ギタリスト 中村太一

ギター時々カメラと自転車

携帯ナビ

ダホン
  
「 Leica M8.2  summicron50mm 」

今回は携帯カーナビを使いました。
CMでもお馴染みのナビタイムです、これはオフラインでも使えるので使ってるですが、今回はオンラインで使ってみました。
実際地図をダウンロードして携帯の中に入れてしまうタイプなので、通信費はあまりかからないとの噂だったので。

いざ2時間半ほどのドライブをしてみたところ、30Mいってるかどうかです。
全然問題無し。
月に一回か二回の使用ならオンラインの機能を堪能した方が良さそうです。

夏は凄く熱くなってしまうとか問題もありますが、携帯ナビで大丈夫そうです。


5ヶ月

チンク
 20160719-L1002329
「Leica M8.2  Super Wide-Heliar15mm」

チンクの6ヶ月点検のハガキが届いた。
任意だけど受けてた方が良いなぁ。

来月で半年です、早い。
当たり前ですが、軽より維持費がかかるのを実感する毎日。
ただ高速乗ったりは楽です。
今回の蒜山、大山もだいぶ楽でした、坂道なんかも。

5ヶ月の所感を。

後部座席を倒してしまえば、ダホンのフォールディングバイクも2台しっかり積めます。
楽器機材も積めます。
むしろ割り切り出来ると積む行為は楽かもしれません。
3ドアにも慣れました。
10000キロは越えましが順調です、たまに「えっ?」て音もしますが大丈夫でしょう。
ほぼクラッチの音だと思います。

車が好きになる車かもしれません。
購入した当時は外観のカスタマイズの事ばっかり考えてましたが、今は車のエンジンやブレーキ、走る事の気持ちが強い。

同じ車に出会うと嬉しくなるくらいの販売台数がよい、移動手段のためのものが移動自体も楽しくなる。
メリットはスペックなどではなく気持ちの方が多い。
ただ燃費は凄くいい、2気筒のエンジン音が大きいので、通行人や自転車の人に気付いてもらえるので安心。
自分もよく歩くので恐ろしく静かな車は怖い。
ただ夜はうるさいので少し気になる。

今のとこデメリットはあまり感じない。
2人で乗る分には十分です。
でも次々はもう少し大きい車をと思ってるということは、少なからずデメリットを感じてる部分もあるかもしれませんね。


Orange Studio

 

マイク

ビーチ
20160720-L1002368
 「Leica M8.2  summicron50mm」

あれだけラインで録音すごい良いと言いながら。
Orange Studioのレッスンでアンプにマイクを立ててギター録音。
やっぱりマイクは良いですね。

この辺はプライベートスタジオの利点です。


Orange Studio
 

避暑

テラス
20160719-L1002268
 「Leica M8.2 summicron50mm」

このテラスの椅子に座ってたら、頭を空っぽにしてずっといれる。
避暑ですね。

今日は録音、音源制作。

ほぼラインで録った。
せっかくのスタジオなのでマイク録音出来るが、最近のライン録音はまぁすごい。
簡単な音源であればラインは早く音もいい。


Orange Studio

 

大山

ポタリング
20160720-L1002352
 「Leica M8.2  summicron50mm」

二日目は大山に向かっていくポタリング。
日本海とダホンも良い感じ。

午前中でポタリングを終えて、後は高原へ。
今日は暑かったです。

写真家の植田正治さんの美術館にも行きました。
1930年代の写真を見てると、進化って何だろと思います。
素敵な場所でしたが、この写真がどのカメラで撮られてとか、何のフィルムでとか分かればもっと楽しかったかな。

また時間を作って鳥取、島根なんかをもっと掘り下げたいと思います。


Orange Studio
 

向日葵
20160719-L1002290
 「Leica M8.2 summicron50mm」

向日葵の丘公園にも行きたいと思ってたけど、蒜山にも咲いてた。
やっぱり一番好きな花です。

今年も見れて良かった。


Orange Studio 

1年ぶり

ポタリング
image
Leica X1

蒜山にきてポタリングです。
この場所も1年ぶりですが、自転車に乗るのも1年ぶりです。
思えは事故してから乗らなかったなぁ。
しっかりメンテしたので、ダホンは快調です。

やはりちょっと怖さがあるのか、下り坂はかなりゆっくり走ります。

蒜山は涼しくて、少し寒いくらいでした。
もちろん足はパンパン、でも良い運動になりました。

今回はフィルムは持ってこずデジタルだけです。
撮るより走るを優先させました。


システム

モニュメント
20160718-L1010736
「Leica T  summaron35mm」

最近は自分のジャズを演奏するシステムが固定している。

フルアコから直でAERのアンプのチャンネル1へ、そこからアンプについてるDIアウトでミキサーへ。
ガットギターからFishmanのアコースティックシミュレーターを通してAERのアンプのチャンネル2へ、そこからアンプについてるDIアウトでミキサーへ。

音量のバランスはアンプが7でスピーカーが3です。

これは2年前くらいから同じで良いと思ってたけど、少し変えていきたいなぁとも考えている。

先ず演奏しててガットギターは音量の割にモニターしやすく、アドリブしてても1弦から6弦、どのポジションも気にせず使える。
フルアコだと低音弦がモコッとしてて、どうして演奏が高音弦やハイフレットに集中してしまう。

僕はどちらかというと低い音をアドリブでよく使う方なのにライブでは使えない。
少しピッキングを弦によって変えたりしても返しの音が難しい。
もっとカラッとした音を出して、それもそれはありだと思うけど。
僕はマイルドな音は出して解決したい。

アンプがもう少し後ろに置けたら良いのだけど。
う〜ん。

もしかしたらメインスピーカーに音を7にしてアンプを3にする。
そしてアンプでモニターアンプのようにする感じも良いかもしれない。

ただ僕はフルアコはアンプの音が大きいと思ってる。
AER2台体制も試しても良いかもしれない。

アンプ自体も色々試したいものがあるんですけど、先ず置いてない。
代理店もないようなものもある。

まぁこれが楽しいのだけど。


Orange Studio



 

木の下

木陰
20160718-L1020054
Leica X1

暑い。
梅雨明けもしたんですね。

でも木の下にいると涼しいもんな。
すごいなぁ。


Orange Studio


 

お昼

パシャ
20160717-L1020047
今日はホリーズでライブでした。
 
初めてのお昼ライブでしたが、満員御礼の楽しいライブでした。
お越しくださった皆さま本当にありがとうございました。

次回は9月19日(月)です。
この日も15時からです。
その前9月10日にはNHK神戸放送局での演奏があります。
これもお昼ですね。

こういうのもアリですね。


Orange Studio
 
今までの日記達へGo
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
天気
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