2007年02月28日

3/2 木幡光邦 923 Big Band at 赤坂B♭

923BB 20070302

No Name Horses、EM Band などのトランペット&ギターで活躍されている木幡光邦さんのビッグバンドのライブです。

今回は、スペシャルゲスト:中川英二郎(tb)さんに、岡崎正典(ts)さん、山城純子(b-tb)さん、宮本大路(bs)さんと、No Name Horses関係者が多く加わっているのが魅力です。詳細は、画像をクリックして、拡大してご覧ください。

木幡光邦&923 BIG BAND
赤坂B♭
2007年3月2日(金) 19:30 / 21:15

東京都港区赤坂6-6-4 赤坂栄ビルB1
03-5563-2563 (受付時間 9:00〜23:00) 3,000円

木幡光邦(tp, g, vo)
Special Guest: 中川英二郎(tb)
鈴木正則、佐久間 勲、菊池成浩、中村恵介(tp)
佐藤春樹、橋本佳明、佐野 聡(tb)、山城純子(b-tb)
近藤 淳、今尾敏道(as)、佐藤達哉、岡崎正典(ts)、宮本大路(bs)
近藤和明(p)、村上聖(b)、平川象士(ds)、村上広樹(ds) 高林カツミ(perc)  

Posted by jazzworld at 20:20Comments(0)TrackBack(0)ジャズ | No Name Horses

2007年02月27日

[TV] 3/3-4 究極の共鳴〜日本の音楽の遺伝子

BS朝日の番組に、小曽根真さんと高橋幸宏さんが出演します。

Nissan Fairlady Z
究極の共鳴 
2007年3月3日(土)20:00-55 BS朝日
2007年3月4日(日)11:00-55 BS朝日

第2章 日本の音楽の遺伝子
ナビゲーター:田辺誠一
出演:小曽根 真、高橋幸宏 他

以下、ホームページより引用します。

------------------------------------------
本来、欧米の文化だったジャズやポップス。

まったく異なる文化とリズムを持つ日本人は、その遺伝子を守りながら、新しい世界を切り開いている。究極の共鳴第2章では、自身もカメラのファインダーを通した表現者である俳優の田辺誠一をナビゲーターに、日本人の音楽や日本文化の可能性を探求する。

ジャズという典型的なアメリカ音楽の世界で、アメリカ人以上の感性の世界を表現するピアニスト、また、テクノという新しいジャンルのポップスで、世界に衝動と影響を与えたアーティスト。そして、音楽をこよなく愛し“MADE IN JAPAN”にこだわるカーデザイナーをゲストに迎え、彼らの世界観に迫る。
------------------------------------------

まったくの、余談ですが、「究極の共鳴」ときいて、大学の「波動」の授業で見せられた「タコマ橋の共振による崩落(1940年)」の映像を思い出してしまいました。共鳴のしすぎには注意しましょう(意味不明)。  
Posted by jazzworld at 18:56Comments(0)TrackBack(0)小曽根真 | ジャズ

2007年02月25日

2/22- Richard Bona at Blue Note Tokyo / Osaka / Java Jazz Festival

ティキ ムニア~ザ・テイル レヴランス

リチャード・ボナさんのブルーノート東京でのライブ、明日行ってきます!

Richard Bona (b, vo) Taylor Haskins (tp) Etienne Stadwijk (keyb)
John Caban (g) Ernesto Simpson (ds) Samuel Torres (perc)

ブルーノート東京
2月22日(木)〜2月26日(月) 19:00 21:30 (2/25(日)のみ18:30/21:00)
¥8,400 03-5485-0088

大阪ブルーノート
2月28日(水) 18:30/21:30
\8,000 カジュアル(1ドリンク付)\6,000 06-6342-7722

Java Jazz Festival, Jakarta
3月2日(金)〜4日(日)

ブルーノート東京のホームページによると、22日の演奏曲目は、以下の通りだそうです。

2007年2月22日(木)演奏曲目リスト
1ST

(INTRO)
ENGINGILAYE
EKWA MWATO
KIVU
KALABANCORO
(CONGA SOLO)
O SEN SEN SEN
DJOMBWE
3 VIEWS OF A SECRET
(A CAPPELLA)

2ND
(INTRO)
ENGINGILAYE
EKWA MWATO
KIVU
(BONA SOLO)
PLEASE DON’T STOP
(A CAPPELLA)
3 VIEWS OF A SECRET
(CONGA SOLO)
O SEN SEN SEN
DJOMBWE

ほぼ同じ内容ですね。でも2セット見ます:-)。

アフリカン・テイル マイク・スターン ザ・パリ・コンサート  
Posted by jazzworld at 22:11Comments(2)TrackBack(0)ジャズ 

