2009年01月29日

[Radio/TV] La Folle Journee de Nantes



現在、フランスのナントで、元祖ラ・フォル・ジュルネ開催中です。

全体のプログラム(PDF 86ページもありますので、必要な方だけどうぞ)

小曽根さんも出演です。

2009年1月30日 14:00 ザール・ライプチヒ
小曽根真 バッハの主題による変奏曲と即興演奏

小曽根さんのコンサート会場で配布される解説(PDF)

さて、ラ・フォル・ジュルネは、インターネットで放送されていないんだろうか。。と探してみたら、Radio Franceのホームページで聴くことができました。生放送ではなく、一日遅れで編集して流しているようです。時差は8時間。番組表の時間に8時間を足すと日本時間です。ナントの会場の空気とつながっていると思うとちょっと嬉しい気がしました。

Radio France - Radio Musique
の左サイドバーの、「ecouter le direct」から聴けます。

なんとっ、テレビでも見れるます。カメラのボタンを押してください。

5月のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンが楽しみです!2月12日にはルネ・マルタンさんが来日してイベントがあります。

あ、そうそう、3月4日発売の塩谷哲さんの初ソロアルバムsolo piano = solo saltでも、バッハを演奏されているそうです。  

Posted by jazzworld at 00:32Comments(2)TrackBack(0)クラシック | 小曽根真

2009年01月28日

[FM] セッション2009〜Tiffany、宮野寛子

Precious Moments アメージング・グレース The Nearness of You(紙ジャケット仕様)

セッション2009 公開録音のお知らせです。会場は、渋谷・放送センターのふれあいホール。NHKホールの手前にある建物です。応募方法の詳細はこちらをご覧下さい。

2009年2月19日 (木)18:30
Tiffany with Friends

応募:2月3日(火)必着

2009年2月26日 (木)18:30
宮野寛子グループ

応募:2月9日(月)必着

情勢ヴォーカルのTiffanyさんの最新アルバムは、アメージング・グレース。小曽根真さん、秋田慎治さん、海野雅威さん、椎名豊さん、中島弘恵さんの5人のジャズピアニストが参加しています。

宮野寛子さん(p)のファーストアルバムが、Precious MomentsMy Spaceで試聴できます。初めて聴きましたが、この流れるようなピアノに、研ぎ澄まされたコードの展開、好きなタイプでした。応募してみようかな。ブログによると、近々のリーダーライブは、下記の通りだそうです。
2月11日(水・祝)六本木 ソフトウィンド
3月26日(木)渋谷 JZbrat  
Posted by jazzworld at 01:58Comments(0)TrackBack(0)

2009年01月27日

守屋純子 Groovin' Forward

Groovin’Forward PLAYGROUND マイ・フェイヴァリット・カラーズ シフティング・イメージズ

守屋純子さんの新録音CDGroovin’Forwardが発売になりました。

Groovin’Forward

1. Groovin' Forward
2. Skyscraper
3. Late Summer
4. One For The MPCA
5. Farewell
6. Well You Needn't
7. Minor Waltz
8. Beautiful Love
9. Thousand Cranes
10.This Is For Sammy

守屋純子(P, Arr)、納浩一(B)、大坂昌彦(DRS)
近藤和彦(AS,SS,FL)、緑川英徳(AS)、小池修(TS、FL)、アンディ・ウルフ(TS)、宮本大路(BS)
片岡雄三、佐藤春樹、パット・ハララン(TB)、山城純子(B-TB)
エリック・ミヤシロ、木幡光邦、奥村晶、高瀬龍一(TP)


これにあわせて、コンサートがあります。

2009年2月8日(日) 15:00 岡崎Libra
守屋純子オーケストラ コンサート

4000円 0564-23-3100(岡崎市図書館交流プラザ)

2009年2月27日(金) 18:30 東京・新橋ヤクルトホール
守屋純子オーケストラ CD発売記念コンサート/Groovin' Forward 2009

お得な学生チケットあり。今回もHP割引特典あり。
0570-00-3337(サンライズプロモーション)  
Posted by jazzworld at 00:03Comments(4)TrackBack(0)

2009年01月26日

新年快楽 富貴吉祥!

