Jazz Spot CANDY

ジャズ、音、心に魂に振動します.何時も初めてのように.

12月のご案内

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
open15:00〜close22:00
ライブ日通常営業15:00−17:30頃まで

お休み予定11月29,30,12月1日,10日,17日
8日のライブ前の通常営業はありません。

レコード演奏と生演奏(ライブ)のリアル!
今起こっているジャズの行方!音響空間で・目の前で・皆さま体感しませんか?お見逃しなく!

12月3日(水)【Skrap】
Norwegian electronic/experimental duo
Anja Lauvdal(synthesizers) Heida obeck(tuba/electronics)
ノルウエーから、女性二人の演奏会お楽しみに!
Anja  Skrap (375x251)










http://www.mummucollective.com/
https://soundcloud.com/skrapskrap
open19:30 start20:00 予約¥2800当日¥3300(1drink込・税込)


5日(木)【Friends & Neighbors and Albatrosh】
Japan Double Tour 2014
Thomas Johansson(trumpet)
Andre Roligheten(tenor saxophone/bass clarinet)
Oscar Gronberg(piano) 
Jon Rune Strom(double bass)
Tollef Ostvang(drums)
P1010039 (375x281)









http://www.thomasjohansson.no/

【CORTEX】で来日したトーマスさんの音の良さ、かっこいいジャズ!ポールとフローディさんと5月に来日したヨンくんのエネルギッシュなベース!クインテットのアンサンブル、テナー、ピアノ、ドラムスとエネルギ−満載!彼ら美しいです!
FrendsAndNeighbours_23









http://www.friendsandneighbors.no/www.friendsandneighbors.no/About.html
ピアノが変わり新たにデュオ!2バンドです!お見逃しなく!
 
Andre Roligheten(Tenor Saxophone) Eyolf Dale(Piano)
Tomas Foht albatrosh_press31











http://www.albatrosh.com/
open19:30 start20:00 予約¥3800当日¥4300(1drink込・税込)



7日(日)8日(月)2days!!Paal Nilssen-Love&Ken Vandermark 
Solo&Solo&Duo Solo&Solo&Duo とか?!ワクワク〜!
open19:00 start19:30
予約¥3800当日¥4300(1drink込税込) 2days¥7000(込)
7日レコーディング入る予定、8日ライブ前の営業ありません
2012年時
P1030911 (375x250)












Ken Paal 2012120708





























 
16日(火)林 栄一(as) 石田幹雄(p)
林 栄一http://www.hotmusic.co.jp/profile/hayashiprofile.htm
石田幹雄http://www.geocities.jp/s000152e/
P1020130 (375x281)









P1020800 (375x281)









open19:30 start20:00 予約¥3000当日¥3500(1drink込・税込)


19日(金)鈴木俊祐(p) 落合康介(b) 服部正嗣(ds)
P1050035 (375x250)










2012年鈴木俊祐作曲「朝日」演奏クインテット


open19:30 start20:00 予約¥3000当日¥3500(1drink込・税込)



21日(日)板橋文夫(p) FIT! 瀬尾高志(b)竹村一哲(ds)
NewCD 『2nd Step MABUI』発売記念!
http://bowz.main.jp/itabashi/index.html
P1030295 (375x281)











open19:30 start20:00 予約¥3500当日¥3800(1drink込・税込)
 


22日(月)喜怒無月(g)X吉見政樹(tabra)
喜怒無月http://mabokido.web.fc2.com/
吉見政樹http://sound.jp/tablin/profile.html
P1030152 (375x281)









open19:30 start20:00 予約¥2800当日¥3300(1drink込・税込)




やっていてよかった

昨日はフリー・ジャズの数々と、アイラーを行く日とひそかに決めていた。勿論お客さんいらしたら歴代のジャズいきませう。

初めていらしたお二人はなんと乗りがいいのでしょう。なんと礼儀がいいのでしょう。口開けから遅くまでいらっしゃいました。感性豊かな方!candyの色を!ミュージシャンの細部まで!

