皆様ありがとうございました!
5が所のツアーを経て最終日のcandyはライブ・レコーディング!という事で皆さん気合が入っています。開演時間は平日はいつも通りと何気にわかっていたお客さん達、ミュージシャン達は30分早く思い15分遅れにそろそろ・そわそわ・スタート?まだよ〜ガクッ〜

さあ20:00 お客さんも整い、始まり始まり〜!

初めて聞くサイモンさん、2度目の来日だそうです。その巨体とは裏腹に綺麗な優しい音色が聞こえてきました。
DSC01340 (375x247)











企画・ドラマーのダレンさんは日本に住んでいます。スピード感、反応の良さ、擦る音はベース・ボーイングと重なり素晴らしいサウンドが。
DSC01352 (375x219)










5回やってきてのインプロもパターン化しない?ベースワーク瀬尾さんは鋭い感覚の人ね。
DSC01347 (375x250)











坂田さんはアルトとクラリネットを、小間物の響と静寂の中に起こる歌の民謡即興ボイス。
DSC01343 (375x237)











DSC01346 (375x247)














坂田さん瀬尾さん二人のサウンドや、ダレンさんとトリオのサウンドと素晴らしくも、サイモンさん弾かない場面もあり、ピアノトリオとかサイモンさんフィーチャー場面は起らず。

サイモンさんの凄い凄いと言う噂の音は、伝わりかねた掴みかねた感が。前日の凄いライブに来てくれた方達も感じたようでした。CDになるとまた違うのでしょうね!

アンコールの声にサイモンさんが何か話してる、疲れてる?出し切った?こんな狭いお店は初めて?いいお店だ?解らないけれど静かに幕は引きませり。ソロでも聞きたかったですね〜。

打ち上げ・パチリ!
DSC01354 (375x287)















帰り際にこのレコードに合わせてピアノ弾き始めたサイモンさん、酔ってご機嫌な様子。
このヴィーナス・レコードは設立25周年という事でBoxCD25枚組が発売される模様です。選曲ライナーは山口孝さん。
LPよりビル・クロウ
DSC01360 (375x235)