2008年04月29日

Richard Bona Live / Bona Make You Sweat

ボナ・メイクス・ユー・スウェット

アフリカ・カメルーン出身のベーシスト、ヴォーカリスト、マルチプレイヤーのRocahrd Bonaの新譜です。ブダペストでのライブで、最近のライブの内容がそのまま収められていますので、楽しく聴くことができます。おすすめします。

Richard Bona Live / Bona Make You Sweat
1. Engingilaye/Te Dikalo
2. Kivu / Suninga
3. Kalabancoro
4. Samaouma
5. O Sen Sen Sen
6. Indiscretions / Please Don't Stop
7. Djombwe / I Wish / Trains
8. Te Dikalo  

Posted by jazzworld at 23:14Comments(1)TrackBack(0)

2008年04月24日

[TV] 4/27, 5/2 音遊人〜国府弘子

国府弘子の今日からあなたもジャズピアニスト (NHK趣味悠々) スプリング・セレクション No Name Horses

国府弘子さんが音遊人に登場します。

音遊人(みゅーじん)
ジャズピアニスト 国府弘子
2008年4月27日(日)
 22:54-23:24 テレビ東京系
2008年5月2日(金) 22:00〜22:30 BS Japan

2008年4月4日、六本木 STB139での
国府弘子プロデュース企画
Woman's Selection vol.2

国府弘子スペシャルトリオ/ 国府弘子(pf)、八尋洋一(b)、岩瀬立飛(ds)
露崎春女"Lyrico”/露崎春女(vo)、鳥山雄司(g)、大坪稔明(key)

にカメラが入っていました。

YAMAHA CMの小曽根真さん〜エリック・ミヤシロさん〜中川英二郎さんもお見逃しなく!




  
Posted by jazzworld at 00:11Comments(1)TrackBack(0)

2008年04月23日

[TV] 4/27 イタリア・アッシジ

こんにちは!突然ですが旅行ネタ。昨年行ってよかったのでご紹介します。

世界ふれあい街歩き
イタリア・アッシジ

2008年4月27日(日)
 23:35-


昨年、アッシジへ行ってきました。こぢんまりした静かな素敵な街でした。食事もおいしかったです。アメリカの地名「サンフランシスコ」の由来、カトリックの聖人 サン・フランチェスコの生誕活躍の地です。貧しい人のためにつくしたマザー・テレサ的な方です。  
Posted by jazzworld at 23:43Comments(0)TrackBack(0)

2008年04月22日

[TV] 4/29 ロバータ・フラック (ネタばれ)

ロバータ・フラック
Live at Billboard Live Tokyo

2008年4月29日(火・祝) 
深夜24:00〜 WOWOW

放送予定曲(WOWOWホームページより引用)
Oasis
Will You Still Love Me Tomorrow
Sweet Georgia Brown
Say No
When I'm With You
Where Is The Love
Killing Me Softly With His Song
Reverend Love
You Are My Baby It Might Be You
Feel Like Makin' Love
Jesse
Soft & Gentle Rain
First Time Ever I Saw Your Face
Love Me In a Special Way
Eternally
Suzanne
  
Posted by jazzworld at 23:03Comments(0)TrackBack(0)

2008年04月21日

エリック・ミヤシロ PLEIADES-Tribute to Maynard Ferguson-

PLEIADES-Tribute to Maynard Ferguson- TIMES SQUARE~Live at STB 139~

エリック・ミヤシロさんの新しいCDPLEIADES-Tribute to Maynard Ferguson-が、2008年5月21日に発売になります。ぜひ特設ホームページをご覧になってください。

PLEIADES-Tribute to Maynard Ferguson-
Village Records VRCL3048

Pleiades
River Whale
Frame For The Blues
Oh Que Sera
Dance To Your Heart
Ole
Close The Deal
Maria
Tommy Medley
Gonna Fly Now (Theme From "Rocky")

CD発売記念ライブがあります。

2008年5月25日(日) 16:00
Eric Miyashiro and EM Band Live
有楽町朝日ホール

全席指定 6,000円(税込)

山野楽器ウインドクルーでイベントがあります。
エリック・ミヤシロ
トランペット メーカー徹底比較クリニック

日時: 5月11日(日) 13:00〜14:30 <要予約>
定員: 30名 予約: 03-3366-1106
  
Posted by jazzworld at 23:13Comments(0)TrackBack(0)エリック宮城 

2008年04月20日

キース・ジャレット ヨーロピアン・カルテット5

Belonging My Song Personal Mountains サンシャイン・ソング

塩谷哲さんの白寿ホールピアノソロで、Keith Jarrett / My Song から Questar の演奏を聴いたのに触発されて、このカルテット、正式名称ではないですが、「ヨーロピアン・カルテット」のCDを引っ張り出してみました。

