2009年03月30日

3/30 Eric Miyashiro EM Band at STB139

EM Band 200903 PLEIADES-Tribute to Maynard Ferguson- TIMES SQUARE~Live at STB 139~

とりいそぎ曲目のメモです。。。

Eric Miyashiro / EM Big Band
STB 139 2009年3月30日(月)
 19:30-

1. Blue Birdland
2. Knee Deep in Rio
3. Dance to Your Heart
4. Carmelo's by the Freeway (Bob Florence)
5. Pleiades
6. Backrow Politics (Gordon Goodwin)
7. Somewhere (from West Side Story)
8. Birdland (Joe Zawinul)

9. Kokopeli
10.Times Square
11.The Days of Wine and Roses (Arr by Maria Schneider)
12.Maria (from West Side Story)
13.Left Bank Express (+小曽根真)

14..Gonna Fly Now (Theme from Rocky)

「上海から帰ってきたばかりの、、、」ということで、サプライズゲストとして小曽根真(p)さんが紹介されて、ステージへ。「Left Bank Express」、、確かマイナーブルースですけど、すばらしいソロを聴かせてくれました。

そのときに、エリックさんが「5月に出る予定のNo Name Horsesの新しい録音は、ラテンジャズに取り組んでいますが、本当に、本当にすばらしくて、家で毎日聴いています!!」とおっしゃっていて、それを伺って、新CD Jungleの発売がさらに楽しみになりました。

tp:木幡、西村、佐々木、小林  

Posted by jazzworld at 23:27Comments(3)TrackBack(0)エリック宮城 | 小曽根真

2009年03月25日

6/17-21 Mike Stern Band at Blue Note Tokyo

フー・レット・ザ・キャッツ・アウト? ジーズ・タイムス Voices マイク・スターン ザ・パリ・コンサート [DVD] New Morning: The Paris Concert [DVD] [Import]

Yellowjacketsとの公演で、すばらしい演奏を聴かせてくれたMike Stern。次の公演が決まっています。ブルーノート東京で、Randy Breckerが参加したカルテットです。おそらくブルーノート名古屋にも出演すると思いますが、まだ予定が上がっていませんね。

MIKE STERN BAND
Mike Stern(g) Randy Brecker(tp)
Dave Weckl(ds) Chris Minh Doky(b)

ブルーノート東京 03-5485-0088
2009年6月17日(水)〜20日(土) 19:00 21:30
2009年6月21日(日) 16:00 19:00

最新盤は、Who Let the Cats Out?ですが、8月に新CDリリースを予定しているようです。個人的には、Richard Bonaを初めてフィーチャーしたVoicesが好きです。

新しいDVDNew Morning: The Paris Concertが出ているようですが、これはリージョン1仕様のようで、日本のプレーヤーではかからなさそう。日本盤に期待したいです。  
Posted by jazzworld at 00:54Comments(0)TrackBack(0)マイク・スターン 

2009年03月23日

3/23 yellowjackets and Mike Stern

ライフ・サイクル Run for Your Life Voices Bop Boy In Concert: Ohne Filter [DVD] [Import]

東京駅前TOKIAのCotton Clubで、Mike Sternが参加したyellowjacketsを聴きに行ってきました。

Cotton Club
yellowjackets featuring Mike Stern

Russell Ferrante(key), Marcus Baylor(ds), Jimmy Haslip(b),
Bob Mintzer(ts, EWI), Mike Stern(g)

2009年3月23日(月) 21:30
March 23, 2009 (Mon) 21:30 Cotton Club, Tokyo

1. Double Nickel (Mike Stern) Life Cycle
2.
3. Country Living (Jimmy Haslip) Life Cycle
4. Claire's Closet (Russell Ferrante) Life Cycle
5. Falken's Maze (Bob Mintzer) Life Cycle
6. Wishing Well (Mike Stern) Mike Stern / Voices
7. Bop Boy (Bob Mintzer/Blues) Bop Boy

8. Evensong (Ferrante/Haslip/Kennedy) Run for Your Life

2009年3月24日(火) 21:30
March 24, 2009 (Tue) 21:30 Cotton Club, Tokyo
1. Double Nickel (Mike Stern) Life Cycle
2. Evensong (Ferrante/Haslip/Kennedy) Run for Your Life
3. Claire's Closet (Russell Ferrante) Life Cycle
4. Falken's Maze (Bob Mintzer) Life Cycle
5. Wishing Well (Mike Stern) Mike Stern / Voices
6. Revelation "Revelation"