3/4 小曽根真「もがみ」 小松長生指揮セントラル愛知交響楽団

ALIVE!!~LIVE AT BLUE NOTE TOKYO(初回生産限定パッケージ) First Decade Who Let the Cats Out 

こんにちは。今週末、すみだトリフォニーホールで小曽根真さんのピアノ協奏曲「もがみ」が演奏されます。

東京 すみだトリフォニーホール
2007年3月4日(日)
 15:00
地方都市オーケストラ・フェスティバル2007
  セントラル愛知交響楽団

小松長生指揮 セントラル愛知交響楽団 小曽根真(p)

ドヴォルザーク「謝肉祭」序曲
小曽根真 ピアノ協奏曲「もがみ」
ワーグナー 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より第1幕への前奏曲
ギテレス 弦楽のための即興曲
リムスキー=コルサコフ スペイン奇想曲
トリフォニーホールチケットセンター 03-5608-1212  
Posted by jazzworld at 22:01Comments(10)TrackBack(0)ジャズ | 小曽根真

2/28 Junky Funk at 目黒 Blues Alley Japan

Standard Time Jack in the Box LINE DRIVE


松井秋彦さんが提唱するコンセプトCPJ=Contemporary Progressive Jazz
その中のバンドJunky Funkの3rd CD Standard Timeのレコ発ライブツアーファイナルが、2月28日、目黒Blues Alley Japanで行われます。

Junky Funk      
2007年2月28日(水) 19:30
CD"Junky Funk Standard Time" レコ発ファイナル
目黒Blues Alley Japan
03-5496-4381
JR目黒駅より徒歩2分
前売 3,500 当日 4,000
松井秋彦(Piano) 音川英二(Tenor Sax) 岡田治郎(Bass) 嶋村一徳(Drums)

世界初!5連符のシャッフル、7連符のサンバ
ジャンキー・ファンクの『さわやかで、難解で、笑える』
ヘン拍子ジャズスタンダードアルバム。


だ、そうです。

あと、CPJとして出ているCDにLINE DRIVEKaleidoscopeがあります。

つながり的に言うと、ドラムの嶋村一徳さん、すばらしいテクニックとセンスの持ち主ですが、大学のジャズ研のときに自分のバンドでドラムをやっていただいていました。  
Posted by jazzworld at 21:19Comments(0)TrackBack(0)

2〜4月 宮本大路さん ライブスケジュール

Pink Bongo CAV Dairo-Master jazz Life 2007年3月号

サックスの宮本大路さんの2月〜4月のリーダーライブをまとめました。

jazz Life 2007年3月号に、宮本大路 バリトンの底力、持ち替え楽器の威力 という記事があります。今回の号には、Michael Brecker のMy One and Only Loveのコピー譜もあったので、早速買ってきました。

以前の記事、1/19 宮本大路 Jazz Nova Showcase at 新橋 Someday の曲目リストを修正しておきました。

PINK BONGO
2007年2月28日 19:30
赤坂B♭
 03-5563-2563 ¥3,000
 宮本大路 (sax etc.) 高橋ゲタ夫 (b. vo.)  
 宮崎CAPONE 信義 (g. vo.)
 中島 徹 (p. etc.) 村上ポンタ秀一 (ds.)
 Special Guest: 佐野 聡 (tb.)

CROSS COUNTER
2007年3月16日(金) 19:30
赤坂B♭
03-5563-2563 ¥2,500
 宮本大路 (bs.) 宮野裕司 (as.) 
 佐々木悌二 (b.) 高橋 徹 (ds.)

PINK BONGO
http://www.dairo-pb.com/index.html
2007年3月31日(土) 18:30 21:30
Motion Blue YOKOHAMA
045-226-1919 入替え 各4,200円
出会いは うらら 春の宴!
〜PINK BONGO 浮かれ花まつり〜
 宮本大路 (sax etc.) 高橋ゲタ夫 (b. vo.)  
 宮崎CAPONE 信義 (g. vo.)
 守屋純子 (p. etc.) 村上ポンタ秀一 (ds.)
 Spesial Guest: 中島啓江 (vo.)  

JAZZNOVA SHOWCASE
2007年4月5日(木) 19:45
新橋 SOMEDAY
 03-3506-1777 ¥2,500
 宮本大路 (sax etc.) 宮野弘紀 (g.) 守屋純子 (p.)
 早川哲也 (b.) 藤井 摂 (ds.)
  
