2007年10月02日

LMO

Liberation Music Orchestra

Liberation Music Orchestra  (impulse!)  1970  N.Y.

すばらしいジャズ 力強さとやさしさと美しさ いつ聴いても 新たな感動を覚える わが究極の一枚です カーラ・ブレイとチャーリー・ヘイデンのみごとなコラボレイション NO!WAR

あたらしく 店を開店することになって このバンド名を 店名にしました

「このアルバムの音楽はよりよい世界、戦争や殺し合いのない世界、民族主義を必要としない世界、貧困や搾取もなく、生命の貴さを尊重し、破壊ではなく保護を貫くことを、全て政治にかかわる人たちが努力してくれる世界を希望しつつ、この作品を捧げたい」

40年近く経て このコメントがいまなお有効であることに 悔しい思いがします

この空間から 地球交響楽が奏でられ 進むことができたら・・・と大見得を切って・・・ We Shall Overcome!

アルバムは どこもかしこも すばらしい! カーラ! ガトー!

 

 



jazuinshino1972 at 17:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)チャーリー・ヘイデン 

2006年12月21日

Ornette ☆ Sound Grammar

Sound Grammar
はぁ〜い! おひさしぶっり  ことしのヌーボー 鹿肉ロースステーキおいしかったなぁ〜 でしょ鹿ちゃん! '06ボジョレヌーボーはとてもバランスよく仕上がってましたね

まもなくクリスマス〜お正月 すきなおさけをちびちびやりながら まったりと いい音楽を聴きながら やりすごしたいものです 雪の雨粉(うぶん)神社に初詣しましょ

オーネット・コールマンの来日からもう1年 新譜をおかけしましょうね 音文法って 表札になったけど あいかわらずの コールマン節 円熟ってとこでしょうか 角が滑らかになった分 一般受けしますね けど まだまだ とんがってほしいも やきいも

MATADOR,  CALL TO DUTY がいいです そして SONG X ではソロも楽しめますです グレッグ・コーエンのべースが勢いがありスリリング デナードも上手になりました え〜 はっきし言って T・ファランガはお邪魔虫でっす ジャズの命が震えてないので おいっ!ら・くんぱるしーたやってんじゃないぞぉー



jazuinshino1972 at 20:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月31日

MAR AZUR ☆ CESARIA EVORA

693cfdae.JPG

碧い海 遠くアフリカはセネガルの沖 カボ・ヴェルデの島へつづく・・・サン・ヴィセンテのバルからバルへ ウィスキーのグラスを片手に ひとりで 静かに 歌を聴き やがて彼女は歌いだす

サウダージ  ファドやブラジリアンの魂 「おお、海よ・・・」

MELODIE  SA  FRANCE  1992



jazuinshino1972 at 22:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)VOCAL 

2006年05月28日

大工哲弘の唄

日曜の雨 春の運動会中止 つづきはあさって どうせ降るなら 朝から降ってよ!  リラ スズラン ボケ ドウダン 山吹 オダマキ

アーリータイムズ@旭川 2006.5.17 八重山諸島無形文化財 大工哲弘(だいくてつひろ)の唄をききました  三弦にのせて 八重山 沖縄の島唄 北海道民謡 野口雨情+中山晋平 山之口漠などを さらりとおやじギャグをはさむ語りとともに たっぷりの2時間半

スペインのカンテ・フラメンコもそうだけど だみ声でがなる歌声の ヒューマンな表現の深さ 直截さに感動します 対極のクラシックオペラは仰々しい箱と成りに退いてしまいますね

沖縄ソングス~わしたうた(私達の唄)~



jazuinshino1972 at 18:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)VOCAL 

2006年05月19日

SYNAPSE ☆ シナプス

夏から 初夏へ こんやはおしめり

八重桜 林檎 梨 そしてピンクの濃淡がとても美しいシャクナゲ

シナプスがふるえている 誰かが私を見守ってくれてる

SYNAPSE  ☆ シナプス : さがゆきvoice, effecters, perc.  加藤崇之g, effecters, perc.   1: SOMEONE  TO  WATCH  OVER  ME は絶品ですね! ジョージ・ガーシュインの名曲が 新しく 生き生きと 再生の時を つむいでゆきます

see you in a dream~大友良英 produce さがゆき sings~

                                          

