映画

2011年09月11日

Adam, The Weepies

昨年末に54インチのプラズマTV(パナソニック)を購入してから、映画をHDで観るのが楽しくて仕方がない。HBO、Cinemaxといったプレミアム・ケーブル・チャンネルでは映画をHD画質、Dolby Digital 5.1音声、コマーシャルなしで(もちろんDVRに録画して)観られるので、ちょっと贅沢だが、最近試験的に加入してみた。

そんなプレミアム・ケーブル・チャンネルで観て、気に入った映画のひとつが「Adam」(2009年公開)である。

adam_01アスペルガー症候群(自閉症の一種で言語力はある程度発達し知能も高いが、しぐさや表情などの非言語コミュニケーション力が低く、他者に共感する能力も限定的)をもつ若者アダム(ヒュー・ダンシー)が主人公。父親が亡くなり、仕事も失って、周りの世界が崩れていくなか何とか生きようとしている彼の前に、同じアパートに引っ越してきたベス(ローズ・バーン)が現れる。とまどいながらもアダムに惹かれていくベスは、どんな決断をするのか…。

adam_main小さな物語を感情に流されず、ゆっくりと詩情豊かに語っていく優れた映画で、とても気に入った。特に脚本がいいと思うのだが、演技面では、ヒュー・ダンシーはアスペルガーの青年という難しい役を見事にこなして作品のリアリティを打ち立てていたし、可憐だが芯の強いベスを演じたローズ・バーンも、脇役ながらベスの両親を存在感豊かに演じたピーター・ギャラガーとエイミー・アーヴィングも素晴らしい。脚本・監督のマックス・メイヤーは演劇畑の人で、映画の監督は本作が2本目だという。
続きを読む
jazzaudiofan at 10:43|この記事のURLComments(77)TrackBack(0)

2008年09月10日

Jack Sheldon / Trying To Get Good5

TryingToGetGood8月28日から31日まで、うちの近くで開催されたミニ・ジャズフェス、West Coast Jazz PartyでCDを販売してきた。このフェスティバルも今年で14回目。Terry Gibbs, Jeff Hamilton, Ken Peplowski, Houston Person, Butch Milesといった、おなじみのミュージシャンに加え、今年はDave FrishbergやBruce Forman, Annie Sellickなどの姿を見ることができた。

今回のイベントで最も印象に残ったのは、50年代からロスで活躍し続けているトランペッター/歌手のJack Sheldonを題材にしたドキュメンタリー映画、Trying To Get Goodの試写会だった。

Sheldonは現在76歳だが、最近のライヴ・レポートにも書いた通り、いまだ現役。声の方には衰えが感じられるものの、トランペットについてはいまだに惚れ惚れするほど素晴らしい演奏を続けている。

このドキュメンタリーは、Sheldonの生い立ちからミュージシャンとしてのキャリアを関係者のインタビューを中心に振り返る内容。インタビューでは家族や本人以外に、Billy Crystal, Chris Botti, Clint Eastwood, Dave Frishberg, Johnny Mandel, Ken Peplowski, Merv Griffin, Tierney Suttonのほか、なんと元国務長官のJames Bakerまで登場する。

トランペッターとしては練習の虫で、いつでもどこでも長時間練習し、現在もトランペットの先生からレッスンを受けていること。人気テレビ番組Merv Griffin Showに出演し、名声と高収入を手にしたこと。母親と息子と娘が相次いで亡くなるという悲劇に見舞われたことなど、僕自身よく知らなかった事実が語られている。

とても良くできた映画で、試写会では何度も笑わされ、泣かされた。最近DVD化され、このウェブサイトから入手できるようになった。Jack Sheldonやウェストコースト・ジャズが好きな人にはオススメである。

<関連アルバム>
It's What I DoIt's What I Do
Jack Sheldon California Cool Quartet
2007
Listen UpListen Up
Jack Sheldon California Cool Quartet
2006
California CoolCalifornia Cool
Jack Sheldon California Cool Quartet
2004
☆1日1度のクリック、ポチっとお願いします☆
人気blogランキング
jazzaudiofan at 12:29|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年11月19日

