Jazz Spot CANDY

ジャズ、音、心に魂に振動します.何時も初めてのように.

10月のイベントご案内&11月

10月3日(水)Nicolas Mounoud(electro) Joe Taria(ds)
エレクトロニクス・二人のnicoさんが来演したのは4月の事。今回はジャパン・ネパール・フェスティバル(2日)で来日へ。
candyの共演はドラマー、エレクトロ、エンジニアとして現在日本在中の、話題のジョーさんと。
open19:30start20:00
1 drink included Reservation ¥3000  day¥3500
DSC02198 (1000x667)










JoeTaria
















10月4日(木)【YTTERLANDET】
Swedish/Norwegian improvising trio
Sture Ericson(SE)(サクソフォン、クラリネット)
Henrik Olsson(SE)(ギター)
HakonBerre(NO)(ドラム)
open19:30start20:00
1 drink included Reservation¥3500
ytterlandet_














10月8日(月祝)【HEX】Danish free-trance duo
open17:30start18:00
1 drink included Reservation ¥3000 day¥3500
Anders Bach(ds、composer)
Lars Bech Pilgaard.(guita)
HEX


















10月13日(土)start19:30 予約¥3500(1drink込)
鈴木俊祐(piano) 佐藤洋祐(as) 落合康介(bass) 武井庸郎(ds)
DSC01576 (375x244)









CIMG1825 (375x272)










CIMG0099 (375x273)










P1050253 (375x281)













10月17日(水)start20:00 予約¥3500(1drink込) 
Christian Meaas Svendsen(bass)fromノルウエー
Yong Yandsen(sax)fromマレーシア
with田中憲崇(ds)
CIMG0543 (375x262)











CIMG0774 (375x278)











P1090779 (350x263)

















10月19日(金)start20:00 予約2500(1drink込)
2ギター!柳沢耕吉、細井徳太郎、

10月21日(日)start18:00 予約¥2500(1drink込)
Jeppe Zeebergイエペ・シーベア(piano) fromデンマーク

10月31日(水)【AAS】start20:00 予約\3500(1drink込)
立花秀輝(asax、ssax)山口コーイチ(p)カイドーユタカ(b)磯部 潤(ds)

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

11月3日(土)start13:00
【Alexi Tuomarila Trio】from訃音ランド
ALEXI TUOMARILA(piano)
MATS EILERTSEN (double bass)
OLAVI LOUHIVUORI(drums)

11月10日(土)start20:00
酒井 俊(vo) 土井徳浩(cl)市野元彦(guitars)

11月16日(金)start20:00 fromスエーデン
Sehak-Arnott Freya(Celo) Lo Ersare(vo)

11月17日(土)セレン・ギュリン(p・vo) 庄田二郎(tp)

11月20日?
11月21日(木)Par Tomas,Joel Grip,Antonin Gerbal

11月25日(日)start13:00
J.-P. Piirainen Guitar Solo! fromノルウエー

11月27日(火)start20:00
Jo David Meyer Lysne Guitar Solo! fromノルウエー

11月28日(水)start20:00
山岸直人(ds) 大田麻佐子(p)ドイツ、山尾麻耶(三味線)

11月29日(木)start20:00
セアゴ(p)ピアノ・ソロ!fromデンマーク 巻上公一(テルミン・vo)ソロ

11月30日(金)Simon Toldam Triofromデンマーク
Simon Toldam(p)シモン・トールダム、
Nils Davidsen(b)ニールス・ダヴィッドセン、
Knut Finsrud(d)クヌート・フィンスルッド











20180929【The Tronosonic Experience】

千葉市稲毛来稲毛東3-10-12
不定休 9月30日お休みです(*^。^*)

LIVE♪ 皆さま ありがとうございました!
Ole Jorgen ardal(saxophones)
Oyvind Nypan(guitars)
Per Harald Ottesen(bass)
Marius Troan Hansen(drums)
ノルウエーから来日ツアーラストナイトのcandy!youtubuでは解りえない、この狭いスペースとアコーステックな環境でどうでしょう?爆発的なサウンドも美しい〜。それぞれの上手さと音楽性、1時間ぶっ通しで駆け抜けました!
DSC03210 (375x244)











DSC03213 (375x250)











DSC03214 (375x247)










DSC03206 (375x240)











DSC03205 (375x243)











DSC03218 (375x243)
















今回メールのやり取りしてくれたCちゃん!今日は来てくれたし、貴方がいて本当に良かった!彼らにご馳走してくれて、コミュニケーション欠かさず、ありがとうございました!

