Jazz Spot CANDY

ジャズ、音、心に魂に振動します.何時も初めてのように.

2017年01月

2月ライブのご案内&3月

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
通常営業レコード演奏15:00〜ライブ日も15:00〜17:00頃迄 
大接近・目の前で!体感リアルサウンド!お見逃しなく!

お休み6日7日13日16日20日23日25日
17日いいね稲毛の日!
持込みレコード・CD受け付け(ソウル、ロック、クラシック)

皆さまお元気ですか?この所温かくて季節の四季の実感がありませんが、もう1月も終わりに。これから寒くなるのでしょうか、インフル、ノロ、お気をつけて、また!

ライブは楽しき!是非どうぞ!
◎2月ライブの開演時間は都度違います。ご確認くださいませ。                                                         
★2月2日(木)The New Songs +Christian Wallumroed
開場19:00 開演19:30 
予約前日迄¥4500当日¥5000(1drink込・税込)
Sofia Jernberg [スウェーデン]:voice 
Kim Myhr [ノルウェー]:guitar,baroque guitar, zither,
David Stackenas [スウェーデン]:guitar, preparations,  
Christian Wallumrod [ノルウェー]:piano
Stig Gunnar Ringen (音響エンジニア)
20170202








今回はクリスチャンさんのピアノ・ソロが聞けます!そして4人のサンド!candyに別々に来演していた皆さん、ソフィアさんの声凄かったでしたね。皆素晴らしい〜かっこいい音を発信していました。お楽しみに!お見逃しなく!

「北欧を拠点に歌とインプロヴィゼーションを熟成させ「新しいヴォーカル音楽」を創造するバンドThe New Songsと、
既存の音楽にとらわれないスタイルでノルウェーを代表するピアニストChristian Wallumrod(クリスチャン・ヴァルムルー)が豪華共演!
東京公演ではアスタ・ニールセンのサイレント映画”The Black Dream”に生伴奏を付けるスペシャルライブ(トーキョーノーザンライツフェスティバル2017 参加公演)も。」


★4日(土) 南 博ピアノ・トリオ、金森もとい(b) 吉垣安洋(ds)
開場19:00 開演19:30 
予約前日迄¥3000当日¥3500(1drink込・税込)
CIMG1510 (375x276)












軽快でいて絶妙なかっこいいドラマー吉垣さんと、歌心満載の南さんのピアノ・トリオ!今回のベーシストは話題の金森さん、初めてです(写真は昨年8月の須川さん)。お楽しみに!


★10日(火) Ikarus
開場18:30 開演19:00 
予約前日迄¥3500当日¥4000(1drink込・税込) 
スイス発プログレッシヴ・スキャット・バンド
ミニマル・ポリリズム・グルーヴ・ミュージック Ronin 率いるNik Baertsch の申し子。 ニュー・アルバム “Chronosome” リリース・ツアー
Ramon Oliveras ラモン・オリヴェラス(作曲、ドラム)
Stefanie Suhnerシュテファ二・スーナー(ヴォーカル)
Andreas Lareidaアンドレアス・ラライダ(ヴォーカル)
Lucca Friesルッカ・フリース(ピアノ)
Mo Meyer モー・マイヤー(ベース)
Ikarus  (375x375)















この狭い空間にどう響くのでしょう〜、お楽しみに!

「五人編成のバンドはプリズムだ。マス・メタル、フリー・ジャズ、左寄りのエレクトロニカ、モダン・ポップ、現代クラシックからの影響がこのプリズムを通り、とても特徴的な音を創りだしている。
彼らは自らを Evocative Jazz(喚情ジャズ)と呼んでいる。これはポリリズム、ミニマル・グルーヴ、北欧的サウンドスケープ、プログレッシヴ・ジャズを強調しながらも一つのものには執着しないミクスチャーだ。
他のジャズ系の現代風のバンドと異なるのは、言葉を使わない、抽象的な男声・女声ヴォーカルがリード楽器として入っていることだ。北欧的暗さとうだる暑さの赤道地域カラーとの美しい緊張関係がポイントになる。」Lukasz Polowczyk
試聴(Ronin Rhythm Records) 