                                  

             

             

three blind mice  2003  Pit-Inn, Shinjuku

さがゆき http://www.aruma.be/

 



jazuinshino1972 at 20:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)SYNAPSE 

2006年05月15日

邪図茶会

さくらのはなびらが 風に散り舞うように・・開花が遅れ 葉も開き ごちゃごちゃして風情がありません 大雪連峰の雪も 融けて流れて行きます 明日から 2日間の夏です

スピーカーを自作している IDEA43 が主催している 「音楽の散歩道」 にて JAZZとお話を担当します

  PLACE  夢ら  5/16  19:00〜 ¥1,000

  MENU  ★ボボ・ステンソン : SEND IN THE CLOWNS〜GOODBYE  ★カサンドラ・ウィルソン : BODY&SOUL  ★ミシェル・ンディゲオチェロ : LOVE SONG  ★ドン・ピューレン : COMMON GROUND  ★井上敬三 : STARDUST  ★大友良英NJO : BROKEN SHADOWS 

 



jazuinshino1972 at 23:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年04月29日

OLD AND NEW DREAMS ☆ ドン・チェリー

里山に残雪のこり 冷気漂う旭川 お花はまだまだ先のこと

Old and New Dreams  ECM  1979

ドン・チェリーtp, p  デューイ・レッドマンts, musette  チャーリー・ヘイデンb  エド・ブラックウェルds

1:ロンリー・ウーマン 6:ソング・フォー・ザ・ホェールズ

オーネット・コールマンのいない オーネット・コールマン・カルテット ゆえに どこか もの哀しい

でも このロンリー・ウーマンが大好きなんです モーダルに漂うもの哀しさが クジラの鳴き声に呼応して いきるものの ものさびしさ が 切なく迫ってくるのです そして それは 母なる海に抱かれて たゆたう  〜〜〜〜



jazuinshino1972 at 22:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ドン・チェリー 

2006年04月23日

BCJO ☆ アレックス・シュリッペンバッハ

1:アナ 22:29 ケニー・ウィーラー(tp)によるスコア86枚の作品 高瀬あき(p)の可憐なゆっくりとしたイントロから この壮大な叙事詩が始まる tb, tp, p, bs, ts,asのソロとオケとが交互に あるいは絡み合いつつ コレクティヴな咆哮の後 やさしくかわいらしいテーマに戻る エルネスト・ペトロフスキーbaritone-sax.とパウル・ケメナーデalto-sax.が秀逸 印象深いテーマとヒューマンなやさしさが全編をおおっています

2:ザルツ 7:41  ミシャ・メンゲルベルグ(p)の作品 ICPの同僚ヴィレム・ブロイカーのbass-cl ゲルト・デュデクtsとオケの絡み そしてミシャのpianoが聴き所です

3:リーフ・ウント・クニーブス 19:28   ミシャの作品 ギュンター・レンツbassのもの悲しいドローイングから tp, bs, tb, fl, as, ts, p, dsとソロがつづきオケが絡みます 1に比べて 諧謔的で男性的で モンクっぽいミシャ 時にはオケをのみこむゲルト そしてエド・シグペンds  O・ピーターソン・トリオからのという感慨

Berlin Contemporary Jazz Orchestra ECM 1989 Berlin

Berlin Contemporary Jazz Orchestra



jazuinshino1972 at 10:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アレキサンダー・フォン・シュリッペンバッハ 

2006年04月20日

MJQ ☆ LAST CONCERT

庭の雪も少なくなって クロッカス フキノトウ

1960年代中頃 2月 雪のために 開演が1時間ほど遅れたMJQの札幌公演 取り壊しとなる札幌市民会館ホールの セピアの情景がなつかしです

The Complete Last Concert (atlantic)  1974   N.Y.

