2011年10月02日

Denon DL-103 MCカートリッジ

DenonDL103デノンのロングセラーMCカートリッジ、DL-103を日本から取り寄せてみた。FM放送局用にNHKと共同開発したのが1965年、一般向け製品としての発売が1970年という超ロングセラーで、「業界標準」としてプロにも家庭用にも定着した人気機種だ。

普段Shelter 501を使っている僕がなぜDL-103を買ったかというと、信頼・尊敬する2人のオーディオの先輩(日本人)から勧められたからだ。2人の意見を集約すると、
  • 日本製のハイエンド・カートリッジは同じ工場でOEMベースで製作されており、製作技術に違いはなく、ものすごく高価なカートリッジを買うのは意味がない。
  • DL-103が安いのは大会社のデノンが大量に生産しているからで、コストパフォーマンスが非常に高い。
  • デノンの技術陣が1960年代にNHKと共同で開発したメカニズムは現在でも有効。
ということになる。

これに対し、アメリカのハイエンド・オーディオの先端を行く別の先輩(アメリカ人)は、
  • 現代のオーディオは60年代と比べて著しく進歩していて、カートリッジも例外ではない
  • 現代の水準で見れば、DL-103の音はローファイ
  • 現代のハイエンド・カートリッジでは、一般的に高い方が音が良く、いい音を得ようと思ったらそれなりの出費をしなければいけない
という意見で、DL-103の購入には反対だった。

さて、実際に購入してみて、どちらが正しかったのか?

DL-103は、デノンのダイレクト・ドライブ・サーボターンテーブルDP-3000(1972年発売)、デノンのトーンアームDA-305(1973年頃発売)に取り付けた。ヘッドシェルも借り物だがデノン製で、まさに1970年代のデノンのアナログ再生系を再現したような感じになった。

カートリッジのバーンインも含め、1カ月ほど色々な音楽を聴き、現在のレファレンスとなっているShelter 501と比較してみた。僕自身の結論はどうだったかというと・・・。

まず、DL-103は確かにこの価格(米国での価格は最近の円高もあり、170ドルから220ドルくらいまで値上がりしている)からすると、素晴らしいカートリッジだ。周波数応答がフラットで、クセのない素直な再生。トレース能力もいい。

OyaideShelterしかし、1000ドルクラスのShelter 501と比較してみると、高域の上の方のきらびやかさと低域の量感が両方とも不足している。中高域にギラギラとする部分があり、レコードによっては耳がキンキンして聴き疲れすることがある(Shelterで同じレコードをかけるとギラつきはない)。そして最も重要な点として、ホールの残響音のような微細な音をShelterほどピックアップできていない。

5人ほどオーディオファイルの友人を招いた自宅での試聴会でDL-103とShelter 501を比較したときには、全員が上記の違いを聴きわけ、Shelterの優位性が確認された。ちなみにこの時にカートリッジの様々な違いを最も浮き彫りにしたレコードは、ORGが最近45回転でリイシューしたデッカ録音の名盤、ファリャの「三角帽子」である。

残念ながら、日本人の先輩方の説は否定され、今回のケースでは、新しいモノ、そしてより高価なモノがパフォーマンスで上回ることが確認された。実験を終えたDL-103は知り合いに譲り、今はもっぱらShelter 501で音楽を楽しんでいる。

参考:デノンのウェブサイトのDL-103の詳細情報

DENON DL-103 MC型カートリッジ
B0007DA21W

SHELTER(シェルター) MODEL501II(Mk2) MCカートリッジ
B004C4X3ZE


<広告>
本ブログの管理人jazzaudiofanは、アメリカからのオーディオ機器の個人輸入のサポート(有料)を行っています。関心のある方は、まずこちらをご覧の上、jazzaudiofanあっとlivedoor.comまでメールでお問い合わせください。

