2011年10月25日

RMAF2011レポート(2)

517-1Concert Fidelityが出展した2つめの部屋は、エストニアの新興スピーカーメーカー、Estelon(エステロン)の部屋である。僕が最初に聴いたのは今年6月のT.H.E. Show Newportで、その時の記事こんなことを書いた。
「エストニアのスピーカー・メーカー、Estelon(エステロン)のXAは素晴らしかった。Marten Designなどと同じくAccutonのセラミック・ドライバーを使っているのだが、ユニークな形の優美なエンクロージャは大理石を主原料とする複合素材を高度な技術を用いて鋳型整形したもの。ショウが終了してからConcert Fidelityのプリアンプとパワーアンプを持ち込んで試聴させてもらったところ、ニュートラルで色付けのない、解像度の高い素晴らしい音を実現していた。昨年のRMAFでデビューしてからまだ1年も経っていないが、世界中で大きな反響を呼んでおり、注目のスピーカーだ。」
517-2このときの試聴が縁となり、今回アンプの貸し出しを依頼されたのだ。そして何と、エステロンは今回のRMAFで最新モデル「XA Diamond」を投入してきた。その名の通り、Accuton製の最新ダイヤモンド・ツイーターを搭載した高級モデルだ。このダイヤモンド・ツイーターは、B&WやMarten Designのスピーカーに使われているような白っぽいものでも、ハニカム状の枠組みに小さなダイヤモンドを取り付けたものでもなく、宝石のダイヤのように透き通った1枚の円盤で、妖しい美しさをもっている。ユニットの色にマッチしたマット・ホワイトの仕上げも最高だ。(仕上げは自動車用のペイントが使えるのでたくさんの色に対応できるそうだ。)

このXA Diamond、単にダイヤモンド・ツイーターを搭載しただけではない。中域のユニットやクロスオーバー、エンクロージャの内部構造や吸音材なども全て見直した全面改訂版なのだ。

6月に聴いたXAと比べて一番変わったのは、ダイヤモンド・ツイータの高域ではなく、意外なことに低域の伸びだった。びっくりするほど低い帯域まで伸びていて感心した。また、このスピーカーの長所として、全帯域の音のスピード感がピッタリ合っていることが挙げられる。各ユニットの存在を感じさせない、実によく統一されたプレゼンテーションなのだ。解像度は抜群で、極めて歪みの少ない正確なトランスデューサーという印象。ユニークなエンクロージャの形成方法だから実現できる、ユニット毎に面積を最小に絞ったバッフル面がきいているのか、スピーカーの存在を感じさせない発声だ。

ナチュラルでオーガニックで、ややリッチな感じがするKaiser Kaweroのシステムと比べて、こちらはハイスピード、高解像度で、音の分離がよい。但し、セラミック・ドライバーにありがちな痩せた音、高域が耳に突き刺さるような厳しい音ではない。Concert Fidelityのアンプとの相性は抜群だ。音の傾向はKaiserの部屋と比べて全然違うけれども、どちらもそれぞれ納得のできる、素晴らしい音だった。Estelon XA Diamondの米国小売価格は6万6,000ドル。偶然だがKaiser Kaweroと同じ値段である。

517号室展示機器
  • アナログプレーヤー:Hanss T-60
  • トーンアーム:Durand Talea II
  • カートリッジ:Koetsu Rosewood Signature
  • CDトランスポート:Neodio
  • DAC:Bricasti M1
  • フォノステージ:Concert Fidelity SPA-4C
  • プリアンプ:Concert Fidelity CF-080LSX2
  • パワーアンプ:Concert Fidelity ZL-200
  • スピーカー:Estelon XA Diamond
  • ケーブル:Kubala-Sosna Elation
  • 電源コンディショナー:Running Springs Dimitri & Duke
  • ラック:Stillpoints
<広告>
本ブログの管理人jazzaudiofanは、アメリカからのオーディオ機器の個人輸入のサポート(有料)を行っています。関心のある方は、まずこちらをご覧の上、jazzaudiofanあっとlivedoor.comまでメールでお問い合わせください。

☆1日1度のクリック、ポチっとお願いします☆
人気blogランキング
jazzaudiofan at 11:42│Comments(2)TrackBack(0)オーディオ | >RMAF2011

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by nabe-o   2011年10月25日 21:27
美しいspeakerですね〜。
日本じゃ幾らになるんでしょ?
2. Posted by jazzaudiofan   2011年10月26日 04:37
きれいでしょ?僕もこのマットホワイト仕上げにはやられました。
日本ではまだ正式代理店が決まっていないようですが、逆に今メーカーから直接購入すれば6万6000ドル+送料+税金で手に入ると思いますよ。関心があれば仲介しますのでお知らせください♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Welcome!
1日1度のクリック、
ポチッとお願いします<(_ _)>↓
人気blogランキング
Profile

jazzaudiofan
ジャズとオーディオが好きで、アメリカに住んでます。Audiogon等を通じてアメリカからオーディオ機器を個人輸入したい方をサポートしています。詳しくはこちらをご覧下さい。