★19日(日) Terje Isungset ソロ! パーカッション、ヴォイス、口琴、角笛、他 fromノルウエー
開場18:00 開演18:30 
予約前日迄¥4000当日¥4500(1drink込・税込)

「北欧の音、自然の音」トーキョーノーザンライツフェスティバル2017参加公演(東京) ユニクロCMに登場した自然派パーカッション・プレイヤー。石、木材、角、氷など自然素材を生かした楽器を使用 「世界の25人のパーカッショ二スト」選出!
Terje Isungset (375x250)











20 年以上ものジャズ及びスカンディナヴィア音楽での経験を土台にして世界的に活躍するパーカッショニスト。
最先端ジャズの名手として ソロ演奏や、様々なジャズアーティストと共演を行なうほか、スウェーデンのモダン・フォーク・グループ Groupa (グルーパ)など世界各地の民族音楽の演奏家とも積極的に交流している。
木、石、山羊の角や氷までも楽器として使う、詩的で簡潔な音作りはとてもユニークで、特に氷に関してはドラムをはじめ全ての楽器を手作りして演奏するなど高く評価されている。
また、ジャズ・フェスティバル、ダンス・パーフォーマンス、演劇、映画のための作曲委嘱は40 を超え「パーカッション・プロフィール」という本では世界の最もクリエイテイブな 25 人のパーカッショニストの一人として選ばれている。
年間 100 以上の公演をこなし、そのワイルドだが細部にわたり繊細さも併せ持つ演奏によってあらゆる層の人々を虜にする。サウンド・アーティストやシャーマン的な要素も見られる。1964 年生まれ。


★22日(水) マグネティカル・トリオ 
ハクエイ・キム(p)安カ川大樹(b)MasaOgura(ds)+池田篤(as)
開場19:30 開演20:00 
予約前日迄¥3500当日¥4000(1drink込・税込)
CIMG0492 (375x280)











おなじみのトリオ♪ここだけでしか聞けません。安カ川さん生ベースです。静かなるテンション、美サウンド、今回は素晴らしいアルト吹き池田さんを迎えて!お楽しみに!



3月のご案内
7日(火)「AAS」
立花秀輝(as)山口コーイチ(p)カイドーユタカ(b)磯部 潤(ds)
open19:30start20:00 前日予約¥3000当日¥3500(1drink込税込)

決定!12日(日)The Duo!
Selen Gulunセレン・ギュリュン(p)Marcello Allulliマルセロ・アルリ(as)
open18:30start19:00 前日予約¥3000当日¥3500(1drink込税込)

17日(金)いいね稲毛の日!タケシステムvol・3寝屋川ジャム
【ルイ・リロイ・田中(gt)石原雄治(ds)】モニャ次【小山和朗(gt)森岳之(たけしステム)】
open19:30start20:00 前日予約¥3000当日¥3500(1drink込税込)

決定!24日(金)石井彰ソロピアノ!

26日(日)林栄一(as)鈴木俊祐(p)HIRO長谷川(ds)
open18:30start19:00 前日予約¥3500当日¥4000(1drink込税込)



***********************
jazzspotCANDY(Since1976/04〜New2002/04〜)
♪Sound of Candy♪リアル・レコード&ライブ鑑賞
千葉市稲毛区稲毛東3-10-12 043-246-7726
http://blog.livedoor.jp/jazzspotcandy/ 
メールjazz_candy-lj@infoseek.jp

★伝統と革新!ジャズの遺産・今起きている音!
目の前で、音響空間で、スリル!ワクワク!体感!
通常営業(レコード演奏) open15:00〜close22:00頃  
ライブ日の通常営業15:00〜17:30頃  
★レコード演奏と生演奏とリアル!日常を離れリフレッシュ!オリジナルジャズ♪フリージャズ♪インプロヴィゼーシ
●JazzAudeio Wake Up 
見当違い、マナー違反、酩酊、お断り申し上げます。
●住宅地の為、外ではお静かにお願いいたします。 
●駐車場は側のTIMES格安へ。
●通常料金:ソフトドリンク¥1000(一品付) アルコール¥1400〜(一品付)              
サイド・オーダー:ソフトドリンク¥800〜 アルコール¥900〜                                                           
ライブ 【席数15席程の為、予約いただくと増席など助かります】                
学生(大学生まで)割引、70歳以上割引、お尋ねくださいませ!               
稲毛駅下車・西口徒歩2分  

