• TPP報道
動画de青年部
JA青年組織活動実績発表 東北・北海道ブロック代表 夕張市農協青年部
  • 農業の疑問にお答えします あぐりクエスチョン!
  • 関連リンク集
  • ミルクランド北海道
  • JA道青協通信 JA YOUTH

道青協活動情報

地区会長会議

JA道青協第4回役員会~地区会長会議

日時 平成23年10月5日~7日

 

3分間スピーチ

空知地区 樋浦敏幸会長

上川地区 金子孝雄会長

留萌地区 岩倉健悟会長

宗谷地区 伊藤健悟会長

 

 

絆プロジェクト、被災地支援活動について漁組が使用しない船を被災地漁業に送っていることから、未使用機械の希望をとって送ってはどうか。全青協の絆プロジェクトへ、第2第3の商品展開ではなく他の提案をしてほしい。続けなければ意味がないので新たな支援活動をするべきだ。


北の農業スペシャル運営については12月に
PRセンターが来て内容の最終チェックを行う予定。

海外研修について参加者の応募状況が不調なことから、耕種別ではなく総合コースに戻してはどうかとの意見が出ました。地区で開催しているところを巻き込んで人数の確保は出来ないか。


全道
JA青年部部長研修会への参加は各単組原則1名とする。


全道大会の参加経費は1人
11000円程度となる予定で、60周年記念式典記念講演の講師はソフトバンク株式会社青野史寛氏。分科会の講師を全青協副会長の遠藤友彦氏とする。青年部の歌「君と」全国コンクールは昨年で終了したが、東北・北海道ブロック青年大会での開催があるため、代表を演出する。大会中は事務局と地区会長に募金箱での運動をしてもらう。


ポリシーブック全道版の作成スタイルについて、道青協三役でそれぞれ打ち合わせなしで作り、バラバラのスタイルで提示。地区会長より以下の意見が。

・スタイルは統一

・地区意見なのか、道意見なのかを明確に

・まとめ方として少数意見を切らない

・反対意見も同様に扱う

・中途半端にまとめる必要はないのではないか

・「TPP」ではなく対外貿易の方がよいのではないか

最重要事項については検証、学習会等で解決を目指していく


JTB
ホームページ「北海道図鑑」への情報提供依頼について内容が分かり次第、随時対応する

以上