Jazz Spot CANDY

ジャズ、音、心に魂に振動します.何時も初めてのように.

10月ライブご案内&11月12月

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
open15:00〜close22:00

お休み10月2日(木) 他

食欲の秋・スポーツの秋・読書の秋・行楽の秋

皆さん、ライブは年内盛りだくさんです!candyで体感しましょう!レコード演奏もリアル!

何時も真剣にいると素晴らしい事が楽しい事が起り、ケッセラセラ〜!(3ついい事がありました)感謝


10月ライブ予定
★1日(水)【KAZE】fromフランス
Christian Pruvost(tp) Peter Orins(ds) 田村夏樹(tp)藤井郷子(p)
3年ぶり!素晴らしくカックいいサンドが空間に震動します!
open19:30start20:00 予約¥4000当日¥4300(1drink込・税込)
70歳以上、学生(大学生迄) 1000円割引
KAZE





























★8日(水)【ARASHI】fromノルウエイ
Pall Nilssen-Love(ds)Johan Berthling(w・b)坂田明(as、cl、bcl) ツアー・ラストナイト!
日本を代表するサックス奏者坂田明と、TapeやFireやステン・サンデル・トリオで活躍するヨハン・パットリングと、世界に誇る超絶ドラマー、ポール・ニルセン・ラブのトリオ!
open19:30start20:00 予約¥3800当日¥4300(1drink込・税込)
70歳以上、学生(大学生迄) 300円割引

ARASHi  阪田、Paal 。ヨハン  (350x262)

















★10日(金)徳田雄一郎(as)千葉から世界へ羽ばたく徳田君の10周年記念企画!オランダからJoris Posthumus(as)と2管に、素晴らしき仲間須川崇志(b)大村 亘(ds)と。
Joris Posthumus(as)fromオランダ 須川崇志(b)大村 亘(ds)
open19:30start20:00 予約¥3000当日¥3500(1drink込・税込)
徳田雄一郎10月10日 (370x266)
















★13日(祝・月)【掃き溜めに鶴】Mizuki Wildenhahn(percussive dance)fromドイツ 
田村夏樹(tp)藤井郷子(pf)臼井康浩(g)益子高明(percussion)
スパニッシュダンスと素晴らしい表現者たち!2年半前にこの狭い空間でうまくとり行われてホッ!今年も5人で興ります。お見逃しなく! 
open19:00start19:30 予約¥3800当日¥4300(1drink込・税込)
70歳以上、学生(大学生迄) 300円割引
P1090996 (375x281)















★17日(金)【PORTA CHIUSA】fromスイス
Paed Conca(cl) Hans Koch(cl) Michel Thieke(cl)+蜂谷真紀(voice)
パド・コンカ(スイス)、ハンス・コッホ(スイス)、ミヒャエル・ティーケ(ドイツ)による欧州のクラリネット3重奏団。
 昨年【Motif】で来演したクラリネット奏者ミヒャエルさん、蜂谷さんと共演しているハンスさん、【Praed】で来演レバノンのラエド・ヤシンさん、蜂谷さんと共演したクラリネットのパドさん、素晴らしいクラリネット奏者3人が一堂に!現代音楽、フリージャズ、インプロヴィゼーション、音響系、彼らのこの度は作曲作品集へ!

open19:30start20:00 予約¥4000当日¥4300(1drink付・税込)
70歳以上、学生(大学生迄) 1000円割引
Porta Chiusa (280x171)










★21日(火)The Duo ハクエイ・キム(p) 大村 亘(ds)
 pianoファン必聴♪美サウンド、美パワー、The Duo!
open19:30start20:00 予約¥3000当日¥3500(1drink付・税込)
P1090855 (375x281)














★23日(木)酒井 俊(vo)グループ!
伊藤志宏(p) 類家心平(tp) 纐纈雅代(as)
open19:30start20:00予約¥3500当日¥4000(1drink付・税込)
ベトナムに居を移し、現地の、世界の、ミュージシャン達と活躍する俊さん、半年ぶりの帰国ライブ!パワーも増し増々沁みます。Candyでは俊英・若手の3人と、お見逃しなく!
http://shunsakai.net/
酒井俊 写真 (300x252)