1974年と1977年に録音された、透明感と繊細さを感じるスタジオ録音盤と、1977年に2種3枚分のライブ録音盤があります。

Keith Jarrett: piano, percussion
Jan Garbarek: tenor and soprano saxophones
Palle Danielsson: bass
Jon Christensen: drums

Belonging (ECM1050)
Spiral Dance
Blossom
'Long As You Know You're Living Yours
Belonging
The Windup
Solstice
1974年4月 オスロ録音  ジャケット写真: 内藤忠行

My Song (ECM1115)
Questar
My Song
Tabarka
Country
Mandala
The Journey Home
1977年11月 オスロで録音

Personal Mountains (ECM1382)
Personal Mountains
Prism
Oasis
Innocence
Late Night Willie
1979年4月 日本でライブ録音

Nude Ants / サンシャイン・ソング (ECM1171)
Chant Of The Soil
Innocence
Processional
Oasis
New Dance
Sunshine Song
1979年5月 ニューヨーク ヴィレッジ・ヴァンガードでライブ録音

いずれもすばらしいですが、ライブ盤で見られる、コミュニケーションしながら静かに燃えていく演奏も好きですね。その中でも、Nude Ants の Sunshine Songは大好きな一曲です。自分のバンドで演奏したのは、Sunshine Song と Innocence です。Questarはバンドではやらずじまいだったと思います。この間、中高生の頃、採譜したQuestar の楽譜が出てきて懐かしかったです。

1979年4月の日本公演は凄かったらしいです。あまりに凄くてECMのオーナー兼プロデューサーのマンフレット・アイヒャーが急遽ライブレコーディングの準備をしたのですが、録音できなかった回が特に凄かったらしいです。その落差のせいもあって、日本におけるライブ盤 Personal Mountains が世に出るのはかなり遅くなりました。ヨーロピアンカルテットの実質の活動期間はとても短く、そのライブに接することができた方々が羨ましいです。

でも、こんなすばらしい音楽を創ってくれたキース・ジャレットをはじめ4人のミュージシャンに感謝したいです。

ECMの真実 Photo with Blue Sky, White Cloud, Wires, Windows and a Red Roof  
Posted by jazzworld at 00:33Comments(0)TrackBack(0)

2008年04月18日

4/17 塩谷哲ピアノソロ at 白寿ホール Vol. 45

b5d3b973.jpgMy Song Tales of Another マーサの幸せレシピ

白寿ホールでのピアノソロシリーズ4回目に行ってきました。いやー、よかったです。
このシリーズの中で最もよかった回のひとつだと思います。サイン会のときに他の方との会話で、塩谷さんも「今日はとても楽しかった」とおっしゃっていました。

塩谷 哲
白寿ホール ピアノソロ Vol.4
2008年4月18日(金) 19:00


1. Earth Beat 「SALT 掘
2. Vigrette (Gary Peacock)「Tales of Another
3. Side by Side (We Go) 「SALT 掘
〜 Waltz for Debby (Bill Evans)
4. Mr. Tap-man 「Hands of Guido」
5. 佐藤竹善さんに捧ぐ即興演奏
6. All the Things You Are (Jerome Kern)
7. Questar (Keith Jarrett) 「My Song
8. Deep Affection 「Eartheory」
9. Spanish Waltz 「Duet」「Eartheory」
10.あこがれのリオデジャネイロ 「88+∞」
11.A Little Lullaby 「SALT 掘

とてもすばらしいピアノの演奏でしたし、ピアノと、そしてホールの音響空間との一体感も凄かったです。一音一音とてもしっかりと確信を持った感じで、美しいメロディーとハーモニーが紡ぎだされていました。

