Jazz Spot CANDY

ジャズ、音、心に魂に振動します.何時も初めてのように.

Live♪記

1210柳沢耕吉、落合康介、鈴木俊祐@candy

お休み予定12月11日月)14日木)16日土)21日木)

candyへ、ライブへ、初めての方々、皆様ありがとうございました!

ライブというリアリティ!個人の音が3人の音としてどこまで発信できる?インプロはサウンドした?セロニアス・モンク曲でガッツリと!モンクは偉大なり!
DSC01500 (375x248)











DSC01495 (375x249)











DSC01494 (375x235)











DSC01510 (195x300)











DSC01513 (375x245)











DSC01509 (375x250)












12/09 照内央晴、松本ちはや、@candy

皆様ありがとうございました!

昨年1月に発売されたお二人の初CDから後、今年前半はかなりのツアーをこなしてきたそうです。
数年前にサブさんと出演したインプロヴァイザー照内さん、1年半ぶりちはやさんはちんどん音楽とインプロの人。あの時は和風を求められたタイコと、はじけるドラミングでした。

はてさて今日はどうでしょう?静寂の中に音は立ち、あらゆるサウンドが起ったインプロのそれは明るくて、緊張感も音楽の一部、キラキラしていました。
DSC01455 (375x227)











DSC01468 (375x231)











DSC01454 (375x240)











さまざまなサウンドを作るパーカッション、ちはや語の歌も出ちゃいました。
DSC01480 (375x250)











DSC01477 (375x243)











数年ぶり照内さんの音はかなり変化、進、していました!
DSC01470 (375x244)












DSC01478 (375x239)












お二人の初CD、アフターで、いい音で再現されてみんな関心、いいCDでした。
照内 松本 CD















お疲れさま!
DSC01481 (375x240)













開演が早く、9時半ごろアフターも終わりお客さんもお帰り後、いらしたKさんのリクエストにこたえる俊祐さんの綺麗なピアノ!(ライブでは聞かれない…)そしてちはやさんの歌とデュオ!11時ごろまで1時間程のサプライズ!

明るくて音楽への思い溢れるチャーミングなちはやさんと12時近くまで会話が弾む俊祐さん、今日の美意識を明日は聞ける?楽しみです。
DSC01486 (375x243)

20171202Selen Gulun、David Negrete@candy

皆様ありがとうございました!
セレンサンは日本に住むトルコ人、デビットさんも日本に住むアメリカ人、みんな日本が大好き!candyでは初めてのデュオ!
DSC01433 (375x244)











DSC01434 (375x240)












セレンサンは前回のピアノ・ソロではけっこう激しい部分も聞かせましたが、今回は同じくオリジナル曲でもまた違う顔を見せてくれました。それでも声が出るなど熱い人であります。
DSC01436 (375x246)












ウォーマーな完成された世界、デビットさんのアルト、沢山の曲を大事にしっかりと奏でていきました。ブルース曲や彼のオリジナルなど良かったですね。
DSC01435 (375x244)











DSC01431 (375x240)














明るくて楽しいセレンさん何時も一緒に写真撮りましょって。
DSC01446 (244x375)



















DSC01447 (375x249)












ピアノの新井陽子さん遊びに来てくれました。遠くからありがとうございます!時間もあったのでその後ラーメンを、しかしスマート細いですね〜。
来年1月20日にサブさんとデュオがあります。先日台湾へサブ&ジョンを聞きに出かけて決めました。
皆さんまた!





11/29【WOW】Morten Minothi Kristianse、Utku Tavil@candy

千葉市稲毛区稲毛東3-10-12 30日お休み

Morten Minothi Kristianse(Guitar)from Norway. 
Utku Tavil (Drums)form Turky
皆様ありがとうございました!

仕事前にお墓参り&ランチ、ステーキの写真なく(^_^)、エネルギー入りました!ご馳走さま!

ライブ前のjazz喫茶営業30分遅れるも、しばらくすると初めての御夫婦が、JBLを聞ける店と聞いてきましたそうです。昔沢山のジャズを聴いてきたような、いい雰囲気でした!

