2008年08月31日

NHKテレビドラマ「瞳」〜中川英二郎

NHK連続テレビ小説「瞳」オリジナル・サウンドトラック E 鑪(TATARA) 瞳 上 (1) (NHK連続テレビ小説)

NHKの連続テレビドラマ「瞳」、いよいよ終盤。といいながらずっと見ているわけでもないのですが。東京都中央区の月島〜佃が舞台になっています。オープニングでその月島の空撮とともに流れるのが、中川英二郎さんのトロンボーン。とても印象的な曲です。いつかライブでも聴いてみたいです。CDは、NHK連続テレビ小説「瞳」オリジナル・サウンドトラックとして発売されていますし、さすが、楽譜が多数出ています。

また、中川英二郎さんの最新のリーダーアルバムEがすばらしいです。  

Posted by jazzworld at 23:38Comments(0)TrackBack(0)J-pops 

2008年08月30日

[TV] 9/2 Duke Ellington Orchestra

Jazz File
Duke Ellington Live in '58

2008年9月2日(火) 深夜24:00
1958年 オランダで収録
予定曲目 Sophisticated Lady、My Funny Valentine、Things Ain’t What They Used To Be 他

未確認ですが、ライヴ・イン’58として発売されているDVDと同じ音源と思われます。
  
Posted by jazzworld at 23:56Comments(0)TrackBack(0)ビッグバンド 

2008年08月29日

ザガットサーベイ ハワイ投票間もなく締切り!

ザガットサーベイ東京のレストラン 2008 (2008) ザガットサーベイ大阪・神戸・京都のレストラン 2008/09 (2008)

ザガットサーベイ東京のレストラン 2008 (2008)でもおなじみの、Zagat Surveyですけど、ハワイ関連の投票中で、締切りが現地時間9月1日。。。ハワイに詳しい方はぜひ投票してみてください。1冊送られてきます。
  
Posted by jazzworld at 23:15Comments(0)TrackBack(0)

2008年08月28日

8/29- Tokyo Jaz Circuit ネオ屋台村スーパーライブ

今週末は、東京国際フォーラムで、Tokyo Jazz 2008

メインのコンサートもよいのですが、会社帰りや、ご家族連れの方にお勧めなのが関連イベント Tokyo Jazz Circuit。国際フォーラム屋台村や、アップルストア、丸ビル1階などで、たくさん無料コンサートがあります。本コンサートにいけない方もふらっと行ってみてください。

ネオ屋台村スーパーライブ
東京国際フォーラム地上広場


〜SUPER PIANO〜
8月29日(金)

18:00〜 松永貴志 feat. 奥村政佳(RAG FAIR) 
19:00〜 ロメイン・コリン・トリオ 
〜WORLD JAZZ PREMIERE〜
20:15〜 セク・ケイタSKQ

〜FRENCH JAZZ QUARTER〜8月30日(土)
11:30〜 ドンキー・モンキー
13:10〜 ベルモンド・クインテット 
14:20〜 フレドリカ・スタール 
15:35〜 エリック・レニーニ・トリオ 
16:50〜 ニコラ・フォルメル & 川嶋哲郎〜Paris-Tokyo Jazz Stage〜
18:10〜 ローラン・コック・ブローイング・トリオ 

〜WORLD JAZZ〜8月31日(日)
11:45〜 アリスター・スペンス・トリオ
13:15〜 シーズン 
16:45〜 セク・ケイタSKQ 
17:45〜 FUYU 真っ昼間の宇宙 
19:00〜 オマール・ゲンデファル 


  
Posted by jazzworld at 23:18Comments(0)TrackBack(0)

2008年08月26日

Tokyo Jazz Circuit 2008

2008年8月29日(金)〜31日(日)に東京国際フォーラムで、Tokyo Jazz 2008が開催されますが、それに向けて、

Tokyo Jazz Circuit 2008
ということで、東京の東京駅〜有楽町〜銀座界隈を中心に関連イベントがたくさん行われています。ほとんどが無料でのライブになります。たとえば、こんなのとか。

