Jazz Spot CANDY

ジャズ、音、心に魂に振動します.何時も初めてのように.

2016年12月

歳の瀬に

今年は開店40周年でした。一年はあっという間でした。皆さまありがとうございました!良いお年を!

ラスト・スパートはジョン・コルトレーン!なるほど、やはり、・・・コルトレーンは今更ながら素晴らしい。すべてを持っています。「第九」に並びます!音色、息吹、サウンド、構築、宇宙、魂!ありがとうコルトレーン!
Coltrane Birdland















公式最後の盤
coltrane stellar regions















アリス・コルトレーンの統括
coltrane Cosmic music















歳の瀬はcandyにもお客様が来ます!?!

12月27日
今年1月6日お正月に来られた山口孝さん、4月の40周年開店記念祝いをレコードコンサートを企画・実現してくれました。秋にはアルバート・アイラーのポスターを持参してくれました。この日思い立ちご挨拶にいざ日野へ。
ダイナミック・オーディオの厚木さんと山口さんの間に入れる?高度な芸術論展開す。
厚木さんより購入したエヴェレスト・スピーカーは、放っておいて応えてくれて9年です。お世話になりました。

夕方開店するとなんとお客様が来られて、今年最後のジャズ聞き?candyへ嬉しい事です!


28日 口開けからレコードを聞きに来た方達がけっこういらして、いい感じです!お久しぶり山下さん(日東紡→日本音響)、シルバン、色々アンク、床アンク、すっかり当たり前のように存在しております。鳴っていましたねエリック・ドルフィ!


29日 S君のアイディアによるcandy40周年だからcandyで忘年会やりましょう、って!and 生演奏!and 歌も歌えます!大勢に声をかける?来られない人もいますが狭いですが。

ご挨拶から、皆さんcandyに来たときの話や好きなジャズのお話、ライブや通常営業や来てくれている方達、ありがとうございました!途中から駆けつけてくれた2人、偉い!常連さん達に感謝をこめての歳の瀬です。

沢山の食材とお酒類を用意しましたが皆さまお口に行きわたりました?豚煮をJ子さん、モツ煮をTくんより、美味でした!葉山の穴子寿司をOさんから、大好きです穴子、美味でした。皆さんご馳走さまでした!

私ひっちゃかめっちゃか、音楽をかけず始まり始まり〜。開店以来40年の方、2年程の方。挨拶のお声が小さい人もいるから聞こえなくなるから、またまたいらぬ心配の中で私が紹介するなどの挨拶のひと時。

2時間ほどすると生演奏が始まりました。インストル・メンタル・良いね。おなじみピアノ・マン俊祐君筆頭にドラムスHiroさん、エレベー阿部くん、初めての方ギター・マン田中君が入ります。

しばらくしてから歌の亜弓美さん、彼女は進行や率先してお客さんも3名歌へ。最後は合唱歌声喫茶に化して終了す。皆さま ありがとう!良いお年を!

かたずけも大変でした。深夜1時・・・お疲れさま自分。。。今年の反省来年の抱負へお疲れさま会へ5名と。その時間を今を惜しむべく時は朝4時半でした。。。良いお年を!


30日 疲れ果ててお掃除整理整頓できずダラダラしているとT君お鍋を取りに来ました。年越しそばへ行きましょう!
昨年は30日に映像の日で閉店しましたが、今年この日お休みでした。惜しみながらご挨拶。。。良いお年を!


31日 今、テニス時代のY君が毎年のようにバースディ(1月1日)プレゼントを届けてくれて。何のお返しもできませんが元気にお店を開ける事ですね。良いお年を!

いいお天気です。まだ明るいしこれから掃除できるかしらん。


皆さま お身体お気を付けて、良いお年を!


今年最後の調律へ

12月27日は17:00頃から開店 年内営業は28日まで

29日は貸切へ 皆さま19:00〜23:00頃 宜しく。

12月25日調律に来てくれる齋藤さん(ピアノ調律修理販売サウンドウエイブ)待ちの夜、前日と真逆に何時ものcandyです。静寂に厳粛に好きです。クリスマス一人の時には美しい素晴らしいキース・ジャレットとギドン・クレーメルのレコードやクラシック系を。

今年は何故にかクリスマス・ソングをかける気持ちなく、24日前に数回かけたのがKさんに頂いたCDのクリスマス・ソング集でした。そういう雰囲気も明るくよいよい。

「ヴィルヘルム・フルトヴェングラー (指揮)
ベートーヴェン : 交響曲 第9番 ニ短調 Op.125 「合唱」
バイロイト祝祭管弦楽団、バイロイト祝祭合唱団、エリーザベト・シュヴァルツコップ (ソプラノ)、エリーザベト・ヘンゲン (アルト)、ハンス・ホップ (テノール)、オットー・エーデルマン (バス)」