                                           

ライブ前の一時

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
1月29日(日)17:30頃からオープン お休み30日

なんとライブ前には満員の1時間ほどでした。広いようで狭いので12人ほどでいっぱいのcandy。
全員70代と言う皆さん、この日はいろいろなイベントに関わる10人組で、全くジャズを知らない方も居るそうですが、その昔フリージャズのライブを聞いてきたという方も。元気で楽しくていいですね。

ご連絡をくれたYさん、私がジャズを聞き始めた影響を受けたレコードなどかけて欲しい、と言われたけれど、リクエストや持込みCDなど時間が足りませんでした。

ジョン・コルトレーン・カルテットの「至上の愛」に衝撃を受けた10代から始まり、ロイ・へインズ・カルテット「アウト・オブ・ジ・アフタヌーン」、キースジャレット・ソロ「サン・ベア・コンサート」10枚組レコードでは7時間半あまり一気に聞いたとき。
チャーリーヘイデン、カーラ・ブレイのオーケストラ「リべレーション・ミュージック」、チャーリー・ミンガス他・・・40年を経ても今なお新鮮です!

気持ちは何時までも若いまま・・・ですね!

店名はリー・モーガン・カルテット「CANDY」。candy曲は他歌もの多くマンハッタン・トランスファーやナットキング・コールやチェット・ベイカーなど。

リーモーガン candy










coltrane 至上の愛










チャ―リーヘイデン レべレーションオーケストラ























中村としまるサンが早めにいらしてその空気の中にいました。
若いころジャズ喫茶に行って、しきたりやマナーやなかなかなじめなかったというお話を聞きました。
昔は会話お断りは勿論、たたずまいにもうるさく、レコード演奏を生演奏の様に聴いて勉強、でした。よね。

今は会話などいいですが、やはりTPO(時間場所場合)、ジャズ喫茶のマナーは欠かせません。

レコード・マニアのMさん レコードや銘菓をありがとうござます!ジャズは本当に幅が広くて、私の知らないレコードも沢山です。

始めてきた若者もいました。いつもはガラガラですからね。

皆さんまた!



20170128 Left Exit, Mr K & ToshimaruNakamura

Karl Hjalmar Nybergカール・ヤルマル・ニーベリ (クラリネット、エレクトロニクス) from スウェーデン、
Andreas Skar Wintherアンドレアス・スコール・ヴィンター(ドラムス、エレクトロニクス) from ノルウェー、
with 中村としまる(ノー・インプット・ミキシングボード奏者)

お客さん少なくてもったいない〜・・・クリーンな空気!
CIMG2291 (375x279)












CIMG2290 (375x277)












CIMG2283 (375x280)













モンキー・プロットのクリスチャン・ヴィンターの弟アンドレアスさん、そっくりです。ミニシンセ?バリエーションに富む美しいパーカッション。
ブッキングしたのはカールさん、クラリネットは少しの間でエレクトロニクスの低域はミニマムながら震動していました。二人は25歳とか・・・音がいい!美しいインプロヴ!

中村としまるサン参加して、中高域にエレクトロ二クスのサンドの厚みが増し、一体感のある大きな渦が心地よい!
CIMG2289 (375x262)












CIMG2287 (375x276)












CIMG2288 (375x273)













CIMG2284 (375x281)














CIMG2293 (375x281)












後半少しの時間でしたが来てくれたHiさん、演奏する側として話が弾む?コミュニケーション!
CIMG2295 (375x281)












有名なのにおごらず明るいトシマルさん
CIMG2296 (375x281)















"Mr. K" Clean Feed 2015, CF346 置き土産に彼らのレコードを頂き、かけますとライブ後のそれは、リアルで音が良くて素晴らしかった。ありがとう!
Left Exit [Karl Hjalmar Nyberg / Andreas Skar Winther / Klaus Ellerhusen Holm / Michael Francis Duch] K record (300x300)















1月28日のライブ♪インプロファンへ!