Posted by jazzworld at 20:46Comments(0)TrackBack(0)

[TV] 2/25 映画 スウィングガールズ

スウィングガールズ スペシャル・エディション スウィングガールズ ファースト&ラスト コンサート

映画 スウィングガールズ
2007年2月25日(日)
 21:00- フジテレビ系

おっと、直前に気づきましたけど、今日テレビ放映の予定があったんですね。  
Posted by jazzworld at 19:11Comments(1)TrackBack(0)

2007年02月24日

A列車で行こう〜ニューヨークの空港アクセス

A Train 2 ATrain2 JFK2 LGA2

A列車に乗って、ハーレムに行こう、、、。

という、ビリー・ストレイホーン作曲、デューク・エリントン・オーケストラのテーマ曲になっていたA列車で行こう−Take the "A" Train。今回は、その最近の画像をお届けしましょう、、、というわけです。

Michael Breckerのメモリアルに出席するために、ニューヨークに行ってきました。まずは着陸進入前に通り過ぎるときに撮ったニューヨーク・J.F.ケネディ国際空港ラガーディア空港の映像です。

いずれも、画像をクリックするとより大きく鮮明な映像を見ていただけます。

A列車は、ハーレムに行く反対側、マンハッタンを下っていくと、ブルックリンを抜けて、JFK方面へ向かっています。

JFKからマンハッタンに出るのに、今だとタクシーはチップ込みで60ドルを超えて、四捨五入したらもう1万円!! いつもは、Jamaicaから地下鉄E線に乗るのですが、今回は、宿の位置から言って、Long Island RailroadでPenn Stationでもよかったんだけど、今回は、やはりデューク・エリントンの名曲「Take the'A' Train〜A列車で行こう」ということで、Howard BeachからA線で、Penn Stationまで出ました。

ニューヨーク地下鉄(MTA)の地図

A列車って、よく知らないころは、蒸気機関車のイメージかと思っていました。吹奏楽用の譜面には、ご丁寧に蒸気機関車の始動音がイントロになっているものもありました。しかも、いかにもアメリカの電車かと思っていると、実は日本のメーカー製のもあったりするんですよね。

音と見かけ上のギャップとしては、ステンレスの光沢と軽快な感じが音と合わないかも。デューク・エリントンの頃はスチールですよね。茶色かな。そのうち、京浜急行みたいにドレミファ・インバーター、しかもブルーノートスケールなんて時代が来るんだろうか(いやない)。ちなみに、東京におけるA線とは、都営地下鉄浅草線ですね。

2007年7月までのMTA Metrocardに10ドルもチャージしてしまい、余らせたので、もったいないからまたニューヨークに行かなくては(^_^;。こないだのシンガポールは、カードのデポジット回収忘れた;_;。

昔は、JFKからHoward Beachまで無料シャトルバスだったんですが、Air Trainができて、なぜだか5ドルとられるようになってしまった。CO2出しまくりの自家用車、レンタカーのみなさんはどうして駐車場まで無料で乗れるんだろう。

帰りは、Port Authority Bas Terminalからバスで、ラガーディア空港に出ました。Grand Central、Penn Stationからも乗れます。いずれも乗り場がわかりにくいので、早めに行かないとあせります。片道12ドル、往復21ドル。ラガーディアも地下鉄で行けるようになるといいのですけど。

さて、載せたジャケットは、どうやらデューク・エリントンのオリジナルレコーディングらしいです。

ちなみに、映画地下鉄に乗ってというのがあって、よくできた映画でしたけど、ストーリーが若干納得がいかないところがあって、誰にでもはお勧めしないかなあ。ネタばれは避けますが、要注意とは言っておきますね。浅田次郎原作、出演は堤真一、岡本綾、大沢たかお、常盤貴子です。

映画スウィングガールズは、タイトルバックでの山形鉄道の線路の映像とともに流れる、ミッキー吉野さん作曲Take A Train Rideは大好きな曲です。スウィングガールズ ファースト&ラスト コンサートでは、ホーンが入って、ちょっとPat Metheny Group風の音になっていました。

Take the 地下鉄(メトロ)に乗って THXプレミアム・エディション スウィングガールズ スペシャル・エディション スウィングガールズ ファースト&ラスト コンサート  
Posted by jazzworld at 11:17Comments(0)TrackBack(0)ジャズ | ニューヨーク

2007年02月23日

[FM] 2/26 Good Morning Tokyo に小曽根さん〜J-Traffic/Weathe Weather Information

OZ MEETS JAZZ(2) ALIVE!!~LIVE AT BLUE NOTE TOKYO(初回生産限定パッケージ)

J-WAVEの朝の番組に小曽根真さんが出演します。

Good Morning Tokyo
2006年2月26日(月)
 07:00-09:00 J-Wave (81.3MHz)

