2015年02月22日

1/23-24 Eberhard Weber 75th Birthday Concert at Stuttgart



エバーハルト・ウェーバー 75歳祝賀コンサート
75 Jahre Eberhard Weber: The Great Jubilee Concert
2015年1月23日〜24日 20:00 Theaterhaus, Stuttgart, Germany
コンサートへの動画リンク&レポートです。ぜひご覧ください。

SWR Big Band conducted by Helge Sunde and Michael Gibbs
Eberhard Weber (composer, vib, b), Jan Garbarek (ss),
Gary Burton (vib), Paul McCandless (ss, English Horn),
Pat Metheny (g), Scott Colley (b), Danny Gotlieb (ds)
Concept and production: Martin Muhleis

ECM初期からそのサウンドを特徴付けてきたベーシスト、エバーハルト・ウェーバーの75歳祝賀コンサートがシュツットガルトで開催されました。授賞式〜第一部の公式動画を記事中のリンクから見ることができます。第二部が、パットが、エバーハルトの過去のベースソロから再構成し作曲し、SWRビッグバンドが演奏した"Inspired" です。パット・メセニーが作曲したビッグバンドの演奏を聴けるだけで特別で贅沢ですよね。詳細は記事をご覧ください。写真はアリアンナ 多恵 チマロスティ(Arianna Tae Cimarosti)です。

1月24日に行かれたTomoyuki Ohsawaさんのレポートはこちら。  
Posted by jazzworld at 21:24Comments(1)TrackBack(0)

My Song (Keith Jarrett) by Richard Stolzman


My Song (Keith Jarrett)
Richard Stoltzman - Clarinet
Bill Douglas - Piano
Eddie Gomez - Bass
Recorded at Bear Tracks Studio, Suffern, New York
from "Innervoices" (RCA, 1989)

マイ・ソング

ビロンギング


  
Posted by jazzworld at 08:01Comments(0)TrackBack(0)

2015年02月21日

5/2-4 ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン『熱狂の日』音楽祭 2015 『PASSIONS』


ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン『熱狂の日』音楽祭 2015
『PASSIONS(パシオン)』
2015年5月2日(土)〜4日(月) 東京国際フォーラム
第11回となる今年のテーマは、過去10回の作曲家へのフォーカスを離れて、1月のナントと共通となる『PASSIONS(パシオン)』。作曲家たちの音楽創作の原動力となってきた魂の奥底から放たれる強い感情〜パシオンに<祈りのパシオン>、<恋のパシオン>、<いのちのパシオン>の3つの切り口から迫り、中世から現代までのさまざまな音楽の中にパシオンを感じる旅に出る。特に<祈りのパシオン>では、キリスト教においてPassion=受難であることが大きな鍵となる。
ECM New Series関連では、アルヴォ・ペルト<ヨハネ受難曲>他をヤーン=エイク・トゥルヴェ指揮ヴォックス・クラマンティスが演奏することが注目される。児玉桃は、ピアノソロでシューマンとメンデルスゾーン、児玉桃&児玉麻里でメシアン<アーメンの幻影>を、児玉桃、イド・バル=シャイ、ルイス=フェルナンド・ペレスのピアノ、ロベルト・フォレス・ヴェセス指揮オーヴェルニュ室内管弦楽団でバッハ<2台のピアノのための協奏曲>を演奏する。
チケットの一般発売開始は3月14日。「熱狂の日フレンズ」(無料)を対象に先行販売も行う。詳細は、 http://www.lfj.jp  
Posted by jazzworld at 21:24Comments(0)TrackBack(0)

1/13 Charlie Haden Memorial at Town Hall, New York

チャーリー・ヘイデン “A Memorial and Celebration of His Life”
Charlie Haden “A Memorial and Celebration of His Life”
2015年1月13日 19:00 The Town Hall, New York
CharlieHadenProgram
Charles Edward Haden (August 6, 1937 – July 11, 2014)

Michael Rodriguez (tp)
Going Home
Opening Remarks by Ruth Cameron Haden
Pat Metheny (g)
Charlie Haden Medley -
Our Spanish Love Song
Waltz for Ruth
First Song
Putter Smith - Charlie’s early 60’s L.A.
Lee Konitz (as), Brad Mehldau (p)
Blues
Henry Butler (p, vo)
Deep River
Denardo Coleman – Remarks
Joshua Redman (ts), Kenny Barron (p), Scott Colley (b), Jack DeJohnette (ds)
Blues for Pat
Dr. Maurice Jackson, Associate Professor History at Georgetown University & Chair of the DC Commission on African American Affairs - Remarks
Ravi Coltrane (ts), Geri Allen (p), Brabdee Younger (Harp)
For Turiya
Fred Ansis, Family friend – Remarks
Haden Triplet and Josh Haden (vo), Bill Friesell (g), Mark Fain (b)
Voice from on High
Oh, Shanandoah
Gonzalo Rubalcaba (p)
Improvisation
Richard Lewis – Video
Jean Philippe Alfard, Managing Director, Universal Music Publishing, France – Remarks
Quartet West – Alan Broadbent (p), Ernie Watts (ts), Scott Colley (b), Rodney Green (ds)
Hello My Lovely
First Song
Liberation Music Orchestra
Carla Bley (p), Steve Swallow (b), Matt Wilson (ds),
Steve Cardenas (g), Tony Malaby (ts), Chris Cheek (ts), Loren Stillman (as),
Michael Rodriguez (tp), Senece Black (tp), Curtis Fowlkes (tb),
Vincent Chancey (french horn), Joe Daley (tuba)
Amazing Grace
Silence
We Shall Overcome
Closing remarks by Ruth Cameron Haden