Sさんに頂いたベートーベン「第九」をかけて斉藤さんを待っていました。齋藤さん20:30頃登場!お疲れさま!ありがとう!
低音弦7本交換しました。過去に切れた時に応急処置したその場所へ、新たに弦を用意していて来てくれました。そして前日切れた高音弦の交換もネ。

そして第一楽章からあの第4まで、鼻歌を歌いながら手は動き、『歓喜の歌』人間愛や世界平和を歌った凄いよね、と解説も入り、良い温度の素敵な斉藤さんでした。

CIMG2126 (375x269)












CIMG2129 (375x245)












CIMG2128 (375x270)












CIMG2124 (375x262)
















低音弦は一万円以上します。弦切る人には責任がありますよね!齋藤さん、ボランティアも限界ありますよね。
お疲れさま!ありがとう!新年板橋文夫2days1月7日8日また!

20161224鈴木俊祐、TAKERU@candy

今年最後のライブはクリスマス・イブ!初めてのTAKERUさん、和太鼓の生徒さんやファン達。俊祐君ファンやcandyのお客さん達、沢山のお客様到来!皆さまありがとうございました!
メリー・クリスマス!

CIMG2104 (375x266)












CIMG2112 (375x270)












沢山の太鼓をご披露したTAKERUさん。最初は音圧と一つの線の音?に生音のピアノとまじりあいませんでした。(リハでピアノ弦を直ぐ切った俊祐さん、これは大変本番は音圧の戦いかと不安到来の私。)
ピアノをサウンドを俊祐君かなり気を使い、そうはなりませんでした。サウンドが第一だものね。

太鼓の掛け声、ジャズではそれはないのでなじむまでは時間でした。ピアニカいいね、TAKERUさんオリジナル曲と調和していきました。

CIMG2114 (375x276)














2部、サウンドはメリハリが出てきました。かみ合ってきて良かったわ。生ピアノですもの。あの大きな太古、繊細さとダイナミクスと良かったわ〜。オリジナル曲と即興とたっぷり聞かせました!

フリー全開ではやんややんや、超スピードと拳骨ひじ打ち奏法ピアノ!即興性の高い和太鼓!音と人とよいよい!
クリスマスソングも聞かせた気配りもバッチリ俊祐ピアノ、気合の太鼓を奏でたTAKERUさん。

CIMG2111 (375x269)












CIMG2119 (375x275)













和太鼓奏者としてはこの大きな太古が見せ場!大汗かいて爽やかな笑顔で思い切り行きましたTAKERUさん。
CIMG2115 (375x274)















花束をNさんありがとう!差し入れを、Oさん、Mさん、Kさん、2人のM姉、ありがとう!お手伝いをSくんありがとう!

何時も来ていただいてありがとう常連さん達。また29日にね!


20161219立花秀輝、不破大輔@candy

月曜日にもかかわらずお客様到来!不破さんファン、立花さんファン、皆さまありがとうございました!聴きたいと好きな人達と数時間!ライブはいいなぁ。

不破さんのcandyは久しぶりで新しいベースに代わっていました。勿論ガット弦です。立花さんのデュオも久しぶりでした。
CIMG2076 (375x281)











ワクワク〜始まりました。なんか嬉しい不破さんの音ですね〜。立花さんがなんか違いましたね。伺っている感が。
CIMG2082 (375x281)














立花さん後半立ち上がりますと、いつものあのブロウが聞かれてどんどん行きましたよ。ソプラノも鳴りきっています。不破さんの中域低域ベースもどんどん行きましたよ。
CIMG2088 (375x276)












CIMG2097 (375x271)












CIMG2091 (375x277)













2部参加した高橋保行トロンボーン入り2管!各々のサウンド伺っている感が。後半おもむろにメロディに行く立花さんのそれは「ゴースト」!メロディって曲ってこんなにいいのかとお客さんのため息に包まれて、3人のサウンドは一つの方向に完結していきました。
CIMG2102 (375x274)















不破さんの新譜(川下直弘カルテット)山口コーイチ参加)を聞く会?終演後もいい雰囲気に。不破さんは「渋さ知らずオーケストラ」のバンマスでありながらも腰の低い人ですし、コミュニケーションに優れていて皆が笑みます。
音が好きで藤圭子のBOX10枚組レコード自慢?!今度クリーニングしますよ〜。
またお待ちしていますよ〜!