ワード・オブ・マウス

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いしますっ!!

って、旧正月です。。。  
Posted by jazzworld at 00:00Comments(0)TrackBack(0)

2009年01月24日

[TV] 1/25 バーンスタイン「不安の時代」

題名のない音楽会でバーンスタイン「不安の時代」が取り上げられます。

題名のない音楽会
VIVA!バーンスタイン(3) 不安の時代
2009年1月25日(日) 09:00-09:30 テレビ朝日
2009年1月31日(土) 18:30-19:00 BS朝日
2009年2月1日(日) 23:00-23:30 BS朝日

バーンスタイン「交響曲第2番<不安の時代>」
5.仮面舞踏会(マスク) 6.エピローグ
ブルーノ・フォンテーヌ(pf)
佐渡 裕 指揮 神奈川フィルハーモニー管弦楽団  
Posted by jazzworld at 00:54Comments(0)TrackBack(0)

2009年01月23日

[TV] 1/25 音遊人〜神保彰

音遊人
第119回:神保彰

2009年1月25日(日) 22:54-23:24 テレビ東京系
2009年1月28日(水) 24:00-24:30 BSジャパン

今後の放送予定も載っていました。
秋元順子(歌手)、柴田淳(シンガーソングライター)、清春(アーティスト)、塩谷哲(ピアニスト)




  
Posted by jazzworld at 23:51Comments(0)TrackBack(0)

2009年01月20日

[TV] 1/21 小泉今日子&ビッグバンド

NHK SONGS
小泉今日子


第1夜 
総合 1月21日(水) 23:00-
総合 1月24日(土)  午前3:15〜 ※金曜深夜
総合 1月27日(火)  午後3:15〜
BS2 1月28日(水)  午前8:30〜

艶姿ナミダ娘
月ひとしずく
小泉今日子はブギウギブギ
木枯しに抱かれて

第2夜
総合 1月28日(水) 午後11:00〜
総合 1月31日(土)午前3:40〜 【再】※金曜深夜
総合 2月3日(火) 午後3:15〜
BS2 2月4日(水)午前8:30〜【再】

ビッグバンドを従えたライブです。お楽しみに〜

  
Posted by jazzworld at 01:49Comments(2)TrackBack(0)

1/24 ジルベスターコンサート ドキュメンタリー

ジルベスターコンサート ドキュメンタリー
ラプソディー・イン・ブルーへの挑戦
〜東急ジルベスターコンサートの舞台裏

BSジャパン 1/24(土)21:00〜21:54

  
Posted by jazzworld at 00:46Comments(1)TrackBack(0)

2009年01月18日

1/16, 19 脇 義典 ニューヨークトリオ

アフター・アワーズ~オスカー・ピーターソンへのオマージュ

ニューヨーク在住のベーシスト脇 義典さんの来日ライブを田園調布「Little Giant」で聴いてきました。

脇 義典 ニューヨークトリオ
David Berkman(p) Yoshi Waki(b) Mogu(ds)
2009年1月16日(金) 20:00
LITTLE GIANT東京都世田谷区東玉川2-41-6 GRIFFIN HOUSE B1
03-3727-6873

演奏曲目リストの一部です。

You Don't Know What Love Is
Embraceable You
Milestones (昔の曲の方)
Triste (Jobim)
Con Arma (Gillespie) 5拍子
Turn Out the Star (Bill Evans)

脇さんのベースは、バッキングでもソロでも、本当に歌っていて大好きなのですが、このトリオは本当にすばらしかったです。前の記事へのコメントで、Ikuyoさんにも書いていただきましたが、楽しいやり取りの中で、とても密度の高い演奏を聴くことができました。本当にお勧めします。

月曜日に高田馬場での演奏もありますので、ぜひぜひ、お見逃しなく!

