2019年09月13日

it this that の使い方 しっかりと意味を理解する大切さ

将来翻訳家になりたい生徒がいて、その生徒に勉強を教える時は、時々自分の今までの通訳の経験や翻訳の経験を話せるので、私自身もすごく楽しいです。

で、その生徒から

もし、誰かにぶつかってしまって

I'm sorry.

と、言われたら、

It's O.K. なのか That's O.K. なのか?

と、聞かれました。

自分は、

It's O.K. って言っているな。と、認識しました(笑)

たぶん、どっちでもいいんですよね。きっと。

また、その生徒に

こんなにおいしいなんて思ってもいなかった。

って、英語で

I never thought it would be this good.

I never thought it would be thatgood.

これは、どっちも正しい訳なんです。でも、意味が少し違ってきます。

this だと、おいしいと思っていたけど、その想像を超えていた。場合。thatだと、おいしいと思ってなかったけどおいしくてびっくりした場合。で、分けます。これは、昔通訳の仕事でパーティーで食事をしている時に、タスマニア州のホバート市の市長さんの奥さんが学校の先生で教えてくれました。

で、ずっと覚えています。

これは、thisとthatの距離感の関係で、this は距離感が近いのでいいことに対して、thatは距離感が離れているので嫌いなことに使うことが多いので。thatにすると、それほど好きではないと思っていたけど。というニュアンスを出します。

これを使い分けられれば、相手により自分の気持ちを正確に伝えられますよね。

で、it と that の場合の違いですが、

例えば、 新しいバッグを買いました。
I bought a new bag.

It's nice.

That's nice.

it だと、新しいバッグがいいね。って感じになって、thatだと あなたが新しいバッグを買ったことがいいね。と文章全体の意味になります。

こういう違いって意識すると本当に英語が面白くなるし、上達も早くなると感じます。

どうしても私の場合は、数学を教える機会の方が圧倒的に多いのですが、こうして英語を教えることがもっとできるようになると、さらに楽しくなる気がします。

通訳になりたい。とか、翻訳家になりたい。って気持ちで勉強をしている生徒は応援したくなります。

jatcentre at 20:33│Comments(0) 学習サポート | 通訳 英語上達の方法

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