※ 当日配布されたプログラムに加筆したが、実際と異なる可能性があることをご了承いただきたい。
kanno0Redman5293  
Posted by jazzworld at 21:10Comments(0)TrackBack(0)

2015年02月10日

2/10 Steps Ahead at Blue Note Tokyo



Steps Ahead at Blue Note Tokyo

Mike Mainieri(vib), Eliane Elias(p) 

Marc Johnson(b), Peter Erskine(ds), Bob Sheppard(ts, ss)

Feb 10 (Tue) 19:00
1 Bawling to Bud (Eliane Elias – Everything I Love / Holding Together)
2 Pools (Don Grolnick – Steps Ahead)
3 Islands (Mike Mainieri – Steps Ahead)
4 Something I Said (Peter Erskine - Magnetic)
5 B is for Butterfly (Eliane Elias – Swept Away)
6 Time is Now (Eliane Elias – Three Americas)

7. Union Pacific (Marc Johnson – The Sound of Summer Running)

Feb 10 (Tue) 21:30
1. Bawling to Bud (Eliane Elias – Everything I Love / Holding Together)
2. Pools (Don Grolnick – Steps Ahead)
3. Copland (Mike Mainieri – Holding Together)
4. B is for Butterfly (Eliane Elias – Swept Away)
5. Ruby
6. Young and Fine (Joe Zawinul – Smokin’ in the Pit)
7. Time is Now (Eliane Elias – Three Americas)

8. Union Pacific (Marc Johnson – The Sound of Summer Running)
  
Posted by jazzworld at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2015年01月24日

1/23-24 Eberhard Weber 75th Birthday Concert at Theaterhaus, Stuttgart


エバーハルト・ウェーバー 75歳祝賀コンサート
バーデン・ヴュルテンベルク州 特別功労賞ジャズ賞 授賞式
75 Jahre Eberhard Weber: The Great Jubilee Concert
Jazzpreis Baden-Wurttemberg Sonderpreis fur das Lebenswerk
2015年1月23日(金) 24日(土) 20:00 ドイツ、シュツットガルト、シアターハウス
Jan 23-24, 2015 20:00 Theaterhaus, Sttutgart, Germany

1/23 OFFIZIELLER TEIL (授賞式)
Welcome message: Werner Schretzmeier (Theaterhaus Stuttgart)
Explanation of award: State Secretary Jurgen Walter
(Ministerium fur Wissenschaft, Forschung und Kunst Baden-Wurttemberg)
Honorific speech: Prof. Manfred Schoof
Thanksgiving: Eberhard Weber

1/23-24 MUSIKALISCHER TEIL (コンサート)
Eberhard Weber (composer, vib, b)
Jan Garbarek (ss),
Gary Burton (vib), Scott Colley (b), Danny Gotlieb (ds), Paul McCandless (ss, English Horn, ob)
Pat Metheny (g)

SWR Big Band conducted by Helge Sunde and Michael Gibbs
Nemanja Jovanovic, Felice Civitareale, Karl Farrent, Martin Auer, Rudi Reindl (tp, flgh)
Marc Godfroid (tb), Ernst Hutter (tb, Euphonium), Ian Cumming (tb), Georg Maus (bass-tb)
Klaus Graf (as), Matthias Erlewein (as), Axel Kuhn (ts), Andi Maile (ts), Pierre Paquette (bs)
Guido Joris (ds), Decebal Badila (b), Klaus-Peter Schopfer (g), Klaus Wagenleiter, (p, synth)

Part 1
Improvisation on an Eberhard Solo of “I Took Up The Runes” (Jan Garbarek / Eberhard Weber)
Touch (Eberhard Weber; Arr. Ralf Schmid – Yellow Fields)
Tubingen (Eberhard Weber; Arr. Rainer Tempel - Resume)
Maurizius (Eberhard Weber; Arr. Michael Gibbs - Later than Evening)
Street Scenes (Eberhard Weber; Arr. Libor Sima - Pendulum)

Part 2
Inspired
- Composition of Pat Metheny with Solos of Eberhard Weber -
(Pat Metheny / Eberhard Weber – World premier)

Encore:
Killer Joe (Benny Golson; Arr. Michael Gibbs)
Notes After An Evening (Eberhard Weber; Arr. Libor Sima - Pendulum)

Concept and production: Martin Muhleis

Sound: Sebastian Fichtner
Lightning: Tom Patch
Video technic: Marc Feigenspan
and Matthias Schneider-Hollek
Co-produced by Theaterhaus and Sagas.Edition, Stuttgart  
Posted by jazzworld at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2014年08月17日

7/11 Eric Miyahshiro - BNT All-Star Jazz Orchestra at Montreux Jazz Fes. - Japan Day

BNASJO_2843
Montreux Jazz Festival 2014 - Japan Day
July 11, 2014 21:30 Music in the Park
Blue Note Tokyo All-Star Jazz Orchestra
エリック・ミヤシロ(tp, flgh),
本田雅人 (sax), 近藤和彦 (sax), 山本拓夫 (sax), 岡崎正典 (sax), 宮本大路 (sax),
西村浩二 (tr), 佐久間勲 (tr), 奥村晶 (tr), 岡崎好朗 (tr),
中川英二郎 (trb), 片岡雄三 (trb), 佐野聡 (trb), 山城純子 (trb),
林正樹 (p), 井上陽介 (b), 山木秀夫 (d)

Trains (Mike Mainieri)
Boom Boom (Bob Brookmyer)
Just Kiddin’ (Eliane Elias / Arr by Bob Briikmyer)
Downtown (Yellowjackets)
Pools (Don Grolnick)
The Gathering Sky (Pat Metheny)

