Jazz Spot CANDY

ジャズ、音、心に魂に振動します.何時も初めてのように.

血沸き肉踊り

アイラー!レコードを一人で聞いていると哀しくなり…お客さんと聞いていると明るくなり…。「25日ではないけれど23日に行けるので画像を見たい」お客さんKさんの連絡が入る…いいとも〜!
ニコニコ真剣に見て聴いて、これはもうライブと同じな空気、いいね凄いね…!アップルパイご馳走さまです。

『My name is Albert Ayler』Kasper Collin監督 アイラーのドキュメンタリー映画制作!DVDSweden TV番組(1981,83)ロンドン、アメリカでは2007年初公開された模様。1年がかりで発見したDVD、手にした、見た、 感動に涙腺が…10年前のこと。毎年、そして今年も血沸き肉躍る。
Ayler DVD










CIMG3155 (500x360)












2007年は色々な事が起った。パワーアンプFMアコーステックをスイスの会社とのやり取りに修理に明け暮れた。スピーカーEverestがやってきた来た夏!山口孝さんの出版記念講演の11月、etc。
everest 搬送2













あれから10年後、なんとパワーアンプの変更に至ったとは自分でも驚いた。そして本当に良かった祝自分!そして常連さん達も喜んでくれた!


11月25日(土)"This Is It!" 
start15:00open14:30 予約¥3500当日¥4000(税込1drink込)
藤井郷子ソロ










田村夏樹 (375x281) (159x281)

藤井郷子(piano) 
田村夏樹(trumpet) 
井谷享志(percussion)

インプロ、楽曲、美爆♪
みんないい音!
カッコいいです!

昼間です・是非どうぞ




DSC00535 (375x249)










ライブ時間が早い為終演後18:00頃から通常営業・AA!DVD!



〆切御礼申し上げます

11月27日(月)【Simon Nabatov Tokyo Quartet】
もったいなくもレコーディング・ライブにつき15名ほど 〆切御礼申し上げます!

サイモン・ナバトフ(P)fromロシア 
ヨーロッパ、ニューヨークのジャズ・即興シーンで活躍するサイモン・ナバトフはピアノの魔力を最大限に引出すことのできる現代欧州シーンの鬼才。

坂田明(As)瀬尾高志(B)ダレン・ムーア(Ds)とジャパン・ツアーのラスト・ナイトはレコーディング・ライブ@candy

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
ただいまDVD機器をもとに戻し見れました!オスカーピーターソンを見ていると、調律に斉藤さんがいらしていて、一番好きなピアニストって。
25日へバッチリに調律終了ありがとうございました!お疲れさま!

11月25日といえば三島由紀夫の自決が1970年とアイラーの同じ年代に。あの頃はTVで放映されての、大衝撃は世界中で。まだまだアイラーを知る前の事でした。
そして年代は違えど1993年私の父の亡くなった同日。親不幸ものの私は精一杯生きる事だけの長い長い道でした。

アルバートアイラーのDVD見たい方はおっしゃってください!


お知らせ

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
不定休 予定11月20日(月)24日(金)30日(木)

来たる11月25日ライブの【日米伊カルテット】リリー・サントン(Voice)ジミー・ワインスタイン(Ds)の来日中止に(家族事情による)なりました。
急遽メンバー変更して行われます。ご了解の上宜しくお願いします!
start15:00 open14:30 
予約¥3500当日¥4000(税込・1drink込)
"This Is It!"
田村夏樹(trumpet) 藤井郷子(piano) 井谷享志(percussion)

ライブ時間が早い為、終演後18:00頃から通常営業の予定。
アルバート・アイラー命日につきDVDなどなどアイラー!







1117Adam Pultz Melbye、Julia Reidy@candy

デンマークから、オーストラリアから、日本は始めてのジュリアさんと、二回目のアダムさんのツアー、candyはデュオ!

