Jazz Spot CANDY

ジャズ、音、心に魂に振動します.何時も初めてのように.

2015年07月

ありがとう

今日は(も)昼間はカンカン照りです。サウンドウエイブ齋藤さんは中米に出張中で、今日朝10時半過ぎに調律佐藤さんが来てくれました。低音弦あり調律終わりすべて良し!

元ベーシストで音にレコードに詳しい佐藤さん。お久しぶりでした。ありがとうございます!今日は切りませんように低音弦。。。
本日31日板橋文夫ピアノ・ソロ・ワールド!20:00から皆さん是非どうぞ!

P1060114 (300x225)












P1060113 (300x223)













宮川久美ちゃんの日から発生していたある時に起こる音の歪み。私以外一人しか気にならなかった。音が命、気持ち悪い。困り果てていた時に、HMちゃんが、あらら、棒が落ちていますよ、って。あらら〜これか〜。

今日とってくれたその棒は編み棒の細いモノで6本も。それがある時に共鳴していたのでした。一段落しホッ!

前にダンパーはさわってはいけないとの注意書きを入れましたが、色々なものを中に落とさないようにでした。プリペアド奏法の方へ!

P1060115 (300x209)

いいね

仕事の後の疲れた身体にビール!居酒屋さんは大人気でしょうね。そんなわけで?この所通常営業では21:30頃には閉店へ。クーラーに暑さに疲れた身体にはちょうどいい。

31日(金)20:00から板橋文夫ピアノ・ソロ・ワールドの日!
ライブへ、体感!浄化!皆さん是非どうぞ!

P1100229 (375x281) (251x276)













-------------------------------------------------------------------------
ジョシュアヒュームくんは日本に7年住んでいる。日本語ペラペラだし、真面目ないい日本人みたいでもある。友人マガリちゃんがアメリカから初めて日本に来て、嬉しいね。

18日から通常営業とライブと3回もcandyに来てくれて、嬉しいね。

P1060112 (800x597) (300x224)











海外のジャズは今の音楽はボーダーラインなく様々な音楽がある。
マガリちゃんが気に入ったのは、たぶん♪コルトレーンの甥のサウンドかしら。先にcandyでもライブの在ったのりのいい♪クローム・ヒルもかしら。
勿論♪マントラのcandyかけましたとも。猫好きと聞いてトミフラの猫ジャケの♪catsかけようと思いつつ見当たらず?ジミースミスの♪cats!スカー!

あっという間の2週間、31日には帰国だそうです。明るい可愛い女性!またね!


ある日

お休みの日はクーラーを逃れて、自宅は自然な風と扇風機の私。

昨日27日は千葉は38℃の猛暑、そうじに取り掛かっていたので、頭が痛くなっていた。
熱中症にならないように水分はどんどんとるも、異常な今年の暑さでしょう。

お店はクーラー入れっぱなし(オーディオの為)なので、時々涼みに行く。ばかだな〜。
お店のレコードCD整理、自宅のCD、他荷物の整理、どうにかする。


レコード演奏の楽しみの一つ、
同曲の演奏者の違い。今、「サマータイム」!

全て懐かしいもの、全て新たによみがえる。

B面リチャードデイビスのヴォーイング!エルビンのギターも聴ける。揺らぐタバコの煙・今は小さくなって吸わないといけないたばこ・美味しい。
elvin Heavy sound














ジャズヴォーカルの醍醐味・エラ!可愛い迫力。
Ella















初期マイフェヴァリットシングスのB面に。さわやか〜
Coltrane summertine















来日はもう最後という頃に聴きに行ったMJQ,勿論それからも来ていました。
MJQ

















アイラーは?そっとね。。。




本物のフリージャズ!インプロヴァイザー!