2月26日の週は、別所哲也さんが休暇のため、日替りでパーソナリティーが出演します。そして、26日(月)は、小曽根真さんです。というわけで、ゲストではなくて、自分の番組なわけです。

そういえば、J-WaveのTraffic Information / Weather Information は、小曽根真さんですよね。CD OZ MEETS JAZZ 2に収録されています。

Carnaval pra Manha - J-WAVE Traffic Information
Walking Together - J-WAVE Weather Information


Traffic Informationの方は、ユニバーサルミュージックのホームページから試聴できます。

考えてみると、この2曲、The Trioのライブで聴いたことがないですね。って、ちょっと前には、やっていたのかな?もちろんライブで選曲するに当たって、その時点でもっと他にやりたい曲があったり、バランスがあったりすると思いますけど、よほど機会があったら聴いてみたい気がします。

小曽根真さんの楽譜はないですか〜?というのがFAQになってますけど、
キーボード・マガジン 2005年9月号(リットーミュージック)にWalking Togetherの楽譜が載っています。このWalking Togetherを採譜した方のブログを見つけました。小曽根さんが採譜を「すごい!」っておっしゃったそうです。いつも何気なく雑誌のスコアとか見てますけど、採譜してくださる方に感謝しないといけないですよね。

それから、小曽根さん以前は、Chick CoreaのTrafficという曲で、Pazz&JopsというCDの最初の頃に入っていたらしい、ご記憶の方いらっしゃいますか?  
Posted by jazzworld at 23:50Comments(1)TrackBack(0)ジャズ | 小曽根真

2007年02月22日

2/23 羽毛田耕士ビッグバンド at 新橋SOMEDAY

新橋SOMEDAYの26周年記念BIG BAND FESTIVALの5日目にトランペットの羽毛田耕士さんのビッグバンドが登場します。

羽毛田耕士 BIG BAND
新橋サムディ
2007年2月23日(金)
 19:45 & 21:30

羽毛田耕士 tp 仲 兼一郎 tp、松木理三郎 tp、上石 統 tp、田中 充 tp
三塚知貴 tb 池田雅明 tb、椋野謙介 tb、朝里勝久 btb、
斉藤 力 as.ss、菅野 浩 as 今尾敏道ts.fl、音川英二 ts、鈴木 圭 bs
伯 英 p、芹澤薫樹 b、諸藤一平 ds

演奏曲目リスト−−終演後追加しました

1. On The Ginza
2. More Than This
3. Come Together
4. 朝靄
5. Samba du Bois
6. Seven Steps to Heaven

7. Inner Urge
8. There's Always Another Train
(But There's Not Another You)
9. Over the Rainbow
10. Not Ethiopia
11.A Night in Tunisia
12.Shade of Jade

13.電話の時間

SOMEDAYホームページから引用
MONDO GROSSOのリミックスアルバム、キングレコードのジャズ新鮮組等にソリスト参加、又コンテンポラリージャズビッグバンドにかなりのアレンジを提供している。本ビッグバンドは、ジャズを基本としつつ、個性的かつ現代的なサウンドをめざして2001年9月に結成された。リーダーのオリジナル曲、またはオリジナルアレンジのみを演奏する。ビバップのスタイルを発展させたコンテンポラリーな感覚の、これからの進むべきジャズの一スタイルを構築することを目指している新進気鋭のビッグバンドである。

music charge¥3100[¥3255]+orders(drink+foods)+Tax(5%)

東京都港区西新橋1-20-9第5須賀ビルB1 03-3506-1777
最寄駅 地下鉄内幸町 JR新橋駅

羽毛田さんは、米沢出身で、このあいだの東北学生音楽祭のときに、大学のジャズ研の後輩にあたることがわかりました。東北学生音楽祭では、記念バンドで、羽毛田さん編曲で、羽毛田さんも参加して演奏し、また終了後の懇親会では、すみっこで山形大学工学部ジャズ研のみなさんと羽毛田さんと楽しくセッションをしました。

意外なところでは、セッションを始めようとして、ピアノを開けたときに、突然、羽毛田さんがChick Corea のBud Powellを弾き出して、私がテーマを吹き出して、とても気持ちよかったのですが、なかなかクロマチックなリフなので、ちゃんと吹けず残念でした。これって、Three Quartetsには入ってないんですよね。  
Posted by jazzworld at 22:50Comments(0)TrackBack(0)羽毛田耕士 | ビッグバンド