Keith JarrettのMy Song(ECM1115)からQuestarが演奏されました。私のいちばん好きなアルバムのいちばん好きな曲なのですが、もはやKeith Jarrettのオリジナルを超えてしまうほんとうに美しい演奏でした。
塩谷さんが、東京藝術大学作曲科に在籍されている頃、曲もなかなか書けないし、音楽の世界で生きていけるのか悩んでいた時に、五十嵐一生(tp)さんの家でMy Songを聴いて、励まされ前に進むことができたそうです。
そういえば、私がMy Songを聴いたのは中学生のときで(NHK-FMでアルバムまとめて放送)、ジャズがなんだかまったく知らないうちに、初めて聴いたジャズアルバムのひとつで、そのまま一生物の出会いになってしまいました。そういえば、塩谷さんとは比べるべくもなくつまらない話ですが、音楽で初めてのプチ挫折〜〜吹奏楽部であまり望まない楽器に替えられて、当時は大ショック〜〜したときに、背中を押してくれて、今の音楽人生につないでくれたのがMy Songであり、Questarでした。楽器替えがなければ、Questarを聴かなくて、塩谷さんの音楽に出会わなかったかも、と、思うと不思議です。
Keith Jarrett / My Song(ECM1115)
Keith Jarrett (p, perc) Jan Garbarek (ts, ss) Palle Danielsson (b) Jon Christensen (ds) (1977年11月 オスロで録音)
ちなみに映画マーサの幸せレシピ(2001年 ドイツ)でこのアルバムからCountryがテーマに使われています。

あと、SALTさんが、「Gary Peacockのアルバム、タイトルなんだっけーーーー」とおっしゃっていたのは、
Gary Peacock / Tales of Another
Gary Peacock (b) Keith Jarrett (p) Jack DeJohnette (ds) 1977年2月録音
Another Tales of A Star の名前にも関連がありそうです。
今ではすっかりおなじみ Keith Jarrett Standards Trio の最初の顔合わせですね。あと、All the Things You Are もStandardsとしての最初の録音で収録されています。

あと2回、、、。ここにきて、今まで以上にすばらしくなってきたみたいです。やっぱり5回目、6回目、行くしかなさそうですね。  
Posted by jazzworld at 00:41Comments(0)TrackBack(0)塩谷哲 | キース・ジャレット

[TV] 5/24 Ever Green Music

Ever Green Music
昨日〜今日〜明日」
2008年5月24日(土) 20:00 WOWOW

出演者/ 根本要、大貫妙子、佐藤竹善、塩谷哲、中孝介、土岐麻子、熊木杏里

  
Posted by jazzworld at 00:05Comments(0)TrackBack(0)塩谷哲 | J-pops

2008年04月17日

7/3-7 Egberto Gismonti 来日公演 & 2007年セットリスト(ネタばれ)5

In Montreal Magico Folk Songs

ブラジルのギタリスト&ピアニスト、マルチプレイヤーEgberto Gismonti が、昨年に続いて今年も来日します。ソロ公演のほか、東京フィルハーモニー交響楽団との共演で、<東京の夏>音楽祭のオープニングを飾ります。

Egberto Gismonti Concert

<東京の夏>音楽祭
Egberto Gismonti Orchestra Concert
(指揮:沼尻竜典 共演:東京フィルハーモニー交響楽団)
2008年7月3日(木)19:00 紀尾井ホール

S:¥8,000 A:¥7,000

Egberto Gismonti Solo Concert
2008年7月7日(月)19:00 浜離宮朝日ホール

全席指定:¥6,800
東京公演発売開始:5月8日(木) 10:00
予約・問合せ:アリオンチケットセンター ( 03-5301-0950 ) ※Mon - Fri from 10:00 to 18:00

Egberto Gismonti Solo Concert
2008年7月4日(金)19:00 大阪 ザ・フェニックス・ホール

全席指定:?5,000 (一般) ?1,500(学生:限定数)
問合せ : ザ・フェニックスホールチケットセンター (06-6363-7999)
大阪公演発売開始(一般):4月22日


ついでに、昨年ソロコンサートのセットリストを公式サイトから転載します。ほんとうにすばらしいコンサートでした。インタビューもぜひご覧ください。

2007年8月20日(月)
東京 第一生命ホール


1st Set (Guitar)
Lundu #2
Danca Dos Escravos
Selva amazonica
Ciranda Nordestina
Aquarela+Danca Das Cabecas
Salvador

2nd Set (Piano)
7 Aneis
Frevo / Karate
Infancia
Agua & Vinho
Fala da Paix?o
Realejo
Forro / Forrobod?

