Jazz Spot CANDY

ジャズ、音、心に魂に振動します.何時も初めてのように.

Evan Parker 心の音   

仙台で「jazz&now」を設立した最初の方の義兄さんから連絡いただきました。千葉に住んでいるという事でEvanParkerのcandy4月10日に来られていたらと思うと、エヴァンと涙の再会かも知れません。

音楽に関わる沢山の思い、心、
あの日、私はもうかなり手一杯でしたが、エヴァンはかなりリラックスしていましたし、また来日してくれますでしょう!

今日は夜になるとエヴァンに触れて、浸透します。

ジャンル分けで使う言葉、インプロヴァイザーの方こそ自分はジャズだと言います。アプローチはそれぞれに、それこそが現在進行形ジャズでしょう。

「jazz&now」から出ている素晴らしいレコードで凄い価値になっています。
Evan 残像












Evan 残像ジャケ裏


















ナカムラクニオ氏に捧げたソロCD 凄い美・倍音♪
Evan Conic Sections












Evan Conic Sections 裏ジャケ

















エヴァンをcandyでとの私に、やっと肩の荷が下りましたとの寺内さん。あの時の事は現実か夢か。
寺内さんに知り合った時にいただいたCD、同じロンドンに住むジョンラッセルさんcandyでおなじみですね。何時かまたサブ豊住さんと!
Evan Parker John Russell 















エレクトロニクスの仲間と驚きでしたし美しいサウンドが。
Evan spring heel jack


















ECMからポールブレイとバールフィリップスのトリオで発売された時は驚きましたし、営業的にも当たり前にかけれて嬉しきでした。
Evan ECM


















1967年の記録!ジョシュアにゆずってもらったCD.50年前からすでにある音の凄味。
Evan John Stevens Peter Kowald SPONTANEOUS MUSIC ENSEMBLE














ステンサンデルのオルガンとエヴァン、流石ね。
Evan & Stan














カイルシェパード来日中

あれは2年前、東京ジャズ祭の外では海外から召喚したミュージシャン達を無料で聞ける。毎年早々たる人が来ています。

口開けのカイル・シェパードさんのピアノソロ、小雨降る中に沢山の方が聞いていました。あの、ダラー・ブランド(アブドゥラ・イブラヒム)を継承する南アフリカ、ケープタウンの若者でした。

外で雨で悪条件の中で、カイルさんはモクモクと自分の音を、あの南アフリカの旋律をも弾いていました。音質の悪さはどこかへ行き、演奏の素晴らしさに引き込まれていました。

今年はアフリカン・トリオで、シェーン・クーパー(b)ジョノ・スイートマン(ds)と、九州、関西、沖縄、宮古島などなど、都内では一日限りの演奏28日です。

カイルさんは28歳の若者です。独学で17歳からプロになり、世界中で演奏するも拠点はケープタウン。アフリカには凄く沢山の部族があって、凄く沢山の言語があって、その違いや、メンタルな事や、アフリカの伝統音楽、言語としてのjazz、トーク会に出かけました。リアルに発信しています。

昨年は京都のお寺でアブドラさんを聞けました。85歳と言う驚きの出来事でした。ネルソンマンデラさんもその音楽に励まされていたという話も聞きました。

昨日、今日、明日、何時にも増してjazz三昧!

お休み5月28日(土) 早仕舞い29日(日)19:00

カイルシェパード トリオ













カイル・シェパード















20160524「マグネティカルトリオ」ハクエイキム、安カ川大樹、MasaOgura

お休み5月28日(土)早仕舞い27日(金)18:00 29日(日)19:00

このトリオは、インプロをやれるやりたいバンドとして結成、もう何年たったでしょうか。インプロはいろいろな音がある中、刺激的でワクワクして、どう来るんだろう音。しかし音はどこまで放出されるか否か。

スタンダードや曲を取り上げて欲しい私のリクエストに応えてくれました。インプロやフリーを演奏する人のスタンダードのアプローチは素晴らしいんですもの。しかし誰もが知っているスタンダード程難しいのですが。

それはそれは美しいはかないカッコいいピアノトリオを聞かせてくれました。ハクエイさんの美しいタッチ、ピアノに指を置く、ピアノをたたみかける、キースの趣き。インプロからさりげなくbody&soulへ行きました。

オ〜、The Old Country!インプロからNeanes Of You、Stardustからインプロからステラバイスターライト、何を取り上げるかハクエイさんも解かりません、安カ川さん、Masaさん、音に応えていきました。連続性はなく一曲終わるとかみしめるような3人、最後は、オ〜、The Song Is You!