8月25日には、丸ビルで、上原ひろみ
8月29日には、東京国際フォーラム屋台村で、松永貴志

その中でフランスのミュージシャンのジャズがたくさん聴けるフレンチ・ジャズ・クウォーター 2008というのがあって、「フランスのジャズ」と言ってしまうのがちょっと陳腐に思われるかもしれませんが、やっぱり「フランスの」音はいいなあ、、と、いくつか聴いて思いました。

スケジュールは、こちらから解読して下さい。  
Posted by jazzworld at 23:10Comments(0)TrackBack(0)

2008年08月24日

[生放送] 8/25 お誕生日おめでとう レナード・バーンスタイン〜ラプソディ・イン・ブルー5

バーンスタイン:交響曲第2番「不安の時代」/序曲「キャンディード」 エッセンシャル・レナード・バーンスタイン~作曲家編 ウエスト・サイド物語 (ベストヒット・セレクション) ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー

8月25日は、指揮者・作曲者レナード・バーンスタイン生誕90周年、ウェイン・ショーターの75歳の誕生日、「チキンラーメンの日」=阪急百貨店うめだ店での試食販売から50年です。大植さんと小曽根さんは、NDR放送交響楽団と、ドイツ・ハノーファーで「Viva Lennie!〜レナード・バーンスタイン誕生日ガラコンサート」ですね。

ドイツ語はよくわかりませんが、これって、Liveübertragung=生放送のようですね。放送予定をずっと探していたのですが、直前に判明して、お知らせが遅れてすみません。小曽根さんの「ラプソディ・イン・ブルー」も放送予定です。

Internationale Musikfestspiele | 24.08.2008 20:00 Uhr
"Viva Lennie - Live!"
Schleswig-Holstein Musik Festival 2008


NDR Kultur
2008年8月24日(日) ドイツ時間 20:00-22:30
2008年8月25日(月) 日本時間 03:00-05:30
こちらからライブストリーミングが聴けます

Leonard Bernstein:
Ouvertüre zum Musical "Candide"
'What a Movie', Lied der Dinah aus der Oper "rouble in Tahiti"
'Morning, good morning' aus "A Quiet Place"
'Take care of this house' aus dem Musical "1600 Pennsylvania Avenue"

George Gershwin:
Rhapsody in Blue
Makoto Ozone:
Bienvenidos al Mundo

Leonard Bernstein:
Sinfonische Tänze aus dem Musical "West Side Story"
Concert Suite Nr. 1 "West Side Story"

Measha Brueggergosman, Sopran
Lena Tetruashvili, Sopran
Luciano Botelho, Tenor
Makato Ozone, Klavier
NDR Radiophilharmonie
Leitung: Eiji Oue
Moderation: Barbara Schöneberger

ぜひ再放送もあるといいですね。  
Posted by jazzworld at 23:40Comments(0)TrackBack(0)小曽根真 

2008年08月21日

8/20 塩谷哲トリオ ブルーノート東京

いっそソルトルベ Salt200808

塩谷哲さんトリオのブルーノート東京。2008年8月17日(日)〜20日(水)の4日間公演ですが、最終日の1部2部に行きました。写真は、スペシャルカクテル「いっそソルトルベ」。桃のソルベと塩に、シードルベースのリキュールを注いで、ゆっくり溶かしながら飲みます。後にピアノが写っているのわかります?いつになくスペシャルカクテルの注文が殺到して、初日は完売、最終日は、グラスが足りないらしく、いろいろな種類のグラスが出ていました。

とりいそぎ演奏曲目リストです。

2008年8月17日(日)〜20日(水)
ブルーノート東京
塩谷哲トリオ
塩谷哲(p)、井上陽介(b) 山木秀雄(ds)

2008年8月20日 19:00
Do You Still Care?
Flying Shoes
いっそセレナーデ (井上陽水) 歌詞
Ladies in Mercedes (Steve Swallow)
Heat of Mind