WIth Lisa Ono
The Girl from Ipanema (A.C.Jobim)
Goody Goody (Johnny Mercer)
More (A.Alstone/T.Glazer)
Lisa Ono Medley
 Mas Que Nada
 So Danco Samba (A. C. Jobim)
 Samba De Uma Nota So (A. C. Jobim)

Orchestra
Domingo (Jaco Pastorius)  
Posted by jazzworld at 15:49Comments(0)TrackBack(0)

8/21 お台場新大陸 Eric Miyashiro - Montreux Jazz Festival in Japan

BNASJO_2843
フジテレビ お台場新大陸
「日本・スイス国交樹立150周年記念・モントルー・ジャズ・フェスティバル・イン・ジャパン」

Blue Note Tokyo All Star Jazz Orchestra directed by Eric Miyashiro

日時 2014年8月21日(木) 16:00−17:00
会場 お台場 Great Summer スタジアム (ゆりかもめ、りんかい線)

Eric Miyashiro (Conductor/Trumpet)
宮崎隆陸(Sax)/竹上良成(Sax)/小池修(Sax)/岡崎正典(Sax)/竹村直哉(B.Sax)
佐久間勳(Trumpet)/中野勇介(Trumpet)/ 岡崎 好朗(Trumpet)/二井田ひとみ(Trumpet)/
片岡 雄三(Trombone)/フレッド・シモンズ(Trombone)/ 佐野 聡(Trombone)/ 山城 純子 (Trombone)
新澤健一郎(Piano)/箭島裕治(Bass)/山木 秀夫 (Drums)

残暑お見舞い申し上げます!夏休みも終盤ですが、エリック・ミヤシロさんの素晴らしすぎるビッグバンドのライブが急遽決まりましたので、お知らせさせてください。平日の昼ですが、吹奏楽やジャズをやっている小中高大学生のみなさん、ご父兄、昔学生だったみなさんにもぜひぜひ行っていただきたいです。1DAY PASSPORTで入れます。(番組放送ではありません)
このビッグバンドのメンバー、用意されたアレンジの数々、本当に素晴らし過ぎです!そしてヨーロッパで刺激を受けて帰ってきたメンバーの音がさらに凄くなっていて。平日夕方ですが、行ける方はぜひぜひ。スイスで聴くことに比べたら、新幹線や国内線でも行く価値があるくらい。
ぜひ、ブルーノート東京さんに、夜とか土日、かつ学生さんが入れる凱旋公演をお願いていきましょう! そしていつかフジテレビで放映!!を期待したいです。翌朝の「めざまし」はいちおうチェックかな?「題名のない音楽会」では、エリックさんがリクエスト特集で実質1位でしたから、放送的にも損はさせません!!
吹奏楽コンクール、山野ビッグバンドコンテスト、あるいは受験で勉強で、ちょっとお疲れさまなモードで聴くと、あらためて、管楽器やってて音楽やっててよかったとあらためて気づかされてよいかもです。  
Posted by jazzworld at 15:40Comments(0)TrackBack(0)

2014年07月30日

7/30 Thomas Enhco Piano Solo

Thomas Enhco Piano Solo
Cotton Club Tokyo
2014. 7.30.wed 6:30pm 9:00pm

トーマス・エンコは、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンにルネ・マルタンさんが連れてきたフランスの気鋭の若手ジャズピアニスト。LFJでトリオとソロを聴きましたけど素晴らしい演奏でした。コットンクラブの気持ちのよい空間で5,000円とお手頃なので、ぜひ。
JAZZ TOKYOにラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンのレポートを書いていて、ボキャブラリ不足のため内容がないようですが、トーマス・エンコ・トリオ&ソロのレポートも書きました。一緒にマルタ・アルゲリッチ&ギドン・クレーメル組の楽しそうな写真もありますので、そっちも見てやってください。
  
Posted by jazzworld at 02:20Comments(0)TrackBack(0)

2014年07月06日

John McLaughlin & Larry Coryell / Do You Hear the Voices that You Left Behind


John McLaughlin & Larry Coryell
"Do You Hear the Voices that You Left Behind"
Dedicated to John Coltrane Live
Stephaniensaal in Graz, Austria on March 21st, 1979
田舎から生まれて初めて行った東京のジャズクラブ、六本木ピットイン、そのときKazumi Band 〜渡辺香津美(g)、清水靖晃(ts)、笹路正徳(p, keyb)、高水健司(b)、 山木 秀夫 (ds)がフォービートでやっていた無茶苦茶かっこいい曲。

オリジナル録音は「John McLaughlin / Electric Guitarist」で、Chick Corea (p, Mini Moog), Stanley Clarke (b), Jack DeJohnette(ds)。

先日、モーションブルー横浜のジャズ回帰プロジェクト〜渡辺香津美(g)、笹路正徳(p, keyb)、 井上 陽介(b)、 山木 秀夫(ds)で、Kazumi Bandの「Kang-Hoo」をやったら客席が盛り上がっていたので、こういう系のフォービートはお好きだった方が多いのかも。  
Posted by jazzworld at 20:26Comments(0)TrackBack(0)

2014年05月27日

5/26-27 大友良英 スペシャル ビッグバンド 2デイズ

大友ビッグバンドポスター_0258
大友良英 スペシャル ビッグバンド 2デイズ
5/26-27 20:00- 新宿ピットイン
大友良英(el-G)江藤直子(P)近藤達郎(Key)斉藤 寛(Fl)井上梨江(Cl)鈴木広志(Sax)江川良子(Sax)東 涼太(Sax)佐藤秀徳(Tp)今込 治(Tb)木村仁哉(Tuba)大口俊輔(Acc)かわいしのぶ(B)小林武文(Ds)上原なな江(Per)相川 瞳(Per)Sachiko M(sinewaves)

