ジャズに関するあれこれ

2011年11月16日

ロイ・デュナン・トリビュート

04-DuNannLos Angeles Jazz Institute(LAJI)は特にウェストコースト・ジャズを中心とするジャズ・レコードや関連グッズを収集・研究し、年に1回、LAで主にビッグバンドをフィーチャーしたミニ・ジャズフェスを開催している。僕は数回このイベントに参加したことがあるが、ここ数年はご無沙汰していた。LAJIのケン・ポストンから突然メールがあったのは10月のことだ。

「ウェストコースト・ジャズをテーマにした今年のイベントで、ロイ・デュナンをゲストに迎えたトリビュート・セミナーをやるので、良かったら来ないか」というのである!

01-panelistsContemporary Recordsで50年代後半から60年代にかけてアート・ペッパーのMeets The Rhythm Sectionやソニー・ロリンズのWay Out Westをはじめとする傑作ジャズアルバムを録音した名エンジニア、ナチュラルなサウンドと空間表現においてルディ・ヴァンゲルダーを上回り、僕が個人的にジャズ史上最高のエンジニアとして崇拝しているロイ・デュナンに会うことができる!彼がまだ存命であることすら知らなかった僕は、10月22日、このセミナーに出席するためだけに、意気揚々とLAまで出かけていった。

07-ArtPepperパネリストは司会のケン・ポストン(KP)の他、伝説的なマスタリング・エンジニアのバーニー・グランドマン(BG)、Contemporaryのオーナー兼プロデューサーだったレスター・ケーニッヒの息子でクラシックのチェロ奏者でもあるジョン・ケーニッヒ(JK)だ。

08-Rollins90歳代ときいていたロイ・デュナン(その後調査したところ、現在おそらく90もしくは91歳だと思われる)は小柄で、どちらかといえば寡黙だが、目の輝きに頭の良さとユーモアのセンスを感じさせる。両耳に補聴器をつけていたが、それでも参加者からの質問などは聞き取りにくいようで、隣にいたケン・ポストンが直接彼の耳に向かって繰り返していた。
続きを読む
jazzaudiofan at 08:07|この記事のURLComments(8)TrackBack(1)

2011年05月03日

Jazz For Japan続報

東日本大震災の復興支援を目的とするチャリティ・ジャズ・アルバム・プロジェクト(関連記事:123)は、4月5日にiTunesでのダウンロードが開始されたが、日本のみの発売となるCDの情報が入ってきた!

ボーナス・トラックを含むCD2枚組で、ビデオアーツから6月1日に発売されるとのこと。すでにアマゾンで予約可能だ。

日本のジャズファンのサポートに日頃から感謝しているアメリカのトップ・ジャズ・ミュージシャンが日本への思いを込めて録音した心のこもったジャズ・アルバムだ。関係者全員が無償ボランティアで作ったアルバムの収益はすべて日本赤十字に寄付される。音楽の質の高さも、一部録音に立ち会った僕が保証する。皆さん、ぜひ購入してください!

また、なんと8月にはJazz For Japanツアーが敢行される。東京、大阪、名古屋、横浜、札幌ジャズフェスティバル等を回る予定とのことだ。こちらもお楽しみに!

ジャズ・フォー・ジャパン~東日本大震災被災者支援CD~ジャズ・フォー・ジャパン~東日本大震災被災者支援CD~
オムニバス スティーヴ・ガッド リー・リトナー ケニーG ネイザン・イースト デヴィッド・T・ウォーカー ジョージ・デューク マーカス・ミラー 松居慶子

曲名リスト
1. 処女航海
2. シュガー
3. ソー・ホワット
4. ソフィスティケイテッド・レディ
5. フットプリンツ
6. ワーク・ソング

1. この素晴らしき世界
2. ミスターP.C.
3. 身も心も
4. コールド・ダック・タイム
5. ウォーターメロン・マン
6. インヴィテーション
7. カンタロープ・アイランド
8. アイム・グラッド・ゼア・イズ・ユー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Jazz For Japanの最新情報はこちら

☆1日1度のクリック、ポチっとお願いします☆
人気blogランキング
jazzaudiofan at 02:44|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2011年04月02日

Jazz For Japan:iTunesで4月5日リリース決定!