7. Bop Boy (Bob Mintzer) Bop Boy

両日とも満席ですごい盛り上がりを見せていました。日本のミュージシャンもたくさんいらしていて、通好み的でもあることが伝わってきました。密度が高い、すばらしい演奏で、何よりもメンバーが心から楽しんで演奏しているのがよかったです。自分のメモですが、Double Nickel は、マイナーブルース、Bop Boyはブルースです。あと、大好きな Mike SternのWishing Well が聴けて幸せでした。帰ってから、Richard Bona との Mike Stern / Voices を聴きました。うーーん、泣けますね。

yellowjacketsは、1981年に結成されて、現在も残るオリジナルメンバーは、Russell Ferrante(key)とJimmy Haslip(b)です。  
Posted by jazzworld at 23:56Comments(1)TrackBack(0)マイク・スターン | 小曽根真

2009年03月22日

3/22 小曽根真 No Name Horses at 川崎・昭和音楽大学 Teatro del Giglio Showa

nnh0903_stage nnh0903_list No Name Horses II

No Name Horses、新百合ヶ丘・昭和音楽大学のホールでのコンサートに行ってきました。5月20日発売予定の3作目CDJungleからの曲も取り上げ、ラテン系リズムの色彩豊かな曲も取り上げられていました。パーカッションも加わるともっと楽しそうと思いました。25日の誕生日を前に、サプライズで"Happy Birthday"も演奏されました。

とりいそぎ、セットリスト。会場に掲示して頂いたものに少し訂正を加えています。

小曽根真 presents
No Name Horses

2009年3月22日(日) 17:00-
昭和音楽大学 Teatro del Giglio Showa (新百合ヶ丘)

1. Fanfale - Noreen's Nocturne (Oscar Peterson) Jungle
2. You Always Come Late! (Makoto Ozone) II
3. Midnight Call (Toshio Miki) No Name Horses
4. Toil & Moil (Makoto Ozone) No Name Horses
5. Portrait of Duke (Makoto Ozone) II
6. Into the Sky (Eijiro Nakagawa) II

7. Laura's Dream (Astor Piazzola / Piano solo) Falling in Love, Again
8. Happy Birthday to Makoto
9. No Siesta (Makoto Ozone) Jungle
10. Cave Walk (Makoto Ozone) Jungle
11.Three Wishes (Makoto Ozone) No Name Horses
12.Toil & Moil (Makoto Ozone) No Name Horses

13.No Strings Attached (Makoto Ozone) II

小曽根真(p) 中村健吾(b) 高橋信之介(ds)
エリック・ミヤシロ、木幡光邦、岡崎好朗、奥村晶(tp、flgh)
中川英二郎(tb) 片岡雄三(tb) 山城純子(b-tb)
近藤和彦(as, ss, fl) 池田篤(as) 三木俊雄(ts) 岡崎正典(ts) 岩持芳宏(bs)

No Name Horses ツアースケジュール
2009年3月19日(木)19:00 大阪・サンケイホールブリーゼ
2009年3月20日(金・祝)18:00 福岡県・宗像ユリックス イベントホール
2009年3月21日(土)18:00 福岡県・石橋文化ホール
2009年3月22日(日)17:00 川崎市・昭和音楽大学「テアトロ ジーリオ ショウワ」
2009年5月23日(土)16:00 市川市文化会館 大ホール

今回は、3月19日梅田から、福岡県2ヵ所、そして3月22日新百合ヶ丘と強行軍の4日間ツアーの最終日です。昭和音楽大学では、ジャズコースを新設したばかりで、エリック・ミヤシロさん、近藤和彦さん、片岡雄三さんが講師に就任されたこともきかっけになっていると思われます。なお、5月1日は、エリック・ミヤシロEM Bandのライブもあり、入場料1,500円〜なので、学生さんを含めてたくさんの人に見て欲しいところです。  
Posted by jazzworld at 23:30Comments(1)TrackBack(0)

2009年03月20日

川村結花 / 桜(Funky Monkey Babies)、サヨナラ(カラーボトル)

Yuka Kawamura Best”Works” a half note Lush Life 桜 ファンキーモンキーベイビーズ3(初回生産限定盤)(DVD付)
すっかり春らしくなってきましたね。べたですが「桜」に「卒業」。。

ANA国内線のオーディオを聴いていて、、ちょっといい曲と思ったら、最後に「川村結花さんとの共作です。。」な、なるほどー、と納得したのが、Funky Monkey Babysの「」でした。歌詞はこちら。アルバムはファンキーモンキーベイビーズ3(初回限定盤)。下にアルバムのプロモーションビデオを載せておきますね。