新鮮です!ありがとうございました

CIMG0906 (375x280)












CIMG0920 (375x277)CIMG0911 (375x270)












CIMG0901 (375x273)












CIMG0902 (375x273)
















〆切・御礼

6月19日(日)のライブ、
「カフカ鼾」の予約は終了させていただきます。

お店のスペースが狭いと感じるのはこんな時・・・
ご予約頂いた皆様、ありがとうございました!

6月はライブが沢山あります!
それぞれの選りすぐりのサウンド♪目の前で!是非どうぞ!

お休み5月28日(土)早仕舞い27日(金)18:00 29日(日)19:00


千葉大巌寺、淑徳学園前にある自家焙煎珈琲豆「じゃくう鳥」へ行ってきました。やっとおめでとうと言えました。

素敵な落ち着いた喫茶店で美味しいコーヒーを。マスターと贅沢にも綺麗な女性スタッフとパチリ。20歳だった突っ張っていた中田くん、珈琲道を勉強し50歳で店を構えて嬉しいです!

好きな仕事をすることの幸せ。しかし客商売は気遣いが大きいですが、沢山の仲間がいて、いいタイミングに重なり幸せですね。また行きたい!

名器タンノイがさりげく鳴っていました。 一軒家の入り口は木陰涼しいウッドデッキでコーヒーいただけます。
12時から8時までpm 火曜部定休日
IMG_0637 (500x375)IMG_0635 (369x500)



テクニカル

お休みの夜の出来事。

音はいい時も嫌な時も・・・ゴールデンウィーク明けに連絡していたレジーナさんYマスターを待っていました。
2年ぶりにEMTレコードプレーヤーのメンテナンス、と思いきや大丈夫、という事でホッ!動かすことになったら凄く大変でしたもの。
オーディオドクターのマスターYさんガッカリ?一安心は同じ、微調整だけでよかったねってネ!

お土産に頂いた沢山のCDを聞くのもYさんの目的ではありました。レジーナのお客さんといらして、俊君も遊びに来ていて、沢山の音源のそれらはCDとは思えない音の在り様でした。レジーナの魔法です。

スチュダーはご機嫌よく全部一曲目からかかり驚きました。ホッ、気持ち良きかな〜。皆楽しく聞いています。

3人さまはBMWでさっそうとお帰りに。ありがとうございました!


その後、調律に斉藤さん(サウンド・ウエイブ)登場す。今月は初めてのピアノ調整。4月5月はピアノ演奏は一回のみで、6月は殺到です。また宜しくお願いしま〜す。俊君とも久しぶり、お話はずむ齋藤さん、ありがとうございました!

CIMG0892 (375x281)












CIMG0895 (375x278)












CIMG0897 (375x277)















こまめにレコードをクリーニングしに行ったり、美味しいお食事したり、いろんなお話したり、もうすっかり昼間出かけていない自分でした。絶対また遊びに伺います。
CIMG0894 (375x275)

これからのライブ、6月7月ライブのご案内

お休み5月23日(月)28日(土)  
早仕舞い27日(金)18:00 29日(日)19:00

2016年40周年Live続きます!
vol.25 5月24日(火)【マグネティカル・トリオ】
ハクエイキム(p) 安カ川大樹(b) MasaOgura(ds)

candyおなじみのトリオ!インプロ・トリオとしてこだわりの中、スタンダードやってほしいですね!それもインプロの人がやるとまたいいんですよ。皆さま是非どうぞ!お楽しみに!
start20:00open19:30 ¥3500前予約¥3000(1drink込・税込) 

vol.26 5月31日(火)The Duo! Achim Kaufmann(p)瀬尾高志(b)
ベルリン在住のピアニスト・インプロヴァイザー・コンポーザーのアキム・カウフマンが初来日。繊細でいて地を揺るがす素晴らしいベースシスト瀬尾高志と、デュオは2か所のみ演奏です。お見逃しなく!
start20:00open19:30 ¥3500前予約¥3000(1drink込・税込)


6月予定 6日18:00以降より営業 8日、26日ライブのみ営業

vol.27  8日(水)【Tre Farger】CDリリース・ライブ!
山田貴子(p)小美濃悠太(b)坪井洋(ds)

start20:00open19:30 ¥3500前予約¥3000(1drink込・税込)

vol.28  15日(火)Ninni Morgia ギターソロ!fromイタリー
withオカモトマレスケ(b)
start20:00open19:30 ¥3300前予約¥2800(1drink込・税込) 

vol.29  18日(土)"Choros & Improvisations Live"
CDリリース・ライブ!かみむら泰一(ts,ss)齋藤 徹(b)

start19:30open19:00 ¥3500 前予約¥3000(1drink込・税込) 

vol.30  19日(日)【カフカ鼾】 〆切御礼!
ジム・オルク(g他?)石橋英子(p)山本達久(ds)

start18:30open18:00 前予約¥3500(1drink込・税込)
   予約優先。定員になり次第締め切ります!

