Jazz Spot CANDY

ジャズ、音、心に魂に振動します.何時も初めてのように.

「住宅環境の許す限り、ヴォリュームを上げてお聴きください」

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
お休み4/23、27、30、5/3、4、6、9、他

「住宅環境の許す限り、ヴォリュームを上げてお聴きください」
エレクトリック・マイルス!LPに書いてある表示です。
ジャズ、ロック、R&B、それら呼び方のジャンル分けも、この時代マイルスはそれらを超越していました。

ボス、マイルスの光る眼のうちに、全身全霊出し切らなければいけないマイルス・バンドの面々、怖かったでしょうね。
エレクトロニクスも大音量も、バランスいい音で聴くと、本当に綺麗です。集団即興演奏もうるさくないのです。。ずっとかけ続けていたいほど。

『Agharta(アガルタ)』1975年2月1日大阪フェスティバル・ホール・昼の部

『Pangaea"(パンゲア)』圧倒的リズムの夜の部 ←こちらはCD、も、いいのよ。

マイルス アガルタ















Miles パンゲア
















この後6年近くの休息期間・・・そして復活!来日公演1981年10月新宿西口広場(東京都庁)!ポップなサウンドに驚き〜マイルスのライブで、レコードで、面白話は尽きません。





140419【Escapade Wynton】@candy

フランス人とスエーデン人のバンド【エスカペード・ウイントン】Pierre Borel(as) Joel Grip(db) Antonin Gerbal(dr) 、ツアーも最終章に向かっていました。

17:30頃自力で到着。かなりリラックスしている模様で楽しそうです。
サウンド・チェック、ピエールさんは我が音得たり2度目の余裕です。4年ぶりに来て前はあそこで(入口左側)で演奏したよ、って。フロントの良く鳴る場所を探します。

生音ベースのジョエルさんは、いいアコーステックな音(お店)だね!って。こちらこそ、生音が嬉しい。

アンソニンさんのドラムセットでは、ペダル使わずシンバルはトップだけという設定です。

全編即興演奏!ベースが行く行く〜、ドラムが確かめる〜、サックスは様子うかがい〜、初のトリオ演奏の緊張がうかがわれました。一部は終了、エッ?これからでしょう。もっとやる?もっともっと行くから、って休憩へ。
2部、3部、の演奏となり、だんだん長めの演奏になっていきました。

先へ先へ行く素晴らしい表現者、ベーシスのジョエルさん。最小のセットで鳴らし切るドラムス、アンソニンさん。

真ん中でのびのびと吹き切るピエールさん、超テクなのでしょうね、フロントの派手さは無く一体へと向かう感じにつかみにくいけれど、よーく聴いているとさまざまなスタンダードが聴こえ展開していくし、大好きなピー音(ノンブレス・多重音・ハイスピード)も聴けたし!一体感というサウンドの終演へ。

P1010230 (375x281)














P1010232 (375x281)














P1010240 (375x281)














P1010243 (375x281)














P1010246 (375x281)















20140419 (375x243)














皆さま ありがとうございました!
近隣の方でしょうか、いい環境にまた来週来ますから、って。嬉しいですね。

来週26日(土)は羽野昌二(ds)トリオ。19:30から。
日本の即興シーンを革新してきた一人ですし、何十年フリー・ジャズ一筋に命を削ってきた人です。また!







音の日々

昨日、
泉邦宏さんはライブ・アフターで、コルトレーンかアイラー聴きたい、っていいね!

コルトレーンの後期や編集物や初期の頃や、行きました。ここに来ると、アイラーやコルトレーンなんだよね、って。アイラーの美しい曲「エンジェル」をやらなかったなぁ、って。大丈夫、悲しげで楽しげで、琴線に来ましたとも!

ジャズの初心者もベテランも、フリーを好きな人も苦手な人も、こんなライブに触れればみんな大好きに好きなるはず!