川村結花さんは、「夜空ノムコウ」をはじめ、すばらしい曲をたくさん書いてらっしゃって、塩谷哲さんと東京藝術大学作曲家の同級生で、2004年の Saltish Night や Cross Your Fingersで共演されています。私がSaltさんを初めて聴いたのが2005年2月で、うーん2ヶ月早く気付いていれば、聴きたかった、、。そのあたりの話はこちらに載っていました。川村結花さんの曲の魅力は、心の深くから「せつなさ」を呼び起こす力と、それでいて、前向きな気持ちにさせてくれるところ。気分的にはPat Methenyに通じるところも。もちろん、ジャズピアノをやってたので、ピアノから来る表現力も凄いです。Saltish Night 2004での塩谷さんとの連弾、Cross Your Fingersの竹善さん&塩谷さんとの「夜空ノムコウ」が聴けなくて残念でした。。だって知らなかったんだもん。
  サヨナラ
右側は、仙台出身のバンドカラーボトルとの共作でサヨナラ
これも卒業系PVですね。

川村結花さん自身のCDでは、最新盤がa half note。以前のではLush Lifeとか、いくつかお気に入りがあるのですが、今手に入らないのもあるので、Yuka Kawamura Best”Works”をご紹介しておきます。夜空ノムコウのピアノバージョンもいいですよ。  
Posted by jazzworld at 23:38Comments(0)TrackBack(0)川村結花 | 塩谷哲

[FM] 3/22 宮野寛子グループ

Precious Moments

宮野寛子グループの公開録音に行ってきました。プレーヤーとして凄い、というより、いい曲を書きますね。最新アルバムPrecious Moments
を中心に演奏されました。

セッション2009
2009年3月22日 22:00-23:00 NHK-FM
2009年3月27日 10:00-11:00 NHK-FM 
宮野寛子グループ
宮野 寛子(ピアノ) 鳥越 啓介(ベース)
藤井 学(ドラムス) 越田 太郎丸(ギター)

A SONG FOR YUKI
ESTATE
FEEL LIKE ALAN
BLUESETTE
RESTART
AFTERNOON SCENE
AN IMPRESSION OF BRAZIL
  
Posted by jazzworld at 00:02Comments(0)TrackBack(0)

2009年03月19日

[FM] 3/21 Jim Hall特集

Jim Hall & Bill Frisell / Hemispheres (ArtistShare) COMPLETE LIVE RECORDINGS Alone Together アンダーカレント パワー・オブ・スリー [DVD]

ジャズギターの巨匠Jim Hallを特集します。最新アルバムは、Bill Frisellとの共演で、Hemispheresです。

Jazz Tonight
ジム・ホールと仲間たち
2009年3月21日(土)
23:00-25:00 NHK-FM

Jim Hall & Bill Frisell / Hemispheres
1. Bgas Groove
2. I'll Remember April
3. Sonny Moon for Two

COMPLETE LIVE RECORDINGS
4. Stompin' at Savoy

Ron Carter and Jim Hall / Alone Together
5. St Thomas

Undercurrent
6. My Funny Valentine

Michel Petrucciani
7. Bimini

Magic Meeting
8. Furnished Flats
  
Posted by jazzworld at 23:58Comments(0)TrackBack(0)

2009年03月17日

3/15 塩谷哲ソロピアノコンサート with special guest 小曽根真

ソロ・ピアノ=ソロ・ソルト デュエット塩谷哲&小曽根真【デュエット】 キーボード・マガジン (Keyboard magazine) 2009年 4月号 SPRING (CD付き)

塩谷哲さんのピアノソロコンサートに行ってきました。
個人的には、「solo piano = solo salt」発売後初めてのコンサートだったので楽しみに行ってきました。また、小曽根さんとのデュエットも久しぶりでした。

塩谷 哲 ピアノソロコンサート
相模大野グリーンホール

2009年3月15日(日) 18:30

第一部 塩谷哲ソロ
1. Earth Beat SALTII
2. Don't Know Why (Norah Jones) Come Away with Me
3. 組曲「工場長の小さな憂鬱」
 機―稠鬚量鄂
 供/垢棒海猴点困燭舛離薀戰訶修
 検〇愛
4. Flying Shoes トリオっ!
5. Mr. Madonna

第二部 塩谷哲&小曽根デュオ
6. Walk Alone (小曽根 真) ウォーク・アローン
7. Valse DUET
8. Wolfgang Amadeus Mozart:
  Sonate für 2 Klaviere D-Dur K.448
   Allegro con spirito
   Andante
   Molto allegro
9. Bienvenidos al Mundo (小曽根 真) DUET
10.Preciousness

「工場長の小さな憂鬱」とその小曲の名前の由来について、説明があって、なるほど〜〜でしたけど、これは直接聞いて頂きたいので、自粛しておきます。ぜひコンサートで塩谷さんから聞いて下さい。

モーツァルトの「2台のピアノのためのソナタ」は、「のだめカンタービレ」での、のだめと千秋の出会いと最初の共演になる1曲ですね。

あと、Saltさんですが、3月17日(火)08:00ごろから、J-WAVEの「グッドモーニング東京」に出演されます。あ、しまった「Jazz On」聴くの忘れた。。