vol.31  21日(火)平田真希子 クラシック ピアノ ソロ!
start19:30open19:00¥3300前予約¥2800(1drink込・税込) 
演目予定
ウィーン楽派〜モーツアルト:キラキラ星変奏曲、ベートーベン:ソナタ悲愴、シューベルト:楽興の時、ベルグ:ピアノソナタ、
他〜リスト:ハンガリー協奏曲第2番、ガーシュイン:3つの前奏曲、ジョップリン:エンターーテイナー

vol.32  24日(金)【Streifenjunko+ Koboku Senju Quartet】
Tetuzi Akiyama(g)Martin Taxt(tuba)Eivind Lonning(tp)Espen Reinertsensax)

start20:00open19:30 ¥4000前予約¥3500(1drink込・税込)
ノルウエーからかっこいい若者たちがまたまた来ます。ジャズも堪能な彼らのこのツアーはインプロメインです。日本からかっこいい秋山徹二さん参加。お見逃しなく!

vol.33  25日(土)板橋文夫 ピアノ・ソロ! candyのピアノが大好きな板さんのダイナミクスに美しいソロ演奏。お楽しみに!
start19:30open19:00 ¥3300 前予約¥2800(1drink込・税込) 

vol.34 26日(日)石井彰P)長谷川由里香(vo)Duo!
地元の由香里さん、歌の先生もかねて活躍中、念願の石井彰さんと初の共演。お楽しみに!
start18:00open17:30¥3500 前予約¥3000(1drink込・税込)

7月予定 
12日17:30より通常営業 
24日(日)18:30より通常営業  26日27日28日貸切り

vol.35 1日(金) 鈴木俊祐(p)落合康介(double bass)吉良創太(ds)   
start20:00 open19:30 ¥3500前予約¥3000(1drink込・税込) 

vol.36 10日(日)レコ発ライブ!
近藤直治(ts、bs)瀬川高志(b)永田利樹(b)
 
start18:30 open18:00 ¥3500前予約¥3000(1drink込・税込) 

vol.37 13日(水) クリス・ウィーゼンダンガー(piano&compose)かみむら泰一(sax)齋藤 徹(double bass)大塚惇平(笙)

vol.38 23日(土) Jacques Demierre(piano)齋藤 徹(double bass)

vol.39 24日(日)【ARCANA】
山下Topo洋平(quena)鬼怒無月(g)上野山英里(pf)
 
start15:30 open15:00

vol.40 どちらかライブ予定27日or28日 板橋文夫6

ごちそうさま

千葉には海が沢山あります。今日は勝浦で仕入れたマグロの竜田揚げ&カツオの角煮&サザエ&アワビを貴重にも頂きました。美味しい〜。
Tくんご馳走さまです!
CIMG0888 (375x281)












CIMG0889 (375x281)
















最新のロスコー・ミッチェルのCDも聞かせていただきました。若者と前進しているロスコー、増々凄いでした。今売り切れです。また聴かせてくださいね。
Roscoe Mitchell/
Duets With Tyshawn Sorey And Special Guest Hugh Ragin
ロスコ―CD
















こちらはソロのレコードで1973年。40年の差はありません。音のリアル・また聞きましょう!絵になるシェパード犬と凄いサックスの数々。猫じゃないのが残念。「ノナ」演奏しています。
ロスコ― ソロLP

New CD♪

お休み5月23日(月)28日(土)  
早仕舞い27日(金)18:00 29日(日)19:00

昨日は金曜日に関わらず夜は21:00過ぎに閉店しました。人がいないと物騒ですもの。その後来ませんでしたよね?ご一報いただければ!


Cuong Vu(tp)Trio And Pat Metheny(g)
with Stom Takeishi(b)Ted Poor(ds)
PAt Metheny NewCD













メセニーは大好きで沢山の思い出がありますが、「The Road To You」や「We Live Here」など車があった時にも良く聞きました。
近年はソロが素晴らしく、最近はワンホーンの『ユニットバンド』がありますが、もうやりつくしてしまった感がある中に新たにトランペットをフィーチャーしたNewDisc。candyでも演奏したNY在のベーシスト武石さん参加していてまた親しんじゃいます。意外に斬新であります。


