Jazz Spot CANDY

ジャズ、音、心に魂に振動します.何時も初めてのように.

おめでとう

「紅茶専門店DADA」
星久喜の山奥から始まったDADA、稲毛東で、その後長野・蓼科では23年・・・!一回りし千葉に帰ってきました。この度、千葉西口側徒歩5分の所に新装開店!

4月3日に正式にオープン(11時〜19時)のなか、今日まで3日間プレオープン!っという事で、久しぶりにフルマスと出かけました。
マスター、石野一美(チョッキさん・昔からのあだ名)と奥様、年月を経てどうかしらと思いきや見た目も全く変わらず、明るく楽しい人でロック通です。

こだわりの紅茶、器、豪華なケーキとミルク・ティーを頂きました。おいしい良いお店にこれからのメニューが楽しみにまた出かけたい!

DADA 4 (350x263)











DADA 2 (350x263)













DADA 3 (350x263)












DADA 1 (350x243)














明日から4月!閉める店有れば、開ける店有り!
開店記念日1日はクラシックのライブであります。中々これなくてごめんね、ってSKちゃん、日本酒を届けていただく。2本も重たいのにありがとうございます!本年度も頑張ります!

4月5日のライブ、日にち迫る中のキャンセルが、、、困りますわ。



感謝

〒263-0031 千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
043-246-7726  jazz_candy-lj@infoseek.jp
通常営業15:00−22:00頃
4月お休み予定6(月)9日(木)13(月)18(土)22(水)28(火)
ライブ日1,5,17,20,21,25,27,ライブは減らそうと思う中やはり止められず。お手伝いさんも見つからず。無理なくハッピーに。

P1050159 (350x233)












P1050158 (350x225)











2015年の4月1日candyは今年40年目に突入へ。「40年おめでとうございます!」Cちゃんは花束を抱えて仕事帰りに来てくれた。明日明後日はライブだし早い方がいいし、ってネ!何時も何時も感謝です!

1976年から、新しいcandyでは15年駆け抜けてきた感じであっという間で信じられない。Cちゃんは前のcandyから20年近く、飽きることなく来続けてくれて、それどころか興味は益々に聴き続けて、素晴らしいわ。Cちゃんもあっという間でしょうか。。。これからもファイトで行きますとも!
P1050157 (350x233)












EMTレコードプレーヤーが動かない?!レジーナYさんに電話した昨日、快く感じよく優しく明日行くよって!今日取りに来てくれたのでした。何しろ重くて扱いにくい設置で、Yさんの好きな道音の道には何のその〜。2、3日オーバーホールです。
その間はCDで、そのスチューダーはエイブルさんの両親的な修理の後に活躍しています。
P1050160 (350x233)












4月1日はクラシック!ウィーンからの二人のオリジナル・クラシックは素晴らしいそうですし、開店記念日の思い出になります。この日もキャンセルなどでていますが、楽しみは尽きません。
齋藤さん(サウンド・ウエイブ)が来てくれました。眠たい目をこすりお帰りになりました。感謝!
P1050155 (350x233)












EAさんは時々おかずを差し入れしてくれる。男の料理のそれは私は大好きな焼き魚、美味しい〜。猫ちゃんもありがとうございました!PBXAS、楽しみにね!
P1050161 (350x230)











皆みんないろんなことを乗り越えて、音楽には喝を入れられ音楽には豊かにされる。感謝!
P1050154 (350x233)
















4月5月6月ライブのご案内

〒263-0031 千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
043-246-7726  jazz_candy-lj@infoseek.jp
通常営業15:00−22:00頃
4月お休み予定6(月)9日(木)13(月)18(土)22(水)28(火)

通常営業のレコード演奏もライブ演奏と同じ位置(音楽鑑賞)
にあるのがcandy!ワクワク・ジーン♪ライブとお楽しみください!

4月ライブ予定4月はcandy開店記念月間!
1976年から40年目に突入!感謝をこめて❤

4月5日、20日、以外は全て¥3000(税込1drinku込)で賄います!