Little Manhattan・小さな恋のものがたり4

小さな恋のものがたり<特別編>DVDで観た素敵な映画を紹介したい。マンハッタンに住む小学校5年生の男の子の初恋を描いた"Little Manhattan"だ。僕は男のくせに、こういう初恋映画が好きだったりする。『リトル・ロマンス』を観て同世代のダイアン・レインに恋してしまった前科があるし・・・^^;。

<ストーリー>
何をやってもダメな10歳の小学生・ゲイプ。両親の離婚を控えて落ち込んでいた彼は空手教室に通い始めるが、そこで練習の組み手となったのは幼稚園からずっと同じ学校に通っているローズマリーだった。

Little_Manhattan_12005年の公開で、アメリカでも大ヒットはしなかったけれど、批評家や視聴者からきわめて高い評価を得た作品だ。日本では劇場公開こそされなかったものの、『小さな恋のものがたり』という邦題でDVDが発売されているらしい。

シリアスな映画ではなく、"When Harry Met Sally"(『恋人たちの予感』)やウディ・アレンを彷彿とさせるコメディだ。女の子なんて「ゲッ」としか思っていなかった男の子がふとしたきっかけで恋をして悩みまくる姿とか、この時期は女の子の方が男の子より身体的にも精神的にも成長している(実際、このカップルは女の子の方が背が高い)といった点がおもしろおかしく描かれている。

Little_Manhattan_2マンハッタン(アッパー・ウェストサイド)が、物語の第3の主人公のように重要な役割を果たしているのもポイントだろう。緑豊かなセントラル・パーク、古い町並み、門番やエレベーター運転手がいる高層マンションなどが魅力的で、うわー、行ってみたい、と思わせる。脚本・監督のマーク・レヴィンとジェニファー・フラケット夫妻は、全編ロケ撮影の舞台となったブロックに長く住んでいたそうで、この映画自体がその街へのオマージュになっているのだ。

ゲイブの両親を演じるブラッドリー・ウィットフォード(The West Wing『ザ・ホワイトハウス』)とシンシア・ニクソン("Sex and the City)も、実にいい仕事をしている。声を出して笑ってしまうシーンが満載で、それでいてホロっとさせられる。大人が観て十分楽しめる、とてもよくできた映画だと思う。オススメです!

"Little Manhattan"公式サイト

☆1日1度のクリック、ポチっとお願いします☆
人気blogランキング
jazzaudiofan at 13:56|この記事のURLComments(2)TrackBack(1)

2006年10月10日

The Departed4

The Departed先日ちらっと紹介した、ハリウッド版「インファナル・アフェア」を観てきた。マーティン・スコセッシ監督の"The Departed"である。

まだ公開直後ということで、詳しくはネタバレになるので書かないけれど、かなり原作に忠実な作りで、手に汗握る暴力的なエンターテインメントとして、とても良くできていると思った。ただ、やはりというかなんというか、肝心要ともいえるところでいかにもハリウッドらしい変更が加えられている。原作には存在しないマーク・ウォルバーグの役どころ、女性セラピストの位置づけ、そしてエンディング・・・。どれも考えてみると、作品の本質に関わる変更といえる。

原作への忠実度にこだわってそういった点を考え出すと、けっこう問題だと思うけれども、実際に見ている間は結構楽しめた。スコセッシ監督は、やっぱりこういういマフィアものではさすがというか、力を発揮しますなぁ。マット・デイモンも、ディカプリオも、アンディ・ラウやトニー・レオンにはかなわないとしても、結構いい演技をしていたし、ジャック・ニコルソンも予想通り強烈^^。原作のファンでも、それなりに楽しめると思う。

オーディオファイルの視点からひとつ。原作では、2人の主人公がオーディオ好きという設定で、真空管アンプなどが登場するのだが、その点も少しだけ反映されていた。マット・デイモンのマンションに、ひと目で分かるある有名なメーカーのオーディオ機器がずらっと並んでおり、これまた有名なメーカーのヘッドフォンが登場するのだ。後は見てのお楽しみ。オーディオファイルの方は、このシーンでニンマリしてあげてください^^。

原作はこちら↓
インファナル・アフェア

☆1日1度のクリック、ポチっとお願いします☆
人気blogランキング
jazzaudiofan at 10:36|この記事のURLComments(9)TrackBack(29)