2009年1月19日(月) 19:30-
Cafe Cotton Club
ゲスト:大田剣(as)
東京都新宿区高田馬場1-17-14 03-3207-3369  
Posted by jazzworld at 00:38Comments(0)TrackBack(0)

2009年01月17日

塩谷哲 / solo piano = solo salt

塩谷哲さんの待望の!初ピアノソロアルバムsolo piano = solo saltが、2008年3月4日発売されます。塩谷さんのオリジナルに加えて、クラシックからジャズまでさまざまなカバー曲も収録されています。楽しみですね。

塩谷哲 / solo piano = solo salt
塩谷哲(p)
ビクターエンタテインメント VICJ61590
3,150円

昨年最も楽しかったコンサートが、塩谷哲さんの東京・白寿ホールでのソロピアノ6回シリーズ。いろいろな試みやコミュニケーションの中から、すこしずつ確信のある音、ホールの音響とも一体になった美しいピアノの音に変わっていく時間を共有できて、すばらしい経験でした。また、塩谷さんのいままで吸収してきた音楽をたどる旅にも一緒に出かけることができました。このCDはお気に入りの一枚になりそうです。

以下ネタばれありです。。。発売までどきどき待ちたい人は、見ないでいただいて。。


収録予定曲の一部
塩谷哲 / 組曲「___の小さな___」
J.S. Bach / Invention BWV772 (たとえばグレン・グールド盤)
J.S. Bach / Menuet
Jaco Pastrius / Three Views of a Secret Word of Mouth
小曽根真 / Walk Alone Walk Alone
Norah Jones / Don't Know Why Come Away with Me


他にも塩谷さんの新オリジナルも多数あると思われ楽しみです。なお、上記は変更があるかもしれません。

個人的には、白寿ホールでのカヴァー曲では、Keith Jarret / Quester とか Dave Grusin / Mountain Dance あたりも好きでしたけど。絶対入らなさそうなのは、Steps / Bullet Trainだな。

小曽根真/ウォーク・アローンは、1992年、Marc Johnson(b)、Peter Erskin(ds)と録音されたものですね。

Jaco Pastrius の Three Views of a Secret は、名曲で私も大好きですが、ミュージシャンの方々の思い入れは深いらしく、納浩一(b)さん、山中千尋(p)さん、Gil Goldstein (p)もカヴァーしていますし。Richard Bona(b)もよく演奏しています。

組曲「___の小さな___」なんでしょう?気になります。来週ぐらいに曲目発表とか。

ワード・オブ・マウス ウォーク・アローン Come Away with Me
バッハ:インヴェンションとシンフォニア/イギリス組曲第1番 マイ・ソング  
Posted by jazzworld at 00:45Comments(1)TrackBack(0)塩谷哲 | 小曽根真

2009年01月13日

2/5 時任三郎 バースデーライブ at STB139

君の帰る場所~SingleVersion~

2月4日が、時任三郎さんの誕生日ということで、翌日2月5日にSTB139でライブがあります。2007年夏のSTB139がとてもよかったので、楽しみです。そうそう、時任さん&泉谷しげるさん出演のフジテレビ月曜9時ドラマヴォイス〜命なき者の声〜が始まりましたね。

時任三郎バースデーライブ2009
2009年2月5日
19:30
STB 139 (東京都港区六本木6-7-11 03-5474-0139)
料金:6,000円
予約方法:
ローソンチケット(整理番号付きチケット)
STB 139 03-5474-0139 (ローソンチケットの後に入場)

2007年夏のライブをサポートしてくれたミュージシャンを中心にということですが、近藤和彦(sax)さんと井上陽介(b)さんが、自分のホームページにスケジュールとして書いています。

最新のアルバムは、2006年ですが、君の帰る場所です。前のライブでは、君の帰る場所を歌いながら気持ちが入ってしまい泣いてしまいましたが。歌詞はこちらです

現在公開中の映画ハッピーフライトでは、渋〜い原田機長役を好演しています。そろそろ上映終了ですので、お早めに見に行ってください。ライブで、Come Fly with Me歌ってくれたらいいのですが。

花嫁とパパ DVD-BOX ハッピーフライト Dr.コトー診療所2006 スペシャルエディション DVD BOX Come Fly with Me  
Posted by jazzworld at 00:07Comments(2)TrackBack(0)時任三郎 

2009年01月12日

[FM] 1/27 渡辺香津美&谷川公子 公開録音ご招待

Castle In The Air ダンディズム GUITAR RENAISSANCE(紙ジャケット仕様) ギター・ルネッサンスIV Better Days レプリカ・コレクション-6 TO CHI KA(紙ジャケット仕様) ファイナル・コンサート-070328 [DVD] 疾風怒濤のクラシック案内 (アスキー新書 041) (アスキー新書) オーボエとの「時間(とき)」