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
通常営業レコード演奏15:00〜 ライブ日も15:00〜17:00頃まで

1月28日(土)ライブ時間:開演19:30開場19:00
料金:前日まで予約¥3000当日¥3500(1drink込・税込)

Left Exit, Mr Kは、スウェーデン出身のサックス/クラリネット奏者Karl Hjalmar Nyberg(カール・ヤルマル・ニーベリ)と
ノルウェー出身のドラムス奏者Andreas Skar Winther(アンドレアス・スコール・ヴィンター)のインプロ・デュオ。
トロンハイムを拠点に活動している。
K (375x281)












Klaus Ellerhusen Holm(Ballrogg, Honest John)とMichael Francis Duchをゲストに迎えて2015年にClean Feedからアルバムをリリースした。
https://cleanfeed-records.com/product/left-exit-mr-k-featuring-michael-duch-klaus-holm/
二人とも2016年のノルウェーグラミー賞ジャズ部門にノミネートされたセプテットMegalodon Collectiveのメンバーであり、アンドレアスはMonkey PlotのギターChristian Skar Wintherの弟。2015年にも来日しており、彼らのサウンドクラウドにはFtarriでのライブ音源がアップされている。
https://soundcloud.com/leftexitmrk


ゲスト参加:中村としまる(ノー・インプット・ミキシング・ボード奏者)
http://www.toshimarunakamura.com
中村としまる (375x250)










ギタリストとして活動を開始し90年代には広瀬淳二や竹内直らとバンドA Paragon of Beautyを組んでいた中村としまるは、「市販のアナログ・ミキサーを、内部でループする配線に改造。ミキサー内回路で発生するノイズのフィードバックをコントロールする奏法を発見。自らノー・インプット・ミキシング・ボードと名づけ、ミキサー単体演奏のパイオニアにして随一の演奏家」となった(CDジャーナル「パルスな人」から引用)。

90年代末から00年代初頭にかけて、秋山徹次とともに、バー青山でのThe Improvisation Meeting / The Experimental Meeting at Bar Aoyama、代々木オフサイトでのMeeting at Off Siteのコンサートシリーズなどの意欲的な企画を通して「音響的」即興演奏シーンにおいて主導的な役割を果たす。「東京ローカルの方言」であった音響が世界的に知られる音楽用語Onkyoとなった背景には、中村としまるや杉本拓らの海外での積極的な活動がある。

デヴィッド・シルヴィアンが製作総指揮したドキュメンタリー"Amplified Gesture"(2009)は、エディ・プレヴォ、キース・ロウ、ジョン・ティルベリー、エヴァン・パーカー、ジョン・ブッチャー、大友良英、Sachiko M、クリスチャン・フェネスら11人の音楽家のインタビューで構成されているが、中村としまるも名を連ねており、欧米での評価の高さを窺い知ることができる。




20170124大西順子(pf)若井俊也(b)山田 玲(ds) 

初めての大西順子トリオ!目の前で、生ピアノで聞けると予約で満員の中ふたを開けてみると、またまた予約洩れの方々が、入りきれないどうしましょう・・・しかしなんと当日来ない人も沢山いました(いけませんね)。どうにか収まりホッ。
皆さまありがとうございました!

レギュラーのべーシストではなく今はベースは多々変えてのライブだそうです。ドラマーはレギュラー山田くん、素晴らしいセンスと実力です。初めてのベースの若井君と、初めての場所でどう鳴るのか、リハも欠かせません。
CIMG2263 (375x275)












始まり始まり〜。お客さんに音は吸い込まれても大丈夫。ミンガス曲や菊地成孔さん曲や大西さん曲や、かっこいいサウンドが展開されていきました。
CIMG2272 (375x281)













CIMG2267 (375x281)











2部は慣れてきて素晴らしい空気と凄いグルーブ。終盤へ向かいついに立ち上がっての大西さん。
CIMG2278 (375x270)













恐るべし24歳山田くん、
CIMG2273 (375x252)












大拍手
CIMG2277 (375x275)













疲れ知らずの大西さんとパチリ!沢山のサウンドありがとうございました!
CIMG2281 (375x281)
















Waさんお久しぶりです。遠方からありがとう。可愛い猫ワインもありがとうございました。
Oさん、Sさん、お手伝いありがとうございました。これからは満員はありませんし(笑)席もゆっくりと、また!