2006年09月22日

ハリウッド版「インファナル・アフェア」

The_Departed香港映画の「インファナル・アフェア」をマーティン・スコセッシ監督がリメイクしたらしい。僕はぜんぜん知らなかったのだけれど、テレビの予告編を見て、これは「インファナル・アフェア」のパクリだとすぐにわかった^^。アメリカ版はボストンに舞台を移し、警察とアイルランド系マフィアとの抗争、という形を取る。題名は"The Departed"。公式サイトはこちら、Wikipediaのエントリーはこちら

警察からマフィアに送り込まれ潜入操作を続ける若い警官と、逆にマフィアから警察に送り込まれエリート街道を突き進むスパイとの虚々実々の駆け引きを描いたオリジナルの香港映画は、スリル満点で最高だったし、トニー・レオンとアンディ・ラウの競演も見応えがあった。

ハリウッド版の配役もなかなか豪華だ。

警察からマフィアに潜入するスパイ(トニー・レオン)
→ レオナルド・ディカプリオ
マフィアから警察に潜入する悪役スパイ(アンディ・ラウ)
→ マット・デイモン

一見悪そうな奴が正義の味方で、真面目そうな奴が悪役、という配役は踏襲されてるなぁ^^。でも、俳優の「格」は劣るような気がする^^;。

そして、マフィアのボスはジャック・ニコルソン(怖っ)、ディカプリオの上司である警視役はたぶんマーティン・シーン。マーク・ウォルバーグは性格の悪い刑事役らしいけど、原作に対応する役柄はあったかな?

The Departedは10月6日公開予定。見てみたいけど、原作が良かっただけに、ハリウッドがまた外してしまうのではないかというスリル(?)もある。スコセッシ監督って、才能あるけど当たり外れが激しいからなぁ^^;。

<原作は↓>
B000FI9OZYインファナル・アフェア
アラン・マック アンドリュー・ラウ アンディ・ラウ
ポニーキャニオン 2006-07-19

by G-Tools

☆1日1度のクリック、ポチっとお願いします☆
人気blogランキング
jazzaudiofan at 07:39|この記事のURLComments(2)TrackBack(1)

2006年08月28日

原作ファンによるジブリの『ゲド戦記』批判

ゲド戦記 全6冊セット今回は異例のことですが、まだ見てもいない映画の話を書きます。批判的な内容とネタバレが含まれますので、ジブリの『ゲド戦記』をこれから見ようと思っておられる方で、変な予備知識はつけたくない方、特に原作を読んでおられない方は、ご覧にならない方がいいかもしれません^^;。

僕はアーシュラ・K・ル=グィンの『ゲド戦記』が大好きだ。大学の英語の授業で原作を読んだのが最初の出会いで、その深遠な世界観にすっかりはまってしまった。今でも、1〜2年に1度は必ずシリーズ全作を読み直しているほど。

その『ゲド戦記』を、これまた大好きなスタジオ・ジブリがアニメ化するということで、僕はとても楽しみにしていた。ただ、その後ニュースをフォローしていなかったので、日本で公開が始まったことを知ったのは2日前のこと。ブログ仲間のがみさんから、このアニメと連動して出された手嶌葵という歌手のCDがなかなか良い、というお話をきいたのである。実際、試聴してみたところ、鳥肌が立つほどすばらしい。

そこで、ワクワクしながらジブリの公式サイトに行き、トレーラーを見たり、あらすじを読んだりしたのだが・・・ここで、アレ、なんかおかしいぞ、ということに気づいた。
続きを読む
jazzaudiofan at 19:27|この記事のURLComments(12)TrackBack(3)

2006年03月06日

第78回アカデミー賞と映画の行く末

78thAcademyAwardsどんなに忙しくても、毎年つい見てしまう授賞式。今年は、大好きなコメディアンJon Stewartが司会をしていたのも嬉しかった。主なカテゴリーの結果は以下の通り。アカデミー賞の公式サイトはこちら

作品賞:Crash
監督賞:Ang Lee (Brokeback Mountain)
主演男優賞:Philip Seymour Hoffman (Capote)
主演女優賞:Reese Witherspoon (Walk the Line)
助演男優賞:George Cloony (Syriana)
助演女優賞:Rachel Weisz (The Constant Gardener)
脚本賞:Crash
脚色賞:Brokeback Mountain
アニメ長編:Wallace & Gromit in the Curse of the Were-Rabbit
ドキュメンタリー長編:March of the Penguins