★25日(土)Lauri Hyvarinen(guitar)fromフィンランド+Naoto Yamagishi(drums, percussion)fromフランス
若手凄腕ギター奏者と直人君とThe Duo!
open19:00start19:30 予約¥2800当日¥3300(1drink込・税込)
http://laurihyvarinen.com/
https://soundcloud.com/laurihyvarinen
http://www.naotoyamagishi.com/
https://soundcloud.com/naoto-yamagishi
Lauri (330x330)

















★31日(金)Todd Nicholson(b)さよならライブ! 
企画:羽野昌二(ds) 他予定  
open19:30start20:00 予約¥3000当日¥3500(1drink込税込)        
P1030252 (375x281)















11月予定
★4日(火)【LANA TRIO】
今年2月来日時のライブがCDになり発売記念にまたまた来日します!かっこいい今音たちですぞ!
Andreas Wildhagen(drums)Kjetil Jerve(piano)Henrik Munkeby Norstebo (trombone)
http://www.vafongool.no/#!lana-trio/cs66

★8日(土)黒田京子(p)喜多直毅(vl) デュオCD発売記念!

★12日(水)【トライソニーク】
キム・ハクエイ(p) 杉本智和(b) 大槻"kalta”英宣(ds)

★15日(土)千野秀一(p) 他予定

★17日(月)【MONKEY PLOT】Norwegian improvisers
Christian Winther(guitar) Magnus Skavhaug Neraard(bass)Jan Martinismervik(drums) filmed and edited by Johan Lindvall

And SoloPiano 鈴木俊祐

≪Monkey Plot manages to find a remarkable balance between the experimental, the melodic and lyrical, and manages also to mix these elements in an organic manner.≫
http://www.allaboutjazz.com/lov-og-lette-vimpler-monkey-plot-gigafon-review-by-eyal-hareuveni.php#.VCmYhGdO5jo
http://monkeyplot.com/





★19日(水)【Mosukus】Norwegian Jazz Trio
http://moskustrio.no/press/
Anja Lauvdal(piano)Fredrik Luhr Dietrichson(double bass)Hans Hulbakmo(drums)


★20日(木)【AAS】
立花秀輝(as)山口コーイチ(p)カイドーユタカ(w・b)磯部潤一(ds)


12月
5日(木)Friends & Neighbors and Albatrosh Japan Double Tour 2014

Thomas Johansson(trumpet) Andre Roligheten(tenor saxophone/bass clarinet) Oscar Gronberg(piano) Jon Rune Strom(double bass) Tollef Ostvang(drums)
 
Andre Roligheten(Tenor Saxophone) Eyolf Dale(Piano)

16日(火)林 栄一(as) 石田幹雄(p)

19日(木)鈴木俊祐(p)落合康介(b)服部正嗣(ds)

日にち調整中!Paal Nilssen-Love & Ken Vandermark 

21日(日)板橋文夫NewCDFITT!発売記念 瀬尾高志(b)竹村一哲(ds)

22日(月)喜怒無月(g)X吉見政樹(tabra)




20140929Hakuei Kim、安カ川大樹、MasaOgura@candy

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
open15:00〜close22:00

皆さま ありがとうございました

3人のバンド名が新たに出来ました。【magnetical】(Masa妙名) 名古屋、浜松方面で3回のライブを終えて、今日は旅の思いも重なる事でしょう。

安カ川さんは、稲毛のマイスターの所でベースをチューニングしてきて、朝から夜までそれは目をみはる作業だそうで、19:00前にcandyに到着し興奮冷めやらぬなか、音を出してみたら大興奮。

重厚なサウンドと音色のベース!本番での楽しみがそんなこんなで増します〜。

1部、ピアノから、透明感のあるサウンドにのりベース、ドラムス、パーカッション、どんどん行きました。自然発生するそれは3部構成の様にスーッとサウンドしていき、聴き応えました。1時間とは!演奏したくてしょうがない気持ちが空気を優しく震動していきました。

キース・トリオの「all ways let me go」を思いました。浮遊感、緊張感とリラックスと交差する暖かい身体。

P1040612 (375x237)












P1040617 (375x250)












P1040620 (375x250)












ダイナミックな美しさでボディが鳴る事!それもこれも扱う人の腕がエネルギーが、素晴らしい〜。2部、生まれ変ったベースの凄さに是非とベースソロ行きました!