Encore
Palhaco


2007年8月21日(火)
草月ホール


1st Set (Guitar)
Danca Das Cabecas
Ciranda Nordestina
Dan?a Dos Escravos
Lundu
Bianca
Salvador

2nd Set (Piano)
7 Aneis
Frevo / Karate
Infancia
?gua e Vinho
Realejo
Palhaco
Forro / Forrobodo

Encore
Fala da paixao

  
Posted by jazzworld at 00:01Comments(0)TrackBack(0)ブラジル | ECM

2008年04月15日

[TV] 4/18 大阪フィルハーモニー交響楽団&小曽根真

大阪フィルハーモニー交響楽団定期演奏会
2008年4月18日(金) 10:00-11:54 NHK-BS2
              
「道化師の朝の歌」               ラヴェル作曲
「ラプソディー・イン・ブルー」      ガーシュウィン作曲
「SHE」                 アズナブール作曲
「幻想交響曲 作品14」          ベルリオーズ作曲
                              
大阪フィルハーモニー交響楽団
指揮 大植英次  ピアノ 小曽根真
大阪 ザ・シンフォニーホールで録画〜     
Posted by jazzworld at 00:24Comments(0)TrackBack(0)小曽根真 

2008年04月14日

YAMAHAのCM〜No Name Horses、エリック・ミヤシロ、中川英二郎

No Name Horses PLEIADES-Tribute to Maynard Ferguson- E

こんにちは!

この間、テレビ番組 音遊人〜みゅーじん (テレビ東京系 日曜22:54-23:24、BSジャパン 金曜22:00-22:30)
を見ていたら、YAMAHAのCMに、No Name Horses が、そして、エリック・ミヤシロさんが、中川英二郎さんが、、、、。

構成の詳細は、ネタばれ防止(^_^;のためやめておきますが、3人のミュージシャンにフォーカスしています。

・ピアノ CFSを使っている小曽根さん
・トランペットYTR-8340EMを開発しているエリック・ミヤシロさん
・トロンボーンYSL-895ENを開発している中川英二郎さん

なお、YAMAHAのホームページに、エリック・ミヤシロさんが、オリジナルモデルを語る動画があります。EM Bandの新CD Plaiades、5月21日発売だそうです。楽しみですね。

また、中川英二郎さんが子供向きにトロンボーンのことをお話しする動画もあります。ぷっぷる君と一緒です。

ちなみに、4月18日のBSジャパンでの放送は、たぶん再放送でクラシックピアニスト清塚信也かと思いますが、おもしろかったです。また、4月27日はジャズピアニストの国府弘子さんです。



みなさま、次回の「音遊人」ぜひご覧になってみて下さい。内容は見てのお楽しみ!
たぶん、このときの収録は番組本体でも取り上げられる予定だと思いますけど、、、。 ちなみに、国府弘子さんも収録済みのようです。





ヤマハのCMといえば、何を隠そう、、、「ドレミファソーラファ ミ レ ド」結構好きです。

  
Posted by jazzworld at 23:12Comments(0)TrackBack(0)エリック宮城 | 小曽根真

2008年04月06日

[TV] 4/9 モーツァルト 音楽の市民革命

そのとき歴史が動いた
音楽の市民革命
〜神童モーツァルトの苦悩〜
2008年4月9日(水)
22:00-22:43 NHK総合
小宮 正安さん(横浜国立大学准教授)

18世紀後半まで王、貴族、教会などに独占されていた音楽を、市民革命の時代の中で、モーツァルトがオペラ「魔笛」の制作によって、市民のための音楽へと取り戻したというストーリーです。