☆1日1度のクリック、ポチっとお願いします☆
人気blogランキング

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by nabe-o   2011年10月02日 23:04
カートリッジは、自分のシステムで実際使ってみないと判らないことが多いので参考になります。
アナログはやっとMONOカートリッジを始めたばかりなので...
本格的にやったら幾らかかるのか今から心配です。
2. Posted by jazzaudiofan   2011年10月03日 04:35
nabe-oさん、コメントありがとうございます♪
カートリッジは上を見るときりがないですが、僕は今のところ(特殊なLondon Referenceは例外として)モノ1つ(Lyra Dorian)、ステレオ1つ(Shelter 501)、それぞれ小売価格1000ドル前後の製品で満足しています。
3. Posted by nabe-o   2011年10月03日 14:52
アナログはいつも「ドコまで(幾らまで)やるの?」と自問自答しつつ、ホフク前進しております。
結果今はBENZ MICRO 『ACE SL』と『ACE MONO』に停滞中。理由は付け替えが至極楽だからです(笑)
4. Posted by jazzaudiofan   2011年10月04日 04:22
nabe-oさん、
BenzのAceも比較的リーズナブルな価格で、評価の高いカートリッジですね。「付け替えが簡単」というのも結構重要な要素ですよね。
5. Posted by NIKI   2011年10月06日 02:34
DL103の音は正直古臭いですね・・・。私個人的にはDL103Rが好きです。

でも・・・

TSD15を聴くと、いやになりますが(笑)
6. Posted by jazzaudiofan   2011年10月06日 07:13
NIKIさん、コメントありがとうございます。

DL103Rは103よりモダンな音がするそうですね。
でもやっぱりTSD15にはかなわないと。

以前書いておられたTSD15の丸針と楕円針の比較、興味深く読ませていただきました。丸針で昔の雰囲気を楽しむのももちろんありだと思いますが、現代は楕円・ラインコンタクトが主流ですね。僕は今のところ、溝に刻まれている驚くべき情報をできるだけ取り出したいと思っています。
7. Posted by NIKI   2011年10月06日 12:49
DL103Rのみで聞いている限りは、全然問題ないのです。普通に聴けますよ。
(ヘッドシェルはEMTのブランクシェルを使っています)
それが・・・
TSD15に交換すると・・・
DL103Rの音が、干物のように色あせます。

最近、針も色々とあります。

古いLPは古い針で
新しいLPは新しい針で

聴いています。
8. Posted by jazzaudiofan   2011年10月06日 13:35
なるほど…。
僕もDL103だけ聴いていたときは、普通に満足していました。
それがShelter 501に交換すると…(以下略)

> 古いLPは古い針で
> 新しいLPは新しい針で
これ、良さそうですね♪
9. Posted by fuui   2011年10月12日 20:33
4 >日本製のハイエンド・カートリッジは同じ工場でOEMベースで製作されており、製作技術に違いはなく、
 かつて高級カートリッジの製作者、光悦の菅野氏のアトリエを見たりした経験からはとてもそうは思えません。一番大きな違いは評価の高いカートリッジを作っておられる方は耳がいいと思います。jazzaudiofanさんの実験結果のむべなるかな、と思います。自分は今はbenzmicroを使ってます。
10. Posted by jazzaudiofan   2011年10月12日 22:47
fuuiさん、コメントありがとうございます。