焦りとのんびりと

皆さまお変わりございませんか?忘年会や飲み会やクリスマス会ですね。最近では女子会どころか男子会が盛り上がってるとか。

candyライブは後2回。お休みは20日。年内営業は28日までか、年始は7日のライブから始めようか、まだわかりません。。。無理なく続けよう!

19日、サックス全開の立花秀輝さんと、ベーシスト不破大輔さんとデュオ。本当にお久しぶりの不破さんです。副島さんの葬儀での男気を見せた不破さん、優しいかっこいい人で、独特の低音ベースを歌います。お楽しみに!

24日、和太鼓のTAKERUさんとピアノマン鈴木俊祐さんのデュオ、即興性の高いタケルさんとどんなピアノがサウンドが聞かれるでしょう。お楽しみに!この日はクリスマス・イブ、ケーキ・サービスです!チキンは注文してくださいませネ!


8月の腰痛発生時には、ご近所のAさん、横浜のOさん、かなり本当に助けられました。なにしろ日常生活に支障が出てお仕事へ向かうのは根性だけで。暑い夏はライブ営業メインに。そしていつの間にかすっかりよくなりました。ありがとうございました!

そしてその後の事、普通に当たり前に人並に、掃除整理整頓かたずけを始めていたら凄い疲労に囚われて調子悪く疲労が抜けない事態へ。元来怠け者なので身体がついていけなかったのでしょうかしら。

またまた何もしない日々が続きすっかり調子よくなりました。が、困ったもので、年内目標のかたずけ整理整頓掃除は間に合わずで焦ります。

休みを沢山取りやること大きとの目論みも、何もせずの日が続きました。。。早仕舞の日はサティ(イオン)に、駅デパにウインド・ショッピング。お一人様の夜食に街をうろうろ、何をやっているんでしょう自分。
最近の体調、喉はまだ今一、その内治りそう。メタボは来年の目標に。。。


来年の続々ライブ、予約受け付け中です!留守盤電話になりがちな電話ですが予約メッセージをどうぞ!



210161213Gard Nilssen Acoustic Unity @candy

ライブはいいね!そこには音楽だけがある!音=人!=オーディエンス!皆さまありがとうございました!

2年くらい前に「フレンズ&ネイバー」でアンドレさん、「コーテックス」でガードさん、お久しぶりです。始めましてペッターさん。

ベースお借りしたSumiさんありがとうございました。ペッターさん会いたがっていました。アンプはバランス程度使用、ベースはどんどん鳴って歌っていきました!
CIMG2049 (590x800)















CIMG2053 (274x375)























ガード・ニルセン(ds)アンドレ・ローリゲテン (Tsax,Ssax)ペッター・エルド(bass)

彼ら3人のオリジナル曲、オリジナルジャズ、息吹き、良かったですね!サウンドにのり、ノリノリでした!1部だけと終演後に知り、もう一曲とのリクエストに快く答えてくれましたわ。

ミニマムやインプロだと完結しない時もあり1部では物足りない時もありましたが、この日はド・ジャズ!音は放ち、エネルギーに満ちました。音がいい!

CIMG2050 (375x281)












CIMG2070 (375x267)














軽快に繊細にドラミングするガードさん。コルトレーンやアイラーの音色も聴こえてきた美しいサックスのアンドレさん。皆さま大満足でした。

CIMG2062 (375x274)













ピアノの上にはレコードやCDが沢山

笑顔!来られなかったマークさんツアー初日イエース!
CIMG2072 (500x375)















感謝

明日13日ライブのコントラ・バスが間に合わない・・・!マークさん(プロデュース、プロモーター)ヨーロッパから帰国せずの緊急事態メールが入っていました。

Sumiさんにダメもとで連絡してみたら・・・今さっき届けてくれたのでした!ありがとうございます!ジャズ人間Sumiさんの元気なお顔も見れて嬉しきでした!

ガード・ニルセン(ds)アンドレ・ローリゲテン (saxophones)の二人は日本でcandyでも演奏していましたが、ベースのペッター・エルドさんは初来日?初candyです。よかったよかった!
ブロウ〜グルーブ〜今ジャズへ、皆さまいらっしゃいませね!


入れ替わりの激しいのがカレー屋さん。しかも本格的インド・ネパール料理の。スパイス苦手の私はカレーは大丈夫。元気一杯のフルマスたちと、日本語上手なオーナーとパチリ。ご馳走さまでした!
カレーや KIRIPA
















カレーやさん ディナー2













20161210 タケシステム バリエーションズvol.2

ライブは楽しみかな!スリル!ワクワク!
皆さまありがとうございました!