Mingle Jingle


2008年8月20日 21:30
Deep Affection
Flying Shoes
いっそセレナーデ (井上陽水) 歌詞
Mingle Jingle
Spanish Waltz

あこがれのリオデジャネイロ
Overjoyed (Stevie Wonder)

第1部の出だしでは、「盛り上がり過ぎない大人のライブを目指す!」とかいいながら、「最終日だ!」ということで、1曲目から、トリオ自身が楽しさ&盛り上がりまくり状態だったのですが、いっそセレナーデあたりからまた繊細&シリアスな方向へ。ここで、突然、お客さんが立ち上がり、、、は前日の話ですが、、、。その後は、リラックスしながら、実はすごいインタープレイを聴かせてくれました。

第2部は、Deep Affectionから始まったこともあって、最終セットにもかかわらず、1部よりも、のりよりも、美しい響きと繊細なやりとりで聴かせる傾向が強かったです。でも、やっぱりもう演奏が楽しくてしょうがない3人、ちょっとしたフレーズやリズムの応酬、そこからどんどん音楽が発展していきました。

1部と2部の雰囲気がかなり違っていて、こんなステージにしたい、、というより、、演奏をはじめてみないとどっちに行くかわからない、音楽の行きたい方向にに連れて行ってもらう、、それがすごくいい方向に行って、、そんな気持ちも込めてOverjoyed=大喜び!!がアンコールだったのかも。

そうそう、カクテル「いっそソルトルベ」の魅力ですが、ソルベ×ソルト×リキュールが溶け合うときの加減と時間変化で、絶妙に味わいが変わって行って、でもその一瞬一瞬がどれもおいしい、、、トリオを体現したカクテルでした。

まいどカヴァー曲解説のようになっている今日この頃ですが、、。あ、後追いで調べているだけで別に詳しくはありません。

井上陽水さんのいっそセレナーデは、1984年10月リリースの9.5カラットに収められています。Stevie WonderのOverjoyed は、1979年に初録音ですが、1985年録音のStevie Wonder / In Square Circleからのシングルで大ヒットしました。今度、塩谷哲さんと共演される中川英二郎さんも中川英二郎/Eで演奏されています。いつか、塩谷さん&中川さんでも聴いてみたいですね。毎度おなじみ、Steve SwallowのLadies in Mercedesは、1984年11月録音のGary Burton / Real Life Hitsから。23歳の小曽根真さんの溢れ出るピアノのフレーズがすごいです。最近だとLara Iacovini/Everybody’s Songの歌で聴くLadies in Mercedesがお勧めです。

カヴァー曲3曲がすべて、1984〜85年録音のもの、藝大作曲科の頃かな、に集中しているのも、ちょっとおもしろいですね。

CD発売ライブとかだと、できるだけ新曲をたくさんになって、それはそれで大好きなんですが、今回のようなタイミングだと、意外なカヴァーとかいうのも楽しいですね。

といいつつ、塩谷さんの新曲、塩谷さんトリオの新CDを楽しみにしたいと思います。

9.5カラット イン・スクエア・サークル E Real Life Hits   
Posted by jazzworld at 23:42Comments(2)TrackBack(0)塩谷哲 

2008年08月19日

8/24 小野リサ2007 アントニオ・カルロス・ジョビンに捧ぐ

The music of Antonio Carlos Jobim Lisa Ono 2007 SUNSET BOSSA-Tribute to Antonio Carlos Jobim-

小野リサ コンサート2007
アントニオ・カルロス・ジョビンに捧ぐ

2008年 8月24日(日) 16:00〜17:30 NHK-BS2

出演:小野リサ, パウロ・ジョビン, ダニエル・ジョビン, ミウシャ, クリス・シルバースタイン, 石川智, 井上信平, 前田善彦
曲目:「ワン・ノート・サンバ」、「ソ・ダンソ・サンバ」、「彼女はカリオカ」、「ハウ・インセンシティヴ」、「コヘンテーザ」、「ルック・トゥ・ザ・スカイ」、「ブリガス・ヌンカ・マイス」、「白い道」、「ルイーザ」、「ボニータ・ヂマイス」、「ソーホーのサンバ」

