2012年02月13日

Joshua Bell & Edgar Meyer Live!

Voice of the Violin昨日、珍しくクラシックのコンサートに行ってきた。うちから車で30分くらいのところにあるラグナビーチという街は芸術が盛んな観光地。今年10周年を迎えるラグナビーチ音楽祭はバイオリンのジョシュア・ベルを芸術監督に迎え、1週間にわたって様々な音楽イベントが催された。その中で僕が特におもしろそうと選んだのが土曜日のコンサートだ。

Best of Edgar Meyer場所はLaguna Beach Playhouseという収容人数300人くらいの小さな劇場で、クラシック界の大スターの演奏をこれほどインティメットな環境で聴ける機会はなかなかないだろうと思う。出演者はジョシュア・ベル以外に、クラシック出身ながらブルーグラスなどジャンルを超えて活躍する天才ベーシスト、エドガー・メイヤー、英国のピアニスト、サム・ヘイウッド、そしてLAで結成された若手弦楽四重奏楽団カルダー・カルテット。プログラムは3部構成。

1. Calder Quartet
演奏曲目:Mozart / String Quartet No. 19, KV 465 "Dissonance"


タイトルに「不協和音」と入っているのでどんなもんかと思ったが、不協和音らしきものが入っているのは第1楽章の冒頭のみ。その後はいかにもモーツァルトらしい、明るく爽快な、しかしごく普通の音楽が展開。でも、この冒頭部分は当時はかなり「革新的」だったんじゃないかな。

2. Joshua Bell (vln), Edgar Meyer (bass), Eric Byers (cello)
演奏曲目:Meyer / Trio #1


作曲家としても知られるメイヤーが1986年(本人は当時25歳と言っていた)に作曲した弦楽三重奏曲。(ところで、ジャズの文脈の「トリオ」と、クラシックの曲名の「三重奏曲」って、英語では全く同じ単語「Trio」なんである。いまさらだが。)4楽章からなるクラシックの形式をとりながら、ブルーグラスやジャズの語法を取り入れた斬新かつ刺激的な曲で、演奏も素晴らしく、コンサートのハイライトとなった。

ジョシュア・ベルのバイオリン(1713年ストラディヴァリウス“ギブソン”)の音色は実に素晴らしい。直前に聴いたカルダー・カルテットのバイオリニストの音色と全く異なり、ウォームで艶っぽく、蜂蜜のような濃厚さがあり、人の声のように表情が豊かだった。この辺が楽器だけでなく世界一流のバイオリニストの実力と納得。

エドガー・メイヤーは、アルコとピチカートを使い分け、実に見事な演奏。完璧なテクニックと音楽性を備えた天才ベーシストだ。カルダー・カルテットから参加したチェロ奏者は技巧や音楽表現力という点で明らかにベルとメイヤーに及ばなかったが、健闘していた。ブルーグラス的な超絶速弾きパッセージをチェロ→バイオリン→ベースへとバトンタッチしていくロンド形式の最終楽章はとてもエキサイティングで、終わった瞬間にスタンディング・オベーションが巻き起こった。

3. Joshua Bell (vln), Edgar Meyer (bass), Eric Byers (cello), Jonathan Moerschel (viola), Sam Haywood (piano)
演奏曲目:Schubert / Piano Quintet in A Major, D. 667 "Trout"


シューベルトの有名なピアノ五重奏曲「鱒(ます)」である。ベースが加わった変則弦楽四重奏+ピアノという編成で、実にダイナミックで躍動的な演奏だった。ピアノと弦カルテットの協奏曲といった面持ちで、両者の間の音のキャッチボールが多い。当然ながらピアノが重要になってくるが、イギリス人でジョシュア・ベルと良く一緒に演奏しているというサム・ヘイウッドは優れたピアニストだと思う。リラックスした雰囲気で、宝石がキラキラと転がるような美音を軽快に奏でていたのが印象的だった。

ベースのパートは単調かつ簡単そうで、エドガー・メイヤーはもったいないと思ったが(笑)、それはしょうがないだろう。それから、演奏とは関係ないが、ピアニストが楽譜の代わりにiPadを使っていた。他の演奏者は紙の楽譜で、ジョシュア・ベルは一度楽譜をめくるときに間違って2ページめくってしまい、演奏を一瞬中断してあわててページを戻すという場面があったが、ピアニストはiPadを操作している様子すら見せなかった。マイクで演奏を拾って、自動的に正しいページを表示する機能があるかもしれない。そんなに便利なんだったら、そのうちみんなiPadを使うようになるんじゃないだろうか。

<参考アルバム>
B0067YF4Z4French Impressions
Joshua Bell
Masterworks 2012-01-10

by G-Tools
B000NDIAXIEssential Joshua Bell
Joshua Bell
Sony 2007-04-03

by G-Tools
B000T2PRLQBest of Edgar Meyer
Edgar Meyer
Sony Classics 2007-09-04

by G-Tools
B00000K4IUShort Trip Home
Joshua Bell Edgar Meyer Sam Bush M. Marshall
Sony 1999-09-09

by G-Tools
B001BMD27OMaurice Ravel-Thomas Ads-W.a. Mozart
Calder Quartet
CD Baby.Com/Indys 2008-06-10

by G-Tools
<広告>
本ブログの管理人jazzaudiofanは、アメリカからのオーディオ機器の個人輸入のサポート(有料)を行っています。関心のある方は、まずこちらをご覧の上、jazzaudiofanあっとlivedoor.comまでメールでお問い合わせください。

☆1日1度のクリック、ポチっとお願いします☆
人気blogランキング

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Welcome!
1日1度のクリック、
ポチッとお願いします<(_ _)>↓
人気blogランキング
Profile

jazzaudiofan
ジャズとオーディオが好きで、アメリカに住んでます。Audiogon等を通じてアメリカからオーディオ機器を個人輸入したい方をサポートしています。詳しくはこちらをご覧下さい。