要があるのか。が問題文になります。そうすると300ドル稼ぐ必要になり、すでに80ドル稼いでいたので、残り220ドルを稼ぐには22時間かかるということになります。


SATの最初の問題は簡単に解ける問題が多いので、このあたりで時間を短縮することが大切で、25分で20問だから、1分1問の計算で考えるのではなく、問題全体を理解して、それぞれの問題で時間配分が異なることを理解してほしいと思います。

選択問題が14問あれば、残りは選択問題ではなくなるので、そのあたりの時間や確かめの時間も含めてしっかりと時間配分が必要だと思います。日本人留学生の場合は、問題は解けるのですが、解く時間が長いのが気になります。

来年度や再来年度に受験をする生徒もこのような形で、無駄を省くことを含めて一般の学校の授業に並行してSAT対策を行っています。このように対策なしにはSATは攻略できないと感じます。

今後も、オーストラリアの数学にも関わる、サブジェクトテストや計算機の問題も含めてSATの数学対策を説明できればと思います。

jatcentre at 09:34|PermalinkComments(0)帰国生入試 | 学習サポート

2017年09月29日

thinking of youとthinking about youの違い 英検3級レベルだけど、それほど重要ではないと思われている問題

今から5つ英語の問題を出します。それぞれの2文の意味の違いを教えてください。

I am thinking of you.
I am thinking about you.

He is my friend.
He is a friend of mine.

I think she is beautiful.
I suppose she is beautiful.

I have to get up at six.
I must get up at six.

What is your girl friend like?
What does your girl friend look like?

来週は英検です。今月から新しく中学2年生の家庭教師を始めました。彼女は現在英検の準2級はすでに合格していて、来週は2級を受ける予定です。

で、家庭教師を始める時に、上記の5つの質問を彼女にしましたが、十分には違いを説明できませんでした。これは、英検3級レベルの問題です。

最初に解説をしますね。

I am thinking of you.
I am thinking about you.

これは、of と about の違いです。of であれば、あなた自身のことを深く考えているような感じで、恋人や家族にしか使えないような気がします。aboutの場合は、時間をかけてゆっくりと考えるような意味合いで、時間をかけてあなたの何かについてしっかりと考えるような感じです。例えば、将来の進路とか、あなたがいつもと態度が違って何があったのだろう。のような時に使います。

He is my friend.
He is a friend of mine.

状況によっても違いますが、第三者に自分の友達の一人が、と言う場合は、a friend of mineがいいと思います。ただ、相手に he is my friend.と言う場合は、恋人のようなニュアンスもあると思います。my は所有格でもあるので。

I think she is beautiful.
I suppose she is beautiful.

I think she is beautiful.であれば、自分は彼女が美しいと思う。と、主観的な意見であるのに対して、I suppose she is beautiful.にすれば、自分はそれほど感じないが、世間一般の人の多くは、彼女は美しいと思っているようだ。のようになりますので、少し失礼な言い方になるような気がします。

I have to get up at six.
I must get up at six.

have to であれば、周囲の状況から決められたような必然的な義務の意味があり、mustの場合は、自分の意思として決めたことが伝わります。ですので、学校に8時までに登校しないと怒られるので、6時に起きなければならない。という意味を伝えるなら、I have to get up at six.になると思います。

What is your girl friend like?
What does your girl friend look like?

両方とも、あなたの彼ってどんな感じ?のようなことを聞いていると思います。しかし、What is your boy friend like?の場合は性格や人間性を聞いている場合が多く、明るい。とか、気難しい。のようなことを相手に伝えなければなりません。一方、What does your boy friend look like?と聞かれたら、容姿や見た目を教えなければなりません。痩せているとかイケメンとかになります。

これは、すべて英検3級レベルの英語で、正直なところこのような違いを分かっていても、英検3級に合格するのには特にこれらの違いを覚えなくても問題ないかもしれません。

しかし、今後英語を話せるようになりたい。洋画を字幕なしで楽しみたい。という夢を描いている人にとってはこのような英語の違いを知りたい人も多くいることは事実です。

数学を教える。ということで家庭教師を受けましたが、点数を取る英語でなく、相手を気遣った英語を教えたい。という私の考えを受け入れたので、メインではなく、LINEメールでこのような問題を出したりしています。

