2010年03月25日

3/27 Gerald Albright Sax Clinic 2010

コットンクラブ公演で来日しているGerald AlbrightのSax Clinicです。

ジェラルド・アルブライト
サックスクリニック2010

Gerald Albright Sax Clinic 2010
2010年3月27日(土)  13:00-14:30CHARGE
一般 ¥3,000 学生・石森メンバーズ ¥2,500
石森スクール生 ¥2,000
※当日は¥500プラス ※要予約
  

Posted by jazzworld at 00:35Comments(0)TrackBack(0)

2010年03月21日

[FM] 3/22 塩谷哲 Saltish Night 2009

毎年年末恒例のSaltish Night、13回目を迎えました。2009年12月23日に中野サンプラザで行われたコンサートがNHK-FMで放送されます。NHK-FMブログでも紹介されている他、佐藤竹善さんブログでも番組収録に触れています

ライヴ・ウィズ・フレンズ 塩谷哲と音楽仲間たち2010
2010年3月22日(祝・月)14:00〜15:55 NHK-FM
塩谷哲渡辺美里佐藤竹善上妻宏光多和田えみ和紗川口大輔

また、1〜12回から、絢香さん、今井美樹さん、矢井田瞳さんなどを取り上げます。このコンセプトでは、ソルト&シュガー -コンサーツII-に12年間のコンサートから、Salt & Sugarの名演が集められていますね。下に曲目リストをおいておきました。ネタばれしたくない方は、ここから下は見ないで頂いて、、、、。
Interactive ソルト&シュガー -コンサーツII- AGA-SHIO I Love a Piano  続きを読む
Posted by jazzworld at 23:51Comments(0)TrackBack(0)塩谷哲 

2/23-3/22 東京国立博物館 長谷川等伯展

もっと知りたい長谷川等伯―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション) 松林図屏風 AGA-SHIO
もう、3月22日(月)で終わってしまうのですが、戦国時代〜江戸時代の画家、長谷川等伯の東京国立博物館での特別展に行ってきました。22日も20:00まで開いてますのでよろしければ。。。

没後400年 特別展 長谷川等伯
2010年2月23日〜3月22日
東京国立博物館
JR・地下鉄上野駅

実は、これまで等伯の名前も知らなくて、父が珍しく「これは行った方がいい」と力説していて、騙されたと思って(笑)、行ったらやっぱり凄かったです。

安土桃山時代を反映して、豪華な屏風絵などもあるのですが、最後はシンプルな墨絵の中での繊細な表現に行き着くのですが、どの時代をとっても、シンプルで力強い絵、と、対照的な背景の落ち着いたテクスチャーの対比が、独特の世界観を作っています。

ということで、気がついたのですが、AGA-SHIOにおける、上妻宏光さんの津軽三味線のときに力強く、ときに繊細なフレーズと、塩谷哲さんのピアノが一見無関係に聴こえながら美しいヴォイシングを添えていく手法というのは、長谷川等伯であったり、日本絵画の流れに見られる手法なのでは、、と思いました。

津軽三味線の魅力には、津軽三味線1本なのが、いちばん!!みたいに冗談めかして言っていましたが、三味線とピアノが正面からぶつかるのではなくて、二層構造のような音の動き。AGA-SHIOの音の構造は、必然性を持ってそうなっているんだなあと思いました。

あと、なぜか、東京国立博物館ちゃんと見てなかったんですよ。ルーブル美術館や、オルセー美術館の方がまだ中を覚えているぐらいで。はじめて一回りしてみました。あの建物は1938年とかにできたんですね。あと、4月11日まで、春の庭園開放中で、早咲きの桜も見ることができました。

まだ間に合いましたら、ぜひ行ってみてください。3月22日(月)19:30入場までです。  
Posted by jazzworld at 16:34Comments(0)TrackBack(0)塩谷哲 

2010年03月20日

3/13-4/11 岩合光昭写真展 たばこと塩の博物館

風がいい島 岩合光昭のネコ-47都道府県の408にゃんこ ニッポンの猫 (新潮文庫) Be Happy 岩合光昭
岩合光昭写真展
2010年3月13日〜4月11日 10時〜18時 月曜定休日
たばこと塩の博物館
東京都渋谷区神南1-16-8(渋谷駅から徒歩10分) (03)3476-2041