ジュリアさん12弦ギターにアンプ使用しバランスへ、アダムさんのアコーステック・ベースとインプロヴ!
1部は二人の細やかな音階とサウンドと、ミニマム?に繰り返される。美しい音だ。
DSC01288 (500x318)












DSC01294 (500x328)












DSC01296 (500x332)












DSC01292 (1500x1000) (500x384)














「どのくらいで始める?」「2,3分後ね」2部へ向かうアダムさんに「ソロソロね」というと、そのせい?2部は各ソロでした!
アダムさんの弓の毛の太さにより凄い事が。倍音の心地よさ!
DSC01297 (317x500)

























ジュリアさんは生音です。自由に響きました!
DSC01298 (500x322)












お見送りにパチリ!いい旅を!
DSC01303 (500x333)

いいね稲毛の日17日

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
ジャズ喫茶営業15:00〜22:00(21:00)・ライブ日〜17:30頃迄
不定休11月20日(月)26日(日)24(金)30(木)
candyライブがとびとびに在ります!クリック・イザ!
http://blog.livedoor.jp/jazzspotcandy/archives/52265670.html
25日(土)のライブは15:00からです
レコード演奏のリアル!ライブの生音!皆違くて皆いい!

LIVE 11月17日The Duo! いいね稲毛の日(粗品進呈)
Adam Pultz Melbye(Double bass)Julia Reidy(12-string acoustic guitar)
norbertさんと2年前に来たアダムさん、今回は女性ギター奏者ジュリアさんと響きましょう。お楽しみに!
open19:30start20:00 予約¥3000当日¥3500(税込1drink込)
https://juliareidy.bandcamp.com/
Band page: https://tennisofallkinds.bandcamp.com/
open19:30start20:00 予約¥3000当日\\4500(税込1drink込)
Adam candy












Jullia1117candy























ボジョレヌーボー カウントダウンへ

リカープラザ大越の3F赤とんぼへ行きました。ボジョレヌーボー解禁16日24:00〜2:00まで 12種類の飲み比べワインお土産付。

下戸の私は香りをかぎかぎ。。。ご夫婦2組はとても詳しく、何でも詳しい人はいるものですわ。レコード、オーディオ、文学、お料理、ビールなどなど〜。主催者の智華子さんは好きで好きでたまらないお酒の極み楽しい解説してくれて、日本酒学講師の会の代表。酒屋さんの方では試飲と発売を。
IMG_20171115_235833 (500x268)











&鈴木俊祐さんのソロ電子ピアノ、名曲の数々をアレンジ、アドリブも聞かせてお客さん達ハッピー!
イージーリスニングでもBGMでもない彼のグルーブ感の心地よさ。candyでファンの方達へそんな演奏聴かせてあげなさいよ〜(^。^)
「何時か王子様が」「オーバーザレインボウ」「ダニーボーイ」「Aトレイン」「枯葉3部作」「ラウンドミッドナイト」他






20171113鈴木俊祐、岩見継吾、吉良創太@candy

皆様ありがとうございました!
初めてのトリオに俊祐さんの曲をさらうリハ、フィーリング!
DSC01266 (375x243)












DSC01264 (375x244)











DSC01265 (375x250)













the freeで勢いよくかっこよく始まり始まり〜
DSC01284 (375x247)












DSC01281 (375x243)












DSC01280 (375x250)












溢れるエネルギー!・・・溢れすぎ〜。パワー全開にどんどん行きました!オリジナルや名曲や構成され、落ちる事のないスピード感、皆のテンション!
DSC01277 (375x249)












DSC01279 (375x250)













1部「フリー」〜「ベイシー・スマイル」〜「アフリカン・フラワー」〜「チキン」〜オリジナル・ノンタイトル、
2部「アフロ・ブルー」〜「ライザ」〜オリジナル・ノンタイトル〜オリジナル「ヤッターマン」〜オリジナル名曲「海」〜「キャラバン」

エルビンみたいなしかし現代音全開の吉良さんのテンション瀑!「キャラバン」に皆凄いハイスピード。特にベースのソロ聴かせた岩見さん!二人の素晴らしいセンスに笑顔たえないエナジー全開俊祐さん!

この狭いCANDYで音が凄い事になりました。バラードもすこし静かな曲あるも音圧はまだまだ凄いのよ、雑然と聴こえてしまう事もありもったいなくも、初めてのトリオで奏者もオーディエンスも駆け抜けました。アンコールはもういいでしょうってね。皆々様お疲れさま!
次回は?一回きりにせず…またね!

音楽の力 

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
ジャズ喫茶営業15:00〜22:00(21:00)・ライブ日〜17:30頃迄
不定休11月14火)18土)24金)30水)
candyライブがとびとびに在ります!クリック・イザ!
http://blog.livedoor.jp/jazzspotcandy/archives/52265670.html
レコード演奏のリアル!ライブの生音!皆違くて皆いい!