ドラマーでありアイディア満載電気仕掛けなどなど森 岳之さんの「タケシステム」。そして「ヴァリエーションズvol.2」
CIMG2041 (375x278)













インプロヴァイズド・ミュージックにおいて影響を受けたという同年代の竹下勇馬さん、彼のエレクトロ・ベース本体に電子音の仕掛けさまざまを設置しています。
CIMG2035 (375x252)













バリトン・サックス奏者吉田隆一さん(&クラリネット、バスフルート)、ブラック・シープ(&スガダイロウ、後藤篤)で、candyで演奏からもう10年近く立ちましょうか、そしてソロやゲストでありましたが、この数年凄く変わったと思っていました。いまや大ベテランの域でしょうか。
CIMG2036 (375x281)












始まりはじまり〜1部 各デュオ!
大きなバスフルート、このサウンド思い出しませんか?candyで起ったジョセフ・ジャーマンのあの音を。10年以上前のサブさん(ドラマ−)との事です。知っている人はMNさん。想い出は素晴らしすぎて。
タンギングでなく深く奏でる深層の音、アート・アンサンブル・オブ・シカゴですよ。

エレクトリック・ベースとの絡み、難しくもありました。サウンドすることは解放される事でしょうか。

そして、ドラマーな音がいきました!森エレクトロニクスの瀑がやけに合う。バリトン発揮・絡みましょ!
CIMG2042 (375x276)














2部 トリオ!コントロールの音の行方・待っていてはいけないが音の先に行く事の難しさ。ミニマムになりがち伺うかなサウンドの行方・・協調、バリトン、クラリネット、バスフルート、フロント音には合点一致!&タケシステム!

CIMG2044 (248x375)
今回も可愛いガイコツ君参加・成功!

沢山の電気仕掛け、8万ボルトの機器こわいこわい成功!

終演後、各楽器の説明会!
音楽に言葉はいらないけど、言葉もまた楽しきかな!

お疲れさま!

CIMG2047 (375x278)













20161206石井彰、杉本智和、類家心平、ダレンムーア

ライブはいいわ〜!

9月の石井 彰トリオの素晴らしさから、類家さんを入れて演奏したいというダレン・ムーアさん、カルテットです。ダレンのオリジナルとスタンダード選曲の数々、ショーター好きとうかがわれます。

初めての頃のダレンさんは全編即興演奏、何でもできるからこその幅の奥行きの広がりを持ち、オーストラリア人でいてシンガポールから音楽を発信、現在日本に居を構えて大活躍中。

類家さんは酒井俊さんや板橋文夫さんやcandyでもおなじみです。あのサウンド聞かせましたね。

杉本さんはハクエイ・キムとのトライソニーク後、鈴木俊祐さん小山彰太さんとトリオ演奏もありましたがすっかりご無沙汰でした。大好きなベーシスト、人、独特の深いサウンドを放ちます。

前回、即興からスタンダードからスムーズな揺るぎないサウンドを聞かせた石井彰さん、ピアニスト、人、大好きです。

この日も一度に注文有るも、さばききれていた私ですが、石井さんお手伝いしましょうかとまたまた声をかけてくれる。気取らず驕らず素敵〜。春の時は凄い人数にバーテンダーに化した石井さん、その後ピアノ弾いて・・・やるもんだ!

CIMG2011 (375x265)












CIMG2014 (375x281)












CIMG2023 (375x280)















ダレンと杉本さん、石井さんと杉本さん、おのずと発生するデュオ!そして深い低いベースサウンド、ベースソロ、今日の杉本さん持っていきましたね!

トリオからカルテットはサウンドが変わりました。各々の実力発揮、いかにサウンドするかって、聞かせましたね。

CIMG2026 (375x281)












CIMG2007 (375x277)












CIMG2022 (375x274)

















先日、日野皓正バンドで茂原方面でライブの合間に、笠森観音を観光した石井さんと杉本さん、千葉、いい所沢山ありますね。
来年も宜しく!また!




お休み

12月に入りましたが過ぎゆく速さ。。。
年内のお仕事はもう後り3週間ほどとは。。。

7日8日Peter &Paal 2daysライブは中止!来年4月に延期!

お休み予定 7日、14日、15日、20日、21日、

取り急ぎ・・・また!

Archives
Profile
jazz spot candy
千葉市稲毛区稲毛東3−10−1

自分にとって、JAZZは「今」生きている音。
自然な音を聴きたい、鳴らしたい、生演奏のような、ライブ感と緊張感と、本物を伝えたい。
 そんなコンセプトのお店、candy
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