作品賞は、絶対にBrokeback Mountainが取ると思っていたのでビックリ。主演女優賞も、Transamericaで性転換前の男性を演じたFelicity Huffmanが取ると思っていたのでビックリ。他はおおむね予想通り・・・というのは嘘で、予想した24部門のうち当たったのは11部門と半分以下だった^^;。

僕の計算に間違いがなければ、賞の数はBrokeback Mountainが3つ、Crashが3つ、Memoirs of a Geisha (SAYURI)が美術関連で3つ、King Kongが音響・特撮関連で3つ。圧倒的な作品がなくて、賞がバラバラに別れた印象だ。

僕が観た中では、やはり『ブロークバック・マウンテン』が群を抜いてすばらしかった! 20ページ程度の短編小説を2時間のドラマに仕立てた見事な脚色、「普通の映画」にすることを決めたアン・リー監督の英断、そして若手俳優たちの演技。同性愛者が差別されない社会が早く実現することを願いつつ、多くの人に観て欲しいと思う。『ナイロビの蜂(The Constant Gardener)』は、カメラが動きすぎて乗り物酔い状態になった以外は良くできた映画で、レイチェル・ワイズの助演女優賞も順当と思う。

『ウォレス&グロミット』は、短編の頃から大好きなクレイアニメーションの長編版で、ちょっと感覚的にアメリカナイズされたかなと思ったけど、楽しめた。各所にちりばめられた小さな駄洒落が何ともいえない。『ハウルの動く城』はあまり良くなかったので(僕は宮崎監督は大好きだけれど)、今回取れなかったのは仕方ないだろう。ドキュメンタリーの『皇帝ペンギン』はこのブログで以前紹介したほど気に入っていたから、今回の受賞は嬉しかった。『グッドナイト・アンド・グッドラック』は良作だけれど、残念ながら受賞なし。
続きを読む
jazzaudiofan at 15:24|この記事のURLComments(3)TrackBack(3)

2006年02月19日

Good Night, and Good Luck4

Good Night & Good Luck - O.S.T.毎年この時期になると、アカデミー賞受賞作を予想するために、ノミネートされた作品をできるだけ観るようにしているのだが、今年はなかなか時間が取れない。今日は悩んだ結果、ジョージ・クルーニーが監督・共同脚本・主演した政治映画Good Night, and Good Luckを観てきた。第78回アカデミー賞では作品賞、監督賞(ジョージ・クルーニー)、主演男優賞(デイヴィッド・ストラザーン)、脚本賞を含む6部門にノミネートされている。

ジョージ・クルーニーは軟派なハリウッド俳優と思っていたが、最近リベラルな政治信条と反ブッシュ政権の立場を明らかにしていて、僕は大いに見直した^^。政治的な感覚の鋭さは、ジャーナリストだった父親から受け継いだのかもしれない。

この映画は、共産主義への恐怖がアメリカを席巻していた1950年代、エドワード・マローというテレビ草創期の気骨のジャーナリストが、悪名高い「赤狩り」の先頭に立っていたジョセフ・マッカーシー上院議員に挑戦したという実話をもとにしている。マッカーシーは、共産主義という見えない敵による恐怖を煽り、「異議を唱える者は皆共産主義者」として言論の自由を制限し、上院の政府調査委員会を通じて無実の人の生活やキャリアを台無しにした、アメリカの歴史の汚点として記憶されている政治家である。

この映画をこの時期に作ったクルーニーの意図が、テロリストという見えない敵による恐怖を煽り、「対テロ戦争」という大義名分の下に「我々に組みしない者は敵」と言い切り、国内の反対言論を「敵を利する反国民的行為」として抑え込もうとしているブッシュ政権に対するプロテストであることは間違いない。9.11後腰砕けになってしまった米マスコミに対する叱咤激励という側面もあるだろう。

映画としては、モノクロ・フィルムで時代の雰囲気を出し、当時の映像を駆使してドキュメンタリー的なリアリズムの構築に成功している。贅肉をそぎ落とした知的な脚本も、デイヴィッド・ストラザーンの抑えた演技もすばらしく、僕はかなり気に入った。実際に放送された通りと思われるエド・マローのスピーチはとても力強く、感動的ですらある。