SALTII Come Away with Me トリオっ!  
Posted by jazzworld at 00:38Comments(0)TrackBack(0)小曽根真 | 塩谷哲

2009年03月16日

3/18-19 GAIA at Cotton Club

2009年3月18日(水)、3月19日(木) 19:00 21:30
コットン・クラブ(東京・丸の内)

GAIA
featuring FEDERICO GONZALEZ PENA
GREGOIRE MARET & GENE LAKE
Federico Gonzalez Pena(p,key), Gregoire Maret(hca), Gene Lake(ds)
¥5,500

コットンクラブホームページから。。。

パット・メセニーとの共演で知られるグレゴア・マレ
ミシェル・ンデゲオチェロのバンドやS.M.V.(スタンリー・クラーク、マーカス・ミラー、ヴィクター・ウッテン)でも活動する凄腕キーボード奏者、フェデリコ・ゴンサレス・ペーニャ(ウルグアイ出身)
ンデゲオチェロやデヴィッド・サンボーンのバンドで重責を担うスーパー・ドラマー、ジーン・レイク(アメリカ出身)

MySpaceで試聴しましたが、かなりかっこいいですね。この音。  
Posted by jazzworld at 00:11Comments(0)TrackBack(0)

2009年03月14日

3/20-25 yellowjackets featuring Mike Stern 横浜、名古屋、東京

ライフ・サイクル トゥエンティ・ファイヴ(DVD付) Yellowjackets In Concert: Ohne Filter [DVD] [Import]

yellowjackets featuring Mike Stern
Russell Ferrante(key), Marcus Baylor(ds), Jimmy Haslip(b),
Bob Mintzer(sax), Mike Stern(g)

2009年3月20日(金)〜21日(土) Motion Blue Yokohama
2009年3月22日(日) Blue Note Nagoya
2009年3月23日(月)〜25日(水) Cotton Club (東京・丸の内TOKIA)

最新盤は、このメンバーによるLife Cycleです。こちらから録音についてのビデオを見ることができます。その前がTwenty-five(DVD付)です。  
Posted by jazzworld at 01:10Comments(0)TrackBack(0)マイク・スターン 

2009年03月13日

[TV] 3/15 Eric Clapton Live in Japan (ネタばれ)

Complete Clapton クロスロード・ギター・フェスティヴァル2007 [DVD](来日記念初回生産限定プライス) アンプラグド~アコースティック・クラプトン [DVD]

Eric Claptonの2月の武道館ライブが放送されます。 の記事の下のほうに放送曲目リストがあります。ネタバレですので、放送まで見たくない方は後で。。

Eric Clapton Live in Japan
2009年3月15日(日)18:00 WOWOW
2009年4月30日(木)17:00 WOWOW
2月25日 日本武道館で録画

Fun siteによると、ツアーメンバーは、
Chris Stainton (keyboards), Abe Laboriel Jr. (drums),
Willie Weeks (bass), Doyle Bramhall II (guitars / backing vocals),
Sharon White & Michelle John (backing vocals).

2009年5月のツアーは、Steve Gaddが加わっています。
Chris Stainton (keyboards), Steve Gadd (drums), Andy Fairweather Low (guitar),
Willie Weeks (bass), Sharon White (backing vocals) and Michelle John (backing vocals).

TELL THE TRUTH
KEY TO THE HIGHWAY
HOOCHIE COOCHIE MAN
I SHOT THE SHERIFF
ISN’T IT A PITY
WHY DOES LOVE GOT TO BE SO SAD
DRIFTIN’
TRAVELIN’ ALONE
THAT’S ALRIGHT
MOTHERLESS CHILD
RUNNING ON FAITH
MOTHERLESS CHILDREN
LITTLE QUEEN OF SPADES
EVERYTHING’S GONNA BE ALRIGHT
WONDERFUL TONIGHT
LAYLA
COCAINE
CROSSROADS
  
Posted by jazzworld at 01:27Comments(0)TrackBack(0)

3/19-4/3 TOKU Love Again Tour

ラヴ・アゲイン

TOKUさんのLove Again発売記念ツアーです。共同プロデューサーの宮本貴奈さんがアトランタから参加しています。

TOKU / Love Again Tour
TOKU(vo&flgh) 宮本貴奈(pf) 荻原亮(g) 坂本竜太(b) FUYU(dr)

3/19 東京六本木 STB139
3/26-27 福岡 Billboard Live FUKUOKA
3/31-4/1 大阪 Billboard Live OSAKA
4/2-3 名古屋 NAGOYA Blue Note



  
Posted by jazzworld at 00:23Comments(0)TrackBack(0)TOKU 

2009年03月11日

キーボ−ドマガジン 塩谷哲 CD連動企画

ソロ・ピアノ=ソロ・ソルト キーボード・マガジン (Keyboard magazine) 2009年 4月号 SPRING (CD付き) ピアノソロ 塩谷哲 作品集 ピアノソロ 塩谷哲作品集 Vol.2 リズム&ドラム・マガジンPresents パーカッション・マガジン Volume04(CD付き) (リットーミュージック・ムック)