Musicbird/TFMの番組宮本文昭のNEXTAGE公開録音に300名をご招待!だそうです。1月13日(火)締切なので、お急ぎ下さい!!宮本文昭さんのオーボエと共演もあるかな。

The Classic
宮本文昭のNEXTAGE 公開録音
渡辺香津美のギター・ルネサンス
〜華麗なるギター・マジック〜


2009年1月27日(火)19:00開演
半蔵門TOKYO FMホール
司会:宮本文昭
出演:渡辺香津美(g)、谷川公子(p)

ご招待への応募はこちらから

おふたりのプロジェクトとして、CDCastle In The Airが発売されています。Castle in the Airのホームページはこちら。試聴もできます。

他に渡辺香津美さんとピアノのデュオでは、小曽根真さんとのダンディズムがあります。

朝の月島、佃の風景に、渡辺香津美さんソロのAcross the Universeが聴ける
三井不動産レジデンシャル CM 朝の散歩道編
が好きです。元の録音は、GUITAR RENAISSANCEに収められています。最新録音ではギター・ルネッサンスIVが出ています。

おまけで、高校時代の愛聴盤TO CHI KAも紹介しておきますね。Michael Brecker、Kenny Kirkland、Peter Erskine、Mike Mainieriなどとの出会いの一枚です。  
Posted by jazzworld at 00:42Comments(0)TrackBack(0)渡辺香津美 | 小曽根真

2009年01月11日

Keith Jarrett Standards / Yesterdays - Tokyo 2001

イエスタデイズ~東京2001 Tales of Another スタンダードVol.1 マイ・ソング

Keith Jarrett Standardsの新譜が、ECM/ユニバーサルから2008年1月21日発売になります。といっても、最新録音ではなく、2001年の東京でのライブ録音です。

Keith jarrett / Yesterdays(ECM)
Keith Jarrett(p) Gary Peacock(b) jack Dejohnette(ds)
1 Strollin'
2 You Took Advantage of Me
3 Yesterdays
4 Shaw'nuff
5 You've Changed
6 Scrapple From the Apple
7 Sleepin' Bee
8 Intro/Smoke Gets In Your Eyes
9 Stella By Starlight

1-8: 2001年4月30日、東京文化会館にてライヴ収録
9: 2001年4月24日、Bunkamuraオーチャード・ホールのサウンドチェック時に録音

今までも、ライブ録音はありましたが、サウンドチェックをリリースするのは初めてだそうです。

ちなみに、このトリオの初顔合わせは、Gary Peacock / Tales of Anotherですが、昨年、塩谷哲さんが、ソロでこの中から弾いていましたし、塩谷さんのAnother Tales of Starのタイトルはここから取ったそうです。そしてだいぶ間をおいて、Standards Vol. 1が生まれ、とても衝撃的なアルバムでした。もう26年くらいになるのかな、長いですよね。

でも、サックス入りのグループがそれ以降ないのが残念です。というわけで、My Songをお勧めしておきます。
  
Posted by jazzworld at 07:02Comments(0)TrackBack(0)キース・ジャレット | ECM

Kenny Kirkland

デビュー! Megawatts First Meeting Better Days レプリカ・コレクション-6 TO CHI KA(紙ジャケット仕様) Michael Brecker Requiem Bring on the Night (Ws Rmst Rstr Ac3 Dol Dts) [DVD] [Import]

1月10日のOZ Meets Jazzは、この10年間のジャズを振り返るというものでした。で、ピアニストのKenny Kirklandも取り上げられていました。1955年9月28日〜1998年11月11日、早いもので亡くなって10年になるんですね。エピソードとしては、Jeff "Tain" Wattsとふたりで遅刻魔で、旧ブルーノート東京で、Branford Marsalisを見に行ったら、19:10になっても現れず、Branfordが小曽根さんのところにやってきて「おい、何が弾ける?」。。でもすぐにやってきたそうです。ラストレコーディングも、Branford Marsalisのグループで、Requiemでした。

