2011年10月04日

オヤイデ HS-TF ヘッドシェル

OyaideHeadShell70年代に発売されたデノンのトーンアーム「DA-305」を使っている僕にはヘッドシェルが欠かせないが、アメリカではあまり良いものが手に入らない。アメリカのハイエンド・オーディオ業界では、ヘッドシェル一体型のアームが圧倒的に優勢なので、ヘッドシェルに対する需要がない。こちらのオーディオファイルに言わせれば、カートリッジ交換が簡単という利便性を優先して、メカニカルなリジッドさを犠牲にし、電気的接点の増加というコストを払うユニバーサル型のトーンアームは邪道なのだ。

この点、ユニバーサル型トーンアームが未だに幅をきかせ、様々な高級ヘッドシェルが続々と開発・発売されている日本は、市場の様相がまったく異なると言っていい。一時帰国の折りに入手した「季刊・アナログ」という雑誌の2009年秋号(Vol. 25)には山本博道氏の「ヘッドシェル道楽」という記事があり、なんと13種類のヘッドシェルを比較試聴しているが、こういう企画はこちらのオーディオ雑誌ではあり得ない。

デノンや、ロングセラーで定番とされるオーディオテクニカのAT-LH/OCCシリーズをいくつか持っているが、1万円以上するような高級ヘッドシェルはどうなのか?上記の比較試聴記事やネットでの情報を元に思案した結果、オヤイデHS-TFというモデルを取り寄せてみた。

選定の基準は、実売価格が1万5000円程度、音は高解像度系、そして使いやすい指掛けを有していること。うちのプレーヤーにはアームリフターがないので、盤面まで自分の指で針を下ろさなければならない。特に盤の中程に針を下ろそうとする場合など、右手を支える支点がないので結構緊張するし、実際うっかり落っことしてヒヤッとすることもたまにあるのである。従って、指掛けが大きめでシェルの前方の使いやすい位置についており、アールがついているか、オーディオテクニカのようにチューブを被せるなど滑り止め対策がされているものでないと買う気にならない。同じオヤイデの類似モデル「HS-CF」を却下したのは、その指掛けがいかにも使いにくそうだったからだ。

ここで、日本から取り寄せた「HS-TF」の、オヤイデのウェブサイトでの説明を引用しておこう。

---引用開始---
盤上の白豹「HS-TF」の登場!!

カーボンにテキサリュームを纏った振動モード分散型ハイブリッドヘッドシェル「HS-TF」が遂に登場!!
銀白に耀く「HS-TF」のスタイルは、まさにレコード盤を疾走する白豹の如く、カートリッジのトレーサビリティを正確無比にアシスト。また、「HS-TF」用にモディファイされたPCOCC-Aリードワイヤー「HSR-CU Special Edition」(ロジウムメッキ)により、盤面から捉えられたシグナルは、エネルギッシュに余すことなくトーンアームに伝えられます。
シャープでありながら、かつてないほどにアグレッシブなレコード体験。「HS-TF」は貴方のアナログライフに新時代が到来したことを実感させてくれるでしょう。

★SALES POINT★
● カーボン+テキサリュームによるハイブリッドFRP シェル
● ソケット部は、アルミカップリングに30%ガラスフィラー混合PBT樹脂を圧入して構成。ソケット部の振動減衰および強度の増強に寄与しています。コンタクトピンは真鍮にロジウムメッキを施しました。
● HS-TFでは、アルミ材にシックな梨地クロムメッキを施した指掛け部を採用。ヘッドシェル部の前方側に配置したことで、アームのよりスムーズな操作性を実現。
● シェルリード・ワイヤーにはHSR-CU(PCOCC-A)のSpecial Editionとしてリン青銅コンタクトにロジウムメッキを施しました。

☆こんなユーザーに☆
○ 正確且つソリッドでシャープな音像をお求めの方に!
○ カートリッジの性能をより引き出したい方に!
○ オヤイデオリジナルの新素材を体感したい方に!
○ 軽量級のカートリッジをお求めの方に!