JazzForJapanLogo数日前に録音の模様をレポートした、日本の被災者支援を目的とするチャリティ・ジャズ・アルバム(3月23〜24日ハリウッドのキャピトル・スタジオで録音)だが、4月5日にiTunesでリリースされることが決定したそうだ。

マスタリングについてはキャピトル・マスタリング・スタジオが協力し、名手ロン・マクマスターが担当した。

また、soundcloud.comというウェブサイトで、収録された2曲が公開されており、試聴できるようになっている。(録音されたナマの音でミックス・マスタリング前の状態だと思われる。)

1. Maiden Voyage
演奏:Steve Gadd, Nathan East, Tom Scott, Billy Childs, Everette Harp

2. Footprints
演奏:Rickey Minor & The Tonight Show Band featuring Marcus Miller

iTunesをやっている人は、ぜひ4月5日にチェックして欲しい。

Jazz For Japanの最新情報はこちら → Facebook, Twitter

☆1日1度のクリック、ポチっとお願いします☆
人気blogランキング
jazzaudiofan at 03:13|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2011年03月30日

頑張れ日本!ジャズミュージシャンからのビデオメッセージ

Nathan East


Steve Gadd

続きを読む
jazzaudiofan at 15:33|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2011年03月25日

Jazz For Japan:日本の被災者支援に立ち上がったジャズミュージシャンたち

01-Capitol日本の大震災関連のニュースはここアメリカでも広く取り上げられており、支援の動きが広がっている。様々なテレビ番組で国際赤十字への募金が呼びかけられているし、身近なところでは当地在住の日本人・日系人もイニシアティブを取って様々な募金活動を行っている。最近は電話会社が日本への国際電話を無料にしたり、ケーブルTV会社が通常は特別料金が必要な日本語チャンネルを無料で提供しており、日本人コミュニティに対する心遣いも伺える。

そんな中で、ジャズミュージシャンが日本の被災者支援のために立ち上がった。

11-CapitolHawway23月23日と24日の2日間にわたり、LA在住のジャズミュージシャンがハリウッドのキャピトル・スタジオに集結し、チャリティ・アルバムのレコーディングを行ったのだ。僕は知り合いを通じて招待を受け、その2日目のレコーディングに立ち会うことができた。

09-LarryRobinsonこのプロジェクトを呼びかけたのはプロデューサーのラリー・ロビンソン氏(左の写真の右端)。元ジャズドラマーで、現在はアバター・レコードというレコード会社のCEOを務めている。会社のスタッフとランチを食べている時に日本の震災の話題になり、知り合いのジャズミュージシャンが頻繁に日本で演奏していることや、ジャズという音楽が日本のファンによって長年支えられてきたことにミュージシャンが日頃から大いに感謝している、といったことを考えるうちに、チャリティ・アルバムの制作を思いついたという。
続きを読む
jazzaudiofan at 23:49|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2010年06月01日

追悼:ハンク・ジョーンズ

ジャズピアノの巨匠、ハンク・ジョーンズが5月16日に亡くなった。91歳だった。その翌日ジャズ専門FM局KKJZでそのニュースを聞いた。「ああ、ついに彼も逝ったか…」と思った。最晩年までレベルの高い演奏を続けていただけに、いつまでも元気でいてくれるような気がしていたものだ。

ケーブルテレビを通じて試聴している日本のテレビニュースではその日のうちにかなり大きく取り上げられ、2月の最後の来日時の様子などを見ることができたが、僕が見ていた限り、アメリカのテレビニュースで彼の訃報は報じられなかった。もちろんアメリカでも彼は敬愛されているが、この差は、彼がいかに日本のファンに愛されていたかを示すエピソードだろう。

