• TPP報道
動画de青年部
JA青年組織活動実績発表 東北・北海道ブロック代表 夕張市農協青年部
  • 農業の疑問にお答えします あぐりクエスチョン!
  • 関連リンク集ミルクランド北海道
  • JA道青協通信 JA YOUTH

道内各地の青年部情報

農村ホームステイ

【石狩】農村ホームステイ 平成28年8月4日(木)~5日(金) 実施


平成
2884日~5日にJA新しのつ青年部 竹村清一さん宅で大内静香先生、櫻田達矢先生、澤田久志先生(札幌市立美園小学校)を受け入れました。

 

主な体験作業:水田での作業、講義受講 等

 

1.農村ホームステイを体験した先生方の感想の一部をご紹介します。

 

○大内先生

 農業を知るうえで実体験がいかに有効かということを実感すると共に、農家さんの現状、努力を知る事ができました。現在、学級では給食指導に力を入れていますが、それに加えて“いのちをいただく”こということも伝えたいと思いました。

 

○櫻田先生

 手作業含め、米作りにはものすごい数の行程があり、とても労力がかかること、広大な面積の田んぼがあり、その労力がよりかかっていくこと、たくさんの苦労の末に米作りが成立することは、話を聞くことと体験するのではインパクトが大きく違うと感じました。食べ物のその先にある人々の努力、気持ちを感じて食べることを強く伝えていきたいです。

 

○澤田先生

 食料生産の大変さを肌で実感できました。

 たった12日の体験でしたが、いろいろな体験ができ、体験した時期は繁忙期ではないということでしたが、大変有意義な時間を過ごすことができました。

 

2.受入部員の感想の一部をご紹介します。

 

 自分自身農村ホームステイ受入は初めての試みで不安なところはありましたが、地元、盟友、家族の協力の力強さを感じる2日間でした。

 一泊という短い時間でしたが、農家、学校のこと、お互いにわからないことを知る機会となりました。

竹村副会長受入②

竹村副会長受入①