アフリカ、北極、猫はもちろん、ミッドウェイ環礁をはじめ、北西ハワイ諸島写真が多数です!!北西ハワイ諸島の写真は、風がいい島に収められています。また、猫写真だと、日本猫の総集編ともいえる岩合光昭のネコ-47都道府県の408にゃんこが出たばかりです。

なお、Saltさんファンなら、世界の塩、塩の科学産業の基礎知識展示も必見です。  
Posted by jazzworld at 00:57Comments(0)TrackBack(0)

2010年03月17日

[FM] the EROS〜後藤浩二、岡田勉、江藤良人

Quiet Thrill

2003年に名古屋でのセッションから生まれたthe EROS。最近、ファーストアルバムQuiet Thrillをリリースしました。後藤浩二さんのリリカルなピアノいいですよね。。

セッション2010
the EROS

2010年3月21日(日)22:00-50 NHK-FM
2010年3月26日(金)10:00-50 NHK-FM
後藤 浩二(ピアノ)岡田 勉(ベース) 江藤 良人(ドラムス)

C Jam Blues
The Fool on the Hill (John Lennon - Paul MaCartney)
Words and Mood (岡田勉)
SHIROKO (岡田勉)
The Rainy Day
Little Piece in C for You (Michel Petrucciani)  
Posted by jazzworld at 23:21Comments(0)TrackBack(0)

2010年03月16日

5/2-4 La Folle Journee au Japon 2010 - ショパンの宇宙

早いもので、今年もゴールデンウィークが近づいてきました。

La Folle Journee au Japon 2010
ショパンの宇宙

2010年5月2日(日)〜4日(火)


4月14日に新CD 小曽根真 / Road to Chopinが発売になる小曽根真さんの、アナ・マリア・ヨペックさんとの演奏を聴くことができます。最終日最終公演にも出演されますね。

小曽根真さんの公演

公演番号 246 日時 2010年5月3日 18:15〜19:00
会場 ホールC 料金 S 3000円/A 2500円
アナ・マリア・ヨペック(歌) 小曽根真(ピアノ)
曲目 ショパン(ヨペック編曲):私の眼の涙
ショパン(ヨペック編曲):「マズルカ 嬰ハ短調 op.6-2」によるポーランド風歌曲
ショパンの作品に基づく即興演奏  ※3歳以上入場可

公演番号 345 日時 2010年5月4日 17:00〜17:45
会場 ホールC 料金 S 3000円/A 2500円
アナ・マリア・ヨペック(歌) 小曽根真(ピアノ)
曲目 ショパン(ヨペック編曲):私の眼の涙
ショパン(ヨペック編曲):「マズルカ 嬰ハ短調 op.6-2」によるポーランド風歌曲
ショパンの作品に基づく即興演奏 ※3歳以上入場可

公演名「ヘクサメロン」変奏曲(ベッリーニ「清教徒」の行進曲による)
公演番号 348 日時 2010年5月4日
22:15〜23:00
ジャン=クロード・ペヌティエ(ピアノ) クレール・デゼール(ピアノ)
小曽根真(ピアノ) アダム・ラルーム(ピアノ)その他ピアニスト2名未定
会場 ホールC 料金 S 3500円/A 2500円
曲目 リスト(クロンケ編曲):交響詩「前奏曲」(4台ピアノ版)
リスト、タールベルク、ピクシス、ヘルツ、ツェルニー、ショパンによる、ベッリーニ「清教徒の行進」に基づく「ヘクサメロン」変奏曲(ジャン=クロード・ペヌティエによる6台ピアノ版) ※18歳以上入場可  
Posted by jazzworld at 00:36Comments(0)TrackBack(0)小曽根真 

2010年03月15日

FM/AMをインターネットラジオで

OZ MEETS JAZZ OZ MEETS JAZZ(2
3月15日から、地上波で放送されているAM/FMがインターネットで聴けるようになりました。IPサイマルラジオ協議会が、radiko.jpを開設し、試験放送を開始しました。参加しているラジオ局は下記のとおりです。

