Jazz Spot CANDY

ジャズ、音、心に魂に振動します.何時も初めてのように.

2016年10月

20161030「メグの会」出張編

主催者SさんのレコードCDを聞く会、メグで毎月一回行われ13年だそうです。都内から遠方から9人いらっしゃいました。皆さんはオーディオ好きは勿論ですが、それに上回る音楽好きさん達でした。一人一曲ずつ選曲をかけました。
ジャズを愛してやまない人達、穏やかでいい雰囲気でした。

レコード演奏と談話とアット・ホームな雰囲気の中にあっという間の3時間。何時もそうらしい、素敵な出来事ですね。

聞こえない音が聴こえる、新たな発見がある。求めれば応えてくれる。魂に触れる!

CIMG1812 (500x375)














CIMG1814 (375x281)












CIMG1816 (375x258)















ジャズ喫茶に花束を そんな雑誌がありますがと40周年をへたcandyさんへ、主催者S氏より最後に花束を頂きました。サプライズです!
彼の人柄の良さ、進行のうまさ、求める感性の豊かさ、音楽の神様に見守られていましょう。
ありがとうございました!
CIMG1817 (375x281)















昨日は外で冷えてしまったのか深夜調子悪くて、まずいやばい・・・ルル飲んで今日は大丈夫、ホッとしました。

18:30から通常営業へ、11月はアルバート・アイラー月間、アイラー、ジョジョ、フリージャズへ行きました。
今日はお土産の日!?!広島からEくんお久しぶり。Nちゃん。Kさん。ご馳走さまです!

  

20161029 岩川 光@candy

岩川光=ケーナ奏者, 作曲家, 音楽プロデューサー
始めまして!男らしさと穏やかさ、自信を感じました。
ケーナは南米フォルクローレで知られている中に、彼独自の世界観、全身全霊で演奏する立ち振る舞いと少しのトーク、コンドルは飛んでいない って笑いも誘いました。

オカリナ他4本のケーナの響き、空間に震動しました。無音の空気にして、凄い緊張感でした。
小さなマイクに乗る音の全て、呼吸、最終章では楽器のような声に乗るケーナの音色、あらゆる音が聴こえ魅了されました。

プロフィールでは、クラシック音楽(とりわけリコーダーを通じたバロック/現代音楽)と、ラテン・アメリカ伝承音楽を修めた経験を持つが、岩川の音楽はそれだけにとどまらず、彼の郷里の民謡、ジャズ、現代音楽の影響、また文化人類学や哲学といった学際的視点を持った要素すら、時に組み込まれている。

岩川光さんの言うように、音楽以外の経験の栄養、音になって自分だけの何かを奏でるのですね。28歳とは・・・豊かです!

皆さまありがとうございました

CIMG1808 (375x279)CIMG1803 (375x275)CIMG1804 (375x275)CIMG1809 (375x277)CIMG1807 (375x277)

ありがとう

昨日金曜日の夕方、
ダイナミック・オーディオのカリスマ・オーディオ・アドバイザー、Aさんがいらして、あのレコード・クリーナー機の精整水を持ってきてくれました。ついでにエヴェレストの電池も交換してくれました(活きるんですよ音!)

お忙しい中ありがとうございました!またクリーニング励めます。

そこに居合わせた方は、Aさんからオーディオ購入したという奇遇。そして吉祥寺のジャズ喫茶メグで、「メグの会」と言うレコードを聞く会を主催している方です。再会を喜びジャズ話、音楽と楽しく聞いていました。

メグはライブも沢山やっていますが、「アヴァンギャルド」のスピーカーで、お客様による「ジャズを聞く会」を毎月一回催されているそうです。ジャズのレコードを持ち寄り、いい音で、大きい音で、皆で聴く。レコード・ファンにとって楽しく良い試みですね。

明日日曜日の昼間、「エヴェレスト」のcandyで、出張「メグの会」、を試みる事になりました。
ただいまパワーアンプFMアコーステック801は1号機です。今までの2号機とは全く違う鳴りです。ベストのモノラルではないけれどよ〜し。楽しみです!レコード数枚選ばないと?

リーモーガン candy










岩川光さん今日です!

