2019年09月18日

帰国生入試 AO入試 推薦入試 面接、小論文突破のポイント

帰国生入試が始まり、すでに合否の発表もされている大学もあります。

小論文の時間配分のミスと面接などでの言い忘れ。

週末にICUの帰国生入試がありました。

去年合格した生徒は、ディスカッションはAIに関して。AIの進化は私たちの生活にどのように影響していくか?そして、今年受験した生徒は、表現の自由は民主主義の基本でどんな不快な表現も規制されるべきではないのか?

終わった後は、
ディスカッションをして、どれだけ内容に賛成するか?
反対意見を聞いて、あなたは意見を変えたいと思ったか。
あなたはICUにどのような貢献ができるか?

だいたい予想できる範囲の内容で対策しやすいわけです。

今回は、表現の自由に関しては、あらかじめ出るのではないかと予想できることだったので、対策をしてきた受験生も多かったかもしれません。

民主主義の中で表現の自由の重要性は強調されています。今回の愛知の 表現の不自由展 その後 でも話題になった、検閲。

表現の自由と言っても、自由に何を言ってもかまわない。どんなイベントを開いても構わない。というわけではありません。公共の福祉に反しないことが原則です。また、自民党の憲法改正の草案では、公共の福祉がすべて公益および公の秩序に変わっています。これは明確にするためには、私はいいことだと思います。

人権と人権との衝突の調整は大切です。その中でも表現の自由が重要視されるのはいくつかの理由があるからです。

私は生徒に対して、例えばこの表現の自由に関して伝える場合もできるだけ直接伝えないで普段の会話の中に自然に組み込みながら話すようにしています。

ある生徒とドラマの話をしていて、引きこもっている男子生徒が、優しくしてくれた女子生徒に告白してフラれる。と言う場面があって、その話をしている時に。。

生徒 無謀なチャレンジだったけど、見ていて感動しました。

私 本能なんだよね。言いたいことを言いたくなるのは。これが表現の自由なんだよね。

生徒 言いたくても、相手のことを考えると言えない時もありますよね。

私 そうなんだよね。結局、一人一人がすべて言いたいことを好きなように言ってしまえば、秩序が保てなくなるし、相手が傷つくかもしれない。と言うのは、公共の福祉なんだよね。表現の自由だからと言って、プライバシーを侵害してもいけないし。

生徒 表現の自由と言っても、結局自由じゃないですよね。

私 でも、自由と言うことで、思い切って相手に迷惑がかかると思っても言って、失敗したけど、他人の気持ちに接することができたわけで、それによって、学校に行こうという気持ちになったわけだよね。

つまり、表現の自由があるから、間違えたりして学んだり、相手の意見を聞いて客観的に意見を比べたりして、正しい結論に到達することができるし、良い社会が形成されるわけです。これが北朝鮮のように、表現の自由がない国では、間違った方向に進んでいくわけです。

私は雑談の中で、生徒にいろいろな知識や教養を与えていきたい。と、いつも思っています。家庭教師で教えていく場合、私は数学を学びたい生徒だけは時間当たりでお金をもらっていますが、英語や国語も教えている生徒や留学生は時間制ではなくて、1か月で好きな時に好きなように勉強できるようにしています。それは、雑談の時間を増やしたいからです。

数学を教える時は雑談をする時間はないですが、小論文や英語を教える場合、また、社会や理科を教える場合は、雑談を生かした教え方が私はベストだと思っています。

すみません。話が逸れてしまいましたが、、、

今回の民主主義の中での表現の自由。と言うお題だった場合は、

表現の自由だけが人権ではない。表現の自由が許されることで、個人の尊厳を尊重しなければ意味はないわけです。他にもいろいろな人権があるわけですので、そこは人に迷惑をかけない。と言うことが大前提にあるわけです。

しかし、機械的に、どれは表現の自由に適している。と決めることが出来ないから、ディスカッションになったわけです。線引きは、個人の判断であることが表現の自由なわけです。

民主主義の反対語は独裁制です。

それぞれの人が自分の意見を言い合いながら、いい生活が出来ていく。例えば、あおり運転の事件があって、多くの人があおり運転の怖さを知ったわけです。そして、ドライブレコーダーが自分の身を守るために必要なことを知った。そうすれば、あおり運転をする人の数は減っていくと思います。

これが表現の自由のいいところだと思います。

小論文や面接は、一般の受験では出せない問題を大学側が出すわけです。知識よりも教養を重視しているわけです。そうすると、ただ先生の話を聞いているだけでは合格できません。

何がわからないのか。何が本質なのか。絵や音楽と同じです。

正解の基準があっても、その基準は必ずしも絶対的なものではない。ですので、教養を身につけなければならないわけです。

AO入試を希望する生徒が増えてきています。一般受験とは違いますが、教養をつけるにはどうしたらいいのかがこれから重要になっていくと思います。

jatcentre at 09:10│Comments(0) 帰国生入試 | 学習サポート

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