特に英検の準1級以上になると、しっかりとした文章読解が必要なため、一つ一つの文章の意味を正確に訳さなければならないので、このような問題を通して文章全体の情景が浮かんでくるような和訳をするためにも、基本的な文章理解をするためには、このような勉強もとても必要な気がします。

来週の英検も大切ですが、3年以内に準1級を合格して、英語を真剣に学びたくなったら、英検1級を目指すことを目標に英語のレッスンも始めました。

目先の試験に合格することも大切ですが、私は数学を教える場合もそうですが、大学入試や将来使えるようなテストには直接出題されないような、微妙なニュアンスの違いも同様に徹底的に教えていきたいと考えています。

例えば、外国で、20代の女性に、You look young.と見た目よりも若く見える。と褒めたつもりでいても、相手から見れば、まだ成熟していない未熟な女性と思われることもあります。

また、よくあることですが、パーティーなどで、主催者からパーティーはどう?と聞かれて、Good!!と言ったにも関わらず、相手が機嫌が悪そうにしていて、私にメールをよこした生徒が以前いましたが、goodは普通。と言うニュアンスで、greatなどを使うべきだったと思います。

このような英語の勉強も点数には関係ありませんが、とても大事だと感じました。


jatcentre at 22:40|PermalinkComments(0)学習サポート | 通訳 英語上達の方法

2017年09月27日

未来を見つめた教科選択 九州大学共創学部狙い?

来年度より九州大学に共創学部が設置されます。

共創という言葉は最近使われ始めていますが、私なりの解釈では、新しい商品の開発には、企業の専門的な知識だけで考えるのではなく、全くの異業種との交流や、消費者の視点を商品に生かしたりして新しいものを共に創るという発想だと思います。

昨日、ある生徒と話をして、ファッションの話になりました。

今の日本の中学生から高校生のファッションはPopteenのような雑誌があって、マーキュリーデュオとかイングとか、日本の場合はブランド先行であっても、オーストラリアでは、

あなたは赤が似合うと思うよ。

とか、

その髪型なら、こんな感じがいい。

のように話される。という会話になっていて、実際にティーン向けの雑誌はあまり聞いたことはありません。

ファッションを髪型をベースにして、スタイルと自分のコンセプトを考えてショッピングモールで自分に似合いそうな服を買う。のような感じがオーストラリア流で、髪型を考えた上でイメージを作って自分の顔を引き立てるイメージでのファッションと言う発想のような気がします。

なので、彼女にもファッションが好きなら、それぞれの店のレイアウトや店員の接客、価格設定などを分析して日本と比較すると、それは論理的な思考を伸ばすことにもなるし、面接などでの問題発見能力ですごく役に立つと思うし、そのようなことを私と話すことによって、会話に深みを持たせたいとも思います。

共創学部は、きっとそのようなコンセプトではないかと感じました。

で、本題の教科選択になりますが、九州大学の共創学部は、受験科目が英語、数学、面接です。数学を受験科目に入れた意図がすごくわかります。また、これから、帰国生入試で数学を受験科目に課す大学が増えてくると思います。

論理的な思考がこれからの社会で必要とされることが反映されていると思います。

オーストラリアの教科で、Aを一番取りやすいのは数学だと思います。国立大学を希望する場合は、Extensionレベルの数学でなければ、教科として見なしてくれないと思いますし、受験科目が数学Bまでであれば、対策も立てやすいような気がします。

女子生徒の場合は、数学が苦手な生徒も多いですが、実際やらず嫌いがほとんどで、今のyear11,12の生徒でも、教えればしっかりとこなしますし、数学で得点を取らないと、SATのスコア提出にしても、帰国生の対策にしても暗記が少ない分、能率的な勉強方法で一番伸びる教科だということを理解してもらいたいと思います。