2部なし、聞きに来たチハヤさん(ちんどんジャズ・ドラマー)ありがとう。アンコール10分程ありホッ!
DSC03224 (375x244)











DSC03226 (375x194)









記念撮影

明日ノルウエーへ帰路へ、ハッピーな4人でした!
DSC03231 (375x250)














今月のライブ営業に全て来てくれたOさん、ありがとうございました!Iさんおしい…!(^^)!




Miles Davis ナイト!

1991年9月28日マイルスディビス没 あれからそれから27年特集を組んできました。この所全くお客さんがおられず寂しいですが、初心忘るべからず自分の為にやりつつも、一人でもお客様はいらっしゃると、特に聞きたい人には嬉しい限りです。

今日の夜には映像に行きました。この時代youtubuで見れるも、大きい画面でいい音で、久しぶりにエンジョイしました。Kさん、Nさん、ありがとう!
miles dvd 1970










この曲は?なんとでも呼んで!そのご「call it enyting」との曲名に。

Miles Dvis











Miles Davis Bitches Brew





















今月ラストライブ♪皆違くて皆いい!
29日(土)【The Tronosonic Experience】fromノルウエー
Ole Jorgen Bardal(saxophones) Oyvind Nypan(guitars) Marius Troan Hansen(drums、percussion)
Per Harald Ottesen(bass)
ジャズ・ロック・ヒップでホップ?今ジャズ♪海外の人の超テク・音楽性・お楽しみに!19:30から!

30日(日)お休み




20190927Katinka Klein、田中徳崇、石田幹雄@candy

皆さま ありがとうございました!

カティンカさんはシカゴ・交響楽団、インターナショナル・コンテンポラリー・アンサンブルのチェロ奏者。この度、藤倉 大(クラシック・現代音楽・作曲家)さんによるボーン・クリエイテブ・フエスティバル2018(世界から演奏者を招聘、24日には東京芸術劇場でコンサートが)で来日しました。

カティンカさんとシカゴ繋がりのノ田中ノリタカさんよりcandyでライブをしましょうと声をかけられました。candyの共演者は石田幹雄さんです。

カティンカさんは他にも子供たちにチェロや曲や教えたり、日本を音楽をエンジョイしている。そんな話もはずむとても綺麗なチャーミングな女性でした。

1部、始まり始まり〜。幹雄さんこんな音持ってたの?すばらしい〜!現代音楽から即興へ向かうカティンカさんのチェロさばき、ブラッシングで細やかな効果音のノリタカさん。3身一体聞き応えました!
DSC03197 (375x249)











DSC03183 (375x245)











DSC03181 (375x241)











DSC03191 (375x243)











DSC03188 (375x215)












チェロにはPAを加えたり、生音で聞こえたり、2部は幹雄さんピアノをチェロにより近ずけて、ピアノ主役のサンドになりました。インプロからフリーでしょうか、ドラミングもグイグイ来ました。上品なカティンカさんのサウンド。


美しい音と人達とパチリ!
来年1月にはシカゴ交響楽団で来日予定のカティンカさん。巣後音聞きに行きます!CD買います!
DSC03199 (375x234)












ノリタカさんありがとう!10月17日にまた)^o^(




20180926【ATM】AkiraIshi,Takashi Sugawa,Masa Ogura

皆さま ありがとうございました!

石井 彰ピアノ 須川崇志ベース MasaOguraドラムス
音がいい!3身一体!こんなインプロヴィゼーションだったらずっと聴いていたい!ピアノから、ベースから、ドラムスから、3曲になり連なるサンド!
DSC03152 (375x238)











DSC03164 (375x233)











DSC03158 (375x238)











DSC03176 (375x245)













この日は大雨でもあり、都内方面からの道路は渋滞だったそうです。石井さんは大忙しくツアー中に腰をやってしまってまあ大変〜。塗薬を背中から腰へ、首から方へ、塗って差し上げました。
2部始まり始まり〜。
ななんと石井さんノリノリで踊り始めました!そんな中のベースとドラムスとどんどんサウンドしていきます。激しくて美しいピアノが再開し、3人でどこまでも行きました!
DSC03171 (375x239)











DSC03166 (375x250)











DSC03157 (375x237)













Masaさん!「マグネティカルテット」に続き、レコーディングへネ!次回は来年2月18日の予定。 

2部からいらした方は四国から。candyのオーディオを聞きたいといらしたそうですが高知ではかなりライブも聞いてきたという根っからのジャズファン。
そうですか、、、BGMのマイルスからコルトレーンへ、突然音量あげました(ライブのミュージシャンに気を使いますよ)すると石井さん、コルトレーン本気出したねって。Masaさんも須川さんもニコニコレコード聞いていましてホッ!
「デビー」のマスターにcandyに行くように言われていて来ましたって。エヴァンスかけましたとも。ありがとうございました!




