Jazz Spot CANDY

ジャズ、音、心に魂に振動します.何時も初めてのように.

2016年01月

2月のご案内

New Year Live続きます。体感!目の前で!お見逃しなく!
 
vol.9 2月2日(火)【ARASHI】 start20:00 open19:30
Paal Nilssen-Love(ds) Johan Berthling,(b) 坂田 明(sax)
世界でも伝説のブリブリ坂田明さんと、世界を股にかけるポールとヨハン(ノルウエー)。今年も「ARASHI」旋風起ります。お楽しみに!
前予約¥4000当日¥4500(1drink込・税込)
P1040622 (375x244)












vol.10 2月6日(土)【DADA】 start19:30open19:00
池田芳夫(b) 緑川英徳(as) 河村英樹(ts) 江藤良人(ds)
重鎮ベーシスト池田さん率いるDADAは結成20年以上です。おなじみ、懐かしい、初めて、2管編成の醍醐味!お楽しみに!
前予約¥3500当日¥4000(1drink込・税込)
DADA池田良夫










vol.11 2月7日(日)★【Atomic】 start19:30open19:00
Fredrik Ljungkvist(tenor och barytonsax clarinett) Magnus Broo (trumpet) Havard Wiik(piano,) Ingebrigt Haker Flaten(bas) Hans Hulbakmo(ds、trummor)
スエーデン、ノルウエーの強者達!大人気ヨーロッパの今ジャズ!お楽しみに!
前予約¥4000当日¥4500(1drink込・税込)
Atomic20160207 (300x200)












vol.12 2月17日(水)【マグネティカル・トリオ】 
start20:00open19:30
Hakuei KIm(piano) 安カ川大樹(b) MasaOgura(ds)
美しきフレーズを奏でるピアニス、トハクエイさんと、素晴らしいベーシスト生音で安カ川さんと、地元の有志Masaさんのインプロ、他、お楽しみに!
前予約¥3000当時¥3500(1drink込・税込)
P1050356 (375x281)













vol.13 2月20日(土)【AAS】 start19:30open19:30
立花秀輝(sax) 山口コーイチ(p) カイゴーユタカ(Wb)磯部 潤(ds)
エネルギー全開フリー性あふれる何処にもないアプローチに美爆にわくわく!お楽しみに!
前予約¥3000当日¥3500(1drink込・税込) 
P1060564 (375x164)











vol.14 2月24日(水)Christian Meaas Svendsen ベースSolo!
open19:30start20:00
対バン : 鈴木俊祐ピアノソロ!            
ノルウエーの若者単身上陸!お楽しみに!地元を代表するピアノ・マンン俊祐さんのソロの美爆と、お楽しみに!
前予約¥2500当日¥3000(1drink込・税込)
Christian Meaas20160224P1060196 (375x281)















20160127[KAZE]@candy

田村夏樹(trumpet)Christian Pruvost(trumpet)
藤井郷子(piano)ピーター・オリンズ(drums)
+スペシャルゲスト加藤崇之(g,electro)

『KAZE』1年3か月ぶりの来日。フランスの二人と日本のベルリンに居を構える二人と4人、3度目の来日です。2人のトランペットの巧み、田村さん小間物も、クリスチャン特殊奏法、サウンドしていきます。軽快なるドラミングとグイグイ奏でる郷子さんと、一部は楽曲の数々、鮮明なかっこいいジャズ!

CIMG0343 (375x281)












CIMG0338 (375x281)










CIMG0339 (375x271)











CIMG0340 (375x281)












CIMG0353 (262x350)























2部、加藤崇之さん参加して全員即興演奏演奏へ。新KAZEへ。加藤さんのエレクトロニクス効果。でも時々奏でる義た音が心地よき。
CIMG0357 (218x300)
















大勢のお客様がいらっしゃいました。ありがとうございました!

田村さんの高校同級生やお客様集合写真。
CIMG0359 (800x600) (778x570)













1月27日 KAZE のライブは

ただいま調律斉藤さん(サウンドウエイブ)待ち!お疲れさま!

「CDもれなくプレゼントします」 と藤井郷子様よりご連絡いただきました。ありがとうございます!以下です。

「Libra Records 20周年を記念して、お越しいただいた方にもれなく旧譜1枚プレゼントという太っ腹な特典も用意しています。

KAZEの昨年リリースした3枚目のCD「UMINARI」はミュージックマガジン誌で2015年のベストジャズCDに選ばれました。
フランスツアー、北米ツアー、フランス・ミュールーズのフェスティバルでの演奏など、現在充実しまくっているバンドKAZE。今回の日本ツアーでは様々なゲストを迎えて、新たな一面も聞いていただけます。」

「オーストラリアの40度の真夏から、記録的寒波の西日本を吹き抜け、KAZE3度目の日本ツアー中です。
明日1月27日は関東に上陸します。ぜひ、お出かけください。」

田村夏樹, クリスチャン・プリュヴォ(trumpet) 藤井郷子(piano)ピーター・オリンズ(drums)+加藤崇之(guitar)

素晴らしいかっこいい4人ですよ!そしてなんとゲストに加藤崇之(g)さんですよ!もう最高の音が聴こえてきます!