英語 必須
数学 2教科
日本語
これですでに4教科です。あとは、自分の将来に役立つ教科や学んでみたい教科を選べばATARの得点にも結び付きます。

国立は、学校の成績も得点化されることが多く、もう時代は帰国生入試=英語 と言う時代は終わっていると感じます。

数学も、今年の生徒でクイーンズランド州ですがVHA9を数学で取れた生徒がいます。(今年は1年留学で最初のyear11でいきなり、VHA8を取った生徒もいました。)彼女は日本語の選択をしていませんが、ATARを取れるような教科選択をすることが、今後の帰国生入試に直接結びつくような気がします。

いまだに、学校では日本人留学生に対しては、あなたは絵を描くのが好きだから、美術を選択したらどう?とか、将来接客をしたいなら、ホスピタリティはどう?のような意味不明なアドバイスをされたり、数学にしても、エクステンションは難しいから、普通のmathがいいよ。のような話はよく聞きます。

英語を学びに留学したのではなく、勉強が中心の留学生活にしてもらいたいので、将来の進学を視野に入れて、どんな教科選択をしたらいいのか。を真剣に考えることはとても大切だと思います。

ただ、数学の場合は、オーストラリアの数学の進み方と、日本の進み方が違い、オーストラリアの数学の進め方は、日本人ではyear11以降はついていくのはとても大変で、year10まで余裕で数学はクラスでトップだった生徒も、一気に抜かれていきます。

これから、日本の大学も、文系、理系と言う区分けではなく、新しい時代に対応した学部を設置すれば、それは例えば経済学部とか、外国語学部と言う範囲では収まりきれない新しいジャンルの学部になるような気がします。

教科選択も、偏らずバランスのいい教科選択をしていけば、発想も柔軟になると思いますし、テストのために学ぶのではなく、大学に進学したり、社会に出てから武器になれるような、プラティカルなものではなく、深く物事を考えることのできる教科選択がいいと感じます。

流されてしまうような高校留学では本当にもったいないような気がします。

jatcentre at 18:27|PermalinkComments(0)帰国生入試 | 100校の学校に生徒を送った経験から

2017年09月21日

deliver だけで1時間ずっと英語を教えること

生徒に英語よりも数学を教えたい理由は単に数学の方が英語よりもかなり得意だからということも一つですが、それよりも、英語をテストで点数を取るために教えるのがどうしても自分の中では納得できないところもあると思います。

今日教えた生徒も、私の英語の教え方に慣れてきたので、卒業する3年後までにTOEFL100点超え狙いで、私の大好きな、○○で1時間、○○で30分シリーズを初めて彼女にも披露しました。

今回の〇〇で1時間、〇〇で30分シリーズは deliverで1時間、subtleで30分です。

これは、deliverのいろんな使い方を1時間話続け、1時間経ったら、今度はsubtleの使い方を30分話続けるような感じです。

今日は、deliverだけで1時間何を話すか、今日のレッスンを例にして書きたいと思います。

deliverってどんな意味があると思いますか?

全部を覚える必要はないと思いますが、deliverには

送り届ける
演説をする
子どもを産む

などいろいろとあります。

deliver に出産する。と言う意味があることを知らない中学生、高校生は多いです。でも、いとこなどが結婚して、無事女の子を出産したとします。

そんな時に

私のいとこが、無事男の子を産んだよ。

って言いたい時に、皆さんはどう相手に伝えますか。

My cousin had a baby.
My cousin’s baby was born.

のような表現になってしまうと思いますが、それだと少し気持ちが伝わらないような気がします。

deliver を使えば

My cousin was safely delivered of a daughter.
とか
My cousin delivered a girl.
でもいいと思います。

次にdeliverの届ける。と言う意味に関してです。

生徒と話していると、

メール届いた?を英語にするなら、

Did you receive my email? のように、届いたと尋ねても、英語にすると受け取った?のように書く人が多いです。

それでもおかしくないけど、

The email from you has arrived.