今日、
その振動を引きずりコルトレーンを大きな音で行きました。音量で怖くもなり、音量で優しくもなり。

お久しぶりのYさんのリクエストのチャーリー・パーカー!コール・ポーター作品集で、ピアニストはウォルター・ビショップ・ジュニア。

そこからウォルターさんのレコードどんどん聴きたいってCちゃん。昔はそういう聴き方をしてジャズ喫茶は勉強でした。
70年代半ばお店を開いたころ、コルトレーン亡き後、新人ジャズメンの勢いが凄かったのでした。ジャズ喫茶のレコードのいい時代でした。

ドラムスもベースもホーンもビンビン来ましたね。音の細部まで、レコードのリアル。リスナーは好きなものを聴き、他は敬遠したりBGMになったり・・・音がいいとレコードという歴史は如実に来るから馬鹿話なんかしたくない、でしょ。

ピアニスト、ウォルター、パーカーと以外にもジャッキー・マクリーンやマイルスやサイド・マンに凄い沢山あります。

音楽がすべて。皆色々だからこそ、隠れ家的candyで、ワクワクしましょう!

低音過多のレコード、昔から大人気の名盤。CDはどうかしら。
ウォルター









Cちゃんのおかげで久しぶりに登場。あの当時を思い出し〜息吹のサウンド。
ウォルター2







20140417 泉 邦宏Solo@candy

皆さま ありがとうございました

泉さんは山梨から下りてきて連日ライブの日々です。浮遊感が好き、思いのたけを出し切るのが好き、音が綺麗で好き、泉さんが大好きという方々が来てくれました。テクの上に泉さんのアイデンティティが証明される!

突き抜ける、綺麗に、それこそが難しい。こねくり回さず、単調にならず、ストレートに演奏するのは本当に難しい。すべてが備わった泉さんのアルト・サックスは音色良くテナーのように太くてがっつりしている。ソプラノも揺るぎなくなり切る。

サックスを沢山聴きたい!一部はドラミングに重なり、ソプラノとアルトとたっぷり思い切りよく表現しました。ドラムの部品が増えてどうなるんだろうと思いきやAAOCのようにサウンドしました。

泉さんの手にかかるスタンダードは最高!美しい!
フリーから「マイ・フェヴァリット・シングス」フリーからコルトレーンの「ワイズ・ワン」「スマイル」もブラジルの曲も本当に聴かせます〜。

P1010187 (375x281)














P1010188 (375x280)















2部はギター弾き語りや、カリンバにアヒルやモウや豚さんの足踏み声に乗っていきました。また、ドラミングとサックスの世界へ。「トルコ行進曲」から「ラジオのように」フリーから「チェルメラ」へ、何をやってもサウンドはぶれず。
P1010202 (375x281)














P1010210 (375x276)














P1010217 (375x277)














最後に本邦初公開「candy」を、譜面見ないと〜っと泉さんの益々真剣。。。素敵なフリーな美しいサウンドはアイラー?オ〜それからcandyのフーレズが!素晴らしいアドリブで初めて聴いたそんなcandy!泉さんのお心最高!

P1010218 (258x375)



















泉さんのご子息は難病になられて・・・回復をお祈りします。無我の境地で演奏する泉さん。また!


音楽に触れて感謝していますって、TNくん。こちらこそ。ライブスタッフありがとう!病気に打ち勝ってお忙しい仕事の合間にcandyにて・・・謙虚な彼、言葉もありません。音楽で浄化できる人達・・・また!



ありがとう!

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12

本日17日(毎月)は「いいね稲毛の日」粗品進呈!
20:00からライブ 泉 邦宏as、ss、ds、g、他マルチソロ!

海外から即興音楽の強者達が日本上陸!
19日(土)19:30から【Escapade Wynton】Pierre Borel (as) Joel Grip(db) Antonin Gerbal(dr)fromフランス

candyライブ情報↓目の前で、音響空間で、今音体感しませんか!
http://blog.livedoor.jp/jazzspotcandy/archives/cat_50001567.html


TNくん 大切な機器をありがとうございます!
置台を変更したその後・・・キース様鳴っていますとも!
P1040287 (375x239)














ITくんのCD10box、素晴らし〜シドニー・ベシェの世界!
P1040289 (375x250)