今日のライブはどんなだろ〜と6時を回りお久しぶりウトゥクさんと初めましてモルテンさん。

テキパキ機器の準備、ウトゥクさんはギターの為にアンプ3個とSPと倉庫から出してくれ、モルテンさん大掛かりなエレクトロニクスの準備へ。(終演後もテキパキと元に戻していたウトゥクさん、当たり前だけどそうじゃない時もあるから助かり、嬉しい)。

DSC01407 (375x239)












DSC01396 (375x249)












ワクワク始まり始まり〜ウトゥクさんの強力強靭ドラムミング、凄い音圧で凄い音量で瀑!しかしうるさくないのは音離れの良さと勿論のテク、超スピードに乗り美しい!
DSC01417 (375x244)











DSC01409 (375x248)












DSC01416 (375x236)












モルテンさんのさまざまなエレクトロニクスとギターの乗りに乗り、瀑!ノイズというジャンルがあるけれど、しかし美しい!この狭さの中でよくぞのお二人。時々の静寂があるからこそサウンドしていく、かっこよかったでした!
DSC01387 (375x249)












DSC01411 (375x248)












みんなニコニコ〜みんな紳士 WOW!
DSC01420 (375x236)













ウトゥクさんと同国トルコから女性ピアニスト、セレンさんのお話も、今左足が駄目で車いすで移動してくるのかしらと。アレンジャー、コンポーザー、少しの歌、宜しくねって。サックスとのデュオまたまた土曜日楽しみに。


1125simon nabatov,Darren Moore,坂田彰,瀬尾高志@candy

皆様ありがとうございました!
5が所のツアーを経て最終日のcandyはライブ・レコーディング!という事で皆さん気合が入っています。開演時間は平日はいつも通りと何気にわかっていたお客さん達、ミュージシャン達は30分早く思い15分遅れにそろそろ・そわそわ・スタート?まだよ〜ガクッ〜

さあ20:00 お客さんも整い、始まり始まり〜!

初めて聞くサイモンさん、2度目の来日だそうです。その巨体とは裏腹に綺麗な優しい音色が聞こえてきました。
DSC01340 (375x247)











企画・ドラマーのダレンさんは日本に住んでいます。スピード感、反応の良さ、擦る音はベース・ボーイングと重なり素晴らしいサウンドが。
DSC01352 (375x219)










5回やってきてのインプロもパターン化しない?ベースワーク瀬尾さんは鋭い感覚の人ね。
DSC01347 (375x250)











坂田さんはアルトとクラリネットを、小間物の響と静寂の中に起こる歌の民謡即興ボイス。
DSC01343 (375x237)











DSC01346 (375x247)














坂田さん瀬尾さん二人のサウンドや、ダレンさんとトリオのサウンドと素晴らしくも、サイモンさん弾かない場面もあり、ピアノトリオとかサイモンさんフィーチャー場面は起らず。

サイモンさんの凄い凄いと言う噂の音は、伝わりかねた掴みかねた感が。前日の凄いライブに来てくれた方達も感じたようでした。CDになるとまた違うのでしょうね!

アンコールの声にサイモンさんが何か話してる、疲れてる?出し切った?こんな狭いお店は初めて?いいお店だ?解らないけれど静かに幕は引きませり。ソロでも聞きたかったですね〜。

打ち上げ・パチリ!
DSC01354 (375x287)















帰り際にこのレコードに合わせてピアノ弾き始めたサイモンさん、酔ってご機嫌な様子。
このヴィーナス・レコードは設立25周年という事でBoxCD25枚組が発売される模様です。選曲ライナーは山口孝さん。
LPよりビル・クロウ
DSC01360 (375x235)













20171125【This Is It】藤井郷子、田村夏樹、井谷亨志

皆様ありがとうございました!

昼下がりの午後15:00から始まり始まり〜。藤井さん田村さんのcandyは1年3か月ぶりでした。郷子さんのソロも何度かやりましたし、もっともっと来てほしいお二人です。何しろかっこいいんですから!