26日
1.Song for Che (Charlie Haden)
2.芸能界 『あまちゃん』より
3.Something Sweet, Something Tender (Eric Dolphy)
4.Long Good Bye – Opening Theme
5.Long Good Bye - 時代 (江藤直子、大友良英)
6.友情 『あまちゃん』より

7. トンネル〜大地 『あまちゃん』より
8. 見上げてごらん
9. 海 『あまちゃん』より
10. Straight Up and Down (Eric Dolphy)
11. 灯台 『あまちゃん』より

12. 琥珀色のブルース 『あまちゃん』より
13.あまちゃん オープニングテーマ ロングバージョン

27日
1. Song for Che (Charlie Haden)
2. 芸能界 『あまちゃん』より
3. Something Sweet, Something Tender (Eric Dolphy)
4. Long Good Bye – Opening Theme
5. Long Good Bye - 時代 (江藤直子、大友良英)
6. Gazzelloni

7. トンネル〜大地 『あまちゃん』より
8. Lost in the Rain
9. 見上げてごらん
10. 海 『あまちゃん』より
11. Straight Up and Down (Eric Dolphy)
12. 灯台 『あまちゃん』より
13. ユリイカ(ジム・オルーク)

14. 琥珀色のブルーズ 『あまちゃん』より
15. あまちゃん オープニングテーマ ロングバージョン
 〜あまちゃん音頭  
Posted by jazzworld at 23:52Comments(0)TrackBack(0)

2014年05月05日

5/5 La Folle Journee au Japon / 小曽根 真 featuring No Name Horses

NNH_upper11 NNH_upper21 NNH_Piano1sm

La Folle Journee au Japon 2014 / ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 2014
Makoto Ozone featuring No Name Horses

2014年5月5日 19:45-, 21:30- 東京国際フォーラム ホールC

#345 5/5 19:45- Gershwin x Gershwin
No Strings Attached (Makoto Ozone) – Short version
Rhapsody in Blue (George Gershwin / Arr. by Makoto Ozone)
Someone to Watch over Me (George Gershwin / Arr. by Makoto Ozone)

#346 5/5 20:30- Gershwin x OZONE
Rhapsody in Blue (George Gershwin / Arr. by Makoto Ozone)
No Strings Attached (Makoto Ozone) – Full version
Someone to Watch over Me (George Gershwin / Arr. by Makoto Ozone)

小曽根真(p)、中村健吾(b)、高橋信之介(ds)
エリック・ミヤシロ(tp)、木幡光邦(tp)、奥村晶(tp)、岡崎好朗(tp)
中川英二郎(tb)、片岡雄三(tb)、山城純子(b-tb)
近藤和彦(as, ss, fl, piccolo)、池田篤(as)、三木俊雄(ts)、岡崎正典(ts, cl)、岩持芳宏(bs, bcl)
たぶん、、岡田勇輔(照明)、伊藤文善(音響) 

文章が長くなったので、参考動画リンクを上においておきます。
小曽根 真(p) ロヴェルト・トレヴィーノ指揮 シンフォニア・ヴァルソヴィア / ラプソディ・イン・ブルー LFJナント2014

Someone to Watch over Me / PROUD x MILFORD SOUND CM


今年のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンは、5/2前夜祭「アメリカの夜」での小曽根さんとジャン=ジャック・カンタロフ指揮シンフォニア・ヴァルソヴィアの「ラプソディ・イン・ブルー」で幕を開けました。比較的、地味な印象を持っていたこのオケでしたが、小曽根さんとのケミストリーの中で、スウィングと呼ぶのか、アメリカ的なグルーヴを強く魅せていました。ポーランドの底力をまたも見ました。本当に素晴らしい演奏でした。ナントでの演奏をストリーミングで見ることができます(指揮者が違います)。
http://concert.arte.tv/fr/la-folle-journee-soiree-de-cloture

そして、ホールCでの最終公演がNo Name Horsesの「ラプソディ・イン・ブルー」。今年のLFJは10人の作曲家をテーマにした「祝祭の日」でしたが、その一人が、ジョージ・ガーシュウィンとそのお友達ナディア・ブーランジェ。背景には本家ナントのテーマが「アメリカ」だったことがあり、ホールA「#316」という全体の締めはあったものの、隠れテーマだった「アメリカ」を締めるのがこの公演でした。
ホールCに入ると照明が創り出す華やかで落ち着いた空間に目を奪われます。岡田さんだと思いますが、もはや岡田さんは小曽根さんの音楽の大切な一部です(音響はおそらく伊藤さん)。「Road」の照明も素晴らしかったですし。今回は、ピアノはYAMAHA CF-Xではなく、スタインウェイでした。CF-Xの驚異的な表現力に魅了されつつ、スタインウェイらしい響きもまた魅力です。

「ラプソディ・イン・ブルー」はジャズ的に捉えられることが多いものの、構造的に自由度が高い訳ではなく、編曲するということについては、ずっと原曲を超えられないと思っていました。カデンツァを自由に弾くということも見かけ以上に難しいと思います。その中で小曽根さんが着実に足場を築きその距離を縮めてきて、その集大成がニューヨークフィルとの共演であり、その満を持して取り組んだ今回のアレンジ、原曲のよさを損なうことなく、色彩感とダイナミックな魅力が増しています。
基本的に「ラプソディ・イン・ブルー」を長くするということは、持ち味の展開のスピード感が損なわれることと表裏一体で、今回は約2倍の長さですが、ブラスのインパクトと色彩感で、変化点を強調することでむしろスピード感は増しています。フォービートやラテンやさまざまなリズムの移り変わりを盛り込むことで、ニューヨークのモザイク状の街の構造や、心地よい喧噪を彷彿させ力強いパワーを生み出していました。