本日19:30からライブ!ワンステージの70分程です!

岩川さんより
「【岩川光 『SOLO』ジャパン・ツアー 千葉公演】
10/29(土)に初出演する稲毛CANDY。開かれた耳のための最先端の音楽を間近で届ける場として名高いJazz Spotです。

僕は演奏する「場」とそこに集う「人々」も「共演者」だと常々感じていて、『ソロ』ツア―のこれまでの公演の中で、その想いを強くしました。独自の哲学を貫く新たな仲間を得られるのは喜びです。

千葉県内のみならず、東京の東側の方は、割とアクセスしやすい場所ですので、ぜひ。とてもワクワクしています!」

動画 凄いです!
https://www.youtube.com/watch?v=nSALVl71mEw&feature=youtu.be

HP
http://hikalucas.wixsite.com/hikaruiwakawa

岩川光は、古今東西の音楽に通じ、「本場」にしっかり学んだ上で、楽器の可能性をとことん追求しながら、独自の音楽世界を作り上げ、ジャンルを超えた一流の世界的音楽家たちと共演を重ねている革新的なケーナ奏者です。現在の活動拠点は、ブエノスアイレス(アルゼンチン)と東京(日本)にありますが、バルセロナ(スペイン)でのツアーを成功させ今後はヨーロッパにも拠点を築く予定だそうです。

ケーナは南米のフォルクローレで用いられる縦笛で、日本にも愛好者が多い楽器ですが、どうしてもケーナのイメージは固定的なものになりがちです。しかし、例えば尺八が現代音楽やジャズや即興演奏など純邦楽以外でもさまざまに用いられてきたように、ケーナも大きな可能性を持った楽器であり、むしろより自在に演奏できるのだということに、岩川光の音楽を聴くと気づかされます。彼は技巧に任せてどんな音楽にも曲芸的に対応するというタイプでは決してなく、作曲家としての豊かな才能を併せ持つ稀有な音楽家です。

ま、とにかく騙されたと思って、この動画を見てみてください。そして是非、キャンディの空間で、生の音を存分に味わってください。

これらはEKさんより

皆さまお聴き逃しなくね!

岩川光さんのソロ10月29日

アルゼンチンで、スペインで世界で活躍しているケーナ奏者、岩川光さん、ジャパン・ソロ・ツアー中!驚きと賞賛と感動の声は大きいです。

candy初登場!この空間に満ちるでしょう!

open19:00start19:30 前予約¥3500当日¥4000(込1drink税)
この日はワン・ステージのみ70分程の演奏会です。

ワクワク〜!皆さまお見逃しなく!

岩川光 (500x353)















千葉市稲毛区稲毛東3−10−12 
043−246−7726  jazz_candy-lj@infoseek.jp
open15:00ーclose21:00頃
(ご一報いただく場合はこの限りではありません)
ソフトドリンク¥1000〜アルコール¥1400〜再オーダー割引
ライブ=10月29日(15:00〜17:30頃まで通常営業)
  ライブではドリンク値引き
お休み予定(変更有)10月27(木)31(月)
30日(日)18:00以降オープン




また何時か

酒井俊さんの日本ツアー・ラスト・ナイトへ、柏ナーディスへ出かけました。1か月半近く、都内から関西から南端島々へ、精力的にライブをこなしてきた俊さん。
今日は20代の二人、中山拓海as 永武幹子pfと取り組みました。若者達名演でした。

常に全力投球、新たなミュージシャンと取り組む俊さん。今日も素晴らしく聞かせました。
2部から来た女性は始めて聞くと言う事でした。My Wayに涙していました。candyの時も涙ぐんでいた人達がいました。唯一無二のサウンドに胸打たれましょう。

俊さんは1976年にデビュー、それは衝撃的でした。3年もしないうちにNYへ行ってしまい、ブランクを経て第二の活動をしていて、また何年もたってからcandyは広くなり演奏の機会に恵まれました。

candyと同じ40周年!今もなお進化し続けていて凄いわぁ。私も喝入れねば!今日もいろいろな思いが蘇ります。俊さんのMCは音楽はもとより人生を垣間見させます。

近所のHS君が車を出してくれました。行きも返りも余裕です。出かけて良かったネ。ありがとうございました!