お休み
7月27日(月) 8月1日(土)2日(日) 6日(木)11日(火)他

阿部薫という凄い人がいた。惜しくも早くも29歳でこの世に別れを告げてしまった。1949-1978 演奏歴は1970年から1978年の9年間。かなりの音源がある。

今日はAさんが阿部薫を聴きたいといらっしゃった。そしてなんとcandyの内ドアはロックされててノックで気が付いた。その間16:00〜18:30に誰かいらしたかしら・・・自分の覚えのない行為に驚くあぶない私。

Aさんの突然のそのリクエストに驚き歓び、しかし怖いですよ、しかし曲もやっていたし、誰もいないし聴きましょう。

アカシアの雨がやむとき チムチムチェリー 恋人よ我に帰れ 暗い日曜日、厚みの音はテナーの様にも聴こえるコルトレーン、何よりもドルフィー、アイラー、ブラックストーン等凄い表現者たちがいた。

阿部薫は独学で、スピード命のアルトという楽器が体の一部が、血、骨、内臓、分身となり、コントロールし、大いにサウンドする。怖くて美くしくて凄い事よ。

他に、ギター、ハーモニカ、ソプラニーノを演奏。
フリージャズはめちゃくちゃだ。難解だ。破壊的で否定的で、とそういう人は話はおいといて・・・それらの真逆!

美しい!心の深部に来てしまう、そういうオーディエンスがいたからこそ、今も居るからこそ、再発される音源の数々だ。本物を聴く。

1971年の頃、今とは全く違う新宿ピットインの昼間、6時間くらい吹いていた阿部薫がいた。身を置いた聴いていた私がいた。。

阿部薫+佐藤康和デュオ
阿部薫1971東北大学アカシアの雨がやむとき















阿部薫ソロ
阿部薫1971 12月ベーシー秋田大学 暗い日曜日















阿部薫・豊住芳三郎デュオ
カバーも変わりレコードで再発売も
阿部薫 豊住芳三郎1978オーバーハングパーテイ















阿部薫ソロ (ラスト)
阿部薫1978ラストデイト















20140725柳川芳命、鈴木俊祐@candy

今月は前半2回と後半2回とのライブは気持ち余裕です。いい音が聴けてお客さんも来てくれて、ライブはやはり楽しきかな、音と人。

今日は後半一回目、鈴木俊祐(piano)柳川芳命(asax)の二人は、初顔合わせとは思えないほどに呼吸が合っていたのでした。
P1060101 (375x279)















柳川さんのアルトの音色の良さ、音は美しく音はデカく、何より突き抜けているのです。
俊祐さんの勢いとのりと、何よりも集中力は途切れず、ピアノプレーヤーとして出し切っていました。久しぶりに全編フリーでした。ドラムス、パーカッションも入れた俊祐さん、二人のスムーズさ、集中力は持久力となり、どちらかともなく行く、どちらかともなく呼応する。

ブルースあり、メロディも聴こえる、全速力あり、静寂音あり、密度の高いThe Duo,Solo,心の、音の、交感、オーディエンスにもしっかり聴こえました!
P1060099 (375x274)














P1060093 (375x271)













P1060090 (375x270)













P1060097 (375x268)
















前回は柳川さんの素晴らしさがかいま聴こえず、今回はリベンジしたくブッキングしました。
エヴァンパーカーライブ後のcandyライブ、柳川さんでよかった!

シュンスケさんでよかった!俊祐さん8月4日にトリオで在りますが、そのトリオの前回の時と同じくらいストレスのないスムーズなライブで、終演後もさわやかでしたもの。今日はノリノリで終演後ピアノソロをさりげなく弾いていました。

またやりましょうネ!