★1日(水) 開店記念日!ウイーンからクラシック♪
早乙女フーバー陽子(ヴァイオリン)
Robert・Pobitschkaロベルト・ポビチュカ(p)

早乙女さんは宮川久美さんと芸大の同期でお友達、その繋がりによる齋藤さん(サウンド・ウエイブ)プロデュース。ロベルトさんのオリジナル曲を演奏。美振動♪お楽しみに!
open17:30start20:00 予約¥3000当日¥3500(税込1drink込)


★5日(日)日野皓正カルテット!限定30名!〆切御礼!
石井彰(p)須川崇志(b)田中徳崇(ds)

open16:30 start17:00 2ステージ入れ替え無し
料金¥10000(税込1drink込)
日野皓正(tp)楽器 (133x200)












★17日(金)【Instant Light】fromノルウエー
Jorgen Mathisen (saxophone)
Kristoffer Alberts (saxophone)
Ola Hoyer (bass)
Dag Erik Knedal Andersen (drums)

open17:30start20:00 予約¥3000当日¥3500(税込1drink込)
初登場ヨルゲンさんはエバンパーカーを彷彿させるそうですし、他面々はcandyでいい音聴かせてくれましたし、2管の迫力と、お楽しみに!


★20日(月)The Duo!!! Peter Brotzmann(ts、cl、tarugato)
坂田明(as、bcl)

P1000951 (375x281)P1020713 (152x200)









open17:30start20:00 予約¥4500当日¥5000(税込1drink込)
PBとASはブラザー!アウンの呼吸!
70代の今音は魂は20代の時のまま・美テンション!お楽しみに!


★21日(火)【Ape Club】fromノルウエー
Julius Lind ユリウス・リン(bass)
Kasper Varnesカスパー・ヴァーネス(sax)
Oyvind Brakkeオイヴィン・ブレッケ (tb)
Erik Nylanderエーリク・ニーランデル (drums)

open17:30start20:00 予約¥3000当日¥3500(税込1drink込)
ベース奏者の女性若林さんのコーディネイト、初登場のノルウエーの今ジャズ、2管と、お楽しみに!
http://www.youtube.com/watch?v=jiIT4i3wNmE

 
★25日(土)【ATM】石井 彰(p) 須川崇志(b) MasaOgura(ds)
open17:30start20:00 予約¥3000当日¥3500(税込1drink込)
素晴らしいサウンドをかもしだすピアノトリオ、お楽しみに!


★27日(月)ドイツ、デンマーク、トルコより
Norbert Stammberger(reed)
Adam pultz melbye (double bass)
Utku tavil(drums)
 
open17:30start20:00 予約¥3000当日¥3500(税込1drink込)
初登場彼らのサックス・トリオ、初めてってワクワクしますね、お楽しみに!
Norbert Stammberger :is based in Munich and performs in a variety of settings all over Europe, as a soloist as well as performing with Fred Frith, Peter Brotzmann, Allen Ginsberg, Munich Radio Orchestra and Radio Orchestra Synfony Beograd. Founder of the GNU Records & Publishing Munich.

Adam Pultz Melbye: is a Danish double bass player based in Berlin. Solo concerts in Europe and the US as well as collaborations with Yasuhiro Yoshigaki, Paal Nillsen-Love, Fred Lonberg-Holm, Axel Dorner and many others. Founding member of the collective record label Barefoot Records.

Utku Tavil:Turkish drummer based in Turin. Extensive touring activity in Europe and Japan as a solo artist and with SUTT, BEATSZ, AMENEATSZ and others. Founder of MULTIVERSAL, a cross-national, interdisciplinary platform for music and art, operating in the whole of Europe.

Web www.adampultz.com
www.utkutavil.com

--------------------------------------------------------------------------
5月予定
☆2日(土)【カフカ鼾】open19:00start19:30
ジム・オルク(g or Erectronics)石橋英子(p)山本達久(ds)
カフカ鼾 (370x259)












予約限定20名!¥3500(税込1drink込) 立ち見or席若干名。
 コーディネイトKino Eigenさん
カフカ鼾の音楽がちりばめられた映画「私の男」が、2014年キネマ旬報ベスト・テン特集ということで千葉劇場にて上映されるそうです。以下上映時間予定。
4/5(日)16:10-18:25 4/8(水)18:40-20:55 4/10(金)16:10-18:25 4/13(月)18:40-20:55 4/16(木)18:40-20:55


☆5日(祝水) 福島 剛 ピアノソロ
open19:00start19:30 予約・当日¥2500当日(税込1drink込)
アブドゥーラ・イブラヒム(ダラー・ブランド)を師と仰ぐ福島君の素晴らしいピアノソロ!

☆8日(金)鈴木俊祐ピアノトリオ、落合康介(b) 吉良創太(ds)
open19:30start20:00 予約¥3000当日¥3500(税込1drink込)

☆11日(月)【Blueblut】Pamelia Kurstin(Theremin)Vienna based(guitar)Chris JankaMark Holub(drums)
open19:30start20:00 予約¥3500当日¥4000(税込1drink込)
オーストリアを拠点として活躍する女性テルミン奏者パメリア・ステックニー。英国のジャズ・ロックバンドLed BIbで知られるドラマー、マーク・ホルブ。ウィーンで活動するコンポーザー/ギターリストのクリス・ヤンカから結成されるポスト・パンク的即興トリオ!