ハンク・ジョーンズは1918年7月31日、ミシガン州ポンティアックに8人兄弟姉妹の長男として生まれた。弟にサッドとエルヴィンという、これまた偉大なジャズミュージシャンがいる。1944年、26歳前後でニューヨークに出て、ホット・リップス・ペイジのグループに加わり、同グループで初録音も果たす。コールマン・ホーキンスやハワード・マギーと共演し、ビリー・エクスタインやエラ・フィッツジェラルドの唄伴も務めた。

バップの洗礼も受けたが、彼のスタイルはそれ以前のファッツ・ウォーラー、アート・テイタムや特にテディ・ウィルソンの影響を色濃く受けており、バップ以前のスイングが基本になっている。59年からCBSのスタジオミュージシャンとしてテレビやラジオの仕事に従事し、安定した仕事と高収入を得た代わりに、75年までジャズ・ミュージシャンとしての活動は下火に。
続きを読む
jazzaudiofan at 15:23|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2009年08月31日

ジャズ批評2009年9月号

B002LC3PU2ジャズ批評 2009年 09月号 [雑誌]
松坂 2009-08-24

by G-Tools
最近発売された雑誌『ジャズ批評』2009年9月号(No. 151)に、不肖私の連載「南カリフォルニア・ジャズ・シーン」の第2回が掲載されています。(前号は150号記念特別号だったので連載はお休みでした。)今回はフランス出身LA在住の人気ピアニスト、クリスチャン・ジェイコブのインタビュー。内容の濃いインタビューができたので、通常の2ページをなんと4ページに拡大してもらいました!ぜひご購入ください。

B002AROALQホワット・イズ・ゼア・トゥ・セイ?+1(紙ジャケット仕様)
ビヴァリー・ケニー
2009-08-19

by G-Tools

それから、SSJから最近発売されたビヴァリー・ケニーの未発表曲集第3弾CD『What Is There to Say?』には、ビヴァリー最後の恋人によるメモワール『ビヴァリー最後の日々』を掲載したブックレットが付属していますが、この翻訳のお手伝いをさせていただきました。収録されている音楽はマニアックですが、ビヴァリーのファンにはオススメです!

☆1日1度のクリック、ポチっとお願いします☆
人気blogランキング
jazzaudiofan at 06:16|この記事のURLComments(4)TrackBack(1)

2009年06月06日

Jazz Bakeryの移転

JazzBakeryロサンゼルスの名門非営利ジャズシアター、The Jazz Bakeryが移転することになった。16年間現在の場所で質の高いジャズ・ライヴを提供し続けてきたが、家主の都合により5月末でリースの更新ができなくなったためだ。

スタッフによると、年内の再オープンを目指して現在引っ越しの準備中で、移転先は候補がいくつかあるものの、まだ確定していないとのこと。

このブログに書いてきたように、Jazz Bakeryには僕もしょっちゅう足を運び、素晴らしいステージの数々を見ることができた。エンジニアやスタッフの努力もあって、ジャズのライヴハウスとしては音響も良かったので、移転を余儀なくされたのは残念だ。

さて、Jazz Bakeryは移転費用をまかなうため現在寄付を募っている。Jazz Bakeryに足を運ばれたことのある方、ロサンゼルスのジャズシーンをサポートしたい方は、ぜひ寄付を検討してみて欲しい。金額はいくらでもいいが、250ドルを寄付すると、名前の入った銘板が移転先の壁に永久的に掲示される。非営利団体なので、アメリカにお住まいの方の寄付金は所得税の免税処置が受けられます。詳細はJazz Bakeryまで。

<広告>
本ブログの管理人jazzaudiofanは、アメリカからのオーディオ機器の個人輸入のサポート(有料)を行っています。関心のある方は、まずこちらをご覧の上、jazzaudiofanあっとlivedoor.comまでメールでお問い合わせください。

☆1日1度のクリック、ポチっとお願いします☆
人気blogランキング
jazzaudiofan at 07:28|この記事のURLComments(4)TrackBack(0)

2009年04月18日

雑誌『ジャズ批評』で連載開始!