単独リーダーアルバムは、1枚だけ。Kenny Kirkland。しかしこのアルバムを国内盤として維持しているユニバーサルがさすがです。

また、Jeff "Tain" Watts名義ではありますが、Megawatts。ピアノトリオというのが貴重ですね。
Jeff "Tain" Watts(ds)、Kenny Kirkland(p)、Charles Fambrough(b)

初期の録音としては、1979年5月にECMでVitousと録音しているんですね。いいメンツですね。聴いたことがないのですが、とても気になります。
Miroslav Vitous / First Meeting (ECM1145)
Miroslav Vitous(b) John Surman(ss,bcl) Kenny Kirkland(p) Jon Christensen(ds)

私自身が、初めて聴いたのは、渡辺香津美/TO CHI KA。2曲目Black Canal のしぶーい、かっこいいピアノに惹き付けられました。

生で聴いたのは、1987年くらいかな、六本木ピットインでのMichael Brecker Band。
Michael Brecker(p, EWI), Kenny Kirkland(p), Mike Stern(g), Jeff Andrews(b), Omar Hakim(ds)

遅すぎるファーストアルバムMichael Brecker発売直後でした。また、スタイナーホーンを商品化したEWIをAKAIが発売したばかりで、そのデモンストレーションも兼ねての来日でした。その無料ライブが原宿ラフォーレであったはず。このバンドは、凄すぎでした。。

Kenny Kirkland の名演として挙げる人が多いのは、Branford Marsalisも参加した、StingのBring on the Nightでの演奏ですね。

本当に早すぎる死が悼まれます。  
Posted by jazzworld at 00:58Comments(1)TrackBack(0)ECM 

2009年01月10日

[FM] 1/11, 16 Ron Carter & 山口武 セッション2009

THE TRIO II フィーチャリング・ロン・カーター&ルイス・ナッシュ Alone Together

セッション2009
Ron Carter & 山口武

2009年1月11日(日) 22:00-50 NHK-FM
2009年1月16日(金) 10:00-50 NHK-FM 
Ron Carter (b), 山口 武 (g)

そうかあ、セッション2009になったんですね。2007年収録、2008年放送の回で、小山太郎さんが、「セッション2007」と言っていたのを思い出しました。

山口さんとロン・カーターさんは、1994年からのおつきあいだそうで、日本でのツアーも行っていて、そのライブ録音が、THE TRIO IIとして発売されています。あ、Carlos Santanaの Europe (Earth's Cry Heaven's Smile)がおもしろいですね。また、ロン・カーターのギターとのデュオとしては、Jim Hall & ROn Carter / Alone Togetherがお勧めです。

昨年、英語でしゃべらナイトでの、上原ひろみさん&ロン・カーターさんのインタビューが印象的でした。  
Posted by jazzworld at 22:05Comments(0)TrackBack(0)

2009年01月09日

1/5-11 ブルーノート70周年 新丸ビルイベント

ジャズレーベル「ブルーノート」は、1月6日で、誕生70周年を迎えました。

詳しくはまた!
http://www.emimusic.jp/jazz/bnjf/

なのですが、取り急ぎ、新丸ビルで展示?があります。

2009年1月5日(月)〜11日(日) 17:00〜24:00 ※日曜のみ〜23:00
新丸ビル7F 丸の内ハウス アトリエルーム   
Posted by jazzworld at 01:36Comments(0)TrackBack(0)

2009年01月08日

1/16, 19 脇義典ニューヨークトリオ

アフター・アワーズ~オスカー・ピーターソンへのオマージュ

ニューヨーク在住のベーシスト脇 義典さんが来日中ですので、紹介させて頂きます。

脇 義典 ニューヨークトリオ
David Berkman(p) Yoshi Waki(b) Mogu(ds)
      
2009年1月16日(金) 20:00
LITTLE GIANT東京都世田谷区東玉川2-41-6 GRIFFIN HOUSE B1
03-3727-6873 

2009年1月19日(月) 19:30-
Cafe Cotton Club
ゲスト:大田剣(as)
東京都新宿区高田馬場1-17-14 03-3207-3369  
Posted by jazzworld at 01:17Comments(2)TrackBack(0)