26日、27日、29日ライブ! 28日マイルス特集!

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
ライブ日の通常営業15:00-17:30頃まであります
28日(金)マイルス特集!

9月26日(水)【ATM】 
Akira石井 彰(p)Takashi須川崇史(b)MasaOgura (ds)
美テンション♪うんもう本当に聞かせますよ!インプロからスタンダードも石井さん!グイグイ行きます須川さん!Masaとおこります!皆さま是非どうぞ(*^。^*)

19:30開場 20:00開演 予約¥3500当日¥4000(1drink込税込)
DSC02388 (375x230)













9月27日(木)Katinka Kleijn(cello)Chicago Symphony Orchestra のチェリスト 田中徳崇(ds)with 石田幹雄(Pf)
凄い事です♪お見逃しなく!
19:30開場 20:00開演 予約¥3500当日¥4000(1drink込税込)
20180927_JazzCandy (375x264)












Katinka Kleijn

















P1090779 (350x263)











DSC02337 (375x250)
















9月29日(土)【The Tronosonic Experience】fromノルウエー
ジャズ・ロック・ヒップでホップな今ジャズ♪いい音が聞こえてきそうな面構え〜海外の人の超テク・音楽性・お楽しみに!
Ole Jorgen Bardal(saxophones)
Oyvind Nypan(guitars) 
Marius Troan Hansen(drums、percussion)
Per Harald Ottesen(bass)
19:00開場 19:30開演 予約¥3500当日¥4000(1drink込税込)
0929 The Tronosonic Experience (500x485)















20180923 John Russell,Sabu Toyozumi @candy

ジョンさんを駅にお出迎え・私はどこ?ここよ!
後ろ高瀬さんご苦労様!
DSC03113 (375x232)











DSC03112 (375x247)













5年ぶりの ザ デュオ!ジョン&サブ
心臓の体の大変な中よくぞ来てくれましたジョンさん。昨年には台湾のイベントでジョンさんと再開したサブさん、何時も本当にハッピーです。
再会にお話が尽きないジョン&サブ。ドラムの皮を2枚張り替えてくれたサブさん、音は難しくなるでしょうか、何のその〜。

この日は、いつも来てくれる方、当日に駆けつけたファンの方、皆さまありがとうございました!

DSC03114 (375x240)











DSC03128 (375x236)











DSC03130 (375x250)











DSC03127 (375x238)











DSC03124 (375x241)













協調と新た、ぐいぐいサウンドするジョンさん美しいアコースティック。サブ・ワールドはラストに二胡をご披露!
DSC03137 (375x244)













前日は他所でお客さんとして集中し、楽しみましたが、自分の店では一人では、そうもいきません。
ハッピーな音と空気を感じました。ありがとう!
DSC03143 (375x231)












10日間ぶっ通しでのラストナイト。ショートです。3ステージです。

疲れもピークのジョンさん。早く新宿のホテルに帰るつもりのなか、いい方達とニコニコジョンさん。アフターで パチリ!
DSC03145 (800x482)













インプロとフリーと違う時、同じとき、経験がものを言う。内相的ではなく音は放出される美しく。ありがとう!

駅から店へのお迎えありがとうNさん!
店から駅へのお送りありがとうOさん!

アフターアワーズ後21:30頃からサブさんと皆さんと打ち上げへ。同じ方向のOさんに送ってもらえるとご機嫌なサブさん2回目の事。時間はあっという間・・・サブさんの若かりし日々や武勇伝や話は尽きず。また次回インタビューです?!?