ガーシュウィンはアレンジがすごく得意ではなかったようですが、確かに、小曽根さんがおっしゃるように、ガーシュウィンがビッグバンドにアレンジするならこんな風にしたいと思える、珠玉のアレンジでした。

「No Strings Attached」は、もともとピアノトリオに書かれた曲ですが、ビッグバンドアレンジによって新しい命を得ています。特にコレクティブインプロビゼーションは圧巻でした。今回、LFJをみまわして気づいたのは、プログラムの中で管打楽器、特に金管楽器フォーカスが弱いということでした。日本のほぼすべての中学高校にブラスバンドがあり、500万人近い吹奏楽経験者がいる中で、クラシックに有機的なつながりをもたないまま、卒業とともに去って行きます。LFJでももっと金管や打楽器もフォーカスされたら、そうだ、No Name Horsesがあった!!メンバーの名前がプログラムにクレジットされるだけで大分違ったかもしれません。今後のLFJで何かうまく発展したらいいなあ、と勝手に思いました。
# 345の3曲目、# 346のアンコールで演奏されたのが、「Someone to Watch over Me」。サックスアンサンブルの美しいハーモニーから始まる美しい曲。野村不動産CMで「PROUD×MILFORD SOUND」で放映されていました。ずっとずっと聴きたかった名アレンジだったので、この機会に生で聴けてとても嬉しかったです。(まったく余談ですが、この曲は「著作権の切れたスタンダードの名曲」で、All the Things You Areと並んで覚えておくと便利です!?)すばらしい、今年のLFJの締め括りになりました。

最後に触れておきたいことがあります。ジョージ・ガーシュウィンから、ナディア・ブーランジェ、クインシー・ジョーンズ、そして小曽根さんへ。今回のLFJのテーマ作曲家のひとりが、ジョージ・ガーシュウィンがいますが、お友達にフランスの作曲者・教育者ナディア・ブーランジェを連れてきたという設定になっています。お弟子さんには、レナード・バーンスタイン、アーロン・コープランド、ミシェル・ルグラン、アストル・ピアソラ、フィリップ・グラス、キース・ジャレット、エグベルト・ジスモンティなどがいますが、その最も世界に影響を与えたお弟子さんは、クインシー・ジョーンズです。小曽根さんはクインシーの弟子になった訳ではないですが、クインシーはバークリー大学卒業時に小曽根さんの実力を見抜いて、クインシーのプロデュースによるデビューを提案されます。それを断る形でCBSからデビューします。30年にわたって小曽根さんの気持ちの片隅にはクインシーへの想いがあったと思います(No Name Horsesのメンバーの多くもクインシーを尊敬していますし、塩谷哲さんもそうですね)。昨年の亀田誠治さんプロデュースによるクインシー・ジョーンズ・トリビュート・コンサートへのNo Name Horsesの出演を経て、クインシーのデイヴ・ウェックル・バンドのライブへの来訪など、バークリー卒業時以上に小曽根さんの音を最大級に認め、喜んでいるように思います(上から目線にしかならなくてすみません)。

その意味で、ガーシュウィンのオリジナル版に始まり、小曽根さんのビッグバンドアレンジで締めくくられた今回のLFJは、ガーシュウィン、ブーランジェ、クインシー、「アメリカ」というキーワードの中で大きな意味があったのではないかと思います。

ルネ・マルタンさんは、立ち止まることなくLFJを常に革新的に変えて行きたい、これからのLFJはこの10年とは違う形にするといいます。その中で小曽根さんがどんな新しい音を聴かせてくれるのかとても楽しみです。  
Posted by jazzworld at 23:45Comments(0)TrackBack(0)

2014年05月03日

5/2 LFJ 祝祭の日プレナイト「アメリカの夜」

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン
祝祭の日 プレナイト「アメリカの夜」

2014年5月2日 20:00 東京国際フォーラム ホールA

小曽根 真:ピアノ
ルセロ テナ:カスタネット
シンフォニア ヴァルソヴィア
ジャン=ジャック カンタロフ

ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー
バーンスタイン:『ウエストサイド物語』より「シンフォニック・ダンス」
ウィリアムズ:スター・ウォーズ
カンダー&エブ:ニューヨーク・ニューヨーク
バーバー:弦楽のためのアダージョop.11
ヨハン・シュトラウス鏡ぁД好撻ぅ鷙埒紛op.433

ファリャ:はかない人生 より

  
Posted by jazzworld at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2014年04月30日

4/30 International Jazz Day - Global Concert


(ずっと無音ですが、31分頃から始まります)
International Jazz Day - Global Concert
Osaka Castle Park on 19:00-21:00, April 30, 2014


4月30日はThelonius Monk Institute of Jazz が提唱し、UNESCOが定めるインターナショナル・ジャズ・ディ。第3回目の今年は、メインイベントとなるグローバルコンサートが、大阪城公演特設ステージで開催されました。
大阪イベントの開催詳細はこちらをご覧下さいグローバルウェブサイトはこちらをご覧下さい。

International Jazz Day - Global Concert at Osaka Castle Park on 19:00-21:00, April 30, 2014
http://www.youtube.com/watch?v=2dmI0bs93ac&feature=share&t=30m45s
Please enjoy YouTube before your checking setlist. セットリストをいちばん下につけていますが、まずはセットリストなしでぜひお楽しみください!