ジョン・ルイスp  ミルト・ジャクソンvib  パーシー・ヒースb  コニー・ケイds

1: 朝日のようにさわやかに  3: サマータイム 

絶品です!

 

20数年間の活動に終止符をうつコンサート 昂揚する魂 感慨を込めて すばらしい演奏となりました 聴衆の拍手も おだやかに熱い

情熱たっぷりのミルトのヴァイブ その中から 徐々にわきあがるジョンのピアノ このすりかわり 絡みが もう とてもとても たまりませぬ

「ジョン、留守かい?」 「おぅ、こっちさ来に〜けぃ」 見るとジャクソンだった



jazuinshino1972 at 23:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)JAZZ CLASSICS 

2006年04月09日

mariokubo.com

1.5日の快晴 夕べには白いものが・・

オーネット・コールマン まるで春一番のように 感動のあらしかと・・

東京公演でのヴォーカリスト マリ・オオクボさんを INで聴きました

  http://www.mariokubo.com   SOUNDをクリック ローディングは長めですが その分たっぷり オーネットは tp と synth.  ウォレス・ルーニーtp と ルー・ソロフtp がつきあっています

  Space  Woman  (of  Inner  and  Outer  Space ) がすばらしいです! 作曲: オーネット・コールマン  演奏: ジョナサン・クレイフォード

オーネットとの といえばアシャ・プトゥリ さっそく <サイエンス・フィクション>1, 6 を聴きます 6では マリ・オオクボとよく似てます

マリ・オオクボさん 和風ディアマンダのニュアンス



jazuinshino1972 at 21:28|PermalinkComments(1)TrackBack(0)VOCAL 

2006年04月07日

DANCING IN YOUR HEAD ☆ オーネット・コールマン

−8℃の雪の朝を 北極星 北斗七星がかすんでいきます ポーラ・スター セヴン・スターズとカタカナにすると とたんに人間臭く けぶたく感じますね

Dancing in Your Head

オーネット・コールマンas  バーン・ニックスg  チャールス・エラービーg  アル・マクダニエルb  シャノン・ジャクソンds

 

 

 

ちょいと そこのあんた なにをくよくよ ごちゃごちゃと・・・

こいつをかけっから きいてな!

頭蓋骨あけられて スプーンでくるくる 脳みそ かきまわされてるみたいで きもちいいべさっ!



jazuinshino1972 at 22:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)オーネット・コールマン 

2006年03月25日

DOWSER ☆ 梅津和時 KIKI Band

真っ白な いちめんの雪の夜明け 午後には 融けて流れてノ〜エ

まっしっろに くっきりりと 大雪連峰 足跡をつけてはいけないような 神々しさ! まさしくカムイミンダラ・神々の遊ぶ庭です

ひとは カウンターにて グラスを傾けながら カードをめくる・・

○ DOWSER  梅津和時 KIKI  Band   

   ZOTT  records   2005.7.27&28   GOK Studio, Tokyo

   梅津和時 as, bcl     鬼怒無月 g

   早川岳晴 b        ジョー・トランプ ds

Squirrelly Dragon  Monkey Mash  Dressler#36  発端は破綻  ビバ中央線ジャズ  Dowser Д鵐乾瓮灰鵐

‖世うねるベース ロック味 ∨修譴襯▲襯函‖っ 0杞馼 ブルース味 い罎辰燭蟾太 ッ羆線快速ジャズバンザイ! Ε丱好ラによるバラード いい味!占い師の哀感 Д競鵐献丱襪了埔譟,いい任垢佑



jazuinshino1972 at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)梅津和時 

2006年03月22日

GOLDEN CIRCLE Vol.1 RVG edition オーネット・コールマン

At the "Golden Circle" in Stockholm, Vol. 1  (BlueNote)

1965.12.3,4  Sweden    Remastered in 2001 by Rudy Van Gelder

オーネット・コールマン alto sax.