新宿ウォーキング

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
お休み1月26(木)30(月) 17:30頃からオープン29(日)

24日ライブは既に締め切っております。

22日は新宿へ
まずは「HAL'Sレコード」さんへ
西口からどんどん歩いてたどり着きました。Tくんの後をおいかけて、今度一人でいけるかしら?
レコード話が盛り上がり本当に楽しいのです。オリジナル盤から普通盤までレコードの宝の山でした。そして音がいいのでした。懐かしきマッキントッシュ。

開店して16年目だそうです。新たなcandyに向かう頃、もうレコードは買わないと決心して16年、だからレコード屋さんへは行かず・・・行くとどうしても買ってしまって、もう置き場も管理もできません〜。

この日はご挨拶だけで失礼しました。しかしオリジナル盤の魅力・・・。その昔レコード買いあされり。レーベルやジャケットや一枚一枚楽しくて楽しくて、そんな思い出が沢山。


そしてピットインへウォーキング
日豪混合ユニット フィーチャーリング 八木美知依
Dave Jackson(As)Steve Barry(P)須川崇志(B,Cello)大村 亘(Ds,Tabla)八木美知依(21絃箏)
お客さんとして聞くのは最高ですわ!


昼間は近所の手打ち蕎麦「利平」で新年会お誕生日会。お蕎麦、お料理美味しくて、蕎麦団子のお汁粉もありまして、お腹いっぱい〜。フルマス、常連さん3人は飲みまくり〜。
利平 1












一昨年12月お隣の陶芸やさんの作品そばつゆの器。寂しくて毎日顔を出していたあの頃。
利平 3 (281x375)















2利平  (375x281)












利平 4 (375x269)















20170121石田幹雄ピアノソロ@candy

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
お休み1月22(日)26(木)30(月) 17:30頃からオープン29(日)

寒さ真っ盛りです。風邪ひき続出です。・・・ご来店の皆さまありがとうございました!

2月に北海道でソロ・ピアノ・レコーディングへ向かい、幾たびか演奏して来たそうですが、この日のライブは幹雄君の総決算でしょうか。いつもながら凄い集中力でした。

指圧が凄く強い幹雄君、手には袋が出来ます。指をおいていくような奏法の、力任せではない綺麗な、それでいて音圧の太い音が連なります。

前にはインプロ多き演奏での、凄い間とテンションが多かった。この日は楽曲が多く、無題や新曲や聞き慣れたオリジナル曲のアレンジ、展開、バラードを中心にミディアム・テンポを、緊張感に増すノリノリ感で、たっぷり聞かせました。
CIMG2244 (375x270)












CIMG2249 (375x276)












CIMG2247 (375x281)













最後に向かいスタンダードを「マイ・ワン・アンド・オンリー・ラブ」を、幹雄君らしい落ち着いた奏法とアドリブの中にやはりメロディって素晴らしいですね。。。凄い唸り声は呼吸法〜。
次回はレコ発ライブでしょうか、また!
CIMG2245 (375x274)














お疲れさま!アフターはおにぎりで、パチリ!
CIMG2251 (375x278)















Oさんご馳走さまです!今日おやつの友でした。始めていただくバームクーヘン美味でした。24日にお出ししますとも!
CIMG2252 (375x268)












CIMG2253 (375x272)














本日21日もう直ぐ始まります!