奇跡のコンサートでした。この最高の顔ぶれが一同に揃うことは今後まずなく、この特別な顔ぶれから生まれるグルーヴが凄過ぎでした。前後が雨だったのに当日だけ降らなかったのも奇跡でした。196カ国がインターナショナル・ジャズ・ディに参加していますので、もう196年に1回しか日本に回ってこないかもしれない!?ワールドカップやオリンピックよりも貴重なイベントです。巷の「オールスター」という看板が色褪せてしまうような、真の「オールスター」イベントでした。発表が約1ヵ月前でしたので、告知がなかなか行き渡らず、Sold Outになりそうでならず、当日券が買える状況でしたが、ここに居合わせることができた7千人は、一生の思い出になる素晴らしい瞬間になったと思います。日本からは、Makoto Ozone小曽根真さん、龝吉 敏子さん、日野皓正さん、黒田卓也さんが出演されました。なお、第1回の国連総会会議場のときには、上原ひろみさんが招聘されています。第2回のイスタンブールでは日本人は確か出ていなかったと思います。この2回の中継を見てよほどのVIPしか観覧できないイベントかと思っていました。

ピアノはイタリアのFAZIOLI F278です。日本だと西山瞳 Hitomi Nishiyamaさんがよく使っていますし、ハービー・ハンコックさんが可能な限りFAZIOLIを使っています。またエンリコ・ピエラヌインツィが使っています。

せっかく動画が見れるので、今のところ、演奏についてのコメントは差し控えておきます。

本当に幸せになれる奇跡のコンサートでした。このコンサートとイベントの実現にご尽力されたすべてのみなさまへ感謝したいと思います。

Channgo / Taiko Drums
Steve Turre and Shuichi Hidano

1. Saint Vitus Dance
Dee Dee Bridgewater (vo), Makoto Ozone (p), Esperanza Spalding (b), TS Monk (ds), Troy Roberts (sax) Roy Hargrove (tp)

2. Liquid Spirit
Gregory Porter (vo), Kris Bowers (p), James Genus (b), Terri Lyne Carrington (ds), Troy Roberts (sax), Theo Croker (tp), John Scofield (g)

3. Something
Lalah Hathaway (vo), Kris Bower (keyb), John Beasley (p), Esperanze Spalding (elb, vo), TERRI LYNE CARRINGTON (ds), Josh Johnson (fl, sax), Mike Cottone (tp), Claudio Roditi (tp), Roy Hargrove (tp), Steve Turre (tb), Jonathan Butler (g, vo), Jonathan Pinson (Tambourine)

4. Autumn Sea
Toshiko Akiyoshi (p), Lew Tabackin (fl), Terri Lyne Carrington (ds) Claudio Roditi (tp)

5. Ramblin on My Mind
Roberta Gambarini (vo), Makoto Ozone (p), James Genus (b), TS Monk (ds), Steve Turre (tb), Earl Klugh (g)

6. Memory of Enchantment
Herbie Hancock (p), Wayne Shorter (sax)

7. Round Midnight
Roberta Gambarini (vo), Makoto Ozone (p), James Genus (b) TS Monk (ds0 Steve Turre (tb), Earl Klugh (g)

8. Seven Steps to Heaven]
Kris Bowers (p), James Genus (b), TS Monk (ds), Lew Tabackin (sax), Terumasa Hino (tp), Steve Turre (tb)

9. Bye Bye Blackbird
Dionne Warwick (vo), Makoto Ozone (p), James Genus (b), TS Monk (ds), Courtney Pine (sax), Takuya Kuroda (tp)

10. 2 Down 1 Across
Kenny Garrett (sax), Terumasa Hino (tp), John Beasley (p), James Genus (b), Terri Lyne Carrington (ds),

11. Esta Noche
John Beasley (keyb), Marcus Miller (b), Terri Lyne Carrington (ds), Courteny Pine (ts), Troy Roberts (ts), Theo Croker (tp), Michael Cottone (tp), Eric Miller (tb), Shelia E (perc), Pete Escovedo (perc)

12. Hang Up Our Hang Ups
Herbie Hancock (p), Marcus Miller (b), Terri Lyne Carrington (ds), Kenny Garrett (sax), Josh Johnson(sax), Courteney Pine (sax), Michael Cottone (tp), Takuya Harada (tp), Roy Hargrove (tp), John Scofield (g), Steve Tureet (tb), Shelia E. (perc), Pete Escovedo (perc)

13. Imagine  
Posted by jazzworld at 23:57Comments(0)TrackBack(0)

4/30 International Jazz Day - Makoto Ozone


(ずっと無音ですが、31分頃から始まります)
International Jazz Day - Global Concert
Osaka Castle Park on 19:00-21:00, April 30, 2014


4月30日はThelonius Monk Institute of Jazz が提唱し、UNESCOが定めるインターナショナル・ジャズ・ディ。第3回目の今年は、メインイベントとなるグローバルコンサートが、大阪城公演特設ステージで開催されました。
大阪イベントの開催詳細はこちらをご覧下さいグローバルウェブサイトはこちらをご覧下さい。
196カ国がインターナショナル・ジャズ・ディに参加していますので、もう196年に1回しか日本に回ってこないかもしれない!?ワールドカップやオリンピックよりも貴重なイベントです。巷の「オールスター」という看板が色褪せてしまうような、本当の「オールスター」イベントでした。この顔ぶれから生まれるグルーヴが凄過ぎです。告知が1ヵ月も切っていたために当日券が買える状況でしたが、ここに居合わせることができた方は、一生の思い出になる素晴らしい瞬間になったと思います。