アイラーのファースト、ラスト、キース・ジャレット・トリオ、ブリジット・フォンテーン(vo)&アート・アンサンブル・オブ・シカゴ、ニーナ・シモン、リー・モーガン、マントラ、コルトレーン、マイルス、etc.

コンサートにも出かけるそうで、12月5日を他も勿論お勧めすれば良かった・・・(謙虚なわたくしめ?)
ノルウエーの6人今を駆け抜ける美しいジャズ・バンド、クインテットとデュオと二つのバンドのセット、上品にはじけましょう。
candyの格別なライブ、若者達来ればいい〜!


Albert Ayler/1936年7月13日〜1970年11月25日

11月25日は父の命日でもあり、多くの事に感謝をこめて終わりました。過去、現在、未来、どこまで?昨日の様に、これからの彼らに出会えて・・・続く。

『My Name Is Albert Ayler』
久しぶりにこのレコードは、デスク・ユニオンからオリジナル復活もどきに制作されたもの。CD、旧レコード、後を絶ちませんのはやはり人気でしょう。
発生する声、スーッと入っていきますね。音楽のバランスと質!

Albert Ayler My Name Is


















『rare&unissued recordings(1962-70)9CD Spirit Box (Revenant)』
精霊、自然、と会話するアイラー!1962年のアーミー・バンドでのファースト、未発表からラスト1970年まで、8年前でしょうか、凄いモノが世の中に出ましたのよ。大きな宝箱を開封した時、手作りのそれを一つ一つ手にしたとき、ワクワク感と歓び、未発表音楽の数々、インタビュー、音を出したときの感動・・・制作者に大感謝しました。

ayler Boxケース















Ayler BoxCD





















『Albert Ayler/Holy Ghost』RECORD3set
【Trane of the father, Pharoah was the son, I was the holy ghost,】
アメリカから日本に千葉に住むHJくん、レコードプレーヤーないのに持ってきていたと、素晴らしい。5年ほど前でしょうか、譲っていただいた貴重なレコード、ありがとう!CDから抜粋した3枚組!

Ayler Box record












Ayler Box record3















おつかれさま

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
open15:00〜close22:00
ライブ日通常営業15:00−17:30頃まで
お休み 11月26(火)29(土)30(日)

連休3連日には晴天で、皆さまよきにですね。3日間客足はパラパラと、これは本当に音好きでないと出来ない仕事と思いつつ・・・いらした方ありがとうございます。

長い時間お客さんいらっしゃらずの中、小さな音量で色々作業を、それも音は鮮明に入ってきますとも。さんざん聴きましたアイラー!明日はアイラーの命日1970年11月25日、アイラー月間な気持ち・自分お疲れ様!?

P1050009 (375x276)
















SIくん来てくれてよかった。21時までは開けていないとなと思う中でした。そしてJ子さん、その後ITくん、音楽好きな物静かな面々と厳かにアイラーと、
この所のライブ、過去現在未来のライブ話、他コンサート話、演劇や映画や興味とリアルといいです。

あら?レコード棚が良いですねって。3人に評判のそれは、気分転換にレコード検索しつつインテリア。何を基準ともせずにおいてみました。
コンクリート壁にはレコードインテリアは出来ずなので、グッド・アイデア〜都度に変更〜。

P1050004 (375x272)














今日のラストはキースの『All Ways Let Me Go(2cd)』から2枚目の「Rleay」・・・キースはアイラーを好きだった証(逆さ読み)・・・アイラーに捧げた可愛い曲。
Keit always let me go













このCDライブの2001年4月、オーチャードではトリオによるフリー・インプロビゼーションでした。
他会場ではスタンダードメインの中のそれは、曲を素材にするか、真っ白な心で挑むか、素晴らしいものでしたし、
この時、キースの多大なる復活劇でした。ゲーリーとデジョネットと美学でした。