 
Gery Peacock(b)/Now This
with Marc Coprand(p)Joey Baron(ds)
Gery Peacok Mow This














キースジャッレト・トリオは解散して寂しい中、ピーコックは瞬間プーさんを思わせるピアニスト、コプランドさん、バロンさん、寄り添うようです。
New Disc9曲目になんと「Vignette」が聴かれてそれはキースジャッレト・トリオ結成前の一枚の1977年『Teles Of Another』でやっていますし嬉しきです。またビルエヴァンスでお馴染みの「Gloria's Step」も取り上げて楽しきです。


Jack Dejohnette(ds、P)/In Movement
with Ravi Coltrane(sax)Matthew Garrison(b)
Jack Dejohnette Ravi Coltrane Matthew Garrison













コルトレーンの息子、ラビ・コルトレーンと、ジミー・ギャリソンの息子、マシュー・ギャリソンとトリオを出したデジョネット。
キース・ジャッレト・トリオを解散して寂しいけれど、前作も意欲的なシカゴ派のCDを出したり、素晴らしいデジョネット。カッコいいサウンドです。




いいね 音 

お休み5月23日(月)28日(土)  閉店19:00・29日(日)

どの位ぶりだかもう忘れてしまう。CDの電源ケーブルを本来のイルンゴに差し替えました。修理に出さねばと思いながらの月日が経ち・・・オーディオマニアの人には在りえない事でしょう、かなりの面倒くさがりになってしまって居る私。

Aさんにケーブル見せるとすぐ差し替えましょうよってね。あの固い形状において、壊さないように力の按配を気にしつつ。
直ぐには音は戻りませんエージングは必要です。キース、コルトレーン、ジョーパス、他。

スチューダーは立ち上がりが悪くかからない時が多くも夜になると機嫌よきに。
お〜、ビル・エバンスの例の「Some Other Time」は瑞々しいではありませんか!遂に音が帰ってきました私的に!
音質の今一つのものも、FMモノラルパワーの時の様に密度と音圧とそれなりにバッチリでした!


お店は人の空気が左右する。人と共に作られる音の真実。会話する方はお静かにおねがいします。
ジョアンジルベルト
















先日のこと、ベイFMを聞いて来たかったという人が来ました。音に聴き入っていました。嬉しくて再オーダーしたcandyボールペンを帰り際に差し上げました。席を立たれた時に一人の方は盲目と気が付いた私。。。記念品頂いたよと連れの方が言っていました。綺麗な空気をありがとうございました。


ジャズ大好きでウイットに富み楽しい方がいます。candyに来て30年以上になるでしょう。何時まで元気でいられるかこうして来れるかわからないから、いろいろあいさつして回っていますと言われました。ショックです。寂しいです。
が、明るく笑顔で応対しました。顔で笑って心で泣きます。しかしまだまだ大丈夫と信じています!ジャズで浄化です。音楽は心身にしみていきました。。。




2016vol.24 0518今井和雄,山崎比呂志@candy

皆さま ありがとうございました
思いのほかお客様が来てくれて嬉しいことです。いるんですねフリージャズファン!

1970年代、阿部薫氏や高柳ジョジョ正行氏と日本のフリージャズを担ってきた山崎さん。現在76歳だそうですが素晴らしいね。スティックの先端を軽やかに振り下ろす。ドラミングの高音域のアクセント!返りが早くて気持ちよきかな!

今井さんは17,18才の頃に山崎さんや高柳さんに関わっていたそうですが、現在60歳。時の経過はあっという間ですよね。高柳さんの弟子としても認識大きいです。今井さんのcandyはバランスを大切にしたボリュームが大きく左右しています。

CIMG0872 (375x280)












CIMG0881 (375x261)















1部、山崎さんのサウンドの綺麗な事。フィーチャニングする様に今井さんのあのサウンドと。緊張感が走ります。

2部、今井さん立ち上がり、他所で演奏しているあの大きな音量とダイナミクスの爆。かなり来ていましてドラムスが低域が聞き取れないほどでした。ここで、珍しい〜。

初めてのDuo!やってくれました!

山崎さんはジャズドラマー、奥様はシンガー、茨城でjazzフェスを開催しています。
フリージャズはその昔、体力勝負のような事がありましたがずっと爆はありえません。若い時とは違うでしょ、小山彰太さんや悟空さんや言っていました。しかしスピードは勝ります。そんなわけで2部は大変〜。山崎さん声を発してスイング感なり。

CIMG0884 (375x278)












CIMG0870 (375x272)














チャーミングな2人をパチリ、お疲れさまでした!
CIMG0886 (375x281)





Archives
Profile
jazz spot candy
千葉市稲毛区稲毛東3−10−1

自分にとって、JAZZは「今」生きている音。
自然な音を聴きたい、鳴らしたい、生演奏のような、ライブ感と緊張感と、本物を伝えたい。
 そんなコンセプトのお店、candy
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