日本からは小曽根真さん、龝吉 敏子さん、日野皓正さん、黒田卓也さんが出演されました。
できるだけ、先入観なしで、YouTubeで見ていただきたいです。
取り急ぎ。この記事の下〜〜の方に小曽根真さん出演曲のセットリストとメンバーを入れておきましたので、ご参照ください。関心のある方はスクロールしてください。


















取り急ぎ、小曽根真さん関連セットリストです。

International Jazz Day
Global Concert

1. Saint Vitus Dance
Dee Dee Bridgewater (vo), Makoto Ozone (p), Esperanza Spalding (b), TS Monk (ds), Troy Roberts (sax) Roy Hargrove (tp)

7. Round Midnight
Roberta Gambarini (vo), Makoto Ozone (p), James Genus (b) TS Monk (ds) Steve Turre (tb), Earl Klugh (g)

9. Bye Bye Blackbird
Dionne Warwick (vo), Makoto Ozone (p), James Genus (b), TS Monk (ds), Courtney Pine (sax), Takuya Kuroda (tp)

いまのところ、ネタバレ防止のため演奏への詳細なコメントは差し控えますが、スーパー過ぎるヴォーカリストたちの歌伴を3曲も任されたということの重みがポイントかと思います。The Trioファンなら、ジェームス・ジーナスさんとの共演をじっくり聴けたというのも大きい。上から目線ではない言葉がなくてすみませんが、これだけのメンツの中で小曽根さんが世界スタンダードのレベルにあるということを実感しました。本当に幸せになれるコンサートでした。ぜひYouTubeで楽しんでください!!
Herbie_Wayne_Ozone_9887sm
  
Posted by jazzworld at 23:55Comments(0)TrackBack(0)

2014年01月14日

12/29 Eric Miyashiro EM Big Band at STB139

EMB201312_7344smsm
エリック・ミヤシロ EMビッグバンド
Eric Miyashiro EM Big Band

2013年12月29日 19:30 STB139

年末恒例のEM Bandライブ。今年もすばらしかったです。第二部では、5枚のリーダーアルバムから1曲ずつとりあげて、エリックさんの心境とサウンドをたどってみる、、というのが面白かったです。セットリストを取り急ぎ。レポートはこれから書きますので、またこの記事を見にきてみて下さい。

エリック・ミヤシロ(tp, flgh, piccolo tp)、岩瀬立飛(ds)、村上聖(b)、林正樹(p, keyb)、
[tp]西村浩二、木幡光邦、佐久間勲、小林正弘、
[tb]片岡雄三、佐野聡、鹿討奏、山城純子
[sax]佐藤達哉、鈴木明男、近藤和彦、つづらのあつし、宮本大路

1.  Winter Games (David Foster)
2. Knee Deep in Rio (Tom Garling)
3. Just Kidding (Eliane Elias, Arr by Bob Brookmeyer)
4. Back Row Politics (Gordon Goodwin)
5. Domingo (Jaco Pastrius)

6. Kick Up (Eric Miyashiro) from Kick Up (2000)
7. Ken’s Bar (Eric Miyashiro) from City Of Brass (2003)
8. Times Square (Eric MIyashiro) from TIMES SQUARE~Live at STB 139 (2006)
9. Pleiades (Eric Miyashiro) from PLEIADES-Tribute to Maynard Ferguson- (2008)
10. Sky Dance (Eric Miyashiro) from SkyDance (2010)
11. Birdland (Joe Zawinul)

12. Auld Lang Syne(蛍の光)(Scot traditional)
〜Gonna Fly Now (Bill Conti)

Eric Miyashiro's Discography

※演奏中の写真は事務所の許可を得て撮影しています。

SkyDance PLEIADES-Tribute to Maynard Ferguson- TIMES SQUARE~Live at STB 139~(紙ジャケット仕様) City Of Brass Kick Up  
Posted by jazzworld at 02:00Comments(0)TrackBack(0)

1/15-18 Yellow Jackets at Cotton Club Tokyo



Yellow Jackets at Cotton Club Tokyo
2014年1月15日〜18日 18:30 21:00 
2014年1月18日 17:00 20:00
Russell Ferrante (key,p), Bob Mintzer (sax,EWI), Felix Pastorius (b), Will Kennedy (ds)
オリジナルメンバーのRicky Lawsonさん(ds)が、2013年12月23日に亡くなられていたんですね。ご冥福をお祈りします。  
Posted by jazzworld at 00:30Comments(0)TrackBack(0)

2014年01月13日

1/18 Bob Mintzer Sax & Band Clinic

ボブ・ミンツァー サックス&バンドクリニック
Bob Mintzer Sax & Band Clinic
2014/1/18(土)
開場 11:00 開始 11:30  
(13:30終了予定)
聴講料金   一般 ¥2,000   学生・ISHIMORIメンバーズ ¥1,500
コットンクラブにイエロージャケッツで来日中ですね。  
Posted by jazzworld at 00:30Comments(0)TrackBack(0)

2014年01月07日

1/6-7 Blue Note Tokyo All Star Jazz Orchestra directed by Eric Miyashiro with special guest Arturo Sandoval

SkyDance Dear Diz: Everyday I Think of You マグネティック Speaking of Now
Blue Note Tokyo All Star Jazz Orchestra directed by Eric Miyashiro
with special guest Arturo Sandoval
ブルーノート東京オールスター・ジャズ・オーケストラ 
directed by エリック・ミヤシロ 
with special guest アルトゥーロ・サンドヴァル