Open19:30 Start20:00 
前予約¥4000当日¥4500 (1ドリンク込税込)
学生、70歳以上、1000円引き

2014年10月ライブの時
P1030722 (375x281)










P1030735 (375x278)










P1030734 (375x281)












スペシャルゲスト加藤崇之 New KAZE旋風!
加藤崇之20101016 (238x300)















20160124 Russian String Trio/Free Trees@candy

Maria Logofet(Vn.) Hugues Vincent(Cello) Vladimir Kudryavtsev(Contrebass)
チャーミングな女性、ヴァイオリニスト、マリアさん、インテリジェンスなウラジミールさん、「このトリオは1年位になるかな」、流暢な日本語で質問に答えてくれた日本愛好家のユーグさん。

ロシアからの二人とフランスのユーグさんと、ロシアン・ストリングス・トリオ

美しく厳しく現代音楽風でありながら、フレーズが溢れてきて、CD発売記念につき楽曲を演奏していると思いきや、即興演奏という事、懐の引き出しの大きさと、発想と表現力のセンスと素晴らしい〜。

ストリングスあり、弓引きあり、音はたゆまず誰からともなくソロ、デュオ、トリオへ三位一体。良かったですね!

皆様ありがとうございました!

CIMG0330 (500x375)












CIMG0328 (500x356)












CIMG0326 (500x372)












CIMG0327 (500x369)












CIMG0334 (500x364)
















おさんぽ

25日お休み
今月後2回のライブ♪24日27日

ご近所の方々、飲みに行くならcandyでライブで酔いましょう〜。

vol.7 明日24日(日)は19:30から(ライブ前の営業はありません)
Free Trees/Russian String Trio  CD発売記念!! 
仕事始めの1月4日にはユーグのチェロソロでした。かっこよかったでした。この度はロシアン・トリオ。弦楽奏!女性の大活躍、ヨーロッパから美爆♪楽しみです。初来日です。
紅一点!Maria Logofet(Vn.) Hugues Vincent(Cello) Vladimir Kudryavtsev(Contrebass)



vol.8 27日(水)20:00から 「KAZE」+加藤崇之を迎えて!(ライブ前15:00-17:30頃まで営業)
田村夏樹(trumpet)Christian Pruvost(trumpet)
紅一点!藤井郷子(piano) ピーター・オリンズ(drums)
+加藤崇之(g)
女性が続き、大好きな郷子さん楽しみです。かっこいいバンドです!久しぶりの加藤さんかっこいいです。お楽しみに!


今日はこれから雪になるという事、千葉は稲毛は大丈夫でしょうが、深々とした冷気が。早仕舞いかしら。

少しでも歩かねばと重い身体に鞭うって30分1時間の昼間です。目はうっとおしいけどしょうがないのかしら。

この間いらした方、痛いでしょ。スキンシップは知らない方とは無理でしょ。こずかれてるみたいでしたわ。

この間は誰も来ない日の夜には若い男性二人のいい感じ。ジャズ勉強中でしょうか、雑誌で見ていてやっと来れましたって。この店に来るからには音楽ありき、いい空気でした。





20160121板橋文夫Fit!+3

板橋文夫(p)瀬尾高志(b)竹村一鉄(ds)に類家心平(tp)纐纈雅代(as)レオナ(tap)を迎えて。各メンバー参加の時はありますが、この度は総勢6名、大ブレーク!
New CD『みるくゆ』からの曲を演奏。

エネルギーに満ち美しいピアニスト板橋さん。ここのピアノは大のお気に入り。
タップのレオナさんとドラミングの一徹君と刻むサウンド。トランペットの大いなる効果音、ベースの生音で地鳴り、アルトの息吹、各々のソロあり、デュオあり、板橋ワールド終盤にはカウンター内で踊るわたくし。

板橋さんの勢いは愛も変わらず止まりませぬ。だから終演は23時近くで皆さん翌日も仕事、帰りの時間に追われて早々に帰路へ。メンバーも遠くまで帰るしサクサク引き上げました。

皆様ありがとうございました!
地元の方達いらっしゃいよ〜。

CIMG0308 (375x268)












CIMG0315 (375x281)












CIMG0294 (375x276)












CIMG0295 (375x281)












CIMG0302 (375x277)












CIMG0300 (256x375)

音の行くへ

時は2014年12月、7日8日の2連日に行われたPaal Nilssen-LoveとKen VandermarkのThe Duo! 

その2か月前10月の音源が発売されていましたと購入したIT君よりお借りしました。あの時のあの時間が蘇ってきます。ネ!