トム・ジョビン生誕80周年記念で、CDThe music of Antonio Carlos Jobim "IPANEMA"が出ていて、ホームページから聴けますがいいですね。あと、映像の方はDVDとして発売されています。Lisa Ono 2007 SUNSET BOSSA-Tribute to Antonio Carlos Jobim-。  
Posted by jazzworld at 23:31Comments(0)TrackBack(0)ブラジル 

「大人の科学」アナログシンセサイザーSX-150 & KORG DS-10

大人の科学マガジン別冊 シンセサイザー・クロニクル (Gakken Mook 別冊大人の科学マガジン) 大人の科学マガジン Vol.17 ( テルミン ) (Gakken Mook) KORG DS-10(Amazon.co.jp限定販売) サクっと遊べる KORG DS-10 KORG DS-10公式ガイド

子供のころ、学研の「科学」の「ふろく」を毎月楽しみにしていて、最近、気になってはいるけど、まだ買ったことがない、大人の科学マガジンというのがあるのですが。ふろく、「アナログシンセサイザーキット」という号が出ていました。その前には「テルミン」キットも。

大人の科学マガジン別冊
シンセサイザー・クロニクル

ふろく アナログ・シンセサイザー SX-150


あっという間に売り切れてしまいました。現在、9月重版予定で予約受付中のようです。ふろくと本誌の詳細はこちら。アナログシンセサイザーに憧れて、思い入れのある人が、世の中にこんなにいるんですね。

ふろくシンセのできるまで
大の大人がこんなので盛り上がっているのも謎ですが。
本誌でも、富田勲さんや坂本龍一さんが熱く語ってしまうという。。

キーボードと呼べる代物でもないのですが、ミュージシャンもライブやレコーディングに持ち出したり、コンテストもあるとか、、、コントロールは難しいけど、自分で作って、いじれるアナログシンセサイザーが大好きな人がたくさんいるんですね。

あと、おもしろいところでは、同じ層にかなり売れているらしいのが、任天堂DSで動く、往年の名アナログシンセサイザーKORG MS-10のシュミレーターソフト KORG DS-10
プロモーションビデオがなかなか笑えます。サクっと遊べる KORG DS-10 KORG DS-10公式ガイドなんて本まで出ています。

むかーしのウェザーリポートとか、初期のパット・メセニー・グループとか、「オーバーハイム」の音とか聴いていると、実はアナログシンセサイザーって、暖かい音で、変な言い方ですが「すごくアコースティクな音」「人間臭い音」がする気がします。

このほかにも、大人の科学では、テルミン手回し鳥オルガンと、楽器系ふろくは人気のようです。

ヘヴィー・ウェザー Pat Metheny Group 惑星  
Posted by jazzworld at 05:30Comments(0)TrackBack(0)

2008年08月18日

8/20 923 Big Band Live at 赤坂B♭

木幡光邦さんのビッグバンドライブです。

923BB/木幡光邦&923 BIG BAND
赤坂B♭
2008年8月20日(水) 19:30 21:15 

KUNIZO (leader, tp,g,vo)/tp: 鈴木正則、佐久間 勲、菊池成浩、中村恵介
/ tb: 佐藤春樹、鍵和田道男、橋本佳明、山城純子 (btb) /sax: 近藤 淳、
今尾敏道、佐藤達哉、竹野昌邦、丹羽康雄 / 近藤和明 (p)、柳原 旭 (b)、
村上広樹 (ds)、高林カツミ (perc)  Special Guest : チャカ (vo)
  
Posted by jazzworld at 21:35Comments(0)TrackBack(0)

2008年08月17日

8/17-20 塩谷哲トリオ ブルーノート東京



いよいよ今週、塩谷哲さんトリオのブルーノート東京です。

2008年8月17日(日)〜20日(水) 19:00 21:30 (日曜は違います)
ブルーノート東京
塩谷哲トリオ
塩谷哲(p)、井上陽介(b) 山木秀雄(ds)  
Posted by jazzworld at 00:45Comments(1)TrackBack(0)塩谷哲 