2002年に発売された時、CD1枚目 「The River」「Tributaries」をよくかけていて、病を治療するため千葉の実家に帰ってきていた男性が、オーソドックスなピアノトリオばかり聴いてきた中、
candyで新たなるトリオを聴く事が出来る自分を発見しましたと、昼間来てくれていました。
その後亡くなって。
レコードには一枚一枚思い出が絶えまえせぬ。。。

きっとアイラーにも芽生えたでしょうか。フリーとは魂の事ですから。


訃報 伊藤八十八さま

11月19日にお亡くなりになっていたと知り、大変驚きました。

3年前の夏、震災で延期されたトーマスのライブを組んでいるのですが、やりますか?とお声をかけていただきました。メジャー系のミュージシャンの、こういう狭いお店で、目の前で聴ける、素晴らしかった演奏にお客さんも大喜びされました。

今年のトーマスのソロに招待していただきましたが出かけられず・・・まさかのお話に、行動しないとだめだめと。

今日のラストレコードは、トーマス・エンコ・トリオの2作目を、最終章のショパンのエチュードに、思い出がよみがえりました。
『トーマス・エンコ/ジャック・デジョネット&ジョン・パティトゥチ』

(1992年に設立されたオーナー・プロデューサー、伊藤八十八率いるEighty-Eight’sレーベルが、設立以来10年余を経てSeason2に突入した。年間10タイトルの発売を目指す。)

トーマス・エンコ















業界では名プロデューサーとしては勿論、オーディオにもエンジニアにも精通し、その界隈ではこわい人とお聞きしていましたが、温厚な優しい方でした。

心よりご冥福をお祈り致します。




ITくん、毎年ありがとうございます!安らぎます。
P1040949 (375x250)













ペーターブロッツマン10テット凄いでしたね。また!
P1040948 (375x250)






今月のAlbert Ayler月間

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
open15:00〜close22:00
ライブ日通常営業15:00−17:30頃まで
お休み 11月26(火)29(土)30(日)

アイラー25日の命日、集中して今日はかけていました。夕方Aさんがレコード購入してきました。夜ITくんがCD購入してきました。

真面目なファンの取り組みにはとても嬉しい思いです。こうしてやってきてよかったと報われる時間です!

レコードの中身を入れ違えていた私、発見したのはIT君、本当に良く聞いている事の証明ですね〜。気を付けます!!!!!

混純としたフリージャズも、いい音で聴くと、位置関係や魂のサウンドの素晴らしく鳴ります。
ayler Spirits Rejoice














ayler love cry
















このレコード・ジャケの思い出深く・・・TNくん、届いているよね!
ayler last albam (218x224)















20141104【Lana Trio】@candy

ライブ記は書き続けていたのでやはり書かないとね!思い起こして簡潔に!新しいところからさかのぼりました。
今日はお客さん居ない時間と深夜に一気!すっきり!さっさとやればいいのに・・・気分です〜。

今年2月に初来日したトリオのCD発売記念!
Live In Japan(candyライブ録音齋藤(サウンドウエイブ)

Kjetil Jerve(piano)
Henrik Munkeby Norstebo (trombone)
Andreas Wildhagen(drums)

透明感と静寂感と壮大な大地の北欧から、20代の若者達が到来していました。第二第三世代のインプロの世界も、このラナ・トリオは一味違います。ジャズです。
一部はかなり静かなドラムスに?二部は爆発音圧に笑む。
ピアノのエア奏法?セシルテイラーバリも。
トロンボーンの暖かく鋭い音色。
全編即興とは思えないサウンド大!

CDとライブと両方いいのは凄く嬉しい事、彼らはまさにでした。あの時のお客さんは来られない方が多く残念でした。是非このCD購入されますように。

皆さま ありがとうございました!

彼らはコミュニケーションとろうとする良い若者達。が、言葉が・・・最後まで付き合ってくれたITくん、心強気〜感謝!

P1030857 (375x281)












P1030853 (375x281)












P1030849 (375x281)












P1030851 (375x281)













P1030858 (375x278)













外でパチリ!イエ〜イ
P1030862 (375x281)





20141105【Tokyo Night Owl Trio】@candy

皆さまありがとうございました!

