2010年05月29日

6/1-6 Mike Stern Band at Blue Note Tokyo

Big Neighborhood フー・レット・ザ・キャッツ・アウト? The Ten Shades of Blues

リチャード・ボナ入りマイク・スターン・バンドが来日します。ぜひぜひお勧めします。KAT-TUNで田口淳之介さんと共演しているDave Weckleのドラム、それからランディーも。。楽しみですね。やはり聴きたいWishing Wellです。

MIKE STERN BAND
Blue Note Tokyo 
03-5485-0088
2010年6月1日(火)〜6月4日(金) 19:00 21:30
2010年6月5日(土)〜6月6日(日) 18:00 20:45
Mike Stern(g) Randy Brecker(tp)
Richard Bona(b) Dave Weckl(ds)

特集ページ (いきなり音が出ますので要注意)  

Posted by jazzworld at 00:45Comments(0)TrackBack(0)マイク・スターン | Richard Bona

2010年05月28日

AGA-SHIO Europe & Africa Tour

AGA-SHIO

塩谷哲さんと上妻宏光さんのユニットAGA-SHIO
は、現在、ヨーロッパ&アフリカツアー中です。うーん、行けない。。。

AGA-SHIO EUROPE TOUR 5.28.FRI Germany Koln [Japanisches Kulturinstitut KOLN]
5.29.SAT Germany Dusseldorf [Buhnenprogramm Burgplatz]
5.31.MON Italian Rome [Istituto Giapponese di Cultura in Roma]
6.02.WED Czech Prague [Archa Theatre]
6.05.SAT Czech Prague [Archa Theatre]
6.08.TUE Egypt Cairo [Cairo Opera House Small Hall ]
6.10&11 French Paris [Maison de la culture du Japon a Paris]
6.13.SUN Spanish Madrid [Sala Clamores]
6.18.FRI Spanish Segovia [Juan Bravo Theater]
6.24, 25, 26 Democratic Republic of the Congo [-----]
7.01, 02, 03 Republic of South Africa [Grahamstown National Arts Festival]

アルバムは、AGA-SHIOです。

ツアーの模様は、下記で見ることができます。
塩谷哲ブログ
上妻宏光ブログ  
Posted by jazzworld at 00:49Comments(0)TrackBack(0)塩谷哲 

2010年05月13日

5/15-16 タイ・フェスティバル Infinityライブ

5月15日〜16日に東京・代々木公園で行われるタイ・フェスティバルに、タイのジャズ・フュージョン・ビッグバンドのInfinityが参加します。、はさておき美味しいタイ料理が食べたいですね。

第11回 タイ・フェスティバル2010 in 代々木公園
日時:2010年5月15日(土)、16日(日)  10:00〜20:00
場所:東京都代々木公園イベント広場およびケヤキ並木
主催:タイ王国大使館

両日ステージで、
16:30-19:00 Grammyコンサート
Infinity / NAN(ネーン) / Lookpad(ルークパッド) / PALAPOL(パラポン) / PUNCH(パンチ)

  
Posted by jazzworld at 23:45Comments(0)TrackBack(0)

2010年05月04日

Keith Jarrett - Charlie Haden / Jasmine

ジャスミン サムホエア・ビフォー(SHM-CD) 生と死の幻想

Keith Jarrettのいわゆるアメリカンカルテットの解散から31年。メンバーは、Charlie Haden(b), Paul Motian(ds), Dewey Redman(ts)でした。ソロの方が耽美的で美しいとか、スタンダーズの方が巧いとか、Jan Garbarek(ts,ss)を含むヨーロピアンカルテットの方が完成度が高いとか、日本での評価がいまいちな感じがありますが、キースの溢れ出る想い、心の底をうかがうようなスピリチュアルな重みから言うと、最高のユニットだったと思っています。トリオでの初期の作品では、Keith Jarrett Trio / Somewhere Before。個人的にはKeith Jarrett ? Death and the Flower (生と死の幻想)が好きです。

さて、31年を経て、Keith Jarrett と Charlie Hadenが、ニュージャージーに自宅スタジオで録音しました。5月5日発売です。

Keith Jarrett - Charlie Haden / Jasmine

まだ聴いていないですが、すごくいい音がすると思います。楽しみです。

個人的には、これに、Jan Garbarekを加えたトリオとか聴いてみたいです。  
Posted by jazzworld at 23:27Comments(2)TrackBack(0)キース・ジャレット