その後のトリオも、ベースとピアノの呼応する持っていくフレーズの素晴らしさに、ドラミングのキャッチャー?のようなスムーズなサウンドとメリハリは音のバランスも自然体です。

最後にスタンダード曲からフリーインプロに、自由な心と音楽の美学のような終結へ向かいました。

P1040614 (375x244)












P1040619 (375x239)












P1040621 (250x375)













9月のライブ♪ラスト・スパート

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
OPEN 15:00〜CLOSE 22:00
ライブの日15:00-17:30頃まで

9月29日(月) ハクエイキム(p)安カ川大樹(b)MasaOgura(ds)
東海ツアーも終えて大張り切りの面々です。そして何かが起こる?美サウンド・美パワー・お楽しみに!まだまだ席があります!
open19:30start20:00予約¥3000当日¥3500(1drink込・税込)

---------------------------------------------------------------------------------
JBLネットの取材時にいらしたハーマンインターナショナルの藤田さんとパチリ!生々しく音楽があります!毎日に感謝。
withFujitasama (375x250)














今日はマイルスの命日、雰囲気、気分により今日は映像はなしでした。
偉大なる音楽家の日々の9月、哀しくて美しくて、人を人生をも左右するジャズに感慨したりです。

毎日オープニングは『ドゥ・バップ』マイルス最後のラップ調に、ノリノリに、一日が始まっていました。
miles davis LP
















今日のラストは『カインド・オブ・ブルー』・・美しい音達。続く・・
miles kind of blue
















20140927 SchneiderTM, Tomoko Nakasato, Ceaux@candy

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
open15:00‐close22:00

皆さまありがとうございました!

Schneider TM(シュナイダーTM) Syn,Gi,Electronics,
ギターからエレクトロニクス・サウンドの静寂なる美しさ、シンセとエレクトロニクスのノイズ・サウンド、それは本当に美しくてまさに魔術師でした!

TOMOKO(中里智子)
小柄な体から凄いエネルギー、まさにヨーロッパを魅了する美しきコンテンポラリー・ダンサーでした!

CEAUX(ソウ)
ジャンベの永遠のリズム!個性派な豊かなパーカッショニスト、伊藤壮くんです!

エレクトロニクスとのビート、浮遊感、融合していくそれは原始的でもあり宇宙的でもありました。
透明感なサウンドに舞い、聴かせ、見せる、手ごたえ!

P1030690 (375x274)













P1030694 (375x268)













P1030691 (375x284)












P1030706 (375x275)













P1030709 (375x277)















youtubeでシュナイダーFM(アコースティック)を見ました、というお客さんに応えるかのように、ハーモニカとアコ・ギーでジャンベと始まりました。あなたの為に・・・!ダンケシェン!
P1030710 (375x277)















ベルリン時代を懐かしみ再開再演した壮くんと、シュナイダーさんトモ子さんと、ベルリンの音楽状況や世界状況や話が弾みました。
風邪気味のシュナイダーさん、今はやっていますし、お気をつけて!
P1030715 (375x280)














miles 映像行きました

千葉市稲毛区稲毛東3−10−12

マイルスの命日が近ずきマイルス月間も終わろうとしています。今日は映像へ、動くマイルスへ行きました!

映像の方の機器は大したものではないせいか、デジタル音のせいか、音量あげて、くたくたになりました。。。

明日27日はライブ!(通常営業15:00‐17:30頃まで)

明後日28日はオンリーマイルス!
-------------------------------------------------------------------
1967年、ウエイン・ショーター、ハービー・ハンコック、ロン・カーター、トニー・ウイリアムスと、マイルスの第二期黄金のクインテット!

1971年、メンバーも変わっていくエレクトロニクス・マイルスのバンドのキースと!