2009年01月05日

1/6-9 Kenny Barron - 北川潔Trio at Cotton Club

ケニーバロンさんと北川潔さんのトリオのライブがあります。

Kenny Barron Trio
Kenny Barron(p), 北川潔(b), Francisco Mela(ds)

2008年1月6日(火)〜9日(金) 19:00 21:30
Cotton Club(東京駅前)
8,400円  
Posted by jazzworld at 01:48Comments(0)TrackBack(0)

2009年01月02日

[TV/映画] マーサの幸せレシピ〜キース・ジャレット5

マーサの幸せレシピ 幸せのレシピ Bella Martha. マイ・ソング サンベア・コンサート

明けましておめでとうございます!

正月の変則番組編組成の中に「深夜映画」というのがありますけど、関東圏ではないのですが、地方のテレビ局の深夜にマーサの幸せレシピが、入っていることがあるみたいです。新聞の番組表をチェックしてみてくださいね。

マーサの幸せレシピ
Bella Martha / Mostly Martha
(2001年 ドイツ)
監督/脚本 サンドラ・ネットルベック
出演 マルティナ・ゲデック(マーサ)、セルジオ・カステリット(マリオ)、マクシメ・フェルステ(リナ) 他

2007年公開された、幸せのレシピ No Reservationは、このハリウッド版リメイクになります。主演がキャサリン・ゼタ=ジョーンズ、アーロン・エッカートでした。

オリジナル・ドイツ版「マーサの幸せレシピ」の音楽監督は、ドイツのジャズ・レーベルECMの社長マンフレッド・アイヒャーです。キース・ジャレットも含めて、映画の中でジャズ、ピアノが効果的に使われています。

特にキース・ジャレットの通称European QuartetによるCountryが印象的ですね。 My Songに収められています。

以前、塩谷哲さんがおっしゃっていましたが、音大生の頃、作曲で悩んでいるときに、五十嵐一生(tp)さんの家で、My Songを聴いて衝撃を受けたとおっしゃっていました。と言って白寿ホール ソロコンサートで、Questerを弾きました。すごくよかったです。

使われているキース・ジャレットの曲リストです。

Country
from "My Song"
Keith Jarrett(p), Jan Garbarek(ts)
Palle Danielsson(b), Jon Christensen(ds)

Tokyo, Encore
from Sun Bear Concert
Keith Jarrett(p)

Bregenz, Part I
Concerts
Keith Jarrett(p)

Never Let Me Go
from "Tokyo '96"
U DANCE
from "Tribute"
Keith Jarrett(p), Gary Peacock(b), Jack DeJohnette(ds)

使用曲のリストは、アメリカのAMAZONCINEMAtic ROOM に載っていました。

ブレゲンツ・コンサート Tokyo '96 オール・オブ・ユー  
Posted by jazzworld at 01:10Comments(2)TrackBack(0)キース・ジャレット | 映画

2009年01月01日

あけましておめでとうございます!

Lush Life GIFT Photo with Blue Sky, White Cloud, Wires, Windows and a Red Roof PLEIADES-Tribute to Maynard Ferguson- 聖地への旅 Whirlpool フー・レット・ザ・キャッツ・アウト?

昨年も「JAZZWORLD」においでいただきまして
ありがとうございました。

今年もよい音との出会いがありますように!

2008年最後に聴いた音ですけど、、

昼間は、川村結花 / Lush Lifeなんかを聴いていましたが、

最後の最後に聴いたのは、なんだかんだ

紅白歌合戦
Mr. Children / GIFT

にエリックミヤシロさん、奥村晶さん、中川英二郎さんがいましたね。

東急ジルベスターコンサート2008-2009
ラプソディ・イン・ブルー
小曽根真さん&井上道義さん

カウントダウンに音が合うかどきどきでしたね。

今年初めて聴いた音ですけど、

Jan Garbarek / (Photo with Blue Sky, White Cloud, Wires, Windows and a Red Roof)
Eric Miyashiro / PLEIADES
Michael Brecker 聖地への旅
John Taylor / Whirlpool
Mike Stern / Who Let the Cats Out?
塩谷哲トリオ Eartheory

でした。みなさんは何を聴きましたか?  
Posted by jazzworld at 02:24Comments(4)TrackBack(0)