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
お休み1月22(日)26(木)30(月) 17:30頃からオープン29(日)

24日ライブは既に締め切っております。
狭いです。当日来られても入れません。
ご了承くださいませ。


21日 石田幹雄くんのピアノ・ソロ!
一昨年のソロはクラシックをご披露しました。
バッハのチェロ組曲、右手だけで2時間余り行きましたね。

昨年のソロは幹雄君の変貌がうかがわれました。

そして今年は2月ソロ・レコーディングへ向けて、
モチベーション高き、オリジナル曲多き。

調律されたピアノです。ライブ前ずっと弾いています。

皆さん是非どうぞ!19:30から!

免許証センターへ

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12
お休み1月22(日)26(木)30(月) 17:30頃からオープン29(日)

金曜日は全国的に雪になるそうですが、千葉は他所に比べて逃れること多いです。しかし寒さ本格的。花粉も飛んでいます。皆さまお気をつけて!

免許の更新へ、久しぶりのゴールドです。2011年あの震災の時には、センターは道路や入り口がガタガタでしたが今はすっかり綺麗になっていました。

帰りには海浜幕張へぶらぶらと。アウトレッドがありデパートがあり飲食店満載。お腹いっぱい〜。夕方になると幕張メッセが夕闇に浮かんで、どこか遠くへ来たみたいな錯覚。

出不精です。隠れ?デブです。けっこう疲れました。近場でゆっくり気分転換。出かけて良かった。


NEW CD ゲットーしました!
アリルド・アンデルセン・トリオ












巻上公一ヒカシュウCD

20170118)【Arild Andersen Anniversary Trio】@candy

Arild Andersen(bass)
Helge Lien(piano) 
Thomas Stronen(drums) 
guest:Makigami Koichi(テルミン、口琴、ヴォイス)

始めまして!このような狭い所では演奏したことないでしょう、ノルウエーから日本から大御所来日のcandyでしたが、皆さん演奏する歓びへ、感じいいです!リハではベース・アンプ壊れていて点目です。どうしましょう・・・

ベーシスト関口さんに連絡すると、ななんとこの日時間ありアンプ届けてくれて、本当に助かりました!アンデルセンさんは気分ものりのり〜演奏中にはMCもはいりファンタステックcandyって。

今日もお客さんが沢山。直接お客さんの空気が侵透し音楽は作られる。ピアニスト、リエンさん人気、生音です。ファンの方は手持ちのCDやLPにサインしてもらっていたり開演前から凄い熱気です。ギューギューです。皆さまありがとうございました!

オープニング・アクト〜始まりは巻上さんとトーマスのデュオ!すぐ側でテルミン、口琴、ヴォイス!気持ちのいいドラミング!
CIMG2212 (375x280)












CIMG2214 (375x281)












CIMG2215 (375x264)














そして間もなくトリオの演奏です。素晴らしい〜。オリジナルの数々をどんどん行きました!スイング、グルーブ、ウエイブ!
ヨーロッパな空気を促す聞かせるリエンさんの美しいピアノ。ここぞと美爆もありのドラマー巧みなトーマスさん。
性格無比聞かせますアンデルセンさんいい音です。どんどん乗ってきて体中でアプローチや笑顔や。
CIMG2221 (375x281)












CIMG2229 (375x277)













CIMG2218 (375x280)












CIMG2217 (375x278)













ラストに巻上さん入り4人で!終演と思いきや巻上さんによりアンコールへ!これは即興ですね。
CIMG2234 (375x273)












パチリ!
CIMG2239 (375x277)














ワンステージだけでもこういうのはいいねですね。続々音が連なり素晴らしい演奏会。お客さんもいい空気で素晴らしいでした。

苦情禁止事項=携帯スマホ撮影は音を消すことへ。ノートパット撮影は少しにしましょう。

開演前は一人で準備はもう大変でした。終演後は常連さんお手伝い率先してくれてありがとうございました。背中が痛かったのですが乗り切れました。

皆さんまた!

Archives
Profile
jazz spot candy
千葉市稲毛区稲毛東3−10−1

自分にとって、JAZZは「今」生きている音。
自然な音を聴きたい、鳴らしたい、生演奏のような、ライブ感と緊張感と、本物を伝えたい。
 そんなコンセプトのお店、candy
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