塩谷哲さんの初ピアノソロアルバムsolo piano = solo saltが発売になりましたが、jazz LifeSwing Journalなど、さまざまな雑誌でインタビューが取り上げられています。その中で、貴重なのは、

キーボード・マガジン
2009年 4月号 SPRING (CD付き)


塩谷さんのインタビューがあって、、、そこまでは、なるほどというところですが、さらにページをめくると、塩谷さんのお勧め奏法&練習が楽譜で載っていて、さらにさらに付録CDに模範演奏が収録されています。アーチスト特集は坂本龍一さんです。

同じようなCD連動企画では,大儀見元さんが、パーカッション・マガジン Volume04で活躍されています。

おまけですが、こんなのを見つけました。
ほぼ日刊イトイ新聞
矢野顕子について、坂本龍一くんと話そう。

塩谷さんの楽譜では、ピアノソロ 塩谷哲 作品集ピアノソロ 塩谷哲作品集 Vol.2エレクトーン 5~3級 STAGEA アーティスト・シリーズ Vol.12 塩谷 哲が出ています。  
Posted by jazzworld at 00:17Comments(4)TrackBack(0)塩谷哲 

2009年03月10日

[TV] 3/15 NHK交響楽団 最も心に残ったコンサート 2008

N響アワー
最も心に残ったコンサート 2008
2009年 3月15日(日) 21:00-22:00 NHK教育        
                              
年度末にNHK交響楽団の聴衆からの投票で決まる「最も心に残ったN響コンサート」。「N響アワー」では2008年のコンサート部門とソリスト部門のそれぞれ上位10位を紹介する。(NHKホームページより。)  
Posted by jazzworld at 07:31Comments(0)TrackBack(0)

2009年03月09日

[TV] 3/10 2008年最も売れたジャズCD〜山中千尋&上原ひろみ

アフター・アワーズ~オスカー・ピーターソンへのオマージュ ビヨンド・スタンダード(通常盤) ブラヴォーグ タイム・コントロール デュエット(初回限定盤)(DVD付)

日本ゴールドディスク大賞 2008は、社団法人日本レコード協会主催で、2008年度(2008年1月1日〜2008年12月31日に発売された全作品の正味売上に基づいて決められたそうです。

批評家による評価ではなくて、本当に2008年度に日本でいちばん売れたジャズのCDということになりますが、邦楽がユニバーサルジャパン(Verve)ということで山中千尋さん、洋楽がTerac(発売はユニバーサル)ということで、上原ひろみさん。いずれもニューヨークで録音されたスタンダード作品集になっていますね。非日本人としては、誰が売れたのか気になりますが。

23回 日本ゴールドディスク大賞 2008
2009年3月10日(火) 19:00- WOWOW

JAZZ ALBUM OF THE YEAR
邦楽  
山中千尋
アフター・アワーズ~オスカー・ピーターソンへのオマージュ

山中千尋(p)、アヴィ・ロスワード(g)、脇 義典(b)
2007年12月、ニューヨークにて録音
2008年2月27日発売/ユニバーサル ミュージック UCCJ−2065

洋楽
上原ひろみ〜HIROMI’S SONICBLOOM  
ビヨンド・スタンダード(通常盤)
上原ひろみ(p,keys) トニー・グレイ(b) マーティン・ヴァリホラ(ds) デヴィッド・フュージンスキー(g)
2008年1月ニューヨークにて録音
2008年5月28日/ユニバーサル ミュージック UCCT−1197

山中千尋さんの最新CDとしては、ブラヴォーグ。3月13日(金)にライブがあります。

Edogawa Healing StageVol.6 「山中千尋トリオ」
2009年3月13日(金) 19:30-
江戸川区総合文化センター
山中千尋(ジャズ・ピアノ)水谷浩章(ベース)吉岡大輔(ドラムス)
スペシャル・ゲスト 有田純弘(ギター・バンジョー)  
Posted by jazzworld at 00:15Comments(0)TrackBack(0)山中千尋 | 上原ひろみ

2009年03月08日

[FM] 塩谷哲 / solo piano = solo salt 番組出演予定

iconicon iconicon iconicon iconicon

塩谷哲さんの待望の!初ピアノソロアルバムsolo piano = solo salticon、2009年3月4日発売をうけて、いくつかの番組に出演されます。

3月9日(月)19:00-21:00 JFNネット
A・O・R
20時台にゲスト出演

3月15日(日) 22:00-55 TFM&FM大阪
JAZZ ON
ゲスト出演スタジオ演奏あり

3月17日(火) 07:00-09:00 J-WAVE
GOOD MORNING TOKYO
ゲスト出演スタジオ演奏あり  
Posted by jazzworld at 00:16Comments(0)TrackBack(0)塩谷哲 

2009年03月06日

[FM] 3/6 OZ Meets Jazz〜ニューリリース&ガーシュウィン ピアノ協奏曲

ソロ・ピアノ=ソロ・ソルト ウォーク・アローン バラード

OZ Meets Jazz
ニュー・リリース&more!
2009年3月6日(土) 21:00- J-WAVE

>今週は、ジャズのニュー・リリースを中心にセレクト!
>そして、小曽根真のライヴ録音でガーシュウィンの「ピアノ協奏曲」も・・・。他では聞けません!!