ディヴィッド・アイゼンゾン bass

チャールス・モフェット ds

晩冬のあらしがおさまり きれいに澄んだ大気に 月 星 大地がことのほかうつくしい

春のお彼岸ですね ぼたもち というのは 牡丹餅のことで 秋のお彼岸には おはぎー萩餅というんだそうです しりませんでした いまは春秋に関係なく おはぎ が流用されていますが・・これからは 春には 牡丹餅ください と言おう

ゴールデン・サークル 堪能しました  有名な録音技師であるルディ・ヴァン・ゲルダーによって再編集された この音盤は 鮮明な かなり良い音です それに¥980!

しかも 別テイク2 新テイク1 と新登場が3曲も!

アナウンスの後の 2: 顔と此処 昂揚したドライヴ感がすばらしい ライヴハウスのあたたかな雰囲気は 戸外の雪景色と 好対照です 新しく聴いた 7: ユーロピアン・エコー別テイク なんてすばらしいのでしょう!!! 2 と負けず劣らずです 3: が本テイクとなったのはLPの許容タイムのせいでしょう



jazuinshino1972 at 23:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)オーネット・コールマン 

2006年03月20日

TURANGA マッツ・アイレッセン

きょうは荒れ模様 名残の吹雪 雪が強い西風に乗って 横様に吹きつけられます でも どこか ゆるあたたかく よゆうのココロです

○ TURANGA   ( AIM /  BOMBA )  Oslo  http://www.aimmusic.no

   エルンスト・ライジガー cello

   マッツ・アイレッセン  bass

   トーマス・ストローネン ds, perc.

   フレデリク・リュンクヴィスト sax, cl

チェロはとても好きな楽器です トリスタン・ホンジンガー トム・コラ ハンク・ロバーツ ゴーシュ カザルス マイスキー 

このアルバムは チェロとベースの絡みが聴きどころ と言えるでしょうか アイレッセン作の 2: オアシス 12: ソリチュードがいいですね! 2〜4人による即興の 3, 5, 7, 9, 10も楽しめます

残念ながらリュンクヴィストのsax の音はボク的には ダメです

 



jazuinshino1972 at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)エルンスト・ライジガー 

2006年03月16日

於事談々 #2

読売新聞記者の取材源秘匿を 東京地裁が有罪判決

あまりの事に シンノスケの半尻(ハンケツ)を思ってしまいました 同レヴェルだよね  まぁ 解釈というものは どうとでも採れるもんですけど 公務員の内部告白を 犯罪!と言われちゃうと 汚職・裏金・談合なども いったい どうやって明るみに出るんだいっ!

法律も 人 対 人 のルールなのであって 正しいこと に優先するものではないと 思います

こりゃあ 美しい音楽でもきかなきゃねっ!

Goodbye



jazuinshino1972 at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)於時談々 

2006年03月14日

IMPROVISED MUSIC from JAPAN 2005 [2]

DISC 1 : 花のラベル

1: PsysEx   polyrhythm-system Exclusive Message 2

2: 志水児王 (Jio) ・・・

3: 梅田哲也action  水谷康久piano

4: mills   aen: computer, mixer   bike boy: stick  INOnation: guitar

5: sim    大島輝之g, cp  大谷能生(Yoshio):elecs    植村昌弘ds

6: 古池寿浩tb

7: 大堀秀一kb, MD, laptop

8: 和田ちひろvo, ukulele, ds

9: 角田俊也mic. DAT

10:水谷聖(Kiyoshi) mic. DAT

4,8,9が印象に残りました 8はヴォイスが良く ウクレレの素朴な音とマッチ dsは余計  9は室内の音波を集音したもの 無機質なものが 有機的に艶かしく聞こえます

10は横浜は生麦の 蛇も蚊も祭り の山車?神輿?の録音 雑踏も音楽といわれれば そうかもしれないとは思いますが 山奥とか 深い森の中でのそれとは スケールの違いを感じてしまいます

なんと 一変して 風 雪 の舞う 白い世界です あすはどうなりますか・・



jazuinshino1972 at 00:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)BOOKS 

