Jazz Spot CANDY

ジャズ、音、心に魂に振動します.何時も初めてのように.

12月ライブのご案内&NewYear

12月 目の前で!ほとんど生音響!皆違うサウンド!ワクワク体感しましょう!

★6日(火) 「石井 彰ピアノ・トリオ+1」
石井 彰(p) 杉本智和(b) 類家心平(tp) ダレン・ムーア(ds)
0pen19:30 Start20:00 前予約¥3500当日¥4000(1drink込・税込)
CIMG1624 (375x281)










類家心平 121201














☆Peter BrotzmannとPaal Nilssen-Loveの12月来日は中止!来年4月に延期!

★10日(土) 「タケシステム ヴァリエーションズVol.2」
森 岳之(ds) 吉田隆一(Bsax) 竹下勇馬(electro-bass)
0pen19:00 Start19:30 前予約¥3000当日¥3500(1drink込・税込)
3 チラシ




















★13日(火)Gard Nilssen Acoustic Unity  fromノルウエー
ガード・ニルセン(ds), アンドレ・ローリゲテン (saxophones), ペッター・エルド (contrabass)
0pen19:30 Start20:00 前予約¥3500当日¥4000(1drink込・税込)
マーク・ラバポート氏より「ノルウェーの若手#1ドラマーとしてポール・ニルセン・ラヴを猛追しているのがStarlite Motel、Bushman’s Revenge、Puma、sPacemoNkey、Astro Sonicほか数多くのグループで大活躍しているガード・ニルセンだ。
 今回が初来日となるアコースティック・ユニティは、ガードのジャズへのこだわりがもっともストレートに表れているユニットである。パワフルにグルーヴするニルセンのドラミング、ローリゲテンの強烈なブロウ、そしてエルドの勇ましいベースが合体する時、スリル満点のリアル・ジャズがCandyに響き渡るだろう。」
http://www.gardnilssen.com/project/798/gard-nilssen%C2%B4s-acoustic-unity1213 3


















★19日(月)立花秀輝(as) 不破大輔(b) 
0pen19:30 Start20:00 前予約¥2800当日¥3300(1drink込・税込)

★24日(土)鈴木俊祐(p) TAKERU(日本太鼓) 
0pen19:00 Start19:30 前予約¥2800当日¥3300(1drink込・税込)



2017年1月NewYear
★7日8日板橋文夫2days 
7日(土)【濤踏】板橋文夫(P) レオナ(Tap)瀬尾高志(B)
8日(日)【スペシャル・ユニット】
板橋文夫(P)類家心平(Tp)纐纈雅代(As)瀬尾高志(B)レオナ(Tap)ダレン・ムーア(Ds)

★12日(木)鈴木俊祐ピアノ・ソロ バースディ!

☆予定14日(土)Sabu豊住、近藤等則(etp)☆

★18日(水)【Arild Andersen Anniversary Trio】
Arild Andersen(bass) Helge Lien(piano) Thomas Stronen(drums) guest: Makigami Koichi
あくなき好奇心で北欧シーンを牽引するベテラン、アリルド・アンデルセンが、斬新かつメロディアスなピアニスト ヘルゲ・リエンと、知性派ドラマー、トーマス・ストレーネンと来日。珠玉のスーパートリオです! 祝古希!

★21日(土)石田幹雄 ピアノ・ソロ

★24日(火)大西順子(pf)トリオ! 若井俊也(b) 山田 玲(ds) 
復活しています大西さん。このピアノはじけましょう!
                 