>  かつて高級カートリッジの製作者、光悦の菅野氏のアトリエを見たりした経験からはとてもそうは思えません。

そうですか、製造自体を外注せず内部で作っているメーカーもあるんですね。

>一番大きな違いは評価の高いカートリッジを作っておられる方は耳がいいと思います。

なるほど。やはり耳のいい人、センスのいい人が設計するというのが一番大事なのでしょうね。
11. Posted by GOODMANS   2013年06月02日 20:21
DENONの103はコストパホーマンスに優れていますがMCカートリッジは使用するトランスで評価は変わりますね、
また接続される機器でも評価は違うはずです。コストの高いカートリッジは良いとはいえない、カートリッジの原価計算をすればばかばかしくなります。
12. Posted by jazzaudiofan   2013年06月04日 10:57
Goodmansさん、コメントありがとうございます。これは私自身のシステムの中での比較評価をした結果を書いたものです。Denon 103に特に適したトランスやフォノステージを使えばDenon 103の評価が上がるのかもしれませんが、そんなことは私にはできません。確かにコストが高ければ高い方がいいとは限りませんが、残念ながら私の経験では一般的な傾向として、価格の高いカートリッジの方がいい音がします。また、ハイエンドオーディオの価格は、高いものほど少量生産であり、研究開発にかかる時間や費用もありますし、流通コスト(卸業者やディーラーの利益)もありますから、単純にモノの原価の計算をしても意味がありません。
13. Posted by GOODMANS   2013年06月04日 20:59
カートリッジが今お使いのシステムにあわなければこれはだめだと評価しますね、問題はどのようなシステムで評価した結果を云っているのかが知りたいです。システムのラインナップを教えてください。日本とアメリカではオーディオ事情が違うかも、103は私の嫌いなカートリッジの一つです。あのサウンドは
NHKの音ですね、まじめで融通の効かないつまらんサウンドの一つですがコストパホーマンスを考えたら仕方が無いでしょう管理人様はどのような機器で楽しんでいますか、大変興味があります。
14. Posted by jazzaudiofan   2013年06月05日 02:29
Goodmansさん
使用機器については画面左「Categories」の中の「プロフィールと使用機器」に公開していますのでご覧ください。
15. Posted by GOODMANS   2013年06月05日 08:52
こんにちは、貴殿の使用機器を拝見させていただきました、素敵なハイエンドシステムですね、私の方はヴィンテージが好きでヴィンテージ機器でクラシック、ジャズを楽しんでいます。使用システムはプレーヤーYAMAHAのGT−1000、カートリッジはSPU、アームはGRACE G−565トランスはUTC,ベイヤー、ゼンハイザーです。特にお気に入りは1950年代のゼンハイザーがグッドです。プリアンプは私が完璧にレストアしたマランツ#7,メインアンプは私が製作したWE−91Bタイプでオールウェスタンの球、スピーカーは英国ロンドンウェスタンを使っています。
アメリカ本国ではヴィンテージ愛好家は沢山いますか?これからも宜しく
16. Posted by jazzaudiofan   2013年06月07日 02:43
Goodmansさん、こんにちは。ヴィンテージ愛好家は日本の方が多いような気がしますが、こちらにも沢山いますよ。
17. Posted by GOODMANS   2013年06月08日 20:16
ヴィンテージの愛好家はアメリカが主だと思います。先日ハイエンドのシステムを聴く機会がありました、ハイエンドの音はずばり綺麗な音と飽きの来る音との背中合わせでした、ジャズを聴くと大変不自然な電気臭く人工サウンドで長時間は苦痛でした、仕方がないかもオーディオの追求性が違えば脳が受け付けません。既製品で揃えたハイエンドマニアとすべて手作りで自作したマニアとは方向性は違います。既製品の場合は何処まで追求しても既製品の音しか出ません、またアンプ、プレーヤー、スピーカーの改造も出来ないのが残念です。
ハイエンドのシステムはウィーンアコースティックの1000万の装置でしたが期待はずれでした、デモはデモの音でしかないのか、わかりません。
18. Posted by jazzaudiofan   2013年06月09日 04:32
Goodmansさん、

アメリカに住んでいる私の印象からいうと、ヴィンテージ熱は日本の方が高いと思いますよ。ヴィンテージ機器の日本への輸出も盛んですし、売れる価格も日本の方が高いです。私もこちらでヴィンテージ機器を購入して日本に送る個人輸入サポートの案件を沢山こなしていますから、よくわかります。

どういう状況でデモされたのか分かりませんが、時間と手間暇をかけてじっくり追い込める自宅のシステムと違って、オーディオ・ショウやショウルームで本当にいい音を出すのは難しいです。オーディオ・ショウの場合、僕の経験から、100部屋あったとして本当にいい音が聴けるのは2〜5部屋くらいです。その際、システムの価格はあまり関係なかったりします。