お疲れさま俊さん。明日は帰路ベトナム、また何時か!

デビューから最近の音達♪
酒井俊ファーストレコードShun酒井俊 花巻農学校精神歌

いい事 こわい事

千葉市稲毛区稲毛東3−10−12 
043−246−7726  jazz_candy-lj@infoseek.jp
open15:00ーclose21:00頃
(ご一報いただく場合はこの限りではありません)
ソフトドリンク¥1000〜アルコール¥1400〜再オーダー割引
ライブ=10月29日(15:00〜17:30頃まで通常営業)
  ライブではドリンク値引き
10月お休み予定(変更有)24(月)27(木)31(月)
30日(日)18:00以降オープン



林さんが持っているべきだから、と、またまたアルバート・アイラー額入り写真を頂きました。山口孝さんありがとうございます!
それは世界に100枚もないと言う黄金色のジャケット「スピリチュアルユニティ」
お店を綺麗にしないとせっかくのものが栄えません我思心底整理整頓。
1c47ed72こちらは普通の白ジェケ








レコードプレイヤー・・今日の夜、突然音が止まり無音、またかかる。何回かありギョッ。カートリッジだと思う。何個もあっても活かせるのは限る。。。
EMT







今日・・その方々は前回来た時ここがダンスホールに化した。酔い人00ちゃんが踊りだして誘い出して、やめてほしかった。次回は断ろうと我慢した。そのつもりで今日?大丈夫でホッ!

ジャズとは、スタンダード、4ビート、スイング、本来の決め事のジャズ、今起こっている音こそ本来ジャズであります。聴き慣れないサウンドもある中、仲間と静かにジャズを聞き談話されておりました。


夜稲毛の町でH夫婦に遭遇し、楽しいデナーになりました。ありがとう!また!


鳥取で震度6弱の地震が。千葉と同じ震度・・・あの時の怖さは忘れません。被害の皆さまにお見舞い申し上げます。



電話・・問い合わせの電話は口調がきつく心臓に悪いのでした。この空間に身を寄せてジャズを聞く事の、品よきたたずまいの方は多いですが、顔の見えない電話こそです。



20161017仲間NAKAMA@candy

バンドとしては初来日、個々では常連の日本、ツアー初日、当日ノルウエーから到着、若者達は疲れを知りません。
Christian Meaas Svendsen (b)Ayumi Tanaka(p)Adrian Loseth Waade (vl)Andreas Wildhagen(ds)

ヨーロッパの香りとオリジナリティ満載の今ジャズ!今音!この日はいいね稲毛の日、いい日でした。

リハでの柔らかい綺麗な音から一変、本番での空気の震動、無駄のない音の美、聴き応えました!
初めての田中アユミさんのピアノ、人、素敵でした。クリスチャンは日本語で進行する心意気、いいね。

皆さまありがとうございました!

CIMG1790 (375x279)CIMG1788 (375x277)CIMG1795 (375x279)CIMG1784 (375x281)CIMG1786 (375x271)CIMG1792 (375x274)CIMG1793 (375x273)

いろいろに

千葉市稲毛区稲毛東3−10−12 
043−246−7726  jazz_candy-lj@infoseek.jp
open15:00ーclose21:00頃
(ご一報いただく場合はこの限りではありません)
ライブ日17日、29日、15:00〜17:30頃まで通常営業
10月お休み予定(変更有)18(火)19(水)24(月)27(木)31(月)
30日(日)18:00以降オープン

日曜日、
調律斉藤さん待ちでした。何時もありがとうございます。車ではないのでと美味しそうにビールをゴクリ〜。お疲れさまでした!
明日は初めてのピアニスト女性と『仲間』と楽しみです。
調律 4
















空を見上げるとスーパームーン!13夜、15夜、この数日お月様はらんらんと輝いています!嫌な事吹き飛ばして、心も晴れ晴れに、笑顔で行きましょう。

『満月の夕』
2011年3月、東北関東大震災後にミュージシャンが駆けつけチャリティ・ライブが行われました。これは酒井俊さん(半分生声、拡声器)と3管。集まったミュージシャン達、ボランティアの方達、自分は何ができるのか、日本はどうなるのか、あの時を忘れません。凄いね俊さん。
https://www.youtube.com/watch?v=_YgTTHpZkTg&list=RD_YgTTHpZkTg#t=401