★28日(土)Left Exit, Mr K  (Karl Nyberg




jazzspotCANDY(Since1976/04〜New2002/04〜)
♪Sound of Candy♪リアル・レコード&ライブ鑑賞
千葉市稲毛区稲毛東3-10-12 Fax043-246-7726
http://blog.livedoor.jp/jazzspotcandy/ 
メールjazz_candy-lj@infoseek.jp
★伝統と革新!ジャズの遺産・今起きている音!
目の前で、音響空間で、スリル!ワクワク!体感!
通常営業(レコード演奏) open15:00〜close22:00頃  
ライブ日の通常営業15:00〜17:30頃  
★レコード演奏と生演奏とリアル!日常を離れリフレッシュ!オリジナルジャズ♪フリージャズ♪インプロヴィゼーシ
●JazzAudeio Wake Up 
見当違い、マナー違反、酩酊、お断り申し上げます。
●住宅地の為、外ではお静かにお願いいたします。 
●駐車場は側のTIMES格安へ。
●通常料金:ソフトドリンク¥1000(一品付) アルコール\\1400〜(一品付)              
サイド・オーダー:ソフトドリンク¥800〜、 アルコール¥900〜                                                           
ライブ 【席数15席程の為、予約いただくと増席など助かります】                
学生(大学生まで)割引、70歳以上割引、お尋ねくださいませ!               
稲毛駅下車・西口徒歩2分   




拝啓 albert aylerさま

アイラーの原点、精霊たちと、スピリッツ、ヴァイブレーション、ニューオリンズジャズ、シドニーベシェ、コルトレーン、
毎年この時期今年も行きました。もう書くことがありません。アイラーの音は激しいものもあるけれど、悲しくて優しくて美しいものを掴みます。

集団即興演奏からも音がいいとそれは何をかいわんや掴みます。愛と平和でしょう。

今年も「angels」1964年と1965年1966年と違う曲で、ジャドソン・ホールのそれが一番。。。

映像ドキュメンタリーを見たらその後にもう行けない。父親がアイラーのお墓を捜すところから始まる。見つけて終わる。

11月25日はアイラーの命日(34歳)、追悼でした。新たなるメンバーとサウンドへ向かうも、家族の問題を抱えていて幻覚幻聴もあったという。ついに身を・・・。1970年、11月5日から行方知れず25日イーストリバーで遺体が見つかる。

アイラーの一つ上あの三島ゆきお氏の命日。当時私は新宿に住んでいてTVニュースでアノ映像を見ていた。そして父の命日(1993年)と、毎年3つの思い出が。

あの頃、凄い日本凄い世界の出来事と共に、若い私がいた。凄い経験をしていたのか。

Albert Ayler My Name Isayler Spirits Rejoiceayler Swing Low Sweet SpiritualAyler グリニッジビレッジAyler Last Liveayler Live on the Riviera

20161127【Dark Horse is a Swedish improvising trio】

John Holmstlom(p) Alfred Lorinius(b) Marten Magnefors(ds)
皆さまありがとうございました!
初来日fromスウェーデン、いい感じの3人組でしたね!連日ライブに明け暮れています。この日は齋藤徹さんのトラベリングベースをお借りし、ご満悦のアルフレッド君、良かったね!

CIMG1992 (261x350)















CIMG1991 (254x350)















CIMG2000 (375x281)
















CIMG1996 (375x281)













完全即興演奏の発生!各々の音が孤立していると思いきやいつの間にか絡み合っている。
アルフレッドとマーティンのデュオが発生する。凄く音を聞くヨンくん。そしてトリオでグイグイ行く。
2セット?イエース!ワンセット短くも各ありき聴き応え!アンコールで音量弾けましたね。
CIMG2001 (375x272)












CIMG1998 (375x278)
















ピアニストのヨンくんは、私の日本語をキャッチ!わかっちゃって凄い感覚!アフターでは盛り上げてくれるヨンくん。日本語で四とは〜。
日本の曲は?いろいろ知りたいんよ。私が歌う荒城の月♪J子さんキー教える。ローランドカークをかける。早すぎか。
滝廉太郎はヨーロッパでクラシック・ジャポンで名が通っていたから取り上げてみたけれど、すぐ彼は弾きました。

J子さんとスウェーデン流行り。
CIMG2003 (375x276)

お休み

11月29日 本日お休みです

今日はライブ!ラストスパート!