仕様
シェル:4.0mm厚CFRP(13層カーボンクロス+表裏各1層テキサリュームクロスの計15層をエポキシ樹脂で硬化)
ソケット:アルミカップリング 圧入樹脂絶縁 コンタクト 真鍮製ロジウムメッキ
寸法:L=56mm W=20mm H=15.9mm(指受け部を除く)
質量:10.7g(付属シェルリードワイヤー「HSR-CU Special Edition」含む)
付属品:PCOCC-A(3/20/0.08)導体シェルリードワイヤー「HSR-CU Special Edition」(ロジウムメッキ)、アルミねじ(2種類)
---引用終わり---

なお、「振動モード分散」というのは、単一素材では振動モードが単一になり、その素材の持つ固有の性質が反映されるので、カーボン素材単体の振動モードを分散させるために別の素材を組み合わせよう、という考えで、本製品で利用されたのは「テキサリューム」という新素材。これは高密度ガラスファイバーにアルミニウムメタライジングコーティングさせたもので、カーボンより密度が高く、幾分柔らかいということだ。

「レコード盤を疾走する白豹」などと言われると笑ってしまうが、開発陣の意気込みが伝わってくる実にエネルギッシュな文章ではないか。素材からメカニカルな設計から仕上げに至るまで、これほどこだわってヘッドシェルを作る会社が世界にどれだけあるだろうか? 実際、手元に届いた「HS-TF」は非常にカッチリした作りで、見た目もクールだし、表面硬度もすごい(ドライバーの先端でうっかり擦っても、傷ひとつつかなかった)。

では、その音はどうだったのか?

僕はまず、持っているカートリッジの中で最も高価で性能も優れているLondon Referenceをマウントしてみた。すると…、ただでさえ低域が痩せ気味なロンドンの音がさらに痩せてしまい、高域ばかりが強調されて、スカスカの音になってしまった! ガーン! リードワイヤー(特にロジウムメッキは高域が強調される)のエージングが必要なのかと思ってしばらく使い続けたが、状況は改善しなかった…。

しばらく落胆していたが、London Referenceは色々な意味で特殊なカートリッジだ。他のカートリッジに有効なアクセサリがこのカートリッジでは逆方向に働く、という例がB先輩のいくつかの実験で明らかになっていることを思い出し、気を取り直してShelter 501をマウントしてみた。

すると…、解像度がいきなり3割増しになり、ビックリするほど音が改善した!

たまたま、その時聴いていたのはクラシックのピアノ協奏曲(Rudolf Serkin, Eugine Ormandy指揮Philadelphia Orchestra, Brahms Piano Concerto No. 1、中古レコード店で3ドルで入手したコロンビアの3枚組D3S 741)だったのだが、まずピアノの音(特に中域)がバシッと芯が通ったように力強く、響きが豊かになり、弦も細かい動きがハッキリ分かるようになった。汚れたガラスの窓をきれいに拭いたように、全ての音がクッキリハッキリと鮮明になった。中低域も力強く、ダイナミクスも大きな振幅が感じられ、全体的に音量が上がったように感じられたほどだ。

念のため、それまで使っていたデノンのヘッドシェルに戻してみると、中域がもごもごと濁っており、音像がぼんやりし、ピアノの力が失われ、弦も瑞々しさを失い、まったくつまらない音になってしまった。

「何これ?」である。

「今まで聴いていた音は何だったの?」である。

ヘッドシェルでこれほど違いが出るとは予期していなかった…。

しかし考えてみると、ヘッドシェルはカートリッジをカッチリとホールドし、リードワイヤーを通じて微細な信号をトーンアーム・ケーブルに送り出すという重要な役目を果たしている。カートリッジやアーム・ソケットとの接合面や、ネジ穴などに「遊び」があると、スタイラスが拾った微細な信号がそこで吸収されてしまうことは想像に難くない。ヘッドシェル自体の振動も好ましくないだろうし、信号が微細なだけにリードワイヤーやソケット接点の材質・メッキも重要だろう。ユニバーサル型アームでヘッドシェルを変えることは、アームを半分変えるくらいのインパクトがあるのかもしれない。