2006年03月11日

GOODBYE ボボ・ステンソン

Goodbye ECM  http://www.ecmrecords.com

録音: アヴァター・スタジオ N.Y. Apr. 2004

ボボ・ステンソン p  

アンデルス・ヨルミン b

ポール・モーシャン ds

どきっ!と しました えっ? お別れなの? 全14曲を聴いて それらしさは・・感じられませんでした  タイトルに選ばれた 7: グッドバイ[6:35]は このアルバムの白眉といってよいプレイです 自慢のプレイゆえのネーミングと採りましょう

アリエル・ラミレス(アルゼンチンの作曲家)の 3: アルフォンシーナ 哀愁を帯びた印象深い旋律 そしてウラジミール・ヴィソツキー(ロシアの俳優・シンガー)の 5: 地球の歌も すばらしい

オーネット・コールマンの 14: レイス・フェイスが オン・ビートで快調 モーシャンのドラムソロも

アンデルス・ヨルミン作曲の 2: ロウアン 6: セリも すてきです

ジャケの 光を当てられた水面が まるで宇宙のようですね!

それにしても グッドバイはいいです!ずぅ〜と聴いていたい ずっと聴き続ける予感・・ 

 



jazuinshino1972 at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ボボ・ステンソン 

2006年03月09日

ARCHERY 1981 ジョン・ゾーン

Archery Tzadik  N.Y.  ( LP: Parachute17/18)

http://www.tzadik.com

ジョン・ゾーンas, ss, Bb-cl, Eb-cl, game calls  ジョージ・ルイスtb  ロバート・ディックflutes  ウェイン・ホロヴィッツkbd  アンソニー・コールマンkbd  マーク・クラマーkbd  ユージーン・チャドボーンg  ビル・ホロヴィッツg  ポリー・ブラッドフィールドvln  トム・コラcello  ビル・ラズウェルb  デヴィット・モスds, perc. vo

いま がぎっしりとつまっていて 気が遠くなりそうになったのをおもいだします 仙台のJAZZ&nowのイチオシでした ライヴでは 洗面器に水を張り マウスピースやらなにやらテーブルいっぱいならべて とっかえひっかえ水音 器音を あふれさせていました アルトサックスでは 音の大きさ 多様さ 速さ にひたすら くりびつてんぎょう・・

未知との遭遇 のテーマが ちらっと  救われましたっ

視聴はThe Parachute Years, 1977-1980: Lacrosse, Hockey, Pool, Archery [7-CD Set]



jazuinshino1972 at 21:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ジョン・ゾーン 

2006年03月07日

IMPROVISED MUSIC from JAPAN 2005

Improvised  Music  from  Japan   http://www.japanimprov.com 刊 ¥2,500

2004〜5年にリリースされた作品350あまりを ジャケット写真付で 日本語と英語のバイリンガルで紹介されています  国外に発信されているところも すごいですね!

そのうちの21曲が 2枚のCDに収められて 表・裏表紙の内側のポケットに  デザインは1枚が花 もう1枚が蝶です 聴いたことのある人は ひとりもいっません!

昨夕の 猛吹雪が嘘のように 青空に大きな雲を浮かべて 陽がふりそそいでおりますですね これから CDと本を楽しみます



jazuinshino1972 at 08:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)BOOKS 

2006年03月06日

iNstrumeNtals ザ・ニルス・クライン・シンガーズ

Instrumentals cryptogramophone   http://www.cryptogramophone.com

録音: L.A.  2002

ニルス・クライン g  デヴィン・ホフ b  スコット・アメンドラ ds

風吹きすさぶ荒野に佇む 1匹の羊になったような ものさびしく 不安な世界を 感じさせます

1: シンプルなテーマから静かに始まり 徐々に盛りあがる どこか和のテイスト 2: アップテンポで決めるクライン節 歪み ミニマム J.B.ウルマー節をおりこんで快調!4 : ゴメ舞う早朝の港 5 : 工事現場のワークソング〜ブルースの変異にリプレゼントされています

月曜の 雨の朝 Hyie~~

☆ 勝者は資本 敗者は人間 の時代 ・・・辺見庸



jazuinshino1972 at 09:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ニルス・クライン