今、ベースを持ってきてくれましたのは、齋藤 徹さんとお嬢さん。

徹さん、大変な時に・・・ありがとうございます!

お顔見れて嬉しきかな!一見して解らないものです。

じっくりじっくり治療へ!!!!!


今日ライブのスウェーデンのトリオ、Dark Horse is a Swedish improvising trio アルフレッド君は、どこそこでベース借りての演奏模様。日本人は本当に親切でしょう。できる限りのことはやるでしょう。

取り急ぎ 感謝をこめて


28日お休み

Paal Nilssen-Love,Peter Brotzmann12月の来日中止

Brotzmann/Nilssen-Love duo
08 07/12/2016
CANCELLED AND POSTPONED TO APRIL 2017

ポール・ニルセン・ラブとペーター・ブロッツマンの来日はキャンセルされました。

candyは2days12月7日8日中止です。

ポールは10日程前に左足膝の大けがをしたそうです。無理してひどい事になったらもう大変です。

待ちに待っているファンの方々残念ですが、今直すことが大事ですものね。じっくりキッチリ直してです。

そして来年4月には来たい、来る と言っております!勿論ペーターさんと!4月後半待っていますとも!4月はcandyの開店月!イエース!


ボボ・ステンソン・トリオへ

コンサート会場は板橋の安養院・瑠璃講堂 イベント開催など兼ねた新しいお部屋で、ボボ・ステンソンはスウェーデンのピアニストで大御所ですが、都内では1度の公演のみ。
ECMファンの方、ミュージシャン・ファンの方、ミュージシャン等・も聞きに100席満員でした。

1960年代、ゲーリーバートン、他、活躍していて、自己のトリオも沢山出していますね。70代って海外の人って皆凄いわ、音、旨み、高みでしょう。

盟友アンダーシャ・ヤーミン(b)は俳優みたいな鋭い風貌、勿論ベースは素晴らしかった!
ヨン・フェルト(ds)はハンベニンク系の若者でした。

静寂なサウンドからどんどん行きインプロも入りました。オリジナル・サウンドもアグレッシブに展開し、通して1時間半聴き応えました!アンコールにヨンのドラミング弾けましたね〜。
Jさんとお食事美味しかった。ありがとうございました!

スウェーデン、ノルウエー、デンマーク、フィンランドも?北欧の持つ美しいジャズのそれぞれ。

スウェーデンと言えば27日日曜日にcandyで次世代の若者のピアノトリオのライブです。18:30から!
【Dark Horse is a Swedish improvising trio】
John Holmstlom(p) Alfred Lorinius(b) Marten Magnefors(ds)
3人はこの日聞きに来ていました。明るい彼ら、モチベーションも上がりましょう。皆さま是非どうぞ。格安ですよ
前予約¥3000当日¥3500(1drink込税込)

25日はリクエスト不可!フリー・ジャズ、チョイスのみ!


今日は雪警報、11月末において真冬到来。稲毛はもうすっかりやみました。深々とし寒い寒い。




20161122千野秀一@candy

皆さまありがとうございました

1年ぶりの千野さんです。お帰りなさい!
いのちのいまい(井野信義、千野秀一、今井和雄) や、ちのいまい での即興演奏、最近では様々なミュージシャンとオリジナル曲などもありましたが、この日は初めてのソロ・ピアノで、しかも楽曲です。

バッハ以前、バロック音楽以前、中世の16世紀15世紀の音楽をご披露しました。楽譜があるそうで凄いですね。

沢山の楽譜を前に演奏する千野さんの穏やかなにこやかなお顔、素晴らしい音、聴いた事のないサウンドの数々、解説(曲名)も入りながらどんどん演奏していく。

CIMG1985 (375x277)












CIMG1986 (375x281) 