☆14日(木)【マグネティカル・トリオ】ハクエイキム、安カ川大樹、MasaOgura
open19:30start20:00 予約¥3500当日¥4000(税込1drink込)

☆23日(土)羽野昌二(ds)柳川芳命sax庄子勝治sax、中村大(e-bass)
open19:30start20:00 予約¥3500当日¥4000(税込1drink込)

☆30日(土)中山英二b) おきもと けんじ(p) 下館直樹(g)
open19:00start19:30 予約¥3000当日¥3500(税込1drink込)

☆31日(日)【そばうどん】
森 岳之(ds)中田 粥(synth)竹下勇馬(el-b)

open19:00start19:30 予約¥3000当日¥3500(税込1drink込)

6月予定
☆2日(火)BERGLJOT (NO/CZ)
Vojtech Prochazka(synth, electronics, piano)
Adrian Myhr(electric bass)
Tore Sandbakken(drums, percussion)

☆6日(土)Nora Mulder(p) & Rogier Smal(ds) duo

☆8日(月)高岡大祐(tuba)ダレン・ムーア(ds)板橋文夫(p)瀬尾高志(b)

☆13日(土)板橋文夫(p)FIT! 瀬尾高志(b)竹村一哲(ds)with纐纈雅代(as)

☆15(月)or16(火)羽野昌二(ds)Ninni Morgiaミニーモーギュア(Prepared-g、13 questions)中村大(e-g)






20150327【歌女】@candy

高岡大祐(tuba)石原雄治,藤巻鉄郎(bassdrum,separated drumkit,percussion)

【歌女】は平家時代のお話にあるミミズと蛇の逸話から、いろいろお話を聞かせてくれた大祐さん、博学であり意欲的であり頼もしいです。断髪されてていてよく似合っていました。

大祐さんのニューオリンズ時代、ニューオリンズは今でもリズム隊の基礎を築いているのは、チューバと、ベースドラムとスネアドラム二人の演奏者で分割するものだそうです。

1年半くらい前から、柔軟な若者二人と即興演奏をするトリオとして、ある意味原始的なかたちで今最も力を入れて続けているそうです。

こんなに吹きまくる演奏する大祐さんを聴いたのは久しぶりでした。あらゆるチューバ奏法、小間物の響き、そこに二人のドラムス・パーカッションがどんどんからんでいくのでした。頭ではなく心の魂の行く末に、しまいには火を噴くがごとく爆発!聴かせましたね!

皆さまありがとうございました

P1050433 (375x276)












P1050434 (375x267)












P1050441 (375x279)












P1050438 (375x281)












P1050442 (270x375)






ジャズ・ファン新たなる

263-0031 千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
043-246-7726  jazz_candy-lj@infoseek.jp
通常営業15:00−22:00頃(レコード演奏のリアル)
ライブ日の通常営業15:00-17:30頃まで
お休み30日(月)営業します!

ライブも今月はあと2回!目の前で!音響空間で!今音へ♪皆さん是非どうぞ!
27日(金)【歌女(kajo)】高岡大祐(tuba)石原雄治/藤巻鉄bassdrum,separated drumkit,percussion

31日(火)齋藤 徹(b)田辺和弘(b)田嶋真佐雄(b)さとうじゅんこ(歌)

http://blog.livedoor.jp/jazzspotcandy/archives/52219989.html

---------------------------------------------------------------------------

『ウッディ・ショゥ/マスター・オブ・ジ・アート』1985年2月

人気曲「スウィート・ラヴ・オブ・マイン」の素晴らしさ。私はフレディ・ハバードが大好きでしたが、フレディと並ぶトランぺッターでしたがけっこう過小評価されるもファンは多かったわ。

この曲は日野皓正さんが3回も演奏しているから4月5日にやって欲しいなぁ、聴きたいなぁ、とは日本のジャズに詳しいSS君。映画ファンオタクの彼は何かと映画話が多く、ジャズ話になると思いきや聴き入っている。ジャズ話は話すより聴くのですね。叱咤激励されますものね。

ウッディは、1989年2月ブルックリンの地下鉄ホームから、弱っていた視力のせいの為に転落し左腕を切断。その後の経過も思わしくなく、 同年5月に死去、45歳の若さでした。

ウッディ・ショウ















日野さんの『ハイノロジー』1969年のレコードへ、この当時エレクトロピアノのコルゲンさん、先端を行きジャズロックとも言われたり。渡米する直前のレコードでした。
貴重です、ジャズの図書館です、って。聴きたい人には宝物ですねcandy。

日野皓正ハイノロジー
















フリージャズもプログレも今ジャズもインプロも聴き続ける人がいるから楽しきかな!