のように、到着したのように表現する方が私は好きです。受け取ったのではなく、届いた。ことを言いたいので、この場合はdeliverは使えるとは思いますが、やはり多くの人は使わないと思います。それは、deliverは配達した。のようなニュアンスがあるからです。

でも、メールのような瞬時に送れるものではなく、ある商品を自分から相手に送りたいときに、お店で、

この商品はいつ頃相手に届きますか?

と、尋ねたいときに

When will she receive the goods ?

のように、receiveを使ってしまいます。

日本人は、英語を間違えて話すのが恥ずかしいと思う人が多いので、届く。を、きれいに英語にできないとなると、すぐに視点を変えて、ほぼ同じ意味になる、

いつ相手が受け取りますか。

のように、ニュアンスは若干違っても、相手に伝わるのなら、若干意味をアレンジして英語にしていい。という考えを持っている人がいるように感じます。

しかし、文を忠実に訳せば

When will the goods be delivered ?

にした方が私は好きです。

商品がいつ届けられるのでしょうか。のように届けられることが話の中心になっているようで、感じがいいです。

また、その商品が届くのを楽しみにしています。でしたら、

I look forward to the goods being delivered.

のようにすれば、きれいな表現に感じます。

また、今の文章のように、goodsを使って、慣用句で deliver the goods は期待に応える、約束を果たす。のような意味もあります。

James has failed to deliver the goods. He hasn’t scored yet.

彼はまだ得点を取ってないので、今のところ期待外れだね。

他にも、ある生徒が先生のメッセージを他の生徒に伝えた。のような文も

She delivered Janet’s message to the students.

のような感じで、相手に伝えると、日本人が使う英語のような感じがしないのがいいと思います。

また、同じように トレーシーにこのメッセージを伝えてくれない?と言いたいときも

Can you please deliver this message to Tracy ?

のようにもなります。

次にdeliver は演説をする。とか、意見を述べる。のような意味もあるので

He delivered a speech.

で彼は演説をした。のような形でも deliver は使います。

とりあえず、made a speech でいいとは思いますが。

同じように英検の練習問題を生徒に出した時も

The history professor delivered a lecture about George Washington, the first American President.

歴史学の教授は、アメリカ初代大統領ジョージワシントンについての講義をした。

のような問題がありました。

この辺りは準1級レベルではよく出るような気がします。


他にもいろいろとありますが、一つの動詞を1時間くらいかけて徹底的に生徒と話し合うと、その生徒も少しずつその動詞の意味が今までと違った感覚で捉えることができると思います。

どうしても、例えばdeliverであれば、配達する。という動詞だけで考えてしまったり、先ほどのように、その商品はいつ頃届きますか。と英語で伝えたいのに、日本人にありがちな、私はいつ頃その商品を受け取れるでしょうか。のようにして、receiveでごまかしたりするような傾向があります。

英語の動詞に関しては、いろんな例文を読んだ上でいろんな訳し方があることを覚えていけば、長文を訳す場合にも、その感覚が役に立つと思います。

このような感じで、焦らないで、また暗記に頼らないで、動詞のイメージをいろいろな角度から例文を読みながら覚えていくような方法で英語を教えられるなら、私は英語を教えるのも楽しいなと思います。

実際に、数名の生徒はこのような教え方で大きな成果を出しています。この方法がいいからではなく、このような覚え方が楽しい。面白い。のように感じてくれるなら、このような勉強方法も考えてみるといいと思います。


jatcentre at 07:13|PermalinkComments(0)学習サポート | 通訳 英語上達の方法

2017年09月17日

new SAT の対応に関して

new SATになって、数学の配点が高くなった半面、英語は配点が低くなり、かつ問題も難しくなったような感じがします。SATの数学の場合は、レベルが低すぎてここで800点を取れるような対策を考えるのがいいのではないかと去年から感じていました。

最近は帰国生入試を受ける受験生の英語のレベルが上がり、5年以上前なら、SILSの合格の基準が、SAT1700点、TOEFL85点あたりでよかったと思いますが、去年の帰国生では、SAT1900点、TOEFL95点が基準になったような気がします。new SATであれば、1350点あたりになるのではないかと私は考えています。