あの大きな手から放つ音の強さは、タッチの美しさに安定して聴けるのです〜。素敵でした!メモ取ろうと思う中できず・・・心に秘めましょう。

CIMG1990 (375x275)












CIMG1988 (375x279)















終演後、こんな演奏していいのかなぁって、ジャズじゃないから?いいですとも!いいものはいい!本物はいいですもの。

素晴らしいなぁという私に、ジャズよりも?って。即興演奏では1時間近くぶっ通して、そこには凄い緊張感があります。今日は音楽の歴史を知るし何にしても美しい音を前にして、暖かくてホカホカしました。皆さんも大満足でしょう。

もっと近ければなぁ・・・って。遠方からよくぞ来てくれて感謝です。来年また!





11月も終盤へ

秋が少ないから、過ごしやすい日もあるから、冬とは思えずのなかもう11月も終盤へ早いです。
ライブは2回。アイラーの日と、あります。

お休み11月23日(水祝)28日(月)

11月22日(火)千野秀一 ピアノ・ソロ!
ベルリンから帰国ライブ全開の千野さんのcandyはソロです。全編譜面で行くそうです。それはアフターではありましたが(バロック音楽や色々色々)ライブでは初めてです。
美しいタッチと凄いテンション、皆さま是非どうぞ!
open19:30start20:00前予約¥2800当日¥3300(1drink・税・込)


11月25日リクエストお断りの日 
Albert Ayler、Free Jazz レコード演奏&映像・チョイスのみ


11月27日(日)【Dark Horse is a Swedish improvising trio】
fromスエーデン
John Holmstlom(p) Alfred Lorinius(b) Marten Magnefors(ds)
随分前からブッキングや連絡されていました。どんな人たちだろう。初めてにワクワク!画像では素敵でした。
https://vimeo.com/119613386
皆さん是非どうぞ!この日は18:30スタート!
open18:00start18:30前予約¥2800当日¥3300(1drink・税・込)



齋藤さん調律登場してもらわしないと。まだ低音弦交換は出来ていないけど大丈夫、一度切れるとがたがたになるけどそれもしょうがないって、愛しむピアノに対しても大らかな斉藤さん。
人は明るい方がいい!明るいのに救われる。お世話になります!

この所食べ過ぎ。10垈畭燭凌字に唖然とした昨年は何処へ。12月からダイエット!?!?


20161119Raphael Malfliet、Todd Neufeld、Carlo Costa@candy

Raphael Malfliet(eb)Todd Neufeld(g) Carlo Costa(ds) 
fromUSA

先日と同じ編成でありながら天と地のような違うサウンドですが、人気ですか!沢山のお客様が!皆さまありがとうございました!

CIMG1978 (375x266)












CIMG1982 (277x375)




















ブッキングくれたラファエル君、超絶なテクとサウンドは26歳ですって。ベルギーとアメリカをいったりきたりだそうです。初来日に楽しそう。
譜面の世界から構築された音の中に、望郷も見え隠れした美しく暖かなサウンドでした。
CIMG1983 (281x375)


















菊地雅文プーさんと共演していたトッドさん。声を発して演奏するギターの独特です。
CIMG1980 (375x281)












CIMG1973 (375x273)












CIMG1974 (375x281)












譜面の世界をミニマムに効果音にサウンドするカルロ。イタリアからアメリカ(母方)に18年以上住んで知るとか。後半はダイナミクス聞かせてくれました。
CIMG1984 (375x281)














終わってみれば、皆みんなリラックス!英語話せればなぁ、変なタンゴ並べる私にジョシュもCちゃんもハラハラ。若者3人はコミュニケーション抜群で千葉を知りたくよく話します。サンクス!


Archives
Profile
jazz spot candy
千葉市稲毛区稲毛東3−10−1

自分にとって、JAZZは「今」生きている音。
自然な音を聴きたい、鳴らしたい、生演奏のような、ライブ感と緊張感と、本物を伝えたい。
 そんなコンセプトのお店、candy
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