最後はMats Gustafssonの音!音!エリントンやアイラーの名曲を独創的にノイズありストレートアヘッドあり、ENくんありがとう!最後の曲はアイラーではなく、Lars Gullinという人のでした。マッツのお国スエーデンのベテラン・バリトン奏者、また広がりました!

マッツ・グスタフソン (287x300)















シカゴへ音楽を空気を体感しに行ったIT君から国際電話。あっという間の一週間ですかね。レコード店が楽しそうです。いろんな人のジャケットを見るだけでも本当に愉しいもの。またまた沢山購入してしまいそうですね。
シカゴピザは食べたかしら、勿論ライブハウスなどなどお土産話がたのしみ!






Death and The Flower

4月5日(日)17:00から日野皓正カルテット石井彰(p)須川崇志(b)田中徳崇(ds)30名限定〆切御礼!
常連さんに感謝をこめて、日本のジャズを担い、揺るぎない音と人のヒノテルさんのバンドを見て聴いてほしかったけど来られない方も多く残念です。
狭いですギューギューです。被りつきです。キャンセルの方は早急にご連絡くださいませ。

---------------------------------------------------------
『生と死の幻想』1974年10月9,10日
『Fort Yawuh』『宝島』に続く「アメリカン・カルテット」インパルス盤三作目!キースのピアノにチャーリー・ヘイデン(b)ポール・モチアン(ds)デューイ・レッドマン(Tsax)ギレルミ・フランコ(perc)orダニー・ジョンソン(perc)も参加。

昔々・・・友人をjazz喫茶デビューさせた時の事。唯一無二の日本の文化的ジャズ喫茶。
お客さんは無言で聴き入ったり思いにふけったり、本を読んでいたり、何をするのも勝手ながら、そこには静寂な空気。ようはクラシック喫茶を思えばいいのです。
が、その友人はアララ、笑い出してしまう。無言に耐えられない?あ〜あ、早々に席を立ちました。ジャズは一人で対峙するものと。

先日のcandyでの事、初めていらした男性が彼女に初心者に聴かせたい、とのそれはなんと『生と死の幻想』ではありませんか、何をかいわんや・・・しかし女性は聴き入っていましたとも。その後マイルスやコルトレーンをかけると聞いたことがあります、と言うから、この先有望ですな。

keith Death and the flower












Fort Yawuh (300x270)
















死の観点から歌う(演奏する)キースの『生と死の幻想』、ミステリアスで美しいグループ・サウンズで、「祈り」ではヘイデンとのデュオが聴けるし、幻想的なサウンドに身を震わせた思い出が。

真逆な『フォート・ヤウ』、生のエネルギーが勢いが溢れてでて、その後のピアノソロ1975年の『ケルンコンサート』、
初来日の1974年から40年以上、キースと共にNow The Timeにリアルタイムにありました。想い出は尽きません。

こんなジャズバンドはいないし、今聴いても何十年ととても新鮮です!


20150324【いのちのいまい】@candy

263-0031 千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
043-246-7726  jazz_candy-lj@infoseek.jp
通常営業15:00−22:00頃(レコード演奏のリアル)
ライブ日の通常営業15:00-17:30頃まで
お休み3月25日(水) ライブ27日31日
――――――------------------

皆さまありがとうございました

【いのちのいまい】井野信義(b)千野秀一(p)今井和雄(g) 何年も前に横浜エアジンに聴きに行きcandyでとお願いしました。千野さんは「オーディションがあるの?」と軽いジョークで(本気?)、ドイツから帰国の折には必ずcandyでも演奏を、が、何しろ稲毛は遠くて、ファンのお客さんにもしかり、感謝です。地元のお客さんが来られればなぁ。

最初の頃は、千野X今井のDuo、その後井野さんの都合がつく時はトリオの演奏に。今日は3人にも久しぶりの演奏だそうです!

千野さんはミニ・ハープのようなものを用いて、プリペアド・ピアノにも増す強力なエレクトロニクス導入、井野さんのボーイングに被り、今井さんのギター弓奏法に被り、激しき弦楽奏のような聴き応えでした。

嵐のような超絶ピアノから現代音楽のような美しいピアノからエレクトロ・ハープへ、
ギターのぐゎんぐゎんの気持ちよさやミニマムな音質、
ボーイングの美しさとピチカットの心地いいベース、
感性とセンス!
即興演奏は押しては引いて、引いては押して、一時間近く、2セット、みんな燃えていました。燃え尽きたかも!