ジョージ・ガーシュウィン「ピアノ協奏曲 へ調」第1楽章
ピアノ:小曽根真 指揮:井上道義 管弦楽:札幌交響楽団
2008年12月、北海道・札幌で収録

ニューリリース特集ということで、そろそろソロソルト solo piano = solo saltが取り上げられました。小曽根さんのウォーク・アローンから、タイトル曲がカヴァーされていて、オリジナル録音と塩谷さんヴァージョンが対比されていました。また「工場長の小さな憂鬱」からも1曲取り上げました。

放送後、加筆しています。  
Posted by jazzworld at 01:39Comments(0)TrackBack(0)小曽根真 | 塩谷哲

[FM] 3/6 Miles Davis / Kind of Blue 50周年記念

カインド・オブ・ブルー(レガシー・エディション)(DVD付) アット・ニューポート1958 【Blu-spec CD】マイルストーンズ

JAZZ TONIGHTで、2週間にわたって、Miles DavisのKind of Blueが50周年ということで特集されます。1959年3月2日の節分録音ですね。確か、ジャズ史上、最多枚数売れたアルバムです。「それがどうしたの、そ〜ふぁっと?」で始まる「So What」は、モードジャズを代表する曲です。あと「All Blues」は演奏されることが多いですね。あと、塩谷哲さんが2008年5月白寿ホールで、「Blue in Green」をピアノソロで演奏されました。

JAZZ TONIGHT
2009年3月7日(土)
23:00- NHK-FM
「カインド・オブ・ブルー」誕生50周年特集(1) 
ゲスト:原朋直(tp)
01. ソー・ホワット/マイルス・デイビス
02. フレディー・フリーローダー/マイルス・デイビス
03. ストレート・ノー・チェイサー/マイルス・デイビス アット・ニューポート1958
04. オール・ブルース/マイルス・デイビス

ホットピックス
05. スキン・ディープ/デューク・エリントン feat. ルイ・ベルソン
06. インステッド/マデリン・ペルー
07. リヴァー・オブ・ティアーズ/マデリン・ペルー
08. ボヘミア・アフター・ダーク/シャーマン・アービー
09. ワーク・ソング/シャーマン・アービー
10. グローヴズ・グルーヴ/ベニー・ゴルソン
11. アイソトープ/マイク・モレノ
12. ラッシュ・ライフ/マイク・モレノ

50周年で出された2CD+DVDのレガシーエディションはこんな内容です。
カインド・オブ・ブルー(レガシー・エディション)(DVD付)
Miles Davis (tp) Julian Cannonball Adderley (as)
John Coltrane (ts) Bill Evans (p)
Paul Chambers (b) Jimmy Cobb (ds)
Wynton Kelly (p, フレディー・フリーローダーのみ)

CD
1. ソー・ホワット
2. フレディ・フリーローダー
3. ブルー・イン・グリーン
4. オール・ブルース
5. フラメンコ・スケッチ

6. フラメンコ・スケッチ (別テイク)
7. フレディ・フリーローダー (スタジオ・シークェンス1)
8. フレディ・フリーローダー (フォルス・スタート)
9. フレディ・フリーローダー (スタジオ・シークェンス2)
10. ソー・ホワット (スタジオ・シークェンス1)
11. ソー・ホワット (スタジオ・シークェンス2)
12. ブルー・イン・グリーン (スタジオ・シークェンス)
13. フラメンコ・スケッチ (スタジオ・シークェンス1)
14. フラメンコ・スケッチ (スタジオシークェンス2)
15. オール・ブルース (スタジオ・シークェンス)

CD2
1. オン・グリーン・ドルフィン・ストリート
2. フラン・ダンス
3. ステラ・バイ・スターライト
4. ラヴ・フォー・セール
5. フラン・ダンス (別テイク)
6. ソー・ホワット

DVD:
1 マイルスあらわる−始まり
2 ザ・バンド
3 メイキング・オブ・マスターピース
4 コンポジションズ
5 インパクト
6 サウンド・オブ・マイルス・デイビス1
7 サウンド・オブ・マイルス・デイビス2
8 サウンド・オブ・マイルス・デイビス3
9 サウンド・オブ・マイルス・デイビス4  
Posted by jazzworld at 00:13Comments(0)TrackBack(0)