2007年02月21日

2/20 Micheal Brecker Remembered at Town Hall, NY

MemorialTicket マイケル・ブレッカー

白血病のため、2007年1月13日、ニューヨークで57歳で亡くなった、マイケル・ブレッカーさんのメモリアルに行ってきました。Town Hallのキャパシティは約1,500人ですが、ほぼ満席で、たくさんのミュージシャン、友人、ファンが集まりました・

MICHAEL BRECKER
Remembered
March 29, 1949 - January 13, 2007

February 20, 2007 6:00 p.m.
Town Hall, New York City


Darryl Pitt

Randy Brecker

"Midnight Voyage"
Randy Brecker(tp) Joey Calderazzo(p)
James Genus(b) Jeff 'Tain' Watts(ds)

Sam Brecker

David Liebman
Wood flute solo performance

Pat Metheny
Guitar solo performance including "Every Day (I Thank You)"

Chan's Song
Herbie Hancock(p) John Patitucci(b) Jack DeJohnette(ds)

A Video Tribute

Susan Brecker

"Still Crazy after All These Years"
Paul Simon(vo) Herbie Hancock(Fender Rhodes Piano)

Sam and Friends
南無妙法蓮華経(NAM MYOHO RENGE KYO)
Devotion to the Mystic Law of Cause
and Effect Through Sound

Closing word: Jessica and Sam Brecker

Tune from new and last album


ビデオで構成された、過去の演奏と声、家族との映像には、感じるものがありました。

なお、亡くなる半年ほど前にSGIに入ったそうです。宗教的な話はさておいても、Herbie Hancockの木魚にしたがって、Town Hallに美しく響きわたる「南無妙法蓮華経」は、心を打つものがあります。

死の間際まで録音された新しいアルバムからの1曲も、すばらしい演奏でした。

Michael Breckerさんとその音楽に心から感謝するとともに、
Susanさん、Jessicaさん、Samさんの健康と幸せをお祈りしたいと思います。

Program Program1
  
Posted by jazzworld at 19:46Comments(7)TrackBack(0)ジャズ | マイケル・ブレッカー

2007年02月19日

川村結花ライブ 3/9名古屋 3/17横浜 with 上田現

a half note Lush Life

2月18日(日)のTOKYO FM CASIO Privia presents ピアノ♪ ピアノ♪ ピアノ♪、横浜での公開生放送ライブを聴いて、またまた川村結花さんが聴きたくなりました。。というところで、名古屋と横浜でライブがあります。

川村結花
名古屋ブルーノート
2007年3月9日(金)
 18:30 21:15
\6,500(税込) 2月10日(土)〜
052-961-6311

川村結花 上田現
Motion Blue YOKOHAMA
2007年3月17日(土)
18:30 21:30
\4,725(税込) 2月17日(土)〜
045-226-1919

結構、SOLD OUTしちゃうので、お早めに。

公式ホームページのプロファイルによると、好きなアーティストは、
パット・メセニー、リッキー・リー・ジョーンズ、ケニー・カーグランド、ウェイン・ショーター、ベンフォールズ・ファイブなどなど、、だそうです。
  
Posted by jazzworld at 00:08Comments(0)TrackBack(0)

2007年02月18日

新年快楽 富貴吉祥!

Star Ferry


あけましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いします。
今日は、春節、旧暦のお正月です。

先々週くらい、香港、シンガポール、クアラルンプールに行きましたけど、すっかりお正月モードでした。  
Posted by jazzworld at 02:34Comments(5)TrackBack(0)

[FM] 2/18 ピアノ♪ ピアノ♪ ピアノ♪〜星村麻衣、ナチュラルハイ、川村結花

a half note Lush Life 桜日和 始まりのヒト/バーテンダー KEY

今日は、春節/旧正月です。春節で賑わう横浜で、ピアノをテーマにした公開生放送があります。

TOKYO FM サンデースペシャル
CASIO Privia presents ピアノ♪ ピアノ♪ ピアノ♪
〜Privia Blooming LIVE in クイーンズスクエア横浜[アット!]〜

クイーンズスクエア横浜 [アット!] クイーンズサークル
2月18日(日)19:00-19:55 TYOKYO FM
ゲスト:星村麻衣ナチュラルハイ川村結花
※観覧無料

川村結花さんは、バックグラウンドがジャズピアノだったりしますけど、すばらしい曲をたくさん書いて、すばらしい歌を聴かせてくれている他、「夜空ノムコウ」(Lush Lifeに収録)をはじめ、多数のミュージシャンに曲を提供しています。

ここからは聴いた後です。。。。

というわけで、しまった、19時から聴くのを忘れましたが、川村結花さんには間に合いました。あああ、川村さんのこの2曲だけでも横浜に行けばよかった、、、と感動&後悔しました。演奏曲目リストです。