ちなみに、裏番組が、国府弘子さんのジャズピアニスト講座です。

モーツァルト 歌劇《魔笛》全曲

  
Posted by jazzworld at 11:54Comments(0)TrackBack(0)クラシック 

2008年04月05日

[TV] 国府弘子 今日からあなたもジャズピアニスト

NHK教育の「趣味悠々」で、国府弘子さんが、ジャズピアノ入門の番組を始めました。

国府弘子の
今日からあなたもジャズピアニスト
放 送 毎週水曜日 22:00-25
再放送 翌週水曜日 12:30-55
NHK教育

第1回 スイングってゴキゲン!
〜ジャズのリズムにのってみよう〜 放送4月 2日(水) 再放送4月 9日(水)
第2回 ジャズってつまり、自分流
〜メロディーを自由に奏でよう!〜 放送4月 9日(水) 再放送4月16日(水)
第3回 今日の気分をブギウギで
〜アドリブ演奏入門〜 放送4月16日(水) 再放送4月23日(水)
第4回 合言葉は「ブルーノート」
〜ブルースをカッコよく〜 放送4月23日(水) 再放送4月30日(水)
第5回 自分で見つける、イケてる響き
〜リハーモナイズに挑戦!〜 放送4月30日(水) 再送送5月 7日(水)
第6回 スタンダードを両手で弾こう
〜名曲で学ぶ、左手のコツ〜 放送5月 7日(水) 再放送5月14日(水)
第7回 「枯葉」でアドリブに挑戦!
〜いろいろなアイデアを知ろう〜 放送5月14日(水) 再放送5月21日(水)
第8回 「テキーラ」でホットに!
〜ラテンジャズを弾いてみよう〜 放送5月21日(水) 再放送5月28日(水)
第9回 ジャズピアニストは料理人!
〜「サマータイム」を味付けしよう〜 放送5月28日(水) 再放送6月 4日(水)


テキスト国府弘子の今日からあなたもジャズピアニスト (NHK趣味悠々)も発売中です。

  
Posted by jazzworld at 00:10Comments(5)TrackBack(0)ジャズ 

2008年04月03日

4/3-6 Charles Lloyd at Blue Note Tokyo

こんにちは。
チャールス・ロイドの来日公演です。

CHARLES LLOYD
with JASON MORAN and ERIC HARLAND

2008年4月3日(木)〜6日(日) 7:00p.m. & 9:30p.m.
※4/6sun.のみShowtimes:6:30p.m.&9:00p.m.
Charles Lloyd(ts, as, fl)
Jason Moran(p)
Eric Harland(ds)
¥8,400

ブルーノート東京  
Posted by jazzworld at 00:15Comments(0)TrackBack(0)

2008年04月02日

[FM] 4/6, 11 寺井尚子カルテット

小さな花~アマポーラ ジェラシー

セッション2008で、寺井尚子カルテットのライブが放送されます。

セッション2008
寺井尚子

2008年4月6日(日) 22:00-50 NHK-FM
2008年4月11日(金) 10:00-50 NHK-FM
寺井尚子(vn) 北島直樹(p) 店網邦雄(b) 中澤剛(ds)

C Jam Blues
Jealousy
My Favorite Things
The Man Who Invented Jazz
Amapola
Sometimes Ago - La Fiesta (Chick Corea)
地球
Be Bop (Dizzy Gilespie)

小さな花~アマポーラの曲を中心に演奏されます。こちらから試聴もできます。  
Posted by jazzworld at 00:09Comments(0)TrackBack(0)

2008年04月01日

ジャズピアニスト、ジョン・ケーィジに挑戦!

このたび東京国債フォーラムで開催されたラフォ・ルジュ・ルネオジャ・ポンッ!で、ジャズ・ピアニスト ハービソネ・コリャレット氏がアメリカの作曲家、ジョン・ケーィジの名曲「4'33"」を弾くプログラムが開催された。

華麗なるカデンツァが披露され、その演奏は30分に及んだ。演奏を聴いていたジョン・ケーィジ氏は「このような新しい解釈は人類にとって大きな一歩だが、せめて時間ぐらい守れよ、おいっ!!」とコメントしている。腹話術師の一風堂氏は「私ならピアノに指を触れずに聴かせるのだが」と次回参加の意欲とネタばれをみせていた。この模様は、近日中にNNH-FMで放送される予定。  
Posted by jazzworld at 00:42Comments(0)TrackBack(0)

「最後の来日」に公取が排除勧告

前回「最後の来日公演」と称してたくさんの観客を集めたテナーサックスのソニー・リロンズ。今回、「今度こそ最後の来日公演」がまもなく開催される。

これに対し、公征取引委員会は不当競争および景品防止法に抵触するものとして警告を行った。今回が「最後の来日」である根拠を明確に示せというもので、主催者は健康診断結果などからその根拠を提出したが、たまたま公取の担当者がソニーファンで、「あんたそんなに偉大なミュージシャンを○したいんかい!?」と怒りをあらわにし、主催者は、「いえ、だんな、ここだけの話なんですけどね、来年は『帰ってきた最後の来日公演』、再来年は『今年も恒例、最後の来日公演』を企画しているんですよっ」と極秘契約書を見せながら弁明し、、、たところで、詐欺の現行犯で逮捕されたことは言うまでもない。。。それでは、奇跡の来日公演をお楽しみに!!

(○ィクションですが、「最後の来日公演」みたいな例は多数あります)
人の命はもてあそばないように!  
Posted by jazzworld at 00:34Comments(0)TrackBack(0)