こちらはその前年2010年9月のcandyライブ♪ほとんど生声。
常に進化し続けている俊さん。凄いね今ね。
https://www.youtube.com/watch?v=ATQU1Cb1tEg&list=RDATQU1Cb1tEg#t=2


小仲台にあるバー・ピケピケのマスター堤さんは、佐賀県から上京して30年。稲毛に店を始めて20年、いいね稲毛 の会長もしています。(震災後立ち上げた いいね稲毛 毎月17日各店舗で催し)

この度、共同経営の方にお店を譲り、心機一転、初心貫徹、料理人になるべく道へ進むそうです。決断、勇気、偉い!
この仕事は11月までだそうで今日はお顔見れて良かったわ(月は堤さん休み)。
お客様が沢山いるも静かに飲んでいます。お料理おいしいです。音楽かなり小さいです。また遊びに行きます!
ピケピケ お店写真






いいね稲毛の日 17日【仲間】candy初演お見逃しなく

Christian Meaas Svendsen クリスティアン・メオス・スヴェンセン(コントラバス)、Ayumi Tanaka 田中鮎美(ピアノ)、Adrian Loseth Waade アドリアン・ロセス・ウォード(ヴァイオリン)、Andreas Wildhagen アンドレアス・ウィルトハーゲン(ドラムス)

スヴェンセンは田中鮎美トリオのメンバー、ウィルトハーゲンはLana Trioのメンバー。二人ともPaal Nilssen-Love Large Unitのメンバー!

open19:30 start20:00 2セット入れ替えなし
予約¥3500 当日¥4000(1drink込税込)

仲間 2 (1000x707)













「ノルウェーの実験音楽アンサンブルNakamaの初来日ツアーは"Grand Line Tour 2016"と名付けられており、2作目である"Grand Line"のリリース・ツアーである。
10月17日の千葉・稲毛Candyを皮切りに11月6日のラルヴィクLarvik vinylklubbまで、日本とノルウェーで20回のライブが行わわれる。
http://www.nakamarecords.no/

アルバムは下記リンクよりフル試聴できる。
https://nakamalabel.bandcamp.com/album/grand-line
https://soundcloud.com/nakamaband/sets/grand-line

"Grand Line"がどのようなコンセプトや方法論で作られたアルバムなのかについては細田成嗣氏のレビューに詳しい。
http://jazztokyo.org/reviews/cd-dvd-review/post-8289/

"Grand Line"は図形譜と音楽譜の2つの楽譜の組み合わせに基づいて演奏される。細田氏の説明によると、このやり方は即興演奏の方法論をシステム化したようなものなのだそうだ。とするとライブでの演奏はアルバムを再現したような演奏にはならないと思われるが、実際には曲の形を感じ取れるような演奏になるかもしれない。即興の要素は含まれているが、即興演奏というよりは実験的な現代音楽のアンサンブルのように聴こえるだろう。

個々のメンバー、Christian Meaas Svendsen クリスティアン・メオス・スヴェンセン(コントラバス)、Ayumi Tanaka 田中鮎美(ピアノ)、Adrian Loseth Waade アドリアン・ロセス・ウォード(ヴァイオリン)、Andreas Wildhagen アンドレアス・ウィルトハーゲン(ドラムス)は、それぞれジャズを中心とした演奏活動を行っており、全体として現代的なジャズのようにも聴こえるかもしれない。

スヴェンセンは田中鮎美トリオのメンバー、ウィルトハーゲンはLana Trioのメンバー。また二人ともPaal Nilssen-Love Large Unitのメンバーでもある。」


以上EKさんより!御協力ありがとうございます!皆おいでよ!



Archives
Profile
jazz spot candy
千葉市稲毛区稲毛東3−10−1

自分にとって、JAZZは「今」生きている音。
自然な音を聴きたい、鳴らしたい、生演奏のような、ライブ感と緊張感と、本物を伝えたい。
 そんなコンセプトのお店、candy
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