Jazz Spot CANDY

ジャズ、音、心に魂に振動します.何時も初めてのように.

20140424Nicolas J. Fasnacht & Nikola H. Mounoud、HidekiTachibana

★【Overload Collapse ocX】 fromスイス!
  electronic duo!
  Nicolas J. Fasnacht,Nikola H. Mounoud、 
★サックス・ソロ!立花秀輝

初candy・始めまして!どちらが二コラでどちらがニコラス?ニコとニコでニコニコです、って。手から頭までのタトゥもニコさんのアート。タトゥだらけの怖いイメージは全くなく、気を使う優しい二人。日本10年目の記念ツアーという事で日本大好きがうかがわれました。
DSC02202 (375x241)











DSC02203 (375x245)













海外のミュージシャンは20代そこそこで素晴らしい音を持つ。素晴らしい耳と感性と歴史がある。今は30代の彼らはノイズ・ジャンルのエレクトロニクスで、スイスでは実験的な破壊的なアートにサウンドする。こういうお店で、シリアスな空気の中で演奏するのは初めての事で、凄く緊張していますって。

そして音質が第一でこだわる。PA用アンプ内蔵SPの一台の高音が出ないので、一つはギターアンプでやむなく使用する事に。ごめんなさいね。大丈夫さっ、て、1時間半近くサウンド・チェック、バランス、サウンドのリハーサルを。エレクトロニクスには音階がありノイズ音は美しくハーモニーしていた。
DSC02196 (375x247)











DSC02200 (375x241)











DSC02199 (375x247)











DSC02201 (375x245)













彼らの演奏時間は30分以内のマックスというし、他ライブ会場では対バンでとりおこなわれているという事で、日本を代表するサックス奏者、立花秀輝さんを抜擢する。

1部立花秀輝ソロ!静かに、爆音に、ノンブレスに、分解サックス奏法に、メロディが、ゴーストが聴こえてきて、全身全霊で吹ききった。良かった!
DSC02205 (375x230)











DSC02207 (375x248)











DSC02209 (375x239)











DSC02211 (375x241)













2部ニコ、ニコ、二人は立花さんの凄い演奏の後、ノリノリで、緊張感のいい空気と共に大きくサウンドしていた。
DSC02213 (375x240)











DSC02222 (375x193)









3部一緒に演奏する?いいね!ニコニコヒデキ完結しましたとも!

3人の記念撮影とれば良かった・・・

アフターアワーズはAちゃん手作り焼きリンゴと焼そば。私のおにぎりとサラダ。残ったおにぎりを深夜頂きまたまた胃もたれがデブの元が(+_+)

今回のブキング・サポート・Cちゃん!色々な事が面倒くさくて私どうしよう・・・ありがとうございました!





今日の一枚

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
043-246-7726  jazz_candy-lj@infoseek.jp
open15:00−close21:00頃 不定休 4月23月27金

皆違くて皆いい!ワクワク・ライブへ行こう!
(ライブ前も通常営業15:00-17:30頃まで)
★24日火 2バンド 各30分程のステージ20:00〜21:00頃まで
○【Overload Collapse ocX】 fromスイス!
electronic duo!Nicolas J. Fasnacht,Nikola H. Mounoud、 
○サックス・ソロ!立花秀輝
★26日木 【マグネティカルテット】
★28日土 小幡英司(g)Hiro長谷川(ds)

ペーター・ブロッツマン熱覚めやらず・・・フリージャズと言えば解りやすいかな権化のペーターさん。77歳の凄いパワーは感動は何でしょうね。
コルトレーン後期最後のドラマー、ラシッドアリとのこれはかなり聞きやすいかも。なんとなくコルトレーンサウンドなり。
神経質そうだったインテリっぽかったWSQで来日したフレッド・ホプキンスと、レコードの素晴らしさ。
Peter ラシッドアリ フレドホプキンス


















6月6日7日@candy
ポール・ニルセン・ラブ、ヨン、フロード・トリオ・決定!
6月12日13日@candy 
マッツ・グスタフソン&サブ・トヨズミ デュオ決定!


Froade Gjerstad trio&Peter Brotzmann
Frode Gjerstad Trio Peter
















アーチーシェップ80歳にして現役なり!ポール・ニルセン・ラブは大好きなレコードが沢山。
アーチ―シェップ ザ・マジック オブ ジュジュ












アーチ―シェップ トレーン












アーチ―・シェップ ドナウィッシンゲン























何時もキースがいる。
キース レディアンス











20180421【Abebacca】

【Abebacca】南 博(p)高橋保行(tb)齋藤”社長”良一(g)水谷浩章(b)外山 明(ds)

強者達のバンドの初candy音の行くへ・・・皆々さまありがとうございました!

