ギタリスト 中村太一

ギター時々カメラと自転車

2

500x
FH000010
「Leica M6 summicron50mm 1st」


雨だなぁ、洗車して雨降って汚れて洗車して。
従業員駐車場は砂埃で魔の空間だ。
早くも2万キロを突破してしまった、でもだんだん調子良くなってきた。
燃費も伸びてきたし。
20万キロ目指してゴー。

思えばもう明日ピアノだ。
2冊目いったけど難しくなってる。
生徒さんから言われる一週間早いってこの事ですね。

練習しよ。


Orange Studio
 

ギターを弾く

ギター
L1020343
「Leica X1」

昨日はギター選定をした。
キッズだけど良いギターを選んでもらえたんじゃないかな。
最終的に同モデル3本くらいから決定します。

今日はコア材を使われたエレキ弾いてみた。
面白いですね、サスティンはないけど輪郭はハッキリしてる。
眼中になかったメーカーだけど良かった、やっぱりアンテナはずっと張っていないとな。

新しいのが入ったらいつも弾くようにしてるけど、やっぱり大切なんですね。
何でも試したい性格が吉となるもんです。

最近はまた曲を作り始めてる。
何かを動かしていかないと。


Orange Studio


しばらく

お待ちください
L1003107
 「Leica M8.2  summicron50mm」


アイルランド強いなぁ。
でもハラハラ、ドキドキするような試合を観れる。
日本も強い。
2019年が楽しみですね。

それまでしばらく待ちましょう。


Orange Studio 

チューン

じゃあまた
FH000033
「Leica M6 summicron50mm 1st Tri-X」


アルファロメオのジュリアが日本導入が決定したみたいですね。
SUVなんかも出るみたいだし楽しみ。
買えないが。

個人的にはフィアットのプントが導入されて、アバルトチューンして欲しい。
500xのアバルトも噂で終わってるし、商売にならないんだろうな。


Orange Studio

ベース

自転車
L1003105
「Leica M8.2  summicron50mm」


ベースを弾くならといくつかプリアンプなど試奏。
やはり少し歪ませると良い感じ。
それにしてもベースの音色って難しいなぁ、勉強しよ。


Orange Studio





ドミナント


FH000011
 「Leica M6 summicron50mm 1st Tri-X」


スタッフバンドでやろうとしている曲ですが、面白いんです。
イントロはAmキーから始まって4小節CのコードでバンプがあってからAメロへ。
そのAメロがドミナントのGのコードから始まる。
世の中にたくさんある曲の中でドミナントから始まる曲って少ない。
ジャズの曲もmや7で割ることが多いし。

Cコードの4小節もギターがAmペンタっぽくソロをとってるのでマイナーっぽい、そこにドミナントから始まるAメロがメジャーなのだけど哀愁があるように感じる。
日本人っぽいというか。

うーんやっぱり曲を研究するっていうのは面白い。
特にコード進行を中心に考えていくのが楽しい。
今まで研究したことをまとめて本でも出せたらいいけど。


Orange Studio

家でなら

日本海
FH000026
 「Leica M6 summicron50mm 1st  ILFORD」

ピアノのレッスンのテキストが終わって新しく2冊増えた。
難しいけど楽しい。
音楽は一生を使って学べるからすごいな。

家で弾けてたのにレッスンでは弾けなくなる。
これホンマやなぁ。

今日も楽しい1日だった。


Orange Studio 

黄昏

二人
FH000031
 「Leica M6 summicron50mm 1st  ILFORD」


何かが起こるまで待つのでなく、何かを起こす方でありたい。
最近はまた元気になってきた。

昔に少し戻れた気がする。
黄昏てる場合では無い。


Orange Studio 

日曜日

俯瞰
FH000024
 「Leica M6 summicron50mm 1st  ILFORD」

物事を俯瞰で見ることは大事。
まぁそうやって見れないのも自分らしくて良いか。

今日はレッスンの合間にゲリラライブしました。
演奏するのは良いですね。
スタッフバンドもしようってなってます、というか僕が決めた。
ベース弾きます。

楽しも〜。

日曜日は活気がありますね、皆さん駐車場が大変なのだけど。
ありがとうございます。


Orange Studio 

風の通り道

いざ
FH000014
 「Leica M6 summicron50mm 1st  ILFORD」

夕方に散歩したら気持ちい。
風の通り道がいくつかあって、そこに立つと何かの一部になったみたい。

ギターを弾いてる時も、写真を撮ってる時も、ステアリングを握ってる時も風を感じれたら良いのに。


Orange Studio 
今までの日記達へGo
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