さて、その後も色々なレコードを聴いてみたが、オヤイデが述べている「シャープ、エネルギッシュ、アグレッシブ」、「正確且つソリッドでシャープな音像」というイメージはその通りだと思う。

但し、低域はどちらかといえば引き締まっていて、量感はやや控えめ。どちらかというと中域から高域にかけてのシャープさが目立ち、ブライトな録音はそれなりにブライトな音がするので、長時間聴いていると少し疲れることもあった。ただ、僕のシステムでは、この聴き疲れ問題は、フォノステージに使っていたフルテックのフューズ(キャップがロジウムメッキで、音がややギラつく傾向がある)をやめて、通常のフューズに戻すことで解決した。システムによってはブライトになってしまう可能性があるが、ケーブルその他の使いこなしで解決できる範囲ではないだろうか。

オヤイデの「HS-TF」、London Referenceとの相性は最悪だが、Shelter 501との組み合わせではビックリするほど効果のあったアイテムである。当分の間、これなしでレコードを聴くことはできないだろう。


<広告>
本ブログの管理人jazzaudiofanは、アメリカからのオーディオ機器の個人輸入のサポート(有料)を行っています。関心のある方は、まずこちらをご覧の上、jazzaudiofanあっとlivedoor.comまでメールでお問い合わせください。

☆1日1度のクリック、ポチっとお願いします☆
人気blogランキング

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by nabe-o   2011年10月04日 13:50
私はHS-TFでなくて、HS-CFにしちゃいました(大笑)。確かに指掛けがちょっとどうなんだコレは...?です。私はアームリフターがある機種なので気になりませんが、無かったらHS-TFですね。HS-CFは付属リードが銀線なのですが、しっくりしなかったのでオーグラインのモノに変更しました。
2. Posted by jazzaudiofan   2011年10月04日 17:24
nabe-oさん、
HS-CFですか、奇遇ですね!僕も指掛けの形状さえ同じなら、CFにしていたかも…。
リード線も、日本では色々な製品が単独で売られているのですよね。羨ましい!
3. Posted by 宮田正紀   2011年10月05日 13:21
反論になって恐縮ですが以前日本製のカートリッジはお薦めできないと申し上げたものです。
どうもジャズ&オーディオ通信さん、最近オーディオファイルからオーディオマニアに変身しているのでは、つまり音楽ではなく単なる音に惹かれているのではないか、と人ごとながら心配しています。

『虚構世界の狩人』、『レコード演奏家論』の世界を覗いてみてください。
『虚構世界の狩人』はネットでも読めると思います。
4. Posted by jazzaudiofan   2011年10月05日 14:25
宮田さん、コメントありがとうございます。

また、ご心配いただきありがとうございます。「音楽ではなく単なる音に惹かれているのではないか」というお言葉、ドキっとしました。そういう風にならないよう気をつけてはいるのですが、最近少しそういう傾向に流れているのかもしれません。

「日本製のカートリッジはお薦めできない」と仰られた件、記憶になかったのでブログを検索してみましたが見つかりませんでした。どの記事に対するコメントだったか教えていただければ幸いです。