ナチュラルハイ
始まりのヒト
The shining earth

星村麻衣
桜日和
夜月

川村結花
夜空ノムコウ
home  
Posted by jazzworld at 01:47Comments(1)TrackBack(0)

2007年02月16日

2/15 塩谷哲 ピアノソロ チャリティ コンサート

塩谷哲チャリティコンサート


こんにちは。

塩谷哲さんの臓器移植を支援するチャリティーコンサートに行ってきました。選曲、演奏ともすばらしかったです。臓器移植についてのトークも、塩谷さんの誠実な人柄、考え方が伝わったし、楽しかったです。難を言うと、沈黙と向き合うような曲が多いのですが、空調の異常振動が起こっていたことですね。キース・ジャレットなら弾けなくなっていたと思いますが、塩谷さんはがんばって弾いていました:-)。

録音されたばかりのトリオのCDから、新曲2曲も演奏されました。4月中旬発売予定で、ブルーノートツアーも予定されています。

今、あまり詳細を書く余裕がないのですが、例によって演奏曲目リストをお届けします。

塩谷哲 ピアノソロ チャリティ コンサート
2007年2月15日(木) 19:00
丸ビルホール
(東京・丸の内 丸ビル7階)
http://www.jotnw.or.jp/community/img/Green%20Ribbon%20Campaign-b.jpg

1. The Dew of Life
2. Mr Tapman
3. Yesterday (Lennon-McCartney)
4. Passage
5. Ladies in Mercedes (Steve Swallow)

6. 新曲1 for トリオCD
7. Life with You
8. Keep Smiling
9. Side by Side We Go
10.新曲2 for トリオCD (仮題:嘆きのペ)

11.4-0-10-5

塩谷さんの新しくなったホームページと、ブログ「先に言っとく、まめに更新しないぞでもたまには来てね日記」もぜひご覧ください。

グイードの手(Hands of GUIDO) Wheelin’ Ahead!  
Posted by jazzworld at 06:35Comments(0)TrackBack(0)

2007年02月15日

小曽根真トリオDVD Alive! Live at Blue Note Tokyo

ALIVE!!~LIVE AT BLUE NOTE TOKYO(初回生産限定パッケージ)

小曽根真さんのTHE TRIO、2006年9月14日のブルーノート東京でのライブDVD、いよいよ2007年2月14日に発売になりました。
ALIVE!!~LIVE AT BLUE NOTE TOKYO

初回生産限定パッケージでは、76分間のDVDと、それを補う形で60分間のCDがついて、当日のすべての演奏が聴けますので、DVDのみの通常盤に移行する前に初回生産限定パッケージで買った方がよいと思います。

DVDを見て、CDはこれから聴くところです。

9月14日収録当日通しで見ましたので、演奏のすばらしさは十分知っているのですが、録音とカメラワークも完成度の高い作品になっています。実は曲順を変えてありますけど、映像作品として、大きな流れを作ることに成功していますので、正解だったと思います。お勧めいたします。

収録曲目は以下の通りです。

ALIVE!!~LIVE AT BLUE NOTE TOKYO

小曽根真(p)、James Genus(b, elb), Clarence Penn(ds, perc)
ブルーノート東京 2006年9月14日収録

DVD (収録時間約76分)
1. Three Wishes
2. Brazilian Sketch
3. Home
4. Central booking
5. Lullaby for Rabbit
6. The Beginning
7. Asian Dream
8. No Siesta
9. My Foolish Heart

CD (収録時間約60分)
1. Stinger
2. Three The Hard way
3. The Outback
4. Pandora
5. Bienvenidos al Mundo
6. Dance on the Beach

First Decade REAL リボーン SO MANY COLORS クリスタル・ラブ   
Posted by jazzworld at 06:50Comments(5)TrackBack(0)

2007年02月12日

[TV] 2/13 ハービー・ハンコック・トリオ at スイス 1984

World of Rhythm: Live in Lugano (Ac3 Dol Dts)

WOWOWで、ハービー・ハンコックの1984年スイスでのライブが放送されます。おそらく、DVDWorld of Rhythm: Live in Luganoと同じものと思われます。

JAZZ FILE
ハービー・ハンコック・トリオ

2007年2月13日(火) 24:00- WOWOW

ハービ−・ハンコック(p) ロン・カーター(b) ビリー・コブハム(ds)