P1050153 (375x241)












P1050143 (375x243)












P1050142 (375x239)












P1050151 (375x245)












P1050150 (375x213) 


















いのちのいまい

3月24日(火)「いのちのいまい」20:00から!
(通常営業15:00-17:30頃まで)
井野信義(b)千野秀一(p)今井和雄(g)

井野さんは心臓の手術後も精力的に活躍しています。ベルリンから帰国の千野さん、盟友今井さんと、
血わき肉躍るサウンド♪3人のテンション、高き美音です。

久しぶりです。皆さん是非どうぞ!
前日予約¥3500当日¥4000(1drink込税込)
P1090359 (375x281)













先日のピアニストはフランス人のレオ君のプリペアドピアノ使用多も美しかった。齋藤さん(サウンドウエイブ)に連絡、今日は深夜来られるそうです。感謝!

昨日は問い合わせされた方も来ないので21:30に閉店。イオンへ買い物へやはり半額価格などで散財赤字〜。

今日は、日野皓正さんのお話から山下洋輔さんのお話へS君とCちゃんと、そういえばサブさんは山下洋輔の初代ドラマー。10年前にジョセフ・ジャーマンとのcandyが忘れられません。当時録ってくれた音源を聴く、Nさんの貴重でした。

年月のあっという間・・・本物を求めて・・・!





回想の日

〒263-0031 千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
043-246-7726  jazz_candy-lj@infoseek.jp
通常営業15:00−22:00頃(レコード演奏のリアル)
ライブ日の通常営業15:00-17:30頃まで
お休み3月25日(水) ライブ24日27日31日

4月5日日野皓正4 〆切御礼!立ち見まで(常連さんごめん)
open16:30 start17:00 (キャンセルの方は早めにお願い)

他ライブ予約受付中!体感しましょう!
http://blog.livedoor.jp/jazzspotcandy/archives/52219989.html

飲み屋ではありません。通常営業もマナー違反お断り.

----------------------------------------------------------------------

彼岸と命日の21日、フルマスがお家のお花を届けてくれました。母の命日が同じ日です。ありがとうございます。
フルマス元気だわ〜。頑張ろう!

桃、コブシ、ミモザ、
P1050139 (375x242)













昨日はシカゴへ旅行するTくんのブルース・ナイト!音楽は世界をかけて楽しいですね。いいものを何でもかけられると楽しきかな。氷点下や雪やお気をつけて!

Aさんの気概!ペーターブロッツマンに向けて購入してきたレコード2枚を聴きました。いつまた聴けるかわからないから。凄い音を聴きたいからって、嬉しい限りです。

そして差し入れと、ありがとうございました!線香ともして、、、頂きます!

先日山口孝さんが遠方からいらして、短い時間でしたが嬉しい限りでした。生き様の音楽へ、オーディエンスも生きざまは変化し沢山の音楽をとらえる。本物を求めて…頑張ろう!


20140318【CHROME HILL】@candy

Asbjorn Lerheim(baritone guitar) Roger Arntzen(contrabass〜In The Country, Ballrogg)Atle Nymo(saxophone〜IPA, Motif)Torstein Lofthus(drums)
インザカントリー、バルローグで聴かせたベースのロゲル君、モチーフでコルトレーンのような音色を聴かせたアトレ君、初登場の2人、ギターのアスビョーン君、ドラムスのトルスティン君とノルウエーから4人の登場。

全編アスビョーン君の曲です。短編集です。ノルウエーの森ではないけれど透明感の綺麗な世界、独特の曲のなかにどんどん弾けていくオリジナリティ。耳を澄ませて集中すべく、物語の様ななかにそれぞれのヴァリエーションが聴かれました。アンコールでは爆発もしましたね。

皆さんありがとうございました

P1050423 (800x589) (375x276)












P1050424 (800x589) (375x276)












P1050416 (800x593) (375x278)











P1050417 (375x281)












P1050415 (800x592) (375x278)












P1050413 (375x281)














また何時か!
P1050429 (375x281)
















Profile
jazz spot candy
千葉市稲毛区稲毛東3−10−1

自分にとって、JAZZは「今」生きている音。
自然な音を聴きたい、鳴らしたい、生演奏のような、ライブ感と緊張感と、本物を伝えたい。
 そんなコンセプトのお店、candy
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