13日は地元のピアノ・マン鈴木俊祐さんのトリオ!すっかり変身したベース・マン岩見継吾さんと、素晴らしいセンスのドラマー吉良創太さんは20代と、新境地 を聞かせてくれるかも。
ジャズ、オリジナル、インプロヴ、お楽しみに!


昨日は後味不良に陥り、口けはアイラーの「Ghost」を、あらゆるバージョンがある。そして大好きな「Angels」を、あらゆるバージョンがある。
ミュージシャンにはそれら関係ない人、大いにそれらと生きてきた人がいる。坂田明さんは必ずと言っていいかしら聞かれるのは「ゴースト」歌も入る事も、それらと生きてきた私には暖かい。

お客さん来るまでの間…土曜日日曜日昼間にはお客さん来られるのに出足が悪い…あら〜アイラー好きなお客さんがいらしたわ!

今日も口開けはアイラー!乗ってきてしまったわ。そしてさまざまなジャズ、音の力、音の浄化、本物の音、続く!

2001年4月に復活したキース様のトリオがやってきたドキドキワクワクして出かけた時。
2002年に発売された『Always Let Me Go』の中の「Relay」はAlbert aylerの名前を。凄いねキース、ピーコック、デジョネット。
スタンダード・トリオ以外のフリー・インプロが溢れているのは久しぶりでしょう。新たに今のcandyを始めるが時、始まった時、
Keith Always Let Me Go-Live in Tokyo










20171110立花秀輝,不破大輔,@candy

DSC01236 (800x533) (317x375)















DSC01234 (244x375)






















皆々様 ありがとうございました!
The Duo! 2人のフリー・インプロヴィゼーション全開! 

DSC01249 (375x236)












DSC01257 (375x248)












DSC01258 (375x248)












立花さんのサーキュラス奏法、ノンブレス奏法、かいま聞こえての、嬉しきかな!デュオでは倒れこむようなことはなく、激しさとしなやかさと相互して、どんどん行きました!分解音変な音もね。

不破さんの絶妙なベース、なりっぷりの良さ、大らかさ、アウン!ボーイング、パーカーシブ、小さなベースマイクで生音の様に響きいい音!2部はアンプ入れ忘れたとか、アンプいらないじゃないの〜(*^。^*)
DSC01247 (375x250)











DSC01255 (243x375)

















 
DSC01245 (375x245)












バンドの時にはオリジナル曲やスタンダード変奏曲も演奏する立花さん、不破さん、あら〜インナ・センチメンタルかしら?メロディって本当にいいのだわぁ。
お〜「ゴースト」の最終章が聞こえてくる。待ってました)^o^(!ちょっとだけよ(+_+)残念よ・・・。

1年ぶりのデュオでした。また来年もよろしく!ミュージシャン達のブッキング状況は来年5月まで入ってきています。今年も12月は目の前に、早い早い。

家事止まっている…早くやらねば…

始まっています

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
ジャズ喫茶営業15:00〜22:00(21:00)・ライブ日〜17:30頃迄
不定休11月14火)18土)24金)30水)

candyライブがとびとびに在ります!クリック・イザ!
http://blog.livedoor.jp/jazzspotcandy/archives/52265670.html
レコード演奏のリアル!ライブの生音!皆違くて皆いい!

本日10日立花秀輝(sax)不破大輔(bass)The Duo
シブさ知らずオーケストラのバンマス不破さんの趣きのベース!全身全霊アルトが泣く吠える立花さん!1年ぶりのデュオ、また新たなる音を聞かせてくれるでしょう、体感しましょう!
open19:30start20:00 当日¥3500(税込1drink込)


Albert Ayler月間ひそやかに始まっています。
大音量では心身整っていないと怖いかな、ほどほど音量で聞きやすいかな、しかしスピリチュアル、美しい。。。精霊、バラード、ドフリー、エレクトロ、色々色々〜。

初めて身内が母が亡くなった時、愛猫が亡くなった時、アイラーにより這い上がれた私。元気をもらったColtrane、共に生きたKeith、音は明日への力。

Albert Ayler My Name Is










ayler Swing Low Sweet Spiritual










ayler love cry (220x220)










ayler last albam (218x224)










Ayler record










Ayler CD


Archives
Profile
jazz spot candy
千葉市稲毛区稲毛東3−10−1

自分にとって、JAZZは「今」生きている音。
自然な音を聴きたい、鳴らしたい、生演奏のような、ライブ感と緊張感と、本物を伝えたい。
 そんなコンセプトのお店、candy
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