恥ずかしながら、告知させていただきます。

雑誌『ジャズ批評』では、これまで「ブログウォーキング」というコーナーで、ときどき拙ブログの記事を再録していただいていましたが、そろそろ発売予定の2009年5月号(149号)より、新たに連載記事を執筆させていただくことになりました!

テーマは「南カリフォルニアのジャズシーン」ということで、ロサンゼルスを中心とする南カリフォルニア在住のジャズミュージシャンにスポットライトを当て、近況報告やライブレポートなどをお届けしていきます。

第1回は僕の大好きなピアニストを取り上げ、連載第1号記念に豪華独占インタビューも敢行しました!それが誰かは誌面で確認してください。

…ということで、皆さん、『ジャズ批評』を買ってください!立ち読みはダメですよ!(笑)

また、「こんな人を取り上げて欲しい」というリクエストがあれば歓迎します。jazzaudiofanあっとlivedoor.comまで直接メールを下さい。

<広告>
本ブログの管理人jazzaudiofanは、アメリカからのオーディオ機器の個人輸入のサポート(有料)を行っています。関心のある方は、まずこちらをご覧の上、jazzaudiofanあっとlivedoor.comまでメールでお問い合わせください。

☆1日1度のクリック、ポチっとお願いします☆
人気blogランキング
jazzaudiofan at 16:03|この記事のURLComments(13)TrackBack(0)

2009年04月07日

神戸のジャズ喫茶&レコード店巡り

先月日本に一時帰国した際、実家に近い神戸三宮・元町のジャズ喫茶とレコード店を集中訪問してきた。高校時代に(ロック)バンドをやっていたので、三宮のセンタープラザにある楽器屋にはよく出入りしており、その近くのジャズ喫茶に一度だけふらっと入った記憶がある。その頃はジャズはまったく知らなかったのだが、そこで見たCannonball Adderleyの『Somethin' Else』のジャケットが「かっこいいな〜」と思ったことを覚えている。

また、大学に入りジャズに目覚めた当時はCDに移行する寸前だったので、これも三宮のレコード店で、『Stan Getz Plays』とかOscar Peterson Trioの『We Get Requests』といったLPを何枚か買ったことも覚えている。これも三宮のレコード屋だった。考えてみると、記憶にあるジャズ喫茶は今回最初に訪れた<Voice>だったのかもしれないし、レコード屋は隣のビルにある<りずむぼっくす>だったのかもしれない。いや、だんだんそんな気がしてきた(笑)。

ジャズ喫茶<茶房Voice>
Voice三宮センタープラザ西館2F。隣には真空管アンプの修理・販売店「Radio Days」が併設されている。喫茶店の入り口を入ると右側に長いバーカウンターがあり、オーディオ装置はその先端を右に折れた隅っこに配置してある。常連さんが和気あいあいと会話しながら、一杯ずつ丁寧に入れてくれるコーヒーを楽しむというカジュアルな雰囲気のお店だ。5000枚のLPから選んでかけるジャズの音量はBGM程度で、あくまで脇役といった風情。
続きを読む
jazzaudiofan at 17:18|この記事のURLComments(6)TrackBack(0)
Welcome!
1日1度のクリック、
ポチッとお願いします<(_ _)>↓
人気blogランキング
Profile

jazzaudiofan
ジャズとオーディオが好きで、アメリカに住んでます。Audiogon等を通じてアメリカからオーディオ機器を個人輸入したい方をサポートしています。詳しくはこちらをご覧下さい。