ヴィンテージ/自作派とハイエンド・オーディオはおっしゃるとおりほとんど別の趣味ですね。前者はプロセスを楽しむ。後者は結果のみ。高域や低域が出ておらず歪みや色づけの多い「古い音」を楽しむのが前者、周波数応答がフラットで歪みが少なく情報量の多い「正しい音」を楽しむのが後者。方向性が全く違うので、互いに音を聴くと、両者とも「なんだこれ」ということになります。

僕は個人的には「理想の再生=録音に含まれている音を忠実に(何も足さず、何も引かずに)再生すること」だと思っているのでヴィンテージには懐疑的ですが、オーディオはなんと言っても趣味ですから、正解はひとつではありません。結局のところ各自が自分の尺度で好きなようにやるしかありません。
19. Posted by GOODMANS   2013年06月15日 10:10
ヴィンテージ物の特色は生音の再現ではなく音楽を楽しく聴くのが良いのではと思われるが現代のハイエンドシステムは雑誌などを見ると価格がとんでもない高価になっているのが多い、買ったときは大変な出費だが売るときは二束三文の価値では購買欲が起きない、アメリカではガレージメーカーの製品が沢山ありますがそれだけの価値があるのか疑問、日本ではハイエンドシステムは購入価格の10分の1以下しか売却できないのは魅力のない証拠、その点ヴィンテージ物は高価で売却できるので買い替えが出来るのも魅力ですね、カートリッジも研究開発費でコストが高くなるといわれるが開発の技術者は高給取りではと、カートリッジはすべて理論、技術はどこでもおなじであるから極端には音は変わらない、
20. Posted by jazzaudiofan   2013年06月16日 06:30
Goodmansさん、

ハイエンドはおっしゃるとおり価格が問題ですね。特にガレージメーカーは数が出ないうちは高くなります。またヴィンテージにもおっしゃるとおりいいところはたくさんあります。個人の趣味ですからそれぞれが好きなように楽しめばいいのです。

同意できないのは「カートリッジは全て理論、技術はどこでも同じであるから極端には音は変わらない」という点です。カートリッジ・メーカーは様々な技術やアイデアを導入して多彩な製品を作っており、カートリッジによって音はガラガラ変わりますよ。磁性体の種類、コイルの材質や巻き方、ボディの形状や材質、カンチレバーの材質や形状、スタイラスの形状など、様々な要素があり、全て影響してきます。
21. Posted by GOODMANS   2013年06月16日 20:11
誤解があります。理論技術はどこでも同じではなくもっと技術的に現代のハイテク技術を使えば画期的なカートリッジが出来ても良さそうと思うのです。設計者はカートリッジのみ研究開発していますが本来はモーター、アーム、ヘッドアンプ、トランス、イコライザーアンプを含めたトータルで一つの物として考える必要があります。カートリッジの差よりトランス、イコライザーアンプの差のが大きいはずです。確かにコイルの材質、巻き方、カンチレバーなどを変えることで音は変化しますがカートリッジの構造的な問題は進歩していないと思うのとレコードの中に収められた情報は無限ではありません。オーディオマニアの悪いところは
少しの音の違いでも顕微鏡で覗いたように大げさに評価しますがオーディオマニアではない方が聴かれたら大げさな評価をするでしょうか
貴殿に対して情報交換をしていますとアメリカと日本ではなく近所に住むマニア同士の会話に感じ親近感を覚えますよ
(笑)
22. Posted by jazzaudiofan   2013年06月17日 14:31
現代のハイテク技術を使った画期的な製品といえば、オルトフォンがレーザー溶融技術(レーザーを使用して金属粉を溶解し、三次元パーツを成形する積層造形プロセス)を使ってMC A90という製品を作りましたし、VPIが3Dプリンタを使ってトーンアームを作ったりしていますが、それで音が良くなるかどうかは別の話かもしれません。

大きな構造という意味ではあまり抜本的な技術革新は難しく、せいぜい新素材か新しい製造技術を適用していくという漸進的な進歩しか期待できないかもしれません。

オーディオマニアは確かに小さな違いを大げさに言いますが、それはある意味当然であって、悪いことではないと思いますよ。細かい違いに気がつくからこそこだわりが生じる訳で、そこに趣味の本質があるのではないでしょうか。