2009年03月05日

[TV] 3/6 ラン・ラン ピアノリサイタル

ライヴ・アット・カーネギー・ホール [DVD] 奇跡のピアニスト郎朗(ラン・ラン)自伝―一歩ずつ進めば夢はかなう

中国出身で世界で活躍するピアニスト、ラン・ラン(郎朗)のコンサートが放送されます。

芸術劇場
2009年3月6日(金)
 22:30-00:45

ラン・ラン ピアノ・リサイタル
ピアノ・ソナタ イ短調 D.959(シューベルト)
ピアノ・ソナタ Sz.80(バルトーク)
前奏曲集 から(ドビュッシー)
ポロネーズ 変イ長調 作品53「英雄」(ショパン)
2009年1月24日 サントリーホール

レイフ・オヴェ・アンスネス ピアノ・リサイタル
霧の中(ヤナーチェク)
前奏曲集 から(ドビュッシー)
2008年10月27日 東京オペラシティ・コンサートホール

奇跡のピアニスト郎朗(ラン・ラン)自伝―一歩ずつ進めば夢はかなう

あと、おまけで、ハービー・ハンコック&ラン・ランの「ラプソディ・イン・ブルー」の映像があります。
こちらから、「Commercial」→「Heart」→「Star Allign in United's 'Heart' Commercial」です。  
Posted by jazzworld at 06:09Comments(3)TrackBack(0)

2009年03月04日

塩谷哲 solo piano = solo salt (ネタばれ)

塩谷哲さんの待望の!初ピアノソロアルバムsolo piano = solo salticon、いよいよ2009年3月4日発売されます。アルバムのジャケットがあがってきました。あと、曲目も掲載します。。ネタばれです。。。発売までどきどき待ちたい人は、見ないでいただいて。。

iconicon iconicon iconicon iconicon

塩谷 哲 / solo piano = solo salticon
塩谷哲(p)

Three Views of a Secret (Jaco Pastrius) Word of Mouth
Don't Know Why (Norah Jones) Come Away with Me
Two Menuets, BWV Anh.114 & BWV Anh.115 (J. S. Bach)
Walk Alone (小曽根真) Walk Alone
Mr. Madonna (塩谷哲)
Invention 1, BWV772 (J. S. Bach)

組曲「工場長の小さな憂鬱」(塩谷哲)
SUITE "THE FACTORY MANAGER'S LITTLE WORRIES"
 I 純白の野心
   ONLY WHITE ASPIRATION
 II 森に棲む妖精たちのラベル貼り
   LABEL PUTTING WORKS FOR FAIRIES DWELL IN THE WOODS
 III かそけきものたちの声
   VOICES OF THE FAINT BEINGS
 IV 慈愛
  MERCY
 V うつつと夢
   IN AND OUT OF A DREAM
 VI ニンフの囁き
   NYMPH SHE WHISPERS
 VII 彩られる明日へ
   FOR TOMMOROW WITH VARIOUS COLORS

PRECIOUSNESS (塩谷哲)

ビクターエンタテインメント VICJ61590 3,150円

組曲のタイトルは、フランス語で見てみたいです。。個人的にはラベル貼りをするモーリス・ラヴェルの情景を勝手に連想してしまい、夢に出てきそうで。。。

前にも書きましたが、昨年最も楽しかったコンサートのひとつが、塩谷哲さんの東京・白寿ホールでのソロピアノ6回シリーズ。いろいろな試みやコミュニケーションの中から、すこしずつ確信のある音、ホールの音響とも一体になった美しいピアノの音に変わっていく時間を共有できて、すばらしい経験でした。また、塩谷さんのいままで吸収してきた音楽をたどる旅にも一緒に出かけることができました。このCDはお気に入りの一枚になりそうです。

1曲目は、Jaco PastriusのThree Views of a Secret、初出は、Weather Report / Night Passage、その後、ソロアルバムWord of Mouthで、ブラスをフューチャーした壮大なアレンジで聴かせてくれます。ライブのBirthday Concerticonもお勧めです。

2曲目は、Norah JonesのCome Away with Meから。ソロコンサートでも何度か取り上げられていましたが。私も大好きな曲で、グラミー賞を取る前、それほど有名ではなかった頃に、CD屋さんで試聴して衝撃を受けて買ってしまいました。塩谷さんによると、シンプルでとても美しい曲だそうです。ぜひ原曲も聴いてみてください。

塩谷さんの敬愛する&お兄さんと呼んでいる小曽根真さんのカヴァーは、Walk Aloneから、タイトル曲、1992年録音で、Marc Johnson(b)、Peter Erskin(ds)という現代最高のユニットに、ストリングスを加えた演奏です。いまだと違うアレンジをするとは思いますが、やはり渾身の1曲、渾身のアルバムになっていて、すばらしいです。ぜひ塩谷さんの演奏とあわせて聴いてみてください。