1970年、ワイト島の素晴らしい映像!ぶっ飛びのキースとジャック・ディジョネットとアイアート・モレイラ。チック・コリアとデイブ・ホランドとMiles Davis at ISLE OF WIGHT
所有のはピーター・バラカンのTV放映時のもので、解説とドキュメンタリーと44年前の音楽史!最高!

2002年、キース・ジャッレト・ソロ 東京

miles dvd 1967












miles 1971













miles dvd 1970























レコード化したマイルスの「ワイト島」美しいマイルスのフォト!
mailes ワイト島
















CD「光輝」に入っていない音源が沢山、美しいキース!
keith 2002


















ドイツから特別来日公演があります

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
営業時間15:00−22:00   お休み24日25日

9月27日(土)
open19:00 start19:30(通常営業15:00-17:30頃まで)
【ドイツの即興エレクトロユニット】
ギター・ファン、インプロ・ファン、ノイズ・ファン、エレクトロニカ・ファン、興味津々音楽ファン、皆さま是非どうぞ!

★Schneider TM(シュナイダーTM) Syn,G,ドイツのエレクトロの魔術師!
『ギター・サウンズ』NewCDを聴きました。美しいアコーステックとエレクトリック・ギターの音色!シンセやエフェクターやサウンドするノイズも綺麗で、高揚する美しきサウンドでした!
[Japan Music Netwaok]から
シュナイダーTMは過去来日して、YMOの前座を務めたこともあるらしく、2006年リリースの、チリ在住のドイツ人アトム・ハートのプロジェクト、セニョール・ココナッツのYMOカヴァー集、『Yellow Fever プレイズYMO』に、テイ・トウワ、マウス・オン・マーズとともにゲスト参加している。


★TOMOKO(中里智子) ヨーロッパを魅了する美しきコンテンポラリー・ダンサー!
北海道出身、学生時代からストリートダンスを始め、各地のCLUBなどでShowに出演。 現在はコンテンポラリーダンスへ転向しベルリンで活動の場を広げる。


★CEAUX(ソウ) 我が千葉県を代表する個性派パーカッショニスト!j(壮くんです\(◎o◎)/!)

予約¥2800当日¥3300(1drink込・税込)

20140922黒田雅之、福島 剛@candy

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
営業時間15:00−22:00   お休み24日25日

皆さまありがとうございました!

黒田さんは京都から、3度目のcandyライブに要望に応え、大きな大きなチューバッカを持参しました。この所腰が悪くてもう大変ですって。
 その音は深くて、バス・サックス(アンソニーブラックストーンやドナルドギャレットやジャームスカーターなどお馴染みね)のような超低域には空気が動きます。高域から中域から使いこなすのにはかなりの鍛錬を要すると。
P1030676 (274x375)


















1年前にカルテットで初めてcandyで演奏した福島さん、今日はこのピアノに大変喜んで感動して、もうノリノリ、途中から彼がどんどん進行していきました。
P1030684 (375x278)














「チェニジアの夜」の音がいい!これは今日は凄い事になるかも〜。アフリカンピアノから「ラブ・ジョー・フロム・キリマンジェロ」オオ〜左手右手表現力の素晴らしさ!福島さんの心の師匠アブドゥーラ・イブラヒム(ダラー・ブランド) の、納得です!
P1030678 (375x278)














モンクの「アイ・ミーン・ユー」のブギウギ解釈も素晴らしいピアニスト!

テナーに持ち替えた黒田さんの音デカイ!あら?硬質な音色、あらら・・・キーが何度も外れミスが多く、これはどうしたことか、厳しい〜。
良い音階で納めず・・・外れた音にフリーキーなフレーズを重ねるもその音は変だぞ・・・しかし心は思いは大きいのでしょう。

P1030680 (375x274)













リハで聴かれた大好きな曲「セント・ジェームス病院」!聴かせます。

バラードを繊細に綺麗に『バット・ビューティフル」、「オール・ザ・シングス・ユー・アー」の勢い、「アサヒのようにさわやかに」のハイスピード、「セント・トーマス」のチューバッカのベースライン。

凄い勢いの福島ピアノに、腰が痛いという黒田さんは引いてしまったかのような感。福島ピアノは豪快で美しくて左手の展開と右手の展開にスケールの大きさに持っていくいく!