5月23日(土)に稲毛に上陸する凄トリオ!!!
P1040290 (375x243)














140413SatokoFukuda,Fabio D'Andrea@candy

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12

皆さまありがとうございましたクラシックを聴きに大勢いらっしゃいました。

福田さんはクラシックだけでなく、オリジナル曲や即興演奏にたけた方であり、ロンドンではジョン・ブッチャーやジョン・ラッセルや他凄いインプロヴァイザーとも共演するなどなど、独創的です。

9歳からクラシックの勉強にイギリスにわたり24年も海外生活の福田賢子(サトコ)さん、日本語もイントネーションが違いますから日本人だったかしらと勘違いしちゃうときもありました。

P1010162 (375x257)













P1010168 (375x275)















一部:ヴァイオリン・ソロ
「Prokofiev Solo Sonate for Violin op 115」 「Bach Preludio in E Major」 「Piazzolla Tango Etudes」 「Ysaye Obsession」 「Fritz Kreisler」

二部:1.ピアノソロ、
ピアニストで作曲家のファビオ・アンドレアさんが来てくれて超お得でしたね。
(急に、当日の朝調律しましたとも〜。齋藤さん(株・サウンド・ウエイブ)は音に真剣だから、急なのに来てくれて感謝です。)

ファビオさんはコマーシャル曲やメジャーに活躍しイギリスでは知名度の方です。オリジナルを2曲、綺麗な素晴らしいサウンドでした。

2.ヴァイオリン・ソロ
「Ethereal Sky」他、音の震動!指使い!倍音!ピッキング!目の前で、この狭さで、凄いです。

3.Free Improvisation こんなかっこいいインプロも聴けるなんてね!
EKさんより写真
20140296 (375x211)











20140294 (375x211)













ライブスタッフTNちゃん、ワインの差し入れも。サービス精神おもてなしの心!ありがとう!いい演奏会にほろよきに。
音楽に浄化!音がすべて!

P1010175 (375x277)


























140412【そばうどん】森岳之,中田粥,竹下勇馬@candy

皆さまありがとうございました

森岳之(ds、perc)さん企画のこのライブ、インプロ界では人気と実力の若者、中田 粥(electoronics、synth)竹下勇馬(el-b)と、視聴室と言うカフェで知りあったという森さん、の意気込みをよそに、予定の2月は大雪のため中止となり、彼の意向は約半年ぶりに実現となりました。これから他でもあるそうですし楽しみなバンドです。

竹下さんのelbのさまざまな表現力の巧みな事。中田さんのエレクトロニクスのサウンドの旨み。なるほどね〜。実践の人のバランスが音がいい。

いつからか森さんのドラミングは、立体的に独立した音になりあの独特のダブルペダル・バスも含め、轟音はなくバランスが良く、パーカッシブな小間物も、根底のスピードが聴こえるというサウンドの綺麗です。

一部、通して50分位の演奏となりました。スリリングな、いい緊張感でした。言葉でなんと言ったらいいのでしょう〜、インプロ、ノイズ、今音♪のかっこいいサウンドでした!

二部はソロで各々の違う顔を?持ち味を聴かせましたとも。音は意志・・・聴こえましたとも!

P1010156 (375x276)














P1010145 (375x281)














P1010143 (375x277)














P1010141 (375x281)














P1010151 (375x280)














P1010155 (375x281)
















杖を使用していた森さん、暖かくなり腰はいい方向らしいけど、どうぞよくなりますように〜。音は美しさと表現力に自信を持って!人は謙虚でいいし、れからイケイケ〜!

TNちゃん、ライブスタッフありがとうございました!

Aさん、沢山の差し入れありがとうございます。若者たちの胃袋の嬉しきかな。私も(笑)。








今日明日はライブがあります&お知らせ

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12

この所やっとお天気が安定してきました。
でもでも風の冷たい日もあり厚着は欠かかさずにの私。花粉症も和らいできました。皆さんお元気にまたお会いしましょう!