John Russellラストナイト9/23 18:00start

9月23日(日) 営業はライブのみです!
24日閉店19:00 25日(火)30日(日)お休み

The Duo!
John Russell(g)Sabu Toyozumi豊住芳三郎 (ds)

P1010302 (800x600)












17:30開場18:00開演 予約 3,800 円 当日 4,300円 (1Drink付)

5年ぶりに来日のジョンさんです。共に来日ツアーしていたストーレ・リァヴィーク・ソルベルグさんは本人の手違いで帰国する事になりました。
見逃すのも惜しい・・・両国「門天ホール」へ聞きに行きました!
30分ずつ盛り沢山!
オープニングにソロでギターの秋山徹二さん。ジョンとストーレのデュオ。超絶トランペットのピーター・エヴァンスのソロ。そしてジョン、ストーレ、ピーター。素晴らしかった〜。

お久しぶりですジョンさん!5年前の心臓手術後かなり太ったと聞いていたけれど、本当に太っていて歩くのは休み休みという大変さです。
しかし大丈夫!アコーステック・ギターはマイクとギターアンプ使用、演奏は輝いていたし、終演に向かう頃には真っ赤な顔になりやりきりました。音がいい!

盟友サブさんとcandy初出演のジョンさんは2004年5月、ギターはアコーステック生音で、サブさんのドラミングに向かい弦は2本3本切れてしまい、エー、歯で弦弾きも。

3年後は流石にアンプ使用するもマイクで拾い、アコーステックにこだわるジョンさん。
その後も2~3年ごとにサブさんと定期的に来演、ジンが大好きで体臭はジンなほどに。その後お酒はすっかりやめて、紙煙草をしていました。

美しいサウンドに、ジョンとサブの沢山の思い出が蘇りジーン。ジャズと生きて、様々な体験をして、音と人と知り合って。この日はまた心の財産となるのでしょう。
千葉にはジャズは難しきですが、いい日にします!

5年前のご案内のもの↓
john&sabu





20180921Kjetil Andre Mulelid、Bjorn Marius Hegge、Andreas Winther@candy

Kjetil Andre Mulelid(piano)Bjorn Marius Hegge(double bass) Andreas Winther(drums)
昨年の1月に「Left Exit, Mr K with中村としまる」で来日したアンドレアスさん。今回のピアノ・トリオは20代の若者達、海外の子たちは総合的に素晴らしく、初めて聞く事のワクワク〜。

お客様少なく・・・休憩取らずに長めの1ステージで行く事にしました。連続性に富み、ノルウエーの風景、ジャズの醍醐味、オリジナリティ、素晴らしいサウンドに入り込みました(^_^) 
皆さまありがとうございました!

DSC03093 (500x333)











DSC03096 (500x311)












うわ〜キースのピアニズムに溢れるシェイテルさんのピアノ!これは聞き応えました。
DSC03098 (500x317) (2)











ビョルンさんの生音のベースの趣き、口笛サウンドも。
DSC03103 (500x323)











カッコいいドラミングのアンドレアスさん、細やかなアプローチ、大きなグルーブ。
DSC03102 (500x322)












ピアノソロの場面に聴き入る二人。
DSC03100 (500x322)












アフター後10時過ぎに帰路へ。帰り際にパチリ!
これからいいツアーへ(*^。^*)
DSC03110 (500x333)






20180919Axel Dorner、Simon Toldam、Matk Solborg、芳垣安洋@candy

Axel Dorner(tp)fromドイツ Simon Toldam(pf) Matk Solborg (g)fromデンマーク 芳垣安洋(ds)

この時期海外からのライブが盛り沢山でお客さんも分散しています・・・ご来店の皆さまありがとうございました!
DSC03084 (375x237)












アクセルさん再会!超絶テクニック!しかけなんてないトランペットだけで超サウンドしていく凄さ。
DSC03076 (375x244)












シモンさん初めまして!音が立ち、サウンドの間と美しい空気感と瀑と、まだまだ引き出しがありましょう。(11月30日ピアノ・トリオで来演します)
DSC03069 (375x240)












マークさん初めまして!美しいギターサウンドを聞かせてくれました。音量は控えめでアコーステックを狙います。
芳垣さんどうも!場所も違えば音楽的にも違うアプローチの皆さんでしょう。今日も沢山のサウンドを聞かせてくれました。
DSC03081 (375x366)


















ツアー2日目、休憩時間もアフターも4人のお話は尽きませぬ。
DSC03073 (375x237)












レコードCD,物販が格安でカウンターに溢れています。購入する楽しそうなお二人。何時もありがとう(^。^)
DSC03075 (500x329)

















Archives
Profile
jazz spot candy
千葉市稲毛区稲毛東3−10−1

自分にとって、JAZZは「今」生きている音。
自然な音を聴きたい、鳴らしたい、生演奏のような、ライブ感と緊張感と、本物を伝えたい。
 そんなコンセプトのお店、candy
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