海外で大活躍しているお二人は数日前にアメリカから帰国し、今回ジミーさんリリーさんとの企画でしたが、急遽来日中止(家庭の事情)になり、井谷さん参加で来年レコーディングもする「Thia Ins It」とのバンド名もあり、新たにツアー開始。
DSC01304 (375x238)












DSC01335 (375x246)












DSC01321 (375x245)












DSC01332 (375x228)











始まり始まり〜譜面の世界はほとんどcandyでは聞かれなかった中、すべて郷子さんの曲で無題だそうです。

井谷さんの反射神経反応の速さ(この日はHさん寄贈のシンバル使用、いい音です)。田村さん小間物なくオープンでミュートで時々ヴォイジング。郷子さんプリペアドのいい響きに美しいタッチ、あんなに小さな手で凄い音を出すんです。

スリリングで美しく、ハイスピードやダイナミクスや、静寂、サウンドの決め、本当にかっこいい。本当に音がいい。
DSC01331 (375x234)












DSC01328 (250x375)












DSC01336 (375x222)












DSC01324 (375x244)












DSC01309 (375x243)

















久しぶりに来られたお客さん、かっこよかった・来て良かったって。初めて聞いた方も、好きですね〜って。素晴らしいサウンドでした!

来年4月1日(日)ミズキさん(ダンス)と、この日はcandy開店記念日42周年!そして4月7日(土)ジャン二-ミシモ(sax)と、又早い時間です。

不摂生直してボケ気を付けて来年もやりぬかねば…!(*^。^*)!

最新アルバムは初のレコード祝!
fujii record (500x497)













Tお客さんより郷子さん側&開演前ワクワク〜
fujii4 (351x375)












fujii2 (345x375)


1117Adam Pultz Melbye、Julia Reidy@candy

デンマークから、オーストラリアから、日本は始めてのジュリアさんと、二回目のアダムさんのツアー、candyはデュオ!

ジュリアさん12弦ギターにアンプ使用しバランスへ、アダムさんのアコーステック・ベースとインプロヴ!
1部は二人の細やかな音階とサウンドと、ミニマム?に繰り返される。美しい音だ。
DSC01288 (500x318)












DSC01294 (500x328)












DSC01296 (500x332)












DSC01292 (1500x1000) (500x384)














「どのくらいで始める?」「2,3分後ね」2部へ向かうアダムさんに「ソロソロね」というと、そのせい?2部は各ソロでした!
アダムさんの弓の毛の太さにより凄い事が。倍音の心地よさ!
DSC01297 (317x500)

























ジュリアさんは生音です。自由に響きました!
DSC01298 (500x322)












お見送りにパチリ!いい旅を!
DSC01303 (500x333)

20171113鈴木俊祐、岩見継吾、吉良創太@candy

皆様ありがとうございました!
初めてのトリオに俊祐さんの曲をさらうリハ、フィーリング!
DSC01266 (375x243)












DSC01264 (375x244)











DSC01265 (375x250)













the freeで勢いよくかっこよく始まり始まり〜
DSC01284 (375x247)












DSC01281 (375x243)












DSC01280 (375x250)












溢れるエネルギー!・・・溢れすぎ〜。パワー全開にどんどん行きました!オリジナルや名曲や構成され、落ちる事のないスピード感、皆のテンション!
DSC01277 (375x249)












DSC01279 (375x250)













1部「フリー」〜「ベイシー・スマイル」〜「アフリカン・フラワー」〜「チキン」〜オリジナル・ノンタイトル、
2部「アフロ・ブルー」〜「ライザ」〜オリジナル・ノンタイトル〜オリジナル「ヤッターマン」〜オリジナル名曲「海」〜「キャラバン」

エルビンみたいなしかし現代音全開の吉良さんのテンション瀑!「キャラバン」に皆凄いハイスピード。特にベースのソロ聴かせた岩見さん!二人の素晴らしいセンスに笑顔たえないエナジー全開俊祐さん!