2014年1月6日(月)7日(火) 21:30 ブルーノート東京

レポートはこれからですが、まずセットリストをあげておきます。

Eric Miyashiro(cond, tp, flgh, piccolo tp)
Arturo Sandoval (tp, p, perc)
本田雅人(as,ss)、小池修(ts)、吉田治(sax)、本間将人(sax、1/6のみ)、近藤和彦(as, ss, 1/7のみ)、山本拓夫(bs、1/6のみ)、宮本大路(bs, 1/7のみ)
奥村晶(tp)、佐久間勲(tp)、
西村浩二(tp)、菅坡雅彦(tp, 1/6のみ)、岡崎好朗(tp 1/7のみ)
中川英二郎(tb)、片岡雄三(tb)、五十嵐誠(tb)、山城純子(bass tb)
林正樹(p)、納浩一(b)、岩瀬立飛(ds、1/6のみ)、大坂昌彦(ds、1/7のみ)

1. Trains (Mike Mainieri / Arr by Eric Miyashiro) Magnetic
2. The Gathering Sky (Pat Metheny / Arr by Eric Miyashiro) Speaking of Now
3. Get Well Soon (Eliane Elias / Arr by Bob Brookmeyer)
4. Domingo (Jaco Pastrius)
5. Funky Cha Cha (Arturo Sandoval)
6. Be-bop (Dizzy Gillespie)
7. And Then She Stopped
8. All the Things You Are (Jerome Kern)
9. Body and Soul (Johnny Green)
10. Things to Come (Dizzy Gillespie?)

11. Mambo Caliente (Arturo Sandoval)

Arturo Sandovalさんは、Dear Diz: Everyday I Think of Youに収められた曲を中心に演奏。8はピアノでトリオで演奏。9は林さんのピアノでカルテットでした。
ブルーノート東京ホームページのライブレポートで写真を見ることができます。  
Posted by jazzworld at 23:50Comments(0)TrackBack(0)

2013年11月06日

Steps Ahead / Wishing Well

Steps Ahead / Wishing Well
Mike Mainieri (vib), Mike Stern (g) Bill Evans (sax), Richard Bona (b) Steve Smith (ds)
  
Posted by jazzworld at 20:38Comments(0)TrackBack(0)

2013年09月15日

9/16 真夏の夜のジャズ 渡辺貞夫、山下洋輔、塩谷晢

7/27日比谷野音での豪雨と落雷のステージです!
9月16日1900〜1954 TOKYO FM  
Posted by jazzworld at 09:15Comments(0)TrackBack(0)

2013年09月05日

9/6 Norma Winston Group at Seoul Arts Center

ECM Think of your ears as eyes / ECM Festival
Sep 6, 2013 20:00 Seoul Arts Center, IBK Hall
Norma Winstone: Vocal
Glauco Venier: piano
Klaus Gesing: sax, bass clarinet

Members are the same with "Distance" (ECM2028)

There will be a live performance at Shanghai.
Sep 13, 2013 Mercedez Benz Arena, The Mixing Room, Shanghai

http://www.normawinstone.com/  
Posted by jazzworld at 02:37Comments(0)TrackBack(0)ECM 

2013年09月03日

9/3 BOB JAMES & DAVID SANBORN 
featuring STEVE GADD & JAMES GENUS

BOB JAMES & DAVID SANBORN 
featuring STEVE GADD & JAMES GENUS

ボブ・ジェームス&デビッド・サンボーン
ブルーノート東京
2013年9月3日 21:30
Bob James(p), David Sanborn(as), Steve Gadd(ds), James Genus(b)

Montezuma
Geste Humain
You Better not Go to Collage
Deep in theWeeds
Maputo
Follow Me
Coming Home  
Posted by jazzworld at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

2013年08月27日

8/27 Mike Stern Group at Blue Note Tokyo

マイク・スターン・バンド feat 小曽根真、デイブ・ウェックル、トム・ケネディ
2013年8月27日 ブルーノート東京
Mike Stern (g, vo) Makoto Ozone (p, Hammond)
Dave Weckl (ds) Tom Kennedy (b, elb)

1st
Out of the Blues
Avenue B
Wishing Well
Chatter
Big Neighborhood

2nd
Coup de Ville
KT
That’s All It Is
Wing and a Prayer
Tiptinas
Blues for Al
  
Posted by jazzworld at 23:50Comments(0)TrackBack(0)

2013年08月20日

7/27 日比谷野音90周年「真夏の夜のジャズ」渡辺貞夫、山下洋輔

日比谷野外音楽堂90周年記念「真夏の夜のジャズ」
渡辺貞夫、山下洋輔
2013年7月27日 17:30

山下洋輔スペシャル・クインテット:
山下洋輔(p)、坂井紅介(b)、本田珠也(ds)、
寺久保エレナ(as)、菊地成孔(ts)

渡辺貞夫グループ:
渡辺貞夫(as)、塩谷哲(p, key)、コモブチ キイチロウ(b)、
養父貴(g)、本田珠也(ds)、ンジャセ ニャン(perc)

山下洋輔スペシャルクインテット
First Bridge <トリオ>
Burkina <トリオ+寺久保エレナ>
おじいさんの古時計 <トリオ+菊地成孔>
Spider <全員>
Kurdish Dance <全員>

渡辺貞夫グループ2013
Afrozil
Tembea
Bagamoyo – Sangoma
I Thought of You
Warm Days Ahead
Alalake – Lopin’
Chega de Saudade
Life is All Like That

セッション
Blue ‘n’ Boogie  
Posted by jazzworld at 02:42Comments(0)TrackBack(0)