最後に「聖者の行進」、モードやバップやフリーアプローチと、何を演っても美しさと豪快さと、何よりもサウンドする福島ピアノ。

黒田さん力を振り絞って(腰が…)チューバックスで、でかい音でフレージング行きましたよ!

P1030686 (375x281)














黒田さんは終演後、興味のある方はどうぞ、とお客さんにチューバックスを吹かせてあげました。車の中からソプラニーのも持ち出し、サックス吹きのお客さんとのサービス精神でした。

私も吹きたかったけど、福島さんとアブドゥーラ(ダラー・ブランド)の話で大変盛り上がっちゃいました。

福島さん、来年ソロやりましょう!

黒田さん、K自動車で京都までの岐路、どうぞお気をつけて!







レコードの楽しみ

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
営業時間15:00−22:00   お休み24日25日
-------------------------------------------------------------------
9月22日(月)は20:00からライブ!(通常営業15:00-17:30頃迄)
黒田雅之(Tubax)) 福島 剛(p)   
Tubax黒田さん、京都からついに大きな大きなチューバックス(テナーの2倍の高さ・チューバとテナーの音色?)を持参してきます。

私も初めて聴くことの楽しみです。

前回素晴らしい表現力のピアニスト、福島さんと、この度はデュオ♪

皆さんお見逃しなく!

勿論今日も調律終了!

当日¥3000(1drink込・税込)
------------------------------------

今週末&日曜日は秋の行楽日和!のせいかお客さん居ない中、モノラル針でモノラル盤を聴く。(オリジナル盤は皆無よ)

モノラル針でステレオ盤はダメですね〜。ステレオ針でモノラル盤は全くOKなんですが。

その昔EMTをお借りして2台でレコード演奏したくも、一台一台EMTは違い、というか、ケーブルも電源もすべての事が音に作動するから、あまりにも違う家や断念したことを思いだしました。

あの時、そこまでこだわらず大らかなに導入すれば良かったかも。あの頃、こだわりの賜物だった。

オーネット jazz来たるべきもの












51jvO00VIoL__SL500_AA300_


















臨機応変、色々また聴きましょう。レコードを楽しむ人と!

その後Hさん登場す。早仕舞いしないでよかった。


今年は残暑もなく晴天の秋も肌寒くなりました。暑い暑い夏からのコスモスがやっと咲きました!(フル・マスの実家から頂く)
P1040581 (250x375)

















P1040577 (375x236)






















あの頃の楽しさ

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
営業時間15:00−22:00   お休み24日25日
-------------------------------------------------------------------------------
9月22日(月)は20:00からライブ!(通常営業15:00-17:30頃迄)
黒田雅之(Tubax)) 福島 剛(p)   黒田さん、京都からついに大きな大きなチューバックス(テナーの2倍の高さ・チューバとテナーの音色?)を持参してきます。
前回素晴らしい表現力だったピアニスト福島さんと、デュオ♪私も初めて聴くことの楽しみです。皆さんお見逃しなく!
予約2700当日¥3000(1drink込・税込)
--------------------------------------------------------------------------------

「EMTみたいな高級なものではありませんが、必要であり便利でしょう」と、昔Tさんにいただいたモノラル針、大久しぶりに聴いてみたら大丈夫、ホッ!

今日は珍しいレコードを、オリジナル盤持参のお客様が楽しみにいらっしゃいました。私も楽しみでした。人です!

(随分前の事、たまに来ていた偉そうな態度の人が、ある日オリジナル盤を沢山持ってきてかけてくれと、嫌な感じの人だからかけたくないけど、聴いてみたい興味が先行、かけてあげましたが、楽しくはなかった。その後酒癖が悪くてお断りしたり。)

モノラル盤は50年代後期か60年代初期まで、50年代後期はステレオに向かい擬似ステレオ盤も。こだわりによりモノは68年のもありました。

厚みがあり塊の音ばかりではありません。オリジナル盤のそれは、きめ細かく繊細に、楽器そのものが美しく響きます。

サウンドのいいとても楽しい時間でした。音はいいし演奏はいいし聴かせましたね。レコードを聴く醍醐味、音そのものの在り方、昔のあの頃の楽しさが蘇りました!

