2007年01月12日

f7a6f96f.jpg

大晦日のK1ダイナマイトでの桜庭VS秋山で起きたローション疑惑について、昨日ついに会見が行われ、秋山が全身にスキンクリームを塗っていたことを認めた。「ワセリン、タイオイルは認められないが、クリームはOKだと思っていた」という秋山の認識不足によるものだと説明されたが、そんなわけね〜だろ〜と、見た人は知ってると思いますが、秋山が道着を脱いだのはレフェリーチェックが済んでゴング直前での事、あの時は「あ〜脱ぐんだ〜でも今かよ!」と思ったぐらいでしたが、今思うと明らかに確信犯的な行動だと思います。それを見抜けなかったレフェリーが一番悪いと思いますが、柔道家のこういった不正は信じられないし、残念でなりません。武道家として考えられない選択である。せっかくベルトまで獲ったのに何故こんなことしたのか?しかしながら柔道家時代から秋山にはダーティな噂があった事は何回か聞いたことがあり、あながちありえなくもないかと、でも一年を締めくくる大会のメインで、自分が指名した桜庭に対してやるなんて〜!!K1はあの試合をノーコンテスト処分としたほか、秋山を反則行為で失格、及びファイトマネー没収とした。そして秋山のコメント「何の弁明の余地もありません。桜庭選手、申し訳ありませんでした。どんな処分も受けるつもりでいました」とのこと。さらに桜庭からのコメントも発表された。裁定に関しては「こちらは正々堂々と試合に臨んでいるのに、このような結果になったことに対しての今回の処分内容に関しては納得しておりません」、秋山に対しては「イベント関係者、清原選手、一緒に入場した子どもたち、ファンの方に対して、謝って済む問題ではないけれど、謝ってほしい。ボクはリングに立つときは正々堂々とやりたい。ただそれだけです」というものだったが〜、いかがなもんでしょう?是非とも再戦を希望すると共に、秋山のベルトを剥奪して欲しいもんです。みのさん、これでも秋山をまだ応援しますかー!?



(08:06)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字