今年2回目の来日Dave Miller(ds) 君率いる日本のトリオ結成しましたのは、 天田 徹(fl,afl,bfl,cbfl,) 八木美知依(21,17弦琴)と!

デイブ君の用意した楽曲の組曲のような大曲に、八木さんも天田さんも優しく幾度もリハーサルの音だしをしていました。本番はばっちりですとも!2部はフリーで、皆素晴らしいね!

フルートのアンプが途中壊れて、琴のSPからフルートをかぶせたりアクシデントもありました。良かった〜!音がいいしバランスがいいし、皆流石でした!

P1030886 (375x277)












P1030869 (375x274)












P1030900 (375x281)












P1030896 (375x281)












P1030916 (375x281)















お疲れ様!集合写真マークさんと
P1030922 (375x276)















20141108黒田京子、喜多直毅@candy

『愛の讃歌』CD発売記念♪
この週はライブが3回もありましたし、今日はファンの方々が来てくれましたし、ホッ。
ライブスタッフが欲しい。相場の半額でjazuを勉強したくて仕事できる人で・。。

「枯葉」から始まり、沢山の楽曲を聴かせてくれました。音、音、音、素晴らしいね!テクニックは当たり前、表現力!生音が振動しました!

皆さま ありがとうございました!

P1030932 (375x281)












P1030938 (375x281)












P1030935 (375x281)












P1030940 (375x281)












P1030939 (375x281)














20141112【トライソニーク】@candy

皆さま ありがとうございました!

キム・ハクエイ(p) 杉本智和(b) 大槻"kalta”英宣(ds)
トライソニークの第2弾エレクトロニクス導入CD発売記念後、久しぶりのこの日でした。エレクトロ導入は杉本さんのベースだけのこの日、そのベースはアコーステック・ギターのような見た目で音は半々だそうで、いい音でしたね。

一部は凄い静かでしたが、2部は爆発的でしたし、何が起こるかわからないのがライブです!美しくてエネルギッシュでどんどんどんどんのぼりつめ、やはり聴き応えるトリオでした。

P1040738 (375x250)












P1040742 (375x250)












P1040735 (375x250)












P1040741 (375x250)











P1040747 (375x250)












P1040743 (375x250)













MCも真面目でさわやかなハクエイ君。この日もファンの92歳の女性が同伴の女性といらっしゃいました。素晴らしいね!

MUちゃん、手作りのミートボール、キャベツと肉蒸し、他ご馳走さまでした!感謝♥

久しぶりのせいか3人は深夜2時過ぎまで談義していました。みんなまじめで面白いから、あっという間の時間、話がうまいのは杉本さん、音楽と共にある事の楽しきかな。


20141115千野秀一、河崎 純、半野田 拓、大上流一@candy

皆さまありがとうございました!

ベルリンから今年2回目の帰国中の千野さんと、この日は初顔合わせの面々。河崎 純君は久しぶりで、体中奏法は益々に、微弱音のエレクトロニクスにさえ聴こえるサウンドから爆発力まで、大好きなベーシストです。

大阪から来ている半野田 拓君のエレクトロとギターの独特で聴かせましたし、大上流一くんのシンプルでいてさまざまな音を作るギター奏法と、宙に舞うようなピアノを奏でる千野さんの楽しそうな事!

全員で最後に延々と行きましたね〜この時間を惜しむように。。。それぞれのデュオやトリオ、聴き応えました!

P1040936 (375x250)













P1040940 (375x250)













P1040943 (375x250)













P1040945 (375x250)













P1040944 (375x250)













若者たちの演奏に聞きこむ千野さん♪これからの人たちへ多大なる信頼へ。
P1040942 (375x250)

















Profile
jazz spot candy
千葉市稲毛区稲毛東3−10−1

自分にとって、JAZZは「今」生きている音。
自然な音を聴きたい、鳴らしたい、生演奏のような、ライブ感と緊張感と、本物を伝えたい。
 そんなコンセプトのお店、candy
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