そして、この映画のもうひとつの見所は「ジャズ」である^^。なんといっても、ダイアン・リーヴスによるこの映画の関連アルバム(正確にはオリジナル・サウンドトラックではない)が、今年のグラミー賞のBest Jazz Vocal Album部門を受賞しているのだ。
続きを読む
jazzaudiofan at 17:41|この記事のURLComments(87)TrackBack(3)

2005年08月28日

March of the Penguins4

March of the Penguins久しぶりに映画を見た。フランスのドキュメンタリー映画March of the Penguinsである。フランス語の原題は『皇帝の行進』、日本では『皇帝ペンギン』として公開されているらしい。フランス語のオリジナルはナレーターが複数いるらしいが、アメリカ版は俳優のモーガン・フリーマンがひとりで(そしてもちろん英語で)ナレーションをやっている。日本ではたぶん、フランス語に字幕をつけて公開されたんだろうなぁ。

感想は・・・すごく良かった!! 皇帝ペンギンの美しさにまず驚き、カップルが寄り添う姿に感動。雛ペンギンはメチャメチャ可愛いし・・・。それにしても、南極に住むペンギンたちの一年間を捉えた撮影隊はエライ!!

そういえば昔、ガラパゴス諸島でガラパゴス・ペンギンと一緒に泳いだことがあるが、彼らは水の中ではミサイルのように速く、自由自在に泳ぎまくるスゴイ動物なのだ。この映画にもちょこっと出てくるが、彼らの「home」はあくまで水の中。陸の上でヨチヨチ歩くのは「仮の姿」なのである。

この夏はハリウッド(メジャー・スタジオという意味)がろくな作品を出さなかったなか、この地味なドキュメンタリーが予想以上にヒットして、ロングランになっている。全体的には興行収入も落ち込んで大変らしいが、ティーンエイジャー向けの中途半端なアクション作品と続編しか作らなかったんだから当然だろう。我が身を振り返っても、この夏、劇場で映画を見たのは7月2日のWar of the Worlds以来である。どうしても見たい!と思う映画がほんとうになかったと思う。2005年の夏は映画業界で、「ペンギンの夏」として記憶されるだろう(^^)。

次は、来週公開されるジョン・ル・カレ原作のConstant Gardenerを狙っている。原作の小説の邦題は『ナイロビの蜂』。監督は『シティ・オブ・ゴッド』で強烈な印象を残したブラジルのフェルナンド・メイレレス、主演がレイフ・ファインズとレイチェル・ワイズとくれば、これは期待できそうだ。

☆ブログランキング(2カ所)に参加しています☆
ランク向上/維持のため1日1度のクリックをお願いします<(_ _)>
人気blogランキング
ベストブログランキング
jazzaudiofan at 17:02|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

2005年08月20日

Unison Research〜インファナル・アフェア

Unison Research Reference Valveステレオファイル誌の最新号に、イタリアのオーディオ・メーカーUnison Researchが、845という特殊な真空管を使ったモノブロック・アンプを発売するとの記事があった。ヨーロッパが大好きなSam TeligというライターのUnison Research(そして姉妹会社のOpera Loudspeaker)の訪問記を兼ねたコラムである。845というのは、真空管初心者の僕は噂でしかきいたことがないのだが、ラジオの送信用に使われた特殊な真空管らしい。Unison Researchは比較的安価なハイブリッド・プリメインアンプUnicoなどが有名だが、今回は「金に糸目をつけずに開発せよ」との号令の下、ものすごい製品を作ってしまったようだ。

強力な845をモノブロック1台につき4本、「シングルエンド」で使い(パラレルではあるが、プッシュ・プルではない!)、80ワットの出力を叩き出すという。Sam Teligがいうように、ある意味で究極のアンプかもしれないなぁ。ちなみにお値段は、記事によればペア4万ドル。Reference Valveというこの新製品は、まだUnison Researchのウェブサイトにすら載っていないのだが、エレクトリではもう販売してますね。すごいなぁ。
続きを読む
jazzaudiofan at 18:52|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
Welcome!
1日1度のクリック、
ポチッとお願いします<(_ _)>↓
人気blogランキング
Profile

jazzaudiofan
ジャズとオーディオが好きで、アメリカに住んでます。Audiogon等を通じてアメリカからオーディオ機器を個人輸入したい方をサポートしています。詳しくはこちらをご覧下さい。