2007年03月03日

今日買ったディスク070303

最近忙しくてブログの更新が滞りがちだが、それでもCDはそれなりに購入している^^。雛祭りの日だからというわけではないが、そのうち女性ヴォーカルの新譜をまとめてメモしておこう。

On the Other SideOn the Other Side
Tierney Sutton
LAで活躍する実力派ティアニー・サットンの新譜。クリスチャン・ジェイコブを中心とする優秀なピアノ・トリオとずっと一緒に活動しているが、今回からは"The Tierney Sutton Band"を名乗っている。ここ数作DSD録音しておきながらCDしか出さないという「大罪」を犯したテラークが反省したのか、ちゃんとハイブリッドSACDを出してきたのが嬉しい。

Live at Jazz StandardLive at Jazz Standard
Nancy King
先日ライヴを見て感動したナンシー・キングのグラミー賞ノミネート作をようやく入手。ピアノのフレッド・ハーシュとは当日初顔合わせ。リハなしで臨んだぶっつけ本番のステージだったというから凄い。自己のソロ・アルバムで録音されていることを知らずに好結果を残したハーシュが一計を案じたのだろうか、PA卓から直接録音されていることをキングには知らなかったという。一期一会のジャズの醍醐味!

Everything I LoveEverything I Love
Julie Kelly
地元で活躍するベテラン歌手なのに、最近ラジオで聴くまで知らなかったのは不覚。ジュリー・ケリーの声と歌い方はアイリーン・クラールを彷彿とさせる。南カリフォルニアのトップ・ミュージシャンをバックに多彩な歌を朗々と唄っていて好感が持てる。ラリー・ゴールディングスの曲に詩をつけヴォーカリーズに仕立てた1曲目は名曲になりそうな予感。バーデン・パウエルの"Berimbau"という渋い曲を取り上げているが、1年間ブラジルに住んだことがあるときいて納得。

Not Too LateNot Too Late
Norah Jones
ノラ・ジョーンズの新作は巷で言われているように、前2作より明らかにパワーダウンしている。アメリカの世相を反映して、恋人を戦場に送り出した女性の悲哀を描く歌(Wish I Could)や、ブッシュ政権への批判を込めた歌(Sinkin' Soon, My Dear Country)が収録されているが、強力な反戦歌ではなく、アメリカという国がおかしな方向に流れていくのをどうしようもなく見ているだけ、という無力感が漂う。良い曲もあるのだが…。

Make This MomentMake This Moment
Inger Marie Gundersen
ブログ読者の方に教えてもらうまで名前も知らなかったノルウェーの歌手。とりあえずアメリカでも手に入る2004年録音を購入してみた。ノラ・ジョーンズとの比較が避けて通れないジャジー・ポップだけれど、アプローチはよりアダルトで洗練されている。かなーり気に入りました。録音も秀逸。

UncurlingUncurling
Belinda Underwood
ピアニストのベニー・グリーンと地元ジャズクラブに出演していたことで注目するようになった(そのステージは見逃したが^^)、オレゴン州の歌手。元々ベーシストを目指していたそうで、この自主制作盤でも3曲でベースを弾いている。魅力的な声の持ち主だが、6曲のオリジナルが秀逸で、作詞・作曲の才能もかなりのもの。CDはCD Babyからも購入できる。

KristinKorbWhy Can't You Behave
Kristin Korb
ロサンゼルスで活躍するクリスティン・コーブも「唄うベーシスト」だが、彼女はどちらかといえばベースの方が主という感じで、全曲で自らベースを弾いている。アレンジの素晴らしい1曲目をラジオで聴いてノックアウトされた。コンテンポラリーな感覚の曲もあるが、ラリー・クーンス(ギター)やアンディ・マーティン(トロンボーン)のゲスト参加もあり、なかなか楽しめる(購入はCD Babyからどうぞ)。

☆1日1度のクリック、ポチっとお願いします☆
人気blogランキング

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by bob@otc.net   2007年03月04日 08:07
クリスティン・コーブの演奏がYoutubeで見れます。
http://www.youtube.com/watch?v=Obq22gSQpro
3月13日にSteamersで演奏するようですね。
2. Posted by Roberto   2007年03月04日 17:06
ノラジョーンズ買いましたがたしかに印象薄いかも...

最近買った最大の発見はアイスランド時代のビョークがJAZZをやっていたCD!
http://www.amazon.co.jp/Gling-Glo-Bjork/dp/B00000AOQG
超お薦めです!
3. Posted by jazzaudiofan   2007年03月05日 17:40
>bobさん、
クリスティン・コーブ、やっぱりベース弾きながら唄うんですね。コード楽器であるピアノやギターよりも、ベースを弾きながら唄うのは難しいという印象があります。3月13日、行きたいですが、仕事の進捗次第です…。

>Robertoさん、
ビョークがアイスランド語で唄うジャズですか。それは聴いてみたいです。どこかで試聴できるといいけど…。
4. Posted by がみ   2007年03月06日 23:39
こんばんは♪

『Inger Marie Gundersen』ってヴォーカル試聴してみました。
う・・・ツボかもしれません(笑)
ほ・・・ほすぃ・・・(´∇` )

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Welcome!
1日1度のクリック、
ポチッとお願いします<(_ _)>↓
人気blogランキング
Profile

jazzaudiofan
ジャズとオーディオが好きで、アメリカに住んでます。Audiogon等を通じてアメリカからオーディオ機器を個人輸入したい方をサポートしています。詳しくはこちらをご覧下さい。