この空間では音が如実、バランスが大事、生音とアンプ使用とのサウンドの鳴り方、音楽性、グルーブ感。皆うまいのにシチュエーションが何時ものcandyと違います。

各々のオリジナル曲とスタンダードと、アドリブ、編曲、アンサンブル!1部より2部!社長のトークに進行にどんどん行きました。

音こそがすべて!流石です南さんのピアノ!
DSC02188 (375x245)











DSC02187 (375x250)











DSC02193 (375x239)











数年前にトリスタン・ホンジンガーとでしたかしら外山さんのあの時はスネアーとハイハットのみで。ドラムスセットの独特なセット。

その昔、立花秀輝さんといらした社長のギターは大好きなパットメセニーを思いましたが、この日は強烈でした。
DSC02184 (375x244)











DSC02182 (375x234)











DSC02192 (375x243)











DSC02190 (375x242)













Abebacca トゥイッターでは削除されてるとのお話のアフターアワーズ。南さん曰く、スペイン語では音楽的とか、
次回7月27日(金)イケイケ〜!

21日20時からライブです

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
043-246-7726  jazz_candy-lj@infoseek.jp
open13:00−close21:00頃
不定休 4月23月27金
(ライブ前も通常営業15:00-17:30頃まで)

4月21日(土)【abebacca】高橋保行(tb)
南 博(p)齋藤’社長’良一(g)水谷浩章(g)外山 明(ds)
CIMG1503 (375x281)











ヤス君のブッキング、バンド名は「アベバカ」?!旨みのピアニスト南さん(芳垣さんや若者達と聞かせてくれた)と、お久しぶり、初めまして、総勢5人、ド・ジャズ・サウンド!皆さま是非どうぞ!
open19:30start20:00 料金¥3500(税込・1drink込)


毎月17日は「いいね稲毛の日」の一貫のジャズ流し!稲毛をジャズの町に!ひそやかに盛り上がりました。
初めてのcandyで緊張していますと言うギターの唐沢英親さん、ギター鳴っていました!
かなり気を使っていたでしょうピアノマン鈴木俊祐さん、時間オーバー(*^。^*)ライブの様にタップリ聞かせてくれました。
DSC02180 (375x237)










DSC02178 (375x243)











ピアノないお店2件ではピアニカ演奏の俊祐さん、candyではピアニカいらないのに(^。^)。Ks’ではエレピーがありゴリゴリ行ったそうでした。似合うねいいね!



4月15日のヘザーさんの写真より
私専用の?!(^。^)通訳Cちゃんとパチリ!レコード棚はペーターさんとセシルのレコード
04172











女子!Aちゃんヘルプありがとう)^o^(
0417 1 (375x275)











ペーターさん ヘザーさん 4月27日まで、いい旅(ライブ)を・お気をつけて!
04173 (277x375)
























17日はいいね稲毛の日

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
043-246-7726  jazz_candy-lj@infoseek.jp
open13:00−close21:00頃
不定休 4月19木、23月、27金

4月17日
15:00〜21:00 持ち寄りOK!
いい音で 大きい音で 大らかにナチュラルに再現すべく、あなたのレコード、CD、おかけします!
ロック、ブルース、R&B、ワールド、クラシック、ジャズ
(かけられない時ご容赦くださいませ)

candyもジャズ流しやります!生音本物の音ライブも聴きましょう!鈴木俊祐(p)唐沢英親(g) 19:20〜30分程
お気にいれば 投げ銭 宜しくお願い致します。

なべ忠さんよりタイム・スケジュール&プロフィール
18:30〜プリモ
19:20〜キャンディ
20:10〜なべ忠
21:30〜ケーズドリーム

DSC01581 (375x238)









鈴木俊祐:1981年生まれ 千葉在住 地元が好きな孤独の陽気な(?)わがままピアニスト。そのピアノプレイは、グルーブを大切にスイング、バップ、フリー、ジャズ伝統を消化しいっぺんに表現したい。破壊やスピード、汗だく、文化祭的なノリみたいなものを好んでテーマにしている。2009年アルバム(タランチュ)2010年テキサスツアー行う。目指すはピアノ界のファンタジスタである。