アイ・オブ・ザ・ハリケーン
ファースト・トリップ
ウィロウ・ウィープ・フォー・ミー
ドルフィン・ダンス
イリズ・トレジャー
プリンセス
ウォーキング

1984年 スイス

Possibilities  
Posted by jazzworld at 17:56Comments(0)TrackBack(0)ジャズ 

2007年02月10日

2/12 ビッグバンドフェスティバル2007〜エリック宮城EM Band&小沼ようすけ

TIMES SQUARE~Live at STB 139~ 3,2&1

日本のビッグバンドの歴史を作ってきた名門バンドのライブがまとめて聴けて、それから、エリック宮城さんのEMバンドに小沼ようすけさんの共演です。

ビッグバンドフェスティバル2007
2007年2月12日(月/振替休日)
日比谷公会堂
開場 14:15 開演 15:00〜18:50
入場料(全席指定)S席¥5,000 A席¥4,500 
(学生席¥3,000当協会のみの販売)
※当日券は全て500円UP
主催 日本音楽家協会

エリック宮城 EM Band with 小沼ようすけ
森寿男とブルーコーツ since 1946
見砂和照と東京キューバンボーイズ since 1949
原 信夫とシャープス&フラッツ since 1951  
Posted by jazzworld at 11:41Comments(0)TrackBack(0)

[TV] 2/13 輝く女 上野樹里〜イギリスの旅

上野樹里PHOTO BOOK 「A PIACERE」 SWING GIRLS オリジナル・サウンドトラック スウィングガールズ スペシャル・エディション

女優の上野樹里さん。なぜか、映画スウィングガールズ、ドラマ のだめカンタービレと、音楽もののたびにブレークしています。上野樹里さんは「のだめカンタービレ」の忙しい撮影が終わって、念願のイギリスへ旅行に出ます。

輝く女 上野樹里
2007年2月13日(火) 20:00-21:50 NHK-BShi

ある本に描かれたイギリスの風景に出会う。死んだ少年がこの世に戻ってくるファンタジー小説「青空のむこう」。吹きわたる風、なだらかな丘…そのむこうに一体なにがあるのか。何を思い旅するのか?その、念願の旅に密着する。
(NHKホームページより引用)

余談ですが、のだめの千秋真一役の玉木宏さんは、シンガポール観光局のキャラクターに使われていました。

スウィングガールズ ファースト&ラスト コンサート SWING GIRLS LIVE!! 「のだめオーケストラ」LIVE! のだめカンタービレ ベスト100 (通常盤)  
Posted by jazzworld at 10:58Comments(0)TrackBack(0)

2007年02月09日

[FM] 2/10 マイケル・ブレッカー特集 by 渡辺香津美/池上比沙之

Better Days レプリカ・コレクション-6 TO CHI KA(紙ジャケット仕様) Smokin' in the Pit MOBO

>渡辺香津美さんは、Michael Breckerと最も親交のあった日本人ミュージシャンだと思いますので、NHKで出演しているジャズ番組で、特集などあるかもしれません。

ありました。。。

ジャズ・トゥナイト
マイケル・ブレッカー追悼特集
2007年2月10日(土)
 23:00-25:00 NHK-FM
渡辺香津美/池上比沙之

やはりというか、渡辺香津美さんの選曲は、やはり自分の知っているマイケル・ブレッカーと近いところにありますね。  
Posted by jazzworld at 22:41Comments(3)TrackBack(0)

3/11 牛山玲名さん 渋谷1丁目カルテット at 渋谷Cafe ano

牛山玲名さんのCafe anoでの次回ライブを見つけました。

渋谷1丁目カルテット
Live@Cafe ano
3月11日(日) 
16:00- 17:00-
牛山玲名(vn)他

アブサーディティー piano  
Posted by jazzworld at 22:27Comments(6)TrackBack(0)

2/11 東北学生音楽祭 山形県川西町フレンドリープラザ

SWING GIRLS オリジナル・サウンドトラック スウィングガールズ スペシャル・エディション

こんにちは。
映画スウィングガールズの架空のイベントが町のみなさんの熱意で実現してしまった「第20回 東北学生音楽祭」。今年もあります。3回目です!?