関東:東京、神奈川、千葉、埼玉
TBS、文化放送、ニッポン放送、ラジオNikkei、InterFM、TOKYO FM、J-WAVE

関西:大阪、京都、兵庫、奈良
朝日放送、毎日放送、ラジオ大阪、FM COCOLO、FM802、FM OSAKA

実際に聴いてみましたが、FMで聴くのに比べて、建物の中でもクリアに聴くことができました。あと、手元にFMラジオがないときでも聴けるのがいいですね。背景や詳細をしっかり読みたい方は、こちらを。
IP サイマルラジオ協議会 プレスリリース(PDF)

東京、神奈川、千葉、埼玉限定になっていますので、全国、世界で聴ける! にならないのがちょっと残念ではありますが、ラジオの新しい展開として歓迎したいです。

おまけですけど、FMといえば、J-WAVEといえば、Weather Information と Traffic Informationの音楽が、小曽根さんのThe Trioですね。OZ MEETS JAZZ(2に収録されています。また、小曽根さんの楽譜は手に入りますか?の質問がとても多いですが、「Walking Together (J-Wave Weather Information)」の楽譜は、キーボード・マガジン 2005年9月号に収録されています。  
Posted by jazzworld at 23:19Comments(0)TrackBack(0)小曽根真 

2010年03月04日

[TV] 特集 完全保存版 ぴあのピア

ぴあのピア Vol.2 ウィーン古典派~モーツァルト編(DVD付) ぴあのピア Vol.5 ピアノの詩人~ショパン編 ぴあのピア Vol.9 フランス印象派~ドビュッシー&ラヴェル編
特集 完全保存版 ぴあのピア
2010年3月8日(月)〜10日(水) 09:00〜10:49 NHK-BShi

ぴあのピアの総集編を連続放送します。下記の解説は、NHK-FMブログから引用しています。

3月8日(月) 第1回「誕生 楽器の王様〜バロックから古典派そして〜」
(初回放送:BShi 2008年3月11日)
18世紀初めにピアノが誕生してから楽器として確立するまでのおよそ100年間を追う。幅広い音階と多様なハーモニーをたった一人で生み出せるピアノに魅せられ、その可能性を開拓したパイオニアたちの作品を紹介する。
バッハ、モーツァルト、ベートーベン、シューベルトなど古典派の時代までの代表的な名曲が登場。

3月9日(火) 第2回「競演 鍵盤の詩人たち〜ロマン派の時代〜」
(初回放送:BShi 2008年3月12日)
19世紀ロマン派の時代。ロマン派の作曲家たちによって、楽器としてのピアノは成熟していく。愛する人への贈り物として、内面の叫びとして生み出された珠玉の作品を紹介する。ショパン、シューマン、ブラームス、リストなどの名曲が登場。

3月10日(水) 第3回「未来の響きを求めて〜近代から20世紀へ〜」
(初回放送:BShi 2008年3月13日)                       19世紀末から20世紀にかけてのピアノ曲を紹介。民族音楽や印象派絵画などさまざまな芸術の影響を受け、世紀末、世界大戦という激動の時代に呼応しながら、新たな響きを模索する作曲家とその作品に迫る。ムソルグスキー、ドボルザーク、ドビュッシー、ラヴェル、ラフマニノフなどの名曲が登場。  続きを読む
Posted by jazzworld at 23:58Comments(2)TrackBack(0)

2010年03月02日

Branford Marsallis at Blue Note Tokyo with 小曽根真 片倉真由子

Branford_Blue_Note_2010 メタモルフォーゼン パンドラ インスピレーション

3月5日(金)〜9日(火)の東京ブルーノートでのBranford Marsallisの公演、ピアニストが変わります。

Branford Marsalis(sax)
Eric Revis(b)
Justin Faulkner(ds)

3.7sun.-3.9tue. Joey Calderazzo(p) 
3.5fri. 片倉 真由子(p)
3.6sat. 小曽根 真(p)

小曽根さんとブランフォード・マルサリスの共演では、小曽根真 The Trio / PANDORAがあります。片倉真由子さんは最近リーダーアルバムInspirationを発売されています。  
Posted by jazzworld at 00:59Comments(2)TrackBack(0)小曽根真