バリュー株投資

バリュー株投資
投資術研究会編集の『カリスマ投資家たちの株式投資術』=KADOKAWA、2017年12月22日刊から
かぶ1000投資日記
「他の金融商品と比べての期待値の高さ、自分自身の判断ですべてを決断できることが株の魅力です」
Twitter https://twitter.com/kabu1000?lang=ja

割高な銘柄は買わない。
市場が注目している銘柄はたいてい割高。
バリュー株投資が手法。
その中でもネットネット株という種類に分類される銘柄を見つけ出して投資。

ネットネット株
ウォーレン・バフェットの師匠に当たる人物、経済学者ベンジャミン・グレアムが提唱した投資方法です。
一言でいうと現金などのその企業の流動資産から負債総額を引いた額の2/3が時価総額より多い銘柄が、ネットネット株ということです。

かぶ1000方式「バリュー株を3つに分類」
1)基本的なネットネット株であるかどうか。会社の持つ現金資産より株価が安いなら、そこから騰がる可能性を期待する。
2)資産を有価証券で持っている会社の株。
3)資産バリュー株。土地や不動産などの含み資産をその会社が持つ純資産と合計して、純資産のみの場合とどの程度差があるかを考えて、その差が大きければ買う。

この3つのパターンのうちのどの銘柄を重点的に攻めるのかは、そのときの情勢により異なります。

デフレだった民主党政権時代の2009年頃までは、現金を多く持つネットネット株が最も有利でした。しかし、今は政府がインフレに持っていこうとして大量に現金を刷っていることや、株式市場全体が高値なため、その会社が持っている有価証券の含み益も考えると、前述のうちの2つ目のような資産を有価証券で持っている会社の株が強い、とかぶ1000さんは見ています。

『余剰資金』については、それらはすべて株につぎ込んでしまっていいと思っています。ただし、あくまで『余剰資金』であって、なくなると生活が立ち行かなくなるお金までも投資してはいけません。ポイントは、その余剰資金の比率をどこまであげられるかです。

現在のかぶ1000さんの株と現金の比率は、およそ8:2です。

株に充てるお金を増やすためには、いかに株を多く持ち続けられるかが重要

「収入の基礎となる部分は確実に利益になるバリュー株で固めていますが、その上で優待株や配当金目当ての銘柄も買っています。株主優待を使って現金出費を抑えて、その分を新たな銘柄の購入資金にしたり、自分では使わない株主優待は売って現金化しています」

サッポロホールディングス

サッポロ
基準日:12/31
100株以上:食品・飲料水詰め合わせ1,000円分
200株以上:食品・飲料水詰め合わせ2,000円分
さらに、上記の選択品とあわせて進呈(200株以上所有の株主様)

サッポロライオンチェーン・味の直送便のご優待割引券 5枚。 (1回の割引限度額は1万円)

優待券の使えるお店の紹介などはサッポロライオンのサイトでご覧いただけます。

    サッポロライオン

決算:12月
単位:100株
配当:18.12予 40~42円 予想配当利回:1.42%

戦略:
2,600円台で100株、更に下がったらもう100株。合計200株

カゴメとダイドー

カゴメ
配当金:12月末日(中間配当なし)
優待:年2回。12月末日、6月末日
100株以上1000株未満 割当基準日:6/末と12月/末 1,000円相当商品詰め合わせ お届け:10月/4月
2018/7月から変更
100株以上1000株未満 割当基準日:6/末 継続保有期間:半年以上 2,000円相当商品詰め合わせ お届け:10月

ダイドー
配当金:
優待:年2回。1/20と7/20
権利付き最終日:2018年07月17日(火)
権利落ち日:2018年07月18日(水)
割当基準日:1/20 お届け:3月中旬
割当基準日:7/20 お届け:9月中旬

6/26終値
カゴメ:3,735円 +30
ダイドー:6,420円 +50


2018/6/25(月)取引 買:カゴメ

買2018/6/25(月) カゴメ @3,690 x 100
買2018/6/25(月) ダイドー @6,330 x 100

今日の利益: 0円
今週の利益: 0円
今月の利益: 0円 

2018年
1月の利益:          0円
2月の利益:          0円
3月の利益:         0円
4月の利益:104,300円
2017年
1月の利益: 61,200円
2月の利益: 15,000円
3月の利益: 115,000円
4月の利益:  59,700円
5月の利益:           0円
6月の利益:           0円
7月の利益:   0円
8月の利益:   0円
9月の利益:   0円
10月の利益: 42,400円
11月の利益:249,500円
12月の利益:180,000円
合計:    722,800円

2016年
1月の利益:              0円
2月の利益:    90,000円
3月の利益:   39,400円
4月の利益:              0円
5月の利益:  145,000円
6月の利益:    50,000円
10月の利益:  33,000円
11月の利益:           0円
12月の利益:           0円
合計:             357,400円

2015年
1月の利益:  531,000円
2月の利益:  177,300円
3月の利益:  143,500円
4月の利益:             0円
5月の利益:    46,000円
6月の利益:    14,000円
7月の利益:  224,100円
8月の利益:    90,500円
9月の利益:             0円
10月の利益:           0円
11月の利益:210,000円
12月の利益:220,500円
合計:    1,656,900円

2017年の利益:   722,800円
2016年の利益:    357,400円
2015年の利益: 1,656,900円
2014年の利益: 1,032,800円
2013年の利益: 5,308,517円
2012年の利益: 2,131,369円
2011年の利益:    120,700円
      合計: 11,333,486円
※手数料別
※税別

日本電産

日本電産これまでの利益:239,500円

★売2017/02/28(火) 日本電産 @10,650 x 100(NISA) 利益:15,000
★売2017/03/31(金) 日本電産 @10,705 x 100  利益:25,000
★売2017/11/21 日本電産 @15,845 x 100  利益:19,500
★売2017/12/22(金) 日本電産 @16,050 x 300  利益:180,000


配当利回り
銘柄 予想配当利回り 決算日
大塚家具 4.67% 17.12予 40円
ドコモ  3.96% 18.3予 50円
ローソン 3.43% 18.2予 127.5円
トヨタ  3.26% 18.3予 100-110円
ファナック2.17% 18.3予 210.5円
日本電産 0.72% 18.3予 45円
MRO  0.65% 17.12予 11円
ソニー  0.60% 18.3予 12.5円
OLC 0.49% 18.3予 20円
記事検索
アクセスカウンター

プロフィール

Jay

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