去年の例でSAT1950点、TOEFL95点ほどで合格した生徒がいるので、そのあたりが合格基準と感じます。上智は、正直もう少し低いと思います。ただ上智は書類のみなので、対策が全く異なるので提出スコア以外にも対策しなくてもならないことが、SILSとは違ってくると思います。

私の教えている生徒でも変わった生徒がいて

sari


女子生徒で、時々いるのですが、時々自分の写真やコスプレ写真などインスタなどに投稿した写真を送ってくれる生徒がいます。こんな感じで、かなりの頻度で送ってくれます。(写真の内容は見せられませんのでご了承ください。)

このLINEメールを送ってくれた生徒は、時々自分の写真を撮って、美人を見て心を癒しなさい。とか、私が確実にハマる面白い写真を送ったりして私にも気を遣ってくれます。いろんな意味ですごい生徒です。

この生徒は、すでにnew SATで1450点、TOEFLで100点超えています。中学を卒業して、その時のTOEFLのスコアが30点台だったわけで、2年でこの点数まで伸ばしました。 詳しくは こちら の記事で。

今後、new SATの対策に関しても、いろいろと書いていきたいと思います。






jatcentre at 23:46|PermalinkComments(0)帰国生入試 | 学習サポート

2017年09月15日

英語で生物の勉強 高校生向けの勉強方法

現在日本の高校で勉強している高校2年生の生徒との英語の勉強の一例を紹介します。生物の勉強を英語ですることで、海外の生物の勉強と日本の生物の勉強の違いや、日本の生物で勉強した知識を基に英文を訳す力をつけたり、今回の例ではそれぞれの消化酵素での活性化エネルギーが触媒によって反応がどのようになるのか。など、今までの日本の生物の勉強では触れなかったことまで学べるので大学入試での生物の勉強としてもとても役に立つように感じます。

このような問題です。

examhsc


ある種の魚はなだらかな温度変化と同様に広範囲の温度変化の環境下で生き残ることができる。もし温度変化が急激であれば、その魚は死ぬ。なぜならばいくつかの代謝反応が行うことができないからであります。

科学者たちはこの種のすべての魚は異なった温度で同じ反応を触媒する4つの異なった酵素を作り出す遺伝子を持っていることを発見しました。

下記のグラフは酵素活性に関して温度上昇の効果を示しています。

急激な温度変化ではなく、なだらかな温度変化によって生き残る魚に関して下記の中でどの説明が適切でしょうか。

A 各遺伝子を表示するには時間がかかる
B 酵素活性は低温度で低下する
C その魚は異なった温度で異なった温度で作り出される
D もし温度変化がなだらかであればいくつかの酵素は変性されない

この事例研究は何を説明しようとしているのか

A 酵素に対しての基質特異性
B 表現型での環境の効果
C 狭い温度範囲ではそれぞれの種は制限される
D 代謝効果として一定の体温を維持すること

答えは最後に書きますので、解いてみてください。

訳すのもそれなりに難しいと思います。正直なところ問題のレベルはそれほど高くはなかったと思います。さらにレベルを上げた勉強にするには、今度はマルチプルチョイスで行うのではなく、記述式にすればさらに英語の勉強にも生物の勉強にもなると思います。

このような勉強は、オーストラリアの高校で勉強している生徒であれば慣れている問題であっても、日本で勉強する生徒にとってはとても新鮮だと思います。(ほとんどの日本人留学生はこのレベルになると理解できてないのが現状ですが理解できる生徒はしっかりと勉強しています。)

このような英語+一般教科のミックスの勉強は将来英語力を職業で生かしたい生徒にとっては効果的な勉強方法だと私は思っています。また、難しくてもしっかりとやってくれます。

このような勉強方法を今後このブログでいろいろな形で紹介していければと考えていますので、参考にしていただければうれしく思います。

答えは 上がA 下がB になります。



jatcentre at 10:17|PermalinkComments(0)学習サポート | 通訳 英語上達の方法