唐沢英親:年間100〜120回のイベント、ライブ、パーティ等で生演奏。その傍ら、音楽教室を営んでいる。1992年TCA東京コミュニケーションアート専門学校入学矢萩秀明氏、李偉玉氏に師事奏法、音楽理論など学ぶ。
現在は、千葉県、都内等で、年間100〜120回のイベント、ライブ、パーティ等で生演奏。演奏活動を並行して、講師としても更新の指導にあたっている。

candyより:俊祐さんすっかり大人になりました音と人!その昔、今は亡きミシャ・ベンゲルベルク(p)(インプロ、フリー、作曲、ジャズピアニスト)来店の折、アフターアワーズでひいた時、がむしゃらに一途にピアノに向かっていた月一のソロを8回ほどやりきった時、16年聞いてきて、自己流でここまで来ましたわ。素晴らしいオリジナル曲も多いです。

俊祐さんの事大好きという唐沢さん、初共演のこの日、短い時間ですが5軒回ります。稲毛にジャズを!なかなか浸透しないけれど…頑張りましょう!candyライブでは他店と違い力いっぱい過ぎるけど・・・別物のこの日に楽しみです!

稲毛K‘s Dream 1F BAR LOUNGE presents
"稲毛の日"〜投げ銭アコースティックSP〜
OPEN 19:00 START 19:30
※2ドリンクチャージ製 / 出演者への投げ銭制度あり
鈴木俊祐デュオ (Piano / Guitar)(稲毛Jazz流し)
俵良次(ハイパービーム)
草場敬普(In the Soup)
清古竜也(weakness)
沼田謙二朗
内山五月

20180415 Peter Brotzmann、 Heather Leigh Duo!Japan Tour 2018

ライブ連日3日目のcandy、移動などトラブル多くのせいかこの日は到着が遅くの二人。挨拶するもペーターさん疲れ切っているようでした。が、直ぐにサウンドチェック、かなりしっかりやっています。

closeにもかかわらず入場してしまう人に(この日は何時もと勝手がちがうんです・・・)ペーターさんは、まだだよ、って言っている憤慨している・・・私は本当に気をもみました。

外には沢山の人たちが待っていてご迷惑おかけしました。開演15分前に入場し支払いもオーダーも大急ぎ20:00に間に合いましたが、空気を落ち着かせて。20:10過ぎイザ、スタート。

満員御礼・聞く思い・皆々様ありがとうございました!

ペーターのテナーの一音!生音!前列の三重県からの方のけぞり〜。始まり始まり〜!
DSC02163 (500x320)











DSC02149 (800x379)









DSC02162 (321x500)
















DSC02151 (500x329)











DSC02157 (500x326)














オリジナル使用ペーターさんのテナー、メタル・クラリネット、タルガト、ヘザーさんのスチール・ギターと独学のペダル使用のエレクトロニクスと。ヘザーさんの音に重なるペーターさんの爆発的としなやかさと、フリー・インプロビゼーション!
1部インナセンチメンタルやペーターさんの体にしみこんでいるメロディが多々聴こえましたよネ。

ライブが始まるとご機嫌なペーターさん、終演すると大ご機嫌なペーターさん。明るいチャーミングなヘザーさん。
DSC02164 (500x322)










DSC02166 (500x326)











Aちゃんお手製お汁粉を頂くわ。
DSC02167 (500x313)











DSC02168 (500x327)












初来日のヘザーさん大喜びで、レコード棚のペーターさんの歴史的ジャケットの前で、カウンター内にペーターさん呼びパチリ。
candyが出来た1976年に生まれたのよって。エー私と同じ年ね?受けました(^。^)
セシルテーラーが亡くなってしまったと写真撮っていたり、沢山のジャズをフリーを知っていて嬉しかったわ。

ペーターさんは初candyは15年前でしょうか、それから何時も必ずに・・・凄い音を、凄い精神を、感謝します!

タクシーに乗る寸前お見送り パチリ!
DSC02170 (500x299)











一人一人に挨拶するお二人。
Aちゃんのヘルプには大助かりです。ハグ!
DSC02172 (500x324)












4月15日〆切御礼!

予約しめきりました!
当日ご連絡の方3人ほど大丈夫・ラスト入場で・

BROTZMANN、LEIGH Japan Tour 2018 
ピットインへ行ってきました!
ペーター・ブロッツマン(Sax,Cl,targato)
ヘザー・リー(pedal steel Guitar)
大友良英(G)豊住芳三郎(Ds)

ブロッツマンとヘザーさんはCDで聞いてきましたが、ライブでペーターのあの一音がまた聞けてジーン。今回も凄いパワー。大友さん、サブさん、ヘザーさんと即興演奏はエモーショナルでドラマチックでジーン。

今日はスナックお土産にご挨拶を。ペーターが、オー・プレジャーって。ヘザーはどこ?って。私は、いいのよ明日candyでネって。英語が続かなくて残念〜。心は通じて。

明日のcandyデュオ、PAなし生音のペーターさん皆に聴いて欲しい!最後の予約が入り22人に〆切御礼申し上げます!(当日3人はOKラスト入場に)

増々素晴らしいサブさん、6月13日マッツ・グフタフッソンとDuo!