もっとも、私の経験では、マニアに分かる違いはごく普通の人にも分かります。耳の性能はマニアでも一般人でも一緒ですから。それを大げさに言い立てるかどうか、というところにマニアと一般人の違いがあるのだとは思いますが。
23. Posted by goodmas   2013年06月19日 16:32
大きな構造の改革はすべてに云えます。もうオーディオは頭打ちですからこれ以上良い音を求めても出費がかさむだけです。ハイエンドで揃えても必ず音に対して飽きが来ます。高価なスピーカーシステムを買うのであれば自分でユニットを買って製作したほうのが愛着が生まれます。アンプに関してもハイエンドのべらぼうな高価格のアンプを購入するなら自作で作った方のが安く済みます。ただ回路図も読めない、半田コテも握ったことのない方は無理です。オーディオはいかに自分の音を持っているかです。そのためには半田コテを握って自分の音をだすかです、
半導体アンプ一つ取っても技術的には大差はありません。
24. Posted by jazzaudiofan   2013年06月21日 16:18
Goodmansさん、
そういう考え方もあるということは十分理解します。それに対して私からどうこう言うことはありません。趣味ですからお好きなように楽しんでください。
25. Posted by COEREENON   2013年11月23日 12:20
5 私たちは、プラダは、我々は外見に付けていることがわかっトート複合体のB側にとどまった <a href=http://photo.island.ac/tiffany1.php?product_id=245>テファニー 店舗</a>
特別に設計されたジョルジオアルマーニレザーキャリングケースも保護のために含まれています <a href=http://faker.saiin.net/tiffany2.php?product_id=67>tiffany エンゲージリング 価格</a>
Cinematherapyがオスカーに行くことも、プラダキーリングヒントやオスカーパーティ、合法的に、または不当に除外または含まれていた有名なnotsofamousオスカーからの引用や映画をホストするためのレシピなど、楽しいアイデアや情報が含まれています <a href=http://stgy.sakura.ne.jp/tumi1.php?product_id=52>tumi 傘</a>
controllat??oカード、ミラーとダストバッグが付属しています <a href=http://kawanami.sakura.ne.jp/tumi2.php?product_id=195>tumi クリーニング</a>
26. Posted by SEIBO   2016年05月09日 18:02
DENON103を検索してたどり着きました。実は僕もシェルターの501を使っています。ところが先日103に付け替えてみて驚いたのです。シエルターよりもどっしりと
した音でけして高域の伸びが不足しているような事はありませんでした。むしろシェルターよりも気に入って今はこちらを使っています。その理由として考えられるのがフォノイコです。僕のフォノイコは金田式で単三乾電池10本で駆動するものです。設計した金田さんはこの103を標準として設計しているようなのでインピーダンスがこのフォノイコとぴったり合っているからだと思われます。同じカートリッジと言えどもかようにフォノイコや昇圧トランスなどでその評価はずいぶんと異なってくるようです?
27. Posted by Q-sound   2016年05月15日 19:58
人生の残りが少なくなった頃になって、やっと生音再生が実現できました。音の入口から出口まで、如何に癖が無い素材でオーディオシステムを作り上げるかに、人生の半分位かかりました。システムの癖が少なくなると、カートリッジも含め素材自体が持っている音質が良く判ります。DL103は家主さんの冒頭にあるUSの評価どおりです。たまたま補完する物がうまく音を補正していると、良い評価になったりしています。たまたまUSでの評価が私と全く同じだったので、書かせて頂きました。今では、録音さえ良ければ、新旧を問わなくなりました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Welcome!
1日1度のクリック、
ポチッとお願いします<(_ _)>↓
人気blogランキング
Profile

jazzaudiofan
ジャズとオーディオが好きで、アメリカに住んでます。Audiogon等を通じてアメリカからオーディオ機器を個人輸入したい方をサポートしています。詳しくはこちらをご覧下さい。