この狭いCANDYで音が凄い事になりました。バラードもすこし静かな曲あるも音圧はまだまだ凄いのよ、雑然と聴こえてしまう事もありもったいなくも、初めてのトリオで奏者もオーディエンスも駆け抜けました。アンコールはもういいでしょうってね。皆々様お疲れさま!
次回は?一回きりにせず…またね!

20171110立花秀輝,不破大輔,@candy

DSC01236 (800x533) (317x375)















DSC01234 (244x375)






















皆々様 ありがとうございました!
The Duo! 2人のフリー・インプロヴィゼーション全開! 

DSC01249 (375x236)












DSC01257 (375x248)












DSC01258 (375x248)












立花さんのサーキュラス奏法、ノンブレス奏法、かいま聞こえての、嬉しきかな!デュオでは倒れこむようなことはなく、激しさとしなやかさと相互して、どんどん行きました!分解音変な音もね。

不破さんの絶妙なベース、なりっぷりの良さ、大らかさ、アウン!ボーイング、パーカーシブ、小さなベースマイクで生音の様に響きいい音!2部はアンプ入れ忘れたとか、アンプいらないじゃないの〜(*^。^*)
DSC01247 (375x250)











DSC01255 (243x375)

















 
DSC01245 (375x245)












バンドの時にはオリジナル曲やスタンダード変奏曲も演奏する立花さん、不破さん、あら〜インナ・センチメンタルかしら?メロディって本当にいいのだわぁ。
お〜「ゴースト」の最終章が聞こえてくる。待ってました)^o^(!ちょっとだけよ(+_+)残念よ・・・。

1年ぶりのデュオでした。また来年もよろしく!ミュージシャン達のブッキング状況は来年5月まで入ってきています。今年も12月は目の前に、早い早い。

家事止まっている…早くやらねば…

20171108【Chamber Music Trio】@candy

石井 彰(piano)須川崇志(cello)杉本智和(bass)2日間のレコーディングを終えて翌日の今日、意気揚々に、そしてフアンの方がたくさん来てくれました。まさに、目の前で、生音で!皆々さま、ありがとうございました!

つい先日ピアノソロを演奏してくれた石井さん、何とも言えない素晴らしい音を聞かせてくれます。今日も!

フロントはチェロ?際立つ音色の須川さん、チェロのピチカートも、杉本さんのfeel so good、ベースのヴォーイングも、交互に、同じに、美しくはずんでいました。

DSC01205 (375x240)










DSC01213 (375x223)










DSC01223 (375x199)











DSC01202 (375x238)










DSC01197 (375x245)











CIMG3134 (375x273)












2部には石井さん御挨拶もノリノリ。終演後もノリノリ〜。
DSC01226 (375x243)












石井さんが演目教えてくれました。来年2月発売予定のCDとほぼ同じだそうです。是非レコ発ライブお待ちしています!
1st                   
Silencio(石井オリジナル)
Jade Visions(スコット・ラファロ)
Flags(カーラ・ブレイ)
Selim
My wayインプロからオールブルースからこの曲へ
Intermission Music

2nd
記憶の停留所(杉本オリジナル)              
Chopin prelude no.4 ワ~オ~
Sing Me Softly of The Blues(カーラ・ブレイ)
Dawn〜Pastel
In The Still of The Night(コール・ポーター)


カーラブレイが大好きな石井さん、私も大好きなんです。その昔、NYで初めて聞いたとき、ホールのフロアーでパイプを吸っていたカーラ。日本に来てほしいと言うと、日本人はジャズ聞くの?って。ほうとうにネ〜。
その後、中野のポテトハウスだったかしら?オーケストラの初来日、その後、六本木のジャズクラブにも。
そして、
錦糸町トリフォニー・ホールでチェンバー・ミュージック!ピアニストでいて大いなるコンポーザー、カーラ。

今月はアイラー月間!わかってくれている石井さん達よ、嬉しいです!





Archives
Profile
jazz spot candy
千葉市稲毛区稲毛東3−10−1

自分にとって、JAZZは「今」生きている音。
自然な音を聴きたい、鳴らしたい、生演奏のような、ライブ感と緊張感と、本物を伝えたい。
 そんなコンセプトのお店、candy
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