大友さん、芳垣さんと何時かcandyにとお話し申しました!

Peter Brotzmannまたまた日本にcandyに上陸!

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
043-246-7726  jazz_candy-lj@infoseek.jp
open13:00−close21:00頃
不定休4月14土15:00〜17:30頃まで営業、
19木、23月、27金


明日15日はPeter Brotzmann、Heather Leigh、The Duo!
初来日のヘザリーさんとペーターさんJapan Tour 3日目のcandy!目の前で!体感!お見逃しなく!まだ少し席があります!
(ライブ前15:00〜17:30頃まで通常営業(レコード演奏)
20180415写真ペーター (300x199)









20180415写真 (300x164)







Peter 20180415 (500x327)











Peter Heathe (290x300)
















昨年のポールとペーター@candy凄い時間でした!
CIMG2798 (500x373) (300x224)











CIMG2795 (375x500)












CIMG2808 (300x218)















何時もcandyに来てくれて感謝します!

土曜日の昼間なのにお客さんは来ません、閉めましょう、イザ、ピットインへ!

PB HP http://www.peterbroetzmann.com/index2.php



20180413【Olbit】齋藤徹、今井和雄@candy

1年ぶりの二人のcandyにてお話ははずみます。嬉しいです。
【Olbit】12年前50歳の時に結成、とあるお店でしかやらないと知りつつ、やってもらったのは7年前2011年震災の1ヶ月後でした。ガソリンが品切れ、余震、さまざまな事に不安の時でした。

病気を抱えながら演奏に仕事に活躍する人、亡くなった人、闘病中の人、何時どうなるか考えさせられ、この日は特に感慨であります。

何時も物販やチラシなどサポートしている玲子夫人、よくお花や御菓子を頂くなど、お心に感謝。
DSC02144 (375x250)












DSC02127 (375x245)












思いを込めて、全身全霊の音を放つ。彼らの今音、経験を生き様を音にするインプロヴ!
DSC02134 (375x238)











DSC02132 (228x375)
















DSC02137 (375x250)











DSC02140 (375x250)











DSC02133 (375x234)












今井さんはこの時は生音ガットギター、むさぼり、協調し、色々な音が音階がビワなる音も、アコギーの音色の良さと面白さ。

テツさんは手足のしびれ感覚の妨げを振り切る。状況知らない人が聞いたら全く差し障りなく、素晴らしい音が溢れ出てきて流石です。
オーディエンスの琴線に触れるそこにある音楽の清さ(何の濁りも曇りもなく美しい)!

もったいないお化けが・・・皆さまありがとうございました!



お仕事前にシタールへ

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
043-246-7726  jazz_candy-lj@infoseek.jp
open13:00−close21:00頃
不定休4月12木、14土15:00〜17:30頃まで営業、
19木、23月、27金

ランチ、サイクリング友達と、新検見川から10分程にある印度料理のシタールへ。フルマスは昔よく行ったけど5年ぶりだとか。食通のヒデさんも始めて、近くにありて始めていきました。

37年の場所は今大改築で側で新たなる支店?へ。予約なし待つこと50分程と聞いていて外には待ち人が沢山。ここは店内は広くて15分程で入れました。
フルマス シタール 外観 (375x281)














彼らはまずはビール美味しそう、私はチャイを頂いて。卓上にはサービスのアチャール、マンゴーチャツネ。
フルマス、ヒデ、シタール (375x281)











フルマス シタール (375x270)












お料理が来ました。香ばしいチキンティカ、始めて美味しいと思ったシシカバブ。ランチはタンドリーセット、チキンカレーをひでさんと、フルマスはラムカレー。、ライスは印度米、甘くないナン!デザート付 マンゴープリン。全てハイレベル!
フルマス シタールシカバブ (375x265)











フルマス シタール セット (268x375)





















美味しくいただくも香辛料苦手な私は胃がはります。しかし深夜の夕食はいただくと言う食い意地〜。顔まんまる〜。今度は自転車ランチでまた!



Archives
Profile
jazz spot candy
千葉市稲毛区稲毛東3−10−1

自分にとって、JAZZは「今」生きている音。
自然な音を聴きたい、鳴らしたい、生演奏のような、ライブ感と緊張感と、本物を伝えたい。
 そんなコンセプトのお店、candy
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