2008年08月16日

[TV] 8/17, 24 空から見た世界遺産



こんにちは。旅行ネタですが。。

個人的に、飛行機から街や自然を見るのが好きです。TBS世界遺産、今週来週は、スペシャルということで、「空から見た世界遺産」です。

TBS 世界遺産
http://www.tbs.co.jp/heritage/

8月17日(日) 18:00-30 TBS
五大陸スペシャルI 〜空から見る自然の記憶〜

8月24日(日) 18:00-30 TBS
五大陸スペシャルII 〜空から見る文化の記憶〜

世界遺産も早い時間に移動してだいぶ経ちましたが、
ふしぎと深夜のほうがみていたかな。。。

  
Posted by jazzworld at 23:31Comments(0)TrackBack(0)

2008年08月13日

Lara Iacovini / Everybody’s Song5



イタリアの女性ヴォーカル Lara Iacovini のCDです。甘く艶のある声なのにとてもクールな音で、グルーヴする絶妙なバランスがすばらしいです。日頃そんなにヴォーカルのCDを聴き込むほうではない私がしっかりはまってしまった、最近ではいちおしのアルバムです。ぜひぜひぜひお勧めします。
こちらから試聴できます

Lara Iacovini/Everybody’s Song
Lara Iacovini (voice)
Attilio Zanchi (double bass)
Massimo Colombo (piano)
Mauro Beggio (drums)
Special guest: Roberto Cipelli (piano) on track #12

1. Everybody's Song But Not My Own (K. Wheeler/N. Winston)
2. It's De-Lovely (C. Porter)
3. You Must Believe In Spring (M. Legrand/A.-M. Bergman)
4. Ladies In Mercedes (S. Swallow/N. Winston)
5. Kind Folk (K. Wheeler/N. Winston)
6. The Best Is Yet To Come (C. Coleman/C. Leigh)
7. Negli Occhi (R. Cipelli/L. Iacovini)
8. Joy Spring (C. Brown/J. Kaye)
9. Solitariamente Insieme (M. Colombo/L. Iacovini)
10. Easy To Love (C. Porter)
11. I'll Never Fall In Love Again (B. Bacharach/H. David)
12. Negli Occhi (R. Cipelli/L. Iacovini)

HMV渋谷にあったのですが、タイトルになっているのが、Kenny WheelerEverybody's Song But Not My Own と私の大好きな曲でまずそこでひっかかりました。店内にはこのCDがかかっていて、正確に言うと、ずうううっとかかっていて、試聴コーナーにもあって、どうも渋谷店の担当者さんもすっかりはまったらしく、安定入手ができないと踏んで、山のように買い込んだようです。お気持ちよくわかりました。。。

Gary Burton、小曽根さん、塩谷さんファンにはおなじみの、Steve Swallowの名曲Ladies in Mercedesも収められていますが、いいですよ。

Everybody's Song but My OwnもLadies in MercedsもNorma Winstonの作詞で、John Taylorと録音したNorma Winstone/Like Song Like Weatherに収められています。さらに元をたどると、Everybody's Song but My Ownのオリジナルテイクは、Kenny Wheeler/Flutter By Butterflyです。

このほか、コール・ポーターの曲や、Joy Springなども、とてもすばらしいです。

ぜひぜひぜひ聴いて下さい(^_^/。  
Posted by jazzworld at 23:12Comments(0)TrackBack(0)Lara Iacovini | ECM

2008年08月12日

[TV] 8/16 エンプラ 小曽根真&パキート・デリヴェラ 

フォーリング・イン・ラヴ・アゲイン Funk Tango Virtuosi Live at Montreux 2002

エンプラ
2008年8月16日(土)
 深夜26:10-40 TBS系
【LIVE】モーツァルト・ミーツ・ジャズ 
小曽根真パキート・デリヴェラ
9月26日(金) 東京オペラシティ コンサートホール
>小曽根さんにコンサートへの意気込みを語っていただきました!

