2011年10月29日

RMAF2011レポート(4):音楽編

オーディオ・ショウに出展する楽しみのひとつに新しい音楽との出会いがある。Concert Fidelityの展示スタイルとして、来場者がCDやLPをもってきた場合は喜んでかけることにしている。もちろんこちらでも用意しているが、自分がよく知っている音源を聴いてもらった方が、システムの良さをよく理解してもらえると思うからだ。

RMAF2011レポートの最後に、今回出会った新しい音楽と、僕が用意して好評だった音源を紹介しよう。

Rodrigo y Gabriela / Live in Japan (CD)
Live in Japan (W/Dvd)Estelonのスピーカー設計者、アルフレッドさんが試聴に使っていたCD。アコースティック・ギター2本だけで世界中のリスナーに衝撃を与え続けている男女2人組のユニットのライヴ盤だ。アルフレッドさんが使っていたのは13曲目の"Tamacun"。「Are you fucking ready?!」つまり「いくぜ!てめえら!」というロドリーゴの叫びとともに始まるこの曲、強烈なギターのかき鳴らしだけでなく、(おそらく下が空洞になっている)舞台の床を踏みならすドン、ドン、という低域がどれだけ再生できるかがポイントだ。

Andreas Kapsalis & Goran Ivanovic / Guitar Duo (CD)
Guitar Duoシカゴで活動している、これも偶然だがアコースティック・ギター・デュオ。Andreas Kapsalisは名前からしておそらくギリシャ系で、スチール弦ギターを使いタッピング技法も駆使する。Goran Ivanovicはクロアチア出身でナイロン弦のクラシック・ギターだけを使う。バルカン民謡、クラシック、ジャズ、ロックなどの要素が混じり合ったオリジナル曲は知的で実験的にすぎる嫌いもあるが、ヴァーチュオシックな演奏と相まって、これまでにないユニークな音世界を生み出している。

Cowboy Junkies / Trinity Revisited (LP)
Trinity Revisited (Ogv) [12 inch Analog]有名な"Trinity Sessions"の20年後に同じトロントの教会で、Natalie MerchantやRyan Adamsなどをゲストに迎えて録音された。来場者が持ち込んだLPバージョンをうちの部屋でかけたのだが、ナチュラルな音が実に素晴らしかった。

Pat Metheny / What's It All About (LP)
What's It All Aboutこれは僕が最近入手して、音楽も録音も気に入ったのでRMAFに持って行った。アナログバージョンはLP2枚組で、CDに入っていないボーナストラックが2曲ある。かける度に絶賛されたのがA面2曲目の"Cherish"と1曲目の"The Sound of Silence"だ。

Count Basie and His Orchestra / 88 Basie Street (LP)
88 Basie Street中古レコード店で3ドルで入手したパブロのオリジナル盤(1983年録音)。このアルバムは数あるベイシー楽団の作品の中で特に音が良く、XRCDとして再発されるなど、オーディオファイルの憧れの的になっている。ハリウッドのOcean WayスタジオでAllen Sidesによって録音されたこのオリジナル盤は、実際びっくりするほど音が良く、演奏も最高だ。A面3曲目の"Contractor's Blues"をかけるたびに、部屋にいる人全員が笑顔になり、テンポを取ってノリノリになるのが嬉しかった。

Eva Cassidy / Songbird (LP)
Songbird [12 inch Analog]よく知られている傑作ヴォーカル・アルバム(ベスト盤)のLPバージョン。A面1曲目の"Fields of Gold"は何度聴いても感動的だ。

<広告>
本ブログの管理人jazzaudiofanは、アメリカからのオーディオ機器の個人輸入のサポート(有料)を行っています。関心のある方は、まずこちらをご覧の上、jazzaudiofanあっとlivedoor.comまでメールでお問い合わせください。

☆1日1度のクリック、ポチっとお願いします☆
人気blogランキング

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by アコギ一本三度笠   2011年11月11日 12:46
JAZZAUDIOFANさん、こんにちわ・・・と言ってもそちらは、夜中でしょうか(笑)
Rodrigo (Sanchez) and Gabriela (Quintero) を購入しましたよぉ〜
すん〜ごい音ですねぇ、録音時にコンプレッサー掛けていないのでは・・・、わたくしの
システムには、「OTONOSYO」という、コンプレッション解除装置があり、これを通したピッキング音では、ツィータが悲鳴を上げます。
流動磁性体充填のツィータでなかったら、吹っ飛んでいたでしょう(笑)
いやはや、凄い音ですでしたが、不思議とうるさく感じませんでした。何故なんでしょう
2. Posted by jazzaudiofan   2011年11月13日 04:52
アコギ一本三度笠さん、コメントありがとうございます♪
Rodrigo y Gabriela、凄い音でしょう(笑)。
「OTONOSYO」という機械、知りませんでしたがネットで調べてみると、興味深い装置のようですね。録音・マスタリング時にどのようにコンプレッションをかけるかはアルバム毎、曲毎に違うと思うので、それを一律に正しく解除できるのかは疑問ですが、おもしろいアイデアではあります。

高域で音量が大きいのにうるさく感じないのは、歪みが少ないからでしょう。マイクによる収音からツイーターでの再生に至る録音・再生系で歪みが発生すると、高域がキンキンして耳に突き刺さる嫌な感じがします。ライヴではミュートをかけたトランペットにせよシンバルにせよ、耳がしびれるほどの強烈な音でも、SRがちゃんとしていれば嫌な音はしないものです。
3. Posted by エルメス 手帳 人気 色   2014年09月02日 02:53
http://www.loplopland.com/cgi-bin/blog/data/sales/hermes-jp-290.htmlエルメス バッグ
エルメス 手帳 人気 色 http://www.loplopland.com/cgi-bin/blog/data/sales/hermes-jp-83.html

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Welcome!
1日1度のクリック、
ポチッとお願いします<(_ _)>↓
人気blogランキング
Profile

jazzaudiofan
ジャズとオーディオが好きで、アメリカに住んでます。Audiogon等を通じてアメリカからオーディオ機器を個人輸入したい方をサポートしています。詳しくはこちらをご覧下さい。