皆さま、ありがとうございました

調律斉藤さんは只今海外中で、31日の板橋さんソロの日の前に会社の方が来てくれるのですが、音にこだわりのある板橋さんです〜。低音弦が間に合いうまくいきますように〜。



草月ホールにて

超フリージャズコンサートツアーと題したコンサートは、京都、郡上、青山は最終日。待ちに待ったこの日、都内近辺の方々、candy常連さんも沢山、そして知っているお顔も大勢お見受けしました。500席程満員の様子で素晴らしいしいね。

3人密着のサウンドのかたまり、草月ホールは作りが良くて音がいいです。
今回土取さんは大太鼓は持ってこられず、しかし他太鼓やヴァラフォン?や民族楽器の最たるサウンド。はちきれるドラミングに強い意志を感じますね。ウイルアムさんはハープみたいなもの以外は持ってこられて、土取りさんとの効果音大。

エヴァンさんはやはりソプラノソロ行きました。皆大満足ですね。テナーソロは郡上ではありましたが、今日はスムースなサウンドに、都度循環奏法も聴かれてやはりメロディも奏でていました。

一時間半通してあっという間に終わりました。終わってしまいました!

15年ぶりかしらエヴァンさん、昔jazz&nowさんの計らいで来ていた時candyで実現する話も。あの時は来日キャンセルとなりました。また来年来て欲しい!candyにも!

郡上のホテルで遭遇す!5分程の至福の時間。にこやかでフレンドリーな二人でした。
P1060063 (375x281)















お茶には茶柱が立ち、いいことばかりの郡上でした。

岐阜城へも行きました。天下を取るそのお城は凄い階段・・・頑張りました〜。
P1060068 (281x375)





















郡上味噌老舗のおかみさんと。勿論コンサートへ行きましたって。何が何だかわからないながら素晴らしかった寝られなかったって。まっさらで聴く行為、最高ですよ!
P1060057 (375x280)















稲毛に帰りホッ。山に囲まれていない暑い夏の現実へ。打ち上げは稲毛の利平さん。お蕎麦とそば茶で乾杯!
P1060088 (375x281)




超フリージャズコンサートツアー!郡上八幡音楽祭へ!

Even Parker(ts、ss) 
William Parke(b、他沢山) 
Toshiyuki Tutitori(ds,大太鼓,他沢山)
http://gmf2015.wix.com/free

7月19日のプレトークにも行きたかったが断念。さあ20日、山並に囲まれた郡上八幡、5時間半の道のりも出かけて本当に良かった!

ホテル・チェックイン後直ぐに城下町へ、
日本最古の木造再建築、郡上八幡城へ、1221年下総国千葉県との由来も。雄大な山々に空気に触れたく坂道を延々と、頑張った〜。

P1060046 (375x281)













P1060039 (375x293)













P1060038 (375x281)
















郡上市総合文化センターへ、地元のお客様が半数と他からのファンの方が半数と、660名以上満員という事に本当に良かった!

大きな大きな太鼓が響き始まりました。スピード感となりきるドラミング、ベースのうねりへ、テナーとのそれは私にはスイングジャズのように聴こえました。

百戦練磨の3人は、イギリス、アメリカ、日本、というそれぞれの土壌、生きてきた過程、今という音へ。何よりも音楽を演奏する場所の空気、緊張感に増すのは町のみんなで作った会場の暖かさ。

多楽器使用の土取さんとウイリアムさん、エヴァンさんはソロも入り、最初にソプラノのあの往年の音に大感動!2時間近く、皆みんな聴かせました。心の音達!3人の交感!

P1060051 (375x281)













郡上八幡ステージ (375x250)













主催者側のステージ写真2枚。
↓最前列マスクの人は私ですわ!
郡上八幡 (450x257)














22日草月会館へ!続く。。。



7月ラストスパート

〒263-0031 千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
Fax043-246-7726  メールjazz_candy-lj@infoseek.jp
Since1976/04(New2002/04)〜開店40年へ・感謝をこめて! 
 通常営業(レコード演奏) open15:00〜close22:00頃  
ライブ日の通常営業15:00〜17:30頃

お休み
7月20(月)21(火)22(水)27日(月) 8月1日(土)2日(日)他
今月ライブは後2回、25日(土)31日(金)お楽しみください!