8月23日(土)にもあるようですね。。。
  
Posted by jazzworld at 23:25Comments(0)TrackBack(0)小曽根真 | クラシック

2008年08月11日

8/26 羽毛田耕士ビッグバンド at 新宿SOMEDAY

羽毛田さんのビッグバンドライブです。

羽毛田耕士ビッグバンド
新宿SOMEDAY
2008年8月26日(火)
 19:45 charge:¥3,800

羽毛田 耕士(tp,comp,arr,cond)
萱生 昌樹(as,ss), 菅野 浩(as), 今尾 敏道(ts,fl), 八巻 綾一(ts), 鈴木 圭(bs)
仲 兼一郎(tp), 松木 理三郎(tp), 上石 統(tp), 田中 充(tp)
池田 雅明(tb), 川原 聖仁(tb), 椋野 謙介(tb), 朝里 勝久(b.tb)
伯英(p), 芹澤 シゲキ(b), 諸藤 一平(d)

ちなみに、東京ブラススタイルの、ブラスタ・ジブリ崖の上のポニョ人生のメリーゴーランドは羽毛田さんのアレンジだそうです。さんぽ風の丘は、元メンバーの野口茜さん。ジャズ研出身者が思わずそろっていました。

ブラスタ・ジブリ
  
Posted by jazzworld at 00:49Comments(0)TrackBack(0)羽毛田耕士 | ビッグバンド

2008年08月10日

8/17 井上道義 みちよし先生の夏休み

指揮者・井上道義さんの主催する夏の音楽会です。

みちよし先生の夏休み 新日本フィル交響学園
2008年8月17日(日) すみだトリフォニーホール
一般:5,000円 墨田区在住在勤在学:3,000円
シルバー(65歳以上):3,000円 学生(18歳以下):1,000円
新日本フィル ・チケットボックス TEL:03-5610-3815  
Posted by jazzworld at 23:33Comments(0)TrackBack(0)

2008年08月09日

[TV] 8/15 ラ・フォル・ジュルネ 2008

芸術劇場
ラ・フォル・ジュルネ『熱狂の日』の魅力

2008年8月15日(金) 22:30-24:45 NHK教育

放送曲目はこちらをご覧下さい。
  
Posted by jazzworld at 23:40Comments(0)TrackBack(0)クラシック 

2008年08月07日

[TV] 8/15, 22 山中千尋、江口 玲、原田知世

94628871.jpg アビス

山中千尋さんのラヴェルとサティーの演奏をNHKで見ることができます。8月7日は、ローマでボサノバ50周年記念のBrazillusionに出演していますね。

BS クラシック倶楽部
2008年8月15日(金) 06:00〜06:55 NHK-BShi 
2008年8月22日(金) 13:00〜13:55 NHK-BShi
2008年9月23日(火) 10:55〜11:50 NHK-BS2

1. プーランク 音楽物語「ぞうのババール」
2. ラヴェル 組曲「マ・メール・ロア」
3. サティー「風変わりな美女」 から
 グランド・リトルネルロ
 ワルツ「目の中の神秘的なキス」
 カンカン「社交界のおえら方」

朗読: 原田 知世 (1, 2曲目)
ピアノ: 江口 玲 (1, 2, 3曲目)
ピアノ: 山中 千尋 (2, 3曲目)
  
Posted by jazzworld at 00:28Comments(0)TrackBack(0)山中千尋 | クラシック

2008年08月06日

[TV] 8/30 Club J-MELO 小曽根真&塩谷哲

デュエット塩谷哲&小曽根真【デュエット】 Lei Aloha

5月に公開録画された「Club J-MELO」の国内放送予定が決まりました。

Club J-MELO Vol.3
小曽根 真 & 塩谷 哲
2008年8月30日(土) 深夜26:50-03:19 NHK総合


ホームページには、予告動画がありまして、演奏のほんの一部を見ることができます。ホームページには、演奏曲目リストもあるのですが、実はスタジオでの進行上、曲目自体がサプライズになっていましたので、曲目リストからは目をそらして見ないのがお勧め!?です。お楽しみに!  
Posted by jazzworld at 23:45Comments(0)TrackBack(0)小曽根真 | 塩谷哲

