2005年09月29日

ビジネス誌編集者との会話から

今日は永田町界隈にある某ビジネス誌の会社2社に出向いて副編集長の方などとお話しした。弊社としては新刊のPR、向こうにとっては取材。うちの新刊書籍の内容に関連したニュースを、ビジネス誌の記事風に仕立てて書いた資料を持参していったら、結構おもしろがってくれた。

本件と直接関係は無いが、某誌副編集長のAさんが昨日『ザ・コーポレーション』という本を読んだということで、その話題で盛り上がる。


『ザ・コーポレーション』は、ずっと前にこのブログでも紹介したかも知れない、昨年出た本だ。

4152086041ザ・コーポレーション
ジョエル・ベイカン 酒井 泰介

早川書房 2004-11-10
 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


利益のためなら環境破壊も省みない姿勢を痛烈に批判した書で、今年12月には映画も(もともと映画が作られてから本が出たらしい)日本で公開される。「華氏911」のマイケル・ムーアにも似た(もうちょっと上品だそうだが)取材手法で企業社会の暗部を抉る。

Aさんとの会話はそこからCSRの話題になっていった。CSRの取り組みの広がり、企業のブランディングの重要性の高まり、そして国際政治におけるソフトパワーの重要性の増大は、民主化と経済の成熟化に伴う、共通の根を持つ世界的な趨勢だ、などという話をした。このへん詳しく述べると長くなるが、感覚的には理解できると思う。

その後、会社に戻って仕事したのだが、ふとその話の派生で、企業の社会的責任とか社会貢献、経営や政治に崇高で公共的なもの、理念的なものを求める趨勢の強まりは、それ自体は好ましいことに違いない一方で、そういう趨勢自体を利用して自己の欲得を増進させようとする勢力もますます増長するに違いない、と思った。

当たり前のことなのだが、そういう動きは過去も現在も常に存在する。大義名分を掲げて美しいことをしているように見せながら殴りあったり騙し合ったりしているのが外交だというような意味のことを誰かが言っていたが。

環境保護団体の中に欧米の石油資本や特定の業界の資金によって動かされ、その利益増進のために事実歪曲も過激な行動も厭わずやってのける団体があることは周知の通りだが、環境などのテーマは注意しないと今後そんな歪んだ形で利用されるケースがどんどん増えていきそうである。

例えば、地球温暖化問題に関して、開発途上のアジア諸国にはCO2の削減目標が課されていない一方で、東欧の国々には先進国同様に課されている。これは中国などアジア諸国は欧米の投資先として成長期待が強いが、東欧はEUの中心たる英独仏にとって自国の優位性を脅かすような発展は阻止すべき地域であり、そのため経済発展の足枷となる程度の厳しい削減目標が課されたのだ、という見方がある。

一見文字通りに地球環境や公共の利益のためを装った動きが実はそれなど眼中にない資本の論理で動かされている、というのは、残念なことではあるが、それが現実だとしたら(そういう現実はいっぱいあるわけだが)、その背景やその先を見て行動することが必要だというほかない。腹黒い勢力に負けないだけの戦略性を持った上で公共の利益を追求する、というくらいの構えが無いといけない。

やや話が飛ぶが原油高が長く続いている。サウジアラビアはじめ産油国は空前の好景気で賑わっているという。原油高について某銀行の人に聞いたら一般的な経済事象としての説明は日経新聞並みにしてくれたが、政治的要因などはやはり疎いようで、余り参考にならなかった。恵比寿の一銀行員ならそれでもいいのかも知れないが、日経のレベルでしかものを知らないというのは、業界人としては本来問題あることではないかと思う。

先日発売された『プレジデント』に、イスラムで金融が急成長していることについて書いてあった。ウォール街の巨大金融資本はじめ欧米資本が続々とイスラムに参入して高収益をあげているらしい。日本企業は、やっぱり商社はそれなりに出ているが、銀行は出遅れ著しいようだ。

そういうことをイラクやイランの政治情勢やいわゆるテロ戦争などとの関連の中で分析してくれれば、最近レベル感の見劣り甚だしい日本のビジネス誌も少しは質が上がるのになと思うのだが、、、書籍も同様だ。もっといろいろ勉強しないとなあ、とつくづく思った次第。



追記:『ザ・コーポレーション』、お薦めです。最近経済的にも社会的にもアメリカナイズが加速している日本だからこそ、アメリカの経済社会で現に起こっている問題をこれから日本でも起きかねないこととして意識し、早め早めに防止のために動いていかないとと思います。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/jaygatsby/50120386
この記事へのトラックバック
本文は「日本銀行」に関するニュース、ブログを紹介しています。
日本銀行【マネーライフ徹底研究】at 2005年11月05日 17:45
何で他人のことも思いやって行動しないといけないか?というと、 自分のことしか考えてない行動は、はたから見てて卑しくて醜いからです。 でも、卑しさも醜くさも開き直って、自分の利益だけを追求する人や企業もあります。 カナダ映画『ザ・コーポレーション』には、そ....
『ザ・コーポレーション』 (☆☆☆☆☆)【ど風呂グ】at 2005年12月19日 21:19
この記事へのコメント
さすが、takano君!
ever-chnaging life 経由できました♪
takano君の書いていることは、相変わらず、
鋭く、読み応えがるし、本当に勉強になるわ〜。
これから、ちょくちょく覗きにくるね☆

さてさて、誰か分かったかいな?
分かってもらえれば、超嬉しいかな♪

PS
すぐに、俺のブログから覗きに行けるように、
リンク貼ってもいいかいな?
俺の友達にも知らせたいからさ☆

Posted by のり弁日記 at 2005年10月01日 02:14
おお。親善大使! お久し振りです。
コメントありがとう。
ぜひリンク貼ってください。こちらにも貼ります。
いつか愛知に遊びに行くよ。
Posted by takano at 2005年10月02日 12:28