キース様のソロ・コンサートにむけて毎日ソロ・コンサート!するとコルトレーン様へ行ってしまうのです。もうすぐ7月のコルトレーン月間が。

音楽の記録は本当に素晴らしく凄いわ〜。ビート、間、表現、終わりがないように異次元へ。音だけでいい〜音は命・最高!

ライブは減らす方向の中、これから続々とあり、しかし、ここで演奏するミュージシャンの音源と往年のレコードと、競争です。



生音の素晴らしさ、一期一会、スリル、是非どうぞ!

12日(土)【そばうどん】森 岳之(ds) 中田 粥(synth) 竹下勇馬(el-b)
2月には大雪で中止となりました。晴れて今日起こります!インプロヴィゼーション!ノイズ美爆♪
open19:00start19:30 予約¥2700(1drink付)+消費税



13日(日) この日はライブ前の通常営業はありません。
福田賢子(Satoko Fukuda)(ヴァイオリニスト)fromイギリス
演目:Prokofiev Solo Sonate for Violin op 115、Satoko Fukuda "Ethereal Sky"、Piazzolla Tango Etudes、Bach Preludio in E Major、Ysaye Obsession、Free Improvisation
open15:30start16:00 予約¥2200予約¥2200(1drink付)+消費税

お知らせ:最初に共演予定していたピアノ奏者・作曲家のFabio D'Andreaさんが共演できることになりました!
先の演目も勿論ありますが、お互いにソロもあります。お得ですね、皆さま是非どうぞ!




ありがとう

キース様のソロコンサート初日4月30日がもうすぐです。また日本に来てくれてありがとう!

『RIO』2011年4月9日リオジャネイロ
ソロコンサートの日本の音源が出ると楽しみにしていた中、リオが発売されあら〜。しかし前作から立ち直ったキース様か、熱狂的なオーディエンスのせいか、素敵だ〜。
rio















『Testament』2008年11月12月パリ、ロンドン3CD
この時期キース様はいわくつきの暗い時ですが、内容はウイーン派(クラシック)のようなピアノ・ソロ、どんどん明るくなってくる様が。珠玉の凄い音楽です!
paris london
















MHちゃんありがとうございました!外のお花は枯れている中、何も捨てられずの私です。今年こそはいろいろいろいろ整理整頓しなくっちゃと思っています。
4月12日candy@【そばうどん】ライブでまた!
P1030238 (375x281)















お誕生日おめでとうございましたcandyのネ。とはJさん、ケーキをありがとうございます!このところ元気に気力もアップしています。5月6日9日キース様のライブ楽しみですね!
4月19日candy@サックス・トリオ【Escapade Wynton】でまた!
P1030243 (375x281)
















TNくん ライブスタッフで十分です!


Miさま 美味しい香辛料ご馳走さま!今年はすっかり胃の調子も戻り辛い物もバッチリです。体調良いと食欲増・・気をつけねば!



酒井俊さんベトナムから帰国、コンサート始まります。いろいろな方と共演する中、明日は【だいだらぼっち】ピットインへ!

日本ラストライブのcandyが12月8日、ベトナムで聴いてからまだ2ヶ月ですがもっと時間は過ぎているような感覚。4月28日はcandyで今井恒夫(g)さんとデュオがありますよ〜!

写真は昨年9月19日中秋の名月の日ライブで
P1020135 (375x281)





















晴れた日に

晴天の昨日今日、いろいろな事がはかどる。

過去・現在・未来・・・心晴れやかにがんばろう〜。

『ある晴れた日』の日!オペラの歌姫マリア・カラスに圧倒!
ベスト盤
マリアカラス















オペラついでに、
ルチアーノ・パヴァロッティ、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラス、夢の競演!フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団&ローマ国立歌劇場管弦楽団&ズービン・メータ指揮!
ワールドカップの前夜祭1990年7月7日カラカラ浴場実況録音。
圧巻!怖い位の迫力。
ドミンゴ 














Profile
jazz spot candy
千葉市稲毛区稲毛東3−10−1

自分にとって、JAZZは「今」生きている音。
自然な音を聴きたい、鳴らしたい、生演奏のような、ライブ感と緊張感と、本物を伝えたい。
 そんなコンセプトのお店、candy
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