私は記録に残すべく齋藤さん(調律サウンドウエイブ)に録音を頼みました。一日目、緊張と期待の大いなる時間。2日目少しリラックス。

しかしぐちゃぐちゃのCD管理できず何処へ。。。
しかし素晴らしいCD! 今の音はみんな録音がいいし素晴らしい。

あの時は二人の作品の数多く持参し、レコード購入。7枚組のCDも。今音のjazzですね!

Paal Ken New CD
















お正月、と言うかめでたく感じる?歌もののゴージャスなレコードのこれはシナトラのサンズ・ライブ盤。
カウントベーシート。クインシーのアレンジの、ジャズのすべてが詰まっている。ラスベガス行きたいなぁ。
シナトラ サンズ
















ライブ!生演奏の息吹、オリジナルやインプロやジャズ、皆さま是非お越しください!

21日は板橋文夫Fit+3 のライブ!今夜は齋藤さん調律待ちです!

24日はユーグ率いるロシアントリオ!弦楽奏の美爆です!

27日は「KAZE」+加藤崇之を迎え最高ですよ!




あっという間

お休み18日(月)25日(月)28日(木)
 
ライブの日15:00〜17:30頃まで通常営業
21日(木) 24日(日)ライブのみ営業) 27日(水)

今年も2週間が過ぎ冬らしき寒さになりました。寒さもこれからが本番、皆さまお変わりございませんか?

先日Cちゃんに素敵なお花を頂きました。感激です!今年は40周年の年へ、細々と頑張ります!
CIMG0258 (500x366)














前のように来られなくなった方々常連さんは多いですが、定期的にお顔を出してくれると嬉しきかな!

今年初のリクエストは、コルトレーン、嬉しきかな!

Coltrane Ascention













coltrane kulu se mama
















私のレコードはペラペラ盤、すると音はレコードにもかかわらずペラペラなのです。CDの方が良いのです。
そんな話を聞きつけたAさん、レコード貸してくれました。入手するまでどうぞって、ありがとうございます。エリントンのピアノのそばでコルトレーンは朗々と歌っています。

Coltrane Ellington














何年ぶりでしょうかしら連絡くれたのはOさん!ポール・ニルッセン・ラヴ(ds)とジョー・マクフィー(tp,sax)のCDジャケットに見せられて?あのcandy演奏している?全編フリーインプロでしょうか、7か所の世界のライブ音源に、何とこのcandyが入っているのです。
このCDライトルは何故に?ポールが愛するcandyですもの!

あのライブの時ジョーマクフィーのちょこっとしたトラブルも入っていてほほえましい限りです。即興の中に起こるジャズと言うフィーリング、最高のライブでした。

限定500枚と言う中に、まだ日本では発売されていないそうです。昨年の秋にポールがノルウエーから送ってくれました。サプライズでした。

12月のThe Thingでは持ってきておらず、2月2日のArashiでは持ってくるよ、とポールは言っていましたが。

このCDのおかげでOさんと懐かしく嬉しくお話もできました。人は時をこえてお付き合いあった頃のように戻る時間でした。変わったのは私が大太りでしょうか。。。

Candy Joe Mcpee Paal Nilssen-Love 7CD



















20160114 河端 一、中谷達也@candy

アメリカはペンシルバニア在住、アメリカを拠点にドラムス、パーカッション、ゴング、ソロやオーケストラなどなど大活躍している中谷達也さんと、
サイケデリックロックバンドで欧米でも人気のギターリスト、奈良在中の川端一さんと、
初の日本ツアー17か所のツアー、この日は4日目でした。

さまざまにエフェクター使用し、つま弾く、擦る、サウンドのかっこいい川端さんと、
擦る、吹く、さする、奏でる、世界一ではないでしょうか中谷達也さん、ドラミングも勿論、
即興演奏のそれは、一爾間近く2ステージ、飽きる事のなく展開、電気とアコーステックと宇宙的に解き放たれました。聴きどころ、見どころ、息もぴったり、流石でした。

皆様ありがとうございました!

CIMG0264 (500x373)












CIMG0265 (375x281)












CIMG0272 (375x281)












CIMG0283 (375x277)












CIMG0266 (375x281)












CIMG0276 (375x281)












CIMG0275 (375x279)
















音=人、心地よい一日でした!

中谷さんまた来年ですね!お誕生日もおめでとうございます!
河端さんもまた待っています!

ご冥福をお祈りします

1950年代60年代より沢山の音楽を、音の力を、ありがとうございました。

paul bley / Alone Again
paul bley Alone Again




















David Bowie「This Is Not America」Pat Metheny Group
The Falcon and the Snowman
Archives
Profile
jazz spot candy
千葉市稲毛区稲毛東3−10−1

自分にとって、JAZZは「今」生きている音。
自然な音を聴きたい、鳴らしたい、生演奏のような、ライブ感と緊張感と、本物を伝えたい。
 そんなコンセプトのお店、candy
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