• TPP報道
動画de青年部
JA青年組織活動実績発表 東北・北海道ブロック代表 夕張市農協青年部
  • 農業の疑問にお答えします あぐりクエスチョン!
  • 関連リンク集ミルクランド北海道
  • JA道青協通信 JA YOUTH

道内各地の青年部情報

農村ホームステイ

【宗谷】農村ホームステイ 平成27年度実施報告 平成27年9月26日実施

平成27年9月26日(土)~27日(日)に、JA宗谷南青年部藤山祐介さん宅で伊藤孝一先生(枝幸町立歌登小学校)受入れを実施しました。

主な体験作業の内容:

1.農村ホームステイを体験した伊藤孝一先生の感想の一部をご紹介

 牛乳生産の基盤とも言える牛舎の中での様子を直接目撃することができ、たいへん有意義な体験になりました。乳牛という巨大な生き物の管理をとても細かくされていて、酪農業の繊細な部分を見せていただきました。
 「牛舎は自分の家の中と同じ」という考え方が印象深かったです。清潔で、おいしいご飯が食べられてという環境を作り出すことが健康な牛の体をつくることは、学校でも同じだと思いました。
 自分で体験することで、酪農業の重要性や大変さを再認識しました。この体験を、子どもたちへ伝えていきたいと思います。貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。
 

2.農村ホームステイの体験の授業での活用について
 児童には、酪農業の方々が安全管理に細心の注意を払っている事、酪農業の重要性、牛が繊細な動物であること、牛を飼うために必要な機械や管理方法などを伝えたいです。 

3.受け入れ部員から

・藤山 祐介さん
 
 農村ホームステイは、(実際に)先生に農業を体験してもらい、その経験を学校で児童に話してもらうことは、食育を広める効果的な手段だと思いました。
 スケジュールの関係で作業体験をあまりさせてあげられなかったのが少々残念でしたが、次回はスケジュールの相談などをもっと詰めて、迎えたいと思います。
 これからもどんどん先生には農業を体験してもらい、酪農の本質や食の大切さを子どもたちに発信してほしいです。
 
 
農村ホームステイ