バッハは、なぜか、グレン・グールド盤を載せておきます。

ブログ 塩谷哲の「新・先に言っとく、まめに更新しないぞでもたまには来てね日記」

ナイト・パッセージ(紙ジャケット仕様) ワード・オブ・マウス iconicon Come Away with Me ウォーク・アローン バッハ:インヴェンションとシンフォニア/イギリス組曲第1番  
Posted by jazzworld at 00:53Comments(1)TrackBack(0)塩谷哲 | 小曽根真

2009年03月03日

3/3 雪の Brad Mehldau Trio

Brad Mehldau Suntory Hall Live The Art of the Trio, Vol. 2: Live at the Village Vanguard The Art of the Trio, Vol. 4: Back at the Vanguard

3月3日は、「今日は楽しい雛祭りならぬ、今日は楽しいブラッド・メルドー♪」、行ってきました。しかも雪の!サントリーホールでした。

Brad Mehldau Trio in Japan 2009
2009年3月3日(火)
19:00 開演
サントリーホール
S席 8,000 / A席 7,000 / B席 6,000
出演: Brad Mehldau(p)、Larry Granadia(b)、Jeff Ballard(ds)
ハーモニージャパン03-3409-3345

コンサートの公式ホームページよりセットリストを転載いたします。

Suntory Hall 2009.3.3 Start at 19:07
Set List

1. Dream Sketch (B.Mehldau) 11:40
2. Twiggy (B.Mehldau) 8:40
3. Aquaman (B.Mehldau) 11:15
4. Wyatt's Eulogy for George Hanson (B.Mehldau) 12:20
5. My Ship (Weill/Gershwin) 16:50
6. Holland (Sufjan Stevens) 12:10

Encore
1. Airegin (S.Rollins) 13:40
2. Knives Out (Radiohead) 12:15
3. Still Crazy After All These Years (P.Simon) 7:15
4. No Moon At All (D.A.Mann/R.Evans) 10:20

Piano: Steinway & Sons D-274 ED POL (Made in 2002) A=440

当日券で入りましたけど、宣伝不足なのか、過小評価なのか、空席が目立ちました。ほんとうにすばらしい音でした。あの、よくわかんないけどぴったり合う、タイム感とグルーヴ感、美しい響きはなんだろう。。もともとは休憩なし1時間半と短めでしたが、そこはそれ、そこからおなじみアンコールの嵐を4曲。詳しくはまた!

ラッハ・ドッホ・マール(初回限定盤)(DVD付) Metheny Mehldau  
Posted by jazzworld at 23:33Comments(0)TrackBack(0)Brad Mehldau 

2009年03月01日

[TV] 3/5 福山☆冬の大感謝祭〜山木秀夫さん 

福山雅治さんの年末の横浜アリーナでのライブです。

山木秀夫さんのドラムスが大活躍!

福山☆冬の大感謝祭 其の九
2009年3月5日(水) 19:00-22:50 WOWOW

放送曲目リストはこちら

WOWOW

それから、山木さんのリーダー系CDをピックアップ。gym(後藤次利&山木秀夫) Q 最新のでは、市川秀雄さんとの演奏でMOVING UP。 

gym Q MOVING UP ON THE OTHER SIDE OF SUNDOWN  
Posted by jazzworld at 00:36Comments(0)TrackBack(0)

4/16-18 BODY&SOUL 35周年記念・小曽根真 3 Days

バラード フォーリング・イン・ラヴ・アゲイン TVドラマ「あしたの喜多善男」オリジナル・サウンドトラック あしたの喜多善男 世界一不運な男の奇跡の11日間 DVD-BOX(6枚組)

青山Body & Soulの35周年を記念して、小曽根真さんの3daysがあります。井上陽介(b)さん&大坂昌彦(ds)さんのトリオはとてもすばらしいですし、また、ホーンとの組み合わせも楽しみです。

BODY&SOUL 35周年記念スペシャル・小曽根真 3 Days
4月16(木) 17(金) 18(土) 1st.stage 20:00 2nd.stage 22:00
¥6,000 (完全入れ替え制)

4月16日(木)--ドラマ「喜多善男」の音楽--
小曽根真(pf) 井上陽介(b) 大坂昌彦(ds) 池田篤(as) 

4月17日(金)
小曽根真(pf) 井上陽介(b) 大坂昌彦(ds) エリック・ミヤシロ(tp) 岡崎正典(ts)

4月18日(土)
小曽根真(pf) 井上陽介(b) 大坂昌彦(ds)   
Posted by jazzworld at 00:23Comments(0)TrackBack(0)小曽根真