梅雨明け〜 クラーラーに負けずファイトです〜。



★25日(土)柳川芳命、鈴木俊祐、The Duo The Solo
柳川さん制作のフライヤー可愛いー ファースト・ミーティング!
7月25日鈴木俊祐 柳川芳命





















31日(金)板橋文夫 Piano Solo
久しぶり板さんのソロワールドへ!カッコいい音と人!
P1100229 (375x281) (251x276)
















=レコード演奏の魅力!凄味!醍醐味!=

珠玉のエラ!「イン・ベルリン〜サマータイム♪」
「サンタモニカ・シビック〜君の友達♪」
エラ イン












エラ サンタモニカシビック



















アメリカ、スペイン、イギリス、今を生きるフリー・ジャズ・最高!しかし音がいいわ〜。素晴らしい新譜のCDを聴かせてくれていつもありがとうIT君。エバンお楽しみに!




映像の日&いいね稲毛の日

コルトレーンのレコード最後期!
coltrane Expression













coltrane オラトゥンジコンサート


















John Coltrane生誕89歳。48回忌の命日の17日!candyは39歳40年目に突入!昔は17日と近辺から特集していたけど今のお店では6月からメインで。夏は聴かずにいられないですよね。

そして「いいね稲毛」のひにはjazz流しの高橋保行トロンボーン・ソロを。演奏歴22年の彼のジャズの歴史、そしてお客様4人のジャズの歴史、candyの音楽空間にて!

20:00から25分コルトレーンが演奏した名曲の数々をオン・パレード。「イン・ナ・センチメンタル・ムード」から「サン・シップ」から「マイ・フェヴァリット・シングス」「チム・チム・チェリー」最後はモンクとの思い出深い曲「モンクスムード」。
ウォーマーなトロンボーンは、炸裂音やアドリブの展開、音楽は魂の音へ!無我!

P1060012 (375x277)













P1060017 (375x279)















この日は特集の最後に映像をメインに行きました。その後夜にもお客様が。初めて動くコルトレーンを見ましたと感動の声も。
皆さま ありがとうございました!

ビリー・ヴァング(vl)をcandyで見逃したと、IT君持参のDVD。カヒールさんや他楽しいシカゴのライブ。candyのビリーバングの素晴らしさを思いました。


お盆は皆帰ってくる。何時にも増してレコード演奏の凄味へ続く。


7月17日はOnly Coltrane Day

7月17日はコルトレーン命日!初期・中期・後期とかけてきた中ラストス・パート最後期など一日中行きます♪

「いいね稲毛」の日につき20:00から20分程、高橋保行くんのトロンボーン・ソロ入ります!コルトレーンなじみの曲の数々を♪お気持ち投げ銭です。

1964年転換期のコルトレーン『至上の愛』コルトレーン、マッコイ・ターナー、ジミー・ギャリソン、エルビン・ジョーンズ。
昔々その昔、10代の頃に洗礼を受けました!
coltrane 至上の愛
















1966年日本のコンサートの集大成CD! 音が良い! コルトレーン、アリス・コルトレーン、ジミー・ギャリソン、ラシッド・アリ。
coltrane Live in Papan
















稲毛の浅間神社祭が終わり、コルトレーン・ナイトが終わる頃には、暑い夏がやってくる。今年はすでに千葉も34℃という真夏日の数日!
そのせいか開かないトイレのドアがスーッとあいたり湿気も薄らいで来ましたかな。

今日は台風直撃という予報は外れて涼しい日でした。

稲毛東町内会のおみこし15日
P1060009 (375x280)
















Archives
Profile
jazz spot candy
千葉市稲毛区稲毛東3−10−1

自分にとって、JAZZは「今」生きている音。
自然な音を聴きたい、鳴らしたい、生演奏のような、ライブ感と緊張感と、本物を伝えたい。
 そんなコンセプトのお店、candy
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