第20回 東北学生音楽祭 2007
2007年2月11日(日) コンサートは13:30-
川西町フレンドリープラザ
チケット 一般1,000円 学生500円 限定600席/全席自由

午後の部 13:30-
山形大学工学部ジャズ研究会
地元の中学/高校の吹奏楽部いくつか
スノーモンスタージャズオーケストラ
フレンドリープラザ付属スウィングガールズ
東北学生音楽祭記念バンド 他

最寄駅は、JR米坂線羽前小松駅です。  
Posted by jazzworld at 06:35Comments(4)TrackBack(0)ジャズ 

2007年02月06日

2/20 Michael Breckerさんの告別式

マイケル・ブレッカー
白血病のため、2007年1月13日、ニューヨークで57歳で亡くなった、マイケル・ブレッカーさんのMemorialが決まりました。

Michael Brecker Memorial
Feb 20, 2007 (Tue)
Town Hall / 123 West 43rd St

18:00-19:30
Public Invited. Seating on a first-come basis.
Doors open at 17:15  
Posted by jazzworld at 07:16Comments(0)TrackBack(0)マイケル・ブレッカー | ジャズ

2007年02月04日

5/5-20 宮崎国際音楽祭 2007〜シャルル・デュトワ/小曽根真

ヴァーチュオーシ ファリャ:三角帽子 ボレロ~ラヴェル:管弦楽曲集

宮崎国際音楽祭 2007
2007年5月5〜20日
テーマ:「スペイン」

指揮/芸術監督:シャルル・デュトワ
総合プロデューサー:徳永二男

プログラムはこちらから。ジャズサイドからの関心としては、昨年に続いての小曽根真さんの出演です。

「演奏会2」
2007年5月12日(土) 15:45プレトーク 16:00開演
宮崎県立芸術劇場アイザックスターンホール

ベートーヴェン ピアノ三重奏曲第4番 変ロ長調 op.11「街の歌」
 ピアノ:小曽根 真 ヴァイオリン:徳永 二男 チェロ:古川 展生

モーツァルト フルート四重奏曲第1番 ニ長調 K.285
 フルート:高木 綾子 ヴァイオリン:漆原 朝子
 ヴィオラ:川崎 和憲 チェロ:古川 展生

モーツァルト ピアノ四重奏曲第1番 ト短調 K.478
 ピアノ:小曽根 真 ヴァイオリン:漆原 朝子
 ヴィオラ:川崎 雅夫 チェロ:上村 昇

今年の小曽根さんは、ベートーヴェンとモーツァルトの室内楽です。
徳永さんや漆原さんたちとの、オーケストラ以上に密度の濃いやりとり楽しみです。

それから、音楽監督のシャルル・デュトワ指揮のファリャ&ラベル、ぜひぜひ見たいのですが、日曜の夕方なのが難点です。

「演奏会5」
2007年5月20日(日) 16:00開演
会場:芸術劇場アイザックスターンホール

ファリャ バレエ音楽「恋は魔術師」
 メゾ・ソプラノ:未定
ファリャ 交響的印象「スペインの庭の夜」
 ピアノ:ジャン=フランソワ・エッセール
ラヴェル スペイン狂詩曲
ラヴェル 亡き王女のためのパヴァーヌ
ラヴェル ボレロ
指揮:シャルル・デュトワ 宮崎国際音楽祭管弦楽団

デュトワのモントリオール交響楽団でのファリャ:三角帽子&恋は魔術師ボレロ~ラヴェル:管弦楽曲集のジャケットを載せておきました。  
Posted by jazzworld at 08:28Comments(1)TrackBack(0)小曽根真 | クラシック

2007年02月03日

5/11-6/4 塩谷哲トリオ ブルーノートツアー

グイードの手(Hands of GUIDO) Wheelin’ Ahead!

こんにちは。

塩谷哲さんのブログ「先に言っとく、まめに更新しないぞでもたまには来てね日記」によると、トリオでのレコーディングを終えられたようですが、そのトリオでのツアーがあります。

塩谷哲トリオ ブルーノートツアー

塩谷哲(p) 井上陽介(b) 山木秀夫(ds)

大阪ブルーノート
2007年5月11日(金)12日(土)

名古屋ブルーノート
2007年5月24日(木)

ブルーノート東京
2007年6月2日(土)〜4日(月)

2月15日の東京・丸ビルでのソロコンサートもまだ売っているようですね。  
Posted by jazzworld at 14:11Comments(3)TrackBack(0)

2007年02月01日

[TV] 2/4 世界遺産〜プラハ歴史地区

こんにちは。ちと旅行ネタの番組紹介。

TBS世界遺産
プラハ歴史地区
2007年2月4日(日)
23:30-24:00

ヨーロッパの国々の首都はほとんどまわりましたけど、最も重厚な趣きで、歴史の重さをずっしりと感じさせてくれるのが、プラハの街でした。

このあいだ、牛山玲名さんのライブで、渋谷のCafe anoというチェコ料理もやってるカフェに行きましたが、チェコ風ハンバーグ、美味しかったです。

実写版ドラマ「のだめカンタービレ」のヨーロッパ回想シーンは、プラハで撮影されてましたね。
  
Posted by jazzworld at 05:12Comments(1)TrackBack(0)