『虚構世界の狩人』はネットで公開されているので以前読んだことがあります。

今回のコメントは、一般的に私のオーディオに対するアプローチについて心配だ、という趣旨のコメントだと理解していますが、もし私の記事の内容自体に反論があるということでしたら、具体的にどこにどう反論しておられるのか、教えていただければ幸いです。
5. Posted by NIKI   2011年10月06日 02:35
ヘッドシェル交換できていいですね・・・。
EMTの場合カートリッジまで指定ですから。
6. Posted by jazzaudiofan   2011年10月06日 07:14
なるほど、EMTは全部指定ですか。
でも、そこで色々悩まなくていい分、他にエネルギーを集中できるのでは?(笑)
7. Posted by 宮田正紀   2011年10月12日 19:01
アバロンをてばなされたのかな?を危惧しているだけです。
8. Posted by jazzaudiofan   2011年10月12日 22:44
>宮田さん
アヴァロンはまだ手放していません。Kaiser Kaweroは預かりものですので…。先日RMAFに向けてKaweroその他の機器を送り出し、10カ月ぶりにアヴァロンをガレージから引き出して聴いています。スピーカーの能力はあきらかにKaweroの方が上だということが再確認できましたが、しばらく聴いていると、これでも十分いいよな、と思うようになりました。
9. Posted by air jordan noir et jaune   2014年09月02日 19:25
Aw, it was quite a good post. In notion I've to location in writing similar to this furthermore - taking time and actual effort to produce a actually great article… but what can I say… I procrastinate alot and also by no indicates appear to go completed.
air jordan noir et jaune http://www.langwhich.com/list_index.php?pid=3039
10. Posted by most popular Womens Air Jordan red   2014年09月27日 03:50
An extremely fascinating read, I may possibly not concur completely, but you do make some really valid points.
most popular Womens Air Jordan red http://www.allsmallwindturbines.com/search.php?pid=7554
11. Posted by chaussure de basketball nike   2014年09月29日 12:29
so… facebook recommended me the pages “food” and “eating” ,,, yeah I’m obese|HasmAttack|
chaussure de basketball nike http://www.ticket2010.com/links.php?pid=3337
12. Posted by basket nike air max 1   2014年10月01日 07:54
I would like to show my thanks to you just for bailing me out of this difficulty. Right right after researching by means of the world wide internet and seeing strategies which are not useful, I figured my entire life was gone. Existing minus the approaches towards the issues you’ve fixed by way of your main guideline is really a crucial case, and ones that would have in a negative way damaged my entire career if I hadn’t discovered your site. Your primary ability and kindness in playing with all issues was precious. I'm not certain what I would have done if I hadn’t come across such a answer like this. I’m able to at this moment appear forward to my future. Thanks for your time quite much for this impressive and result oriented guide. I won’t be reluctant to refer the websites to any person who really should receive direction on this dilemma.
basket nike air max 1 http://www.ruralnatura.com/list_info.php?pid=280
13. Posted by Totes Skorpios pink colombia   2014年10月04日 19:58
Hey! I know this is kinda off subject however , I’d figured I’d ask. Would you be interested in exchanging links or maybe guest writing a blog post or vice-versa? My blog covers a great deal of exactly the same topics as yours and I believe we could greatly benefit from each other. In the event you are interested feel no cost to send me an e-mail. I look forward to hearing from you! Superb blog by the way!
Totes Skorpios pink colombia http://www.webmaster-toolkit.com/search_info.php?pid=6465
14. Posted by Michael Kors Clutches green ireland   2014年10月09日 12:04
I like the valuable info you provide inside your articles. I’ll bookmark your blog and check once more here regularly. I’m quite certain I’ll learn many new stuff right here! Excellent luck for the next!
Michael Kors Clutches green ireland http://www.athensmagazine.gr/links.php?pid=1703
15. Posted by nike dunk girls   2014年10月10日 12:06
Hi there, just became alert to your weblog through Google, and located that it is truly informative. I'm going to watch out for brussels. I’ll appreciate in the event you continue this in future. Many individuals will be benefited from your writing. Cheers!
nike dunk girls http://www.canadafinds.com/temps.php?pid=805

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Welcome!
1日1度のクリック、
ポチッとお願いします<(_ _)>↓
人気blogランキング
Profile

jazzaudiofan
ジャズとオーディオが好きで、アメリカに住んでます。Audiogon等を通じてアメリカからオーディオ機器を個人輸入したい方をサポートしています。詳しくはこちらをご覧下さい。