2008年08月04日

[TV] 8/14, 21 塩谷哲 Saltish Night in Osaka

6月28日に大阪・フェスティバルホールで行われた、塩谷哲さんの Saltish Night in Osakaが朝日放送で放映されます。

朝日放送
ミューパラ特区


中之島音楽特区 
Saltish Night in Osaka


2008年8月14日(木) 深夜26:16
bird、矢井田瞳、orange pekoe、福原美穂

2008年8月21日(木) 深夜26:16
Skoop On Somebody、塩谷哲、上妻宏光
  
Posted by jazzworld at 23:07Comments(0)TrackBack(0)塩谷哲 

2008年08月03日

ひみつのアッコちゃん〜すきすきソング

すきすきソングス ひみつのアッコちゃん 第一期(1969)コンパクトBOX1 ひみつのアッコちゃん 第一期(1969)コンパクトBOX2 ブラスタ天国

漫画家の赤塚不二夫さんが2008年8月3日に亡くなりました。山下洋輔さんやタモリさんとの親交をはじめ、日本ジャズ界にも大きな影響がありました。とても残念です。
ギャグの創造力には、ジャズ的な感性もあったのではないかと思います。

さて、赤塚不二夫さんといえば、気になっていたのが、「ひみつのアッコちゃん」のエンディングテーマ。今回、タイトルと歌詞をはじめてちゃんと知りました。

すきすきソング
歌:水森亜土
作詞:山元譲久・井上ひさし
作曲:小林亜星
歌詞はこちら

水森亜土さんのアルバムでは、すきすきソングスで聴くことができます。

ジャズファンにはすごく馴染みがあるコード進行ですよね。たぶん生まれて初めて聴いた「ブルース」コード進行でした。作曲は小林亜星さん。妙にグルーヴする曲で、バックでハモンド?オルガンも大活躍。今聴いてもちょっとクールな一曲です。

歌詞もなんだか聴き取れそうで聴き取れなかったのですが、こんな歌詞だったんですね。歌詞もちゃんとは聴き取れていなかったのですが、こんな歌詞だったんですね。作詞はなんと!井上ひさしさんでした。井上さん&山元さんは「ひょっこりひょうたん島」もそうです。

1969〜70年の子供に聴かせるにはかなりナンセンス感のある歌詞ですが、実は山形民謡「庄内おばこ」そのものののようです。山形出身の井上ひさしさんがこれを意識して作ったそうです。

やはりというか、東京ブラススタイルは取り上げていて、ブラスタ天国に入ってますね。偶然、デパートの屋上で演奏しているのを見ました。。しかしこの曲を、原曲を超えてかっこよく演奏するのは、難しそう。。

ちなみに、今聴くと妙にかっこいいアニメの曲。こちらは藤子不二夫さんですが「おばけのQ太郎」。歌詞がこんなの。ビッグバンドでやってもよさそう。作曲は山本直純さんでした。

いろいろな才能やバックグラウンドが出会い、集まって、ちょっとした作品が生まれ、文化になっていくんだなあと、あらためて実感しつつ、赤塚不二夫さんのご冥福をお祈りしたいと思います。  
Posted by jazzworld at 23:58Comments(0)TrackBack(0)

2008年08月01日

Camp Rock

Camp Rock

Camp Rock
2008年8月1日 より放送開始 ディズニーチャンネル

日本公開より先に見てしまったのですが、かなりべたなストーリーのアメリカ高校生音楽ドラマですけど、「音楽が生まれる瞬間」みたいなのは個人的に弱いです。はい。  
Posted by jazzworld at 00:03Comments(2)TrackBack(0)