少し取り上げると
『DEBUT IN BLUSE/GENE SHAW』1963年
『DOUBLE OR NOTHIN'/HOWARD RUMSEY'S LIGHTHOUSE ALL STARS』1957年
『COHN ON THE SAXOPHONE』1956年
国内盤からオリジナル盤を入手したのでと、アル・コーンを頂きました。ありがとうございます!オリジナルと聴き比べると如実に違いがありましたネ。
ステレオ盤も勿論の事CDも聴かれるし、楽しみは尽きませんね。
また!
Al Cohn

















その後お客さんは見えません。いつも当たり前にステレオで聴いてきたモノラル盤ばかり行きました。オリジナルはあまりないけれど、針の違いはサウンドの違いに。

マイルス、マラソンセッションの一枚はペラペラ盤で針とびが・・・昔2枚重ねて厚くすると音は厚みが増す、という話を思いだし、重ねてみました。針とびはありません。が固定してはいないからなぁ、ふーむー。昔発売された輸入盤、リ・マスターCDの方が総合的に良かったわ。

オーネット・コールマンBN盤は沢山のモノラル盤が、ドンチェリーのモノラルBN盤、コルトレーンのインパルス盤、その後クラシックのモノラル盤を、クラシックファンのC君登場す。
風邪気味の中開けていてよかった。いい時間でした。また!

『Don Cherry/Complete Communion』1964年 
B面は傷があるので悪いね、っと山口孝さんに頂いたオリジナル盤です。最近IT君がチェックしていたベーシスト、ヘンリー・グライムスいます。フリージャズ♪また聴きましょう。

Don Cherry
















2014Joachim Badenhorst,Naoto Yamagishi@candy

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
営業時間15:00−22:00   お休み24日25日

20日(土)は口開けから数時間、お客様のご要望により持参されるモノラル盤を、オリジナル盤や珍しい盤や、聴くことになりました。モノラル針うまくいきます様に!興味のある方はどうぞ。
---------------------------------------------------------------

山岸 直人(drums, percussion)さんパリから帰国、パリで知りあったさまざまなアーティストの中から、この度はベルギーからヨアヒム・バデンホルスト(clarinet,Bcl)さんと、即興演奏デュオ。

最近リリースされた各ソロ・アルバムのタイトルは「森」という言葉、先日長野で過ごした二人の今日は「森」のイマジネーション?!

1部、ソロ!
シンバルを擦ったり弓で弾いたり小間物を太鼓で擦ったり、何をしているか見たいために目をつぶって聴けませんね。
直人さんオリジナル・シンバルのスタンド先端使用音の倍音にのり綺麗〜。25分ほどあっという間に行きました。

ジョン・ブッチャーやハン・ベニンク等、凄・演奏家と共演しているヨアヒムさん、楽器を知り尽くす如く、操るのです。
クラリネットに長いホース使用のサウンドは、外した時もそのサウンドが聴こえている、というテクニック。

サーキュラス奏法2音も3音も聴こえる倍音に乗る音楽性。バス・クラリネットの暖かい深い音色、素晴らしい〜聴き応えました。

2部、デュオ!
直人さんのバスドラの音とバス・クラと低音に乗るサウンドや、こだましていきました。静と動と構成されたかのように、ぴったり。

皆さまありがとうございました!

P1040588 (375x248)













P1040592 (375x250)













P1040593 (375x244)













P1040602 (375x247)













P1040598 (375x244)













10月25日(土)は直人くんと、フィンランドの若手ギターリストLauri Hyvarinenさんとデュオです。


P1040603 (375x245)














記念撮影
また太って・・食欲の・春と夏と秋!?(笑)



Profile
jazz spot candy
千葉市稲毛区稲毛東3−10−1

自分にとって、JAZZは「今」生きている音。
自然な音を聴きたい、鳴らしたい、生演奏のような、ライブ感と緊張感と、本物を伝えたい。
 そんなコンセプトのお店、candy
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